「なにか足を長くする方法は存在しないのだろうか?」

足に悩みをもつ人であれば必ず一度は考えることですよね。

たとえそれがジンクスだったとしても、やってみてそれなりの効果が出ればある程度は満足できるはずです。

そこで今回のテーマですがズバリ足を長くする方法についてお話しします。

あれこれやってもダメだったという方は参考にできるものがあるかもしれませんよ。

この記事の目次

️足を長くしたい…誰しも考えたことがある悩み

あなたは自分の足の長さに満足していますか?

このような質問をされた場合には返答に困ってしまいますよね。

気持ち的には「十分満足です!」と答えたいけれど、実際のことを考えたら「満足してません」と返事をする方も多いのではないでしょうか。

とにかく農耕民族の遺伝子をもつ日本人ですから、足の長さに悩みをもつ人は沢山います。

スポーツの中継などを見ていても、やっぱり日本人は足の短さが目立ってきますよね。

陸上などで外国の選手はスラリと伸びた足に見惚れるような筋肉がついていて、本当にカッコイイと思います。

一方、日本選手の場合は太ももが太くかなりダイナミックな足をしていますよね。

カッコいいことは認めますが、テレビなどの画面を通じてみるとやはり足が短く見えてしまう方が多いと言えます。

中には本当に綺麗な足をしている人も見かけますが、多くの場合は典型的な日本人体型なのでちょっぴり残念にも思えます。

筋肉などの付き方にもよりますが、足が短く見えるというのも日本人の特徴なのかもしれませんね。

足を長くしてスタイルを良くしたい


どんなにオシャレな服を着ても、足が長くないとスタイルが悪く感じてしまいますよね。

足の長さは全体のバランスを整えてくれますので、スタイルを考えていく場合にはかなり重要です。

足が短れければどうしても胴と顔の方に視線が集中してしまうので、見栄えが悪くなってしまいますよね。

やっぱり好きな服などでオシャレを楽しむのであれば、足が長い方が似合いますし、実際に足の長い人が同じ服を着たときには別の服にも感じられます。

そのくらい足というのはスタイルにとって大切なのです。

足が長いとどんなファッションでも映える

例えばTシャツに短パンのようなかなりラフな格好をしても、足が長いと不思議と似合ってしまいます。

同じことを足の短い人がやった場合には、ちょっと感想を言うのが申し訳なく感じてしまいますよね。

スーツやドレスといったものもバッチリと決まりますし、どんなファションでも映えるのは全て足が長いという理由です。

もう短足で落ち込みたくない


短足と呼ばれて嬉しい人は少ないと思います。

子供の頃はそれほど感じなかったスタイルなども、成長期に入ってくるとかなり違ってきます。

男子も女子もこの頃になると足の長さや体型にそれぞれ違いが出てきます。

中には短足という理由からいじめられる人だっています。

こうした嫌な思い出は一生忘れることはないですし、心の傷になって残ってしまいます。

なんとかしたいと思ったところで有効な手段は思い浮かびませんし、段々と生きていくことにも投げやりになってしまう事だって考えられます。

足を長くするって本当にできるの?

結論から言うと足を長くする方法は存在します。

その方法は知らないだけでいくつもあるのです。

それには色々な生活態度を変えていかなければいけませんし、やり始めるとなると簡単にできることではありません。

成長期の段階であれば色々な方法を用いて骨を延ばすことを優先できますが、成人した場合にはもう骨の成長は期待できません。

ですから、足を延ばすような体型を作り上げていくことになるのです。

生活や体のケアで長くなる

普段の生活を見直したり、体をきちんとケアしてあげれば、足の長さを変えることはできます。

正確にいえば、長さを変えるというより本来の元の長さに戻すのです。

これは姿勢などが主な原因になっていますので、その辺りを徹底的に矯正していくことになります。

さらにスタイルと良くするということも同時に考えていかなければならないので、かなり大変になってくるかもしれません。

体重が重いままだと足に余計な負担がかかり、要らない筋肉もついてしまうので、足のバランスが悪くなってしまう可能性があるからです。

ですがこういったことを一つ一つクリアしていけば、今までのコンプレックスだった足の短さは解消される可能性があります。

大変ではありますが、自分が悩み続けてきた問題を解消できるならばやってみる価値はあると思います。

足を短くするジンクスもある

世の中には足を短くするというジンクスもあります。

例えば正座などです。

昭和の時代などは食事などの時には正座をさせる家庭が多く、その影響で足が短くなったかもしれないと言われています。

正座ばかりしていると、足への血の巡りが悪くなってしまう可能性があるのです。

ですがこのジンクスについては、あまり関連性がないという結果が出ています。

正座によって足が短くなるということはあまり影響しないそうです。

むしろ食生活の欧米化が進んだことで、足の成長が良くなっていると言えます。

昔は現在ほど栄養のある食事内容ではなかった為に、成長がストップしてしまうことが多かったとされています。

その結果として足が伸びないということだったのかもしれません。

️足を長くする8個の方法

では具体的に、何をすれば足を長くすることができると言われているのでしょうか。

1.ダイエットをする

まずは全体を細くすることから始めましょう。

ダイエットは足を長くするためには欠かせないので、この段階で諦めてしまわないようにして下さい。

体全体が細くなれば、当然足も細くなります。

今まで余計な筋肉がついていたためにバランス悪くなり短足に見えていたものも、ダイエットで体全体を細くすることによって、全く違った見え方をしてくるでしょう。

ただし、食事を抜いたりと過度のダイエットはかえって健康を損なうことになりかねません。

足のために不健康になってしまったら意味はありませんよね。

ダイエットもきちんと正しい方法で行うようにしましょう。

足が細くなれば長く見える

足が細くなってすっきりとした状態であれば、足が長く見えます。

太ももなどに筋肉がつきやすい人は、それを支えるふくらはぎの筋肉も発達してしまうために短く見えてしまうのですね。

この部分のダイエットをすれば、足の長さにも自信が出てくるかもしれません。

足のマッサージから始めよう

始めは足のマッサージをするようにしましょう!

足の裏から始まってふくらはぎ・太ももへと順番に行っていきます。

リンパの流れも良くなってきますので、余計な老廃物も取ってやります。

この際には水分補給をしっかりとしながらやってください。

せっかくマッサージをしても水分が足りなければ十分な効果は得られません。

マッサージの前は必ずコップ1杯の水を飲んでから行うようにして下さい。

このマッサージが済んだら次に行うことは足メインの運動です。

足メインの運動をする

足メインといっても、自宅で簡単にできる一番有効な運動はスクワットになります。

これは主に太ももを痩せさせるものであり、足を長く見せるには効果的でしょう。

簡単な運動なのですがスクワットはかなりキツイ運動です。

ももの部分と地面が平行になる位にまで腰を落としていかなければ効果がありませんので、最初のうちは無理をせずに継続することをメインに考えましょう。

以下に効果的なやり方を書いていきます。

①両足を肩幅に開き姿勢を整えます。

②胸を張るような状態で腰をゆっくりと落としていきましょう。

この時に気をつけたいのが腰を落とす位置です。

太もも部分が地面と平行になるくらいにして下さい。

③平行になったところで3秒から5秒の間、その姿勢をキープしましょう。

④ゆっくりと腰をあげていき最初の姿勢に戻って下さい。

以上のことを無理のない程度で始めてみましょう。

目安となる回数は10セットを2回ほどです。

最初から飛ばしていくと筋肉痛などがひどく続かなくなってしまうので、段々と数を増やすようにすることが大切です。

足のストレッチをする

このスクワットが終わったら筋肉を伸ばすようにストレッチをして下さい。

ストレッチの方法は部位によっても違う方法がありますが、十分に筋肉を伸ばしてあげて下さい。

このストレッチは寝る前のほうが効果的ですので、スクワットの運動をした後はストレッチで筋肉を伸ばし、就寝という形が理想と言えます。

また足のむくみなども取れますので、翌朝の疲れ具合が違ってくるでしょう。

足が軽いと昼間もエネルギッシュに活動出来ますので、ストレッチも欠かさないようにして下さい。

2.食事に気をつかう

ダイエットを行う場合は、普段の食事にも気をつかう必要があります。

タンパク質や野菜など色々な食材を使い、健康維持のための食事をするようにして下さい。

また、体重も減らしていきたいので、食事の時間にも気をつけるようにしましょう。

消化のよいものを中心にすれば翌朝の目覚めもスッキリですし、肉などの消化に時間がかかるものはなるべく控えた方がいいかもしれませんね。

自分の足が主に脂肪によるタイプであれば野菜を中心とした食事にして、むくみなどがある場合には塩分にも気つける必要が出てきます。

一番気をつけることは摂取カロリーですので、夕飯のときは特に注意が必要です。

栄養バランスを考える

栄養バランスもダイエットをするときには必要になってきますよね。

リンゴダイエットなど1品しか食べないようなものは、体調の悪化に繋がりますのでやめておきましょう。

一番は野菜を中心としたメニューです。

煮たり蒸す調理方法であれば量もとれます。

そして3食きちんと食事をするということも大切です。

食事を抜いたり、無理なダイエットはリバウンドの原因にもなります。

野菜であればカロリーも少ないですし、続けていくうちに体重も減ってきますので、急激に体重を減らすような方法はとらないようにして下さい。

血行を良くする食べ物

ダイエットに限らず血行を良くする食べ物は毎日食べるようにして下さい。

一番手軽なものは納豆や豆腐の大豆食品です。

納豆は苦手な方でも豆腐であれば大丈夫だと思います。

値段的にも手頃ですし、毎日続けるとなれば食材にかかるお金も考えないといけませんよね。

他には青魚などもオススメです。

血液のドロドロを抑えてくれるので、週に3回ほどは食事のメニューとして考えたいです。

いずれのものもダイエットに限らず普段から取り入れてほしいものです。

夏などはトマトも良いでしょうし、年中手に入る玉ねぎが便利なのですが、生で食べないと血液サラサラ効果が期待できないという難点も出てきてしまいます。

そういったことから考えても大豆食品はかなり優秀であると言えます。

3.足のむくみをとる

むくみというのも見た目を大きく変えてしまいます。

むくみをそのままにしておくと足が太くなり、足が短く見えてしまいます。

スラっとしたモデル体型に近づくためには、むくみ対策も必要なのです。

その為に必要なのは足のマッサージです。

オイルなども用いて丁寧にしてあげましょう。

この時に必要なことはリンパの流れをよくすることです。

足には老廃物や余分な水分が溜まりやすい状態になってしまうので、リンパの流れを良くしてあげて下さい。

オイルマッサージであれば、特に力は必要としないので、足をさするような感じで足の裏から始めると良いです。

その時に注意したい事が、流れを良くすることが大切です。

マッサージを始める前に、太ももの付け根部分を軽く押えることでリンパの流れが良くなってきますので、左右の付け根部分を15秒ほど軽く押してから始めるようするといいでしょう。

また寝るときの体勢ですが足を高くして寝るとむくみ解消になります。

座布団のようなものを足の部分に置いて、普段よりも足を高くして寝てみてください。

むくみがなくなれば、ふくらはぎをスッキリとさせますので、足を長く見せるのにはとても有効だといえます。

4.姿勢を正しくする

そして、姿勢を正しくするのがが一番大事なことになります。

人の身体は必ず歪みというものがありますが、その原因となるのは姿勢の悪さです。

前かがみになりがちだったり、猫背といった状態が続くと、歩き方も悪くなってしまいます。

結果として多くなるのがO脚です。

このO脚が足を短くしている原因になるのです。

足が真っ直ぐな状態でなければ、足が短くなってしまうのも当然です。

全ての人がO脚というわけではありませんが、体の歪みは色々な箇所に負担をかけてくるので、歪みの多い体は足が短くなる確率は高くなってきます。

歪みが解消されてくると体全体のバランスも良くなりますよね。

姿勢も正しく改善されてくれば、筋肉の付き方も平均してついてくるようなるでしょう。

姿勢を正しくすることは足を伸ばすことにもなり、長く見せることにも繋がってくるのです。

そして足だけではなく骨盤の矯正などにも注目しましょう。

骨盤のズレは体調が悪くなる原因となったり、下半身太りにも繋がってきます。

わずかなズレを直すことにより、リンパの流れをよくしたり姿勢の改善になりますのでとても効果的でしょう。

ただし自己流でやってしまうとさらにズレてしまう場合などがありますので、骨盤の矯正に関しては専門家に頼りましょう。

また体の歪みが改善されてきたら歩き方にも注意しましょう。

正しく胸を張って歩くことで適度な筋肉もつきますので、日々のダイエットにも役に立ってきます。

5.正座をしない

正座の話は足を短くするジンクスでもお話ししましたが、血行が悪くなってしまうので足のむくみなどを引き起こす原因になってしまいます。

短時間であればあまり問題ではありませんが、正座することが普通の生活の場合は改善することが必要です。

足全体の血行を良くするためにも椅子の生活は欠かせませんし、なるべく正座をしないことがスッキリとした足を保てる秘訣にもなります。

6.靴にインソールを入れる

また足を長くするためには、インソールを活用することもできます。

家の中ではさすがに靴をはくことはできませんが、外であればインソールを入れた靴を履いて出かけるのも良いでしょう。

単純にファッションなどを楽しむのであれば最も早く効果が出ます。

こういったものを取り入れながら足痩せであったり、違う改善方法を行っていくことも必要かもしれません。

これは自分のモチベーションを保つためにも大切なことですし、恥ずかしいと思わずに一度使ってみてください。

7.足が長く見えるファッションにする

女性であればヒールを履くことが一番簡単に足を長く見せることができますよね。

同時にO脚の女性が多いので、体の矯正なども取り入れてみると一段とスタイルアップが期待できます。

男性の場合、色を工夫するようにして下さい。

靴の色とズボンの色を黒でまとめてしまえば、足が長く見えるようになります。

ズボンと靴が同じ色になることによって、1本の線ができ足が長く見えるのです。

ファッションによっても足の見え方はかなり違ってきますので、研究してみましょう。

こういったことも考えて姿勢を伸ばすことを実行していったりダイエットを平行してやれば、コンプレックスとなっている足の長さも改善されていくでしょう。

8.手術で足を長くする

強制的に足を伸ばすのであれば、外科的手術という方法があります。

イリザロフ法というものを用いれば、一日に1ミリ程度の骨を伸ばすことができるのです。

手術にかかる費用も国などによって様々ですし、なによりもデメリットが大きいと言えます。

この手術の場合、骨を切断して伸ばしていくという方法なのですが周りの筋肉などはそのままの状態です。

当然神経もその長さのままになります。

神経痛などを経験したことがある方はわかると思いますが、かなりの激痛を伴うようです。

人によっては耐えられないほどの痛みを味わうことになるでしょう。

かなりのリスクも背負わなければいけない手術なので、おすすめは出来ない方法です。

️足を目に見えて長くするのは難しい

以上足を長くすると言われる方法をご紹介してきましたが、いずれの場合も短時間で効果がでるものではありません。

ダイエットにしてもそうですが、正しい方法を取らなければかえって体調が悪くなったりとデメリットも存在してきます。

姿勢を正すことも簡単そうで難しいですよね。

長年の習慣というものはそう簡単に直るものではありません。

なかなか自己流での改善は難しいでしょう。

骨盤矯正は素人の判断では危険を伴いますので、正しい方法を教えてくれる専門家と一緒にやっていくことが望ましいと言えます。

そして確実に足を伸ばす方法として手術のこともあげましたが、費用の負担や骨を伸ばす際に生じる激痛のことを考えれば、本当に必要な人以外はやめておいた方がいいのではないでしょうか。

世の中には低身長すぎて悩みを抱えている人が実際にいて、そういった方が手術を受けていますが、予定の半分にも満たない手術でやめている人が多いとされています。

原因は、あまりにも長期間にわたる耐えることができない痛みによるものです。

決死の覚悟で挑んだにもかかわらずやめてしまうのですから、その痛みは想像を絶するものだと予想がつきますよね。

多少の足の短さであれば、ファッションやインソールなどの簡単な方法でカバーできます。

あまりにもリスクが大きくなってしまえばそれだけ体にかかる負担が増えてしまい、念願の足を伸ばすことに成功したとしてもその後の生活が心配でもありますよね。

自ら危ないことに挑戦するよりも、足を長く見せるような方法を選ぶことがリスクがなく安全なのかもしれません。

まとめ

足の長さは日本人であれば、ある程度はみんなが悩んでいる事でもあります。

もっとファションを楽しみたかったりと理由は様々ですが、何かしらの解決策はあるということもわかりました。

ですがこういったものはかなりの時間を必要としますし、それなりに努力を続けなければいけません。

生活する上で本当に困った事態であるならば、足を長くする方法は必要にも思えます。

ですが、普段の暮らしの中でそれほど問題はないとしたら、自分の考えを変えてみることも大事ですよね。

足が短いということも、靴にインソールを入れたりと見せ方一つで簡単に解決することも出来ます。

その分の余った時間を他のことに使うこともできますし、メリットに感じられることも多いような気がします。

人に与えられた時間はそれぞれ決まっています。

足を伸ばすことにかける時間も人によっては必要ですが、それほどの問題とならない方は他のことに時間をとるという選択も出来るのです。

コンプレックスをなくすことは心の傷が減ることになりますが、体に負担がかかってしまうことも考えられますので、何を選択するにしても慎重に選ぶようにしていただければと思います。