髪型は私たちの第一印象を左右する大切な要素であるという事を意識していますか?

自分自身の外見に関してあまり気遣っていない方は、自分の髪型のことなのもあまり考えたりはしていない場合が多いのですが、髪型は自分の印象を形作るとても大切な要因なので、絶対にある程度意識しておいた方が良いです。

なぜ髪型が私たちの第一印象を左右する大切な存在なのかと考えた時に、自分の髪型によって相手に与える印象が大きく変わり、それによって相手が良い風に判断するか、悪い風に判断するか分かれるからです。

例えば、髪型がきっちりと整えられていて、清潔感がある人間の言うことと、髪型がボサボサで白髪交じりで寝ぐせがついた人が言うことではどうしても信頼性が変わってきます。

これはファッションも同じですが、清潔感があり、きっちり服を着こなしている人間と、よれよれのしわがついた服を着ている人間では印象が変わるという事と全く同じです。

信頼性も大きく変化しますし、相手に対する印象なども良い物から悪い物へと必ず変化します。

なので、髪型ひとつとっても自分たちの第一印象を相手にとって左右させる大切な要素であると捉えることができるのです。

それを踏まえた上で考えてみると、私たちは髪型や外見に関する要因は深く意識をしておくべきなのです。

これは私たちを魅力的に魅せる上でも大切ですし、社会的な意味でも大切な事なのです。

そこで、今回はたくさんの方があまり意識していない前髪をテーマにして、前髪の種類をいくつかご紹介していきたいと思います。

前髪によって相手に与える印象が大きく変わりますので、それぞれの前髪の形の特徴などについてもご紹介していきますので、普段あまり前髪にこだわっていないという人ほど参考にしてください。

前髪の種類はどれだけあるの?

あまりおしゃれに関心がない方だったり、髪型自体にそこまで興味がない方は前髪の種類など気にしたことがないと思います。

確かに絶対にこうしなければいけないという正解があるわけではないので、極端な考えをすればもちろん好みで問題はありません。

しかし、先ほども触れたように自分の髪型次第で相手に与える印象が大きく変わるようになります。

なので、その場その場の感情によって自分の髪型を変えるようにすれば、うまく自分の立場を有利な立場に変更することができる場合もあります。

そう考えてみると自分の前髪にもう少しこだわるということはデメリットがなく、むしろメリットがたくさん得られる行為であると考えることが出来ます。

なのに、前髪にこだわらないというのは考え方を変えてみれば損をしているということになるのです。

もっと魅力的な自分の魅せ方を勉強し、努力する事によって思わぬ結果を得ることが出来るかもしれません。

だからこそ前髪の種類と相手に与える印象などはある程度把握しておくべきなのです。

それを踏まえた上で、前髪の種類について考えてみると、以外と前髪の形状や種類ってたくさんあるんです。

知らない方もたくさんいると思いますので、まずはたくさんある前髪の種類を把握し、それぞれが与える印象などを把握する所から初めていただく必要性があります。

前髪の種類7個


たくさん存在している前髪の種類を把握し、相手に与える印象などの特徴を理解する事によって、なりたい自分に近づけることができるようになります。

例えば、クールだと思わたいのであれば、クールに感じられるような前髪にすれば良いですし、相手に対して可愛いと思われたいのであれば可愛いと感じるような前髪に変更すれば良いだけです。

また、相手から色っぽいと思われたいのであればセクシーな印象を与えるような前髪に変更するように工夫すれば、簡単に印象は変えられるんです。

相手の心理何を勉強して複雑な行動などをとったりするよりもよっぽど単純で簡単な作業です。

その日の気分によって変化させることも簡単に出来ますし、恋愛の面でもそうですが、ビジネスの場面でも場合によってはそれが役に立って円滑に物事が進む場合もあるかもしれません。

なので、これからご紹介する前髪の種類を正確に把握し、なりたい自分を想像しながら、理想の前髪にチャレンジしてみてください。

アシメ

まずはじめにご紹介する前髪の種類はアシメです。

おしゃれに疎い方はアシメという言葉がよくわからないと感じる方がいるかもしれませんので、簡単にアシメがどういう意味を持ってる言葉なのかご紹介していきます。

そもそもアシメという言葉は略称された言葉です。

アシメという言葉はアシンメトリーという言葉の略称された言葉になり、簡単に言えば「左右非対称」という言葉の意味を持っているのです。

つまり、アシメの前髪とは左右非対称の前髪と考えることができるのです。

アシンメトリーの髪型は一昔前からたくさんの方が行っている髪型として知られており、前髪だけのワンポイント的な形で導入する場合もあれば、髪型全体でアシンメトリーを表現したりするような場合もあります。

全体で表現する場合であれば、顔正面から見た時に右側が全体的に髪の毛が短めで左に流れるにつれてだんだんと長さが長くなっていくようなグラデーションのような綺麗な変化が見られる髪型になります。

なので、前髪だけのワンポイントで表現するのであれば前髪の右か左かどちらからか、反対方向にいくにつれてだんだんの長くなっていくような髪型になる場合が多いのです。

アシメの前髪を取り入れる場合は、相手に与える印象きちんと把握しておかなければいけません。

アシメの前髪が相手に与える印象とすればやはり個性的な印象を与えることができるようになります。

周りの人とは少し違ったような印象を相手に植えつけたいと思ってる場合であれば、アシメの前髪にすることによってより相手の印象に残ることができるようになります。

前髪の短い部分と長い部分が両方相手に見てもらえるようになりますので、短めの前髪であれば相手に可愛い印象を与えたり、長い前髪であれば大人っぽい印象を与えたりすることもあると思いますので、2面性を楽しみながらアピールする事も可能です。

しかし、注意をしなければいけないのは、相手におしゃれな印象を与えることができるかもしれませんが、l極端すぎる場合によっては少し変化が強すぎると感じられる場合もあり、あまりにも個性的すぎると万人受けはしません。

なので、好きな相手が個性的な人ではない場合は失敗する可能性もありますので、注意をする必要性があります。

ストレートバング


次にご紹介する前髪の種類はストレートバングです。

ストレートバングはその名前の通りストレートな前髪です。

バングは前髪という言葉として訳してください。

ストレートな前髪という事は一般的にたくさんの方が行っている前髪だと考えることが出来ます。

日本人は直毛とややくせ毛の形の方が全体的な割合としてはかなり多いので、大勢の方が前髪はストレートになっている場合が多いです。

あまりにも長さがあるとくせが出たりするような人もいますが、気にならない自然なくせぐらいであればそこまでくせが強いと相手に印象を与える場合は少ないです。

さらに、最近はストレートアイロンなども一般家庭にはあるはずなので、どんな方でも簡単に簡単にストレートバングにすることが可能です。

ストレートアイロンは安い物なら1.000円もしないくらいで販売されています。

ストレートバングの特徴を考えた時に、やはり良くも悪くも一般的な前髪と考えることができます。

言ってみればザ普通というところです。

しかし、このシンプルな前髪が実は一番良かったりもします。

なぜならば、一般的に考えて人間はシンプルな方が好まれる場合が多いのです。

特に日本人はそこまで大きく変化したものを受け入れたりすることが苦手な場合が多いので、シンプルなものやたくさんの人がしているようなことをした方が受け入れてくれる人数は比較的多くなります。

なので、安パイといって表現することが出来るかもしれません。

無難な髪型にしたいと思うのであればストレートバングにしていただいた方が良いと思います。

しかし、ストレートバングは長さを変更することによって全く印象を変えることができます。

先ほども触れた通り、短い前髪にすれば幼くて可愛らしい印象を与えることができますし、長い前髪にすればセクシーで大人っぽい印象を与えることができます。

それを踏まえてはある程度の印象操作することができますので、自分なりにどうなりたいのかということも考えた上で、自分だけのストレートバングを見つけてみてください。

センター前髪

前髪の種類を考えた時に、前髪の分け目を変えることによって相手に与える印象を大きく左右することが可能になります。

例えば、ある程度長さがある状態ならば可能であるセンター前髪などもおすすめです。

センター前髪に関しては長さがある人の場合だけですが、前髪のちょうど中心の部分で前髪を左右に分けて、後はその前髪を耳にかけたりすることで作り上げることができる前髪です。

センター前髪にすることによっておでこを前面に出すことができますので、綺麗な肌をしている方は自分の肌を全面に押し出すことができるため清潔感がもたれやすく、なおかつ、センター前髪は前髪が長い人にしかできないので長めの前髪をアピールすることによって相手に大人っぽい印象を与えることができるようになります。

耳にかけられるぐらいまで長さがないという形であれば、ストレートアイロンやカールアイロンを上手に使って、前髪を外に流すようにすることで外はねを作り出して大人っぽい雰囲気にすることが出来ます。

あまり普段からストレートアイロンでカールアイロンを使わないような人からすればちょっとレベルが高いかもしれませんが、使い方に慣れている方であればそこまで難しいことにはなりません。

ストレートアイロンやカールアイロンで動きをつける場合に関しては、ちょっとしたニュアンス程度であれば、わざわざ根元から動きを出す必要性はありません。

前髪の中間~毛先程度をしっかりと動きを付けて、癖づけたらわざと冷たい風は出て温度を冷まして髪を固定させた状態で、スプレーなどを使って固定することで長時間キープすることが可能になります。

簡単に自分の印象を変えることができる前髪にもなりますので、大人っぽい印象を与えたい場合はセンター前髪にチャレンジしてみてください。

フェザーバング

最近流行りの、たくさんの女性がチャレンジしている前髪としてフェザーバングが流行になっています。

フェザーバングはその名前の通り、まるで天使の羽のような質感を出してくれる前髪として知られています。

具体的にフェザーバングはどのような前髪なのかと考えた時に、天使の羽といえばやはり質感としてはふわっとしている質感になると思います。

なので、このふわっとしている質感を出すためにカールアイロンなどを使って弾ませるようなスタイリングをすることによってフェザーバングを作り上げることができるようになります。

簡単なフェザーバングのやり方としては、前髪があるけどストレートの人の場合は前髪の中間から毛先をやや内側にくるんと、ワンカール丸めるようにスタイリングしてみてください。

このようにするだけでふわっとした質感を出すことができるようになります。

できるならば、前髪の表面の部分などを軽く持ち上げた状態で、ちょこっと根本を立ち上げさせるようにするとさらにふわっとした質感が出せるようになるはずです。

そして、大事なのはサイドの前髪です。

サイドの前髪を外側にくるんと外ハネさせるようにスタイリングをすることによって、よりふわっとした質感を出しやすくなります。

フェザーバングに関しては比較的どのような前髪にも対応して作り上げることができ、長さが中途半端でもしっかりとカールをつけることによって天使の羽のような質感は出せますので、全体的なバランスをみながらチャレンジすると失敗はそこまでなく出来るようになると思いますよ。

フェザーバングにすることによって自分の顔周りをカバーできるようになりますので、小顔効果なども高いので、顔が大きく見えて困っている方は取り入れるようにしてみてください。

シースルーバング

最近の若い女性達のトレンドとして取り入れられている前髪の種類としてシースルーバングが存在しています。

シースルーバングはもともとは韓国の女優が始めたことがきっかけとなって、そこから現在に至っては若い女性が真似をするなどして爆発的な人気を誇っている前髪の種類です。

シースルーバングの特徴としては、自分のおでこが若干透けるくらいに前髪を薄くしてさらにふんわりと軽く見せることが特徴となっている前髪です。

シースルーバングにすることによって自分の前髪を軽くふわっと見せられることによって軽い質感で相手に柔らかく可愛らしい印象を与えることができるような前髪として定義されています。

シースルーバングにすることによって若干の抜け感を演出することができるようになりますので、固くなりすぎず女性らしい柔らかさを前面に押し出すスタイルにもってこいです。

男性の方は女性らしい印象にやはり弱いので、シースルーバングは男性の好みの前髪と言っても過言ではありません。

現在女優として活躍している石原さとみさんなどもシースルーバングを取り入れたりして可愛いらしさを演出していますので、今の自分よりもより可愛らしい自分を前面に押し出したいと考えているならば神スルーバングにチャレンジしてみると良い効果を得ることができるはずです。

オン眉

ちょっと個性的な自分自身を演出したいと思っているのであればオン眉の前髪にする事がおすすめです。

オン眉とはいったいどういう前髪なのかと考えた時に、そんな名前の通り眉毛の上に前髪が来ている状態を想像していただければわかりやすいと思います。

前髪の長さとしてはある程度短い前髪になると思います。

しかし、オン眉と一言に言っても、濃さなどによってまったく印象が変わります。

しっかりと前髪をすいて軽い感じを出す事によってエアリーなふわっとした柔らかい印象を出す事も出来ますし、重たい印象にする事によってよりかわいらしさを演出したりも出来ます。

これだけでも全く相手に与える印象は変わりますので、その点を考慮した上で前髪を形成すると印象を操作しやすくなると思いますよ。

しかし、先ほども触れたとおり、あまりにも極端に短い前髪に関してはやはり好き好みが分かれてしまう場合があります。

男性は女性に対してあまり髪型は派手なものであったり、奇抜なものなどは好まない傾向にあります。

なのであまりにも極端に短すぎるような前髪にする場合はよく考えた上で行わなければいけません。

眉毛のちょっと上くらいであればそこまで激しめにはならないと思いますので、やるならばまずはちょっと長さを残すなどの保険を残した状態でチャレンジするのをおすすめします。

【オン眉については、こちらの記事もチェック!】

かきあげバング

最近のトレンドの一つとしてたくさんの女性に人気の前髪がかきあげバングです。

かきあげバングに関しては、元々は女性芸能人である中村アンさんがやりはじめたのがきっかけにして爆発的にブームとなっている髪型です。

女性芸能人がたくさん今では取り入れてる髪型としても知られており、一般人の方でも髪型を真似して行なっている人がたくさん存在しています。

かきあげバングはその名前の通り前髪を思いっきり上にかきあげる様なスタイルです。

思いっきり書き上げることによって夢創作な感じを作り上げることができ、なおかつ長い前髪なのでセクシーな印象を相手に与えることが出来るようになります。

しかし、かきあげバングを実際に行ってみると、意外と前髪がぺったんこになってしまったり、すぐに形が潰れてしまうことによってスタイルを維持できなくなってしまって悩んでいる方が多いと思います。

なので、かきあげバングをする時にはある程度ベースを作ってあげる必要性があります。

まずかきあげる分かれ目の部分をジグザグにくしでとってあげて、分かれ目が見えにくくするようにして挙げる必要性があります。

その状態でしっかりとドライヤーを当ててブローしたり、スタイリング剤やヘアスプレーなどを使ってキープするようにして挙げる必要性があります。

事前にカールアイロンなどで癖づけておくのもおすすめなので、セクシーな女性になりたいならばチャレンジしてみてください。

前髪を切るときのポイント

髪の毛は定期的に切ってあげないとすぐに伸びてしまいますので、気づいたら長くなってしまっていたということはよくあると思います。

前髪がある程度ならない状態なのであれば数センチ伸びたところでそこまで気にならないかもしれませんが、前髪が短い方だったりある程度切りそろえている状態であれば、ちょっと伸びてしまうとスタイリングが難しくなったりしては楽しく感じてしまうことがあると思います。

しかしながら、忙しい方の場合は美容室にわざわざ足を運んだりする時間がない方もいるかもしれませんので、自分で前髪を整えたり切ったりするようなことがあると思います。

できるならば美容室に足を運んだ方が失敗をする確率が低くなりますが、どうしても忙しすぎてそれが難しいという方もいると思いますので、ここからは簡単に前髪を切るときのポイントについていくつか項目別にご紹介していきます。

前髪を切るのは想像よりもかなり難しいです。

失敗をしてしまうと他の部位と違ってもろに目につきやすいので、よく注意しながら切るようにしなければいけません。

それを踏まえた上でこれから前髪を切るときのポイントをチェックしてみてください。

長さは切りすぎない

前髪を切るときのポイントとして必ず前髪の長さはあまり切りすぎないようにしてください。

自分で髪をカットするときによくありがちなのが、想像以上に髪の毛を切りすぎてしまったということだと思います。

なぜ髪の毛を切りすぎてしまいやすいのかと考える時に、自分の髪の毛を切っていると手にとっていますので、本来の長さが把握しづらくなってしまったりする場合が多いです。

その結果、正確な長さを測ることなく適当に言ってしまいがちになって、たくさんの髪の毛を切ってしまいがちになるのです。

それ以外にも、髪の毛を切っているとついつい楽しくなってしまって、思いっきり髪の毛を切りすぎてしまったりすることがあります。

髪の毛を一部分間違って切ったりしてしまうと、それを合わせるために他の部分もさらに切らなければいけなくなってしまいますので、最終的に辻褄合わせをした時に相当長さを切り刻んでしまう可能性が高いのです。

なので、長さを切りすぎないように必ず一回にカットする長さを決めてカットするようにしてください。

例えば、絶対に着るのは1cmずつにするなどの自分ルールを決めておく事によって必要以上に切りすぎてしまうような事を無くすことが出来ます。

時間はかかるかもしれませんが、髪の毛が伸びるのは一カ月に大体1cmです。

個人差がありますが、伸ばすには相当時間がかかりますので、それを考慮した上で注意してカットするようにしてください。

幅はなるべく変えないように

髪の毛を自分でカットする時に注意しなければいけないのは前髪の幅をなるべく変えないようにしなければいけません。

自分で髪の毛をカットする時に、ついつい自分の感覚で切りすぎてしまい、前髪の幅を変えるようにしてしまう人がいますが、あくまで素人な人は自分の前髪の幅を変えないようにしなければいけません。

なぜなら、左右対称にしなければいけないので、それなりに技術が求められるカットになります。

これを失敗してしまうと結構目立ってしまいますし、カバーするのも大変になりますので、かならず幅を変えるくらいカットするのであれば美容師さんにカットをお願いした方が良いです。

現在であれば前髪カットくらいなら500円程度でしてくれるようなお店はたくさんありますので、時間がない方でも問題はないはずです。

忙しくても自分の前髪の幅を変える場合は必ず美容室へ足を運ぶようにしてください。

横にハサミを入れない

前髪をカットするときには必ずハサミを入れる角度に注意をしなければいけません。

髪の毛をカットすることに対して素人な人ほどハサミを横から入れたりするようになるのですが、髪の毛をカットする時にハサミを横から入れるのはまず危険です。

髪の毛のカットに慣れている美容室なんであれば横からハサミを入れたりするようなこともある場合もありますが、大抵の場合前髪をカットする時はハサミを縦にした状態で切らなければいけません。

なぜならば、髪の毛を横からカットしてしまうとぱっつんの髪の毛になってしまい、さらに素人が行ったところで綺麗なぱっつん前髪にはできません。

段ができてしまって、変な前髪になってしまいやすくなってしまうからです。

なので、前髪をカットするときには必ずハサミを縦に入れた状態で切って下さい。

縦に入れた状態で生きることによって自然な前髪を作り上げることができるようになりますので、失敗したくない方は必ずハサミを縦から入れるということは鉄則として考えて前髪をカットしてみてください。

髪を濡らさない

自分で前髪をカットするときには必ず髪の毛が乾いた状態でカットするようにしなければいけません。

なぜ前髪が乾いた状態で切らなければいけないのかと考えた時に、まず髪の毛が濡れている状態は確かに髪の毛が切りやすいかもしれませんが、髪の毛が濡れるという事は髪の毛の中に水分が溜まっているということになり、水分が溜まっている分、髪の毛の重量が重たくなりますので髪の毛が本来よりも下に下がるようになります。

そうなってしまうと本来の髪の毛の長さよりも長く感じるようになり、それが当たり前の長さと考えて切ってしまった場合、髪の毛を切り終わった後にドライヤーで乾かした時に違和感を感じてしまうようになってしまいます。

つまり、髪の毛を切りすぎてしまいやすくなりますので、必ず前髪をカット場合は乾いた状態でカットするようにしてください。

できれば自分が普段セットしている状態を維持したまま前髪を切ったりする方が実際の前髪の長さなどを見ながらカットすることができるようになりますので、おすすめです。

くしで一度とく

前髪をカットするときには必ず注意していただきたいのがカットする前に一度自分の前髪をくしでとくようにしてください。

なぜカットする前にくしで一度とかなければいけないのかと考えた時に、髪の毛をセットしてすぐの状態であれば問題はありませんが、一定時間たってしまうと自分の前髪は崩れてしまいますので、自分の前髪のそれぞれの方向性などがバラバラになってしまう可能性があります。

そうなってしまいますと自分ではまっすぐ切っているつもりでも髪の毛自体が様々な方向に動いていると上手に切れなくなってしまいます。

なので一度必ずくしでといて、前髪をまっすぐにした状態でカットするようにしなければいけません。

そうすることで前髪のカットが失敗してしまう可能性をぐっと抑えることができるようになるはずです。

ちなみに、できれば毎回ハサミを入れる前に、事前に一度まっすぐにくしをといた状態にし、そこからハサミを入れる習慣をつけた方が良いので、その点も注意するようにしてください。

失敗しない前髪をつくるためには

前髪は先ほどから何度もお伝えしている通り、自分の印象を決定づけるとても大きな要素を持ったポイントです。

なので、前髪のカットに失敗してしまうと大きなデメリットが伴うようになってしまいます。

なぜならば、極端に失敗しすぎてしまうとカバーをすることができない状態になってしまいますので、たくさんの人の目につきやすく、髪型によって変な印象を相手に与えてしまう可能性が生まれます。

それ以外にも、もしもカバーをする程度の失敗だったとしても、毎朝忙しい朝にちょっとした手間を加えないといけないことが増えてしまうと考えると大きなデメリットになってしまうはずです。

それを踏まえて考えてみれば、なるべく前髪作りには失敗したくないと思いますので、前髪を失敗しないための方法についていくつかご紹介していきます。

美容師さんにお願いする

失敗しない前髪を作るためにはやはり美容師さんにお願いをした方が絶対に安心です。

美容師さんは髪型のプロです。

たくさんの人の髪型を作ってきたからこそ、どういう風にカットすれば良いのか、どういう風にセットすれば良いのかという事をすべて把握しています。

なので、少しでも前髪をアレンジしたいと思ってるのであれば、必ず美容師さんにお願いをするようにしてください。

ちょっとだけ長さを変えたいというくらいであれば問題はないかもしれませんが、幅を変えたいとか、前髪のテイストを思いっきり変えたいと思うのであれば必ず美容師さんにお願いした方が失敗する可能性は低くなります。

髪の毛が伸びてくるにはそれなりの日時が必要になりますので、安易にカットして失敗してしまうととても後悔します。

なので、かならず最寄りの美容室で前髪カットをするようにしてください。

思いきらない

失敗しない前髪を作るためには必ず前髪カットの際に思い切らないことが大切です。

どうしても人によってはちょこちょことカットをしていると、その作業が面倒くさく感じてしまって大胆に切りたくなってしまうことがあると思います。

しかしながら、そこで思い切って髪の毛をカットしてしまいは失敗するのが目に見えています。

それくらい前髪のカットは繊細で難しいです。

なので、必ず前髪をカットする時に失敗したくないのであれば思いきりをなくすようにしてください。

慎重に慎重に、慎重を重ねて髪の毛をカットする必要性がありますので、必ず細かい長さずつカットして、毎回くしでとかして確認するようにしてください。

それでもう少し長ければカットして、ちょうどよい長さになったらストップするようにしてもらえれば良いです。

または、本来切りたい長さに対して0.5cm程度余裕をもってカットすると安心ですよ。

前髪の種類を把握して、自分に似合うスタイルを見つけよう(まとめ)

前髪と一言に言っても、様々な種類があるという事がお分かりいただけたと思います。

前髪によって相手に与える印象はそれぞれ全く違いますので、自分がどういう印象を相手に与えたいのかということを考える事が大切です。

それ以外にも自分の顔の形によって、ある程度どのような前髪にする方が魅力的に自分が映るのかということも研究したりすることによってより自分に合ったヘアスタイルを見つけることができるようになると思いますので、これまで以上に魅力的な自分になりたいと思ってる方はもっと前髪を重点的に考えるようにしてみてください。

高い意識を持てば持つほど、綺麗な自分に絶対に近づけるようになるはずなので、女性芸能人や周りの美しい人を参考にしてどんな前髪にするのか考えてみてくださいね。