室町時代から私たちの国「日本」で伝えられて来た「無垢」という言葉、この「無垢」という言葉は「白無垢」「無垢材」「無垢な人」など、様々な明るいシチュエーションで使われています。

一体この言葉はどこからやって来て、どんなアイデンティティのある言葉なのか、無垢の魅力をご紹介します。

「無垢」を使いこなそう!

知っているようで実はあまり知らない!?

無垢という言葉を覚えて、使いこなしてしまいましょう!

1.無垢の意味とは


「無垢」の意味を考えると、まず最初に頭に浮かんで来るのが「無垢な少女」などに使われる、純粋なとか、汚れのないという意味と、建築材で良く使われる、ヒノキなどを代表する無垢材を思い出します。

無垢の意味としてはどちらも正解で、汚れの無い純真を指す意味合いと、木材の種類を表す言葉も含められています。

1.元々は仏教用語

無垢という言葉は元々仏教から来た言葉です。

無垢という漢字は、「むく」と読みますが、無垢の「垢」は本来は「あか」と読むのが一般的です。

ではなぜ「無垢」になると「く」と読むのかというと、仏教の世界では「く」と読むから「く」と名付けられ、それが人々にも定着するようになったのです。

仏教の本には「大正新脩大蔵経」がありますが、この本の第十九節に、唐代釈弥陀山訳「無垢淨光大陀羅尼経」があります。

これは中国の書物を日本語に訳したもので、後に日本文化が構成される基調概念となってゆく、大切な教えなのです。

この中に「表裏を白一色で仕立てた袈裟」というものが出てきますが、本の中でこれを「白無垢」と呼んでいるんです。

白無垢といえば、結婚式で花嫁が着る憧れの着物のことですよね。

これなら若い人でも知っている人が多いと思います。

昔から「白」=祝い事に使う色というイメージが定着していますが、これは室町時代に「白を祭事色に用いていこう」と決められたことから始まったと言われているんです。

つまり「白無垢」は室町期より、花嫁衣裳や経帷子を指す代名詞となったのです。

礼服が洋式化して白から黒に転じる明治期以降、この白と無垢という概念は、神前挙式をはじめ日本文化を構成する概念として再認識・継承されてゆきます。

2.煩悩が無いこと

煩悩とは、心身にまとわりついて、心をかきみだす、一切の妄念・欲望のことと言われています。

この煩悩という言葉は、仏教の世界でとても重要視されている言葉で、仏教のたった一つの目的である、「苦」の消滅と深い関係があるのです。

結婚や恋愛や人の人生は永遠ではありません。

必ずいつか終わりが来るものであり、日々少しづつ変化するものなのです。

人は欲求を満たすと幸せのドーパミンが放出されてような気になってしまいますよね。

ずっと食べたかった世界一のケーキを食べた時、ずっと欲しかったものが手に入った時、いづれも、自分のものになった時に幸福感を感じるはずなのです。

でも、仏教の教えでは、欲求を断ってこそ、幸せがやってくる、無垢な心こそ、最上級だと教えているのです。

3.心身共にけがれていない


無垢の意味には「混じりものがない(純粋)」という意味もあります。

「垢」は、「不純なもの」という意味、そして「皮膚に付く垢」「水垢」などという意味で一般的に使われるようになっていきました。

それに反比例するように「垢」に「無」をつけて「無垢」は「垢が無い」、だから「純粋」という意味になっていったのです。

4.表も裏も全て同じ色の布地

無垢の布地と呼ばれる生地はどんなものなのかというと、表も裏も全て同じ色の布地のことをいいます。

つまり柄が入っていたり、裏と表の色が違うものは無垢かどうかの観点からいえばNGなのです。

2.「白無垢」とは

白無垢(しろむく)とは、表裏白一色で仕立てた和服のことを言います。

無垢とは、梵語で汚れが無い純真を指し示します。

白無垢といえば結婚式の花嫁だけが着るものかと思っていたので、まさか切腹の時も同じものを着ていたなんて、かなりの驚きがありました。

江戸時代の頃は下着を白無垢にするのが高貴の風として、お金持ちの間で流行っていたそうです。

現代でも、下着は白しか着ないという人が男女どちらも多いですよね。

もしかしたら、そういう人は子供の頃に親から「白い下着を身に着けていると幸せになれる」なんて言われていたのかもしれませんね。

明治以降、洋式慣行というものが導入されることになり、それに伴って葬礼等は黒ということで決定されました。

そうして、祝い事は白、お葬式などは黒という分け方が国民の常識となっていったのです。

3.「無垢材」とは

家を建てる時、お金をいっぱい持っていれば、使ってみたいのが「無垢材」ですよね。

まず選んでみたいのは、あの有名旅館「星のや」にも使われているヒノキです。

他には、オーク・パイン・チークなどがあります。

無垢材は管理が大変とか、すぐにカビが生えてしまいそう、柔らかいので凹んでしまいそうなんて心配がある人も多いかと思いますが、最近の無垢材の種類はとっても多く、硬い無垢材、カビが生えにくい無垢材などもあるんです。

値段も高いものから、そうでもないものまであるので、昔は諦めた人も、今であればチャレンジできるかもしれません。

そんな建築材として使われる無垢材は、混一本の木から取れるつなぎ目のない材木のこと。

木本来の質感や風合いが大変魅力があり、香りの立つ、化学物質を含まない自然素材です。

あまり知られていないのですが、無垢材はなんとコンクリートの約2倍もの断熱性があるんです。

その代わりにきちんと手入れしないと、縮んだり、膨張したりするので、日々のお手入れが必須です。

無垢材のそんな性質と、ピュアで汚れのない無垢という意味は、どこかリンクしているような感じを受けます。

4.混じりけのない金属のことも表す

無垢がつく物といえば、無垢材だけではなく、金属のことを表す場合もあります。

例えば混じりけのない金属には何があるのかというと、金・銀・同・チタンなどがあります。

「無垢」の例文

無垢を使った例文にはどんなものがあるでしょうか?

1.彼はいつまでも無垢な人だ

男性の中にはすぐに浮気するし、毛むくじゃらで、お風呂に入りたがらないちょっと汚いイメージの人もいます。

しかしその反対で、一人の女性を愛したり、毛が薄くて、顔はどちらかというと塩顔系、毎日朝と晩、2回のシャワーを欠かさないという清潔な人もいます。

後者のような無垢な男性と結婚できたら、きっとその女性は一生幸せになることでしょう。

2.この子犬の色は無垢な白さだ

犬の飼い主への愛情は言葉に表せない程の可愛らしさがあります。

何時間も待たされたというのに、飼い主を見た途端にこれでもかと尻尾を振って、愛情を表現します。

私の母が飼っている犬は、公園に行って他のわんちゃんと遊ぶ時、他の人からもらう食べ物を食べることを嫌います。

例え3日間食わずでも、絶対に飼い主とその家族以外からの食べ物を受け付けないのです。

そんな可愛い犬の中でも子犬はまた別格の可愛らしさがあります。

そしてさらにそんな子犬の中でも、無垢な白さの毛を持ったわんちゃんがいるのです。

彼女が公園に現れる日は、雄犬がまぁ大変!「僕とデートして!」「いいや、君は俺のものだ!!」とばかりに、取り合いになってしまうのです。

3.彼女の目の輝きは無垢だった

良くテレビを見ていると、元美人◯◯とか、美人シェフ、美人看護婦・・・などなど、頭に美人とつければ視聴率がもらえるのか、それ程美人でもないのに、マスコミはやたらと「美人◯◯」というタイトルを使いたいものです。

でもその中で本当の美人に会った時、人は本当に心を何かの手で鷲掴みにされるようなエモーショナルな感情に囚われてしまうのです。

そういう人は大概目の輝きが普通ではありません。

目が大きいとか、目の形がいとか、そういうことではなくて、目が輝いているんです。

その人の目はまるで「無垢な飴玉」みたいな目をしていました。

目の入り口から奥の良く見えないところまでがすべて優しくて純粋なのです。

私には一生なれないかもしれませんが、いつか、たった1日でもそんな目をしてみたいものです。

4.いつまでも無垢な憧れを持って生きている人は素敵だ

人は生きていると、心が汚れてしまいます。

例えどんなに優しくて信念のある人でも、心は少し汚れていくのです。

人は信じるものだと教えられても、都会にでれば、その逆です。

人は疑うもの、その中から信頼できる数人を選ぶのです。

本来人は裏切る生き物です。

大概の人は自分自身とその人の家族のことしか考えていません。

家族の為なら平気で嘘をつく人が大勢います。

でも生きていくにはこれくらい仕方がないのです。

上手く生きる為には多少の汚れを知ってた方がいいこと・それくらいの方が成功につながるケースが多いのです。

そんな汚い世の中であっても、いつまでも無垢な憧れを持って生きている人がいます。

人生は厳しいと知っていてそれでも、無垢な憧れを持って生きることができるんです。

そういう人の夢は大抵破れるのが関の山です。

でも、その代わりに彼らは彼らにしか手に入らない何かを手に入れているのです。

人生は楽しんだものがち、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん!きっと彼らは一生踊り続けることができる「幸せ」を手に入れているのです。

40歳手前になって、そんな人生も悪くないかも、なんて思って来ました。

5.青春無垢な頃はそんなことを考えもしなかった

人生で一番楽しい時間は?と聞かれたらきっと私が答えるのは「青春時代」です。

大人になればもっと高級な場所とか、静かで優雅で美味しいお店とかを知るようになると思いますが、

まだ青々とした若さと、お金がなくても、安い居酒屋でも楽しかったあの頃の私は、先のことは全く考えないで、お金のこと・将来のことなんてこれっぽっちも心配したことはありませんでした。

その分今は、毎日心配ばかりです。

スーパーに売っている3切れ600円の鮭が高くて買うのに勇気がいります。

給料は家賃などを差し引いた後、ほぼ90%を貯金しています。

「いつ仕事がなくなってしまうのか」「いつ親がいなくなってたった1人で生きていかないといけないのか」「いつ彼氏は私に愛想を尽かすのか」などなど、頭の中は98%が心配ごと、たまに楽しい日がやってくるスパイラルです。

青春無垢な頃は、心の底から楽しかったけれど、きっと私にはこの先、ロト6でも当たらない限りそんな平穏無事な日々はやってこないと思います。

無垢な人ってどんな人?

皆さんは「無垢な人」とイメージするとどんな人を思い出すでしょうか?

1.子供のような大人

多くの人が想像するのではないかと思うのが「子供のような大人」な無垢の人です。

最近これにめちゃくちゃ当てはまる人をテレビの中で見かけました。

その人の名は「ナスD(ディレクター)」です。

本名は友寄隆英さん、テレビ朝日総合編成局制作1部所属のテレビプロデューサー兼演出家さんです。

テレビ番組「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」に出演しているディレクターさんなんですが、「視聴率をとる」為の決意が半端ない人なんです。

テレビ業界の人なら、視聴率を取るために汚いこと・・・例えば、大げさにするとか、お金でものをいわせるとか、そういうことをするのかなというイメージがありましたが、このナスDは自分の体をあり得ないくらいはって、すごい映像を視聴者に届けてくれるんです。

少年のような無垢な心と姿をもち、時に子供のような一面を見せてくれるナスD、私の頭で思いつく人の中で、今最も「子供のような大人」といえば、この人がベストです。