CoCoSiA(ココシア)

無垢とはどういう意味?わかりやすく解説します!


室町時代から私たちの国「日本」で伝えられて来た「無垢」という言葉、この「無垢」という言葉は「白無垢」「無垢材」「無垢な人」など、様々な明るいシチュエーションで使われています。

一体この言葉はどこからやって来て、どんなアイデンティティのある言葉なのか、無垢の魅力をご紹介します。

「無垢」を使いこなそう!

知っているようで実はあまり知らない!?

無垢という言葉を覚えて、使いこなしてしまいましょう!

1.無垢の意味とは


「無垢」の意味を考えると、まず最初に頭に浮かんで来るのが「無垢な少女」などに使われる、純粋なとか、汚れのないという意味と、建築材で良く使われる、ヒノキなどを代表する無垢材を思い出します。

無垢の意味としてはどちらも正解で、汚れの無い純真を指す意味合いと、木材の種類を表す言葉も含められています。

1.元々は仏教用語

無垢という言葉は元々仏教から来た言葉です。

無垢という漢字は、「むく」と読みますが、無垢の「垢」は本来は「あか」と読むのが一般的です。

ではなぜ「無垢」になると「く」と読むのかというと、仏教の世界では「く」と読むから「く」と名付けられ、それが人々にも定着するようになったのです。

仏教の本には「大正新脩大蔵経」がありますが、この本の第十九節に、唐代釈弥陀山訳「無垢淨光大陀羅尼経」があります。

これは中国の書物を日本語に訳したもので、後に日本文化が構成される基調概念となってゆく、大切な教えなのです。

この中に「表裏を白一色で仕立てた袈裟」というものが出てきますが、本の中でこれを「白無垢」と呼んでいるんです。

白無垢といえば、結婚式で花嫁が着る憧れの着物のことですよね。

これなら若い人でも知っている人が多いと思います。

昔から「白」=祝い事に使う色というイメージが定着していますが、これは室町時代に「白を祭事色に用いていこう」と決められたことから始まったと言われているんです。

つまり「白無垢」は室町期より、花嫁衣裳や経帷子を指す代名詞となったのです。

礼服が洋式化して白から黒に転じる明治期以降、この白と無垢という概念は、神前挙式をはじめ日本文化を構成する概念として再認識・継承されてゆきます。

2.煩悩が無いこと

煩悩とは、心身にまとわりついて、心をかきみだす、一切の妄念・欲望のことと言われています。

この煩悩という言葉は、仏教の世界でとても重要視されている言葉で、仏教のたった一つの目的である、「苦」の消滅と深い関係があるのです。

結婚や恋愛や人の人生は永遠ではありません。

必ずいつか終わりが来るものであり、日々少しづつ変化するものなのです。

人は欲求を満たすと幸せのドーパミンが放出されてような気になってしまいますよね。

ずっと食べたかった世界一のケーキを食べた時、ずっと欲しかったものが手に入った時、いづれも、自分のものになった時に幸福感を感じるはずなのです。

でも、仏教の教えでは、欲求を断ってこそ、幸せがやってくる、無垢な心こそ、最上級だと教えているのです。

3.心身共にけがれていない


無垢の意味には「混じりものがない(純粋)」という意味もあります。

「垢」は、「不純なもの」という意味、そして「皮膚に付く垢」「水垢」などという意味で一般的に使われるようになっていきました。

それに反比例するように「垢」に「無」をつけて「無垢」は「垢が無い」、だから「純粋」という意味になっていったのです。

4.表も裏も全て同じ色の布地

無垢の布地と呼ばれる生地はどんなものなのかというと、表も裏も全て同じ色の布地のことをいいます。

つまり柄が入っていたり、裏と表の色が違うものは無垢かどうかの観点からいえばNGなのです。

2.「白無垢」とは

白無垢(しろむく)とは、表裏白一色で仕立てた和服のことを言います。

無垢とは、梵語で汚れが無い純真を指し示します。

白無垢といえば結婚式の花嫁だけが着るものかと思っていたので、まさか切腹の時も同じものを着ていたなんて、かなりの驚きがありました。

江戸時代の頃は下着を白無垢にするのが高貴の風として、お金持ちの間で流行っていたそうです。

現代でも、下着は白しか着ないという人が男女どちらも多いですよね。

もしかしたら、そういう人は子供の頃に親から「白い下着を身に着けていると幸せになれる」なんて言われていたのかもしれませんね。

明治以降、洋式慣行というものが導入されることになり、それに伴って葬礼等は黒ということで決定されました。

そうして、祝い事は白、お葬式などは黒という分け方が国民の常識となっていったのです。

3.「無垢材」とは

家を建てる時、お金をいっぱい持っていれば、使ってみたいのが「無垢材」ですよね。

まず選んでみたいのは、あの有名旅館「星のや」にも使われているヒノキです。

他には、オーク・パイン・チークなどがあります。

無垢材は管理が大変とか、すぐにカビが生えてしまいそう、柔らかいので凹んでしまいそうなんて心配がある人も多いかと思いますが、最近の無垢材の種類はとっても多く、硬い無垢材、カビが生えにくい無垢材などもあるんです。