私たちが使っている日本語は日々変化を続けています。

なぜなら毎年多くの日本語が新しく生まれて、たくさんの方に使われるようになっているからです。

日本語が新しく生まれているという事実に気づいていない方も多いと思いますが、新しく生まれた言葉はある程度認知されて一般的に使われるようになると辞書に掲載されるようになり、一般的な言葉として認められるようになります。

そして新しく生まれる言葉の中には辞書に登録するまで認知はされなくても、一般的に広く知れ渡っている言葉などは存在しています。

そのような言葉にはどんなものが存在するのかと言いますと、若者言葉も一つの種類に該当します。

あなたは普段若者言葉を使って物事を表現したりしていますか?
もしも日常的に若者言葉を使っている方ならば新しい流行語などに敏感な方かもしれませんね。

今の時代は昔と違って情報がたくさんの人に知れ渡るまでのスピードが段違いに早くなっています。

なぜならばその影響の一つとしてインターネットが大きく関わっています。

インターネットが発達することによって今では沢山の方が瞬時にたくさんの情報を取得することができるようになり、スマートフォンが販売されて、たくさんのアプリが開発され、今ではSNSなどで最新の情報が共有できるようになっているのです。

なので当然流行語がたくさんの方に知れ渡るのもあっという間のスピードになり、そして素早く知れ渡る文廃れていくのも早くなっています。

そんな若者言葉の中には今「ちな」という言葉があるのをご存知でしょうか?

一見すると意味がわからない言葉かもしれませんがきちんと意味が隠されています。

今回はこの「ちな」をテーマにして、どういう意味なのかということや使い方などについても詳しくご紹介していきたいと思います。

「ちな〜」ってどういう意味?使い方は?

ある程度年齢を重ねている人からすれば今の若者言葉に関しては正直ついていけないと思っている方がたくさんいると思います。

先ほどご紹介したように言葉の流行るスピード、そして廃れるスピードなどが速すぎて年齢が上の方はついていけないくらいたくさんの言葉が存在しており、さらには意味合いなど若干難しくなってきています。

なので若者言葉についての知識がない方からすればまるで呪文のように感じるかもしれませんね。

しかしそれは私たちが知らないだけであり、若者たちからすればいたって簡単な解釈であることも確かなのです。

先ほどふれた「ちな」という言葉ですが、一見すると何の事を言ってるのか全く意味がわからないのですが、正しい意味を知ってみるとなるほどね、と解釈できるようになるのです。

一度理解するともうその意味にしか考えることができないような、そんな魅力を兼ね備えている若者言葉についてもっと知ってみようと意欲的に行動することで、自分たちが知らないような新しい言葉の意味を把握できるようになっていきます。

わからないことをわからないままにするのではなく、自分自身で興味を持って飛び込んでいくことによって、相手のことをたくさん知ることができます。

それはひとつのコミュニケーションにもなりますので、必ずどこかの場面でその経験を活かすことができるようになります。

ある程度年齢を重ねては買い方と接することが少なくなったという方も、自分が所属している会社においては若い年齢とかと触れ合ったりすることもあると思いますので、そんな彼らの考え方や言葉に関して理解を示すことにより円滑な人間関係を得ることができるようになりますので、自分なりに興味を持って若者言葉について考えてみるきかっけにしてください。

「ちな」の基礎基本


「ちな」という言葉を知るためにはまずは意味を正しく理解するところから初めていただく必要性があります。

「ちな」という言葉は意味さえしっておけばそこまで難しい言葉ではありません。

そして、私たちはどんな年代の方でも一般的にこの「ちな」という意味の言葉を使っているのです。

言葉の意味を知る前に自分なりに考えてみてください。

私たちが一般的によく使っている言葉の中で「ちな」という言葉に該当しそうな言葉がないかどうか確認してみてください。

意外と若者言葉は私たちの身近に存在している言葉をもじったものに過ぎないのです。

だからこそ便利で様々な場面で用いる事が出来る便利な言葉として解釈する事も出来ます。

もちろん良い年をした人が若者言葉を使っているとちょっと恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、ひとつの知識として頭の中にインプットしていただくだけでも面白いと思いますので、興味をもって想像してみてください。

意味

「ちな」という言葉の意味は「ちなみに」という言葉の略称された言葉として使用されています。

私たちは日常生活で誰かと会話をしたりするときに、会話の内容に何かしらの言葉を付け足したりするようなことがあると思います。

例えば「テレビの録画しといて!」→「ちなみに今日は友達の家に泊まるから」などのように、言葉を後から付け足したりするときの接続後として使用するのが一般的だと思います。

普段から私たちは「ちなみに」という言葉はよく使ったりしていると思います。

なので一旦意味を理解してみるともうそのようにしか思えなくなる感覚が襲ってきませんか?
こうして意味を考えてみると極めて簡単な略称言葉だったということに気がつくはずです。

しかし元々の言葉自体がかなり短い言葉なので、それをわざわざ略称をするのもどうなのかと感じる方がいるかもしれません。

もちろんそのように感じる部分はあると思いますが一般的にはこのような言葉は日常生活で直接使ったりするよりもどちらかといえば別の場面で使われる方が多かったりするので、たった数文字でも略称したいという考え方に現在はなっているのです。

例えば先ほども紹介したように今は一人一台スマートフォンを持っているような時代になっているのですが、スマートフォンを利用している若年層の方は大多数の方がSNSを利用しています。

SNSといえばFacebook、Instagram、Twitterなどが一般的なのですが、これらのSNSの中で連絡を取り合ったりする場合にはスマートフォン自動で文字を打ったりするので一文字一文字打つのが面倒に感じてしまうのです。

なのでたった2文字でも略称することができる言葉があるならばそちらを使った方が時間を効率よく使うことが出来るようになります。

なのでたくさんの方が利用している言葉になっていると考えることが出来るのです。

実際にSNSなどでも確認してみてください、かなりの方はこのような表現で使用していると思いますよ。

使用する年代


「ちな」という言葉は若者言葉として使用されていますので一般的に使用する年代は限られています。

では具体的にどのような年代の若者が使っているのかと言いますと基本的には10代の若者を中心にして使用されています。

そして若者言葉は使用する多くの方は女性を中心に活用しています。

なので10代の女性の若者といえば学生の高校生の方が一般的に多く使用している例を見かけます。

男性でも使っている人間は見かけることがありますが、一般的には女性の方が言葉などにも敏感に反応していたりしています。

この年代に関してはSNSなどを日常的に利用されている方などもかなり多かったりするので、自然とSNSでの活用例がおおくなっています。

SNSなどで見かけるような事があった際にはその方の年齢などに着目しながら文章内容などを確認してみてください。

恐らく若年層での利用が予想されるはずです。

語源

なぜ「ちな」という言葉が誕生したのかと考えた時にインターネットの普及が一般的に大きな効果を持っていると考えることができます。

そもそも「ちな」という言葉に限らず、このような若者言葉に関しては一般的にインターネットで誕生する背景がもたれています。

全ての言葉がそうではありませんが基本的にインターネット上での掲示板でのコミュニケーションをもとにして作られている場合が多いのです。

その代表的な生まれる場所としては2チャンネルやニコニコ動画などが一般的とされています。

2チャンネルに関してはインターネット上の掲示板であり、ニコニコ動画に関してはYOUTUBEとかなり似ているような存在として考えていただければわかりやすいかもしれません。

このような場所に関してはなるべくレスポンスを早くするために言葉を略称したりする傾向が存在しています。

特にニコニコ動画に関しては放送ないように比例した状態でコメントをする必要性がありますので、放送についていけないようなスピードでレスポンスしても意味がないのです。

なのでなるべく入力するキーワードを少なくするような風潮がありますので、そこから自然とある程度意味が推測できなおかつ入力文字数を少なくするための工夫として活用されています。

ちなみに「ちな」という言葉が生まれた一般的に有力な説はなんJ民という掲示板から生まれたとされています。

この「なんJ民」とは2ちゃんねるの掲示板としても知られており、「なんでも実況J板」という通称を略した掲示板の名前のことです。

一般的には野球の実況に関して主に話をしているような掲示板になるのですが、もちろん野球以外の話題に関しても話されているような掲示板として知られていますが、この掲示板で「ちな」という言葉は生まれたとされています。

ちなみにといちいち入力するよりも「ちな〇〇」という風に表現した方が早かったりもしますので、かなり多用されるケースが目立っています。

最終的にそこから広がり現在ではSNSなどでも広く使われるようになっています。

使用例

「ちな」という言葉をもし実際に使用するとなった場合にどのような使用方法をするのか気になる方もいると思います。

普段日常的に若者言葉を使っていない方はわからないのも当然だと思いますがそこまで使用する方法は難しくありません。

そもそも「ちな」という言葉自体が先ほどご紹介したように「ちなみに」の略称になりますので、日常会話でちなみにという言葉を使う時にちなという言葉を使えばそれだけで正しい使用方法になるからです。

なので例文を上げて考えるとすれば「ちなみに俺は巨人が大好きだよ」→「ちな俺巨人ファン」のように略称して表現する事が可能になっています。

それ以外にも「ちな俺ラーメン食べたい」「ちな今週の土日暇だから暇ならあそぼ」というような使い方も可能になります。

現実の世界で聞いたりする頻度としては少ないかもしれませんが、若者の間では一般的に使われている可能性もありますし、インターネット上に関しては頻繁に来る表現を用いられていますので様々なシーンで使用することが可能になっている言葉と考えることができます。

特に女性が使ったりすることが多いのですが、女性が使えばなんとなく可愛いらしいイメージを持ったりすることもあるので対応している方も多いはずです。

「ちな」を使う時の注意点

ここまでは「ちな」という言葉に関する基礎的な知識についてご紹介していきました。

しかし「ちな」という言葉を完全にマスターするためには具体的な意味や使い方などを知るだけではなく、この言葉を使う際の注意点について正しく把握しておかなければいけません。

正しく把握していなければ自分にとって損な状況になってしまう可能性があるからです。

具体的には言葉の意味が通じなくて相手との距離感を感じさせてしまうようなマイナスな空気感になってしまってしまう、人によっては不快感を感じさせる場合がある、状況によっては相手に対して失礼な対応になってしまうということが考えられます。

私たちが一般的に使っている日本語は尊敬語、謙譲語、丁寧語など様々な形式が存在しています。

日本語はこれらの種類を上手に活用して組み合わせている言葉になりますので、全ての言葉を若者言葉で対応しようとすると無理があります。

なので上手に状況を把握した上で使うようにしないと間違った使い方になってしまうということです。

それを踏まえた上でこれからご紹介する項目に注意しながら、使用するようにしてみてください。

高齢者には使わない

まずはじめにご紹介する「ちな」を使う時の注意点としては高齢者には使わないということです。

これはちょっと考えてみれば分かるようなことかもしれませんが、もしも自分の仲間内で一般的に使っているような言葉だったとしても自分と年代が違ったり立場が違うような人間に関して当たり前のように使ってはいけないということです。

特にそのような中でも高齢者を相手にして若者言葉を使ったりするようなことは極力控えるようにしてください。

なぜ控えなければいけないのかと考えた時に当然高齢者の方は若者言葉について把握していない可能性がとてつもなく高いです。

むしろ高齢者の方で若者言葉を知っている人の方が一般的にはありえないと考えた方が良いかもしれません。

高齢者の方はそろそろインターネット自体がよくわかっていない形が多いのです。

時代の変化ということもあり、インターネットをビジネスなどのシーンで活用する経験もしていなかったりするので、疎いのは当たり前です。

そして若者言葉は一般的にインターネット上で生まれるような言葉になっていますので、そもそもインターネットを利用していない人間が分かるような言葉ではないのです。

元々「ちな」という言葉も今回ご紹介して初めてその意味に気づいた方がいるように、一般的にインターネットを利用している人間でもわからない場合も多かったりするので、むしろしていたら少し怖いくらいなのです。

なので高齢者相手に若者言葉を当たり前に使ったりすると相手は当然分からないですし、わからない言葉を当たり前のに使われると不快感を感じる方もいるかもしれません。

なので自分の立場が違う人間に対しては自分たちが当たり前に使ってる言葉だったとしても当たり前に使わないようにしなければいけません。

相手と良い関係を築きたいと思うのであればなおさら気を付けなければいけないことなのでその点は注意して若者言葉を使うようにしてください。

仲いい友達同士で使う

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としては仲の良い友達同士で使うということです。

なぜ仲の良い友達同士でしか使ってはいけないのかと考えた時に、先ほどご紹介した内容に触れますが自分たちと同じ年代の人達であれば、ある程度若者言葉を使ったとしても違和感なく受け取れたり、分からなくてもそれって何?と話が広がったりするんですが、年代が全く違う人間であったり、特にそこまで仲良くない友達に対して使ったりすると意味がわからない事によってお互いの距離が離れてしまう可能性があります。

あなたもそこまで仲良くない人間から意味のわからない言葉を言われたらおそらく多少なり不快感を感じることがあると思います。

優しい人であればそこまで表には出さないかもしれませんが、自分の意見をはっきり伝えるような気の強いタイプの人間に関しては文句を言われる可能性も十分考えられます。

なので極力若者言葉を使う場合は自分の仲の良い友達同士の輪の中で使うように意識してください。

ちょっと離れた関係性にある人だったり、そもそも自分の年代が違うような人に対しては使うことによって自分自身に良くない影響を受ける可能性もありますので覚えておいてください。

できればネット上で使おう

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としてはできればインターネット上で使うようにするということです。

なぜインターネット上で使うようにしなければいけないのかと考えた時に、そもそも先ほどご紹介したい若者言葉はインターネット上でのコミュニケーションを介する上で略称された言葉として知られています。

インターネット上でのレスポンスをなるべく早くして会話のテンポを上げるためになるべく短く省略できるような言葉を短くしようという意識のもと生まれていますので、特に現実の世界で使われるということを想定して生まれている言葉ではないのです。

つまり現実の世界で使ってしまうと本来の目的の意図と少し外れた使用方法になってしまうということになります。

もちろん現実の世界でも伝わるような間柄の人間関係であれば使っても問題はないのですが、日常的に使用していると思わぬ場面で発言してしまったりする可能性もありますよね。

それに仲の良い間柄だったとしても相手が特に若者言葉に関して知らないような人間だった場合は「ちな」という言葉をいきなり使われても理解できなかったりする場合があります。

ある程度察しの良い方であればすぐにわかるかもしれませんが、わからなかった場合いちいち説明しなければいけないので結果的に会話が無駄になってしまいます。

なのでできればインターネット上でのコミュニケーションにおける表現方法の一つという概念を持っておけばそこまで面倒なことにならないと思いますので、日常的に頻繁に使用している方はインターネット上でコミュニケーションを行う際使うようにするなどの工夫を行ってみるとスムーズに使うことができます。

ビジネスの場ではNG

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としてはビジネスのためにはNGということです。

これはちょっと考えてみれば分かるようなことだと思いますし、ビジネスの場面で使ってるような人は多分いないと思うのですが、日常的に使用している言葉は思わぬところで発してしまう可能性があります。

日常生活の中で若者言葉を頻繁に利用している方はビジネスの場面で上司と話しているときであったり、他の会社の来客の方と話をしている時、それ以外にも自分の会社と取引、もしくは商品・サービスを購入してくれているお客様に対して使ってしまう可能性があるということです。

すぐにそのまた訂正すればおそらく大事になるようなことはないと思いますが、厳しい人間だった場合にもしも若者言葉を使ったりした時に相手が不快感を持ってしまえば、最悪の結果の一つとして怒らせてしまって取引がなくなってしまったり、クレームを受けてしまったりする可能性があります。

たった少しの言葉の使いの仕方で良い関係を築けなくなってしまうというのはとてももったいないことですよね。

なので当然ながら大前提としてビジネスの場面では絶対に使わないようにするという言葉意識しておかなければいけません。

もしもうっかりと発してしまった場合にはすぐに訂正したり、相手に謝罪して話を続けるように工夫する必要性があります。

意味を理解して使おう

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としては意味を理解して必ず使う必要性があるということです。

若者言葉に関してはある程度若者言葉に精通しているような人間でさえも初めて見た時によく意味がわからないような言葉があったりする可能性もあります。

なので当然若者言葉に関して耐性を持っていない人に使う場合は完全に理解した状態で使っていないとなおさら分からなくなってしまう可能性があるのです。

もしも使っている立場の人間があやふやな知識で使ってしまうと当然掴まれる立場の人間もあやふやの認識になってしまいますのでお互いに意思疎通ができなかったりする可能性があります。

そうなってしまうと不仲の原因になってしまう可能性も産まれますので、まず使おうと思っている言葉の意味を正しく把握するところから始めなければいけません。

今回は「ちな」という言葉の意味や例文などもご紹介していますので、ある程度基本的な使い方はマスターいただけたと思いますが、若者言葉は「ちな」という言葉以外にもたくさんの言葉が存在しています。

なので他の若者言葉を使おうと思った際にはまず必ず意味を理解するところから始めて完璧にマスターしてから使うようにしてください。

無理して使うと痛い目にあう

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としては無理して使うと痛い目にあうということです。

先ほどご紹介したように自分自身が使う言葉は必ず正しい知識を持った上で使わなければいけません。

なぜならばもしも周りが使っているからという理由だけでよく知りもしないのに使ってしまったりすると意味を理解していないことを周りから見破られてしまう可能性があります。

そうなってしまうとかっこをつけたということで周りから恥ずかしい目に見られたりすることもありますし、使った自分が恥ずかしい立場になってしまうことも当然考えられますので、無理をしてわからない言葉を使うという言葉は極力なくすようにしてください。

使用できるのは未成年まで

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としては使用できるのは未成年までということです。

もちろんどんな言葉をどんな年齢の人が使うがそれは個人の勝手であるというのは大前提です。

しかしながら周りからの見られ方などを意識するのであれば、一般的に若者言葉を使用してもおかしくないと思われる年齢は未成年までの年齢であるということは考えておかなければいけません。

例えばある程度社会的な経験もあり、しっかりしてそうな人間が若者言葉をペラペラと喋っている姿を見てしまうと残念な気持ちになってしまいませんか?

見た目はしっかりしていても中身は伴っていないのかなと判断されてしまう要素になりかねないということです。

若者言葉が絶対的に悪いことであるというわけではないのですが、どうしても若者言葉を使っていると幼く見られがちになりますし、特に男性が使っていると頼りない一面を見せてしまっていることにもつながりかねません。

もちろん成人した女性が使っていてもなんとなくしっかりしていないのかなという印象を受け止められがちになります。

なので自分の立場を守るためにも、自分の印象良くするためにも使用するのは未成年までであるという考え方を持つようにしなければいけません。

多用するのは控えよう

次にご紹介する「ちな」を使う時の注意点としてはあまり必要以上に多用するのはやめるべきということです。

どうしても人間は新しくしたことや新しく購入したものなの使ってみたくなるような心理を持っています。

あなたも新しく購入したお気に入りの商品を活用できる機会があれば積極的に活用しようと行動したりした経験を持っていると思います。

それと同じように言葉も同様に新しくした言葉はなるべく使用する機会があれば使ってみたいと思うのが当たり前なのですが、だからといって必要以上に様々なシーンで多用するのはお勧めできません。

なぜならば、多用することによって若者言葉を意識したイタイ人間であると判断されてしまいかねないからです。

いわゆるなんとなく目につくというものに該当すると思います。

別に若者言葉は使うことが悪いことではないのですが、周りからの印象などを踏まえて考えてみるとあまりにも多用したりしている姿を見ると面倒臭く感じたり、なんでそこまで意識しているのか理解できないといったように批判の対象になってしまう可能性があります。

なので結局自分が損をしてしまうことにつながりかねませんので、適切に使用できる場面以外ではなるべく使用しないようにしてください。

「ちな」と同様に使用される省略語

「ちな」という言葉の注意点についてある程度をご紹介していきました。

ここまでご紹介した内容全て正しく理解することができれば適切なシーンで若者言葉を使うことができるようになると思いますが、ちなみに「ちな」という言葉以外にも同様に省略されているような似ている若者言葉が複数存在していますので、併せてそちらについても理解してもらうことによって様々な若者言葉を連動して把握することができるようになります。

結びつけて考えることによって自分の知識としてもインプットしやすいと思いますのでこの機会に似ている言葉についても覚えておいてください。

とりま

まずはじめにご紹介する若者言葉の省略語は「とりま」です。

この言葉は大抵の方が一度は聞いたことがあると思いますが、「とりあえずまぁ」の略称としても知られています。

とりあえずという言葉はよく日常生活でも使われると思いますし、馴染みのある言葉なのである程度理解しやすい言葉に分類されます。

例えばどこかお店に入ろうかということを示した例文としては「とりまファミレスいく?」などの使い方が出来ます。

【とりまについては、こちらの記事もチェック!】

そそ

次にご紹介する若者言葉の省略語は「そそ」という言葉です。

この言葉に関しては「そうそう」という同意する場面で使われるような言葉を省略した言葉になります。

なので例文としては「昨日あそこのファミレスに友達といた?」→「そそ、あそこのファミレスにいたよ」などの使い方ができます。

「ちな」の意味を正しく知ろう!(まとめ)

今回は「ちな」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使う時の注意点についてご紹介していきました。

若者言葉は考えてみるとそのルーツなどがかなり面白いものなどもたくさんありますので、色々勉強してみると新しい発見をすることができると思います。

しかし実際に使う時にはそれなりに注意点なども存在していますので、使う時にはたくさんのことを想定した上で使うようにしてみてください。

正しく使えば面白いコミュニケーションの一つとして上手に活用することができますのでたくさんの若者言葉をこの機会知ってみてくださいね。