CoCoSiA(ココシア)

昼飲みが爽快な理由とおすすめの昼飲みスポット6選


お酒を飲むという事は自分のストレスを大きく解消する手段の一つになりますので、とても良い行いであると考えることが出来ます。

なぜならば、お酒を飲むことによって私たちの体にセロトニンという物質が分泌するようになります。

セロトニンという物質が分泌されることによって、私たちが体の中に抱えている不安であったり恐怖と言ったような、よくない感情を抑え込んでくれる効果を持っています。

なので、お酒を飲むという事は自分のストレスを抑える働きがあるので、ストレスを解消する大きな手段の一つになると考えることができます。

もちろん、たくさんお酒を飲み過ぎてしまって体を壊してしまう事は注意をしなければいけませんが、適量ならば全く問題はないどころか、むしろ良い事づくしです。

一般的にはお酒は嗜むのであれば夜に嗜むのが当たり前ですが、必ずしも夜でなければお酒を飲んではいけないという法律があるわけではありません。

せっかくの休日ならば、お昼からお酒を楽しんでも全く問題はありませんよね。

お昼にお酒を飲むということはあまりたくさんの方がしているわけではないかもしれませんが、一度チャレンジしてみるととても清々しい気分になれるはずです。

そこで、今回は昼飲みをテーマにして、昼飲みが爽快な理由とおすすめの昼飲みスポットについてご紹介していきたいと思います。

まだ人生でお昼にお酒を飲んだりしたことがないという方は、新しい楽しみを見つけるという意味でも、一度お昼からお酒を楽しむ事にチャレンジするきっかけにしてみてください。

昼飲みが最高!その理由とは??

お酒が好きな方からすれば、いつお酒を飲んでも最高の気分になることができると思っているかもしれませんが、お昼に飲むお酒というのは夜に飲むお酒とは違ってまた格別の気分を味わうことができる行為です。

なぜお昼にお酒を飲むと格別の気分を味わうことができるのかと考えた時に、それにはいくつかの理由が存在しています。

そもそも昼にお酒を飲んだことがない方からすれば、その気分や理由は全く分からないと思いますので、いきなり理解しろと言われるのも無理な話です。

そこで、ここからはなぜ昼飲みが最高なのかと考えられる理由について詳しくご紹介していきたいと思います。

昼飲みが最高だと感じるその理由を知ることによって、お昼にお酒を飲んでみようかなと自分の考え方を変えるきっかけになると思いますので、お昼にお酒を飲んでいる場面を想像しながらこれからご紹介する理由を確認してみてください。

ランチ価格でとにかく安い


なぜ昼飲みが最高に感じるのかと考えた時に、ひとつの理由として「ランチ価格でとにかく安い」という理由が存在しています。

お昼にお酒を飲む場合だと、一般的によるにお酒を飲んだりする場合に比べて金額が安く済む場合が多いです。

なぜならば、基本的にだいたいの飲食店がお昼に関してはランチメニューとしてランチだけの特別価格で料理などを提供していることが多いのです。

それを踏まえて考えてみると、ランチの時間に会えて足を運んでお酒を飲んだりして料理を注文した方が、夜にお酒を飲みに行く時よりも大きく金額を安く済ませることが可能になるのです。

なのでお昼にお酒を飲むと金額も安くなり、お財布にも優しいということから最高だと感じるようになるのです。

例えば、具体的にお店の例を出して考えてみると、最近ではファミリーレストランの中でも有名なお店であるガストが昼のみの場所として話題になっています。

一般的にファミリーレストランと言うと、食事をしてお腹を満たす場所という概念がありますが、最近ではサラリーマンなどを対象にしたお酒を飲む場所という新しい魅力を打ち出しています。

そんなガストですが、お店によってはハッピーアワーという時間を設けています。

簡単に言えばハッピーアワーの時間の中でお酒を注文すればお酒の料金が一般的な価格よりも安く楽しむことができるので、一般的な時間と区別してハッピーアワーという名称を記載しています。

ハッピーアワーの時間は平日の15:00~18:00であり、この時間帯であればビールの値段が本来は449円なのが249円になるなど、なんと200円も価格が安く提供されているのです。

こうして考えてみると、ビール一杯飲むことに200円の金額が節約されていると考えることが出来ます。

なので、ハッピーアワーの時間帯にお酒を飲むことによって、極端に略すと、二杯飲めば一杯ただに近い料金で飲むことが出来るようになるのです。

たくさんお酒を飲む人からしてみればこの価格差はとても大きいですよね。

なので自分自身が想像するよりも、かなり安い金額でお酒を飲むことができるということが大きな理由になりえるのです。

健全

お昼にお酒を飲むとなぜ最高だと感じるのかと考えた時に、お昼にお酒を飲むという事は夜にお酒を飲む場合よりも「健全」であると考えることが出来るからです。

なぜお昼にお酒を飲むのが健全なのかと考えた時に、理由としては夜にお酒を飲む時よりも昼にお酒を飲んだ方が様々な場面で安全で失敗が少ないからと考えることができます。

では、なぜ夜にお酒を飲むと危険で失敗があるのかと考えた時に、例えば夜にお酒を飲んでいるとついついたくさんお酒を飲み過ぎてしまって終電の時間を逃してしまったということがあると思います。

終電の時間を逃してしまうと、当然ながらどこかに泊まらなければいけないですし、それに伴って余分なお金も発生します。

なので、本来であれば支払う必要ない金額が発生するという点で明らかに夜にお酒を飲んでしまった事による失敗となり得ます。

それ以外にも、お酒をたくさん飲み過ぎてしまって泥酔してしまった場合、夜という時間帯も関係しているので、特に女性の場合は安易な性的関係をもってしまう可能性が考えられます。

周りに男性がいる場合、男性が女性に対してお互いの了解がないまま行為に及んでしまったり、女性側も意識がもうろうとしていたりするとそれを防げなかったりする場合があります。

なので、結果的に臨んでいない関係が出来てしまったり、それが後悔する事態や、場合によっては犯罪に巻き込まれてしまう可能性に繋がってしまいます。

しかし、もしもお昼にお酒を飲んでいるとするならば、終電がなくなってしまうようなことも基本的にはありませんし、夜にお酒を飲んでいる時と違って、周りにたくさんの人間がいたりするという点と、夜ではないのでどこかで無理に二人気になる必要性もないので、安易な性的関係をもってしまったりするような事もありません。

なので、お昼にお酒を飲むということは健全な行為であると考えることができ、リラックスしてお酒を楽しむことができる最高の気分を味わうことができると考えられます。

もちろん、どんな時間帯にお酒を飲もうが、きちんと必要最低限のことを気をつけていれば特に問題はありません。

その場合でも、昼に飲むという事は夜に比べて気にする事が少なくなるという風に解釈していただければ、良い気分を味わいながらお酒を楽しむことが出来るはずです。

開いてる店が多い


お昼にお酒を飲む時になぜ最高だと感じるのかというと、それは「開いているお店が多い」という事も理由に繋がります。

これは考えてみれば簡単にわかることだと思いますが、一般的にお店が開いている時間帯というのは明るい時間帯の方が圧倒的に多いです。

もちろんお酒を提供しているようなお店であれば、一般的な時間帯とは反対に、夕方から朝方まで開いていたりするような場合がありますが、どちらにしても早い時間よりも遅い時間の方が開いている店は少なくなってしまうと考えるのが当たり前です。

なので、夜にお酒を飲んである程度の時間が過ぎてしまった場合、そこから何をするのかということはあるけど限られてしまっています。