寝ている間にみる夢。

夢の中では、非現実的なストーリーが展開されたりするものの、登場人物は身近な人や、良く知っている人だったりしますよね?そのぶん、夢なのか現実なのか、起きた瞬間は不思議な気持ちになったりするものです。

夢は、レム睡眠中に見るということは分かっています。

睡眠中には、浅い睡眠であるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠を交互に繰り返していると言われていますよね?
この眠りの浅いレム睡眠の時は、身体は眠っている状態でも、脳は活発に動いている状態になっているそうです。

この、脳が活動していることが、夢を見ることと関係ありそうですが…夢については、各方面で研究されてはいるものの、本人にしか見られない物であり、外からの分析は難しい。

だから、科学的にはなかなか解明に至らないようです。

ただ、感情に関わる夢が多いことは確かだそう。

そんなところから、心理学的見解があったりしますし、感情を分析した夢占いも生まれたのかもしれません。

ただ一方で、ある特定の人は、何か目に見えないものからのメッセージを、夢で受け取ることもあるようです。

筆者にはそういう能力は全くないので、にわかに信じがたいことではあるのですが、確かにそういう人は存在するようです。

夢に好きな人が出てきた?!それってどういう意味?

夢って本当に不思議なものですが、そんな夢の中に“好きな人”が出てきたら…
夢でも会えたことに嬉しくもなりますし、いい夢だったらそれが現実になるんじゃないかって期待したりもしますよね♡
それに、不思議なストーリーが展開されるぶん、何かの暗示なのかな?と、その夢の意味が気になったりしちゃいます。

心理学的な分析によると、夢では、自分の願望や欲望を疑似的に満足させようとしていたり、夢で欲求を解放させているという仮説があるそうです。

つまり、自分の感情や欲求が元となっているということ。

また夢は、脳内にあるイメージが、断片的に組み合わされているとも言われています。

ですので、夢は“自分のイメージと感情を絡めて作り上げられたストーリー”であると言えるのかもしれませんね。

それでも、思ってもいないようなことがストーリーになっていると、自分の感情が関わっていると言われてもピンと来なかったりもしますよね?
それが何故かと言うと…それが潜在意識や深層心理で、自分では気づいていないことだからと言えるようです。

これが、不可思議な夢の原因なのかもしれませんね。

もちろん、科学的に解明されてはいませんが、睡眠中は潜在意識や深層心理が現れやすくなるようです。

心理療法として、催眠療法が取り入れられているのもそのためでしょう。

ですので、好きな人が夢に出てくるのにも、潜在意識や深層心理を知る上で意味がある。

と言えるのだと思います。

また、特殊な能力がある人は、何かの暗示を受け取っている可能性もあるのでしょうね。

という訳で今回は、“好きな人が現れた夢”について、分析してみたいと思います。

夢に好きな人が出てくるのには6つの意味があった!


好きな人が出てくる夢の意味を調べてみると、そこには6つの意味があるようです。

夢に隠された意味とは、一体どんなものなのでしょうか?心理学的な見解や、夢占いなどから夢の意味を紐解くと、そこには意外な意味が!?
それではさっそく、その6つの意味を見ていきましょう♪

1.自分の願望の表れ

まずは、これまでにも触れてきた“自分の願望の表れ”であるということ。

それが、自分にはまるで思い当たらないような夢だったとしても、それが無意識に感じている願望だということです。

夢の中で好きな人としたこと、好きな人に言われたこと…
特に、それが現実で叶っていない事だとしたら、夢の中でその欲求を満たしているということになるそうです。

それが、まだ気になる程度の存在の相手だったとしても、夢の中で恋人同士になっていたり、相手に「好き」と言われたなら、そういう関係になりたいというのが、自分の望んでいることになります。

その夢をキッカケに、「もう相手を好きになっている」ことや「思いを告げて恋人同士になりたい」と気持ちが高まっていることに気付くことが出来るかもしれませんね。

2.夢でキスするのも願望の1つ

キスをする夢には、様々な意味があるようです。

まずは単純に、キスをしたいという願望があるということ。

また、その性質からも、性的欲求があるとも言えるそうです。

それ以外に、優しさや愛情を感じたいと思っていることや、コミュニケーションをとりたいと思っていること。

また、口を塞ぐことから、何か言いたくないヒミツを抱えている場合などもあるそうです。

口は、食べ物を食べるところで、生理的欲求を満たす場所でもあります。

また、口から言葉を発することから、言葉に関わることなど…口にまつわるいろいろな意味があるようですね。

そんな中で、好きな人とキスをする夢の場合。

それが恋人なら、キスをしたいという気持ちの表れだったり、優しさや愛情を感じたいという気持ちの表れとなるようです。

また、相手がキスしたいと思っていることを、潜在的にキャッチしていて、それが夢となって表われることもあるようです。

そして、片想いの相手とキスをする夢は、やはり「キスをしたい」という希望があるということですが…ただ、この場合はその夢が叶う可能性は薄いんだそうです。

「キスしたくても叶わない」そんな気持ちの表れなんだそう。

3.夢で好きな人が冷たい場合


そして、“夢で好きな人が冷たい場合”には、2つの意味が考えられるそうです。

それは、夢の種類が違うから。

夢には大きく分けて、2種類の夢があるそうで…それが、“自分の潜在意識や深層心理が表れる夢”と、先ほどもお話したように“特定の人が見る夢”。

このどちらのタイプの夢を見ているかによって、願望の表れか、メッセージを受け取っているのかが違ってくるそうです。

どちらの夢かをどう判別するのか…。

ハッキリしたことは言えませんが、一般的な夢は、ある程度現実に直結したものであるのに対し、特定の人が見る夢は、見知らぬ人が出て来たりと全く心当たりがない唐突的なものであるということです。

普段から特殊な夢を見やすい場合は、下記に挙げる“二人の関係が良い方向に進展する”という、逆夢を見ている可能性があると言えるそうですよ。

二人の関係が良い方向に進展する

好きな人が冷たかったりと、仲良くしていない夢を見る場合。

その夢とは逆に、現実には“二人の関係が良い方向に進展する”ことがあるそうです。

夢とは反対のことが起こる。

それが逆夢です。

この場合の逆夢は、警告夢とも似ているそうで、怖い夢を見せることで注意を促しているんだそうです。

怖いこと、嫌なことを認識させることで、現実ではそうならないように気を付けさせるなど、あなたを守ろうとしているということです。

逆夢を見ていたのかどうかは判断が難しいところですが…普段から心当たりのない夢を見やすい人は、好きな人と良い進展があるのかもしれませんね。

出来る事なら、逆夢であってほしいと願うばかりですが…もし、その能力がなかったとしても、それを警告ととらえて、アプローチを変えてみたり、もっと良い関係になれるように努力することも出来るはず。

結局、現実がどうなるのかは自分次第なのかもしれません!

相手に嫌われたくないという気持ち

逆夢の可能性がある一方で、やはり自分の深層心理が表れていることもあるそうです。

好きな人との、この先の関係に対する不安があり、それがそのまま夢に出てきたということです。

ただこの場合でも、それが現実と直結しているわけではなく、「好きな人と上手く行かないかもしれない」とか、「好きな人に嫌われたらどうしよう」という自分の不安な気持ちの表れだということ。

相手に嫌われているという事実があるわけでは無く、あくまでも自分の感情だということです。

ですので、夢の中で好きな人に冷たくされても、それが真実とは限りません。

あまり過剰に心配することなく、夢は夢として考えましょう。

ただ、自分で片想いであることを認識している場合は、その現実が夢として表されることもあるようです。

夢で再認識させられるなんて、悲しいですが…。

上手く行かないことを、本当は「自分でもわかっている」ということなのかもしれません。

4.無意識からの警告

また、夢には警告の意味がある場合もあるそうです。

先ほど、逆夢は警告夢とも似ているというお話をしましたね。

逆夢は、特定の人が見やすいものとして解説しましたが、警告夢は、そういった特殊なメッセージとは、性質が違ったりもするようです。

それが、“無意識からの警告”。

自覚が無くても、自分の中に刷り込まれていることであり、潜在意識の表れとなります。

好きな人が夢に出てきて、その人が「そんな人じゃない!」と思うような性格だったり、「そんなこと言うはずが無い!」というようなことを言っていたりした場合。

とてもショックですし、事実とは違うと思いたいですが…
実は、好きな相手のそんな一面を「本当はすでに知っている」のに、見たくない一面として蓋をしてしまっている可能性があるということです。

好きな人のことは、どうしても良い面だけを見てしまいがちです。

本当は悪い面があっても、それを見ないようにしていたりもするものです。

そうやって、都合のいい解釈を作り上げてしまっている自分に、好きな人の本当の姿を教えようと、無意識から警告が送られているのかもしれないということなのです。

こんな夢を見た時は、一度冷静になって、相手の真の姿を見てみたほうがいいのかもしれません。

5.予知夢の可能性もある

続いては“予知夢の可能性”についてです。

この予知夢こそ、ある特定の人が見る夢と言われています。

好きな人が出てくる場合、夢の中でのその人との出来事などが、現実におこる可能性があるということなんです。

つまり、夢が未来を予言しているということになりますね。

現実に起こることが、事前に夢で予知されるなんて本当に不思議ですが、実際にそういう人もいるそうです。

それに、とても夢とは思えないような、リアルな夢だったりするそうですよ。

それが好きな人との幸せな夢だったら…それが現実になるのなら…とても嬉しいことですよね♡
夢を見た段階では、予知夢かどうかは分からないかもしれません。

でも、そんな未来が訪れると思えば、それを楽しみに、前向きに行動が出来そうですよね!
予知夢じゃないとしても、自らの手で、夢を現実に引き寄せていくことも出来るかもしれませんね。

6.好きな人とのコミュニケーションが足りていない

好きな人と連絡がとれていなかったり、恋人と会えていなかったりする時に、好きな人が夢に現れる場合は、自分の願望や欲求を“夢の中で満たしている”ということになるようです。

つまり、明らかに“好きな人とのコミュニケーションが足りていない”ということ。

好きな人との現状が不満のある状態で、それを夢の中で補っているわけです。

なんだか健気で可愛いですが、夢にまで見てしまうなんて、相当欲求不満ということにもなりますよね。

そんな状態なのであれば、現実の自分も満足させてあげられるように、行動を起こしてみたほうがいいのかもしれません。

自分から連絡してみたり、会いに行ってみたりしてみては?

夢に好きな人が出てきた時の恋のパターン

夢には、潜在意識や深層心理が表れるものから、摩訶不思議な予知夢まで、いろいろな夢があることがわかりました。

そこには、深い意味があったりするんですね!

夢を見た時って、リアルに覚えているものから、見たような気がするけどすぐに忘れてしまうものまで、いろんな夢がありますよね。

そんな中でも、好きな人が夢に出てくると、強く印象に残っていたりします。

現実では起こっていない内容に、何かしらメッセージがあるんじゃないかって考えちゃいますよね。

ここからは、好きな人が出てきた夢のシチュエーションから、その夢の意味をひとつひとつ紐解いていきたいと思います。

好きな人と楽しく過ごす夢

好きな人が夢に現れたら、それだけで嬉しくなったりもしますよね。

それが、好きな人と楽しく過ごしている夢だったら尚更!起きてからもその余韻に浸ったりして、幸せな一日が過ごせそうな気もします。

ただ…好きな人が夢に出てくる場合で、特にそれが心地のいい夢だった時は、“自分の願望がそのまま表れたもの”であることが多いそうです。

もちろん、予知夢の可能性もあるかもしれませんが…好きな人と楽しく過ごしている夢の多くは、現実で叶えられていない欲求を、夢の中で満たそうとしているという場合が多いみたい。

楽しくおしゃべりする

好きな人と楽しく過ごしているような夢の場合は、自分の願望の表れであるということから、楽しくおしゃべりしている夢も、自分の願望であると言えるそうです。

楽しくおしゃべりしているということは、現実にはおしゃべりがはかどる関係性にはなれていないものの、やはり仲良くしたい願望があるということになりますね。

また、好きな相手がどの位置にいるかには、自分の深層心理が隠されているようです。

好きな人が自分の正面にいる場合は、相手と対等な関係を望んでいて、隣にいる場合は仲間意識が強いということになるそうですよ!

デートしている夢

好きな人とデートをしている夢の場合も、もちろん自分の願望がそのまま表れたものとなります。

好きな人と楽しい時間を共有したい、一緒に過ごしたいという思いがあるということ。

また、デートの中でドキドキするような体験をしていた場合。

例えば、遊園地で絶叫系のアトラクションに乗っていたりする場合は、相手への気持ちが高まっていることを示していたりもするそうです。

夢の中で体験する胸の高鳴りは、一緒にいる好きな人に対する自分の気持ちということです♡

手を繋いでいる

手を繋いで一緒に歩いているようなシーンであれば、その相手と「これから先の人生を共に歩んでいきたい」と思っていることになり、自分の願望が表れた夢となるようです。

ただ、手にはいろいろな意味があるそうで、手のつなぎ方や感触によっても、意味合いが少し違ってくる場合もあるみたいですよ。

手を繋いでいる夢は、人間関係を表わしていることが多いそうで、温かい手ならぬくもりや愛情を感じる間柄、冷たい手なら表面的な付き合いの相手を示しているそう。

また、自分が相手の手をぎゅっと握りしめていた感覚があったら、不安や執着心が表れている場合もあるようです。

目があったり、見つめ合ったりしている

夢の中で好きな人と目があったり、見つめ合ったりしていた場合も、それが自分の願望だと言えるそう。

もう少し深く読み取ると、「自分を見て欲しい」「気にかけて欲しい」という気持ちがあるということになります。

一方で、自分の恋心に、好きな相手が気づいている可能性もあるようです。

普段接している相手の態度や視線から、相手の気持ちを潜在意識がキャッチしていて、それを知らせてくれている場合も♡見つめ合っているような夢なら、両想いの確立が高いのかもしれませんね!

キスなどの夢

好きな人とキスなどをする夢は、その行為への願望であるのと同時に、その性質からも深い意味が読み取れるようですね。

キスについては、6つの意味の中でも触れましたよね!相手の愛情を感じたいという思いや、コミュニケーションをとりたいという気持ちもあるということです。

どちらにしろ、嫌な気持ちになる夢でなければ、悪い夢とはならないそうですよ。

抱きしめられる夢

夢の中で好きな人に抱きしめられている場合は、その状況によって意味合いが変わってくるようです。

それが正面から抱きしめられていた場合は、自分の願望が出たものとなり、愛されたいとか、ぬくもりを感じたいなどの意味になるそうです。

また、現状で願いが叶っていないことに対する不満や不安。

好きな人に気持ちが依存しているとも言えるそう。

一方で、後ろから抱きしめられる場合は、相手の気持ちの表れと解釈されるようです。

相手の好意や愛情を潜在的に受け取っていて、それが夢として示されている場合が多いそうですよ!それが友人としてなのか、恋心なのかは、様々な意見がありますが、好意を持たれていることは間違いないようです。

結婚する

好きな人と結婚する夢についても、結ばれたいという自分の願望の表れだと言えるそうです。

自分の結婚願望を夢の中で満たそうとしているということですね。

また、それが結婚式の夢ならば、結婚式への憧れが強いということになるそうですよ。

ですので、結婚する夢は、女性が見ることが多いみたいですね!
尚、すでに夫婦になっている夢の場合は、好きな人を「運命の相手に違いない!」と思い込みたい気持ちもあったりするみたい。

この場合は、相手に対する理想が強すぎる場合もあるようです。

好きな人と仲良くない夢は?

夢は自分の願望を表わすことが多いということなので、好きな人と仲の良い夢をみるのには納得がいきますよね。

でも、好きな人と仲良くない夢は?そんな願望ないはずなのに…と、思ってしまいます。

現実に好きな人と上手く行っていなかったり、片想いであることを自覚している場合は、その現実がそのまま表れることがある一方で、そういった状況が思い当たらない場合には、夢の意味の中でもお話した、逆夢や警告夢である可能性もあるようです。

夢占いなどでは、好きな人との悪い夢は、逆夢と解釈されることが多いようですよ!

喧嘩したり怒ったりする夢

好きな人と喧嘩をしていたり、怒られたりする夢…そんな夢を見てしまったらショックですが、これは逆夢と捉え、実際には仲良くなるケースと言えるそうです。

ただ、どこかで好きな人に対する不満があって、それが夢となって表われているとも言えるみたいですね。

実際、恋愛では、いいところばかりや理想ばかりを見ていては、良い関係性を築いていくことは出来ません。

不満や本音をぶつけ合うような夢は、素を見せようとしているとも解釈できます。

ですので、今よりも「もっと深い関係を築きたい」という気持ちが表れているとも言えるそうですよ!

噛まれたり、殴られる

また、好きな人に噛まれたり殴られる夢には、もっとコミュニケーションをとりたいという気持ちが隠されているのだとか。

こんな夢を見てしまったら、相手のことを嫌いになってしまいそうですけど…。

これはスキンシップと捉えられるんですね!
でももしかしたら、潜在意識からの警告の可能性もあるかもしれませんよね。

相手から暴力的な要素が垣間見えたことはありませんか?
…そんな一面が全く思い当たらないなら大丈夫。

逆夢と捉えておきましょう♪

冷たくされる

夢の中で、好きな相手に冷たくされたり、そっけない態度をとられている場合は、自分が片想いであることや、その恋が実らないことを自覚している時だと言えるそうです。

また、「嫌われたらどうしよう」というような不安な気持ちが、夢となっている場合もあるみたい。

どちらにしても、現実で恋が実らないことを自覚していたり、関係性への不安を目の当たりにさせられる夢となるようですね。

振られる

見たら落ち込んでしまいそうな、好きな人に振られる夢。

これは逆夢であって欲しいけど、予知夢だという意見が!現実に起こり得る可能性があるので、告白をしようとしていたなら、一旦時間を置いたほうがいいとのことです。

ただ、それとは真逆で、深刻に考えなくてもいいという意見も。

この場合は、好きな相手への思いが強すぎて、相手に振られることを怖れすぎていると、解釈されています。

でも、見えない力からのメッセージの可能性を考えないとすれば、やはり深層心理や潜在意識が関わっているように思います。

告白しようという気持ちが高まっていたら、好きな相手の状況は見えなくなるものですよね?でも実際は、潜在的に相手の態度や仕種から、相手には気持ちがないことを受け取っていて、予知夢と言うより警告夢の可能性があるんじゃないかと、筆者は思うんです。

どちらにしても、一度自分の気持ちや相手の態度を冷静にみる時間が必要なのかも。

どうして振られる夢を見てしまったのか、冷静になったらどこかにヒントがあるかもしれません。

好きな人が亡くなる

好きな人が亡くなる夢なんて縁起でもないですが…この場合は、自分の中のその人に対する恋心に、終止符を打ったことを表わしているそうです。

失恋して悲しい気持ちと言うよりは、スッキリと整理がついたような状態になっていると言えるそう。

ただ、そんな意見の一方で、“転機を迎えた”と捉え、良い関係性に発展する可能性があるという意見も。

どちらにしても、何かひとつの区切りであるということのようです。

好きな人の背中には本心が見えることがある

好きな人が表れる夢には、基本的には自分の深層心理や潜在意識が関わっていることが多いということが、わかってきましたよね!
でも、夢の中で好きな人の背中が見えた場合には、その相手の本心が表れていると言われているんです。

これもやはり、相手からの潜在意識への働きかけなのかな?と、筆者は思ってしまいますが…背中には、一体どんな意味が隠されているのでしょうか。

優しい背中

夢の中の好きな人の背中が優しげな印象だった場合は、相手があなたに対し、良い印象を持っていることを表わしているのだそう。

どうして背中が相手の気持ちを表わすのか。

これについては調べてみても、よく分かりませんでした。

背を向けるって、どちらかというと拒否反応に思えるのになんでだろう?って。

筆者的な解釈をすると…背中って弱点とされていて、戦いのときに相手に背を向けたら負けとか言われますよね。

だから、背を向けているということは、気を許している相手と言うこともなります。

また“背中”は、態度や感情を表わす言葉としても使われますよね。

「(親の)背中を見せる」とか、「背中を丸める(落胆する)」とか。

こういった意味合いが、夢では相手が本心を見せていると解釈されているのかもしれないなと…。

ですので、優しい背中ならそのまま、相手に対して優しい気持ちでいるということになるんですね!

冷たい背中

一方で、冷たい背中の場合は…やはり冷たさを表わしていることになります。

好きな人はあなたに対し、冷めた気持ちだということです。

あなたが片想い中で、相手があなたの気持ちにうすうす気づいている場合は、その上で拒否しているということになるそうです。

また、あなたの気持ちに気付いていないとしても、あなたに対する熱い恋心は持っていないということ。

両想いではないということを、示しているようですね。

背中を見つめているだけでは何の感情もわからない

夢の中で、好きな相手の背中を見ていたけれど…そこに優しさも冷たさも感じ取ることが出来なかった場合。

この時はそのまま、相手には、あなたに対して何の感情もないということになりますね。

つまり、あなたの気持ちが全く届いていないということになります。

それにコミュニケーション不足により、好きな相手のことを全く掴めていないということにもなりますよね。

現実でも、会話も出来ずにただ遠くから見つめているだけなのでは?もっとアプローチが必要なのかもしれません!

恋に関する夢の特徴って?

ここまで、さまざまな夢のシチュエーションから、その意味を紐解いてきました。

夢だけに、各方面から本当に様々な解釈がされているんですよね。

それほどに掴めないものだからこそ、夢と言われるのかもしれませんね。

今回ご紹介したシチュエーション以外にも、いろんな夢をみますよね?
筆者も、夢が気になって調べた時に、当てはまるシチュエーションが無いことなんてよくあります。

でも、恋に関する夢には法則というか、特徴があるみたいですよ!

うまくいっている時は好きな人は夢に表れない

恋人同士で上手く行っている場合には、現実で満足しているので、好きな人が夢に現れることは少ないそうです。

逆に恋人同士でも、喧嘩をしていたり不満があると、夢にでてくるそうですよ。

夢が恋の成就を教えてくれる

また、夢が恋の進展を教えてくれることもあるそうです。

花束や甘いお菓子、卵や丸いものをもらう夢、一緒に暖炉の前にいる夢等は、今後上手く行く可能性を示しているのだそうです!

夢に好きな人が出てきたら覚えておくように(まとめ)

今回は、夢に好きな人が出てきたときの意味について、まとめてみました。

本当に様々な意見があるので、ある意味、みんなが夢に夢をみているような、そんな印象もうけました。

でも、今回ご紹介した好きな人が出てくる夢の意味を参考にすれば、自分の本当の気持ちを紐解くヒントになるのではないでしょうか?

好きな人がでてくる夢に意味は無いと思うか、何かしらのメッセージだと受け取るかは、自分次第とも言えそうです。

それでも、夢をキッカケに現実を変えようと行動することで、実際に未来は変わるのかもしれません。

夢をどう解釈するか、どう自分に役立てるかは…あなた次第です♡