お酒を飲むという事は自分のストレスを大きく解消する手段の一つになりますので、とても良い行いであると考えることが出来ます。

なぜならば、お酒を飲むことによって私たちの体にセロトニンという物質が分泌するようになります。

セロトニンという物質が分泌されることによって、私たちが体の中に抱えている不安であったり恐怖と言ったような、よくない感情を抑え込んでくれる効果を持っています。

なので、お酒を飲むという事は自分のストレスを抑える働きがあるので、ストレスを解消する大きな手段の一つになると考えることができます。

もちろん、たくさんお酒を飲み過ぎてしまって体を壊してしまう事は注意をしなければいけませんが、適量ならば全く問題はないどころか、むしろ良い事づくしです。

一般的にはお酒は嗜むのであれば夜に嗜むのが当たり前ですが、必ずしも夜でなければお酒を飲んではいけないという法律があるわけではありません。

せっかくの休日ならば、お昼からお酒を楽しんでも全く問題はありませんよね。

お昼にお酒を飲むということはあまりたくさんの方がしているわけではないかもしれませんが、一度チャレンジしてみるととても清々しい気分になれるはずです。

そこで、今回は昼飲みをテーマにして、昼飲みが爽快な理由とおすすめの昼飲みスポットについてご紹介していきたいと思います。

まだ人生でお昼にお酒を飲んだりしたことがないという方は、新しい楽しみを見つけるという意味でも、一度お昼からお酒を楽しむ事にチャレンジするきっかけにしてみてください。

昼飲みが最高!その理由とは??

お酒が好きな方からすれば、いつお酒を飲んでも最高の気分になることができると思っているかもしれませんが、お昼に飲むお酒というのは夜に飲むお酒とは違ってまた格別の気分を味わうことができる行為です。

なぜお昼にお酒を飲むと格別の気分を味わうことができるのかと考えた時に、それにはいくつかの理由が存在しています。

そもそも昼にお酒を飲んだことがない方からすれば、その気分や理由は全く分からないと思いますので、いきなり理解しろと言われるのも無理な話です。

そこで、ここからはなぜ昼飲みが最高なのかと考えられる理由について詳しくご紹介していきたいと思います。

昼飲みが最高だと感じるその理由を知ることによって、お昼にお酒を飲んでみようかなと自分の考え方を変えるきっかけになると思いますので、お昼にお酒を飲んでいる場面を想像しながらこれからご紹介する理由を確認してみてください。

ランチ価格でとにかく安い


なぜ昼飲みが最高に感じるのかと考えた時に、ひとつの理由として「ランチ価格でとにかく安い」という理由が存在しています。

お昼にお酒を飲む場合だと、一般的によるにお酒を飲んだりする場合に比べて金額が安く済む場合が多いです。

なぜならば、基本的にだいたいの飲食店がお昼に関してはランチメニューとしてランチだけの特別価格で料理などを提供していることが多いのです。

それを踏まえて考えてみると、ランチの時間に会えて足を運んでお酒を飲んだりして料理を注文した方が、夜にお酒を飲みに行く時よりも大きく金額を安く済ませることが可能になるのです。

なのでお昼にお酒を飲むと金額も安くなり、お財布にも優しいということから最高だと感じるようになるのです。

例えば、具体的にお店の例を出して考えてみると、最近ではファミリーレストランの中でも有名なお店であるガストが昼のみの場所として話題になっています。

一般的にファミリーレストランと言うと、食事をしてお腹を満たす場所という概念がありますが、最近ではサラリーマンなどを対象にしたお酒を飲む場所という新しい魅力を打ち出しています。

そんなガストですが、お店によってはハッピーアワーという時間を設けています。

簡単に言えばハッピーアワーの時間の中でお酒を注文すればお酒の料金が一般的な価格よりも安く楽しむことができるので、一般的な時間と区別してハッピーアワーという名称を記載しています。

ハッピーアワーの時間は平日の15:00~18:00であり、この時間帯であればビールの値段が本来は449円なのが249円になるなど、なんと200円も価格が安く提供されているのです。

こうして考えてみると、ビール一杯飲むことに200円の金額が節約されていると考えることが出来ます。

なので、ハッピーアワーの時間帯にお酒を飲むことによって、極端に略すと、二杯飲めば一杯ただに近い料金で飲むことが出来るようになるのです。

たくさんお酒を飲む人からしてみればこの価格差はとても大きいですよね。

なので自分自身が想像するよりも、かなり安い金額でお酒を飲むことができるということが大きな理由になりえるのです。

健全

お昼にお酒を飲むとなぜ最高だと感じるのかと考えた時に、お昼にお酒を飲むという事は夜にお酒を飲む場合よりも「健全」であると考えることが出来るからです。

なぜお昼にお酒を飲むのが健全なのかと考えた時に、理由としては夜にお酒を飲む時よりも昼にお酒を飲んだ方が様々な場面で安全で失敗が少ないからと考えることができます。

では、なぜ夜にお酒を飲むと危険で失敗があるのかと考えた時に、例えば夜にお酒を飲んでいるとついついたくさんお酒を飲み過ぎてしまって終電の時間を逃してしまったということがあると思います。

終電の時間を逃してしまうと、当然ながらどこかに泊まらなければいけないですし、それに伴って余分なお金も発生します。

なので、本来であれば支払う必要ない金額が発生するという点で明らかに夜にお酒を飲んでしまった事による失敗となり得ます。

それ以外にも、お酒をたくさん飲み過ぎてしまって泥酔してしまった場合、夜という時間帯も関係しているので、特に女性の場合は安易な性的関係をもってしまう可能性が考えられます。

周りに男性がいる場合、男性が女性に対してお互いの了解がないまま行為に及んでしまったり、女性側も意識がもうろうとしていたりするとそれを防げなかったりする場合があります。

なので、結果的に臨んでいない関係が出来てしまったり、それが後悔する事態や、場合によっては犯罪に巻き込まれてしまう可能性に繋がってしまいます。

しかし、もしもお昼にお酒を飲んでいるとするならば、終電がなくなってしまうようなことも基本的にはありませんし、夜にお酒を飲んでいる時と違って、周りにたくさんの人間がいたりするという点と、夜ではないのでどこかで無理に二人気になる必要性もないので、安易な性的関係をもってしまったりするような事もありません。

なので、お昼にお酒を飲むということは健全な行為であると考えることができ、リラックスしてお酒を楽しむことができる最高の気分を味わうことができると考えられます。

もちろん、どんな時間帯にお酒を飲もうが、きちんと必要最低限のことを気をつけていれば特に問題はありません。

その場合でも、昼に飲むという事は夜に比べて気にする事が少なくなるという風に解釈していただければ、良い気分を味わいながらお酒を楽しむことが出来るはずです。

開いてる店が多い


お昼にお酒を飲む時になぜ最高だと感じるのかというと、それは「開いているお店が多い」という事も理由に繋がります。

これは考えてみれば簡単にわかることだと思いますが、一般的にお店が開いている時間帯というのは明るい時間帯の方が圧倒的に多いです。

もちろんお酒を提供しているようなお店であれば、一般的な時間帯とは反対に、夕方から朝方まで開いていたりするような場合がありますが、どちらにしても早い時間よりも遅い時間の方が開いている店は少なくなってしまうと考えるのが当たり前です。

なので、夜にお酒を飲んである程度の時間が過ぎてしまった場合、そこから何をするのかということはあるけど限られてしまっています。

例えば、だいたいお酒を飲んだ後に二次会に行く場合は、カラオケに足を運んだり、もう一件別の居酒屋に足を運んだり、ダーツを楽しんだりするようなことが多いと思います。

しかし、もしもお昼にお酒を飲んでいると考えれば、それ以外の選択肢も様々な存在すると考えることができます。

例えば、お昼からお酒を飲んでその後ボーリングを楽しんでみたり、お酒を飲んで開放的な気分になりながらウィンドウショッピングを楽しんでみたり、お酒を飲みながら遊園地を楽しんでみたりするなど、行うことができる幅が非常にたくさん増えるということがおわかりいただけるはずです。

こうして考えてみると、夜にお酒を飲むよりもお昼にお酒を飲んだ方が行うことができる幅が広がるということと、今まで楽しむことができなかったような新しい感覚で物事を楽しむことができるようになる、という点において昼のみの方が優れているので、お昼にお酒を飲むということが最高の気分に感じるということも理由につながるのです。

ちょっと待って!昼飲みが危ないと言われることも

夜にお酒を飲むよりも昼にお酒を飲んだ方が様々な面でメリットがありますので、まだ昼飲みにチャレンジしたことがない方は是非一度お昼にお酒を楽しむということに前向きな考えを持っていただきたいと思いますが、場合によってはお昼にお酒を飲むということが危険なことにつながってしまう可能性があります。

一見するとメリットだらけだと感じるかもしれませんが、考え方によっては良しとしない考え方もありますので、その点をここからは詳しく項目別にご紹介していきます。

これからご紹介する危険だといわれる項目についてきちんと理解した上で、夜にお酒を飲むのと昼にお酒を飲むということを天秤にかけて、いつお酒を飲んだ方が良いのか自分なりに判断してみてください。

習慣になりやすい

なぜお昼にお酒を飲むことが危険なのかと考えた時に、お昼にお酒を飲むということが習慣になりやすいからということが挙げられます。

もちろんお酒を飲むということ自体は悪いことでもありませんし、どんな時間帯にお酒を飲もうが個人の勝手なので、その点は全くもって問題はありません。

しかし、お昼にお酒を飲むことが習慣になってしまった場合、お昼にお酒を飲まないと余計にストレスが溜まってしまったり、イライラしてしまったりするような場合が考えられます。

本来であれば溜まってしまったストレスを解消するためにお酒を嗜む目的なのに、そのストレス解消を行えないことに対してストレスを感じてしまっては本末転倒です。

なのでお酒を飲むのは問題ありませんが、自分の習慣になってしまうほど毎日のようにお昼にお酒を飲んだりするようなことはなるべく控えなければいけません。

これは言ってしまえばお昼にお酒を飲むということだけに限定されるものではなく、夜にお酒を飲むということも全く同じです。

結局お酒を楽しむのはほどほどに注意しておけば防ぐことができる問題にもなりますので、お酒は必要以上に飲みすぎないように心得ておけば困ることがありませんので、その点は十分注意をした上で昼飲みを楽しむようにしてみてください。

脱水症状になりやすい

なぜお昼にお酒を飲むと危険なのかと考えた時に、お昼ならではの理由の一つとして脱水症状になりやすくなってしまうという危険性があります。

なぜお酒という水分を飲んでいるのに脱水症状になるのか意味がわからないと感じる方もいるかもしれませんが、そもそもお酒と水分はまるっきり違う成分になります。

例えば考えてみてください。

いきなり目の前にたくさんのお水を持ってこられて、その水を短時間で大量に飲んでみろと言われても絶対に無理ですよね。

でも、お酒が好きな人であればお酒はごくごくと通常ではありえない量を飲んだりすることが可能になります。

これは水分とお酒がまるっきり成分が違うから可能になっているのです。

なので、お酒をたくさん飲んだところで脱水症状にならないと言えばそうではないのです。

それを踏まえて考えた時に、夜に飲むよりもお昼に飲んだ時の方が絶対に日中の温度は高くなっているはずです。

特に夏場に関しては相当な気温になることも考えられますので、クーラーの効いていない屋外などでお酒を飲んだりする時には、温度が高いこともあり水分がすぐに逃げて行ってしまう可能性が高いです。

そうなった時に自然と自分の体の中の血液に関しては水分がなくなり、かつお酒の成分は残っているような状況になりますので、自分の体に大きな負担をかけてしまうことにつながってしまうのです。

なので、脱水症状になりやすくなる可能性が高いのでお昼にお酒を飲むときは十分注意をしなければいけないということにつながります。

もしも屋外なのでお酒を飲まなければいけない状況になってしまった場合に関しては、お酒だけをごくごくと飲むのではなく、たまに普通の水を飲んだりするなどして、しっかりと水分補給を合間合間に取り入れることで、脱水症状が起きることを防ぐことができますので注意するようにしてください。

どんどん飲んでしまう

お昼にお酒を飲む場合に注意をしなければいけないのは、お昼と言う時間帯や気温の概念からどんどんお酒を飲み過ぎてしまうということです。

なぜお昼にお酒を飲むと飲み過ぎてしまうのかと考えた時に、お昼にお酒を飲むという事は、夜にお酒を飲む場合と違って、時間に関してかなり余裕がある状況が考えられます。

時間に余裕があればリラックスすることができますので、通常よりも多い量のお酒を飲んでしまいやすくなります。

そして、日中の方が気温は高い場合が多いので、適度に暖かい気温の場合は冷たいお酒を飲んだりするのが気持ちよく感じますので、その分お酒が進みやすくなります。

なので、お昼にお酒を飲む場合は必要以上にどんどんお酒を飲んでしまうという状況が発生しやすくなります。

お酒を飲むことは悪いことではありませんので、お酒を楽しむことは問題ないのですが、必要以上にお酒を飲み過ぎてしまって体調が悪くなってしまったり、お酒に依存してしまったりすることは絶対に起きてはならないことなので、いくら気持ちが良いからといってお昼にお酒を飲む場合は飲みすぎないように注意してください。

基本的にはお酒を飲む場合は3杯程度にとどめておいた方が体の為にもなりますので、昼の飲みすぎには十分注意をするようにしましょう。

日焼けしやすくなる

日が照っているお昼だからこそ起きてしまう昼飲みの問題点として、お昼にお酒を飲んでしまうと日焼けしやすくなってしまうということが挙げられます。

夜と昼の決定的な違いとしては太陽が昇っているか昇っていないかということです。

お昼にお酒を飲むケースとしては、結婚式に出席した場合であったり、たまたま友達とお昼からお酒を飲もうという話になったり、どっかでキャンプをしたりバーベキューをしたりするような場合が多いと思います。

それを踏まえて考えてみると、屋外でお酒を飲んだりする場合は、夏の時期である可能性がとても高いのです。

夏の時期だと当然ながら日差しも強くなっていますし、それに伴って紫外線の影響も大きく受けるようになりますので、日焼けを気にするような女性がお酒を飲む場合は十分注意をしなければいけません。

特に山や海などの日差しが強い場所に関しては気をつけていないと短時間で相当日焼けしてしまう場合がありますので、日焼け止めクリームをしっかりと言っておかなければいけません。

そして、日焼けとお酒に関しては関連性が実は存在しており、実はアルコールを自分の体の中に流し込むことによって紫外線に対する反応が通常よりも強まることが判明しています。

これはお酒の成分が理由で、アセトアルデヒドが生成されるという事が大きな理由になっています。

これが原因で通常よりも日焼けしやすくなってしまったりする場合が考えられますので、日焼けしやすくなるというデメリットを受け入れられる方のみ昼飲みを楽しむようにしなければいけません。

思わぬ事故にあいやすい

お酒を飲むことによって開放的な気分になることができますので、その分これまで溜まっていたストレスなどが消費されるようになる事がお酒を飲む大きなメリットになります。

しかし、考え方によってはお酒を飲む事によって思わぬ事故に遭ってしまう可能性を広げる事になりかねません。

なぜお酒を飲むことによって思わぬ事故に遭いやすくなるのかと考えた時に、先ほども触れた通りお酒を飲むと開放的な気分になります。

開放的な気分になることによって周りの人間との関わり方などが楽観的になってしまい、トラブルを招く原因になる可能性などもありますし、お酒を飲むことによって注意力や判断力が低下してしまい、人通りが多い昼間等に関しては車の事故などが起こる可能性が考えられます。

それ以外にも、お酒を飲んだ状態で何かしらの作業を行ったりすることによって危険な事故につながってしまう可能性も考えられます。

夜にお酒を飲めばその後はすぐに寝てしまって、起きた時にはお酒が抜けている状況になるかもしれませんが、お昼の場合はそれ以降も日常生活を続ける可能性がとても高いので、どちらかといえば昼にお酒を飲んだ方が思わぬ事故に遭い熱くなるリスクを高めてしまいます。

なので夜よりもお昼にお酒を飲んでしまうと思わぬ事故に遭いやすくなるリスクが強まりますので、注意をしなければいけないということになります。

どちらにしてもお酒を飲み過ぎなければ、リスクを高くすることを無くすことができますので、お酒との付き合い方を間違えないように注意をしておけば問題はないはずです。

都内在住必見!おすすめの昼飲み屋

最近ではお昼からお酒を飲むことができるような場所は想像以上にたくさんの場所が存在しています。

しかし、なかなか昼からお酒を飲むことにチャレンジしたことがない人からしてみれば、具体的にどういう場所でお酒を飲めばいいのかよくわからないという方も多いはずです。

そこで、ここからはお昼にお酒を飲む場合におすすめの飲み屋についてご紹介していきたいと思います。

これから初めてお昼にお酒を飲んでみようかなと思っている方は、これからご紹介する飲み屋を利用してもらうことによって快適にお昼からお酒を楽しむことができると思いますので、休みの日に友達と一緒に開放的な気分を満喫したい方は利用してみてください。

KURANDSAKEMARKET

はじめにご紹介するお昼から飲むことができるおすすめのお店はKURANDSAKEMARKETです。

KURANDSAKEMARKETは他のお店にはない特別な特徴を持ったお店として知られています。

具体的にどんな特徴があるのかと考えた時に、KURANDSAKEMARKETは日本酒の専門店として知られており、なんと日本酒100種類を飲み比べすることが可能であり、飲み放題でなおかつ時間が無制限で、さらに持ち込みが自由であるというとんでもない特徴を持ったお店なのです。

気になる料金ですが、基本的には3.000円の料金を支払うことによって利用することができます。

さらに、1時間以内にお店から出ることによって1.000円のキャッシュバックがありますので、実質2.000円で楽しめるという特徴もあります。

それ以外にもちょい呑みコースなどが存在しており、そのプランであればワンコインなどの低価格で楽しむ事も出来ますのでお財布と相談しながら、利用したり、お酒が弱いけど楽しみたい人にはうってつけです。

ちなみに、お昼に足を運ぶことによって割引を受けることができ、イベントで今なら2.000円で楽しむ事が出来るのです。

まさに破格のコストパフォーマンスでお酒を楽しむことができるお店なので、お昼からお酒を飲みたいと思った方は是非KURANDSAKEMARKETに足を運んでみてください。

神谷バー

お昼からお酒を嗜むことができる魅力的な場所として神谷バーがおすすめのお店になります。

神谷バーはなんと1880年に創業された日本初めてのバーして浅草に誕生しているお店です。

かなり歴史を持っているお店としても知られており、店内は昔ながらの下町ならではの雰囲気を味わいたい方におすすめの空間となっています。

しかしながら、創業1880年とは思えないほどのとても綺麗な空間になっており、まるで新しくオープンしたお店のような感覚で楽しい時間を過ごすことができます。

お酒に関しては一通りの種類が揃っており、様々なお酒を楽しむことができますが、神谷バーのおすすめとしては神谷バーが生み出したデンキブランがおすすめです。

こちらは神谷バーの創業者の方が編み出したブランデーが混合されたお酒として知られており、270円の低価格で楽しむことが出来ます。

それ以外にも様々な美味しい料理を味わうことが可能になっており、定番メニューの煮込み、串カツ、カキフライ、焼き鳥、フレンチポテトなどなど、様々なおつまみメニューが揃っているため、神谷バーに足を運べばたくさんの美味しい料理も味わうことができます。

お昼から飲む場合にはまさにうってつけのお店なので、気になる方はぜひお昼に足を運んで美味しいお酒で美味しい料理を味わってください。

岐阜屋

お昼にお酒を飲みたい方で、なるべくお金をかけたくないと思っている方は岐阜屋がおすすめです。

岐阜屋は東京都新宿区西新宿に存在している居酒屋であり、お昼からお酒を飲むことができるお店として知られています。

こちらのお店は低価格でおつまみなどを楽しむことが可能となっており、大体のおつまみメニューが500円以下で楽しむことが可能となっています。

おつまみメニュー以外の主役級のメニューに関しても800円を超えるようなメニューは存在していませんので、お腹が減っている方であればチャーハンやどんぶり、ラーメンなども楽しむことができます。

基本的にはメニュー全般が中華メニューになっており、中華料理をメインで楽しむことができる店として知られています。

その中でもやはり人気なのは餃子が人気であり、たくさんの方が餃子を楽しむために足を運んでいたりすることでも知られています。

ゆっくりとお昼からリラックスしてお酒を楽しみたいと思うのであれば岐阜屋に足を運べばその願いが叶うはずですよ。

信濃路

おそばやうどんなどの麺類が好きな方であれば信濃路に足を運ぶ事をお勧めします。

信濃路ではかなり低価格でおそばやうどんなどを楽しむことが可能になっており、おそばやうどん以外にも、ラーメンであったり焼きそば、オムライス、カレーライスなどのたくさんのメニューを楽しむことができます。

もちろん居酒屋感覚で楽しむことができますのでそれ以外にも低価格の単品メニューがたくさん揃っています。

体脂肪を気にしている方はお魚料理などを楽しむことも出来ますし、がっつりした油ものを食べたいと思っているからま豚キムチなどのこってりしたメニューも楽しむことができますので、その時の自分の気分によってメニューを選択することができる喜びもあります。

こじゃれたお店よりも、どこか温かみのあるお店が好きだという方は絶対に信濃路がおすすめですので、アットホームな暖かい雰囲気の中お酒を楽しみたい方は信濃路へ通ってみてください。

まるます屋

東京都赤羽の近くに住んでいる方はまるます屋がおすすめです。

まるます屋は鯉とうなぎのお店というキャッチフレーズで有名な居酒屋であり、赤羽に総本
店が存在しています。

まるます屋では、様々なメニューが存在しており、その中でもおすすめなのがカブト焼きというメニューであり、これは鯉の頭が5つついている串焼きです。

まさにまるます屋ならではのメニューであり、他では食べることが出来ないような料理ですので、是非味わって頂きたいメニューです。

それ以外にも、うなぎを楽しんだりお刺身を楽しんだり、幅広いメニューの逸品料理を楽しんだりするなど自分なりにカスタマイズしながらお酒を楽しむことができるお店です。

新鮮なお魚でお酒をごくごくと飲みたいと思っているからには絶対的にオススメなお店ですので、お店の近くに住んでいる方は通ってみると休みの日が待ち遠しくなるようになれるはずですよ。

肉の大山

お肉が大好きで仕方がないという方は肉の大山がおすすめのお店です。

肉の大山はその名前の通りお肉を専門に取り扱っているお店であり、特徴としてはとても美味しいお肉お手頃な価格でボリュームたっぷりに味わうことができるお店です。

安い価格に関してもお肉を下ろしている直営店だからこそできるサービスであり、他では行えないようなコストパフォーマンスで美味しい料理を提供してくれるのも魅力的です。

特におすすめなのが大山名物のメンチカツやコロッケなどです。

こちらに関しては多きさにもよりますが、メンチカツはお肉の種類によって価格が変更しており、120円、200円、400円の価格で、コロッケに関してはなんと60円の料金で提供されています。

これだけを頼んでお酒を楽しんでも十分最高な気分を味わうことが出来るはずです。

それ以外にもランチメニューなどがたくさん存在しており、大山ならではの美味しいお肉を使った定食が楽しむことができます。

お酒が好きな方はこれらの濃厚なおつまみと一緒に、キンキンに冷えたハイボールを流し込むことによって最高の時間を過ごすことが可能になるはずです。

他のお店では味わうことができない最高峰のお肉料理とお酒を飲みたいのであれば肉の大山でお酒を楽しんでみてください。

昼飲みで心も体もリフレッシュ!(まとめ)

お昼からお酒を飲むことによって、今まで感じることができなかった爽快感を感じることができるようになるはずです。

今までしたことがない経験をするということはとても貴重なことでもありますし、ワクワクした感覚を得ることができる貴重な体験にもなりますので、まだお昼飲みをしたことがない方は是非試してみてください。

お昼からお酒を飲んで心と体をリフレッシュさせて、日頃溜まっているストレスを大きく解放してみるととても楽しい時間を過ごせるはずですよ。