昔と違い今の時代はインターネットやスマートフォンの発達によって様々な便利なサービスを利用することができると思いますが、そんなサービスの中でもかなり大きな影響力を持っているのがSNSのTwitterやInstagramだと思います。

若年層の方だけではなく、幅広い年齢や世代の方のTwitterは使用していると思いますし、気軽にインターネット上で様々な人間と繋がりあることが出来るようになっており、とても影響力や利便性の高いサービスだと思います。

昔はこのような利便性の高いサービスは存在していませんでしたので、まさに今の時代は新しい形のコミュニケーションが生まれつつある時代だと考えることができます。

しかしながら、便利な面もある一方で、それとも逆にこれらのようなサービスが問題点となる可能性も十分考えられているのです。

具体的には様々な問題があるのですが、最近の問題点としては、SNSを使用して犯罪に巻き込まれたりするという点です。

実際にそれが原因で大きな事件につながっている場合もありますので、使い方を必ず間違ってはいけないということがSNSを使用する一番重要なポイントになると思います。

本来は楽しくたくさんの情報を身近な人間と共有をすることによって、気軽に仲間内でのコミュニケーションを楽しんだり、離れた人間と情報を共有して様々な便利な使い方をしていただくのが本来の目的ですので、このポイントを理解した上で正しくSNSは使用しなければいけません。

さらに、最近散見されるケースとしては、間違った使用法とまではいきませんが、本来の使い方ではない使い方をしている場合として、裏垢での使用が確認されています。

争いの種になる可能性もある裏垢ですが、今回はそんな裏垢をテーマにして、twitter裏垢を探す方法と裏垢を使ってる人がかかえるリスクについてご紹介していきたいと思います。

裏垢を使用している方はそれなりにリスクを抱えながら運用しているという事を知るきっかけにしてみてください。

【閲覧注意!】Twitter裏垢について

Twitter裏垢といえば、特に最近に限定されるような事ではなく、以前からその存在が指摘されていました。

間違った使い方をしているとまではいきませんので、当然ながら違法性があるようなものではありません。

なので、特に法的に咎められるような行為ではない場合が多いのですが、怖いのがそれが発覚した時に周りの人間関係を壊してしまいかねないということが危惧されているのです。

今の時代はストレス社会とも言われていますので、日常生活を過ごしていると様々な場面でストレスを抱えたりすることがあると思います。

ストレスを抱えたまま放置してしまいますと、精神的にも病んでしまう可能性がありますので、ストレスを解消する行為を行わなければいけないのですが、最近では手軽にストレス解消が出来るという理由でTwitter裏垢を利用している方が多いです。

しかしながら、先ほども述べたようにそのストレス解消方法では人間関係を破綻させてしまう可能性を秘めていますので、利用する際にはそれ相応の注意をしておかなくてはいけないのです。

リスクを抱えた状態で行っているという認識を持たないと、取り返しのつかない事になってしまいますので、Twitter裏垢を利用している方は一度自分の行っている行為を見つめなおす必要性があるでしょう。

一番良いのはきちんと別の正しい方法でストレス解消を行ったりする事が求められますので、考え直すという意味でも、Twitter裏垢を運用するリスクを知って頂きたいと思います。

Twitter裏垢とは?

そもそも人によってはSNSなどに対して詳しくないような人間もいると思いますので、Twitter裏垢とはいったい何の事を意味しているのか理解していない方も多いと思います。

Twitterを利用していないと、「Twitter裏垢」という言葉自体もよくわからない言葉になると思いますので、Twitter裏垢を探す方法やリスクについて説明する前に、Twitter裏垢とはどういうものを意味している言葉なのかということからご紹介していきたいと思います。

どんなもの?

具体的にTwitter裏垢とは一体何なのかというと、「本来使用しているTwitterのアカウント以外の別のアカウントを設けること」を意味しています。

大抵の場合本来のアカウントではなく別のアカウントを作る場合は、周りの人に知られないようにして作ったりする場合が多いので、その場合は「Twitter裏垢」という風に表現されているのです。

なぜアカウントを作る事がTwitter裏垢と言われているのかと考えると、アカウントという言葉をインターネットスラングで「垢」という風に表現されていますので、Twitter裏垢という言葉が成り立っていると考えることが出来ます。

インターネット上では文字打ったりするのが面倒に感じる若い世代が、一般的に通じるような若者言葉として新しい言葉を生み出しています。

その中で生まれた一つが「垢」という言葉であると認識してください。

では、Twitter裏垢は実際どのような使い方をされているのかと考えると、一般的には全く別の人物を装ってアカウントを作り上げることによって、自分だと認識されないで、自分が感じていることや気持ちを吐露したりするような使い方が散見されています。

ただ単純に気持ちを吐露するだけであれば本来のアカウントを使用すれば問題ないのですが、要は裏のアカウントを作らないと書き出す事が出来ないような内容ばかりになっているのが問題になっているのです。

Twitter裏垢の特徴

Twitter裏垢の特徴を踏まえて考えた時に、様々な特徴が存在すると考えることができます。

なぜならば、Twitter裏垢を作るという時点で、ある程度たくさんの方に該当する心理が見え隠れしていると考えることができるからです。

例えば、本来の使い方を意識してSNSを使用するのであれば本来自分自身が持っているアカウントを使えば全く問題ないはずですよね。

しかし、Twitter裏垢を作るという事は別のアカウントを作らなければいけないような理由が存在しているかと考えることができます。

そして、ある程度共通した考えを持っていない限り、わざわざ別のアカウントを作るような行為を行う必要性はないからです。

では、Twitter裏垢を作っている人間は具体的にどのような使用方法をしているのか、そしてTwitter裏垢にはどのような特徴があるのかという事を詳しくご紹介していきます。

誰かわからない


Twitter裏垢の特徴を考えてみた時に、該当する特徴としては「誰なのかわからない」という事が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、SNSを利用している時には自分の本名であったり、もしくは自分であることがある程度推測されるような状況でアカウントを作ることが多いのです。

例えば、自分とは全く関係がないような名前やニックネームなどで登録をしてしまった場合は、人目に見て自分の友達だと想像できない場合が多くなってしまいます。

そうなってしまうと友達と繋がりあおうとした場合に支障が出るので、本名まではいかないにしても、ある程度自分であるということがわかるような名前をつけたり、自分の写真をアイコンにしたりするなどの工夫が行われていることが一般的です。

最近では芸能人なども使用していたりするので、芸能人が自分のアカウントを持っている事も一般的に知られています。

しかしながら、Twitter裏垢に関してはどんな人物なのかわからないようにしてあるのです。

つまり、これは裏を返せば人物が特定されると不都合な状況であるということを意味していることになります。

本来であればたくさんの人間と繋がりあって様々なことを共有したりすることで楽しみを見出すTwitterを、なぜわざわざ特定されないようにする必要性があるのか?と考えると、やはり特定されたくないような事をツイートしたりするためのアカウントだからという特徴が見えてくるのです。

誹謗・中傷が多い

Twitter裏垢の特徴を考えてみた時に該当する特徴として「誹謗・中傷が多い」という事が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、Twitter裏垢に関してはツイートしている内容が誰かを誹謗したり、誰かを中傷したりするような内容であることがとてつもなく多いという特徴があるということです。

なぜTwitter裏垢の特徴としてこのような特徴が多いのかと考えると、やはり先ほど触れた誰なのかわからないという事が大前提の理由になっていると考えることが出来ます。

推測するに、おそらく日常生活で感じているストレスを解消する手段としてTwitter裏垢を用いている可能性がとても高いのです。

しかし、本来の自分のアカウントでツイートをしてしまうと自分が誹謗・中傷していることが周りに知られてしまい、自分の立場が危うくなってしまいます。

なので、ツイートしても誰にも知られることなく、ストレス解消行うための手段として匿名のアカウント、つまりTwitter裏垢を作り、そこでストレス解消になるツイートを行っていると考えることが出来ます。

なので、結論としてTwitter裏垢の特徴には誹謗中傷しているような内容がとても多いと考えることができるのです。

確かにたくさんの人の目にさらされるSNS上などで誹謗中傷を行なってストレス解消するのは簡単に行えて楽しいかもしれません。

しかし、根本的な問題を解決するわけでもないですし、それがバレてしまった時に追い詰められてしまうのは自分自身なので、必ずそのリスクは認識した上で行わなければいけないということを忘れないでください。

Twitter裏垢を探す方法5個

Twitter裏垢とはどのような存在なのかということがある程度理解いただけたと思うのですが、意味を知れば知るほど、あまり褒められるようなSNSの使い方ではないということがわかりいただけるはずです。

なぜならば、Twitter裏垢が原因で人間関係が悪くなってしまったり、本来を起きる必要のない争いが生まれてしまう可能性が高まってしまうからです。

しかしながら、残念なことに自分の身の回りでTwitter裏垢を利用してる人が想像以上にたくさん存在しているのです。

実際に芸能人でお笑い芸人でもある横澤夏子さんはバラエティー番組で自分がTwitter裏垢を利用していることを話しているくらいであり、それくらいTwitter裏垢は一般的に行われていると考えることが出来ます。

しかし、Twitter裏垢を使用する上で注意しなければいけないのはその存在がバレてしまうという事です。

意外と人間は単純なもので、Twitter裏垢が周りにバレてしまったりするようなケースなどは少なくないのです。

簡単にバレるわけがないだろうと思う方もいるかもしれませんが、バレてしまうのには当然理由が存在していますので、あえてここからはTwitter裏垢を探す方法についていくつかピックアップして、ご紹介していきたいと思います。

もしも、現在Twitter裏垢を利用しているのであれば、この方法でバレないかどうか確認しておく必要性があります。

そうしないと、もしかするといつか必ずTwitter裏垢がバレてしまう可能性もありますので、自分が該当しないかどうかよく注意して確認してみてください。

メールアドレスで


まずはじめにご紹介するTwitter裏垢を探す方法としては「メールアドレスで探す方法」が存在しています。

なぜメールアドレスでTwitter裏垢を探す事が出来るのかと考えると、意外と知られていませんがTwitterに備わっている機能から自分の連絡先に登録されているメールアドレスから、そのメールアドレスを使っているユーザーを探すことが可能になっているのです。

つまり、裏を返して言えば、本来自分が持っているアカウントとTwitter裏垢のメールアドレスを同じメールアドレスとして利用している場合は検索機能で引っかかってしまう可能性があるということです。

本来であればメールアドレスが被ってしまうという事は普通では考えられないことですよね。

なので、メールアドレスで検索して二つのアカウントが該当したという場合は、もう一つのアカウントがTwitter裏垢として利用されている可能性がとても高いと判断することができるのです。

二つのアカウントが該当して、どちらもその人だとわかるようなニュアンスで登録されているのであればTwitter裏垢ではないと判断されるかもしれませ。

しかし、全くの別人の名前で登録されていたり、つぶやいている内容が誹謗中傷であった場合はTwitter裏垢だと認識されてしまいます。

なので、Twitter裏垢を作る際には、必ずメールアドレスを別のメールアドレスにしておかなければバレてしまう可能性があるという事を理解しておいてください。

他のSNSアプリとの連動で見つける

次にご紹介するTwitter裏垢を探す方法としては「他のSNSアプリとの連動で見つける方法」があります。

これはどういうことかと言いますと、今現在主流に使われているSNSはある程度絞られています。

Twitter、Instagram、Facebook、Mixiなどが一般的にメインで使用されているSNSになるのですが、これらのSNSアプリとの連動で見つける事が出来ると言われています。

なぜこれらのSNSアプリとの連動でTwitter裏垢を見つける事が出来るのかと考えた時に、一般的にはFacebookから導き出す事が可能になっていると言われています。

方法としては、まずは探したい人のFacebookのアカウントを探す所から始める必要性があります。

知っている人も多いと思いますが、一般的にはFacebookはニックネームなのではなく、本名で登録することが原則となっています。

なので、本名で登録するという言葉周りから見られてはいけないようなコメントをアップしたりすることは少なくなっていません。

つまり、限定公開ではなく誰もがコメントを閲覧することができるような状況になってる場合が多いのです。

なので、Facebookのアカウントを探し、もしもFacebookのアカウントを見つけることができた場合、そのFacebookのアカウントがTwitterなどと連携しているかどうかを確認するのです。

もしもTwitterのアカウントと連携しているのであれば、必ずTwitterのアカウントなども記載されているようになるのです。

なので、そこからTwitterのアカウントを探す事が可能であり、もしもそれが本来のアカウントではなかった場合、Twitter裏垢という事になりますので、他のSNSアプリとの連動でTwitter裏垢見つける事が出来るという事になるのです。

目視する

その他のTwitter裏垢を探す方法を考え見ると、「目視で確認する」という方法も存在しています。

この方法に関しては、何かしらの特殊なツールを使って確認するというわけではなく、単純に自分の知り合いが扱っているスマホの画面を注意して観察するという方法になります。

かなり古典的な方法ではありますが、人間は常に注意することができない生き物なので、時々Twitterの画面を出したままどこかに退席したり、スマホ放置したりするような場合があります。

そのような時に、アカウントの名前を注意深く確認しておくことによって、本来のアカウントではないアカウントであった場合に目視で確認することができるということです。

アカウントに関してはご存知の方も多いと思いますが、ブラウザ画面の上のところにアカウント名が記載されている状況になりますので、そのアカウント名を確認しておくということが一般的な方法になります。

これはかなりその場の運がないと判別することができないような方法にもなりますし、場合によってはこちらの行動がばれて相手が不快な気分になるような場合もありますので、注意が必要な確認方法だと言えます。

会話の中から特定する

次にご紹介するTwitter裏垢を探す方法としては「会話の中から特定する」という方法が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、相手と親しい関係にあるのであれば、必ず相手と頻繁に会話をする機会があると思うのですが、その時に相手の情報を色々と抜き出しておくことによってそこで抜き出したキーワードからTwitter裏垢を探す事が出来るという事です。

なぜ会話の中から抜き出してキーワードでTwitter裏垢を見付けることが出来るのかと考えると、会話の中から抜き出してキーワードで検索をすることによって、その人間がTwitter裏垢で呟いている場合、該当する可能性があるのです。

ここまでいけばかなり執念深い方法にはなると思うのですが、意外とこういう方法で簡単に見つけ出せてしまったりするのです。

もしもTwitter裏垢だと思われるような存在があれば、後はそのアカウントに登録されているその他の情報からその人であると推測できるような情報があれば、照合率は高いと判断することが出来るのです。

電話番号から探す

次にご紹介するTwitter裏垢を探す方法として、「電話番号から探す」という方法が存在しています。

どうすれば電話番号からTwitter裏垢を探すことができるのかと考えると、iPhoneで可能な方法をご紹介します。

まず自分のiPhoneの設定アイコンをタップしてみてください。

設定アイコンをタップすることによって大体の場合自分がインストールしているようなアプリの一覧が表示されるようになると思うのですが、そのアイコンの中に表示されているTwitterをタップし、次の画面に表示されている連絡先をアップデートという部分を選択してください。

そうすることによって自分が登録していないような連絡先がアップデートされたことによって手に入るようになるのです。

そして、その連絡先を確認してみると自分が入力した覚えがないようなアカウントなどが入力されているような場合があるのですが、その場合は大抵Twitter裏垢である可能性がとても高いです。

これらに関して、電話番号やメールアドレスを取得することができるようになっており、この方法を使えば簡単にTwitter裏垢を探す事ができるようになるのです。

実際にiPhoneの連絡先のアイコンをタップして、そこから個別の登録してある情報を確認していくと、個別の登録画面には電話番号やメールアドレス、そしてTwitterのアカウントなどが記載されています。

そこに今まで確認したことがないようなアカウントが入っている場合はTwitter裏垢である可能性が高いです。

この方法を使えば簡単にTwitter裏垢を探す事が出来るようになるのです。

Twitter裏垢を作るときの5個のリスク

意外とたくさんの方がTwitter裏垢がここまで簡単にバレてしまうということを知らずに行っている可能性が高いので、よく考えてTwitter裏垢を利用するようにしないと必ずトラブルを招いてしまいますので、注意をしなければいけません。

しかしながら、なぜTwitter裏垢を利用しているとトラブルになってしまうのか不思議に感じるという方もいると思います。

普段からあまりSNSを利用していない方こそよくわからないと感じる方が多いと思いますので、ここからはTwitter裏垢を作る時のリスクについていくつかご紹介していきたいと思います。

もしもこれからTwitter裏垢を作ろうと思っている方であれば、Twitter裏垢を作る際のリスクは必ず知っておく必要性がありますので、リスクを知った上で利用するのかどうするのか判断するようにしてください。

バレる可能性がある

まずはじめにご紹介するTwitter裏垢を作るときのリスクとしては相手に「バレる可能性がある」という事です。

Twitter裏垢を作るという事は、必ず何かしらの本来しようするべきではないような事をしているから作っているという事になりますよね。

なので、Twitter裏垢がバレるという事は、自分にとって不利な状況を作ってしまうということに該当するのです。

つまり、Twitter裏垢がバレてしまうという事は自分にとっても大きなリスクになり得ると考えることができます。

そのようなことを考慮してもでTwitter裏垢を行うことが本当に正しいことなのかと考えてみると、大抵の場合正しくないと判断することができるはずです。

Twitter裏垢を利用したところで、根本的な問題が解決されるわけでもなく、単に一時の気晴らしに過ぎないので、あまりリスキーなことはしないように心がけるようにしてください。

検索されてるかも

次にご紹介するTwitter裏垢を作るときのリスクとしては「検索されてる可能性」があるという事です。

私たちが想像しているよりも身近な人間は自分のことをよく見ている可能性がとても高いです。

それを踏まえて考えてみると、自分がTwitter裏垢を利用しているのかどうかという疑念を抱いている人物が身近に一人くらいはいたとしてもおかしくはないのです。

なので、安易にTwitter裏垢を作ってしまう事によって、Twitter裏垢を検索されてしまうようなリスクなどが常に存在するようになっているのです。

大抵の場合、人のTwitter裏垢を検索するような性格の人間はわざわざ本人に伝えようとせずにそのアカウントを常に監視して楽しんだりするようなことをする場合が考えられます。

そうなった時に、自分にたくさんのリスクが存在し続けるだけではなく、それを逆手に取られて弱みにつけ込まれたりするような可能性も考えられますよね。

いずれにしても自分にとって何の良いこともないような存在である可能性がとてつもなく高いので、あまりTwitter裏垢を利用するのは得策ではないという事を理解するようにしてください。

バレて流出されるかも

次にご紹介するTwitter裏垢を作るときのリスクとしては「バレて流出される」可能性があるという事です。

これはどういうことかと言いますと、Twitter裏垢がバレてしまった場合、人によってはそのTwitter裏垢を目の周りの人間にバラしてしまうような人がいる可能性も考えられます。

つまり、自分の想像していない所でTwitter裏垢がバレて流出させられてしまうという事です。

そのような状況で、身の回りの人間の悪口をつぶやいたりした場合、自分が追い込まれてしまったり、いじめられてしまったりするような可能性も十分考えられますよね。

心の中で思っているだけにしていればここまで困るようなことはなかったのに、と必ず後悔するような気持ちになるはずです。

わざわざTwitter裏垢を作った所で何も解決はしませんので、リスクだけがはるかに高く無駄な行為であるという事を良く知るようにしてください。

周囲に被害を与える

次にご紹介するTwitter裏垢を作るときのリスクとしては「周囲に被害を与える」可能性があるという事です。

Twitter裏垢を作る事により、大体の場合は日常的なストレスを解消するために身近に起こった事の愚痴を書いたりするような場合が多いです。

しかし、Twitter裏垢がばれてしまった場合、その悪口の内容を確認してみると、すぐにどのような状況に対して悪口を言っているのかという言葉親密な関係するの人間ならば分かるはずです。

それを踏まえて考えてみると、むやみやたらに愚痴や悪口などを書いている場合、もしも該当する人間に見られたら周囲に迷惑も掛かりますし、あなた自身もトラブルに巻き込まれてしまいます。

結果としてどんなに理不尽だったとしても、自分の方が陰湿な手段を使っている分悪者にされやすくなる場合がありますので、そのリスクも考慮した上で利用をしなければいけません。

会社を辞めさせられる

Twitter裏垢を作るときのリスクとして場合によっては「会社を辞めさせられる」可能性があるかもしれません。

これは、もしもTwitter裏垢を使って会社の悪口を書いたり、会社の内部情報を書いたりした場合に限りますが、あまりにも悪質なツイートの場合は雇用契約を解除されてしまう可能性も十分考えられます。

実際に大企業はSNSなどで情報を不正に呟いた人間を処罰しているケースはかなり多いです。

こんな事で職を失ってしまっては、経歴にも傷がつきますし、後悔してもしきれないですよね。

なので、場合によっては会社を辞めさせられる可能性もあるという事を理解した上で利用する必要性があります。

Twitter裏垢を作る時は考えて!(まとめ)

Twitter裏垢を作るということはそれなりに大きなリスクを抱えながら利用するという事がお分かりいただけたと思います。

やっている本人からしてみれば気軽な気持ちで行っているのかもしれませんが、他人からの目線でその行為を観察してみると、悪質であると判断されてしまう場合が多いです。

何度もお伝えしますが、確かに手早くストレス解消できる方法として利用することができるかもしれませんが、あまりにもメリットが少ないのにデメリットが大きすぎます。

このような方法でストレス解消しても根本的な問題の解決にはなりませんので、いつまでたっても自分が成長することもありません。

なるべくであれはTwitter裏垢を利用するのは避けた方が賢明です。

もしもストレスが溜まりすぎておかしくなってしまいそうだと思うのであれば、必ずリスクを理解して、作る時にはバレないように工夫した上で利用するようにしてみてください。

【他にもツイッター裏垢について知りたい人は、こちらの記事もチェック!】