CoCoSiA(ココシア)

一生独身になる男女の特徴、そしてその行く末は?

一生独身を貫く、と強い意志をもってそうしている人は別としましょう。

それ以外の独身者に、「あなたはなぜ独身なのですか?」と聞いてみると多様な答えが返ってくるでしょう。

それらの中に共通項があるとすれば、彼らは自らに制約を課している点ではないでしょうか?

以下その仮説を検証しつつ、一生独身になる男女の特徴と、その行く末をご紹介します。

一生独身になっちゃう人ってどんな人?

一生独身になりやすいと人は、男女を問わず、 夢のため、仕事が忙しいため、転勤が多いため、両親の介護のため、次々と結婚しないできない理由が出てくる人 です。

中でも自分の時間を大事するという大義名分を掲げ、実は自分の世界に閉じこもっている人は多いでしょう。

そしてその中には少数ですが、その世界で世間の注目を浴び、輝いている人もいます。

それが理想の生き方というメッセージを発信し、そのまま受け取る人もいます。

これが夢追い人のタイプです。

これをAとしましょう。

仕事が充実し能力も高く、他人の介入を嫌うタイプ。

これをBとします。

家庭の事情、実家を離れられない、両親の介護ある、などを大切にするタイプ。

これをCとします。

これらABCがそれぞれほんの少しでもからめば、21世紀の現代では、ほぼ一生独身に当確がついてしまうのではないでしょうか。

一生独身になる人の特徴【男性編】

25歳くらいで結婚した友人男性は、友人たちから少し早すぎるのでは、と言われると、「なあに40歳になればみな同じだよ。」と答えていました。

これは20世紀後半には、まだ普通に会話として成立していました。

それが急速に通用しなくなります。

男性が結婚しなくなったからです。

結婚しない人が増えた主因は少なくと20世紀の段階では男性側にあります。

男性が結婚にはっきりとビビり始めました。

 直接の原因は、自己主張を強める女性たちを避けるようになってきた ことかもしれません。

経済成長によって豊かになり、男女は結婚し、力を合わせて生きていく選択だけではなくなりました。

また男性たちは、それ以前、1945年の敗戦により、封建的な家長としての役目から解放されています。

終身雇用も実現し、家のことをあまり気にせず安心して仕事に没頭できるようになり、それに夢中になってしまったといってもよいでしょう。

それに伴い家族の形は緩み始めます。

夫が家庭を顧みない中、妻たちは教育に熱中し、その結果、多くのマザコン男を育てる結果を招いたように思います。

そしてそのマザコン世代になると、男女とも普通に就職し、それぞれ単独で生活基盤を確立するようになります。

そうした過程を経る中で、敏感な男性は、女性の持つ本来の強靭さに気付きます。

そして結婚を躊躇するようになります。

そんな彼らをを、コンビニや外食、パソコンや携帯の普及が強力にサポートしたのかもしれません。

 とくに生活の不自由は感じない のです。

このままでいいや、という雰囲気が大都市には蔓延しはじめます。

とにかくまじめ

近年、勢いよく羽目をはずすようなシチュエーションは減ってきました。

それとは逆に無理強いされるようなこともなくなっています。

某大企業では課長になると、分厚い「新入社員取り扱いマニュアル」を渡されるそうです。

上司としてのタブーが記載されていて、新入社員はまるでお客様扱いです。

ハラスメントの罠があちこちに待ち構えています。

ビシビシ鍛えることができません。

そのため会社生活も平板になり、昔ほど起伏に富んでいるとはいえません。

その結果まじめな若い人を増やしているのでしょう。

さらに 健康志向、環境志向、ミニマリスト志向などの影響を受け、ギラギラした暑苦しい人はよほど少なくなっている ようです。