CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

いい声の9個の条件と、いい声になる8個のポイント


いい声になりたい。

そう感じている人は多いのではないでしょうか?好みのタイプに「いい声」とあげる人は多く、いい声の持ち主というのは、自ずと好かれやすいといえるでしょう。

いい声というのは、それだけで魅力的に感じられるもの。

今回のテーマは「いい声」について。

いい声の人が好みという人も、いい声になりたいと思っている人も必見な内容となっています!

️いい声の人は男女問わずやっぱりモテる

いい声の人は男女問わずモテます。

聞き心地がいい声であったり、セクシーさを感じられる声、安心感を感じられる声など、思わず「キュン」としてしまう声に、恋心が刺激されてしまうのです。

異性にモテるためには、外見を磨くことも大切ですが、いい声であることも、異性にモテるためにはとても大切な要素。

もっとその声を聞きたいと思わせられるような声の持ち主か否かというのは、恋愛をしていくうえで大切です。

好きなタイプは”いい声”という人も


また、最近では好きなタイプはいい声の人と真っ先に挙げる人達も増えてきました。

ずっと聞く声だからこそ、自分にとって聞き心地が良い声がいいと思う人が多くいます。

いい声で「好き」と言われたら、思わずキュンとしてしまう人も多いはず。

また、外見は衰えていくものの、声質というのはさほど変わりません。

だからこそ飽きずに付き合い続けることができる要素だといえるのではないでしょうか。

その人によって好きな声もさまざま

とはいえ、みんながみんな同じような声が好きなわけではありません。

見た目のタイプが人によって異なるように、好きな声というのも、人によって様々。

その人によって、キュンとする声のポイントも違いますし、落ち着く声というのも異なります。

低めの声が好きな人もいれば、高めの透き通る声が好きな人もいます。

声を聞いた時に(この声好きだな…。)と自然と思える声が、自分の好みの声だといえるでしょう。

万人ウケするいい声

声質としては、万人受けするいい声の持ち主もいます。

誰が聞いてもいい声というのは、落ち着きがある、聞きやすい声であったり、透き通った綺麗な声の持ち主だといえるでしょう。

声優さんや司会業などの声のお仕事をやられている方は、誰が聞いてもいい声で、万人受けする声の持ち主だともいえます。

少し癖のあるいい声

一方で少し癖のあるいい声の持ち主もいます。

通常よりも高い声、低い声、また特徴的な声の持ち主など、癖のある声に魅力を感じるという人も多くいるでしょう。

また、声質もそうですが、話し方にも癖があるケースもあり、そこに魅力を感じているという人も多くいます。

癖がある特徴的な声だからこそ、相手に印象づけられるケースもあります。

声は生まれ持ったもの?

声質で悩んでいる人は多くいます。

「もっといい声になりたい。」と悩んでいるのにも関わらず、声は生まれ持ったものだからこそ、変えることができないと諦めている人も多いのではないでしょうか?しかし、声は本当に生まれ持ったものなのでしょうか?

声質というのは、鍛えることで変えることもできますし、話し方なども意識することで変えることができます。

そのため、いい声になりたいと思うのであれば、努力することで、いい声になることは可能だといえるでしょう。

声質は変えられないと諦めがち

声質は変えられないと諦めがちな人が多くいます。

しかし、声質というのは鍛えることで変えることができますし、話し方を変えることで声の印象というのは変えることができるのです。

声の仕事をしている人は、いい声を出すための努力をしています。

もちろん、生まれながらに良い声という人もいますが、いい声を出すために努力をしている人たちもたくさんいるのです。

いい声は努力次第ではつくれる

いい声は努力次第で作ることができます。

例えば、腹筋などで筋肉をつけることで、お腹から声をだすことができるようになりますし、滑舌をよくすることで、聞き取りやすい声になることもできます。

いい声になりたいのであれば、いい声になるための努力をすることが大切。

努力をすることで、声質というのは変わっていくものです。

️いい声の9個の条件


いい声になるためには、いい声といえる条件というのを知っていくことが大切。

おそらくほとんどの人が、漠然といい声だなと思うことはあっても、いい声の条件に注目したことがないのではないでしょうか?いい声になりたいと思うのであれば、いい声である条件を知っておくことも大切!では、具体的にいい声の9個の条件をお伝えしていきましょう。

ページトップ