私たち人間にはまだよく解明されていない不思議な現象が伴うことが多々あります。

そのひとつに夢という存在があります。

私たち人間は必ず生活サイクルの中で睡眠を取り入れた生活を行っていますが、睡眠をとっている際に時々、夢を見たりすることがあると思います。

睡眠をとった時に必ず夢を見るというわけではなく、個人差がありますが、夢を見た事が少ない人はいても、夢を見た事がないという人はいないでしょう。

まだ夢という存在に関しては具体的に解明されていない部分がありますが、夢は一般的にはレム睡眠の時に見るとされています。

夢では非現実的な事が良く起こりうるとされています。

例えば、誰かに殺されるような夢を見たりする場合や、歯が抜け落ちたりするような夢、高いところから真っ逆さまに落ちていく夢、このように不可思議な現象などが起こりうるような世界です。

そんな夢の中には、時々自分が知っている人間が登場したりする事もあります。

不思議な世界ですので、普段とは異なるような事が起こり得る可能性もあるかもしれませんが、一般的にはその人のイメージが反映されたりすることが多いと思います。

もしも、夢に出てきた人が自分が気になっている人、もしくは好きな人が夢に出てきたりするとテンションがとっても上がりますよね。

時には自分が夢を見るのではなく、相手から夢に出てきたと言ってもらえるような事もあると思います。

そうした時に、相手の夢に出てくるという事は、自分は相手にとって特別な存在なのだろうか?

大部分の人がこのように考えるはずです。

そこで、今回は夢をテーマにして、好きな人の夢に自分が出てきた場合はどのようなサインなのか、その意味と夢に出るためのジンクスについてご紹介していきます。

もしも気になる人から夢に出てきたと言われたのであれば、なぜ夢に出てきたのか理解する事によって、相手と良い関係性を築ける可能性があるかもしれません。

なので、この機会に良いコミュニケーションを得るためにその心理などについて勉強してみましょう。

気になる人から「夢に出てきた」と言われたら…

もしも自分の好きな人や気になる人から「夢に出てきた」と言われたら、絶対に嬉しい気持ちになるはずですよね。

好きな人や気になる人が自分の夢に出てきただけでもとてつもなく嬉しい気分になるのに、自分の好きな人や気になる人の夢に自分自身が出てきたとなると、さらに嬉しさのレベルは上がるのは当たり前です。

好きな人や気になる人がいるのであれば自然とその人のことを考えたり、その人との事を妄想したりすることが多くなります。

どんな人でも寝る前に気になる人のことを考えたり好きな人のことを考えたりした経験がある方は多いはずです。

その延長線上に夢があるとすれば、きっと自分の事を好意的に思ってくれているのではないか?と思えてさらにテンションがが上がってしまいますよね。

自分のことを考えてくれてる?


なぜ私たちは夢を見るのだろうと考えた時に、その存在はとても不思議なものではありますが、共通の認識として、大体の場合が全く関係のない夢を見たりする事は少なく、何かしら自分と関係のある夢を見る方が多いという事は誰もが理解しているはずです。

それはなぜなのかと考えた時に、私たちが見ている夢に関しては自分自身が抱えている様々な心理状態であったり、様々な人間関係などによって夢を見ることが多いはずだからです。

例えば、日常生活を送れば腹が立つ経験することは幾度となくあると思いますが、相当なレベルで怒りを感じた相手が夢に出てきて、夢の中で喧嘩をしたりするような経験をした事がある方は多いはずです。

それと同じように、日常生活で誰かに叱られたりするような嫌な経験をした場合に、それを強く意識すればするほど夢に同じ状況が現れてしまうということなどもあると思います。

なので、これを踏まえて考えてみると、夢を見る内容に関しては自分が今抱えている心理状態が反映される可能性がとても高いと考えることができ、どちらかといえば自分自身が何かしらの思い入れがあったりするような人間が出てきやすいと捉えることが出来るからです。

なので、気になる人から自分が夢に出てきたと言われた場合は、自分のことを考えていてくれるからこそ夢に出てきたのだろうかと考えるのは当たり前であり、だからこそ嬉しい気持ちになることができると解釈することができるのです。

好きな人の夢に出ることにはどんな意味がある?

しかし、大多数の方が夢のメカニズムについて正しい知識を勉強しているわけではなく、これまでの自分の経験からなんとなくという結論を導き出して考えているに過ぎない場合が多いです。

なぜならば、夢のメカニズムであったり、夢に人が出てくることがどういうことなのかということを詳しく勉強したりする機会は少ないからです。

しかし、それが良い人間関係を形成していくきっかけになるのであれば、それについてある程度勉強しておく事は相手と質の高いコミュニケーションを取る上で必ず役に立てるはずです。

なので、自分の好きな人や気になる人と距離を詰めるため、相手とのより良いコミュニケーション築くためにその心理やサインについて学んでみましょう。

好きな人の夢に出ることの心理やサイン

好きな人の夢に出ることの心理やサインを考える上で大切なのは、なぜ相手の夢に自分が出てきたのか?

と考える前に、どうして私たちは夢を見ると他人が出てくるのかということを考えておかなければいけません。

相手の夢に自分が出てきたから自分のこと好きなんだと断定するのは完全に早とちりです。

なぜならば、あなたはこれまで見てきた夢の中で自分以外の人間が登場した場合、その人間のことを全員心から好きだったでしょうか?

もちろん好きな人もいるかもしれませんが、お世辞にも相手のことを好きだとは思えないような人間が夢に出てくる可能性も十分考えられます。

なので、この時点で夢に出てくるということは必ずしも相手のことを好きであるとは限りません。

では、なぜ夢を見る時に自分以外の他人が登場するのだろうかという基礎的な事から考える必要性があります。

それを理解していくうちに、その延長線上に自分という存在が相手にとってどういう存在になっているのかという事を考えるとより、相手にとっての自分という考えや、夢に出てきた心理なども見通せるようになるはずです。

なので、考えられる心理やサインをこれから項目別に詳しくご紹介していきますので、それを踏まえた上で相手にとっての自分とは、という疑問を考えてみてください。

夢に出てくる=潜在意識の中にいる


なぜ自分の夢に他人が出てくるのかということを考えた時に、それは自分の潜在意識の中にその人間が存在しているからということが高い確率で考えられます。

潜在意識という言葉は「精神分析などで活動はしているも自覚していない意識」のことを意味しています。

つまり、言い換えてみれば「心の奥深い層に潜んだ意識」と捉えることが出来ます。

なので、良くも悪くも相手にとって印象が強かったりする人間は潜在意識の中に存在するようになります。

例えば、自分が相手のことを好きである場合は、当然自分の潜在意識の中にその人間は存在しているはずです。

なぜならば、その人のことが気になるからこそ好きだという事になるからです。

そして、自分が相手のことを嫌いだった場合に関しても同様に、嫌いであればあるほど相手のことを強く意識するようになります。

嫌いな人間とは距離を取ろうとしたり、嫌いな人間の発言はどうしても耳に入るようになりやすいですよ。

だからこそ嫌いな人間ほど自分の潜在意識の中に入り込みやすくなります。

なので、結論としては良い意味でも悪い意味でも、自分にとって影響を与えているような人間は潜在意識の中に入り込みやすくなるということです。

このようにして自分の潜在意識の中で意識している人間が最終的に夢の登場人物となるということです。

この心理を考えてみると、相手から夢に出てきたと言われた場合、嫌いな人間に対してわざわざそのようなこと言ったりする場合が少ないので、可能性として自分という存在が相手の潜在意識の中にきちんと存在していると捉えることができるようになります。

なので、嫌っている確率は少なく、ある程度好意を持たれている可能性が高いと考えるのも間違っていない意見でしょう。

良くも悪くも意識をされているサイン

結局夢の中に人間が出てくるということが良くも悪くも意識をしているということを裏付けている証拠になりますので、表面上では相手と良い関係を築いていたとしても、内面で相手のこと嫌っている可能性も十分考えられます。

なので、良くも悪くも意識をされているというサインになりえますので、相手から自分が夢に出てきたということを告げられた際には、相手の自分との関係性をよく深く考えるようにしてみてください。

もしも、自分自身が相手に対してあまり良い印象を持っていないのであれば、相手も同様な心理が考えられますし、それとは反対に常日頃から相手と良い関係を築けているのであれば、相手も自分のことを良い関係性の人間だと認識してくれている場合が多いです。

いずれにしても、自分が相手のことを好きだと思って接しているのであれば、なかなか相手から一方的に嫌われるようなことはありませんので、少なくとも悪い印象を持たれていないと考えても間違いはないはずです。

なので、相手から夢に出てきたと言われたのであれば、それをきっかけに相手と良い関係性を築いていくために積極的になってみても、相手から嫌がられるようなことは少ないと思います。

さらに良い関係を築いていきたいと思うのであれば、こちらから一歩踏み出して自分なりのワンランク上のコミュニケーション方法を取ってみることもおすすめですよ。

夢の中での自分の行動が肝心

相手がもしも自分が夢に出てきたと告げてきたのであれば、できればただ夢に出てきたということだけを聞き出すのではなく、夢に出てきた自分と相手がどういうような行動していたのか、もしくは自分が相手に対してどのような行動していたのかということを聞くようにしてみてください。

そうすることによってある程度自分が相手にとってどういう存在なのかということがわかるようになる可能性があります。

なぜ自分が取った行動、または相手と自分が取った行動を聞く必要性があるのかと考えた時に、その行動によって自分と相手との関係性であったり、相手が自分に対して思っているイメージなどがある程度掴める可能性があるからです。

例えば、自分が心から嫌いだと思っている人間が夢に出てきた場合、おそらく夢の中でもよい関係性を結んでいる事は考えにくいです。

そんな人間が夢に現れたのであれば、必ず夢の中で相手と喧嘩をし始めることが一般的です。

それを考えてみると、自分が相手に持ってる印象がそのまま夢に反映されている可能性がとても高いのです。

なので、自分が相手の夢に登場した時に、自分はどういうことをしていたのか、もしくは一緒になってどういうことをしていたのかということを聞くことで、相手が自分に対して思っている関係性がある程度読めるようになるということです。

なので結論としては夢の中で自分がどういう行動していたのかをしっかりと相手に聞くと、今後のコミュニケーションにかかわる大事な判断要素として参考に出来るという事です。

相手にさりげなく聞いてみる

相手と自分が夢の中でどういう関係性にあったのか、もしくは自分が相手に対してどういう行動を取ったのかということは、なるべくさりげなく聞いてみることがおすすめです。

なぜならば、あまりにも相手に対してしつこく聞きだしたりすることで相手が気分を悪くしてしまったりする可能性もありますし、場合によっては恥ずかしい夢内容だったりすることもあったりしますので、あくまでさらっとさりげなく聞くようなイメージを意識してみてください。

また、あまりにも真剣に相手に聞いたりすると、相手も身構えて事実と異なる事を話したりする可能性も考えられます。

なので、相手に対して聞く際にはさりげなく聞いた方が本当の事を聞き出せる確率が上がりますので、注意してくださいね。

その行動で夢占いをしてみる

もしも相手からある程度どのようなことをしていたのか聞き出すことができたのであれば、それを純粋に自分なりに解釈して考えてみても良いですし、難しくて判断ができないのであれば夢占いを利用して具体的に考察することも可能です。

夢占いとは、自分もしくは相手が見た夢を参考にした上で、その夢をキーワードに略して打ち込んで検索することによってある程度どのような心理でその夢を見ているのか判断することができます。

占いと聞くと難しく感じるかもしれませんが、今ではインターネットサイトとして夢占いがたくさん出てきますので、キーワードを入力して検索するだけですぐにその内容が確認できます。

なので、相手の夢を具体的に聞き取れたら夢占いですぐに検索してみてください。

キーワードことに細く占いをしてくれますので、とてもわかりやすく相手が自分に対して思っている感情、心理などを読めますので、試してみてください。

夢に頻繁に出れたら脈アリ!

相手の夢に自分が頻繁にもしも出てきているのであればそれはかなり好意を持たれている可能性が高いです。

なぜ自分が相手の夢に頻繁に出てくると脈アリなのかと考えた時に、夢に頻繁に出てくるということはそれだけあなたのことを相手が潜在意識の中に高く持ち続けていると考えることができるからです。

潜在意識の中に入り込むということはそれなりに意識をしてもらわなければできないことです。

相手に関して強くインパクトが残るような行動をしていないにもかかわらず、相手の潜在意識の中に強く残るということは相手もそれだけあなたのことを意識しなければ絶対にできないはずなのです。

例えば、日常的に相手に対して叱ったりするような関係性、つまり上司や部下のような関係性、もしくは相手から嫌われるくらいの関係性でなければこのような事はなかなかあり得ないですよね。

日常生活を送る中で、特殊な事をしない限りは相手の潜在意識に強く印象づけることは難しいので、だからこそ夢に頻繁に出てきているという事が判明した場合は脈アリだと考えることが出来るのです。

“夢に出た”事実より、それを伝えてきたことの方が重要

自分自身が相手の夢に出てきたということは少なからず、相手がこちらに対して良い印象を持っている可能性が高いということがお分かりいただけたと思います。

特に異性の間柄に関しては良い関係性になれば、恋愛関係に発展できる可能性も高いので、やはり嬉しい事である事に変わりはありません。

しかし、勘違いしていただきたくないのが夢に出てきたという事実も大切ではありますが、それ以上に夢に出てきたということをあなたに対して伝えてきた相手の心理もそれ以上に大切であるということを理解してください。

あなたは自分が見た夢に他人が出てきた場合、その他人に会った時に全てその他人に伝えていますか?
おそらく伝える場合と伝えない場合に分かれると思います。

なぜ相手に対して伝える場合と伝えない場合に分かれてしまうのかということをよく考えてみれば、おのずとそれを伝えることの方が重要だと考える意味が理解いただけるはずです。

好意があるから伝えてくる

なぜ夢に出てきた事実よりも、自分に対して夢が出てきたということを伝えてくる心理の方が重要性が高いのかと考えた時に、相手に対して自分の夢に出てきたと伝える場合は、大抵の場合が相手に対して良い印象を持っている場合に限るからです。

なぜなのかと考えると、嫌いな人間が自分の夢に出てきた時に相手に対してわざわざそれを伝えたりはしませんよね。

嫌いな人間の夢を見るときは、大抵その人間との関係性が現れた夢になりますので、夢の中でも相手と争ったりしている可能性がとても高いです。

嫌いな人間の夢を見て相手が自分に対して快く接してくれたりするような夢はあまり見ることはありません。

なので、そのような場合はわざわざ相手に嫌な夢を見たと伝える理由がないからです。

裏を返して考えてみると、相手に対してある程度良い印象を持っており、なおかつその夢が良い夢だった場合は相手に対して伝えたりすることが相対的に多くなるのです。

だからこそ、自分が夢に出てきたという事実よりも自分が夢に出てきたということを相手が伝えてくれる心理の方が、自分に対して良い印象を持っているということを裏付ける証拠になり得るのです。

なので、その時点である程度に良い関係性を見込むことができるということは明白です。

だからこそそれを伝えてきた際は相手とこれまで以上に深いコミュニケーションを取ることにチャレンジしてみても良いはずです。

積極的に相手と良い関係性を築けるはずだと自分に自信を持って相手と関わるようにしてみてください。

口説き文句の可能性もある

夢にあなたが出てきたという言葉を相手に対して使う際に、本当に夢を見て単純に相手に伝えている可能性もあれば、口説き文句として相手に使っている可能性も考えられます。

これは考えてみれば恋愛の一つのテクニックになり得る手法だと考えることができます。

相手と深い関係性になるためには当然コミュニケーションを行わなければいけません。

なので、相手に対してわざわざそれを伝えたり、本当はそのような事実がないのに相手に対してそのようなことに言ったりする事で親密になろうと試みている可能性も否定できません。

それを踏まえて考えてみれば、自分自身が相手のことに好意を持っているのであれば、それは嘘だったとしても自分にとって悪い行いをされているわけではありませんよね。

大事なのは本当にその夢を見たのか見ていないのかということではなく、相手がどういう心理を自分に対して持っているのかということが一番重要性が高いことです。

口説き文句の可能性を考えてみたとしても、結局相手に対して好意を持っていることには変わりはありませんので、根本的な事実は変わらず、相手と良い関係性を望むことは十分可能であると解釈してください。

夢の話をきっかけに仲良くなろう

好きな人や気になる人の夢に自分が出てくるというだけで嬉しい気持ちになりますが、大切なのはそこからあなたがどう行動していくかという事も重要な要素です。

ただそこで、そうなんだ、で終わってしまうとそこで話は終わってしまいます。

せっかく好きな人を気になる人から自分に関する話題を話しかけてもらっているのですから、ここは好意を持ってもらっていると考えて、自分に自信をもって相手と普段話せないような事を話してみるべきだと思います。

女性の方は恥ずかしがりな方が多いので、あまり積極的になったりすることができなくて悩んでしまっている方もいるかもしれませんが、このようなことは話しかけてもらった場面ではその話をきっかけにたくさんの話をしてみることもおすすめです。

夢の話をきっかけにして、今まで話せなかった気になるようなことなど話題を展開して話してみることで、相手と良い関係性を作ることも出来ますし、一気に相手と距離感を縮めることもできるようになります。

大切なのはそれをきっかけにどう行動するのかということなので、その話をしてもらってただ舞い上がるだけで終わらせるようにはしないでください。

そこから積極的に行動することで最終的に恋愛が成就するという結果を得ることができます。

夢に出たことで関係が進展することも…?

自分の夢に相手が出てきたということを相手に伝えるのはよく考えてみれば、とても高度な恋愛テクニックであると考えられます。

なぜなのかと考えた時に、夢に出てくるということはそれだけ相手のことを意識しているから夢を見るという事は誰しもが知っている事実なので、相手に「気になっている」という事を暗に伝えていると捉えることも出来ます。

自分の気持ちは言葉にして相手に伝えないと相手には理解してもらえません。

しかし、相手と親密な関係性にあるわけではないのに、積極的すぎることを言ったところで相手からは拒絶されてしまいますよね。

しかし、「夢に出てきた」位のキーワードであれば拒絶されるようなことがありませんし、むしろそれをよく考えていけば、ドキドキするような気持ちになったりすることも多いです。

なぜ自分の夢を見てくれたんだろうと思えば思うほど、それが自分の心の中の大きな疑問になり、相手のことが気になるようになり、最終的に意識するようになったりする展開を呼び込む事ができますので、夢に出てきたという事で今現在の関係から一気に距離感縮めたり、進展させたりすることが出来る可能性が見込めます。

好きな人の夢に出るためのジンクス

一般的に夢を見る時には、夢の設定などは勝手に作られており、自分自身で操作をすることなどはできない場合が多いですよね。

しかし、人によっては自分の夢を操作することができるような人も存在しています。

つまり、自分の夢をコントロールすることができるからこそ自分の理想を自由に作り上げることができるのです。

そう考えてみると、好きな人がいる人であれば自分の好きな人を毎回夢に登場させてその好きな人といろんなことをして楽しんだりする夢を見ることができるはずです。

そう考えてみるとそれはとても魅力的なことであると考えられますが、場合によってはその逆の事なども可能になる可能性があります。

つまり、相手の夢に自分を登場させるという事です。

一見無理があるように感じるかもしれませんが、好きな人の夢に出るためのジンクスなどがいくつか存在していますので、それを試せばもしかしたら自分が相手の夢に出られるようになるかもしれません。

そこで、ここからは好きな人の夢に出るためのジンクスについていくつか項目別にご紹介していきます。

夢をきっかけに相手と距離感を詰めたいと考えている人は、これからご紹介するジンクスを積極的に行ってみてください。

自撮りを使ったおまじない

好きな人の夢に出るために行えるおまじないが存在しており、必要な物はスマートフォンだけなので、気軽に行うことができるおまじないとしても知られています。

具体的には自撮りの写真を使っておまじないとして知られています。

自撮りを使ったおまじないはどのように行うのかと考えた時に、まずはできるだけ自分が綺麗に写るように盛れる写真を撮ってください。

これまで撮ってきた写真の中で一番自分が魅力的に写るような写真を撮影し、それが撮影できたら相手の夢に出たいと思う日の夜寝る前に、その写真をスマートフォンの画面に表示させた状態にしてください。

そして「一番可愛い私になってあなたの夢の中へ行きます」と唱えた状態で、スマートフォンの画面を閉じて枕横に置いてください。

そして両手を顔の前で組みながら、ゆっくりと目を閉じて気になる人のことを思い浮かべながら眠りについてください。

そうすることでおまじないは終わりであり、場合によっては相手の夢に自分を出演させることができるようになるはずです。

ちなみに注意点が存在しており、このおまじないは連続した日にちで行うことができないので、やり直す際には一日空けた状態で行わなければいけません。

また、行う際に毎回自分で撮った写真は変更しなければいけませんので、同じ写真を継続して使用するということはしないようにしてください。

それさえ守ればおまじないは行いますので、ここぞという時にはおまじないを使って二人の距離感が縮まるように試してみてください。

相手の夢に登場する事でもしかしたら相手が気になってくれるかも…

おまじないを利用することによって、相手の夢に自分が登場するようにしてしまえば、自分の夢を何度か見た相手は、自分のことを意識しているのかどうか考えるようになります。

それをきっかけにして、自分のことを考えてもらうように潜在意識の中に入り込むことによって相手に好意を持ってもらえる可能性が高まります。

継続して行うことによって相手の潜在意識に入り込む可能性も高まりますので、自然と相手が意識をしてくれるようになって、おまじないを行わないでも夢を見てくれる可能性が高まります。

このような小さなきっかけが最終的に恋愛を成就させる決め手になる可能性も十分考えられますので、おまじないはあまり信じないという方でも、簡単に行える方法なので気になる人がいるならばチャレンジしてみましょう。

好きな人の夢、出れたら脈アリかも?

あまりこれまで見てきた自分の夢に対して真剣に考えたことがなかった方も、夢にはどういう意味があるのかということを深く考えることによって、自分自身を紐解いていく大切なキーワードであることがお分かりいただけたはずです。

それと同時に相手が夢を見た時に、その内容から相手がどういうことを考えているのかということなのも予想することができるようになるので、相手との良い人間関係を形成していく上で大切な要素であるということを改めて理解してください。

相手と良い人間関係を築いていきたいと思うのであれば、今後は夢を利用して、これまで以上に良い人間関係を形成しているように努力してみてください。

きっとそれだけの工夫でも、行動的になれるので、あなたにとって良い未来を手に入れられる確立がぐんと上がるはずですよ。