世の男性たちは、どうして今の奥さんと結婚したのですか?と問われると、さまざまな理由を挙げるそうです。

気が合った、関心事や趣味が共通だった、やさしさにひかれた等々です。

しかし某バラエティー番組に出演していた脳科学者の茂木健一郎氏は、本当は90%の男性が見た目で選んでいる、と発言していました。

氏のメインテーマは、意識の解明のための脳科学研究、ということですから、確かなデータに基付いて発言しているのは間違いないところだと思います。

つまり、結婚というイベントにおいて、優良な遺伝子を手に入れることにおいて、見た目のよい女性は圧倒的に有利だということです。

これは人類史上、常に変わらぬ真実であったと言ってもよいでしょう。

つまり見た目に磨きをかけようとするのは、ごく自然な行為なのです。

スタイル抜群の女性がモテる理由7個

見た目の良さとは、顔、スタイル、動作、それらの醸し出す雰囲気、もう一つのスタイルともいえるライフスタイルなどを総合した印象と言えるしょう。

それらをここではスタイル抜群の女性と呼びましょう。

しかしこれらの要素は、必ずしも連動していません。

脳力を必要とする部分はもちろん、顔とスタイルの関連でもそうです。

それよりも、例えばスタイルの良さと歩き方は関連し、颯爽とした印象を決定付けます。

これら要素がうまく連動しているかどうかがスタイル抜群のポイントです。

うっかり一言や、関連が悪く、男性を失望させるようなところがなければ、モテモテは間違いないはずです。

以下もう少し詳しく検討していきましょう。

1. 男性は見栄っ張り


男性はよく見栄を張ることがあります。

世間話をしているときには、第三者目線で客観的に見える人でも、プライベートになると、ウソをつくわけではないにしても、本当のこともあまり言いません。

妻を選んだ基準は見た目ではない、と強調するのもその一つでしょう。

人によっては見栄で全身が覆われています。

しかし女性が少しくらいつついても無駄に終わることが多いと思います。

本心はどうなのか口を割らせるには、データまたは証拠を突きつけることが必要です。

男性には女性より論理的だ、という自負があります。

そこを突くのは一番効果が上がります。

とにかく男性の見栄を理解し、それをコントロールすれば、よい関係を築くことができます。

2. 自己管理がきちんとできる人だと思われるから

アメリカでは太っていてタバコを吸う人は出世させない、という会社があるようです。

自分の健康管理さえできない人間に部下の管理などできない、という思想です。

これを逆方向から見れば、引き締まったスタイルの女性は、自己管理が行き届いている、となります。

まさしくキャリアウーマンのイメージです。

アメリカドラマのオフィスを見ると、ひざ上丈のスカートをはき足を見せている人が多いようです。

男性というより会社へのそれとないアピールなのかも知れません。

出世への意欲も旺盛なのでしょう。

3. 自分磨きを怠らない意識の高さがあるから


スタイルのいい女性は、きっとそれを維持するために、お金と時間を有効に使っているに違いない、と思わせます。

それには自分磨きを怠らない、意識の高さを感じさせます。

逆に無駄なあがきだなどとは誰にも感じさせないことが重要です。

誤解されない、揶揄されることない男性の憧れるポジションへ自分を導くことにつなげましょう。

自然と尊敬され、サポーターの多い人になります。

4. 男性は最初は見た目で判断しがち

筆者はかつて仕事で頻繁に香港を訪れていたころ、香港の女性にはいろいろと驚かされました。

その一つは、男女の背の高さがあまり変わらないことです、そういうカップルを見ていると、どうしても女性が犬を連れて散歩しているようにしか見えませんでした。

男女が同じ大きさだと放つ存在感が違い、女性の方が大きく見えます。

もう一つは顔とスタイルのギャップが大きいことです。

スタイル抜群でハッとした香港女性を、前に回ってよく見るとがっかりというケースが多いのです。

香港人女性は、左右の目の感覚が広く、鼻が低く、ありゃりゃという感じの人も多いのです。

このように男たちは、下心の有無に関わりなく、いつでもどこでも女性の品定めを行っています。

これは遺伝子に組み込まれた習性、プログラムです。

ただしこの本能が時とともに衰えつつあり、そのことが草食男子の増加につながっているのでしょう。

5. 高嶺の花だからこそ手に入れたくなる

男性は高値の花を手に入れたい、という気持ちを心のどこかに持っています。

長く付き合っている女性となかなか結婚しようとしない男性も、ひょっとするとそれが心に引っかかっている可能性があります。

もっといい高嶺の花と出会える のではないか。

などという淡い期待です。

それが強くあらわれるると、今の彼女との関係が所帯じみて感じ、結婚しようなどと思わなくなります。

まったく自分勝手な理由ですが、よくある男性心理の一つです。

ただし遺伝子の中に組み込まれているほどのものではありません。

【高嶺の花については、こちらの記事もチェック!】

6. 一緒にいると自分の価値も上がった気になる

男性はパートナーのことを「きれいな奥さんですね。」と言われて、よほど夫婦仲が冷えていない限り、悪い気はしません。

たいていの人は素直に賞賛として受け止めると思います。

独身時代に彼女を同じように褒められれば、、一緒にいると自分の価値も一層上がった気になります。

気持ちよい空想の中にいられます。

またその空想している姿も周囲には好ましい印象を与えることでしょう。

美人の及ぼす波及効果は絶大です。

7. 良いエネルギーをもらえる気がする

男性にとって、スタイルのよい女性から、フェロモンを受け取り体内に注入することは、好物を食べたときと同じように大きなエネルギー源となります。

むしろ忘れていたチャレンジ精神など男性の本能を呼び起こしてくれるのは、こちらの方です。

とにかく何かをしたい、という根源的なパワーが湧いてきます。

これは女性の世の中をコントロールする力とも言えます。

そのあと男性たちはは、空振りしたり、上滑りしたりしないよう注意したいものです。

「スタイル抜群」の基準とは?

スタイル抜群の女性という表現の意味するところは、かなり共通認識ができているのではないでしょうか。

外見的には特にそうです。

以下その基準について考察して行くことにしましょう。

1. 小顔であること

小顔の女性には、それだけで知的で上品なイメージがあります。

キビキビ感もです。

メガネをかけていれば、さらにインテリのイメージは高まります。

なぜ世間は、そう思うのか理由ははっきりしません。

大顔イメージの反動からでしょうか。

しかし小顔の女性は、その世間の思い込みを十分使うことができそうです。

ただしあまりすべった発言や、きつすぎる表情で、台無しにしないようにし気をつけましょう。

2. 腰にくびれがある

腰のくびれは、もともとヨーロッパ人の好みとみて間違いないでしょう。

腰を極端に締め付けるコルセットは欧米貴族文化の象徴です。

日本人は長い間着物でしたから、腰のくびれを強調していた時代はなさそうです。

江戸時代の浮世絵に写実が入っているとすれば、日本人男性はしもぶくれのぽっちゃりした女性が好みだったことになります。

西洋の腰を強調したドレスは、明治時代の欧化政策、鹿鳴館時代から拡がったのでしょう。

しかし当時は上流階級のご婦人方や大都会の一部だけだったはずです。

一般大衆にまで女性の洋装が拡がったのは、1950年代以降ではないでしょうか。

そして日本人だけではなく、アジア人にとってヨーロッパ人の体型や色の白さは、今も美の基準になっています。

したがってヨーロッパ人に比べまだ着こなしは見劣りします。

もともと彼らのためにデザインされたのものですから、これは仕方ありません。

3. 二の腕が細い

二の腕のたるみは、ぜい肉の象徴的な部分です。

ところで女性の人生をとても良く表しているのはロシア人ではないしょうか。

少女のころは神秘的なまでに美しいのに、中年以降はそろいもそろってみなブヨブヨのおばさんに変貌します。

これはもう一つの女性の神秘とも言っていいほどの不思議です。

寒いところですからこれは仕方ありませんね。

夫が毎日のお勤めを果たせないと、妻には浮気をする権利が生じるそうです。

また夏のバカンス中の浮気も家まで持ち帰らない限り、罪には問われないといいます。

そういう情熱の衰えるころと重なるのでしょうか、30代後半から40代にかけ、カロリーコントロールをしなくなるそうです。

そして一気にマトリョーシカの出来上がりです。

二の腕のたるみは、こうした過程をチェックする指標にもなっています。

4. ふくらはぎが盛り上がっていない

ふくらはぎが盛り上がっていないと、どこか物足りなさを禁じえません。

長い脚でもかえって割りばしのようなそっけなさを感じてしまいます。

細すぎて色っぽさを今ひとつ感じさせません。

中国人女性の中で特に華北や東北部出身の人は、このケースが多く見られます。

長身で八頭身以上とスタイルはバッチリでも、このうるおいに欠ける脚と、生意気にすぎる顔つきによって、全体の印象は単調で冷え冷えした感じになっています。

人間的な温かみ不足は明らかでしょう。

ふくらはぎが盛り上がっているだけで、ずいぶんソフトに見えるようになるものです。

ビジュアルの上で、かなり大きなポイントであるのがわかります。

5.胸はCカップ以上

筆者は1980年代総合スーパーに入社しました。

まだユニクロもしまむらもなく、スーパーの衣料品売場は繁栄を極めていました。

その当時インナーウエアのバイヤーに聞いた記憶によると、ブラジャーの売上に占めるAカップの比率は、確か半分を超えていました。

それが今では15%もないということです。

この間、どんどん立派になっていったわけです。

今では貧乳の方が希少価値が高いのかもしれません。

Cカップは今では標準装備といったところのようです。

ただしこの部分の好みは、いろいろ分かれ ます。

したがって意見を集約するのは、ちょっと不可能と思います。

【ダイエット関連のおすすめ情報】

6. お腹が出ていない

スッキリした引き締まったお腹は、若さの象徴のように輝いて見えます。

逆にウエストからはみ出たお腹のぜい肉は、まことに見苦しいものです。

ここには胸と違い好みのバラツキは存在せず、全員の意見が一致するところでしょう。

これ以外に別の価値観はあり得ません。

まだ若いのに結構な脂肪たくわえてしまっている人もけっこう見られます。

実年齢より、美意識の持ち方が重要なのでしょう。

7. 足が長い

20世紀後半から日本人の足が長くなってきたのは間違いありません。

また細くもなっているでしょう。

昔よく見られたいわゆる大根足タイプも今は珍しくなりました。

しかし長い脚でも全体に溶け込まなければ、台無しということもあり得ます。

筆者は確か北京か上海かだったと思いますが、中国の空港で優雅に足を組む女性に目を引き付けられました。

ミニワンピースからのぞく長い脚は小麦色で健康的、きわっだった存在感を放っていました。

東南アジア系で欧州暮らしが長いのだろうか、それとも混血かなどと勝手な想像をたくましくしながら近付いていきました。

もちろんその美顔を拝見したかったからです。

するとびっくり仰天です。

何と顔はしわだらけ、どうみても50代後半以上にしか見えません。

あまりのギャップのすさまじさに息が止まりそうになりました。

長い足はシャープな印象を形成する中心です。

アンバランスはまったくいただけません。

8. セルライトがない

セルライトとは脂肪と老廃物の塊のことで、肌にでこぼこしたオレンジの皮のようなものができます。

尻や太ももなど下半身が中心で、女性の8割に発生しているということです。

一度できると自然に消滅することはありません。

できないように予防すること、できたら取り除くしかないことになります。

遠目からでも目に付くのは確かに見苦しいものです。

しかし人は、自分のものは気になっても、他人のそれは、それほど気にかけてはいません。

あまり神経質になることではなさそうです。

9. 全体のバランスとしては8頭身以上

現代日本の美的感覚からすると、8頭身はベストバランスでしょう。

筆者の感覚では9頭身以上のフランス人やイタリア人のファッションモデルを見ていると、男女とも頭が小さすぎて、ちゃんと脳がはたらいているのか心配になります。

北欧の人は一般人でも非常に背が高く、9頭身以上も珍しくありません。

しかしそこまで大げさな身体になりたい、という日本人はどれくらいいるでしょうか。

どうしても、大男、総身に知恵が回りかね、という言葉が浮かんでしまいます。

1. 日本人は大体7頭身

日本人の場合、最近の実測データはないようですが、過去に行われた調査を見ると、平均で6.9~7.3頭身くらいのようです。

若い人ほど数値は高くなる傾向ですから、今の青年層だけなら平均 7.5頭身といったところでしょうか。

将来的には次第に8.0に近付いていくのでしょう。

いい感じにはなってきています。

10. 足首や手首が細い

1980~90年代の女性は、よくスカートをはいていました。

それもミニ、ロング、Aライン、タイト、セミタイト、フレアー、プリーツとスタイル別、さらにトラッド、カジュアル、フェミニンとシーン別にもそろっていました。

バリエーションの豊富さは現代の比ではありません。

そのころ筆者が男性として気になっていたのは、女性の足首です。

ミニをはく人は脚に自信があり、足首も締まっているのはよくわかります。

ではロングタイトやフレアーをはいている人はどうなのか?これがさっぱりわからず不安でした。

それはすらっとした脚の持ち主と付き合いたいから、と思っていたからに他なりません。

優先順位はトップクラスに置いていました。

そのポイントは間違いなく足首にありました。

細いとホッとした、というのは正直な気持ちです。

11. お尻が締まっていてキュッと上を向いている

お尻の大きさは二の腕のたるみ同様、身体をきちんとケアしているかどうか、決定的な印象を与える要素です。

やはり大きくなって垂れてくると、ロシア人のおばさんに見えてしまいます。

重力にさからって上に向かう力には、健康的で豊かな生命力が感じられます。

女子バレーボール選手のイメージでしょうか。

彼女らは小顔で手足が長く、さらにお尻も小さく引き締まった人が多いようです。

12. 左右の太ももの間に隙間ができる

左右の太ももの間に隙間ができることも重要です。

はみ出ていると著しく美観を損ないます。

しかし空き過ぎは問題です。

かつてフランスで社会問題となったやせすぎモデルを思い出してしまいます。

ガリガリで太ものの大きく空いている彼女らは、死相が浮き出た幽鬼のように見えました。

太ももの隙間は、太っているか、そうでないかだけでなく、健康的かそうでないかのイメージをも決定します。

ちょっぴり空いたくらいが一番セクシーに見え、ベストでしょう。

13. 身長は高めであること

背の低い人はコンプレックスを抱えていることが多いのでしょう。

いろいろなシーンでそれとなくと感じられます。

その反動で負けん気の強さが前面に出てしまう人もいます。

反対に縮こまったままの印象の人もいます。

また世界中に見られる傾向と思いますが、背の低い人や色の黒い人を田舎者と見なしがちです。

例えば中国人はこれが実にはっきりしています。

またそれを隠そうともしていません。

こうした世間の偏見や、本人のコンプレックスやらが影響し、背の低い人には、おおらかさを欠くイメージになってしまう人がいます。

それに対し背は高い人は、あせりや気負いがなく、周囲に何となく安心感を与えます。

背が高くすらっとしていると、それだけで人を引き付けます。

やはり大きなアドバンテージです。

1. 基準は165センチ以上

身長165センチ以上の女性になると、手足が短いとか、上下のバランスが悪い、という人はまずいないようです。

長身が欠点を隠すということもあるでしょう。

実感としてはほとんど欠点が見当たらない印象です。

ただしあまりにも高すぎて、どこからでも目立ちまくり、となるとかえって生活は窮屈になってしまいます。

ちょっとつまずいただけでも多くの人が振り返ります。

尻もちでもついたら、それは事件です。

165~170cmくらいが一番居心地のよいポジションではないでしょうか。

大人になってからスタイルを良くするためには?

大人になってからスタイル良くするためには、どうすればいいのでしょうか。

維持するだけでも大変になってきているのに、さらにそこからプラスに導くのは難しそうです。

正しい方向の努力を継続しなければなりません。

以下そのポイントを挙げてみましょう。

1. まずは無駄なお肉を落とそう

スタイルのよい女性が颯爽と登場すると、空気が引き締まります。

心地よい緊張が走る、ということなのでしょう。

従って小さな瑕疵でも、人を失望させてしまいます。

へんなところにぜい肉がついている、というのはまさしくこれにあたります。

全体の印象とのアンバランスが際立ってしまいます。

また年齢を感じさせてしまうことにもつながります。

部分的な肉体ケアを怠らないようにしましょう。

2. 自分のチャームポイントを自覚しよう

自分のチャームポイントを自覚し、それを強調することで、他の欠点を覆い隠すという手段は有力です。

例えば強力な目力で、他の顔パーツを目立たなくしているような場合です。

これは顔以外のスタイルでも、しぐさでも利用できます。

全体として個性を際立たせることにもなります。

ただし少しあざといと思われるようでは逆効果です。

ここでは他人の意見も取り入れるようにしましょう。

【チャームポイントについては、こちらの記事もチェック!】

3. 運動やストレッチを毎日しよう

運動やスポーツは体型の維持向上に、大きな力を発揮します。

もっとそれ以上、ライザップのように体を作り変えるには、筋トレなどの無酸素運動を繰り返することになるでしょう。

心肺機能を整えるには有酸素運動が適しています。

目的に合わせて組み合わせるのがよいのでが、これはなかなか大変です。

ただし公的な施設でもインストラクターのいるケースもあります。

簡単な相談なら可能です。

いずれにせよ目的をはっきりさせてから始めることで、高い効果を見込むことができます。

4. 常に姿勢を良くしよう

筆者の妻はバリバリの中国人です。

結婚前最初に日本を連れてきたとき、2つのことが印象深かったと言っていました。

一つ目は、日本人女性はみな下を向いて歩いている。

二つ目は、夜のコンビニにいるオヤジの目がいやらしい、というものでした。

いつもふんぞり返って、他人などモノとしてしか見ていないような中国人女性にとって、日本人女性はいかにも自信なさげに映ったのでしょう。

中国人女性のように180度以上までそり返る必要はないとしても、もっと胸をはった方がいいと思います。

日本では、自信満々で颯爽としていれば、ちょっと目立ちすぎる印象かもしれません。

しかし遠慮することは何もありません。

その方が人を引き付けます。

【姿勢については、こちらの記事もチェック!】

5. 人前に出る機会を増やそう

イベントに参加することは、さまざまな効果をもたらします。

まず関連消費が盛んとなる経済効果を見込めます。

衣服、雑貨や食品などです。

次は精神的な効果です。

イベント主催者側にいる場合はもちろん、参加者としてであっても、内面の活性化に大きな効果を見込めます。

それらは体の内外を引き締める効果をもたらし、また新たな生き生きとした印象を発生させてくれるはずです。

理由付けにこだわることなく、積極的に外へ出て行きましょう。