小学生の男子諸君、高学年であればそろそろ女子にモテたいなと言う願望持つ時期ですよね。

バレンタインのチョコの数と言うのもだんだん時になってくるお年頃です。

そんな小学生の男子諸君に、どのようにしたら女子にモテるのかということを見ていきましょう。

小学生でモテる方法教えます!

では、小学生でモテる方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

いろいろな方法があるもので、モテる方法は21個あります。

では、このモテる方法について一つ一つ見ていきましょう。

小学生でモテる方法21選

もてる方法は21個あると言う事はもしかしたら、その中で皆さんが持てる方法が見つかるかもしれません。

では、このモテる方法についていろいろと探していきましょう。

得意なスポーツをつくる

大人になれば、そこまでスポーツのことに関してはあれこれと評価されなくなるのですが、やはり小学生はスポーツができる男子はモテる条件の1つです。

ですので、運動がそこまで苦手ではないと言うことであれば得意なスポーツを作りましょう。

もちろんいろいろなスポーツであって良いのですが、どちらかと言うとモテることを目的にするとしたら体育の授業で取り入れられるものを取り入れた方が女子の目に留まりやすく、モテる可能性が上がります。

足を早くする

運動会の徒競走や、リレーなど足が速い子はいろいろな見せ場があります。

著者の子供は小学生ですが、やはり足の速い男子は常にリレー選手として選ばれていて、運動会の花形選手となっています。

ですので、もし走るのがそこまで苦手ではないのだったら、足を速くするということを考えても良いでしょう。

そのためにも、色々とフォームを研究したりと言うのも必要ですが、とにかく走る練習をすることが大切です。

諦めず何事も一生懸命にやる

ただ、中にはそこまで運動が得意ではない人もいますよね。

ではそのような人はダメなのかというと決してそのような事はありません。

基本的に女の子には母性本能があります。

ですので、何事も諦めずに一生懸命やる子に心動かされる女子が非常に多いのです。

ですので、たとえ1位になれなくてもそこまで問題ではありません。

大切な事は、何事も一生懸命やる過程こそが大切なのです。

むしろ、天才型でそこまで練習しなくても何でもできる子よりは、このような努力型の子のほうが伸びる可能性が高いです。

ドッジボールで女子を守る

著者の小学生時代、ドッジボールの経験がありますが、やはりボールが飛んでくるのは苦手な子にとっては怖いんですよね。

ですので、そこで守ってくれた男子は非常に女の子にとっても「いいな」と思ってもらえる可能性が高いです。

確かに、ボールをかっこよくキャッチできればそれが1番良いのかもしれません。

ですが、それは必ずしもそうでなければならない事はないです。

むしろ、守ろうとしたと言う姿勢こそが女の子の心をつかむのです。

テストで100点を取る

運動は苦手だけど勉強ならと言うことであれば、勉強の方を力を入れていきましょう。

テストで100点を取ることを繰り返していると、「あの人は頭がいい」と思ってもらえ、「勉強を教えて。」と言ってくる子もいるかもしれません。

ですので、勉強なら目指せそうだと言うことであれば、勉強で百点を取ることを目指してみましょう。

まだ小学生ですので、算数の段階ですが…。

女子は算数や数学が苦手な子が多いです。

ですので、そのようなところで得点を伸ばしておくと「数学や算数の事はあの子に教えてもらおう!」と言うことで女子との接点ができます。

学級委員をやる

大人になれば、いろいろな人に目が向くところがありますが、まだ小学生であるがどちらかと言うと目立つ子こそが注目される傾向にあります。

ですので、そのような取りまとめが苦手ではないと言うことであれば学級委員をやってみてはどうでしょうか?

このようにクラスのために頑張っている男子は、非常に目立ち女子にモテる可能性が上がります。

運動会の応援団長になる

女子の娘も、運動会の応援団をやりましたが、やはり応援団長は非常に目立ちますよね。

小学生の女子はおとなしいタイプの男子よりかは、このような活動的で目立つようなタイプの子にこそ目がいくような傾向にあります。

ですので、そのような応援団長の仕事もそこまで来ではないと言うことであれば引き受けてみてはどうでしょうか?

声を大きくする

もちろん声は馬鹿でかく、うるさくする必要はありません。

ただ、やはりぼそぼそしゃべる子よりかは声が大きくしっかりと話す子の方が注目されやすいところがあります。

ですので、女子にモテたいということであれば、声を大きくする努力をしましょう。

ただいつも怒鳴るようにしゃべると「あの人、うるさい」って言うことになってイメージダウンしてしまうので、そこはうまく調整してください。

いつも笑顔でいる


やはり、常に怒っていたり、常に泣いている人よりかはいつも笑顔でいたほうがいいですよね。

著者の子供は2人とも女の子ですが、やはりこのような笑顔でいて温厚な子は非常に良い印象持っているようです。

ですので、いつも笑顔でいて誰に対してもにこやかに接するように努力しましょう。

自分から元気に話しかける

日本人の特性と言ってしまえばそれまでだけど、基本的に受け身な人が多いです。

ですので、全く話しかけてこないから興味が無いかというとそうでもないようです。

ですので、出来る限り自分から元気に話しかけてみましょう。

これで反応よく返してくれたら、決して皆さんの答えに悪い印象は持っていません。

ですので、ちょっと勇気がいりますが頑張ってみましょう。

友達をたくさんつくる

あと、大人の世界になってもリア充なんて言われて、たくさん友達がいると言うと人格的に問題がなくいい人と言うような印象がもたれる傾向にあります。

ですので、小学生だとそれが特に顕著です。

人付き合いなら苦手ではないと言うことであれば友達をたくさん作ってみましょう。

もちろん女子にモテることが目的ということばかりではなく、やはり色々と遊ぶお友達がいると楽しいですよね。

勉強も運動もそこまで得意では無いけど、人付き合いなら楽しんでできる!と言うことであれば、このジャンルで持てる方法を模索していきましょう。

かっこいい服を着る

皆さんの学校は、私服登校ですか?それとも制服登校ですか?

もし制服だとちょっと難しいかもしれませんが、私服登校であればかっこいい服を着て登校してみましょう。

このようなおしゃれが好きと言う人であれば良いのですが、もしそのようなのが苦手と言うことであれば、インターネットで調べたりするなどで小学生の男子がそのような格好がブームなのかをリサーチしましょう。

時々、女の子にインタビューをとっているようなこともありますので、そのような女子目線についてもしっかりと調べて、その上で自分で似合いそうな服を取り入れていきましょう。

女の子を心配する

皆さんが何年生なのかにもよりますが、だんだんと高学年になっていくに従って、女の子は人間関係も難しくなってくるし、体の成長とともに体調の変化も起こりやすくなります。

ですので、調子が悪そうだったり元気がなさそうに見える女の子は増えていきます。

ですので、その時に「どうしたの?」と優しく聞いてあげると、「この人優しい!」と言うことになります。

ですので、もし心配そうな女子がいたら声をかけてあげるのもありですよ。

机やお道具箱を整理整頓する

男子はどうしてもお片づけが苦手な子も多いです。
(それは女子にも多いですけどね。)

ただ、女の子はどちらかと言うときれい好きな子が多く、そのように整理整頓がなされていないとダメ出しをするような女の子も結構多いです。

ですので、ここはひとつ整理整頓を頑張ってみましょう。

どのようにきれいにしたらいいか難しいと言う事だったら、お母さんに相談してみたり、インターネットでそのような整理整頓の方法を調べてみるのもありです。

髪型をかっこよくする

小学校と言うと、まだまだ髪型が自由な格学校も多いと思います。

ですので、無理がない範囲で髪型をかっこよくしましょう。

ただ、目立とうと思ってあまりに奇抜な髪型にするのは良くありません。

例えば男子で女子並みの長髪と言うとかなり珍しいです。

そうなると、少々引かれてしまうかもしれないので、引かれない程度に髪型をかっこよくする研究をしましょう。

クラス全員と平等に接する

高学年ぐらいになると、だんだんと女子も観察力が上がってきます。

ですので、弱い子には横柄に接して強い子には媚びへつらうような感じだと、それだけで女子は幻滅してしまいます。

別に、そのような強い子に対して喧嘩をしろと言うわけではありません。

誰に対しても平等に接することで、この人は誠実な人だというふうに思ってもらうことができるのです。

それも人間力が高いという理由から女の子にモテる条件の一つになります。

嘘をつかない

極力、嘘をつかないようにしましょう。

「あの人嘘つきだよね。」と言うような印象を持たれると、今後の言動を信じてもらえない可能性があります。

ただ、例えばですが、ちょっとふくよかな女の子に対して「太っているよね。」と言う必要はありません。

嘘つかないと言うと、何でも正直にと思ってしまう子もいるようですが、そこは気をつけましょう。

言い訳をしない

何かで怒られたりすると、あれこれと理由を説明したくなりますよね。

だけど、あまりにもそれが頻繁だと言い訳がましいような感じがしてあまりかっこよく見えないところがあります。

ですので、もし何か怒られるようなことがあったら素直に反省の気持ちを述べた上で、気持ちを話すようにしましょう。

ありがとうやごめんをちゃんと言う

ありがとうやごめんなさいは人間関係の基本です。

ですので、それも言えるようにしましょう。

特に高学年になると、そのように言わなければならないと分かっていながらもうまくできないこともあるかもしれません。

ですが、そこが大事な部分ですので初めは照れながらでもいいので、きちんとやるようにしましょう。

忘れ物をしない

忘れ物とか、女子にモテるとかそういうの関係なくない?と思うかもしれないですが、意外にも、このようなところも女子は見ています。

例えば忘れ物してしまうと、隣の子に何かを借りたりしないといけませんよね。

それも常になど、隣の子も気持ち的に負担がかかってきます。

ですので忘れ物は気をつけましょう。

下品な言葉を使わない

高学年の子だと、だんだんと女子がそのような下品な言葉を嫌がるようになります。

ですので、女の子にモテるということを考えたときはそのような言葉を使わないようにしましょう。

著者宅には、女の子しかいないので男子についてはあまり詳しくはありませんが、男の子同士だとこのような言葉で盛り上がることもあるのかもしれませんね。

でも女子の前では控えるようにしましょう。

女の子と喋る時の一言集


やっぱり女の子にモテようと思ったら、実際に女子と話さないことにはあまりこの人いいなと思ってもらうことができませんよね。

では、どのように女の子と話していったらいいのでしょうか?

「宿題やった?」

宿題って言うと、皆に平等に出されているものですので、宿題をやったかどうかということに関しては避けて通れる子はいません。

ですので、宿題やった?と話をしていくとそこから話が広がっていくことがあります。

例えば、ここが難しかったよね。

と言うような話も良いでしょう。

このように宿題に関しては皆に同じように出されていることが多いので、小学生の話題としてはぴったりです。

「昨日のテレビ見た?」

いろいろな家庭があるので一概には言えませんが、たいていのおうちのテレビがあります。

ですので、テレビを見ている子は結構多いです。

ですので、話の振りとしてはもってこいでしょう。

ただテレビがあってもあまり見ない家庭もあるので、「あまりテレビ見ないんだ。」と言われたら、その子との会話ではテレビの話題を避け、他の話題を考えていくようにしましょう。

「何読んでるの?」

もし、読書好きな女の子だったら休憩時間でも何か本を読んでいることもあるでしょう。

そのような時は、何読んでるの?と言うことで話のとっかかりを作るのもいいですよ。

皆さん自身も本が好きなら、本のことで盛り上がることもあるかもしれませんね。

趣味は友達はもちろんのこと男女間でも共通の話題になりやすいので親睦を深めやすくなります。

ですので、このような趣味の話もオススメですよ。

「教科書見せてくれる?」

忘れ物しないと言う項目でも触れたけど、なるべく忘れ物しない方が良いに越したことありません。

ただちょっとどうしても忘れてしまうってこともありますよね。

そのような時に、ときには女子に助けを求めてみてはどうでしょうか?

もしかしたらそこから、親しくなるきっかけになるかもしれませんしね。

「俺も手伝うよ」

もし、ある女子が何かの仕事をしていたら、「手伝うよ。」と言ってあげてください。

とても喜んでくれるかもしれません。

高学年にもなると、いろいろな委員会の仕事もあるし、教室においても係の仕事があるようですね。

それを積極的に手伝うことでこの人は色々と助けてくれるなと言う印象持ってくれます。

もし、力に自信がある男子なら力仕事を手伝ってあげると、より女の子から喜ばれますよ。

「それかわいいじゃん」

女の子は、基本的にかわいい物が好きです。

ですので、何かかわいいもの持っていたら、「それかわいいじゃん!」と言ってあげてください。

持ち物かわいいって言われて悪い気がする子まずいません。

そのようなことから、話のとっかかりができることもありますよ。

これで学校で人気者!

このように、いろいろな方法で学校の人気者になることができます。

色々と自分に合う方法を探して、それを実行していくことで「あの人いいよね。」と言ってもらえるかもしれませんね。

もちろん人生そればかりが全てでは無いけれど、人脈を集められるのは大人になっても非常に役立つところがあります。

ですので、できる範囲で頑張っていきましょう。