CoCoSiA(ココシア)

モテる方法【小学生男子編】女子と話すきっかけを作るための一言も紹介!

小学生中学年くらいにもなると、クラスの女子からモテたいという気持ちが出てくる男子小学生も多いのではないでしょうか。

クラスの中でも女子といつも親し気に話している子がいると、何だかそれが羨ましくて茶化してしまったりする人もいるかもしれません。

しかし小学生の時に女子からモテる男子の特徴を簡単に見ると、大体足が速い・勉強ができるなどの 単純な理由であることがほとんど 

少し努力すれば不可能ではない要素もとても多いです。

そこで今回は、小学生男子がモテる方法21選をご紹介していきます。

普段は女子と話すのが気恥ずかしいという人も、会話のきっかけとなる一言も併せてご紹介しているのでぜひ明日早速使ってみてくださいね。

小学生でモテる方法21選

小学生がモテる方法は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

できることから始めてみましょう。

1.得意なスポーツをつくる

スポーツができるというのは、モテるための条件の1つです。

運動がそこまで苦手ではないなら得意なスポーツを作りましょう。

もちろんどんなスポーツでも良いのですがモテることを目的にするのであれば、 体育の授業で取り入れられるもの の方が女子の目に留まりやすくモテる可能性が上がります。

2.足を速くする

運動会の徒競走やリレーなど、足が速い子はいろいろ場で活躍することができます。

足の速い男子は常にリレーの選手として選ばれるので、運動会の花形となることも可能。

フォームを研究したりと何かとするべきことが多いですが、速く走ることができればとても気持ちが良い上に 女子からの黄色い声援 を浴びることができるかもしれません。

3.諦めず何事も一生懸命にやる

あまり運動が得意ではないからと言って、諦めるのはまだ早いです。

基本的に女の子には母性本能というものがあるので、 何事も諦めずに一生懸命やる男子 に心動かされる女子も非常に多いのです。

例え1位になれなくても何も問題はなく、むしろ一生懸命に取り組んでいる過程こそが大切。

天才型でそこまで練習しなくても何でもできる子よりは、このような努力型の子のほうが伸びる可能性が高いです。

4.ドッジボールで女子を守る

ボールが飛んでくるのが苦手な子にとっては、ドッジボールはとても怖いスポーツです。

そのためそこで自分を守ってくれた男子には、女の子はついドキっとしてしまいます。

ボールをかっこよくキャッチできればそれが1番良いかもしれませんが、キャッチできなかったとしても 女子を守って外野に行く姿 は周りからするととても格好良く見えます。

守ろうとした姿勢こそが女の子の心を掴むのです。

5.テストで100点を取る

勉強が得意なのであれば、勉強に力を入れましょう。

テストで毎回のように100点を取っていると「あの人は頭がいい」と思ってもらえ、勉強を教えてほしいと言ってくる女子も出てくるかもしれません。

女子は 算数が苦手な子も意外と多い ので、そのようなところで得点を伸ばしておくと「算数はあの子に教えてもらおう」と女子との接点ができるでしょう。

6.学級委員をやる

学級委員と言うと真面目なイメージがつきものですが、 クラスを一生懸命まとめている姿 にドキドキしてしまう女子は少なくありません。

もしリーダーシップを持って組織を取りまとめることが苦手ではないなら、勇気を出して学級委員をやってみてはいかがでしょうか。

クラスのために頑張っている男子は頼もしく見えて、女子にモテる可能性も高くなります。

7.運動会の応援団長になる

小学生女子はどちらかと言うと、おとなしいタイプの男子より 活動的で目立つようなタイプの男子 に目がいきがちです。

スポーツが得意な男子も魅力的ですが、運動会の応援団長をしている男子というのは大きな声を出して先頭に立っている姿がとても格好よく、惹かれる女子も多いもの。

もし応援団長をするチャンスがあれば一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

8.声を大きくする

大きい声と言っても、周囲に迷惑がかかるほどうるさくする必要はありません。