私達は生きていく中でたくさんの人間と関わりながら生きています。

一般的に私たちは毎日たくさんの人間と様々なコミュニケーションをとりながら生きていると思いますが、全く人とコミュニケーションをとることがないと言い切れる人間はいないですよね。

まず人は一人で生きていくことはできません。

生まれた時点でまずは自分の最も身近な存在となる家族という存在がいて、そこから年齢を重ねていくことによって、たくさんの人間との共同生活が始まりそこから自然と友達ができて、同級生、学校の先生、先輩後輩、アルバイト先の人間、職場の人間など様々な人間と関わりながら生きているはずです。

だからこそ一般的な生活をしている人であればたくさんの人間とコミュニケーションを取っているはずなのです。

引きこもりになったりしない限りは嫌でも人間との関わりは生じてきます。

関わりが少ない人間ももちろんいるかもしれませんが、何らかの買い物をしたりするときにお店に寄ったりするだけでも店員さんと関わりは必要になりますので、何かしらの場面で人とのコミュニケーションは生じてくるものです。

そしてそもそも人間は一人で生きて行くことはできません。

孤独に生きてしまっている人間もいるかもしれませんが、孤独に生きてしまっている人は少なからず寂しい人生を送っているはずです。

明るくて楽しい人間関係を形成するということは人生においても充実させる要因の一つになりますし、生きていて楽しいと思うためには友達や仲間が絶対的に必要になります。

しかし人間の中にはコミュニケーションが下手でどうしても周りに馴染めなかったり、周りからあまり相手にされないような人間が存在しているのも確かです。

そのような状況を指し示す言葉として総スカンという言葉が存在しています。

今回は総スカンという言葉をテーマにして総スカンをくらうような人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

総スカンにくらいたくなければ要チェック!

あなたには大切な友達や仲間が存在していますか?

一般的に考えて家族が大切な存在であるということは言うまでもないと思いますが、家族以外の存在であなたが親友と呼べるような友達であったり、大切なかけがえのない仲間などは存在していますか?

大抵の場合は一人ぐらいはどのような存在はいるものですが、人によってはこのような大切な存在がいないと感じる方もいるかもしれません。

そのように感じている方は総じてコミュニケーションがあまり上手ではない場合なども考えられますが、場合によっては周りから距離を置かれてしまうような性格をしている可能性も考えられます。

どんな人間でも本当は心の中では自分のことを理解してくれるような理解者である親友が欲しいと思っているはずです。

しかし親友が欲しいと思っていても自分自身が上手に行動することができずに悩んでしまっている方はかなり多いのです。

そのような場合は大抵の場合自分自身に何らかの原因があって周りが距離を置いてしまっているということが考えられます。

そして距離を置かれてしまっていることによって場合によっては周りから総スカンされてしまうという事が考えられるのです。

あなたはこれまでの人生で総スカンを食らてしまったような事はありませんか?

もし頻繁にこのような状況が存在していると言うのであれば自分自身の内面を何かしらの形で変化させなければ生きづらい世の中になってしまうかもしれません。

これをきっかけにしてあなた自身を変えて総スカンをくらわないようにする工夫を行ってみませんか?
きっと新しい人生を得ることが出来るようになるはずです。

総スカンって何?


人によっては総スカンという言葉の意味がよくわからない方もいるかもしれませんね。

実際、なかなか現実などでもあまり聞かないような言葉になると思いますので、わからない方がいるのも無理はありません。

自分自身が総スカンの状況になっているかどうか確認するためにも、まずは総スカンという言葉がどういう意味を持っている言葉なのか理解する必要性があります。

この言葉の意味を正しく理解して自分がこの状況に該当しているかどうかよく考えてみてください。

意味

総スカンという言葉の持っている意味としては「みんなから嫌われること、孤立すること」という意味を持っています。

あなたの職場にもこのような人間が一人くらいは存在していませんか?

なんとなくこの人とは馬が合わないと思うような人がひとりくらいはいるはずです。

それはもちろん自分自身だけの間隔であり他の人は仲良くしているということであれば該当はしないと思いますが、近くにいる全員がその人のこと嫌っているような場合というのは想像以上に多く当てはまる場合が多いです。

周りから嫌われてしまっていることによって自然とその人の周りには友達が存在しておらず、常に一人で行動しているような人のことを指し示しています。

単純にコミュニケーションが下手なだけで特に性格などが悪いわけではないということであれば該当しない場合もあるかもしれませんが、コミュニケーションが下手なうえに性格に何らかの問題がある場合は当然好意を持たれることは基本的にありませんので、みんなから嫌われさらに孤立してしまうという状況を生み出してしまうことになりかねません。

もしもこの意味を正しく理解した上で自分がこの状況に当てはまっていると感じているのであればそれは危険信号なのかもしれません。

少なくとも毎回自分が新しい環境に身を置いた時にこのような状況に該当してしまうという方に関しては自分に原因がある可能性が極めて高くなります。

場合によっては自分の身の回りにいる人間が少し変わっている場合も考えられますが、毎回同じような状況になるということであればそれは自分に対して胸に手を当てて原因を考えなければいけないことにつながります。

語源

総スカンという言葉は元々語源が存在しています。

総スカンという言葉の語源は、総スカンは漢字に変換してみると「総好かん」という漢字に変換することが出来ます。

この漢字を見てみると総スカンという言葉の意味と全く同じような感じになりませんか?
この漢字から意味を推測してみると周りにいる全員が好きではない、好かれない」というような意味として解釈することが出来ますよね。

なのでまさに漢字通りの意味となります。

つまりみんなから嫌われてしまうのはもちろんのこと、自分の味方となるような存在であったり、自分に賛同してくれるような人間が身近に全く存在しておらず孤立してしまうような状況ということがお分かりいただけると思います。

なんとなく総スカンという言葉を見てみるとスカンがまるで空ぶったような印象を持つ事から別の語源を想像してしまいがちですが、総スカンはもともとこのような漢字から変化していったということを覚えておいてください。

使い方


総スカンという言葉の使い方に関しても正しく理解しておかなければ、間違った使い方をしてしまうことになりますので日常生活で使う場合は必ず使い方を正しく把握した上で使ってください。

総スカンという言葉を使って表現する場合には、例えば「誰からも賛成の意見をもらえなくて総スカン状態になってしまった」というような例文などが挙げられます。

それ以外にも「あの国会議員は地元民から総スカンを食らった」「今日自分の意見をみんなに話したら総スカンを食らった」「せっかく今よりも良い意見を出して会社のみんなに改善案を出したのに総スカンを食った」というような例文で表現することが出来ます。

意味さえ正しく理解しておけばそこまで難しい使い方にはなりませんので、日常生活で使う場合には注意して使用してみてください。

類義語

総スカンという言葉に関しての正しい意味や使い方を理解いただいたところで、人によってはこの意味が他の言葉でも同じように表すことができるということに気づいている方もいると思います。

日常生活において総スカンという言葉はどちらかといえばあまり使われる機会が少ない言葉になりますが、その意味を考えてみると該当する状況はあると考える方は多いと思います。

ではなぜ使われる機会が少ないのかと考えた時にこの言葉の類義語が存在しておりその言葉の方が使いやすいからという理由が考えられます。

でも総スカンという言葉の類義語について詳しく考えていきたいと思います。

総スカンという言葉の類義語には「大反対される」「大反発をされる」というような意味が該当します。

総スカンという言葉の意味は先ほどご紹介したとおり「みんなから嫌われること、孤立すること」という意味を持っています。

そしてこの意味以外にも、何らかの意見や主張を行った場合に「周りから散々な評価を受ける」というような意味も持っています。

この意味を考えてみると、大反対されたり、大反発をされるという意味はまったく同じような言葉として解釈することができます。

それ以外にも孤立するという意味を考えてみると「ひとりぼっち」という言葉なども該当すると考えられます。

通して考えてみると私たちは一般的に総スカンという言葉を別の言葉を使って表現していると考えることができます。

なので意外と日常生活において総スカンという言葉を使用できる機会は多いという事になります。

総スカンをくらう人の10の特徴

ここまでは総スカンという言葉の基本的な意味やそれに関連する事柄についてご紹介していきました。

総スカンという言葉の基礎的な知識を理解いただいたところでここからは総スカンを食らう人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えしたように毎回毎回どこの職場に行っても自分は孤立してしまったり周りに友達を作ることができないと悩んでしまっている人は、もしかするとこれからご紹介する特徴に該当している可能性が考えられます。

どうしても人間は自分の弱さであったり自分の欠点などについては認めたくないと思ってしまう生き物です。

しかしながら自分の弱さや欠点を受け入れることによって自分自身を成長させるきっかけにつなげることが可能になります。

いつまでたっても自分の弱さや欠点を受け入れられない人間は当然これからも自分自身を変える機会を逃し続けることになってしまうのです。

これから長い期間自分を変えずにいつまでも孤独な状況を歩み続けるようにも、自分の弱さや欠点を受け入れてそれを改善するために努力をした方が短い期間で良い状況に変化させることが可能になるはずです。

心のどこかで少しでも今の自分を変えたいと思っているのであれば、自分を変えるきっかけにすると思ってこれからご紹介する特徴をよく把握し、その特徴を改善できるように自分なりに工夫してみてください。

攻撃的な物言い

まずはじめにご紹介する総スカンを食らう人の特徴は攻撃的な物言いをする特徴を持っている可能性があります。

これはどういうことかと言いますと、あなたは自分の気に入らないことや自分の意見を反対された時に相手の主張を捻じ曲げるような攻撃的な物言いをしたりする事はありませんか?

人間ならば誰しもが理解できる心理とは思いますがどうしても自分を否定されたり自分の意見を覆されたりするようなことはあまり嬉しいことではありませんよね。

もちろん相手が嫌な言い方をしてくればこちらも嫌味を言いたくなりますし、文句の一つでも言いたくなるのですが、もしも相手が正当な理論できちんとした理由を持って意見を主張してきた場合は話は別です。

相手が自分に対して喧嘩を売っているわけではないのに自分の意見を否定されたからといって逆上して相手に攻撃的なものになってしまうのは絶対にやめなければいけないことです。

それ以外にも日常の些細な面で相手に対して意見を伝えるときに厳しい言い方になったり攻撃的な言い方になったりしていませんか?

もしも自分が立場が逆だったと考えてみれば当然嫌な気分になるはずですよね。

小さいことで攻撃的な物言いをされるとこの人とは関わりたくないと思われて当たり前なのです。

なのでもしも何かしらの意見を伝えるときに攻撃的な物言いになってしまっている場合はこれを改善しなければ自分の周りに関わりたいと思ってくれる人がどんどんいなくなって孤立してしまいます。

なのでもしも自分が相手の発言に対して嫌な気分になったり、自分の意見が覆されそうになったとしても露骨に嫌な物言いをしないように注意してください。

ひとりで仕事ができると思い込む人

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は一人で仕事ができると思い込む特徴を持っている人です。

これはどういうことかと言いますと私たちは一般的に企業に所属してその会社の社員として勤務している方が多いと思います。

しかしながら企業という言葉を突き詰めて考えてみれば、それは同じ目的を持った人間同士が同じ課題に向かって立ち向かっていく人間の集まりであると考えることができる。

その企業の利益を出すために一つのチームとしてみんなで仕事を行っていると捉えることができます。

会社には様々な部署が存在しておりたくさんの目的を大別して専門のチームに分けてそれぞれの業務を行いやすいようにしているだけであり、全てを結集させてみれみればそれは会社の利益を出すという同じ目的のために働いているのです。

つまり自分だけで仕事を行っているのではなく、みんなで一つの歯車を動かしているという事になります。

しかしながら中には自分が一人で仕事ができると考え込んでしまっている人が存在しているのです。

そのような人は決まって自分の身近にいる人間に対して感謝の気持ちを持ったりすることがなく、プライドが高いという事もあり、周りの人とのコミュニケーションを大切にしない場合が多いです。

そうなってしまうと周りの人間からしてみればあまり関わりたくないと思われてしまうのも当然なのです。

あなたは仕事が自分一人で行うものだと思っていませんか?

もしもそのように思っているのであれば身の周りの人間に対しての感謝が薄れてしまっている可能性があります。

それがに総スカンを食らってしまってるのであれば、周りの人間にもっと感謝の気持ちを持てるように考え方を変える必要性があります。

中途半端な人

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は中途半端な人です。

一見すると中途半端な人という言葉だけをみるとなかなかその意味が理解しづらいかもしれませんが、中途半端な人というのは仕事に関してという意味で考えてみてください。

例えば世の中には確かに生意気で攻撃的な性格に少し難があるような人が多いですが、それでも仕事ができる人間がいるのも確かです。

なので性格に少し難があっても出生したり、それなりの立場に身を置いている人間ならばまだ相手の事に対して理解を示す事が可能になります。

あなたももしも理不尽なことを言われたとしても相手が絶対的な立場であったり、相当仕事ができるような人間なのであればこの考え方に自分がついていけばもっと成長できるかもしれないと自分の考えを前向きに持つことができるようになると思います。

しかし中途半端の立場の人間にこのようなこと言われたらあなたはどう思いますか?

例えば生意気で攻撃的な物言いをするくせに特に目を引くような実績を会社で残しているわけでもなく特に役職も上ではないような人間に言われた場合、前向きに考えたくても考えられない場合が多いのです。

なので仕事に関しても中途半端なくせに物言いだけは攻撃的で生意気なこと言ってくるような人間は何一つ相手から認められないのです。

なので他人に言うことは厳しいくせに自分は大した実績を残していないということに自分が該当しているのであればもう少し自分の立場をわきまえた上で他人に物言いをするように考えなければいけません。

生意気な人

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は生意気な人です。

自分自身では気づいていない人がいるかもしれませんが、あなたは自分自身を客観的に見て生意気な人間になっていませんか?

生意気な人間がもしも身近に存在している場合その人間のことを好きだと思っている人間はおそらく一人もいないと思います。

自分では気づいていないうちに他人に対して生意気な態度や言動などを行っている場合は人から嫌われて総スカンを食らってしまう可能性があります。

先ほどもご紹介したように人は生きていく上で他人との関わりはとても大切なものになります。

だからこそコミュニケーション能力は早い段階で形成しておかなければいけない必須のスキルであると言っても過言ではありません。

このコミュニケーション能力が低く、他人との関わりを拒絶するような考え方をしている場合は周りから生意気だ人間だと思われかねません。

なのでもしも客観的に自分を見て生意気な人間な態度や言動していると感じた方は即座に止めるように工夫する必要性があります。

生意気な態度や言動を改めるにはたったひとつのことを意識すれば改善することができます。

それは周りの人間に対する感謝です。

周りの人間に対して全ての事に感謝の気持ちを持つようにすれば生意気な態度や言動は絶対に行わないようになりますので、この気持ちは常に自分の心の中に持つようにして行動してください。

【生意気な人については、こちらの記事もチェック!】

完璧主義

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は完璧主義の人です。

なぜ完璧主義が総スカン食らってしまうのかと考えた時に、完璧主義の人間は自分が担当している仕事に関して忠実に仕事を行おうという意識が高すぎるのです。

つまり言い方を変えてみると手抜きをするようなことを許せない人間であると捉えることができます。

つまりは妥協することができないので仕事に関しての融通があまり聞かない性格をしていると考えることができます。

考え方によってはしっかりと仕事を行う真面目な人間であると捉えることができるのですが、ビジネスにおいては様々なハプニングがつきものです。

場合によっては完璧に忠実に仕事を行うことが難しい状況もありますし、そのような中で結果を出していかなければいけないシビアな面も存在しているのです。

なので完璧主義の人間が複数の人間を管理するような立場になった時に部下の人間が何かしらの業務を行っている時に細く口出しをしたり注意したりするような場面がどうしても多くなってしまうのです。

的を得ている注意であればまだ聞く気になるのですが、どうしても細くネチネチ言ってしまいがちになりますので部下の人間からすれば精神的に良い影響を受けない可能性もあるのです。

これが日常的になってしまうと部下の人間からは面倒くさい人間であると判断されてしまいがちになります。

あなたもこれまでの人生で他人から粗探しをされるような経験を受けてうんざりした気分になった事はありませか?

確かにできていないことを注意するのは大切なことなのですがその反面に伝え方などを考えなければ相手にとっては負担が大きくなってしまいます。

なので自分がこのような性格をしているのであれば相手がやる気やモチベーションを維持したまま改善できるような言い方を探る必要性があるという事に気づいてください。

【完璧主義については、こちらの記事もチェック!】

自慢話ばかりする

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は自慢話ばかりするということです。

あなたの身の回りに自分の自慢話しかしないような人間はいませんか?

大抵の場合そのような人間は身の回りの人間から嫌われてしまう傾向にあります。

たとえばよく多いのが男性が昔は悪かったみたいな武勇伝を話したりするようなケースです。

それ以外にも自分の経済的な豊かさをアピールしたい、自分の学歴をアピールしたりするなどケースは様々ですが、どの場合に関しても基本的に周りはうんざりしながら話を聞かされています。

人間は確かに他人から認められたいという承認欲求を持っている生き物ではありますが、自分から自慢話を何度も行ったりするようなことをしていると周りの人間は関わりたくないと思ってしまいます。

自分の自慢話をするような人間は周りからすごいですねと言われて欲しいのは見え見えなのですが、あまり自分から自慢話を何度も行ったりすると身の周りの人間から見離されてしまいますのでいつもこのような言動を行っている方は話題に注意したり、最終的なオチを面白くするなどの工夫をするようにしてください。

距離感がわからない人

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は距離感がわからない人です。

人との距離感を考えて接し方をうまく調整していかなければ相手と良いコミュニケーションを取ることはできません。

そもそも人間との距離感は一気に縮まるようなものではありません。

たくさんの話を行って徐々に距離を詰めていき、たくさんの時間を共有して相手との距離が密接になっていくものなのです。

なので常にその時その時によって適切な距離感というものが存在しているのです。

その距離感を把握しようとせずに自分の一方的な考え方で距離感を詰めてしまうと相手からは拒絶されてしまいます。

つまり相手との距離感を把握しない行動をとると相手から嫌われますし、相手との適切な距離感を尊重することによって相手から好かれていくようになるのです。

周りから総スカンを食らってしまうような人はその距離感を考えずに行動してしまっている可能性があります。

まだ相手のことを対してよく知ってもいないくせに仲良くなりたいからといって必要以上に距離感を詰めて周りから煩わしいと感じられていませんか?

その逆に相手が距離を詰めて来ようとしても自分が距離感を遠くに設定してしまい仲良くしないようにしすぎていませんか?

距離感がわからないと周りの人間から総スカン食らってしまう可能性もありますので相手との親密度合をよく考えた上で行動するようにしてください。

第一印象が悪い

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は第一印象が悪いということです。

あなたは自分の第一印象を大切に考えていますか?
人間の第一印象は自分が考えているよりもとても大切なものになります。

一般的に第一印象は9割の印象を形成するものであるといわれています。

なので第一印象で相手から苦手だと思われると自分にとってはかなりマイナスからのスタートとなってしまうのです。

このことを理解しておかないと相手とのコミュニケーションにおいて弊害が生まれてしまう可能性があります。

例えばあなたが初めて会った人間と話す時に、笑顔で微笑みかけられると相手に対する印象はもちろん良い印象を受けるはずですよね。

しかし第一印象で初めて顔を見た時に相手から睨まれると当然嫌な気持ちになりますよね。

この二つの第一印象によってそれ以降のコミュニケーションの入り方などは全く違ってくると思います。

なので第一印象悪くするということはそれ以降のコミュニケーションにまで影響が及ぶという事を理解してください。

いつも初対面の人間には警戒して威嚇してしまうような行動を取る人は周りから嫌われてしまうがちになりますので注意してください。

失敗を他人のせいにする

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は失敗を他人のせいにするということです。

あなたは自分が何かを成し遂げようとした時に目的を成し遂げられなかった時に誰かしらのせいにして言い訳していませんか?

ビジネスのシーンでよく見かける特徴になるのですが、自分が失敗したのを他人のせいにして自分が失敗から逃れようとしている人間はよく見かけます。

しかし周りにいる人間からしてみればどんなに言い訳をしても本当に失敗した原因については理解しているはずです。

それなのにあたかも自分は悪くないような態度をとっている人間は基本的に周りから嫌われますし、総スカンされる対象になってしまいます。

一般社員でもこのような人間がいれば総スカンされてしまうのに、管理職の立場にこのような人間がいるとたちまち周りからは信頼が無くなってしまいます。

自分が悪いと言われたくないのはわかるのですが、社会人として責任をもって仕事を行っているのであれば自分に原因があればその原因を改善するために失敗を認めなければいけません。

それなのにその原因を他人に擦り付けてしまう行為は言語道断です。

自分にとっても絶対に良いことは帰ってきませんので、かならず失敗の原因が自分にある場合が認めるようにする強さを身に着けてください。

文句を言う人

次にご紹介する総スカンを食らう人の特徴は文句を言う人です。

あなたの身の回りに何かしらにつけて文句を言ったりするような人間はいませんか?

文句を言うことは時に大切なことにはなるのですが、必要以上に文句をいう人間は周りから嫌われてしまいます。

怒りっぽい性格をしていると周りにいる人間も嫌な気持ちになりますし、関わると面倒な事が起こりそうだからという理由で距離を開けられてしまいます。

そして、文句を言うくせに自分の実力や実績が伴っていなければ批判の対象になります。

そんな人間に対して距離を縮めたくないと誰もが思ってしまうはずです。

なので周りに敵を作ってしまいやすく、周りからは総スカンされてしまいやすいので、細かい事に対していつも文句を言ったりするような性格に該当する場合は改善する必要性があります。

総スカンな人にならないように要注意!(まとめ)

今回は総スカンをテーマにして総スカンの意味や総スカンを食らう人の特徴についてご紹介していきました。

今回ご紹介した特徴の中に自分自身に該当する要素はありませんでしたか?

もしも該当する要素があるのであれば今すぐ改善して周りの人間と良いコミュニケーションを取れるように努める必要性があります。

どんな人間でも変わることはできます。

ちょっとした認識を変えることによって周りの人間からの評価もすぐに変えることができますので、もしもこれまで総スカンを食らって生き続けてきたという方は諦めずに自分を変えるために、そして人から好かれるように適切な努力を行ってみてください。