一生独身を貫く、と強い意志をもってそうしている人は別としましょう。

それ以外の独身者に、あなたはなぜ独身なのですか、と聞いてみると多様な答えが返ってくるでしょう。

それらの中に共通項があるとすれば、彼らは自らに制約を課している点ではないでしょうか?以下その仮説を検証しつつ、独身者たちの姿にせまってみようと思います。

一生独身になっちゃう人ってどんな人?

一生独身になりやすいと人は、男女を問わず、夢のため、仕事が忙しいため、転勤が多いため、両親の介護のため、次々と結婚しないできない理由が出てくる人です。

中でも自分の時間を大事するという大義名分を掲げ、実は自分の世界に閉じこもっている人は多いでしょう。

そしてその中には少数ですがその世界で世間の注目を浴び、輝いている人もいます。

それが理想の生き方というメッセージを発信し、そのまま受け取る人もいます。

これが夢追い人のタイプです。

これをAとしましょう。

仕事が充実し能力も高く、他人の介入を嫌うタイプ。

これをBとします。

家庭の事情、実家を離れられない、両親の介護ある、などを大切にするタイプ。

これをCとします。

これらABCがそれぞれほんの少しでもからめば、21世紀の現代では、ほぼ一生独身に当確がついてしまうのではないでしょうか。

独身になる人【男性編】

25歳くらいで結婚した友人男性は、友人たちから少し早すぎるのでは、と言われると、「なあに40歳になればみな同じだよ。」

と答えていました。

これは20世紀後半には、まだ普通に会話として成立していました。

それが急速に通用しなくなります。

男性が結婚しなくなったからです。

結婚しない人が増えた主因は少なくと20世紀の段階では男性側にあります。

男性が結婚にはっきりとビビり始めました。

直接の原因は、自己主張を強める女性たちを避けるようになってきたことでしょう。

経済成長によって豊かになり、男女は結婚し、力を合わせて生きていく選択だけではなくなりました。

また男性たちは、それ以前、1945年の敗戦により、封建的な家長としての役目から解放されています。

終身雇用も実現し、家のことをあまり気にせず安心して仕事に没頭できるようになり、それに夢中になってしまったといってもよいでしょう。

それに伴い家族の形は緩み始めます。

夫が家庭を顧みない中、妻たちは教育に熱中し、その結果、多くのマザコン男を育てる結果を招いたように思います。

そしてそのマザコン世代になると、男女とも普通に就職し、それぞれ単独で生活基盤を確立するようになります。

そうした過程を経る中で、敏感な男性は、女性の持つ本来の強靭さに気付きます。

そして結婚を躊躇するようになります。

そんな彼らをを、コンビニや外食、パソコンやケータイの普及が強力にサポートしました。

とくに生活の不自由は感じなくなくなります。

このままでいいや、という雰囲気が大都市には蔓延しはじめます。

とにかくまじめ

近年、勢いよく羽目をはずすようなシチュエーションは減ってきました。

それとは逆に無理強いされるようなこともなくなっています。

某大企業では課長になると、分厚い「新入社員取り扱いマニュアル」を渡されるそうです。

上司としてのタブーが記載されていて、新入社員はまるでお客様扱いです。

ハラスメントの罠があちこちに待ち構えています。

ビシビシ鍛えることができません。

そのため会社生活も平板になり、昔ほど起伏に富んでいるとはいえません。

その結果まじめな若い人を増やしているのでしょう。

さらに健康志向、環境志向、ミニマリスト志向などの影響を受け、ギラギラした暑苦しい人はよほど少なくなっているようです。

社会風土の変化が、まじめな人を後押ししているようです。

真面目すぎて出会いに消極的

まじめな人は計画性を重んじます。

計画倒れに終わることはあるとしても、予期せぬことは嫌いです。

結果のわからない男女の出会いも苦手、ということです。

周囲を見渡してもみな兄弟は少なくなっています。

友人の兄貴など身近なところに交際の手本を見出せません。

事前レクチャーなしのぶっつけ本番ということになれば、よけい躊躇してしまうでしょう。

とてもうまくいきそうもない。

自分からそう思いこんでしまう人が多いのではないでしょうか。

恋愛経験が少ない

当然いつまでたっても恋愛経験は少ないままです。

しかし彼は意外と女性陣に人気があるということも十分あり得ます。

しかしこのタイプは残念ながら女性の出す「気付いて」光線には、ほとんど気付きません。

とてもカンが鈍いのです。

それどころか逆に「へんな女」とインプットされる恐れもあります。

恋愛経験が少ない人は、こういうとき手に負えません。

こうしてチャンスを逃しまくります。

周囲のの気の利いた支えがないと、彼の恋愛は一向に成就することはありません。

女性との会話が苦手

気の弱い独身男性は、自分は気の利いた会話ができない、というコンプレックスを持っています。

こういう相手にあまりトークを浴びせかけるのは考えものです。

彼らは女性に積極的に話しかけることは苦手ですから話しかけることは重要です。

かならず対話となるようにしましょう。

一方的な「聞いて。聞いて」や、女子トークでよく見かけるように、話が飛ぶのは禁物です。

女性を知りたいという動機がますます薄くなります。

そのため沈黙の空間に陥りがちですが、女性側は、男性側から多少なりとも長続きする話題を引き出し、丹念に聞いてあげるしかありません。

面倒でしょうが、下手な恋愛テクニックを持たないだけに、逆に信頼できる人、と考えてみたらどうでしょうか。

独身になる人【女性編】

これは男性にとって、どんどん声をかけにくくなる方向へ進化するタイプで間違いありません。

その在り方やたたずまいは一様ではありませんが、現実と自分との目線が合わなくなっていることでは共通しています。

例えば周囲に恐れられていても、それがわかりません。

独身が長くなると、注意やアドバイスしてくれる人が周囲にいてくれるかどうか、確認してみることが必要です。

アドバイザー不在では、周りに気を使っているつもりでも、だんだん浮き上がってしまいます。

イベントに参加するのがおっくうとなり、お誘いを拒否することが多くなります。

そのうちにビジュアルにも孤立感が漂い始めます。

自分の殻にこもり人に合わせるとことはもうしません、と表明している感じです。

そしてますます男性を遠ざけてしまいますが、もうその原因を取り除こうとはしません。

仕事一筋

仕事とは慣れるにしたがって、つまり自分にスキルが付き、スピードが上がるのに比例して、なぜか時間の流れも速くなります。

日本には美しい四季があります。

これが仕事一筋の人にとっては非常にやっかいです。

四季は感覚的に1年を早く終わらせてしまう作用を持つからです。

これは年を経るほどひどくなります。

残業は仕方ないにしても、休日出勤は絶対にすべきではありません。

速くなる一方の時間の流れを押しとどめることができなくなります。

一定以上の年齢になると、もはやため息しか出ません。

休日は必ず守りましょう。

他人に厳しい

他人に厳しいといわれる人は、家庭環境がよくない、または頭脳が理数的などの背景が考えられます。

どちらかというと男性的思考の人でしょう。

特徴は何をするにも適当な限度をわきまえられないことです。

気の強い女という評判は、一般の男性にとってはマイナスイメージにしか働きません。

気の弱い独身男性にとって、女性は気が強いというのはもう自明のことです。

そんな明らかなことを〝売り”にしている女性に対して、男性は品格を感じません。

とても上品とは思えない、つまり本命候補には入らない、ということです。

しかしこういう女性は、良い男性との出会いによって、変わるしかないようにも思え、是正するのは難しいところです。

男性に対して素直になれない

「私でいいの?」というような発言をする女性がいます。

これはせっかく力を振り絞ったつもりの独身男性を大きく引かせてしまいます。

とくに草食系男子には、期待を持たせつつ次のデートにつなげるように持っていかねばなりません。

本当に真剣に声をかけてきたのか確認したいのかもしれませんが、世の中にには確認してはいけないこともあるのです。

女性は男性に対してやってはいけないことをいくつも課しますが、その逆に男性に対しては無頓着にすぎると思います。

街コンなどには恥ずかしくていけない

これは誰かの手助けを借りて、とにかく一度行ってみるしかありませんね。

ある程度の年齢になると、後輩女子社員の方が世の中の情報は豊富という事態になりがちです。

幅広い年齢層の友人を維持しておくのがベストです。

気軽に街コンなどへ誘ってくれる年下の友人をもっているのことです。

同性の新人いびりや派遣いびりなどは厳に慎みましょう。

へんな因果が自分にめぐってきてしまい、チャンスは細る一方です。

一生独身男性の行く末は?

これには悲惨な姿しか想像がつきません。

結婚しなかった男性の地域社会とのつながりは女性よりも希薄です。

仕事一途であった人ほどそうでしょう。

親戚からも結婚しなかった変わった人と見られています。

気持ちのよいもてなしが得られるわけでもなく、立ち寄りにくいからという理由で、訪問者誰もやってきません。

両親を見送って、仕事からも離れた後は、誰からも必要とされていない本当の孤独が待っています。

もはや加齢臭すら感じられません。

考えるだけで病気になりそうな絵柄が待ち受けています。

転職はし放題

一般に転職はすればするほど待遇は落ちるのが普通です。

もちろん高いスキルを持ち、同業他社から引っ張りだこ、という人は別です。

取引先の社長に見込まれ、婿養子に、という話も世間にはないわけではありません。

しかしそういうケースはごくまれにしか存在しません。

ですから転職は全く別の業界で一からやり直す決意がないのなら、簡単に行うのはやめましょう。

同業界で転職を繰り返せば、腰のすわらないやつのイメージが定着してしまいます。

これは仕事における評価、実績より印象の強いものになります。

繁栄している転職業界のことを詐欺師という気はありませんが、甘い言葉に気を付けよう、は何事にも当てはまります。

自由気楽

背負っているものがなければ、体は軽いに決まっています。

夢の実現が近いところまで来ていて心が躍動しているときに、結婚して家庭を作ることは、重い荷物になりそうで背負いたくない。

しかしよほど才能に恵まれた人以外では、行き詰まって踊り場に立ち、考え直さなければならないシチュエーションは必ずやってきます。

そこで必要以上に悲観的になる必要はありませんが、あまりに楽観的に通りすぎるのも考えものです。

そこは仕事のパートナー、人生のパートナーを考えるべき場所です。

万有引力のアイザック・ニュートンや。

国富論のアダム・スミスは、一生独身のまま大きな業績を上げて歴史に残っていますが、本当にそのような人生を目指すつもりでしょうか。

それとも夫婦そろってノーベル賞授賞式に出席するの方がいいのでしょうか。

踊り場では十分考えましょう。

でも、お金が溜まらない

普通の生活を続けている独身者なら、貯金はたまるはずです。

仕事が充実している人ならなおさらです。

それができていないのは何かに消費しているからです。

趣味に入れ込んでいる気配は濃厚です。

かつて筆者の周囲には、小金が貯まるとすぐに釣り竿を買ってしまう非正規労働者がいました。

また鉄道模型や工具のマニアもいました。

今の時代は、自転車やマラソンなど健康マニアのような健全なマニアも増え、昔の連中よりも現実に引き戻すことは簡単なのではないでしょうか。

老後は孤独!

まじめに定年まで会社勤めをし、親の遺産を相続して家もあり年金もある。

退職しても生活には困らない、という男性独身者は、珍しくなくなりました。

彼らが周囲から偏屈とみられず、甥や姪など下の世代の親戚がいて、たまに出入りしてくれるようならいいのですが、そういうケースは少ないでしょう。

1人では大きすぎる家に住み、知人の訃報に接することが多くなる生活です。

寂しさが募りますね。

そこに付け込まれ詐欺被害に会い、下流老人になってしまう危険もあります。

最後は老人ホームで

健康寿命が尽きる前、判断力もしっかりしているうちに、終の棲家をどうするか、考えておかなければなりません。

早めに老人ホームに入所して、老人仲間や介護スタッフと交流した方がよい、という決断もあるのかもしれません。

いずれにしろ一人で何もかも結末をつけるのです。

相当な覚悟を必要とします。

そして相談相手は誰もいません。

一生独身女性の行く末は?

筆者には男性の立場からみて、女性オピニオンリーダーたちの発信は、かえって独身女性を増やしているのでは?と疑問に思うことが多々あります。

ある新聞に、30代半ばの女友達の結婚式に出席した。

あまりに古風で、悲壮感すら漂い、痛々しかったなどと寄稿している女性評論家がいました。

こんなことを言って何になるのでしょうか?自分のような先進的思考の持ち主には考えられない愚行だ、とでもいいたいのでしょうか。

かつでDJの走りとして、また作家として一世を風靡した落合恵子(1945~)という人がいます。

全盛期には大きな存在感と発信力を持っていました。

彼女は母親の介護についての本を出版しています。

彼女は婚外子でした。

そのこともあって反響は大きく、親の介護のために結婚をしない、という生き方にスポットがあたりました。

落合さんは、結果としてこういう人生を選ぶ人を増やした、と思います。

それが良かったのかどうか。

女性評論家やオピニオンリーダーは本当に女性のためになっているのか?どうにも疑問に思えます。

こうした人たちの影響を排除して、見つめなおしてみるのことも必要なのではないでしょうか。

現代なら、ある程度出世の可能性も

筆者はかつて総合スーパーに勤務していました。

そこでは30年以上前から、男女同一賃金が確立されていました。

そのスーパーの花形ポストといえば、バイヤーと店長です。

しかしこれらのポストに就く女性社員は決して多くありませんでした。

すすんで責任の重い職を引き受ける人は珍しかったのです。

トレンディドラマのように。

東京の大企業で男性社会と戦って風穴を開けよう、と戦うキャリアウーマンのイメージはどこにもありませんでした。

地方の会社ではどうなのか、完全な男女同一賃金を長年やってきた会社における女性社員の出世意欲とはどうなのか。

ここではこうした視点も必要ではないか、と指摘しておきます。

一方では男性社員の上昇志向が低下している、とはあらゆる調査が指摘しています。

上昇志向と能力が備わっていれば、女性の出世は一昔前ほど難しいことではないでしょう。

お金はあってもやはり孤独

これは最も男性側の悪意にさらされやすい点です。

勤続ウン十年の女性ともなると、彼女はウン千万円以上の貯金を抱えているに違いない、という言われ方を必ずされるようになります。

新入の男性社員に対しては、「彼女と結婚すれば金の苦労はないぞ。どうだ?」などと興味本位の紹介しかされません。

それ以外の人間性は軽視されてしまいます。

男性中心の組織はだいたいこのようなものです。

真に男女平等の達成されている組織を選ぶか、独立自営するか、結婚するか、それ以外にこれを避ける方法は見当たりません。

寂しさから、詐欺に遭う恐れあり

本気で相談にのってくれる人がいないことほど、精神的に危うい状態はありません。

普通に考えればとてもはあり得ない詐欺犯罪が、簡単に成立してしまうのはそのためです。

だます側にとっては、人の不安に付け込むのは基本中の基本です。

詐欺師たちは職業的テクニックを駆使して正確にそこを突いてきます。

言葉たくみな彼らにあなたは対抗できますか?今の時代、見ず知らずの業者が、名前と電話番号を知っているだけでも疑いをもって接しなければなりません。

身近に相談相手がいない人には、すぐに見抜けないでしょう。

守備は手薄です。

すでに悪徳業者のかっこうのターゲットになっています。

最後はやはり独り寂しく

女性の場合、男性に比べ居住地の地縁、血縁は豊富には違いありません。

また妻に先立たれた夫より、夫を看取った妻の方が多く、一人暮らしの同性仲間は大勢いるかもしれません。

健康寿命も男性より長く、その期間までは男性よりも充実した生活を送れそうではあります。

しかし健康に支障をきたすようになれば男も女も関係ありません。

一人で最後まで身の始末を決定しなければなりません。

孤独な最終作業が待っています。

やっぱり一生独身より結婚!もう少し頑張ってみましょう!

あくまで強い意志を持って独身主義を貫く人は別です。

対象は自分に制約を課し、またはその制約に甘えて、なんとなく独身生活を続けているみなさんです。

みなさんに呼びかけます。

過ぎ去った月日は返ってきません。

今さら悔いてもしかたがありません。

ただ最後まで後悔をひきずる日々でいいのでしょうか。

踊り場に立っているつもりになって、階段の下と上を見渡してみましょう。

やるべきことは見つかるはずです。

ちなみに筆者は48年の長い独身生活を送った末に結婚しました。

これが最後のチャンスではないかという思いがあり、思い切って流れに身を任せた感じはありました。

しかし結婚してよかった、と思っています。

仕事にもプラスに働きました。

年が行き過ぎていて子供を作る勇気までは持てませんでしたが、それでも夫婦仲良く暮らしていますし、これからもその努力を続けるつもりです。

勝負師の鉄則は過去の引きずらないことだといいます。

思い切ってメンタルのリセットから始めましょう。