写真に写る自分の横顔などにコンプレックスを感じている人はいませんか?

なんだがブサイクに見えて嫌ですよね。

なるべく横顔は見せないようにするといっても限度もあるし彼氏といるときは横顔を見せている時間が何気に多いって感じませんか?

車に乗っても横顔は見られるし食事するときも横に座る方がどうしても多くなってきます。

そんな自分の横顔がいつからか嫌いになってきて気持ちも落ち込んでしまう日が多くなっていれば、早めに治すことも考えないといけませんよね。

こういったコンプレックスを長く引きづっていれば、心の病気になってしまう可能性だって出てきます。

好きな人がいたら会えない日も多くなりますし早めに対策をしなくてはいけませんよね。

それでも、横顔なんてどうやって治していいのかわからないという方がほとんどです。

せいぜい自己流のフェイスマッサージをするくらいで、やったところでほとんど変わってくれません。

無駄な時間をかけているようで続かないという人もいらっしゃいますよね?

こういう時ってイライラする気持ちの方が強くなってきますし、自分にとっては良いことは一つもないように感じませんか?

ほとんどの方に言えることですが、悩みがでてくるとだんだんネガティブ思考になる人がとても多くなってきます。

周りを見て自分がちょっと違うって感じると、その悩みに気持ちが集中してしまうことはあまり良いことではないのです。

気持ちが落ち込み始めてしまうと、笑顔もなくなりますし不眠なども引き起こしてしまうかもしれません。

いつでも健康的だった自分が悩み一つによって生活自体がかわることさえあるのです。

そこで今回のテーマですが横顔ブスということについてお話ししていきたいと思います。

色々な特徴があるのでそれにあった治し方をしていくと、コンプレックスも少しはなくなってきますので参考にして下さいね。

️横顔ブスなのがコンプレックス

自分の顔って角度によっては見え方が全く違うと思いませんか?

ある角度から見ると自分でも惚れそうな美人になるのにこっちからみるとブスで嫌になっちゃう、こんなことを思ったことがある人もいますよね?

中でも多いのが横顔ブスです。

なぜか横から見るとブサイクに見えてしまってだんだん横顔を人に見られるのが怖くなっていきますよね。

彼氏の場合は絶対に見せたくないと思うでしょうが、実際は彼氏が一番横顔を見てるんですよね。

仕方ないですよね。

デートなどでも横にいるのが多いのですし当たり前の話です。

そうは言ってもコンプレックスって思い始めると気になって仕方がないという人もいます。

何とかして対策をしなければ一生悩み続けてしまいます。

何もしなければずっと横顔に対する自信はつかないでしょうし性格だって暗くなってしまうかもしれません。

そこで始めに考えたいのが、自分はどのようなコンプレックスを抱えているかです。

まずは自分がどのようなタイプかを知る必要がでてきます。

前から見るとそうでもないのに


正面から鏡を見ると特に感じない人も多いですよね。

ですがちょっと横を向いただけで顎の角度や鼻の高さが気になってブスに見えるという人がほとんどではないでしょうか。

もともと日本人って鼻が低いですよね。

正面ではわからないことも横を見るとブスに感じるのは鼻が原因になってくるかもしれません。

横顔がとにかくブス

横を向いたときの視線がとにかく気になってくると、相当なコンプレックスになっていると言えます。

友達は「そうでもないよ~」などと言ってくれるかもしれませんが、自分で思い始めてしまうとあり得ないくらいブスに見えてしまうものです。

特に横顔の綺麗な人を見たあとなどは自分の横顔が嫌で嫌でたまらないといった気持ちにもなってしまいますよね。

とにかくブスにしか見えないと思ってきたら心の病気も心配になってくるので早めに治すようにしていきましょう。

写真や鏡でチェック


自分の横顔がどの程度のブス加減なのかをチェックしてみることも大切です。

写真や鏡を使って実際に確認して下さい。

また治そうと決めたときには写真をとっておくのも大事になってきます。

できれば比較していきたいので同じ向きと角度で治っていく過程を記録していくのも大事になってきます。

横顔ブスを解消しよう

横顔は女性にとっては悩みの一つになりやすい場所となってきます。

ちょっとでも不安な気持ちになれば、心のダメージが軽いうちからケアすることが大切になります。

気持ちが落ち込みすぎてしまうと治すことも面倒になったりと、投げやりにもなってきてしまうので早めに対策をしていくことが大切になってきます。

それでは横顔がブスに見えてしまう特徴から見ていきましょう。

色々なことが考えられるので自分の悩みもきっと見つかってくるはずです。

少しづつ改善していけば必ず自分の自信にも繋がってきますのでしっかりと確認してみて下さい。

️横顔ブスの12個の特徴

顔って一番コンプレックスを持ちやすい場所ですよね。

鼻が低いとか色々な悩みが出てくると思いますが横顔がブスに見えることもその一つと言えます。

この横顔ブスの場合正面からだとそれほど感じないのでそこも問題になってきます。

鏡を見ても最初は気がつかないのですが何かの際に横顔がブスだって思ってしまうとかなりのショックも受けてしまいますよね。

それまでは全く気にならなかったことでも、悩み始めてしまうと横顔のことが頭から離れてくれません。

段々と人目も気にするようになっていくので行動も消極的になったり良いことはありませんよね。

ですから早めにこういったコンプレックスはなくすべきなのです。

それには自分がどういう特徴のブスなのかを確認しておくことが必要です。

12個の特徴の中で自分はどの横顔ブスなのかをチェックしてみて下さい。

顔の産毛が濃い

横顔を見たときに感じるのが産毛の濃さというものがあります。

女性だと産毛も気になってきますし口周りで悩んでる女性も多いかと思います。

正面からはあまり感じられないことも横から見るとハッキリとわかりますよね。

鼻の下にヒゲみたいに見える産毛があればかなりのショックも受けちゃいます。

すぐに気がつくような気もしますが産毛って案外見過ごしてしまうこともあるようです。

光の具合で無いように見えたりと理由は様々ですが、こういった事に気がついてしまったらそれなりの処理を考えていかないといけません。

肌が汚い

正面からは感じないけど横を向くとわかるのことに肌の汚さがあります。

シミなどもはっきりとわかりますし毛穴も黒ずんでいて全体的に汚く見えますよね。

自分ではきちんとケアをしているつもりでも、間違ったやり方をしてるのかもしれませんし何かしらのことは考えるべきです。

肌が汚ないことをほおっておけば余計にブスな顔に見えてしまいますし自分だって恥ずかしいですよね。

きちんと正しい方法でスキンケアをするようにして肌のお手入れをしていくことが大切になってきます。

顎が出ている

横顔に気になってくる部分に顎の形などがあります。

横を向いたときに顎が出ていると感じると自分ではブスに見えてしまうと思います。

これは正面から見てもわかりませんし横から確認しないと気がつかないと思います。

でも顎の形は簡単には変わりませんしコンプレックスになってしまう人も沢山いるのではないでしょうか?

顎などの横から見ると目だってしまう所は悩みも段々と重いものになってきてしまい引きこもってしまう原因にもなってきます。

自分で気がついたときは何かしらの対策を考えておかないと心の病気にもなってきますのでご注意下さい。

鼻が低い

鼻の低さというのも悩みの一つですよね。

どうしても鼻が低いと顔のバランスが悪く感じてしまって横顔に自信を持てなくなってしまう人が多くなると思います。

団子鼻なども前から見る分にはそうでもありませんが、横から見られるとかなり恥ずかしいて思いますよね?

鼻が高くなりたいって思ってみても簡単には高くなりません。

いったいこういった場合はどうしていいのかわからなくなると思いますが、コンプレックスをなくす方法はあるので後で説明していきたいと思います。

【鼻を高くするためには、こちらの記事もチェック!】

シェーディングが濃すぎ

メイクの時に小顔にみせるようにシェーディングをする人が増えてきていますよね。

フェイスラインの影をつけると正面からみたときは確かにシュッとして顔が小さく見えます。

ですが、シェーディングが濃すぎの場合は横から見るとかなりブスに見えてしまうのでご注意下さい。

顔を小さく見せようと思い正面から見られることばかりに意識がいってしまうと、横からのバランスはすっかり忘れてしまいます。

これではいくらメイクをしても全体のバランスがメチャクチャになってしまってブスに見える部分が沢山でてきてしまうのです。

シェーディングをすれば確かに効果的な小顔メイクですが影を濃くすれば横から見た時に違和感がでてくるのは予想できますよね。

全体的にムラが出ないようなメイク技術を学んで横顔ブスにならないようにしなければいけません。

小顔メイクはやりすぎ厳禁

あまりにも小顔ということを考えると本当に男性にブスって思われてしまうので注意するようにして下さい。

男性の場合小顔メイクのことなどあまり頭にはないので、首と顔の色などがあまりにも違っていたらブスって思うのも仕方ありません。

色が濃くなってくると首の色など目立つ部分が必ずでてきますが、小顔だけに集中すると全体のことは考えられなくなります。

こういったメイクのやりすぎは男子をドン引きさせてしまう原因にもなりますので、バランスニ注意しながら行うようにして下さい。

前歯が出ている

横を向いたときに前歯が出ているという方もかなりのコンプレックスがあるのではないでしょうか?

出っ歯といった言葉にも敏感になってしまい中々普通の気持ちではすごせませんよね。

写真を撮るようなときも絶対に横は向けないって思いますし、小さい頃などは酷いあだ名などをつけられたという人だっていると思います。

ですが、そのままにしていてもこういったものは解決されません。

何かしらの行動をしていかないと治すことは出来ませんので自分から動いてみることが大切になってきます。

受け口

受け口というのも横からみると本当にブスに見えてしまいますよね。

正面から見るとそれほど感じないのですが、下の前歯の部分が上の歯よりも前に出てしまっているのでしゃくれているように見えてしまい、その結果横顔がブスに見えてしまいます。

歯並びも悪いので笑ったときの顔も少し気になってしまう方が多く、どうしても横顔を見られることが苦手になっていきます。

女性であればしゃくれなどと呼ばれればかなりへこんでしまいますよね。

ヤンチャな男子などは絶対にからかってくるでしょうし、周りでどのように言われているのかも気になってきます。

受け口の場合は歯並びに問題があるので早めに処置をすることが大切です。

への字口

横顔ブスですが、への字口になってしまうというものがあります。

自分でみるとかなりショックを受けてしまうかもしれませんよね。

この場合は口角のたるみなどが原因になっているので呼吸の仕方などを見直してみることが大切です。

口呼吸になっているとどうしてもたるみがでてきてしまい口元が曲がってしまいので、そのあたりを治していくことが重要になります。

頬のたるみ

横から見るとほんとうに頬のたるみって目立ってしまいますよね。

年齢も老けて見えるし正面から見てもちょっと目立つようであれば改善することが大切です。

これをそのままにしておけば「ほうれい線」などもできやすくなってしまうので女性ならなんとかしないとって思いますよね。

顔の筋肉が弱っていることが主な原因になってくるので自分のたるみに合ったケアが必要になります。

耳が汚い

耳の形などもそうですが一番気をつけておきたいことは耳アカです。

どんなに綺麗にしても耳アカがあれば幻滅してしまいますよね。

髪で隠さないようなセットであれば誰でも簡単に気がつかれてしまいます。

彼氏だってそんな耳を見てしまったら幻滅しますし、何とかしてほしいと思うはずです。

きちんと言ってくれる人であればいいですが、大抵の場合は本人が傷つくと思って言わないためにますます耳が汚くなっていきますよね。

横顔ブスでも不潔が原因というものになってきますので、これも気をつけるようにして下さい。

まつげが短い

まつげも横から見ると目立つ部分の一つになってきますよね。

短すぎるまつげは顔のバランスがとれていなくブスに見せてしまいます。

人の顔は目がかなり重要になってきてまつげの手入れなども大切ですよね。

この部分をおろそかにしてしまうと大変です。

マスカラなどを使ってみても中々短いまつげのままでは綺麗に長く見せるというのは難しいと思います。

こういった場合はアイラインなどを上手に使って短いまつげを長く見せることが一番良い方法となります。

メイクのこともきちんと勉強するようにして横顔ブスから抜け出すようにしましょう。

エラが出ている

エラが張っているとそれだけで気分も落ち込んでしまいます。

髪型でなんとか隠せるようなときはさほど目立ちませんがどうしても髪型をあげなければいけないような時は、かなりの横顔ブスになっているはずです。

やっぱり自分の顔が四角っぽかったら嫌ですよね。

ですがエラの場合は骨の影響もあるので中々張りをなくすのは難しいとも言われています。

ですが、エラを目立たなくする方法はいくつか存在しますので、そういったケアを日頃から取り入れるようにするとコンプレックスも少なくなってきます。

これまで12個の横顔ブスの特徴をお話ししてきましたが、自分はどのようなタイプだったでしょうか?

簡単に治るものもあれば難しい問題が出てきてしまうのもあります。

ですが基本的に色々な方法で横顔ブスは治っていきますので実践してみることが大事です。

次からはどのようにして横顔ブスから脱出するのか、その方法をお話ししていきます。

️横顔ブスの治し方

横顔に自信がない女性でもある程度の努力を続けていけば違った結果にもなってきます。

そのままにしておけばあまり良いことはありませんよね。

横からの顔に自信をつけるということは自分の行動範囲も広がってくるものです。

今までは人に見られたくないといった気持ちが強く積極的に動けなかったことに対しても自らの意思で行動できるようになりますし、気持ち的に楽になってくれば生活することも楽しいと思えるようになってきます。

横顔ブスの人の場合、早くに対処をすれば全然ちがった毎日を過ごせるようになってきますので、これまで何かの悩みがあった人はすぐにでも実行していって下さい。

それでは、どのようなことで横顔ブスを改善していくのかを見ていきましょう。

スキンケアをする

スキンケアは肌の美しさを保つ基本になってきますよね。

自分の肌の状態に合わせたものを選んでいくことがとても重要になります。

しみやそばかすであれば洗顔に問題があるのかもしれません。

ゴシゴシ力をいれるような顔の洗い方をしていませんか?

なんとなく力をいれた方が汚れはおちるイメージがありますが肌には逆効果です。

沢山の泡で汚れを包みこんでいくような優しい洗い方に変えなければいけません。

毛穴のよごれや黒ずみの場合も洗顔は同様にして優しく洗って下さい。

そしてこの場合で大切なことは肌の引き締めです。

まずはすすぎをしっかりと行い石鹸などの残りがないようにします。

できればぬるま湯ですすぐようにすれば皮脂も適当に残ってくれるので乾燥を防いでくれます

普段のスキンケアで化粧水はあまり使わないという人は、肌のためにもたっぷりと使って潤いを与えるようにしましょう。

乾燥肌になってしまうと肌の汚れなども目立ってしまうので、化粧水は必要になってきます。

肌が十分の化粧水を吸収したら今度は肌を冷やして引き締めてあげることが大事です。

その時に使ってほしいのが「保冷剤」になります。

頬や顎周りいった自分で気になるか所を数秒ほど保冷剤を当てていって下さい。

そうすることによって肌が引き締まり毛穴の開きなどがない綺麗な肌に生まれ変わってきます。

ちょっとしたことが自分の肌を大きく変えてくるので正しいスキンケアの方法をどんどん覚えていって下さい。

産毛の処理をする

横顔ブスの原因にもなる産毛ですが、あまり気にしていなかったという人もいるかと思います。

ですが、きちんと処理をしないと化粧のノリも良くないので結果としてブスに見えてしまうのです。

また、きちんとメイクが出来ていないとなると顔の色にも若干ムラが出てきてしまいますので暗いイメージの仕上がりになりブスに見える原因にもなります。

ですから産毛の処理はしっかりと行うようにして下さい。

きちんとファイス用のシェーバーや電動シェーバを使うようにして常にツルツルの肌を維持するようにしましょう。

肌の弱い方は電動シェーバーの方が刺激が少なくて不安なく使用できます。

そして産毛の処理が終わったら必ず保湿をするようにして下さい。

肌トラブルの原因は保湿不足の場合がほとんどですので、しっかりと肌に潤いを与えていかなければいけません。

こういった事の積み重ねが横顔ブスから抜け出す方法になってきますので、しっかりと肌のお手入れをしていくようにして下さい。

彫り深メイクを薄づきにする

今まで彫りが深く見えるメイクをしていたようであれば、横からみるとかなり違和感が出てしまうので控えるようにして下さい。

この彫り深メイクは正面から見た場合にはとても映えますし、小顔に見える効果もあります。

ですが横から見た場合には本来の彫りが丸わかりになってしまいますよね。

このようなメイクは自撮りなどの写真では有効ですが、普通のメイクとしては正面と横とのギャップが多すぎておすすめできません。

薄くメイクをすることで横から見ても違和感がなくなるので普段の化粧はあまり彫りなどを意識しないメイク方法に変えていって下さい。

歯列矯正をする

受け口や前歯が出ているような人であれば歯列矯正をすることで横から見ても恥ずかしくない顔へなっていきます。

矯正はその人の歯並びにも個人差がありますので期間も1年から3年と開きが出てきますが、早い段階ですることによって悩みであった問題も解決していきます。

矯正にかかる費用はおおむねですが60万円から100万円ほどになり歯の状態によって変わってきますし、自分の払える金額なども違ってくるので、歯科などで相談してみるのもよいでしょう。

いずれにせよ、歯並びに関わってくるものは治しておいて損はありません。

食事などでも影響がでてきますし将来の歯のケアのことも考えていくと早い時期に矯正をしておくことが大事だと言えます。

いつも笑顔でいる

顔の筋肉が弱くなってくると頬のたるみなどが目立つようになってきます。

こういったたるみは横からみるとかなりブサイクに見えてしまいますよね?

ますますひどくなってくれば正面から見ても老け顔になってしまい悩みが増えてしまうことになっていきます。

それを回避する方法としては笑顔になることです。

よくエステなどのリストアップを聞きますが自分で出来る最高の顔トレーニングは笑うことです。

顔の筋肉も使われますし何よりも表情が豊かになってきます。

きちんとした顔の筋肉が戻ってくれば横からみてもたるみなどなくなってますし、恥ずかしいと思うことなくなってきます。

耳の掃除をする

耳を掃除しないというのは女性の身だしなみにも関わってくることなので常に意識するようにしましょう。

女性だって男性の耳が汚ければ不快に思いますよね?

男性も女性が不潔だと思えば寄ってこなくなりますし、こういった注意は必要になってきます。

髪が常に耳を隠していればバレるということも少ないかもしれませんが、そういった考えよりも綺麗にする方を優先して下さい。

どんな状況でも耳をきちんと人に見せれるようになれば横顔ブスなどと呼ばれませんし自分も気持ち良いはずです。

一度やりはじめてみれば耳掃除で綺麗にすることも楽しくなってきますので定期的に掃除をしてブスと言われることがないようにして下さい。

まつげ美容液をつける

まつげが短いということで悩みを抱えている方はまつげ美容液を使ってみるようにして下さい。

この美容液にはまつげを生やすという効果は期待できませんが、まつげのハリやコシを与えることに繋がっていきます。

これがどのような効果をもたらすということになりますよね。

目元はまつげがイキイキとしてくると明るい印象に変わってきます。

まつげ美容液でケアをしていくと横から見てもそれほど違和感を感じなくなってきます。

それと同時にアイラインを長くするようなメイクにしてビューラーもホットビューラーに変えてみて下さい。

まつげが短ければ普通のビューラーではうまくいきませんよね?

ですがホットビューラーであれば数秒キープするだけで見ちがえるように変化してきます。

これであれば横顔ブスとも呼ばれませんし、まつげの長さもさほど気にならなくなってきます。

普通のメイクやビューラーでは横からの印象はあまり良いとは言えませんので、今のままでも良くなる方法を考えてみることも大切になってきます。

整形をする

自分の骨などに問題がある場合には、色々なことをしたとしても限界を感じる時がでてきてしまいます。

今の整形の技術は昔とちがいしっかりとしたものになっているので骨を削ったりして理想の顔を造り出すということも出来てしまいます。

ですが、あまり整形というものに頼ってしまうのも問題ですよね。

ちょっと変わったことで自信を取り戻せれば良い結果となっていますが、次々にやりたくなる人も中には出てきます。

こうなってしまうと莫大な費用もかかってきますし、整形によって得る顔は本来の自分ではないはずです。

一番のデメリットは整形というものに依存してしまうことですよね。

なにかあれば顔を変えればいいという発想になってしまえば普段の生活もメチャクチャになってしまい必ず後悔する日がやってきます。

本当にコンプレックスになっている場所であれば整形も自信をつける意味でおすすめしますが、関係のないような場所などはよく考えて行うようにして下さい。

骨格カバーできる髪型にする

自分の骨格などがどうしても気に入らない場合には髪型を変えてみるのも一つの手になります。

髪をロングにして顔にかかるようにすれば、それほど気にはなってきませんよね。

先ほども言いましたように骨格は整形でも変えることが出来ますが人によっては大きなリスクを背負う場合も出てきてしまいます。

やってみなければわからないということを行うよりは、髪型でカバーするといった自然な改善の方が望ましいはずです。

髪は人の印象をガラっと変えてくれるものですから、髪の手入れを念入りに行うようにすれば視線は自然と髪へ移ってきます。

こういった方法でもコンプレックスを少なくすることは出来ますので、骨格の問題などを抱えている場合には最初に髪のケアをすることも大切なことになってきます。

また、鼻の悩みを抱えている方も髪型を変えただけで全く違ってきます。

アイドルの渡辺麻友さんや柏木由紀さんなども鼻はあまり良い形であるとは言えませんがとても可愛らしいですよね。

そういった女性の髪型を積極的に取り入れるようにすれば、鼻へのコンプレックスはなくなってきますので参考にして下さい。

リフトアップマッサージをする

顔全体のたるみなどはいつの時代でも女性の悩みの種ですよね。

メイクのノリも悪くなりますし全体的に重い感じがして横顔だけではなく全てにおいて満足出来なくなってしまいます。

このような状態を改善するにはリフトマッサージは絶対に日々の生活の中に取り入れていく必要がでてきます。

自分で積極的に行っていけばフェイスラインの気になる部分も段々と気にならなくなってきますし顔全体が痩せてくれば自然な美しさも出てきますよね。

今までは小顔メイクのような方法をしてたとしてもそれは横から見てしまえばブス以外には見えません。

あくまでも自分の顔自体をなんとかしていかないと、いつまでも変なメイクに頼っていかなければいけません。

そこで自分でマッサージをする場合の注意点をお話しします。

セルフマッサージでもここに気をつけていけばエステ代も節約できますよね。

1・マッサージをやる前は準備段階として顔を温めることから始めましょう!

顔の血行を良くしてからマッサージを行うことでより効果が期待できます。

温めたタオルを顔に置き、全体の血行を良くすることで脂肪などの代謝も良くなってきますので最初に顔を温めるようにして下さい。

2・フェイスマッサージの際は「下から上に向かってやる・顔の中心から外側に向かってやる」ということが大切になってきます。

マッサージはやれば良いというものではないので決まりを守りながら効果的にフェイスアップをしていきましょう。

️横顔ブスを解消して横顔に自信を持とう!

横顔ブスは色々な特徴もありそのほとんどは自分の考え方一つで解決できるものばかりです。

中には整形といった選択が必要となることもありますが、日頃のケアなどを続けていけば横顔ブスとは呼ばれなくなるものばかりですよね。

女性ですから彼氏などの指摘を受けるのも恥ずかしいですし、日頃から横から見える自分というものに意識をするようにすれば、こういった問題は発生してこないと言えます。

歯の矯正のようなものですと長い時間が必要となってくるので早めに処置をすることが大事になってきますし、それがコンプレックスをなくすきっかけにもなってきます。

人は正面からの見え方を考えればいいというわけではありません。

あらゆる方向からの自分を考えてみることだって大切になってくるのです。

横顔がブサイクと誰かに言われてしまったらショックで寝込んでしまうかもしれませんよね。

そうならない為には実行することがとても大事になります。

自分の横顔にちょっと自信が持てないようであったり、横顔ブスの特徴がそのまま当てはまるのであれば今日から出来ることに挑戦していって下さいね。

その結果、誰に見られても恥ずかしくない自分へ変わり恋することだって怖くはなくなりますよね。

あなたがもし、横顔のことで悩んでいたら始めてみませんか?

横顔にも自信がもてる自分を想像することで今までの悩みから解放されるはずです。

ですが、それを決めるのは自分でしかなく誰も解決してくれません。

最初の一歩を踏み出す勇気さえ持てば横顔に悩むこともなくなるはずです。

【横顔を美しく見せるためには、こちらの記事もチェック!】