「言霊」といえば宮崎駿監督の映画に出てくるようなキャラクターの名前のような言葉ですが、この言葉は実は大変深い意味のある、大切な意味を持った言葉なんです。

言霊のルールに沿って、ライフスタイルに少しでも変化を取り入れていけば、今より幸せで安定した人生が待っているかもしれません。

言霊のある言葉を話そう!

言霊が導くままに言葉を話す練習をしてみましょう。

1.言霊とは?

言霊とは、言葉に宿ると信じられた霊的な力のことのことを言います。

2.何と読む?

言霊はなんと読むのかというと、「ことだま」と発音します。

読み方がちょっと難しいですよね。

3.言魂とも書きます

言霊は「ことだま」という発音の通り、言魂とも書いたりします。

4.言霊にはどんな力があるの?

どこかで一度くらいは聞いたことがあるような言葉「言霊」ですが、一体言霊にはどんな力があるのでしょうか?

1.一度声に出した言葉は現実に何らかの影響を与える


例えば、言霊の世界で「ありがとう」という言葉にはプラスのエネルギーが宿っていると考えられています。

逆に「うざい」とか「許さない」などのちょっと汚い言葉にはマイナスのエネルギーが宿っているといわれているんです。

人が「ありがとう」という言葉を使う時は優しい気持ちでそれを口にしているはずですが、その逆で、「うざい」とか「ムカつく」などの汚い言葉や相手を傷つける言葉を口にしている時は、人は冷たい気持ちや邪悪な気持ちがしているはずでです。

そんな風に思い出しながら考えてみると、ほんのちょっと言霊の意味が、何となくでも分かって来たのではないでしょうか?

2.祭祀などで間違えて読んだら大変なことが起こる

言霊に似たような考え方は、日本だけにとどまらず、世界中に存在しています。

その中で、日本の立ち位置や日本の場合はどうなっているのかというと、言霊の力で国が豊に幸せになれると信じられており、言霊を神格化した一言主大神(ぬしのおおかみ)が存在すると信じられています。

この神様は大変大切にされているので、もし祭祀などで間違えて読んでしまった、なんて事態が発生したら大変なことが起こると言い伝えられているんです。

年末年始だけ神社に行く人は、「神社でアルバイトするのもいいかも」なんて軽く考えてしまいそうですが、神様の近くで働くには相当の覚悟、絶対に自分は失礼を働かないぞという覚悟が必要です。

3.良い言葉を浴びた植物はよく育つと言われる


普通の人なら「植物には気持ちがない」とか「話掛けるものじゃない」と思いますよね。

誰かが植物に話し掛けているところを目撃したら「あの人おかしいんじゃないの?」なんて思ってしまうはずです。

でも、言霊の世界では「良い言葉を浴びた植物はよく育つ」と言われているんです。

誰かに見られている時に話かけるのも平気なのですが、近所の人から「変な人」と思われてしまう可能性があるので、誰もいない時に「良く育つといいね」とか「今日も凄く綺麗に育ってるよ」なんて言いながらお水をあげると、何も話かけないで水やりをする時よりも、何倍も元気に長く育ったり・生き続けることができるんです。

4.悪い言葉を浴びて育った生き物は長生きしないと言われる

逆に悪い言葉をいいながら「あ~今日も水やり面倒くさい」「もう欲しくないのになんで私にくれたのかな」なんて言いながら水やりをすると、その植物は長生きしないと言われているんです。

5.励ましの言葉が生きる勇気を与える

最近は「頑張っている人に頑張れっていうのなんだかおかしいよね」という風潮がありますが、厳しい状況を努力して乗り越えようと必死にもがいている人に、「頑張れ」とか「応援してるから」とか「無理し過ぎないでね」なんて、一見ありきたりな言葉をかけるだけでも、その励ましの言葉が生きる勇気を与えるくらい力を与えることがあると言われているんです。

選ぶ言葉を考えすぎるよりも、気持ちの籠った言葉を掛ければ、同じ言葉でも結果はより効果がアップしてくれます。

6.たったひとつの冷たい言葉が人を自殺にまで追い込むことも

その逆で、たったひとつの冷たい言葉が人を自殺にまで追い込むこともあるんです。

冷たい言葉を放った人は、相手のことが羨ましくて、根拠のない酷いことをいっただけのつもりなのかもしれません。

でもその小さな冷たい言葉に悪い言霊が宿ってしまうと、その相手を自殺に追い込む程、邪悪な力を引き連れてしまいます。

言葉は暴力と同じだけの力や影響があるということを知った上で、言葉は慎重に選ぶ必要があるんです。

7.自分の人格を変える力もある

子どもに対して、お母さんがいつも「あんたダメな子ね」と言っていると、その子は本当は能力が人より備わっているはずなのに、本当に「ダメな子」に育ってしまいます。

悪口ばかり言っていると、あなたの周りには悪口の好きな人が、周りに集まってくるようになります。

そして最後には、自分が悪口を言われることになってしまうのです。

8.人の気持ちを変えることも出来る

嘘でもいいから、夫に対して毎日「感謝してるわ」と言っていると、次第に「感謝したくなるような夫」に変わっていきます。

私の結婚は失敗したと悔やんでいる人も、「いつも本当にありがとう」と気持ちを込めて言い続けていると、少しづつ状況は確実に変化していきます。

そして「うちの旦那はブサイクだ」と思っている人も「うちの旦那はかっこいい」という気持ちを毎日伝えていけば、「嘘でしょ!?」と思うくらい旦那さんはかっこ良くなっていくんです。

4.西洋の呪文も言霊思想から来ている

実は西洋の呪文も言霊思想から来ているという話があります。

言霊の中には、古くから伝わる「神言」と呼ばれる呪文があり、たとえば、神社で大黒様をお祀りする祠の横に、お参りするときには「オンマカキャラヤソワカ」と3回唱えてくださいと書いてあることがあります。

これは、さまざまな運や商売繁盛などを引き寄せることができるため。

もしこれから神社に行くことがあるのであれば、「オンマカキャラヤソワカ」と唱えるとご利益を受け取れるかもしれません。

5.だからこそ発する言葉には気を遣おう!

毎日人間が何気なく発する言葉には、無意識の内にも「言霊」が入っているんです。

良いことも悪いことも影響してしまうので、だからこそ発する言葉には気を遣わなければなりません。

1.ポジティブな言葉を話そう

言霊の世界では「よく褒める人」は「あまり褒めない人」より2倍褒められやすい
というデータがあります。

これは相手が良い行いをした時に「褒めてあげる」という意味で、営業社員が契約を獲得する為に、やたらと人を褒めるような利益丸見えの行為ではご利益はありません。

仕事が立て込んだり、家族が無理ばかりなお願いをしてきて、心も体もいっぱいいっぱいになってしまった時は、「は~、疲れた」と言うと、翌朝の目覚めが悪くなります。

でも「は~、楽しかった」と言うと、翌朝の目覚めが良くなるんです。

「明日はもうだめ」「これ以上頑張れない」くらいに追い込まれてしまった時は、ただただ「は~今日も楽しかった!」と一言言い放って、あとは何も考えない!寝てしまえば、ただ寝るだけよりも翌日は元気になっているはずです。

2.人の心に響く言葉を話そう

最近の若い人、20代・30代・40代あたりは、それより前の時代の人たちのように、お酒を飲みながら熱く語るとか、腹を割って話をするなんて、ほんとに限られた人にだけする行為になって来てしまいました。

皆さんの中には最近、人の心に響く言葉で話をしたことがありますか?

そんな話をする雰囲気って中々なかったり、そういう真面目な話をすると、伝わらなかった時にがっかりするとか、なるべく揉めたくないから、とりあえず仲良い関係でいておこうとか、そういう方を選択しがちで、人の心に響く言葉で話をする機会を避けている人が多いと思います。

でも、「この人は自分にとって特別だな」と思う人には、たまには軽く人の心に響く言葉で話をしてみて下さい。

熱く語ることとは違う、ちょっと心の籠った話をするのです。

きっと分かる人・通じる人は分かってくれるはずです。

そして話をした方も、された方も、ほんのちょっと温かい気持ちになるはずなのです。

3.自分の気持ちが籠った言葉を話そう

私の知り合いの中には、いつも何かを話す度に、自分の言葉ではなく、誰かが言った言葉や話をあたかも「自分が考えた」「自分が体験した風」に話をする人がいます。

大抵その話はその日にテレビで聞いたニュースとか、タレントの誰かが言っていた話ばかり、私は心の中で「あ、、それ昨日流れてたニュースのことね」「コメンテーターと同じこと言ってるだけだし」と思いながら聞いています。

こちらが物知りだと判断されれば、「あれは何?」「あれはどういう意味?」と今度は質問の嵐です。

「たまには自分の気持ちが籠った言葉を話そうよ」私はその人と会う度にそう思いながらうんざりしています。

4.表現力をつけるために語彙を増やそう

表現力やボキャブラリーが乏しい人の言葉は、聞くてのこちら側がいくら一生懸命話を聞こうとしても、「何をいいたいのか」が良く理解できない場合があります。

「だからね、それとあれがこうなって・・・」

その人と自分がいくら長い付き合いで、あうんの呼吸くらいのものがあったとしても、たったそれだけの言葉ではやはり、細かい部分はどんなことをやりたいのか、どんな風にして行きたいのかをくみ取ることができないのです。

5.軽く浅い言葉ばかり使っていると人間性もそうなる

普段からあまり深くものごとを考えずに、自分のことばかりとか、快楽のことばかりを考えている人の顔は、おのずとそういう顔になって行くものです。

俗に「人相」なんていう言葉がありますが、優しい人、ピュアな人、幸せな人はそういう顔をしているものです。

良く「私はすぐに人に騙される」という人は、相手の人相を良く観察して、良い相の人を選ぶようにすると今より騙されなくなるかもしれません。

6.発する言葉だけでなく書いた言葉にも言霊が

言霊は声に出した言葉だけに宿るものではありません。

実は書いた言葉にも言霊が宿ると言われています。

今私が気になっているのは、パソコンで打った文字はどうなるのか?ということなのですが、きっと言霊は宿っているはずです。

たかがSNSだからとか、顔が見えないからと言って、平気で人が傷つくことを送って笑っている人は、いつか自分にもそれが返ってくるはずなのです。

1.読み返せるので、効果は長く続く

書いた言葉は何度も見返したり、読み返すことができるので、その効果は長く続くと言われています。

例えば、女優の土屋太鳳さんのインスタには毎回、かなり長い文章が掲載されています。

超多忙な彼女がそんなものを書く時間があるのか?と驚く程の長文と内容なのですが、きっと読んでみると分かると思います。

彼女の誠実さや一生懸命な姿勢がその文章に言霊となって乗り移っているのです。

「この人はいつも自分らしく誠実に取り組んでいるんだろうな」そんな気分にさせられます。

2.メールよりも電話で話した方が伝わる

最近は電話を利用する人がめっきりと減っていると言われています。

「電話するのは仲が良い人だけ」「メールの方が要件だけで済むから楽」なんて声がたくさん聞こえて来ます。

でも言霊の観点から言えば、メールよりも電話で話した方が伝わると言われているんです。

仕事の話とか、好きじゃない相手に対しては、メールで良いかもしれませんが、大切な人に誤解のないよう、大事なことを伝える時は、メールでなくて、電話するのがオススメです。

3.メールよりも手紙で送ったほうが伝わる

言霊の世界では、電話よりも、さらに手紙で送った方が伝わると言われています。

最近は手紙を出すなんて、ほとんどやらなくなってしまいましたよね。

手紙を書くのは、お世話になった方、仕事を辞める時に上司へとか、いつも優しくしてくれる友人の誕生日なんかに書いたりしています。

それでも、私は自分の知らない内に、手紙を書く枚数や送る数が減っていることに気が付きました。

それと同時に昔大学生だった時に、当時流行っていた浜崎あゆみさんの歌詞を書いてくれた手紙を受け取ったことを思い出しました。

確かにあの手紙をもらった時、他の友達はメールだけだったのに、すごくジーンと来て、もの凄く心に響いたのを覚えています。

きっとあれは私の為を思って心を込めて書いてくれたものだったと思いますが、もらった私は、嬉しかったと同時にその友人の凄さとか、彼女の優しさとか、「この人には勝てないな」なんて気持ちにもなったのです。

人の為に心を込めたことは、いづれ自分にも返ってくる、言霊の本来の意味を思い出せた出来事でした。