CoCoSiA(ココシア)

吉夢とはどんな夢?8個の種類とその特徴を徹底的に解説!幸運が訪れる前兆かも!?

あなたは普段どんな夢を見ることが多いですか?

人間は毎日約3回~5回夢を見ると言われており、記憶や精神状態によって見る夢の内容が決まります。

見る夢のほとんどが何も意味のないものに思えるかもしれませんが、実は良いことが起きる前兆とされている 吉夢 である可能性があります。

そこで今回は夢の中でも特に吉夢に着目して、その種類や特徴について解説していきたいと思います。

「いつもはこんな夢見ないのに」と不思議に思うような夢を見たら、それは思わぬ幸運が訪れる予兆かもしれません。

今日見た夢の内容を思い返しながら、その特徴をチェックしてみてくださいね。

吉夢を見てハッピーになろう!

私たちが普段見ている夢に関しては 8個の種類 に分けることができると言われています。

種類としては正夢、逆夢、吉夢、凶夢、予知夢、警告夢、願望夢、不安夢の8つの種類が存在していて、どの夢を見るかによっても意味が異なります。

これらの夢に関しては漢字からある程度どのような夢か察知できると思いますが、どんな夢を見たかによってこれから自分に何が起きるかが分かると言われています。

それぞれ異なる特徴を持っていますが、これらの種類の中でも見ると良いとされているのが吉夢です。

吉夢には様々な特徴がありますが、まずは吉夢とはどのようなものなのか簡単にご紹介していきたいと思います。

吉夢とは?

吉夢とは 縁起の良い夢のこと です。

具体的には例えばその夢を見てから不思議と身の回りで良いことばかり起きたり、お金が舞い込んできたり、これまで悩んでいたことが解決したりと、自分自身にとって良いことが起きるきっかけになる夢のことを吉夢と言います。

吉夢を見ると、本当に幸運がやってくる?

吉夢を見ることによって幸運がやってくると言われていますが、夢を見るだけで幸運になれるということに対して半信半疑な人もいるかもしれません。

「夢の内容なんて信じられない」など人それぞれの考え方もあるので一概には言えませんが、自分自身の捉え方によって物事は良い方にも悪い方にも進むことは確かです。

例えば吉夢を信じている人は吉夢を見たときに幸せがやってくると思って行動しますが、それは吉夢を信じているからであり、吉夢を信じていない人と比べると行動の違いなども生まれます。

場合によっては自分が取ったその行動がきっかけで、 本当に幸せが舞い降りてくる ことも十分考えられます。

もちろん吉夢を見ただけで幸せが絶対に訪れるという保証はありませんが、その影響を受けることによって幸せが舞い込んでくる可能性は十分あります。

つまり自分自身が信じるか信じないかということによって、大きく結果が変わる可能性があるということです。

少しの希望であっても、まずは信じてみるというのはとても大切です。

吉夢の8個の種類と特徴

実は吉夢はある程度パターンが決まっており、区別するための明確な定義が存在しています。

登場人物やシチュエーションなど判断するためのポイントはたくさんありますが、中でも 吉夢を象徴するシンボル が登場しているどうかが一番重要です。

良いことを示すシンボルを夢の中で見ていれば吉夢である可能性が高まり、その他の要素と掛け合わせて吉夢と総合的に判断することができます。

ここからは、具体的に吉夢の種類や特徴について詳しく解説していきたいと思います。

1.一富士二鷹三茄子

 「一富士二鷹三茄子」 は縁起が良い夢としてとても有名です。

よく初夢で見るととても良いと言われますが、そもそもこの「一富士二鷹三茄子」は何を意味しているのでしょうか。

まず「一富士二鷹三茄子」の「一富士」とは、富士山のことを意味します。

なぜ富士山が良い意味合いで用いられているのかと言うと、そもそも「富士」は「不死」がかかっている言葉であると言われており、「不死にかかり末広がりの美しい姿をしている」として昔から信仰されていたようです。

また「鷹」は、徳川家康が鷹狩りを行ったことが一つの由来とされています。

鷹は権力者の象徴であり高くまで飛べるという意味も込められているので、縁起の良いもののシンボルであるとされています。

そして「茄子」は「成す」を連想させ、表面がつるりとしているため「毛が無い=怪我無い」と言い換えることができます。

これらの理由で「一富士二鷹三茄子」は縁起が良い吉夢とされており、良いことが起きる前兆であると考えられています。

2.麺類を食べる夢

麺類を食べる夢も実は吉夢の一つです。

麺類と言っても世界には様々な麺料理が存在していますが、 麺料理は全般的に縁起の良い夢 であると言われており、蕎麦やラーメン、パスタ、焼きそば、うどんなどはすべて該当しています。