今でこそインターネットが主流の時代になり、たくさんの人が携帯電話からスマートフォンを持つようになり、スマートフォンを使って様々な便利なサービスを利用していますが、ひと昔前まではいわゆるガラケーが主流の時代でした。

ガラケーが主流の時代では、今でいうSNSなどは当然利用頻度が低く、まだまだサービスが浸透する前の時代でした。

そんな携帯電話が主流の時代には、携帯電話を使って小説を描いている人達もたくさんおり、その小説が反響を呼んで本となったり、映画になったりするなどの話題となっていました。

今の20代前半くらいまでの人であればまだまだ記憶に新しいかもしれませんね。

そんな懐かしい携帯小説ですが、今の時代だからこそ懐かしい気持ちで携帯小説を読み返す事も出来ると思います。

昔ハマった漫画を見て、面白いからもう一巡してみるのと同じように、小説に関してもまだまだ楽しめる要素はたくさんあります。

なので、今回は携帯小説をテーマにして、人気携帯小説を改めてご紹介していきたいと思います。

昔携帯小説を楽しんだことがあるという方や、存在は知っていたけど、見たことがないという方は、一度ご覧になって楽しんで頂きたいと思いますので、気になる作品があれば一度読んで頂きたいと思います。

小説は時代などは関係なく楽しめる作品ばかりですので、昔だからとか今だからとか関係なく面白い作品は面白いので、偏見を持たずに楽しんでみてください。

️大人には懐かしい携帯小説

携帯小説が流行ったのはある程度昔なので、携帯小説ブームの時に比較的流行に敏感な世代だった人からすると懐かしい気持ちに駆られるかもしれませんね。

携帯小説は時間がない人にとっても携帯電話で簡単にみられるようになっていたので、ちょっとした楽しみの一つとして受け入れていた人もたくさんいると思います。

携帯小説といっても、かなりストーリー展開などもしっかりとしていて、楽しめる作品がたくさんありました。

子ども騙しに描かれているような作品だけではなく、綿密なストーリー性なども含まれた本格的な作品が多数存在していたので、見ている人を引き付けるような作品が多かったのも事実です。

今の若い人達にとっては昔のコンテンツかもしれませんが、面白い作品はいつの世の中でも評価してもらえる作品ばかりです。

なので、携帯小説がいかに素晴らしいかという事や、簡単に携帯小説の歴史などをご紹介していきたいと思います。

携帯小説とは


そもそも携帯小説がどういうものなのか知らない方も多いと思いますので、簡単に携帯小説の意味合いについてご紹介していきます。

携帯小説とは携帯電話を使用して執筆し閲覧されている小説のことを指し示している言葉であり、パソコンを用いて執筆されることもありますが、その作品の多くは携帯電話を使用して執筆されており一般のウェブサイトとではなく携帯電話用のサイト上で公開をされている特徴を持っています。

インターネット上に投稿されるという意味ではオンライン小説の一形態であるということは間違いありませんが大体の違いから明確に区別されている作品になります。

携帯電話からのブラウジングを明確にした小説を独自に発表したという意味においては男性小説家であるYoshiが祖先であると言われています。

携帯小説は一時期、文化を築き、それが流行りに敏感な若者達に影響を与えて、若者文化として注目され、様々な各種方面から言及されるので、自然と時代の流行りを築いた一つの要素であると考えることができます。

今では考えられませんが、携帯小説がブームとなってたくさんの人に愛読されていた時代が存在するのが、携帯小説が愛されていた証拠にも繋がります。

携帯小説の歴史

携帯小説がどの様にして広まっていったのか、という歴史について気になる方も多いと思いますので、簡単に歴史についてもご紹介していきます。

元々は1980年代にパソコン通信が普及して以降、アマチュアの作家が自分自身が執筆した作品をたくさんの人に見てもらいたいと言う意味でオンライン上で公開するオンライン小説ジャンルが流行りだしました。

しかしながらパソコン通信でアップロードされた小説があまり流行ることはなくその後21世紀になってからは携帯電話による通信がたくさんの人々の生活レベルで飛躍的に普及して以降は、インターネット接続機能の一般化によって場所時間を選ばずにたくさんの世代が電子コミュニケーションが可能になったことに関連して、たくさんの人たちが携帯電話で小説を楽しむようになりそこからだんだんとブームに火がつくようになりました。

そこから無料ホームページ作成サイトである魔法の i らんど上で素人が小説投稿をするブームが到来し、そこからたくさんの携帯小説作品が人気となり書籍化されてベストセラーとなったり映画化されるなどたくさんのブームを生み出すことになります。

もともと2002年から2005年頃までが第一次携帯小説ブームとされていて、2006年以降が第二次携帯小説ブームとなっています。

恋愛がメインになっていたこともあり読者の方は10代が20代の女性が多くを占めており、流行に敏感な若者達の間でたくさんの反響が巻き起こるようになりました。

それ以降はだんだんと廃れていき、2011年頃になると高機能携帯電話であるスマートフォンの普及によって今度はスマートフォンの小説が徐々に浸透する時代に移り変わりつつあります。

スマートフォンの時代になってからは電子書籍がメインになりつつあるも、それ以外に代用となるような新しいサービスであるSNSなどが生まれた事も原因で、やはりそれ以降大きなブームは到来していないと考えられます。

️携帯小説から生まれた12個の人気作品


ここまで簡単に携帯小説の意味や携帯小説が流行るまでの歴史について簡単にご紹介をしていきましたが、ここからは携帯小説から生まれたたくさんの人気作品をご紹介していきたいと思います。

携帯小説から生まれた人気作品はたくさん存在しており、たくさんの人気作品の中から自分が気になる作品を見つけ出して頂くのはとても難しかったりするので、今回ご紹介する作品の中から気になるものが一つでもあれば一度実際に読んでみて、楽しければそこから派生してたくさんの携帯小説を楽しんでいただきたいと思います。

それぞれの作品の特徴であったりあらすじなどを作品別に簡単にご紹介していきたいと思いますので作品選びの参考にしてください。

恋空

まず初めにご紹介する人気携帯小説は恋空です。

携帯小説を今までに見たことがないという方でもこちらの作品は聞いたことがある方や実際に映画館で見たことがある方も多いと思います。

恋空は美嘉の携帯小説デビュー作であり、2005年から執筆が開始されて、2006年には書籍化されるなどの大きな反響を呼んで、最終的には翌年に漫画家や映画化されるなどの携帯小説の中でも大反響を呼んだ作品となっています。

元々は携帯WEBサイトである魔法のiらんどに掲載されてから、魔法のiらんどのブックランキングで160日連続で首位を獲得したり、書籍化されてからは上下巻を合わせた初版発行部数は30万部とされており最終的には140万部、200万部を突破するなど目まぐるしい活躍を経ています。

あらすじとしては主人公がある日、ひょんなことから出会ったヒロという男性と知り合って付き合うことになり、付き合っていく中で次第にヒロも本気になっていきながら、ダブルカップルデートしたり一緒に授業をサボったりするなどして楽しい高校生活を歩んでいく中で、最終的に主人公はヒロとの子供を妊娠し、育てて行こうと決断するもヒロの元彼女に強く押されて転んで流産してしまい、そこから強いショックを受けるがまた強い絆で結ばれていくも二人の恋愛を描いた作品となっています。

強い絆で結ばれた二人にはどんな苦境も乗り越えられる自身があるものの、様々な事が起こり、最終的に離れていってしまうような、甘く切ないようなストーリーとなっています。

たくさんの信じられないような事が巻き起こりますが、事実をもとにしたフィクションと言われているように、事実をもとにしているので、実際にこんな事が起こったのか、と主人公の目線で物事を感じられるような作品となっています。

作者が女性なので、女性主人公の目線で描かれている作品なので、女性にはとてもおすすめの作品です。

泣きたい時、感動したい時に読んでいただく事で、胸がすっきりするような作品となっています。

赤い糸

次にご紹介する人気携帯小説は赤い糸です。

赤い糸はメイの携帯小説であり、小説作品を題材とした漫画や映画やテレビドラマなど様々なジャンルに渡って反響を呼んでいる作品で。

元々は2006年7月に携帯小説総合サイト魔法の図書館のランキングに登場して1ヶ月後には早くもランキング1位となりその後長期間にわたって一位をキープしており、2007年には書籍化し現在は5冊まで発表しており女子中高生に高い人気を得ている作品です。

あらすじとしては主人公である芽衣は、姉の春奈と幼馴染の悠哉と三人で一緒に時間を過ごすことが多く、芽衣は悠哉に好意を抱いていたにも関わらず、悠哉から自分の姉である春奈の気持ちを聞いて自分の悠哉への好意を明かさない決意をするも、最終的に中学生になった芽衣は同じクラスのアツシと交際を始めるも、アツシとの関係は二股であったりドラッグを使用した性交渉などを経てだんだんと破綻して行き、最終的に失恋のショックから主人公である芽衣は恋愛感情のない性行為を繰り返して親に反抗するなどして最終的に友達と一緒に不良に引っかかり激しく性的暴行をされたり、自殺未遂で記憶喪失になったりするなど数奇な人生を辿っていくこととなります。

そのような人生を辿っていくなかでタカちゃんと呼ばれる相手と出会いその男性と付き合っていくも、結局暴力などを振るわれて、破たんし、その後もたくさんの男性と出会っていくも、運命の赤い糸は見つからず…というような内容となっています。

想像を絶するような激しい内容となっており、過激な描写などもありますが、読む人を引き込ませるような小説内容となっており、携帯小説といえども、本格的な小説を読んだような感覚で楽しむことが出来る作品です。

恋空と同様に、大きな反響を呼んだ作品でもあるので、携帯小説を見たことがない方には是非読んでいただきたい作品です。

Deep Love

次にご紹介する人気携帯小説はDeep Loveです。

Deep Loveは携帯サイトで連載している小説家Yoshiの携帯小説シリーズです。

この作品はYoshi個人サイトであるザブン上で2000年10月から公開を行い、女子高生を中心に口コミで話題になって行き、最終的には作者本人が書籍版を自費出版して10万部を売り上げて、2002年にはスターツ出版から商業出版物として出版されて最終的にはシリーズ累計売上が270万部を超える大ヒットとなっています。

この作品の特徴としては携帯小説全般に見られる文字数が少ない・分が短いと言った文体であったり、次々と衝撃的な事件が起こって展開が早いと言った内容の特徴もあります。

10代の少女をメインターゲットしていて、携帯小説のフォーマットを決定づけると言ったまさに携帯小説とパイオニア的な存在であると考えることができます。

もともとこの作品は自分自身が執筆をしていく中で多くの読者から感想もらい、その中に記されている読書術体験を作品の続きのストーリーに取り入れながら執筆されたという背景が存在しておりこれがスピーディーなストーリー進行のひとつの理由であったと思う考えることができます。

実際に多くの読者から大量のメールが届きたくさんの人の心を動かした素晴らしい作品であるということが出版社の方の目に届き、過激な内容でも書籍化しようと決断した大きな要因であったと言われています。

主にこの作品は4部に分けられており基本となる第1部は、主人公であるアユという女子高生の目線でストーリーが描かれています。

援助交際を繰り返している主人公であるアユの身近に巻き起こる様々なストーリーが展開される形で、恋人の死や最愛のおばあちゃんの死、性的暴行など、比較的あまり明るい内容ではないかもしれませんが、悩みと戦いながら生きていく少女の姿を描いたような作品となっています。

そのあとも2部、3部、4部と続いていきますが、まずは1部を読んでいただきたいと思います。

この作品を見て勇気づけられたという方もたくさんいる作品なので、元気が欲しい時、頑張りたいエネルギーが欲しい時に見て頂きたい作品です。

Dear Friends リナ&マキ

次にご紹介する人気携帯小説はDear Friends リナ&マキです。

Dear Friends リナ&マキは先ほどご紹介したYoshiが作者を務めている作品です。

Dear Friends リナ&マキは2007年にDear Friendsというタイトルで映画化された作品でもあります。

あらすじとしては完璧な容姿を持っている女子高生の高橋リナは友達は必要な時に利用すればいい、いなくても生きていけると友達という存在を必要とせずに自由奔放に生きていますが、ある日自分が癌に侵されていることを知り絶望の淵に脅されてしまいます。

そんな時に自分の前に現れたのは小学校の同級生である遠藤マキであり、彼女のことを覚えていなかったため最初は彼女を冷たくあしらいつつも、相手の優しさに触れて次第に心を開いていくようになるというストーリーです。

友達を必要としていなかった主人公が優しさに触れて友達という存在がとても大事なものだと気付いていく内容となっており、友情の大切やさや素晴らしさ人と人とのつながりの重要性を感じられる作品なので、友達と喧嘩をした時やどうしても自分が素直な気持ちになれない時などに読んでいただきたい作品です。

天使がくれたもの

次にご紹介する人気携帯小説は天使がくれたものです。

天使がくれたものは携帯小説家であるChacoのデビュー作品で続編を含めて、天くれシリーズと呼ばれている作品です。

携帯小説としてはDeep loveに続くヒット作であり、その後に恋空、赤い糸へと続くと言われる素人系携帯小説の流行のきっかけづくりに貢献している作品です。

この作品は作者自身の体験談で作られておりけじめをつけるために書いたものだと述べられています。

なおこの作品が書籍化されることになったひとつの理由としてはこの作品をインターネット上で選んだ女性が直接出版社に電話をかけて泣きながら感動する作品だから書籍化してほしい、と訴えた事が一つの理由であると考えられています。

人の心を動かすことができる素晴らしい作品であり、まさに人の心に働きかけてその結果、よりたくさんの人の目に留まるようになったと言える作品です。

あらすじとしては大阪市にある私立高校に入学した主人公は同い年で岸和田市に住んでいる本田美衣子に出会い、すぐに親友となるもその後美衣子に誘われて岸和田のマンションにあるたまり場に行くことでカグと呼ばれる青年と出会い、そこからたくさんの人との出会いを経て、様々な経験をしていくという物語です。

借金や病気、交通事故など、たくさんの不幸な出来事がある中で、必死に生きていく姿を描いた作品でもありますので、元気が亡くなった時や、辛い事があった時に読み終えて再び頑張ろうと思わせてくれる作品なので、元気づけられたい時に力を与えてくれる作品ですよ。

天使の恋

次にご紹介する人気携帯小説は天使の恋です。

天使の恋はsinによる携帯小説であり、それを原作にした映画も作られています。

天使の恋は携帯小説サイトであるおりおん☆で公開されており、アクセス数がなんと1300万PVを記録するなどの活躍がある作品です。

元々携帯小説から人気に火がつき映画化された時には佐々木希さんが初主演作となって話題になり、地上波でも放送されたりするなど様々な反響を呼んで2011年にはgreeにてソーシャルゲーム化されているという作品です。

物語のあらすじとしては他人を惹きつけるような美しさとカリスマ性を持っている女子高生である小澤理央は過去の出来事から、なかなか人を信用することができるにお金に価値を見出して利用できる人間としか付き合わないようにしていました。

しかしながらそんな主人公である理央が35歳のさえない大学講師の小澤光輝と出会い恋をしてしまい、恋をすることによって人間的な感情を取り戻してだんだんと変化をしていきますが、光輝には受け入れられない理由が存在し…というあらすじとなっています。

人をなかなか信じられない主人公が恋愛を通して人を信じていくことや人間的な感情を取り戻していく姿を見て勇気づけられたり、恋愛の素晴らしさを感じられるような作品となっているので、恋愛をしたいと思っている人や、その逆に恋愛の怖さや辛さから逃げたいと思っている人にこそ読んでいただきたい作品です。

携帯彼氏

次にご紹介する人気携帯小説は携帯彼氏です。

携帯彼氏はKagenによる携帯小説であり、それを原作とした映画です。

元々は携帯ウェブサイトである魔法の i らんどに掲載されて約280万人の読書記録して2008年2月27日に書籍化されるなどの実績を持った作品です。

あらすじとしては主人公の友人が謎の怪死を遂げた友人の死の真相を探るために、主人公は事件の原因とされている恋愛シミュレーションゲームである携帯彼氏を携帯サイトからダウンロードするも、そこには事故で亡くなった自分の恋人でとある事件の容疑者となっている直人という人物にそっくりなキャラクターがいる事に気づき、怪死事件の真相にたどり着いて行こうと奮闘するような内容となっています。

これまでご紹介してきた携帯小説の中で比較すると純愛もありつつもその内容はまさにサスペンスものでありミステリーの様子を加えた上で現代チックな携帯電話というアイテムを取り入れることによって新しい感覚で楽しめる作品となっています。

今でこそ携帯電話はたくさんの人が持って当たり前となっている時代ですが、その昔はまだまだ新しいアイテムとして認識されていたので、その携帯電話を題材にした作品ということで大きな注目を集めていた作品でもあります。

今だからこそ、昔の携帯電話が主流だった作品を楽しむ事で、新しい視野も広がると思いますので、サスペンス物が好きな方なども楽しんで見て頂きたいと思います。

Tokyo Real

次にご紹介する人気携帯小説はTokyo Realです。

Tokyo RealはRYUによって執筆された携帯小説であり口コミで話題となって2006年4月30日に単行本化されて、2007年8月18日には映画化されるなどの目まぐるしい活躍を遂げている作品です。

女子高生である文字は家はクラブでドラッグの売人と知り合ったことをきっかけに好奇心でトラックを始めて、そんなの日クラブである一人の男性と出会って次第に惹かれ合っていき、付き合い始めることによって主人公はドラッグを止めようとするも、なかなかドラッグの誘惑を断ち切るに依存してしまうと言うあらすじとなっています。

ドラッグの依存の恐ろしさであったり、恋愛の素晴らしさなどを感じさせてくれる作品となっているので、主に女性向けの作品となっていますが、読み進めていくと次第に引き込まれていくようなリアルな内容が素晴らしい作品でもありますので、まだ見たことがない方は一度ご覧になってみてください。

Teddy bear

次にご紹介する人気携帯小説はTeddy bearです。

Teddy bearは携帯小説作家である、べあ姫のデビュー作品です。

書籍化されて2006年8月10日に発売されて2007年7月25日にはサイドストーリーなども発売されそれぞれ20万部を突破するなどの大活躍の実績を誇っている作品であり2008年4月1日からは携帯ドラマ化されるなどの活躍が見られている作品です。

主なあらすじとしては、ごくごく普通の高校生である主人公が自分が高校に入学したのは周囲に流されたからで、自分の意思ではないという事に気づき高校に通う意味を見失ってしまい、次第に高校に行かなくなってしまいます。

そして昼夜逆転の生活をしてクラブに通う様になりそんな中で一人の男性に出会いこれが運命の出会いで恋人同士となります。

しかしながら、束縛されるようになり友人と会うことなども許さないその束縛ぶりが異常であると感じた主人公は嫌がり、別れを決意するも、そこには男性のある病気が関連してその行動を起こしていたという事実が存在するというあらすじとなっています。

恋愛の素晴らしさを感じさせてくれる作品でありながらその恋愛の儚さを感じることができる携帯小説なので、恋愛で悲しい思いをした時に是非読んでいただきたい携帯小説作品です。

幼なじみ

次にご紹介する人気携帯小説は幼なじみです。

幼なじみは魔法のiらんどで公開されている人気携帯小説であり、なんといままでに644万人もの数の人がサイト上で閲覧しているなどの驚異的な数字を誇っており、恋愛をメインとして小説内容となっています。

405ページにわたって書き綴ら得ている小説であり、魔法のiらんどで検索すればすぐに確認していただける作品です。

幼なじみというテーマなので、その名前の通り幼なじみの関係性で描かれる恋愛小説となっています。

まさに自分自身に幼馴染がいたり、似ている環境に身を置いている人に読んでいただきたい作品です。

作品を読み進めていくうちに自分自身でも感じられるような事があるはずなので、自分の姿を照らし合わせながら読み進めていくとさらに楽しく感じられる作品となっているはずですよ。

恋愛約束

次にご紹介する人気携帯小説は恋愛約束です。

恋愛約束は結衣による携帯小説であり、2008年に携帯ドラマ化されるなどの実績を誇っている作品です。

2007年にゴマブックスより書籍化されてその売り上げは20万部を越えるなどの活躍を行っています。

あらすじとしては、たくさんの彼女を持っている翼と幼なじみを一途に思い続ける無口な優斗の二人がひなたと同じクラスになり、そのひなたは優斗は好きになるも、優斗はひなたを一番に思えず、二人は恋愛約束を結ぶも、その恋愛約束が次第に二人を苦しめていくという物語となっています。

一体この恋愛約束がどういうものであるのかという事がとても気になると思いますしその後の展開などもなかなか予想できない展開であり最後までドキドキしながら楽しめる作品となっています。

余談ですが、この恋愛約束の小説がドラマ化された際には今こそ有名な坂上忍さんがメガホンを取り、ヒロインには広瀬アリスさんなどが出演しているなどの豪華な面々でドラマが製作されるなど注目の作品となっています。

携帯小説を見た後にドラマも見てみるとより楽しめる作品であると思いますよ。

王様ゲーム

次にご紹介する人気携帯小説は王様ゲームです。

王様ゲームは金沢伸明による携帯小説であり、モバゲータウンにおいて総閲覧数が4000万を突破するなどのモバゲータウンにおける最高総閲覧数を記録するなどの破格の人気を誇っている作品であり、現在では番外編を含んで8作品が公開されています。

あらすじとしてはある日高校のクラス32名全員の携帯電話に王様となるものからメールが届き、その命令は次第にエスカレートしていき、ついには命をかけた王様ゲームが始まるというような内容となっています。

次第にエスカレートしていく命令によるドキドキした感覚であったり、これから何が起こっていくのかということをハラハラドキドキさせる様な展開で描いている作品なので、ちょっとシリアスな展開や過激な描写が好きな方には楽しんで頂ける作品だと思います。

️携帯小説熱はまだまだ健在!?

今回は、たくさんの携帯小説をご紹介していきました。

携帯小説と一言に言っても様々な携帯小説が存在しており、ジャンルなども幅広く存在しているので自分が好きな作品などがなかなか見つかりづらいと思いますが、まずは自分の感覚を信じてなんとなく読んでみたいと思った作品から読んでいただくことが一番良いと思います。

たくさんの作品を読んでいく中でどういう作品が自分に合っており読んでいく中で楽しみを感じてくるのかということがしないに理解いただけると思いますので、作品に迷ってしまう方は自分の直感を信じて実際に作品を読んで見るところから始めてみるとより作品の面白さなどを直感していただけると思います。

携帯小説はかなり昔のコンテンツ内容だとたくさんの方に思われているかもしれませんがまだまだ携帯小説の熱は冷めていないです。

今でも携帯小説が根強く人気を誇っているのは、やはりその携帯小説が面白いからであるという事以外に理由はありません。

今ではたくさんの電子書籍などもスマホを介して紹介されていますが、漫画だけではなく、小説などもかなり面白い物はたくさんあります。

今でも携帯小説は一定の需要を誇っており、多くの方を楽しませてくれている作品となっていますので、まだ携帯小説を読んだことがないという方はこれからでも遅くはないので携帯小説を読んでいただいて、携帯小説の楽しさを実感していただきたいと思います。