CoCoSiA(ココシア)

初デートで気をつけるべきこと25選...(続き5)

デートにも集中できなくなりますし、その人のことが気になってしまいます。

男女とも過去に付き合ってた人は気になりますが、初デートは特別な日でもありますよね。

二人がこれからうまくいくかどうかを確かめる日でもあるのです。

そういった日にあえて話題にする話ではありません。

浮気と過去の付き合った相手の話は初デートでは絶対にNGです。

相手に聞くのもやめてくださいね。

19.エスコートしない

男性はいかなる時でも女性をエスコートすることを忘れないでほしいと思います。

これは初デートに限ったことではありません。

きちんとエスコートされれば女性はそれだけで嬉しいものです。

緊張もほぐれて会話を充分に楽しむきっかけにもなりますが、全くエスコートをしなければどうでしょう?

自分はあまり大切に思われていないと誤解を生んでしまいますし、デートが終わっても気分が落ち込んだままになってしまいます。

エスコートは男性の役目でもあり、女性もその行為に対してはきちんとした評価が必要です。

求めるだけではなく相手にも感謝の気持ちを出さなくていけません。

何かしてもらったら必ず「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

20.深夜まで連れ回す

初デートはあまり遅くまで連れまわしてはいけません。

楽しい気持ちはわかりますが、ゆっくりと家で余韻にも浸りたいのです。

相手の予定もあるのですから、そういった自分勝手な行動はしないように注意しましょう。

最初から帰りが深夜になってしまうような人だと、今後付き合っていけるのかと不安になってしまう人もいます。

初デートでは、遅くならないうちに解散するようにしましょう。

21.自分を偽る

初デートで思わず事実とは違うことを言ってしまう人がいるかもしれません。

例えば、大学名や会社名を偽ったり、住んでいる場所を偽ったり。

見栄を張って、ちょっとしたことで自分を偽ってしまう人もいるでしょう。

ですが、そういったことは後になって絶対にバレてしまいます。

あんな事を言わなければよかったと後悔するはずです。

初デートだからちょっとカッコつけるつもりが後からとんでもない事になってしまったという話もあります。

それに、本当の自分を好きになってもらわなければ意味がありません。

嘘や偽ることは相手への裏切りにもなってしまうのでやめておきましょう。

22.趣味に偏った場所へ連れていく

自分の趣味に偏った場所というのは、相手側からすると素直に楽しむことができないかもしれません。

自分の事ばかりを話すようなもので、相手のことを全く考えていないということにもなります。

もし相手が「行ってみたいな!」と言ってくれたとしても、気を遣っているだけの可能性もあります。

初デートでは2人が楽しめる場所をチョイスしましょう。