どんな時代でも、ちょっと悪い位の男性はカッコイイものですよね。

同性から見ても異性から見ても一目置かれるのは所謂「ヤンキー」なのかもしれません。

そんなヤンキーの髪型おすすめスタイル10選を最近の定番・人気から、昔人気だった髪型まで一挙ご紹介します。

ワンランク上のオシャレなヤンキースタイルにしたいと思うなら、ヤンキーの髪型を是非参考にしてみて下さいね。

ヤンキーの髪型10個のスタイル

この項では様々なヤンキーのおすすめ髪型を系統別にご紹介していきます。

一言で「ヤンキー」と括っても、意外にも色々なスタイルの方が居ますよね。

スタイルにあった髪型を選んでみて下さいね。

1.パンチパーマ

昭和中期やバブル期にかけてヤンキーに大流行していたのがパンチパーマです。

近頃あまりみかけないものの、極道ものの漫画などでは定番な髪型である事も相成って「パンチパーマ=極道」のイメージも強いですよね。

パンチパーマはいろいろできる!

パンチパーマというと、大仏様の螺髪(小さく巻いた球のような頭)をイメージする方が多いですが、意外にもパンチパーマにはバリエーションも多くあり、定番のものから珍しいアレンジスタイルまで様々な種類があります。

パンチパーマは理容室のみでしか施術できませんし、最近では理容室でも出来るお店が限られているようですね。

元々美容室が多くなり男性客も美容室へ流れている事で理容室の数自体も減っており、更に高度な技術を必要とするパンチパーマを当てられる技術者も減っているのでパンチパーマにしようと思うのなら事前に理容室へ問い合わせるべきでしょう。

パンチパーマ

定番のパンチパーマは、普通のパーマの様にロッド(パーマを当てる際に髪に巻き付ける棒)であてるのではなく、ロッドより細い丸型ヘアアイロンで焼き付ける様に型を付けていきます。

その際、髪の長さは10cm以上あれば施術可能です。

髪に細いヘアアイロンで熱を当てていく為理容師さんの技術にもよりますが、一番大きくても8mmのヘアアイロンを使うので理論で言えば8mm以上の長さがあれば当てれるという事ですね。

更に2~4mmのもっと細かいパンチパーマをニグロと呼ぶ事もあります。

リーゼントパンチパーマ

リーゼント自体が本来、髪のサイドを撫でつけてボリュームを無くしている部分の事を言います。

なので、全体のシルエットが丸い形意外のパンチパーマは大抵の場合リーゼントパンチパーマに分類されます。

近年で一番多いタイプのパンチパーマとも言えます。

50代60代のミドルエイジ~シニアエイジの男性は普段のセットのしやすさからリーゼントパンチパーマにしている方も少なくありませんね。

モヒカンパンチパーマ

頭の真ん中のラインだけ髪の毛を残してパンチパーマを当てて、その他はツルツルにそり落とす、見た目がかなり個性的なパンチパーマです。

パンチパーマ全盛期には、少しでも珍しくて威圧感のあるパンチパーマを求める若者が多く、この様なアレンジが多くみられましたが、現代では絶滅危惧種と言っても良いかもしれませんね。

昔の定番!

パンチパーマと言えば、やはり昔のヤンキーのイメージでしょう。

その分、若かりし頃から自分のスタイルを貫いてきたミドルエイジ~シニアエイジの方が変わらず続けていたりするので、現代では「おじさん・おじいさんの髪型」というイメージも強いですね。

冒頭で解説したように「パンチパーマ=極道」のイメージもありますが、こちらも現代の極道者の方々は見た目にそう見えない方も多いので一番強いイメージは「パンチパーマ=ピコ太郎」かもしれません。

2.ドレッド

南米アフリカの伝統的なヘアスタイルであるドレッドは見た目も強面に見えてあからさまにヤンキーのイメージが強い髪型ですが、実は南米の音楽レゲェを愛する人々が好む髪型なのです。

なので、ドレッドでいかつい人を見ても意外と親切で優しい人は多かったりしますよ。

ドレッドは細かいパーマを当てた髪を絡ませる様に編み込んでいくのでストレートに戻す事はほぼ不可能です。

シャンプーもしにくくお手入れも大変ですが、唯一無二のヘアスタイルとして現代でもソフトドレッドというやや緩めのドレッドヘアが一部の男性の間で好まれています。

見た目は怖く見えるものの、陽気にレゲェの音楽を楽しむドレッドヘアの男性は個人的に好感が持てると思います。

おしゃれに独特感をだすならこれ!

極まれに街中でドレッドヘアの方を見かけますが、ほぼ全ての方が2度見をするのも事実です。

おしゃれで独特な感じを出したいのであればドレッドヘアがおすすめですね。

現在では限られた理容室とカジュアル色の強い専門の美容室などで施術出来ます。

しかし、ほとんどの理容室、美容室では施術不可の場合が多いので事前の問い合わせは必須と言えるでしょう。

また、ドレッドヘアの中にカラーのエクステを混ぜて様々な色のドレッドを楽しむ方も居ますよ。

唯一無二のヘアスタイルにしたいのならカラーエクステを使ったドレッドヘアーがおすすめです。

3.リーゼント

ヤンキーの代名詞とも言える髪型ですね。

実は皆さん勘違いしがちなのですが、専門用語で解説するとリーゼントは両サイドの撫でつけている部分で、額付近のボリュームを出す部分の事はポンパドールと呼びます。

バブル期にヤンキー少年の間で大流行しい、あの人気アイドル中井正弘さんも学生時代はリーゼントスタイルだった写真が極まれにTVで出てきますよね。

芸能人の高橋ジョージさんもTVでコメントしてましたが、リーゼントは兎に角セットに手がかかります。

高橋ジョージさんは数時間かけて毎日リーゼントをセットしていた、なんでエピソードも語っていましたね。

それによって、今ではほとんど見かける事のない髪型となりました。

オラオラ系の代表格

元々、リーゼントスタイル全盛期でも高校生から20代前半の若者達が好んでいた事もあって勢いで無茶をするオラオラ系の代表格とも言える髪型です。

現代でもロックバンド「氣志團」のメンバーは全員リーゼントスタイルでハチャメチャで盛り上がりのあるライブを行う事でも有名ですよね。

その事から、現代においても最もヤンキーのイメージと近いのはリーゼントスタイルと言えるのではないでしょうか?

リーゼントと剃り込みはセットだった?

昔のリーゼントスタイルは額の剃り込みとセットにしている場合が殆どでした。

額をM時型に大きく剃り込み、その真ん中に大きなポンパドールを作る事で、より威圧感が増すヘアースタイルに決まる事から好まれていましたね。

現代では殆どみかける事のなくなった「剃り込み」ですが、昔はヤンキーご用達の髪型でした。

現代の男性は早くから将来の薄毛を心配する傾向もあり、あまり好まれなくなりましたがそれはそれで何だか寂しいものですね。

4.オールバック


オールバックについては歴史も長く、元々は「紳士の髪型」と言われる正装の際の髪型でした。

それがバブル期にヤンキーの間で流行したのは、アイパーをあててややリーゼントスタイル風にオールバックスタイルにする事で威圧感のある髪型に出来たからです。

なので、オールバックを一概にヤンキーの髪型と言うのは多少強引ですが確かに当時のヤンキーに愛された髪型と言えますね。

強面には似合う!

顔にかかる髪の毛を全てバックに撫でつけるオールバックは強面の方に良く似合い、目元がはっきりと見える事で睨みつけた時の威圧感を出せる事で人気でした。

当時元々優しい見た目の顔立ちをしたヤンキーも居たと思いますが、サングラスをかける事でより強そうに威圧感を出せる事からオールバックが愛されたのかもしれません。

ヤンキーに関わらず現代でも人気

オールバックは現代の20代30代の社会人男性にとても人気の髪型です。

顔回りに髪がかからない事で小奇麗に見え、上司や取引先からの印象も良く見える事から有能な人程オールバックにしている、なんて声も聞こえます。

5.ニグロ

パンチパーマの項で少し紹介しましたが、ニグロとはより細かい丸型アイロンで当てる細かいパンチパーマの名称です。

カールが小さい分頭に密着してパーマが当たり、まさにイメージは大仏様です。

パンチパーマ全盛期もニグロにすると一目置かれる程、パンチの効いたヘアスタイルだったと言えますね。

理容師の腕がわかる髪型!

ニグロは2~4mmの丸型アイロンで施術する為、とてもハイレベルな技術が必要なヘアスタイルです。

現代ではパンチパーマ以上に施術できるお店も限られていると言えるでしょう。

6.モヒカン

こちらも咄嗟に出てくるのはヤンキーのイメージですが、実はモヒカンを好んでいるのはパンクファッションを好む人の方が圧倒的に多いです。

1970年代に大流行し、頭の両サイドをそり落とし真ん中のラインだけ髪を残す独特なスタイルは人目を寄せました。

中には、モヒカンで残した髪の毛をビビットなカラーに染め上げる若者も多数いましたね。

近年でも人気の髪型

流行した当時程パンク色が強く無いにしても、ソフトなモヒカンスタイルは近年でも人気の髪型です。

両サイドも完全にそり落とす訳ではなくやや刈り上げる程度なので全体的に短く清潔感のある髪型として小さい子供から大人まで幅広い男性に愛される髪型となっていますね。

7.短髪

ツンツンと短い短髪スタイルもヤンキー全盛期から現代にかけて多く見受ける髪型と言えます。

バブル期のヤンキーイメージが強い短髪は、実はパンクファッションの短髪をワックスでツンツンに立たせたスタイルと言えます。

風貌が強面に見える事からヤンキーとイメージが混ざってしまったのでしょう。

金髪にしてスタイリングに時間をかけないのが最近の傾向

最近の短髪ヤンキーの傾向は金髪にして、簡単にスタイリングできる様にするスタイルです。

全体的に金髪にしておけば、ちょっとワックスでセットしただけでセットが決まるものが好まれるポイントと言えますね。

短髪ヤンキースタイルはカラーにこだわる

現代のヤンキースタイルはカラーに拘る場合がとても多いです。

シルバーや、アッシュなど1度や2度のブリーチでも中々出来ないようなカラーが好まれます。

これらのカラーは色落ちもしやすいので、1ヵ月に1度のカラーが必須になってくるし金額も相当額かかります。

今も昔も真のヤンキーはヘアスタイルにお金も時間もかける物なのかもしれませんね。

8.坊主


矢張り強面に見えて威圧感がでる事から、ヤンキーの間でも坊主ヘアは存在し続けていますね。

特に近年ではEXILEの人気から「ちょい悪=坊主に剃り込み」が爆発的に流行した年もありました。

バブル期に流行したのは完全に全ての髪をそり落とす坊主スタイルですが、現代でヤンキーにこのまれているのは全体的に8分刈りにして両サイドを更に刈り込んで引き締めた坊主スタイルです。

バリカン等で坊主にするのではヤンキーなりの拘りが足りないのかもしれませんね。

顔立ちが整っているとよく似合う

坊主スタイルは顔立ちが整っているとよく似合います。

髪が無い事で、飾る事なくそのままの姿が見えるからだとも言えますね。

その他にも、最近では優しい顔立ちの人でも眼鏡やサングラスで威圧的に見せている場合もあります。

9.ロング

ヤンキーの中にはストレートロングスタイルの髪型もあります。

黒髪だったり、金髪だったりとバリエーションがあるのも特徴ですね。

大抵の場合ワンレングスと言われる前髪から後ろ髪まで全て同じ長さに伸ばしている場合が多いです。

ヤンキー漫画などでも、ロングスタイルは二枚目キャラが多いですよね。

映画クローズなどでも、綾野剛さんがロングヘアで登場していました。

襟足を極端に伸ばす人も

平成初期のヤンキーと言えば全体的に短めなのにも関らず襟足だけを長く伸ばす人が多く、襟足の長い毛を「ヤン毛」なんて呼ぶ人も少なくありませんね。

更に、その襟足をストレートアイロンなどでピンと真っ直ぐに伸ばすのが平成ヤンキーの主流だったと言えますね。

10.刈り上げ

現代ヤンキーは見た目も大変おしゃれで、スッキリした印象があります。

一見すると服装等意外ではヤンキーに見えない人も少なくありませんね。

目頭の辺りから下をスッキリと刈り上げて、そこに被って来る髪を流してセットするスタイルもオシャレな現代ヤンキーから人気です。

トップにパーマをかけるファッションヤンキーなる存在も

刈り上げ意外の髪にパーマをかけておしゃれかつ、インパクトのある髪型にするファッションにこだわるヤンキーもいます。

現代のヤンキーはただヤンチャな事をするだけではなく、見た目もオシャレにしておく事に重きを置きます。

そのせいでヤンキーに見えない人も少なくはないですね。

ヤンキーの髪型とは?

一概にヤンキーの髪型と言っても「本当はヤンキーの髪型じゃなかったんだ」という物も多かったのではないでしょうか?

実は細かなジャンルに分かれており、パンクファッションやレゲェファッションも勘違いされがちですね。

現代においてはパンチパーマやリーゼントの様にあからさまなヤンキー髪型はあまり好まれず、パッと見ただけではヤンキーだと判断出来ない事の方が多いと言えます。

ヤンキーの髪型の定義とは?

ヤンキーの髪型にもしも定義を付けるとしたら「威圧感がある」「強そうに見える」といった所ではないでしょうか?

血の気が多くヤンチャをしたい年頃の年齢に多いヤンキーなので、見た目で相手を威圧する事も重要なのかもしれませんね。

更に現代ではファッションにこだわりを持つヤンキーも多い為、よりオシャレに強そうに見えるヘアスタイルが好まれていると言えます。

あのヤンキーキャラの髪型は?

多感な少年時代にヤンキーに憧れを持つ場合、周りの環境は勿論ですが漫画のヤンキーキャラから興味を持ち始める場合も少なくありません。

人気のヤンキーキャラの髪型を昔の作品の物から現代作品まで徹底解説していきます。

江口洋介(湘南爆走族)

1980年代に連載されていた暴走族漫画「湘南爆走族」の主人公にして2代目リーダーの江口洋介に憧れた方も少なくないのではないでしょうか?

男気と無茶苦茶な武勇伝はその時代に少年達に暴走族への憧れを芽生えさせた作品とも言えます。

江口洋介の髪型は、その時代の代表的なリーゼントスタイルです。

額を大きく剃り込みアイパーでよりボリューム感を出している為、リーゼントの中でも比較的セットはしやすいと言えます。

段野秀典(BADBOYS)

こちらも1980年代から1990年代にかけて連載されていた、広島を舞台にした暴走族漫画です。

BADBOYSにおいて重要なライバル的チーム陴威窠斗のリーダー段野秀典も人気キャラクターの一人でした。

段野秀典の髪型もパンチの効いたアイパーによるリーゼントスタイルですが、こちらは襟足の髪を長めに残したのが特徴的と言えます。

前田太尊(ろくでなしBLUES)

ろくでなしBLUESも1980年代から1990年代にかけて連載されていた高校を舞台にしたヤンキー漫画です。

主人公である前田太尊はその腕っぷしの強さから「ヤンキー=ボクシング」のイメージも当時強烈なインパクトでしたね。

前田太尊の髪型は短髪ながらもオールバックにしたヘアスタイルでほんの少しだけ前髪を下ろしています。

当時のオールバックで一束だけ前髪を卸すスタイルが流行していたのが反映されているのかもしれませんね。

三橋貴志(今日から俺は!!)

1990年代に連載されていた高校生ヤンキーが織りなすバトルだったり、ギャグだったりという異色のジャンルで人気を博した「今日から俺は!!」も人気漫画の1つです。

その主人公三橋貴志は短髪を金髪に染めてあげて根本がやや黒く伸びているのがポイントです。

短髪にしてカラーを金髪にする事でササっとセットできる90年代の短髪ヤンキーと居ます。

根本が伸びて来ても、それはそれで良い感じに見えるので今でも通用しそうな髪型と言えますよね。

坊屋春道(クローズ)

1990年代に大流行した高校が舞台のヤンキー漫画と言えば、実写化でもお馴染みの「クローズ」でしょう。

個性的なキャラクターや、ヤンキーだけどオシャレに見えるビジュアルから現代もヤンキーの根幹になっているとも言えますね。

意外にも女性ファンが多いという珍しいタイプのヤンキー漫画ですね。

坊屋春道は金髪を撫でつけたリーゼント風オールバックです。

ポンパドールの部分があまり目立たない事から、ストレートヘアをポマードなどでセットするオーソドックスなリーゼント風オールバックと言えますね。

襟足をやや残しているのも平成ヤンキーに大きな影響を与えていると言えるでしょう。

大ヒットドラマ「池袋ウェストゲートパーク」

2000年にTBSで放送され、大ヒットとなった工藤勘九郎監督ドラマの「池袋ウェストゲートパーク」も東京池袋西口を舞台にしたカラーギャングをモチーフに扱ったドラマです。

このドラマでもオシャレなヤンキー達がたくさん出演していますよ。

真島誠(長瀬智也)

主人公である真島誠を演じたのはジャニーズ唯一のロックバンドTOKIOのボーカル長瀬智也さんです。

ナチュラルな茶髪をやや長めに伸ばしており、後ろ向きにキャップを被っている姿のイメージですね。

やはり、長髪キャラクターは二枚目な方が多いのでしょうか?

安藤崇(窪塚洋介)

カラーギャングのリーダーである安藤崇役の窪塚洋介さんはご本人の印象もプラスしてカリスマ的リーダーを見事に演じ切っていましたね。

長めのヘアスタイルをアッシュ系の金髪にしており、無造作に動かしたスタイルは現代でも十分通用するオシャレさです。

森正弘(佐藤隆太)

安藤崇の仲間である森正弘役の佐藤隆太さんは、何度もブリーチしてほぼ白に近くなったヘアカラーが特徴的ですね。

全体的には短めでラフな感じに仕上がっていますが、カラーが派手なだけあってワックスで軽くセットするだけでセットが決まるヘアスタイルです。

大ヒットヤンキー映画「クローズZERO」

漫画「クローズ」を原作として2007年に公開された「クローズZERO」はイケメンヤンキー達の本気の喧嘩シーンも話題となり3部まで公開されるという大ヒットを収めましたね。

そんなイケメンヤンキーの髪型をご紹介していきます。

滝山源治(小栗旬)

本作の主人公である滝山源治を演じたのは俳優小栗旬さんでしたね。

両サイドを刈り上げた所にライン状に刈り込みを作り、髪を残したモヒカン部分はオールバックにして襟足もやや残し気味な平成ヤンキーをオシャレにした髪型が一部の男性の間で大流行しました。

喧嘩中に乱れても恰好良いのは小栗旬さんだからでしょうか?

伊崎駿(高岡蒼甫)

メインキャストの一人、伊崎俊を演じた高岡蒼甫さんの髪型は全体的に短めな髪を金髪に染め上げてワックスでツンツンに立てているスタイルですね。

前髪も立ててしまう事でヤンキーっぽさもアップします。

勿論襟足はやや残し気味でした。

この辺りは平成ヤンキーのデフォルトとも言えますね。

芹沢多摩雄(山田孝之)

主人公のライバル役として人気を二分した芹沢多摩雄を演じていたのはカメレオン俳優とも名高い山田孝之さんですね。

無造作な眺めの髪の毛をざっくりとオールバックにしているヘアスタイルは何ともセクシーで、「ヤンキーっぽくない感じ」がまた人気だったようです。

鳴海大我(金子ノブアキ)

宝仙高校のトップとして主人公率いる鈴蘭高校とバトルを繰り広げる鳴海大我役の金子ノブアキさんも見事なまでにヤンキーを演じ上げていましたね。

黒髪をセンター分けにして撫でつける様にバックに流し、耳後ろで毛先をやや遊ばせているオシャレな髪型です。

黒髪でしかもセンター分けが似合うのは金子ノブアキさんならではかもしれませんが、公開当時は真似したいという声の多いキャラクターでした。

美藤竜也(三浦春馬)

同じく宝仙高校の期待のルーキー美藤竜也役で登場した三浦春馬さんは、なんとマッシュ風ショートを金髪とブラックのツーブロックカラーにしている流行先取りなオシャレスタイルでした。

当時はまだマッシュ風ショートもツーブロックカラーも流行する前だったので大変斬新でしたが、その後爆発的に流行しました。

ルーキーである美藤竜也がオシャレな髪型であるというのは、若い世代程オシャレヤンキーになっているというイメージだったのかもしれませんね。

ヤンキーの髪型にするには?

ヤンキーの髪型は基本的に手が込んだものばかりと言えます。

昔からヤンキーはヘアスタイルにお金も時間も多大にかける傾向があるので、ある意味で美容意識高めだとも言えますね。

そんなヤンキーの髪型にするにはどうすれば良いのか解説していきます。

ヤンキーの髪型はどこでできる?

ヤンキーの髪型は基本的にプロにお任せしないと出来ない物が殆どですよね。

しかし、いざお店に行こうにもお店によって出来る技術と出来ない技術がありますし、得意分野もそれぞれ違ってきますので、必ず事前の予約をするべきだと言えます。

床屋

男性のヘアスタイルは大抵の場合理容室で対応して貰えますが、パンチパーマ、ニグロ、ドレッドヘアーにおいては出来るお店と出来ないお店があります。

これはパンチパーマ、ニグロ、ドレッドヘアーを施術する際の技術を習得しているかどうかの違いです。

ひと昔前ですと「理容室に行くと昔っぽい髪型になる」なんて声もありましたが、現代の都会にある理容室は外観もオシャレで施術してくれるヘアスタイルも今時なおしゃれな雰囲気にしてくれるのでご安心下さい。

理容室では顔剃りや髭剃りもして貰えるので男性からすると大きな魅力ですよね。

美容室でもできる!?

近頃は30代以下の男性は美容室を利用する場合が殆どと言えますね。

男性用のパーマスタイル、カットスタイルも対応出来る美容室が殆どと言えます。

その中でもカラー技術においては美容室の方が得意分野と言って良いでしょう。

ただし、美容室ではパンチパーマはその技術の特質上扱う事ができません。

更にドレッドヘアーにおいても出来る美容室は限られていると言えますね。

オシャレさと流行については美容室の方が敏感にキャッチして取り入れる節があるのでオシャレさを重視するなら断然美容室の方がおすすめと言えます。

ヤンキーの髪型をお店でする場合の価格相場

ヤンキーの髪型はお金も時間もかかる事は何となく理解して頂けた事と思います。

そこから、更にスタイルによっては施術できる理容師・美容師さんが限られてくるのでお店によっては指名料がかかる事もありますね。

そんなヤンキー髪型をオーダーする時の価格相場を解説していきます。

パンチパーマ

施術してくれるお店や技術者を探すのが難しいパンチパーマは通常約2時間程を目安に技術します。

価格は大体6000~8000円なので普通のパーマと左程料金的には変わらないですね。

ただし出来るお店や技術者が限られている為、お店によっては技術者指名料を取られる場合がありますし都会にある店舗でしか施術出来ない場合は相応に施術価格もアップします。

リーゼント

基本的にリーゼントはストレートヘアをポマードやスプレー、ジェル等を使ってセットするのでカット料金だけを換算すると40分程度の施術時間で3000~6000円程と言えます。

カット料金は土地や店舗によって価格が大幅に変わります。

また、パーマをかけてリーゼントのボリューム感を出すなら、理容室にてアイパーをかける必要があります。

この場合パンチパーマと同じく施術時間約2時間で6000~8000円が相場と言えますね。

ドレッドヘア

ドレッドパーマは本場に近いものになる程施術できる理容師・美容師さんも少なく金額も跳ね上がると言えます。

施術時間が約3~4時間で金額は2万~4万が相場と言えますね。

これがソフトなドレッドになればなる程普通のパーマの金額設定に近くなります。

ドレッドにする際には理容師・美容師さんとしっかりとイメージの共有をする事がポイントとなりますね。

特殊なカラー

ホワイトやグレイ系の特殊なカラーは美容室の方が比較的得意分野と言えるでしょう。

ホワイト系の特殊カラーは希望する所まで何回ブリーチして辿りつけるのかで金額が変わります。

この辺りの金額設定はお店ごとに全く違うので一概には言えませんがカラー施術だけで1万5000円を越す事が殆どと言えます。

時間についても色素の抜け方は個人差が大きいですが約3時間程は見て置いた方が良いとも言えますね。

まとめ

いかがでしょうか?

ヤンキーの髪型おすすめスタイル10選を最近の定番・人気から、昔の人気まで一挙ご紹介しましたが、気になる髪型は見つかりましたか?

いつの時代にもヤンキーと呼ばれる若者は存在していて、それに憧れる少年達も居ますよね。

ちょっと悪いものに憧れを持つ時期は誰しも通る道ですので、見た目からヤンキー風にして楽しんでみるのも良いかもしれませんね。