時代が変化するとともに私たちが使用している日本語もそれに伴って変化をするようになっています。

事実として、毎年新しい言葉が私たちが住んでいる日本では生まれています。

その言葉が定着していき一般的に使用される言葉になるくらいまで認知度が広まる場合もあれば、一時期だけ流行って廃れていくような言葉もたくさんあります。

例えば、一時期だけ流行り廃れていく言葉は、若者言葉などがその典型的な例だと考えられます。

若者言葉はその言葉の意味の通り、若者の間だけで流行っている言葉であり、それ以外の世代の方はわかりづらいような言葉として認識されています。

若者言葉を知らなくても困るような事はそこまで多くはありませんが、若者とコミュニケーションをとる時にはある程度知っておいた方が便利な可能性もあります。

若者の文化を知るという意味でも、相手の事を受け入れる材料にも繋がるので、知っておいては損はありません。

そこで、今回は若者言葉の中のマジレスという言葉をテーマにして、マジレスという言葉の意味やマジレスの具体的な使うタイミングをご紹介していきます。

マジレスの意味

マジレスという言葉を聞いたことがある方は、大体の方がインターネット上で見かけたことがある言葉だと思います。

なぜならば、なかなか日常生活を送っている中でマジレスというキーワードを口に出して聞いたりするような場面はないからです。

それもそのはず、若者言葉の多くの言葉はインターネットから生み出された言葉だと言われています。

インターネットを活用していく中で、生み出されていった便利な言葉として、大抵の言葉が何らかの言葉を略称したような形で若者言葉が作られる場合が多いです。

なので、現実の世界で聞くよりもインターネット上で見かけたりすることの方が圧倒的に多いのです。

そして、今の時代は昔と違ってたくさんの方がスマートフォンを持っています。

スマートフォンを通じてインターネット上の様々な便利なサービスを利用しているからこそ、インターネットに関連した言葉が生み出されやすくなっており、流行に敏感な若者がいち早くそれを身につけて使用している背景が存在しています。

そんな若者言葉の中でもマジレスという言葉はよく目にする言葉でもあります。

インターネットに精通している人間であれば、若い方以外にも実際にマジレスという言葉を使用している場合が考えられますので、これくらいは意味を知っておかないと文章の意味がわからなくてネットを利用しづらくなる事も考えられますので、基礎的な意味として理解しておく事をおすすめします。

真剣な返事をする事


マジレスという言葉の意味は「相手の質問や問いかけに対して冗談めいた受け答えやネタではなく真剣な返事をする事」を意味しています。

現実的に考えてみると、例えば相手がなにかふざけたことを言った時に、それに対して突っ込むのがお笑いの鉄則ですよね。

もしもこの時、自分がふざけたことを言ったのに相手がそれに対して真面目に反応したりすると困ってしまいませんか?
このような状況の時に、「ボケたのに相手がマジレスしちゃった…」などと表現することが出来ます。

マジ(真剣)レスポンス(返事)の略

なぜ真剣な返事を相手にすることがマジレスという言葉になるのかを考えた時に、マジレスという言葉をひとつひとつ分解して考えてみると分かりやすいです。

マジレスという言葉がどのように形成されているのかと考えた時に、マジという言葉とレスという言葉がくっついてマジレスという形に変化しています。

では、マジという言葉とレスという言葉がどのような意味を持っているのか考えていきましょう。

マジとは一般的には「本気、真剣」などの意味を持っている俗語として使用されています。

本気と書いてマジと読む、これくらいは誰でも知っている言葉だと思います。

では、レスとはどういう意味なのかと考えた時に、レスはレスポンスの略称になります。

レスポンスとは一般的には「ある信号や命令などが出されてから応答するまでの経過状態のこと」を意味している言葉です。

つまり、簡単に言えば応答、返事になるので、相手の受け答えを意味しています。

そして、これらの言葉を組み合わせたマジレスポンスという言葉の略称としてマジレスという言葉が使われており、マジレスという言葉の意味は「本気or真剣の返事」という事になります。

なので、真剣な返事を相手にする時にはマジレスという言葉が使われているという事になるのです。

こうして分解して考えてみると、理解しやすくなりますよね。

このようにして若者言葉がどんどん形成されてき、世の中に広まるようになっていくという事です。

俗語でネット以外では見られない


マジレスという言葉は先ほどお伝えしたようにインターネットの世界などでしか見かけることがないような俗語、いわゆるインターネットスラングという言葉です。

若者言葉とほぼイコールの存在だと考えていただいて構わないと思いますが、なぜインターネット上にはこのような言葉がたくさん存在しているのか不思議に感じる方もいるかもしれません。

なぜインターネット上にはこのような言葉がたくさん生まれているのかと考えた時に、だいたいがインターネット上の掲示板での書き込みか、動画などによるコメントが大元になって広まる場合が多いです。

インターネット上の掲示板などでは様々な書き込みがなされていますが、たくさんの書き込みをする中で時にはいちいち全てを入力するのが面倒なので、言葉を省いて使ったりする場合などが多かったりします。

それ以外にも、インターネット上で公開されている動画などに対してレスをする場合には、速さが求められますので、長い文章やそれを説明する言葉などは略称されがちになりやすいです。

そのようなことが重なった時に、略称言葉として使われたもので秀悦な表現をしているものが注目を集めて、たくさんの人間が使うようになりやすく、だからこそインターネット上で生まれ、インターネット上でしか使われていないような状況が生み出されるという事です。

改まった場面では使わない

もちろん現実の世界で全くと言っていいほど使われないというわけではありません。

現実の世界においても該当するような状況があった時には、このキーワードを発した方が簡単に周りに状況を伝えられる可能性もあるからです。

しかし、あくまで若者言葉なので、年代がかけ離れている人が存在するような場所であったり、インターネットに詳しくないような人間に対して使ったところで理解してもらえない言葉なので、必ず使用する時にはその場所柄を考慮した上で使わなければいけません。

そして、元を辿れば若者言葉なので、どんなに扱いやすい言葉だったとしても改まった場面で使えるような言葉ではありません。

崩れた日本語をきちんとした場で使っている人はいませんよね。

それと同じで、一般的に正しい言葉として認められているわけではないので、必ず改まった場面では使わないようにしないと恥をかいてしまったり、周りから変な人間だと思われてしまう可能性があります。

なので必ず、今自分が該当している場所を把握した上で言葉を選択するように心がけるようにしてください。

それを気を付けさえすれば失礼な言動や場違いな言動にはならないはずです。

マジレスしても良いタイミング

マジレスという言葉を考えてみると、タイミングがとても重要な言葉だということが考えられます。

なぜならば、マジレスをするタイミングを見誤ってしまいますと、空気が読めない人間だと周りから判断されてしまいかねないからです。

求められていない時にマジレスをしてしまうと空気が読めない面白くない人間だと思われてしまいますし、マジレスを求めている時にふざけた答えをしたりすると、同じように変な人間、ふざけた人間だと思われてしまう可能性があるからです。

様々な社会経験をしてきている人間であったり、様々なパターンを熟知している人間であればその流れを読むことはそこまで難しくないことかもしれません。

しかし、社会的な経験が未熟な方や様々なパターンの流れを理解していない方からすればどのように返事をすれば良いのか戸惑ってしまう方もいるかもしれません。

そこで、ここからはマジレスをしても良いタイミング、反対にマジレスをしては駄目なタイミングを項目別にご紹介していきます。

マジレスのタイミングがわからなくてつい空気が読めないで困っている人は、各タイミングを把握して、空気が読める人間になれるように参考にしてみてください。

本気で問いかけられた時

日常生活において相手から本気で何かを問いかけられた時には必ずマジレスをするように心がけてください。

なぜ相手が本気で問いかけてきたらマジレスをしなくてはいけないのかと考えた時に、結局空気が読めないということは相手と自分の温度差があったり、波長が合っていないことや、質問の意図が理解できていない事が原因である可能性が高いです。

それを考えた時に、相手が本気で問いかけるということは、相手が本気で知りたがっているから聞いているということになるはずです。

そんな時にふざけた返答を相手にしてしまうと相手はどんな気持ちになるでしょうか?
おそらく、真面目に聞いてるのに何でこの人はふざけて答えるんだろう、とイライラする事が予想されます。

なので、質問の意図を把握しておらず、温度差のある返答になってしまう為、違和感を感じて空気が読めないと判断されてしまいます。

なので、相手が本気で問いかけてきているときはこちらも本気で相手に対して返事をするようにしなければいけません
つまり、相手が本気で声かけてきた時にはこちらもマジレスをしてあげないと失礼になるということです。

ふざけた返事は失礼

空気が読めない人ほど相手が真剣になってる時におちょくるような態度をとったり、相手を馬鹿にしたりするようなことが多いです。

なので、相手と会話をするときには必ず相手の気持ちに立って発言するようにしなくてはいけません。

相手の気持ちも考えずに適当に言葉を選んでいては人間関係は悪くなってしまう一方です。

良い人間関係を形成するということは、人生においてとても重要なことです。

人と関わりながら人生を過ごしていかなくてはいけないので、人間関係の形成の仕方を知らないと大人になってから困ってしまう事になりかねません。

ちょっとした言葉の選び方を間違ってしまう事で、大切な人間関係を壊してしまうということは自分にとって大きな損害になります。

早い段階から、相手と円滑なコミュニケーションが取れるように空気を読むというスキルを身につけておくことによって、自分にとっても相手にとっても、良い人間関係を築けるようになりますので、本気で問いかけられた時には相手に本気で答えてあげるようにしてください。

そうする事で相手もこちらが困っている時には真剣に助けてくれるようになるはずです。

相手から求められた時

相手に対してマジレスをする必要性があるときは相手からそれを求められた時です。

例えば、相手が自分に対して何かを質問してきたり、何かを聞いてきたりするときに、「真剣に答えて」「真面目に答えて」などと言われた時にはマジレスをしてあげた方が良いです。

なぜかと考えた時に、相手が真剣、もしくは真面目という言葉を使っているという事はマジレスを求めていると判断することが出来ます。

その時点で、相手はこちらに対してどういう気持ちで返事をしてほしいのかという事を言葉で示しています。

なので、このように相手からマジレスをすることを求めてきた場合は必ずマジレスするようにしてあげてください。

もしも、相手が求めてきているのにマジレスをしてあげなかったら、必ず相手と温度差が生じてしまったり、相手の質問の意図を汲み取っていないことによって、相手は不満が生じるようになりそれが争いの原因になってしまうことも考えられます。

ひどい場合はそれがもとに喧嘩になって人間関係が悪くなってしまうことも考えられます。

なので、相手からマジレスを求められたときには必ずマジレスをするようにしてください。

相手が求めてくるということは、相手が本当のことを知りたいと思ってる時なので、相手の気持ちを十分理解してこちらの言葉を選ぶようにしてあげてください。

求められてないマジレスは説教

マジレスをするときに注意しなくてはいけないのは、相手がマジレスを求めていない時にマジレスをしてしまうということです。

相手がそもそもマジレスを求めていないのに、こちらがマジレスをすることによって相手は不快な気持ちになる可能性があります。

なぜならば、求められていないマジレスをすることは説教と等しい場合があるからです。

人間は誰でも自分を否定されたり、求めていないのに堅苦しい説教されたりすることは嫌いなはずです。

自分が求めている時にしてくれると、聞く気持ちや聞く姿勢になっているので受け入れられやすいのですが、そうではない時には温度差などを生みやすいのでどうしても不快な気持ちになりやすくなります。

なので、相手が求めていない時にマジレスをすると説教と同じ扱いになり、喧嘩になる可能性が生まれます。

だからこそ求められてないマジレスをするのは絶対にやめようにしてください。

これを注意しておかないと人間関係が悪化してしまう原因になりかねません。

マジレスしちゃ駄目なタイミング

コミュニケーションを取るのが下手な人間であったり、良い人間関係を形成することができない人間ほど相手の質問の意図を把握できず、自分と相手の温度差を生じさせている場合が多いです。

このような行動を取ってしまうと空気が読めない人間扱いをされてしまい、どこに行っても良い人間関係を形成することができずに悩みが生まれてしまいます。

社会人になってからも人間関係を形成するということは絶対に求められる大切なことです。

コミュニケーション能力は仕事への因果関係もかかなり大きいですし、職種によってはコミュニケーション能力があるないが採用の分かれ道になり得るほどの仕事も存在しています。

無論、そうではない仕事でも一定レベルのコミュニケーション能力は必ず求められる能力なので、空気を読めない人間は必ず社会に出て困る事になります。

そうならない為にも、マジレスしてはいけないタイミングを必ず身につけるようにしてください。

ふざけた質問をされた時

相手からふざけた質問をされた時にはマジレスはしないようにしなければいけません。

なぜ、相手からふざけた質問された時はマジレスしてはいけないのかと考えた時に、相手がふざけた質問をする時というのは、堅苦しくない場である可能性がとても高いです。

堅苦しくない、リラックスできるような場所で相手がふざけた質問をしてくる時は相手がその場を盛り上げるために質問をしてきている可能性がとても高いからです。

その場を盛り上げるために質問をしてきているので、こちらもそのまま盛り上げるために相手に対してふざけた返答をすることによって空気を読んだ発言をすることができます。

しかし、このような場所で相手に対してマジレスをしてしまうと、その場の空気は盛り下がってしまいます。

せっかく場が持り上がるように笑いを提供しようとしたのに、なんで盛り下がるような事を言うんだろう、と周りは不満を持ったり、空気を読めない人間だと判断してしまうようになります。

そうなると、つまらない人間、面白くない人間だと思われてしまうようになりますので自分にとってはデメリットになります。

なので、ふざけた質問をされた時には相手に対してマジレスしないようにしなければいけません。

しかし、きちんとした場所で相手がふざけた質問したりするような時は無視しても構いません。

なぜならば、それは自分が空気を読んでいないのではなく相手が空気を読んでいないと判断することができるからです。

なのでその場所の雰囲気などを常に感じ取りながら、相手はなぜこのような質問をしているのだろうかという質問の趣旨を考えてみると、求められている返事をすることができるはずです。

ギャグにはギャグで返す

相手がギャグを言っている時にマジレスするようなことは絶対にしてはいけません。

なぜならば、空気が読めない行動だと判断されてしまうからです。

時々見かける面白くない人間として、みんなが盛り上がってギャグを言ったりしている中で一人だけ真面目なことを言ったり、真面目な反応を取ったりして、笑いという事に対して全く理解していない人間がいます。

これは盛り上がる場では盛り下がってしまう行動にしかなりませんので、自分が常に盛り上がる場で周りを微妙な反応にしてしまっている自覚があるならば、もう少し空気を読めるような判断力を養わなければいけません。

しかしながら、あまり普段から面白いことを言うことに慣れていない人だったり、急に何かの受け答えを求められるような事に慣れていない人からすれば苦手だと感じる事かもしれません。

それはしょうがない事であり、それが苦手だという事は認めるようにしてください。

大切なのは認めて改善する事です。

苦手だと分かっているのであれば、ある程度必ず盛り上がるような鉄板ネタや、その時流行っている事などを理解しておけば、ふざけた回答をする事もできるようになりやすいです。

飲み会の場などではこのような事は良く起こりうる事ですので、準備しておいて損になるような事はありません。

普段からお笑いに関する流れや、ネタなどに目を通して笑いのセンスを磨いておくようにしてください。

相手が話している途中

相手が何かを話してる途中でマジレスをすることも極力無くす必要性があります。

なぜ相手が話してる途中でマジレスをしてはいけないのかと考えた時に、相手が話をしている最中に話を遮るということは相手に対して失礼な行動になります。

自分がもし話をしている時に話を遮られて別の話を展開されてしまうと嫌な気分になりませんか?
人によってはそれが自分を否定されたということに繋げて考えてしまい、恨みを買ってしまうような可能性もあるかもしれません。

それによって人間関係が悪くなってしまう場合もありますので、そのような場合に関してはマジレスしないようにしましょう。

しかし、時と場合によっては相手の話の最中に盛り上げるために少し付け足したりすることで、良い効果を生み出すことができる可能性もありますので、話している途中にこちらが発言する場合は相手の発言を更に引き立たせてあげるなどの配慮が念頭にある状態で行うようにしてください。

そうすれば相手も悪い気分にはならないはずです。

最後まで聞く

相手が話しているときには必ず相手の話を最後まで聞いてあげる事が一つのマナーにつながります。

先ほどお伝えしたように、相手の話をさらに引き立たせてあげるという目的のもと、何かを付け足したりする程度であれば、まだ受け入れられます。

しかし、そうだとしても過敏なまでに相手の話に対して食らいつくのは相手にとってもやりにくくさせてしまう可能性があります。

あくまで、必ず場が盛り上がるという確証がある前提で、ここぞという時にするくらいの気持ちでいてください。

対して面白くなるわけでもないのに、相手の話に介入するのは相手にとっても不本意なはずなので、親しい関係だったとしても最低限のマナーくらいは考えて行動するようにしてください。

親しき仲にも礼儀ありという言葉を忘れないように行動すれば、必ず良い関係性を崩さずに付き合っていけるはずです。

マジレスする時に気を付ける事

相手の話に対してマジレスをする時にはある程度気を付けなければいけない注意点が存在しています。

この注意点を守らずに相手に対してマジレスをしてしまうと、その場の空気が悪くなってしまったり、相手との人間関係が悪くなってしまったり、自分の人間性を疑われてしまう可能性が生じてしまいます。

それは自分にとって大きなデメリットになり得る要因になってしまいます。

なので、ここからはマジレスをする時に気を付けて頂きたい注意点をいくつか項目別にご紹介していきます。

空気が読めないと感じている人ほど注意点に関しては気を付けるようにしてください。

話の流れを把握しておく

マジレスをするときには必ず話の全体的な流れを把握しておく必要性があります。

なぜ全体的な流れを把握しておかなければいけないのかと考えた時に、話の全体的な流れも把握していないのに、相手に対して求められる返事ができるわけがないからです。

相手に対して返事をした時に、求められていない返事をしてしまう場合は大抵の場合話の流れを理解していない場合です。

つまり、裏を返せば話の流れを理解していれば適切な返答が行いやすくなるので、マジレスをする時ほど話の流れを意識しておくようにしてください。

ネタがどうかを見極める

時々話の全体的な流れを理解するのを面倒に感じて、話の一部分だけを抜き取ってその話の流れを見極めようとする人がいますが、これは大きな勘違いを生んでしまう可能性があります。

話の一部分だけ抜き取ったところで、全体的な話を理解しておかなければ全く空気の読めない返答になってしまう可能性があります。

勘違いしてしまうと、そもそもネタとして言っているような事を真面目に返答してしまったり、真面目に聞いているのに変な回答をしてしまったりしてしまう可能性があります。

なので、必ずどういう経緯でこの質問を行っているのか、どういう経緯でこの話の流れになっているのかという事を正しく把握するように注意してください。

注意する事によってとんちんかんな返答を防ぐことが出来るようになるはずです。

嘘や誤魔化したりしない

相手に対してマジレスをするときには必ず、相手に対して嘘をついたり、誤魔化したりしないようにしなければいけません。

なぜ嘘をついたり誤魔化したりしてはいけないのかと考えた時に、相手に対して嘘をついたり誤魔化す事によって、それが発覚してしまう可能性があるからです。

それが発覚してしまった時には、その人間は自分に対して不信感を持つようになってしまいます。

不信感を持たれるということは、信じてもらえなくなるということであり、信頼関係がなくなってしまいますと相手と良い人間関係を形成することができなくなってしまいます。

なので、相手に対して嘘をついたり誤魔化したりするようなことは絶対にしないようにしてください。

嘘や誤魔化しをすると必ず矛盾が発生します。

いずれこれを覆い隠すために新たな嘘をつかなくてはいけなくなる可能性もありますので、自分を守るためにも、嘘や誤魔化しは絶対にしないようにしましょう。

信頼を失うと二度と取り戻せない

相手に対してマジレスをする時には、自分が本当は自信が無いような事や詳しくない事などを聞かれる場面もあるかもしれません。

しかし、相手が自分に対して真剣に質問をしている時ほど、相手に回答する際は真剣に言葉を選ぶようにしてください。

なぜかといいますと、相手が真剣に聞いているのに、いい加減な回答をすると相手は馬鹿にされたと考えるようになるからです。

つまり、相手が真剣に知りたがっているからこそ、曖昧な回答ができないので、自分が知っている範囲のことだけ伝えるようにしたり、自信がない部分は自信がないということを前提にして話をするようにしてください。

そうすることによって相手もそれを理解して受け止めてくれるようになりはずです。

安易に、自分がそうだろうと思ったから、あたかもそれが本当かのように話したりすると相手は迷惑する可能性が生まれます。

そうなってしまうと、善意で話をしたのに、それが裏目に出て人間関係が悪くなってしまう可能性もあります。

なので、相手が真剣になっていればなっているほど、こちらも相手に対する回答は慎重に言葉を選択するように注意してください。

意見をまとめてから発言する

マジレスをする時にはなるべく自分の意見をまとめてから相手に発言するようにしなければいけません。

なぜ自分の意見をまとめてから発言しなければいけないのかと考えた時に、自分の意見をよくまとめた状態で発言しないと、結局何を言いたいのか相手に理解してもらえない可能性が生まれてしまうからです。

せっかく相手に対して真剣に意見を求めたのに、まるっきり意味のわからないことを言われてしまった場合は相手はがっかりしてしまいます。

それと同時に、この人間は頼りにならないと判断されてしまい、それ以降大事な事について意見を聞かれたりすることがなくなってしまう可能性があります。

それは見方を変えれば、重要なことは聞けない人間、つまり不信感を持たれてしまうということにつながりかねません。

少し極端な考え方かもしれませんが、これが人間関係が悪くなる原因になる可能性もあります。

相手が真剣になっていれば真剣になってるほど、こちらもきちんと正しい意見なのかどうかよく自分自身の中で考えて、なおかつ相手に理解してもらえるように上手に言葉を整理しながら意見を伝えるように注意してください。

そうする事で、相手が理解しやすく、今後も頼りにしてもらえるような良い人間関係が続けられるようになるはずです。

マジレスはタイミングが重要

相手に対してマジレスをする時にはタイミングが絶対的に重要になります。

このタイミングによって空気が読めるか、読めないか大きく印象が変わってきます。

相手とコミュニケーションをとることに慣れている人間であればそこまで難しいことではないのですが、コミュニケーションをとることに慣れていない人間からすればよく注意しておかなければいけない点にもなります。

身の回りの人間と良い関係を築いていきたいと思うのであれば、マジレスをするタイミングをよく注意しながら相手と会話をするようにしてみてください。

これさえ間違わなければ、相手と悪い雰囲気なるようなことは極端に少なくなると思いますよ。

【マジレスする時の注意点については、こちらの記事もチェック!】