いい声になりたい。

そう感じている人は多いのではないでしょうか?好みのタイプに「いい声」とあげる人は多く、いい声の持ち主というのは、自ずと好かれやすいといえるでしょう。

いい声というのは、それだけで魅力的に感じられるもの。

今回のテーマは「いい声」について。

いい声の人が好みという人も、いい声になりたいと思っている人も必見な内容となっています!

️いい声の人は男女問わずやっぱりモテる

いい声の人は男女問わずモテます。

聞き心地がいい声であったり、セクシーさを感じられる声、安心感を感じられる声など、思わず「キュン」としてしまう声に、恋心が刺激されてしまうのです。

異性にモテるためには、外見を磨くことも大切ですが、いい声であることも、異性にモテるためにはとても大切な要素。

もっとその声を聞きたいと思わせられるような声の持ち主か否かというのは、恋愛をしていくうえで大切です。

好きなタイプは”いい声”という人も


また、最近では好きなタイプはいい声の人と真っ先に挙げる人達も増えてきました。

ずっと聞く声だからこそ、自分にとって聞き心地が良い声がいいと思う人が多くいます。

いい声で「好き」と言われたら、思わずキュンとしてしまう人も多いはず。

また、外見は衰えていくものの、声質というのはさほど変わりません。

だからこそ飽きずに付き合い続けることができる要素だといえるのではないでしょうか。

その人によって好きな声もさまざま

とはいえ、みんながみんな同じような声が好きなわけではありません。

見た目のタイプが人によって異なるように、好きな声というのも、人によって様々。

その人によって、キュンとする声のポイントも違いますし、落ち着く声というのも異なります。

低めの声が好きな人もいれば、高めの透き通る声が好きな人もいます。

声を聞いた時に(この声好きだな…。)と自然と思える声が、自分の好みの声だといえるでしょう。

万人ウケするいい声

声質としては、万人受けするいい声の持ち主もいます。

誰が聞いてもいい声というのは、落ち着きがある、聞きやすい声であったり、透き通った綺麗な声の持ち主だといえるでしょう。

声優さんや司会業などの声のお仕事をやられている方は、誰が聞いてもいい声で、万人受けする声の持ち主だともいえます。

少し癖のあるいい声

一方で少し癖のあるいい声の持ち主もいます。

通常よりも高い声、低い声、また特徴的な声の持ち主など、癖のある声に魅力を感じるという人も多くいるでしょう。

また、声質もそうですが、話し方にも癖があるケースもあり、そこに魅力を感じているという人も多くいます。

癖がある特徴的な声だからこそ、相手に印象づけられるケースもあります。

声は生まれ持ったもの?

声質で悩んでいる人は多くいます。

「もっといい声になりたい。」と悩んでいるのにも関わらず、声は生まれ持ったものだからこそ、変えることができないと諦めている人も多いのではないでしょうか?しかし、声は本当に生まれ持ったものなのでしょうか?

声質というのは、鍛えることで変えることもできますし、話し方なども意識することで変えることができます。

そのため、いい声になりたいと思うのであれば、努力することで、いい声になることは可能だといえるでしょう。

声質は変えられないと諦めがち

声質は変えられないと諦めがちな人が多くいます。

しかし、声質というのは鍛えることで変えることができますし、話し方を変えることで声の印象というのは変えることができるのです。

声の仕事をしている人は、いい声を出すための努力をしています。

もちろん、生まれながらに良い声という人もいますが、いい声を出すために努力をしている人たちもたくさんいるのです。

いい声は努力次第ではつくれる

いい声は努力次第で作ることができます。

例えば、腹筋などで筋肉をつけることで、お腹から声をだすことができるようになりますし、滑舌をよくすることで、聞き取りやすい声になることもできます。

いい声になりたいのであれば、いい声になるための努力をすることが大切。

努力をすることで、声質というのは変わっていくものです。

️いい声の9個の条件


いい声になるためには、いい声といえる条件というのを知っていくことが大切。

おそらくほとんどの人が、漠然といい声だなと思うことはあっても、いい声の条件に注目したことがないのではないでしょうか?いい声になりたいと思うのであれば、いい声である条件を知っておくことも大切!では、具体的にいい声の9個の条件をお伝えしていきましょう。

よく通る

まずいい声であるために大切なこととしては、よく通る声かどうかということ。

周囲の人の声よりも聞き心地がよく、目立つ声というのが、良く通る声であるといえるでしょう。

良く通る声というのは、声が大きいからというわけではなく、聞きやすい話し方や声質です。

大勢で話していると、目立つ声質という人というのは、必ずいます。

そういった声質の人は良く通る声の持ち主であるといえるでしょう。

明るい印象

また、声に明るい印象を感じられる人というのは、いい声の持ち主であるといえるでしょう。

どよーんとした暗い声よりも、明るい声の方が魅力を感じる人が多いと言えます。

明るい声というのは、人をポジティブな気持ちにしてくれますし、元気づけてくれます。

そのため、明るい声の人を好む人が多く、明るい声質をもっている人は人気が高いといえるでしょう。

声量がある

声量があるというのもいい声の条件であるといえます。

声量があれば、声が目立ちやすいですし、お腹から声が出ているため、聞き取りやすい声であるともいえます。

声量を上げるためには、お腹の筋肉を鍛えることが大切。

声量がある人の多くは、筋トレをしており、腹式呼吸を鍛えています。

そのため、自然とお腹から声を出すことができるのです。

状況によって声量をコントロールできると尚良し

とはいえ、声が大きいとうるさいと思われるケースも多くあります。

状況によって声の音量をコントロールすることが大切。

これは人としてのマナーの問題。

人が不快に感じてしまうほどの大声をあげているようでは、いい声と感じてもらうどころか、不快感を周りに与えてしまいます。

周囲の人にきちんと配慮した話し方というのは大切だといえるでしょう。

しっかり響いている

しっかり響いている声というのは、いい声の条件とも言えます。

響くというのは、きちんと周囲に伝わりやすい声である証拠。

ぼそぼそっとした話し方であったり、お腹から声が出ていないと、声の伸びが悪く、響きづらくなります。

逆にお腹から声を出して、声量のある声というのは、きちんと響くため、周囲の人からもいい声だと思われる声質となります。

キャラに合っている

声質が良くても、その人のキャラクターに合っているか否かで、声に対する印象は変わってきます。

キャラにあっていると、声質自体も魅力を増していき、その人にあったいい声と思われるようになってきます。

その人に合っているというのは、声質もそうですが、話し方でも随分変わってきます。

話し方を丁寧にすることで、真面目で誠実な人だと印象づけられますし、元気のある話し方をすることで明るい人だと印象づけられます。

自分が周囲にどう思われたいかを自己分析し、キャラクターに合わせた話し方をしていくことが大切だといえるでしょう。

表現力が高い

声の印象というのは表現力によってもだいぶ変わってきます。

相手への伝え方が上手な人というのは、話し方もスムーズで聞き取りやすい傾向にあります。

相手に上手く伝えるためにはどういう話し方がいいか、どういう言葉で伝えればいいかといういことを考えることで、表現力が高くなることができるでしょう。

お腹から声を出している

いい声の人というのは、お腹から声を出している人がほとんど。

大概の人がお腹から声を出していないため、声の印象が乏しくなってしまうのです。

つまり、お腹から声を出すことを意識すれば、声質は自然と変わるということ。

いい声になりたいと思うのであれば、まずはお腹から声を出すことを意識してみてはいかがでしょうか?

滑舌がいい

聞き取りやすい声になるためには、滑舌を良くすることも大切。

滑舌が悪いと、それだけで声質が悪く聞こえてしまい、いい声だという印象は持たれなくなってしまいます。

滑舌が悪いという自覚があるのであれば、まずは滑舌をよくする努力をすること。

毎日、滑舌がよくなるように声をだして練習をすることで、聞き取りやすい声になっていくはずです。

柔らかい話し方

いい声だと思われるためには、柔らかい話し方を意識することも大切。

きつい話し方をすると、いい声質であったとしても、いい声だとは思わず、それどころか周囲に不快な印象を与えてしまいます。

柔らかい話し方をするためには、話すスピードやトーン、音量などを意識して、人が心地よいと感じる話し方を心がけましょう。

️いい声になるための8個のポイント

話し方や声質を意識することで、いい声になることができます。

いい声になりたいと思う人は、いい声になるためのポイントを知り、意識して、話し方を変えることが大切。

とはいえ、いい声になるためのポイントが分からないという人は多いはず。

それでは、いい声になるための話し方のポイントを具体的にお伝えしていきたいと思います。

腹式呼吸で喋る

まず大切なのは、腹式呼吸で喋るということ。

お腹から声が出ているのと、出ていないのでは、声量というのは変わってきます。

そのため、まずはお腹から声を出すと言うことを意識してみましょう。

また、お腹から声を出すようになるためには、腹筋を鍛えることも大切。

お腹の筋肉を鍛えることで、お腹から声が出るようになってきます。

声質を良くしたいという人は、腹筋を鍛えることも意識しましょう。

口をしっかり動かす

自分の声に自信がなく、モゴモゴしゃべってしまうと、周囲からは非常に聞き取りにくくなってしまいます。

大切なのは、口をしっかり動かし、相手に聞き取りやすいように話すこと。

自信がないからといって、口を動かすことをおろそかにしてしまうと、さらに聞き取りにくい声になってしまうので、注意が必要です。

抑揚をつける

日本人は特に発音に抑揚がなく、外国の人から聞くと「んーあーんーあー」と話していると聞こえるといわれます。

きちんと抑揚をつけて話すことで、発言が聞き取りやすく、明るい印象を与えることができます。

そのため、抑揚を意識して話すことはとても大切です。

声のトーンを上げる

また、声のトーンを上げて話すということも大切。

聞き取りやすい声というのは、低い声よりも高い声の方が多いと言われています。

そのため、意識的に声のトーンを上げて話すことで、声の印象はグッと変わるはずです。

自然と出る声よりも、1トーン声のトーンを上げて話すこと。

結果、声質が高くなっていくはずです。

理想の声を探して真似をする

いい声になりたいと思うのであれば、自分の理想の声を探して真似することも大切です。

いい声になりたいと思っても、自分がなりたい声がなければ、声質というのはなかなか向上しません。

まずはなりたい声の目標を探して、目指すべき声を定めましょう。

そして、その声の話し方やトーンを真似することで、自分の理想の声にどんどん近づいていくはずですよ。

カラオケに通う

カラオケに通って、声量を高めるのもいい声になる秘訣です。

カラオケというのは、お腹から声を出すため、腹式呼吸が自ずと鍛えられます。

また、歌唱力を高めることで、声量もグッと上がってくるため、声質が良くなっていきます。

声がいい人というのは、歌が上手な人がほとんど。

そのため、いい声になるためには、歌が上手くなることが近道だといえるでしょう。

録音して練習する

いい声になるためには、自分の声を録音して、いい声になるために練習することも良いでしょう。

自分の声を録音することで、自分の話し方のクセが理解できます。

結果、話すスピードや音量、抑揚など、自分の話し方の欠点を直すことができるようになっていくはずです。

良い声になるためには、自分の声をまずは知ることが大切だとえいるでしょう。

他人が聞く自分の声はまるで違う

他人が聞く声と自分の声は違います。

そのため、自分の声がどんな声なのかを知ることは大切なのです。

大概の人が、自分の声がどんな声か知りません。

しかし、自分の声質を知らないことには、良い声になることもできません。

自分の話し方を録音して、良い声になるためにはどうしたらいいかを研究すること。

自分の欠点が分かれば、すぐにでもいい声になれるはずですよ♪

声のトレーニングをする

いい声になるためには、声のトレーニングをするのも大切。

いい声になるためのトレーニング方法は、インターネットや書籍などにたくさん書いてあります。

ほとんどの人が声のトレーニング方法というのを知りません。

そのため声のトレーニング方法を知り、トレーニングをすれば、周りの人よりもいい声になることができるといえるでしょう。

ボイストレーニングに通うのも手

自分1人でのトレーニングが不安なのであれば、ボイストレーニングに通うのも手。

お金はかかりますが、プロの人にボイストレーニングをしてもらえるので、成長も早いはずです。

結果、自分1人でトレーニングをするよりも、効率的にトレーニングができるはずですよ。

プロの力を頼ると、成長のスピードもグッとあがるのでオススメですよ♪

️いい声だねって褒められちゃおう!

いい声というのは、努力によって作り出すことができるもの。

いい声ではないからと諦める必要はありません。

努力次第でいい声になることは充分可能。

だからこそ、いい声だって褒められるために、いい声を目指して努力をすることが大切です。

そのためにはまずは自分の声質を知り、そして自分が目指したい声質を見つけることが大切。

目標を持って、いい声に向けて努力することで、理想的な声質に近づくことができるはずですよ♪