CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

横顔美人の13個の特徴。あなたはどれが当てはまる?


「こんな美人顔に生まれてみたかった…」と、ため息が思わず出ちゃうほどの美しい顔の人っていますよね。

正面から見た自分の顔が、他人の目にどう映るかはもちろん気になるところです。

しかし意外と見落としがちなのは、正面ではなく横から見た自分なんです。

メイクアップをする時って、鏡を正面からしか見ませんし、横から見える自分を普段からチェックしている人は少ないかもしれません。

でも私たちは普段生活する中で、実は正面よりも、横から見られていることって多いものです。

ですから、自分の横顔を意識するのは大切です。

そこで今回は、横顔美人の特徴をお伝えしていきます。

この機会に、横顔も意識してみてくださいね!

この記事の目次

️横顔美人ってキレイで憧れる♪

顔の美しさは輪郭で決まると言われており、特に横顔で美人かどうかが決まると言われています。

横顔美人になるために、整形まで行なう人がいるほど、横顔美人に憧れる人は多いんです。

女優さんやモデル、歌手の女性たちの中では、どんな人が横顔がきれいだな~と感じますか?

芸能人の中にも横顔がとてもきれいな人ってたくさんいますよね。

女優さんだと石原さとみさんや、佐々木希さん、加藤あいさん、広末涼子さん、新垣結衣さん、桐谷美玲さんなど、本当にたくさんの横顔美人が出てきます。

木村カエラさんや綾香さん、aikoさんといった歌手の女性たちの名前も挙がっています。

いつも周りから見られている芸能人の人たちとは違って、私たち一般人は意外と横顔がどう見られているかに関しては無防備になりやすいものです。

ではどうしたら「横顔美人」になれるんでしょうか。

横顔美人とみなされている人はどんな人なんでしょうか。

横顔美人になりたい!

そもそも、自分の横顔をチェックするためには、鏡を2個使って覗いてみたり三面鏡使ってみたり、横顔の写真を撮ってもらってチェックするかしかないですよね。

それでも日常でふとした瞬間に、「あ、この人の横顔きれい」とドキッとさせられることがあると、自分の横顔って人からどう見られているんだろう…なんて気になってしまうものです。

当てはまっていたら既に横顔美人かも

横顔美人といわれる人、あるいは実際にそう感じる人は、どんなところを見てきれいだな~と感じるんでしょうか。

正面から見たきれいさと、横から見たきれいな人って何か違うものなんでしょうか。

実は、横顔がきれいだと言われている人たちには、おおむね共通している特徴があるようです。

その特徴に当てはまっていれば、横顔美人の仲間入りができる、ということになります。

わざわざ写真に撮ってチェックしたり、鏡を駆使して横顔を見ようとしなくても、簡単にセルフチェックできる方法もあるんですよ♪

特徴をマネすればきっと横顔美人になれる

横顔美人の特徴をよくマネして意識するだけで、だいぶ印象も変わってくるでしょう。

ではこれから、横顔美人に見られる特徴をいくつか見ていきましょう。

チェックしてみて、自分には当てはまらないと感じた人でも、あきらめる必要はありません。

ちょっとした毎日の努力と意識次第で、横顔美人は“作り出す”ことができるんです♪

️横顔美人の13個の特徴


それではまず、横顔美人だと言われる人に共通に見られている、いくつかの特徴を取り上げていきたいと思います。

全部の特徴を持っていなければ横顔美人とは言えない、というわけではありません。

もしどこか一部でも自信があるところがあれば、そこを思いっきりアピールしちゃってもいいかもしれませんね!

1.Eラインがある

横顔美人と言われるために結構重要な、「Eライン」と呼ばれる顔のライン。

Eラインとは、「エステティックライン」を略したもので、鼻先から下あごの先端までのライン上を結んだ線のことを言います。

実は横顔美人たちは、このラインが一直線上にきれいに整っている人が多いと言われています。

Eラインをチェックする方法は簡単です。

ペンや定規など、線がまっすぐなものを用意して、鼻の先端から下あごの先端に軽く触れるくらいに当ててみてください。

その時に唇がそのライン上にあるか、もしくは触れないくらいであれば、理想的なラインが作れている人だということになります。

唇がライン上に触れないくらいということですから、ほんの少しあごの方が唇より出ているのがベスト、ということになります。

Eラインというのは、アメリカの矯正歯科医が横顔の美しさの基準として打ち出したもので、美容整形や矯正歯科の中ではこのラインを基準として施術を行なっています。

日本人は欧米人と比べて、圧倒的にこのEラインを持っている人は少ないと言われています。

2.鼻が高い

Eラインで、鼻と下あごを一直線上に結んだ時に、唇が触れないくらいが理想のラインになるために、まず必須条件となるのは「鼻の高さ」と言えます。

この「鼻の高さ」は日本人にとってはとても不利なんですよね。

欧米の人は鼻が高い人が多いですが、日本人は鼻が低い人が多いので、欧米人のような完ぺきなEラインを持ち合わせている人は少ないのです。

鼻の高さは生まれつきのものなので、このEラインを作るために整形をして、鼻を高くする人もいるくらい、鼻の高さに日本人はどうしてもコンプレックスを感じてしまうようです。

他にも、横顔美人になるためには鼻が高いだけではなく、鼻筋がまっすぐであることや、鼻が上を向いていないことも挙げられています。

整形とまではいかなくても、毎日のちょっとした努力で鼻を高くしたり、鼻筋を通すこともできるようですよ。 

鼻筋を通すマッサージをしたり、鼻の硬骨を軽く叩いて刺激を与えることで、骨の成長を促すこともできるようです。

洗濯バサミやノーズグリップを使って、少しでも鼻を高くしようと努力している方もいるようです。

みなさん、それだけ鼻を少しでも高く見せたいと思っていることが分かりますよね。

3.ハリのある綺麗な肌

肌が汚かったら、どんなに顔のパーツやバランスが整っている人でも、きれいだとは感じないのではないでしょうか。

特に髪の毛をアップにした時なんかは、顔から首にかけて肌がモロに見えてしまうので、肌にハリやツヤのない老け肌はとても目立ってしまいます。

見た目をきれいに見せるためには、まず内側からきれいになる意識を持つように努力しましょう。

スキンケアを欠かさないことはもちろん大切です。

また、実はつい怠りやすいのは、産毛のケアなんです。

耳横(もみあげ)あたりからあごにかけて、産毛がそのまま残っていたりすると、それだけで肌がくすんで見えたり、黒ずんで見えてしまうことさえあります。

そういったちょっとした部分のお手入れをしているかは、大事なポイントになりますよ。

また、女性の強い味方であるメイクアイテムを上手に使えば、ハリツヤのあるきれいな肌を印象付けることもできちゃいます。

ハイライトを乗せるなどして、少しでもきれいな肌作りを心がけましょう。

4.まつげが長い

正面から顔をとらえた場合は、さほどまつ毛の長さは分からなくても、横から見るとまつ毛の印象って残りやすいですよね。

多くの男性は、女性がまばたきをしたり、伏し目がちになったりする仕草に思わずドキッとしてしまうそうです。

同性でもそう感じる時ってありますよね。

生まれつきまつ毛が短いという人もいると思いますし、本数が少ないのが悩みだという人もいるかもしれません。

でもまつ毛美容液を使って育てたり、つけまつ毛やマツエクなどをして長くすることもできます。

もちろんやり過ぎるとただ派手な印象を与えてしまうだけなので、ナチュラルで自分に合ったものにしましょう。

5.眉尻の位置のバランスが良い

横から見た時に意外と大事なパーツは、「眉毛」なんですね。

眉毛をどう描くかによって、顔の印象もだいぶ変わってしまいます。

特に横から見た時は、眉頭はほとんど見えませんので、眉尻の形や位置のバランスが非常に大切になってきます。

眉毛を書いていて、眉頭や眉山ラインまでは結構丁寧にしっかり描くけれども、眉尻はどうせ髪の毛で隠れるし…なんて手を抜いたりしていませんか?

横から見てもし眉尻が途中でプツリと消えていたり、長すぎたり短すぎたりと、位置が悪かったりすると、のぺっとしたブサイクな顔になってしまいます。

そうしたら横顔美人どころか、横顔ブスになりかねません。

正面からだけでなく、横から見てもきれいなバランスの良い眉を描くように心がけましょう。

ポイントは、まず眉尻は眉頭よりも少し高めになるように描くことです。

そして眉尻の位置が、小鼻と目尻をライン上で結んだ延長線上にあるように描くこともポイントとなります。

眉尻の位置は、横顔美人になるには大切なポイントとなりますので、手を抜かないように気をつけましょうね。

6.耳が綺麗

男性は、女性が髪の毛を耳にかけた時やアップにした時にふと見える、あごラインがたまらなくドキッとするそうです。

耳を出すことはいろんな良い効果もあります。

たとえば顔周りを明るく、スッキリ見せる効果がありますし、大人っぽさや色気をかもし出すこともできます。

清潔感や爽やかな印象を与えることもあるでしょう。

特に横から見た時の耳だしスタイルはとってもきれいに見えるので、積極的に耳を出していきたいですね。

ピアスやイヤリングなどで、アクセントを付けるのも良いですよね。

耳を出す時に気を付けたいのが、耳垢の掃除をきちんと行なっておくことです。

普段耳を出さない人だと、つい怠りがちで忘れやすい部分かもしれません。

せっかく耳だしスタイルにして、横顔がとってもきれいに見えるのに、耳が汚れていたら台無しですよね。

細かいところまで身だしなみチェックをするのも、横顔美人になるためには大切です。

7.唇の形が綺麗

横から見た時の、ぷっくりと膨らんだ柔らかい唇は、ドキッとさせられることがありますよね。

横顔美人のポイントとしては欠かせないパーツでもあります。

口紅やグロスをつけて、つややかな発色を出して魅力的に見せることもできますが、その時に唇がガサガサで荒れていてはきれいに発色してくれません。

唇の保湿やケアもきちんと行なって、プルプルのきれいな唇を保てるように心がけましょう。

8.口角が上がっている

美しいEラインを作り出すために大切なポイントに、唇がしまっていることが挙げられます。

唇がだらっとしていて外側に出ている状態は、だらしのない印象を与えてしまいます。

とくに最近では、スマホやタブレットの普及により、常に黙ったまま下を向いている状態が長時間続いている人が多くなっています。

そうなると、口周りの筋力はどんどん衰えていきますし、口元がゆるんで口角が下に下がった状態になってしまいます。

この口角が下に下がった状態は、表情も明るくは見えませんし、顔全体のバランスをゆがめてしまう大きなマイナスポイントです。

年老いた老け顔の印象も与えてしまいます。

それで頬の筋肉を引き上げたり、口角を上げる意識的な努力を続けるめうにしましょう。

口角を上げて、唇を内側に引っ込めることを繰り返します。

そうすることで口周りが引き締まってくるので、横から見た時もきれいなラインになれるのです。

9.美しい骨格

Eラインの基準はアメリカの医師によって作られたものなので、欧米人より鼻が低かったり、骨格が違う私たち日本人が同じ基準にどうしても満たないのは仕方のないことでもあります。

顔が大きいとか、骨のゆがみ、エラが張っていることが悩みの方もいるに違いありません。

確かに骨格の位置やバランスは、横顔美人には大切なポイントになります。

頬骨が小鼻より下に下がっていると、のっぺりした老け顔の印象になります。

顔のそれぞれのパーツよりも、骨格のほうが美人に見えるかどうかの印象には大きな要素となるようです。

10.シャープな輪郭

スッキリしたフェイスラインは、横から見た時にきれいに見えるかどうかに大きく左右する、とても重要な要素となります。

ちょっと下向きになった時にあごがたるんで、二重あごになっていることがありませんか?

そうしたたるみはマイナスポイントになってしまうので気を付けたいですね。

女性はむくみやすいですし、スマホを見るなどして下を向く体勢をする人も多いと思うので、毎日フェイスマッサージを欠かさないようにしましょう。

そうすることで、すっきりシャープなフェイスラインになれるように心がけましょう。

少しでも小顔効果を期待できるためにもマッサージは欠かせません。

11.綺麗な歯並び

歯並びは見た目に大きく左右します。

歯が出ていたり、歯並びが悪くガタガタしていたり、上の歯と下の歯が嚙み合っていないと、口を開けた時だけでなく閉じている状態でも口元が前に出てしまいます。

口元が前に出ている状態、いわゆるモンキーフェイスだと、鼻も低く見えてしまい、やはりEラインのバランスからはかけ離れた状態になってしまいます。

あまり歯並びが良くなく気になるようであれば、歯列矯正をするなどして歯並びをよくするのも手かもしれません。

12.色白

多くの男性は、きめ細やかで透き通ったきれいな色白肌の女性に心惹かれることが多いようです。

それは、色白の肌の女性に対して清潔感を感じることや、守ってあげたいという男としての本能や欲求のようなものが働くからだと言われています。

肌が透き通ったようにきれいな女性は、確かにそれだけで美人に見えますよね。

美白効果のあるスキンケアアイテムがバカ売れするのも、多くの女性たちが、肌を色白できれいに見せたいと思っているからなのでしょう。

もともとの肌質というのもそれぞれ違いますが、普段の少しの心がけで色白の肌になる事はできます。

生活リズムを整えることや、肌ツヤをよくするビタミンなどを取り入れることなどです。

また、肌にいちばん大敵なのは太陽の光ですから、日焼けをしない工夫をするだけで肌を色白に保つことができますよ。

13.オーラがある

パッと見ものすごい目立つ美人というわけではなく、どちらかというと平凡顔なのに、なぜだかきれいに見えてしまう人っていませんか?

そういう人はたいてい、美人オーラをまとっているんですよね。

つまり、雰囲気やたたずまいでオーラを放ち、実際に周りからはきれいだと評価を受けているわけです。

でもどうやってその美人オーラをかもし出すことができるでしょうか。

それにはナチュラルなメイクや清楚で清潔感のある、オシャレな服装を心がけましょう。

また、ふとした時に香る女性らしい香りも、美に対する意識の高さを感じさせます。

さらに、仕草や話し方、背筋をピンと伸ばすといった姿勢でも、美人オーラは作られていきます。

特に姿勢やたたずまいは、横から見えた時に「あ、きれいだな」と感じるものです。

横顔美人のポイントは決して顔だけで作られるものではない、ということです。

内面からにじみ出るオーラで、「どこから見ても美人」な女性になれるということを覚えておきましょう。

️横顔美人になる方法

横顔美人になるためには、見た目のバランスはもちろんのこと、内面を磨く意識や細かいところまでケアを怠らない事も必要です。

Eラインというのは、生まれつきの顔のバランスで大きく決まってしまうものですが、たとえ横顔美人の条件であるEラインではなかったとしても、横顔を魅力的に見せる方法はいくらでもあります。

つまり、自分の心がけや意識次第で、横顔美人になれる方法はあるということなんです。

では横顔美人になるためにできることをこれから考えていきましょう。

今すぐにでも始められるものも結構あります。

では具体的にどんなことができるか見ていきたいと思います。

スキンケアをする

スキンケアをしてきめ細かいきれいな肌を保つことは、横顔に限らず、全体の顔の印象を明るくし、女性らしい印象を与えるために大切です。

私たちの肌は、毎日紫外線や乾燥など、外部からの刺激でダメージを受けています。

ホルモンのバランスが崩れることで、肌が乱れてしまうこともあります。

肌の乱れを隠そうとしてメイクでごまかそうとするかもしれませんが、厚塗りをしても肌の透明感は出せません。

やはり素肌美人を目指して、きれいな素肌を維持したりケアすることが大切です。

クレンジングだけでなく、洗顔後には化粧水や乳液、美容液などで肌にたっぷり潤いを与えるようにしましょう。

パックをすることも良いですよね。

洗顔後なるべく早いうちにスキンケアをすることで、透明感のあるきめの細かい素肌になれます。

スキンケアは顔だけでなく、首やデコルテ部分もしっかり行なって、横から見た時に首周りは肌の衰えが見える、なんてことにならないように気を付けてくださいね。

美しさはメイクではなく、スキンケアから始まることを覚えておきましょう。

眉の形を整える

横から見た眉の位置やバランス、形は非常に大切です。

気を抜かずに眉尻までしっかりと形を整えましょう。

横から見た時に眉がきちんと整っていて、長すぎず短すぎずのちょうど良いバランスで描くことで、メリハリのある美人顔の印象を与えることになります。

ムダ毛はきちんと処理をして、ナチュラルでありながらもキリっとした、スッキリ眉は横顔美人というイメージを持ってもらうためにはとても大切です。

眉毛一つで顔の印象はぜんぜん変わってしまうからです。

産毛処理をする

もみあげの辺りや、耳下からあごにかけて産毛が生えていると思います。

人によってその量や濃さは違うと思いますが、そのまま伸びきった状態にしておくと、「え?!ヒゲ生えてるの?!」と思われてしまうくらい、肌が黒ずんで見える可能性も。

横顔をきれいに見せるために髪の毛を耳にかけたり、アップにする方も多いと思いますが、産毛はけっこう目立ってしまうのでまずきちんと処理をしましょう。

せっかくスキンケアをして色白できれいなのに、産毛で肌がくすんで見えたり汚く見えてしまわないように気を付けたいですね。

耳掃除をする

最近は「耳だしスタイル」が女性たちの間で人気です。

髪の毛をスッと耳にかけると、男性も思わずドキッとしてしまうくらい耳を出すことには女らしさをアップさせるのに良い効果があります。

せっかく耳を出して女らしい魅力を最大限に引き出したのに、耳の中にゴミや垢がたまっているのが見えたらドン引きされてしまいかねませんよね。

横顔美人を目指したいなら、耳掃除もきちんと欠かさないように意識しましょう。

普段はあまり見せない部分だからこそ、きちんと手入れしておくことで、女性としての魅力をさらにアップさせて評価を上げることができるに違いありません。

耳掃除をする時には耳の中や表面はもちろんのこと、耳の裏側まできちんと丁寧にお掃除しましょうね。

口角を上げる

口角が下がってしまうと、顔の印象も老け顔になってしまいます。

横から見た時もあごが二重あごになってしまったり、頬辺りがたるんで見えたり、口元がだらしなく見えたりと、美人からは遠い印象になってしまいます。

口角を上げることで口元も引き締まって見えますし、頬や口周りの筋力を鍛えることもできるので、習慣的にフェイスアップのためにも口角を上げることを意識しましょう。

口元がキュッと上がった笑顔は、とても良い印象を与えます。

口をすぼめたり広げたりする動きや、口を膨らます動きをすることで、口周りの筋力を鍛えてみましょう。

まつげを伸ばす

まつ毛が短いとか、本数が少ないとお悩みの方もいるかもしれません。

基本的に日本人は、欧米人と比較すると本数も長さも少ないですし、カーブ度合いも違います。

でもまつげ美容液などできちんとケアをすることで、劇的ではないにしてもまつ毛を伸ばすこともできるんです。

コスパの良いプチプラアイテムもたくさんありますから、ぜひ活用してみましょう。

また、まつエクやつけまつ毛などでまつ毛を長く見せる方法もあります。

自分のまつ毛の量や長さに合ったものを付けて、ナチュラルでありながらも目元をきれいに見せてくれるまつ毛美人を目指しましょう。

顔のマッサージをする

フェイスマッサージをすることで、女性には特有のむくみを取って小顔に見せる良い効果があります。

顔周りの筋肉が鍛えられることで、頬やあごが引き締まって、若々しい印象を与えることになります。

スッキリしたシャープな印象のフェイスラインは、横顔美人にはとっても大切です。

ほほが下に下がるのを防ぐことができますし、マッサージをすることで血行も良くなるので、肌も明るく顔色の良い健康的な美人になることもできます。

横顔美人という点を意識すると、特に首から耳にかけてリンパマッサージをしてあげることや、頬骨の辺りから目尻にかけてマッサージをすることで、よりスッキリした印象を与えられると思います。

まっすぐ前を向く

いつも下を向いていたり、姿勢が悪い人は、どの角度から見てもきれいには見えません。

表情も暗く見えますし、美人オーラがまったく出ていないので、魅力的な人とは映らないでしょう。

まっすぐ前を向いた凛とした姿は、それだけでオーラをかもし出します。

内面からにじみ出る揺るぎない自信やたたずまいは、思わず周りの人をドキッとさせる雰囲気や美人オーラを感じさせるものとまります。

歯列矯正をする

歯並びがきれいかどうかは、バランスの良い顔になるかに大きく関係してきます。

歯並びが悪いとEラインのバランスはもちろんのこと、口元が前に出て不格好に見える原因ともなります。

そんな時におススメなのが歯列矯正です。

歯並びを改善し、矯正することで顔の輪郭や骨格のバランスを整えることができます。

最近ではワイヤーを歯の表ではなく裏側に装着するタイプの矯正具や、透明カラーで取り外しのできるマウスピース型の矯正方法もあるようです。

大人になってからでも働きながらでも人に気づかれることなく矯正できるので、たいへん人気となっているようですよ。

整形をする

日本人はどうしても平たい顔立ちになっているので、Eラインの基準を完ぺきに満たせる人は少ないようです。

どんなに頑張っても欧米人のような鼻の高さにはなれなせんし、骨格や輪郭も異なります。

そのために、Eラインを目指して整形を行なう女性も増えているようです。

昔と比べると整形のハードルはずいぶん下がり、気軽に行なえるプチ整形も増えてきました。

日帰りで行なえる簡単な整形方法も多いので、若い女性たちを中心に人気になっているようです。

たとえば、横顔美人の条件には、鼻筋を高くし下あごが唇よりもほんの少し前に出るというものがあります。

鼻筋を高くしたり、あごの先端を少し前に出すために、ヒアルロン酸を注入したり、レディエッセというプチ整形が人気となっているようです。

また、半永久的な効果を望む人は、プロテーゼを鼻やあごに入れたり、マイクロCRF注入という脂肪注入なども人気のようですよ。

整形を前面に押し出すことはあまりしたくありませんが、どうしても気になるところがあるなら選択肢の一つとして考えてみるのも良いかもしれません。

️横顔を意識して美人を目指そう!

いかがでしたか?

普段あまり気にすることのない横顔かもしれませんが、実は周りの人からはよく見られているのは横顔なのかもしれないですね。

みんながみんな、Eラインの基準を満たせているわけではありませんし、チャームポイントもそれぞれ違うと思います。

ですが、普段のちょっとした心がけで、横顔美人を目指せるということが分かります。

話し方や立ち居振る舞い、姿勢や仕草一つでも変わりますし、毎日のスキンケアやフェイスマッサージを欠かさないことで、顔の印象や作りを変えることもできます。

ぜひ「横顔もとっても美人だね」と言ってもらえたり、思ってもらえるように、横顔美人を目指して頑張りましょう♪

【横顔を美しく見せるためには、こちらの記事もチェック!】

ページトップ