世の中に存在している生命体はたくさん存在していますが、たくさんの生命体の中でも人間は特に特別な存在であると考えることができます。

なぜ特別な存在なのかと考えた時に、なぜならば人間には多彩な言語能力、そして感情が備わっており、地球上で唯一の知的生命体であると考えることが出来るからです。

元々地球には様々な生命が存在していましたが、たくさんの生命の中から厳しい環境で進化をしてきた種族が私たち人間なのです。

だからこそ私たち人間は特別な存在であると考えることができるのです。

時に私たちの行動習慣を考えてみると、他の生命体とは違うような行動なども顕著にみられます。

例えば、趣味という存在も一つの他の生命体とは違う部分と理解することが出来ます。

地球上に存在している生命体はたくさん存在していますが、そんな生命体の中でも個々で違う複雑な趣味などを楽しんでいるのは私たち人間しか存在していないからです。

人間以外の生命体が何かのスポーツを行ったり、筋トレをしたりするなどの複雑な事などはしないですよね。

だからこそ、趣味という存在も他の生命体が持ったりしない特別な存在になるのです。

そんな趣味の中には、嗜好品と呼ばれるものがあります。

私たち人間だからこそ、嗜好品を使いこなして楽しんでいると考えることが出来るのですが、今回は嗜好品をテーマにして、嗜好品にはどのようなものが含まれるのか、微妙な線引きなどを言葉の持っている意味からご紹介していきたいと思います。

嗜好品って何が含まれるの?

あなたは嗜好品という言葉を聞いたことがありますか?

ある程度の年齢になっている方だったり、様々な人生経験が豊富な方に関しては嗜好品という言葉がどのような意味を持っているのかということは理解しているかもしれませんね。

しかしながら、まだ幼い年齢であったり、人生経験がまだまだ乏しい方に関しては嗜好品という言葉は難しすぎて理解できていないかもしれません。

なかなか学校で習うような漢字ではありませんので、大人になってから初めてその意味などを知ったりするような事などがあると思います。

特に嗜好品という言葉に関しては難しい漢字が使用されていますので、意味を感じから読み取りにくい言葉にもなります。

だから意味なども散漫になってしまいやすく、正しく理解している人は大人の方でも少なかったりします。

そこで、嗜好品とは具体的に何を意味しているのか、何が嗜好品に含まれるのかという事などを一緒に考えていきたいと思います。

嗜好品とは

嗜好品という言葉はもともと1912年に雑誌に掲載された森鴎外の小説に記述されているところから始まったと言われています。

なので、考え方によってはまだ生み出されたから100年程度しかたっていないような、歴史の浅い言葉であるとも考えることが出来ます。

しかしながら現在に至っては様々な場面で用いられることがあるような言葉としても認識されています。

知らなかった時に恥ずかしい場面に遭遇してしまう可能性もありますし、純粋に知識として身に付けておくだけでも損になるような事もありませんし、大人になるとこの手の話などによくなりますので、かならず覚えておくようにしましょう。

嗜好品の意味

嗜好品とはどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、嗜好品とは趣味性がとても高いものであると考えることができる言葉です。

私たち人間は様々な趣味を持っている生き物ということは誰もが知っている事実ですよね。

例えば、人によってはランニングをするのが趣味だと感じていたり、人によっては筋肉トレーニングをするのが趣味だと考えていれ場合、そして人によっては料理を作る事が趣味だと感じている場合など、様々なケースが想定することが出来ます。

いずれにしてもその趣味の延長線上にあるような事が嗜好品という言葉に繋がるという事を理解してください。

では、その延長線上にあるものの具体的な存在とはどういうものなのかを嗜好品の意味とともに考えていきます。

風味や快感を味わうための食品や喫煙物


嗜好品とはどのような意味を持っている言葉なのかと考えると「風味や快感を味わうための食品や喫煙物」を意味しています。

これはどのような物が該当するのかと考えた時に、例えば風味や快感を味わう食品を考えてみると、その代表的な存在としては「お酒」などが存在すると思います。

私たちがお酒を飲んだりするのがお酒を飲んだ後に感じることができる快感であったり、解放感がメインで飲まれていると考えることが出来ますよね。

なので、味というよりは快感を味わうために好まれている飲料物、つまり食品であると考えることが出来、嗜好品であると判断することが出来るのです。

それ以外にも、風味や快感を味わう喫煙物を想像してみると、「たばこ」などが該当すると考えることが出来ます。

たばこなどもお酒と同様に、どちらかといえば味を楽しむのではなく、たばこを吸うことによって得ることができる快感を目的とした喫煙物、つまり嗜好品であると判断することができるのです。

このように考えてみると嗜好品と呼ばれるものがどのような意味が含まれている言葉なのか、そしてどのような存在のものが嗜好品になるのかという事がよくお分かりいただけるはずです。

趣味として楽しむもの

嗜好品という言葉にはその他にも意味が存在しており「趣味として楽しむもの」という意味が存在しています。

趣味として楽しむものというのはどういう意味なのかと考えた時に、その名前の通り趣味として楽しむだけを目的に摂取されるもの、もしくは利用されるものを意味しているのです。

具体的にどのようなものが該当するのかと考えた時に、先ほどご紹介したお酒やたばこなどももちろんですが、それ以外には大麻やマリファナなども該当しています。

これらに関しては日本では使用することが出来ませんので、海外での使用などに限定されるような状況にはなりますが、たくさんの植物系の非食品のものなどは存在しています。

生きるために必要ではない

嗜好品という言葉がいまいち理解することができないと感じている方は、わかりやすく考えるのであれば「生きるために必要ではない」という定義で考えてみると分かりやすいかもしれませんね。

例えば、先ほどご紹介したお酒やたばこなどに関しては、人によって好き嫌いは別れるものになりますよね。

お酒やタバコがないと生きていけないと感じていること重要視しているような人もいれば、元々お酒が弱くあまりお酒を飲むことが好きではないと感じている方もいますし、お酒が飲めても別にお酒を飲まなくても平気な方もいます。

それ以外にも、たばこの匂いなどが生理的に無理だと感じるような人もいますよね。

こうして考えてみると、嗜好品か嗜好品ではないかということを区別するときに大切な考え方のポイントとして、生きるために必要ではないものと考えると分かりやすく区別することが出来るようになるはずです。

人生にプラスの楽しさを与える

嗜好品という言葉をさらに深く理解するために考えていただきたい大切な考え方の一つとしては「人生にプラスの楽しさを与える」という事も含まれてます。

これはどういうことかと言いますと、私たち人間は楽しいことが大好きなはずです。

なぜならば楽しいことをすることによって気分の高揚感を味わうことも出来ますし、日常的に感じているストレスを緩和させる効果もありますので自分の健康に繋がる大切なことになるからです。

そんな楽しさを味わうためには時には人生を生きる上で絶対に必要ではないようなこともすることが大切なのです。

それを踏まえて考えてみると、嗜好品という存在は必ずしも人生に必要はないにしても、自分の人生に楽しさということをプラスしてくれる大切な存在であるということがよく分かるはずです。

なので嗜好品かどうかを判断する場合、嗜好品を利用することによって人生にプラスの楽しさを与えてくれるものかどうかと考えると分かりやすいと思います。

実際にお酒やたばこに関してはこのポイントに合致していますよね。

楽しさを与えてくれるからお酒を飲むし、たばこを吸うのです。

例えそれが体に悪いとしてでも、それでも楽しさを感じさせてくれる嗜好品を選択してしまうほど魅力的な存在に私たちは感じやすい生き物なのだという事です。

ストレス解消にも役立つ


嗜好品の特徴を考えてみると、先ほどもお伝えしたように「ストレス解消に役立つ」という大きなメリットが存在しています。

今の時代はストレス社会と呼ばれており、特に日本はたくさんのストレスは発生しやすいとも言われています。

なぜならば、日本はサービスなどにとても厳しい国でもあり、消費者の方が圧倒的に上の立場になってしまいやすいからです。

また、不景気の時代で人員不足ということもありますので、たくさんの会社員が長時間労働を行っており、プライベートを楽しむ時間もなくなりやすく、なおかつストレスだけはどんどん溜まっていきやすい状況になっていると考えることができます。

なので今の時代はストレス社会と呼ばれているのですが、そんなストレス社会に対抗するためにはストレスを発散する方法を個人個人が見出さなければいけないのです。

それを踏まえて考えてみると、世の中の多くの人間が嗜好品を楽しんでいるということがすぐに理解できるようになるはずです。

つまりストレスを感じやすい場所と嗜好品には密接な関係性があると判断することが出来ます。

嗜好品の定義

嗜好品がどのような意味を持っている言葉なのかということがある程度お分かりいただけたと思います。

そこで、考えて頂きたいのが嗜好品にはいくつかの定義が存在している事が明らかになっています。

この定義の部分についても正しく理解、知識としてインプットしておく事でより嗜好品とはどういうものなのかという理解が深まるようになると思います。

元々の意味が少しわかりづらい言葉でもありますので、なるべく多くの知識を身につけておけば間違った解釈をすることは少なくなりますので、この機会に嗜好品の定義についても確認するようにしてください。

ARISEがおこなった国際シンポジウムで発表された特質

嗜好品の定義とは具体的にどのようなものなのかと考える前に、どのようにして嗜好品の定義が決められているのかということを考える必要性があります。

具体的に嗜好品の定義がどのように決められているのか予備知識として確認していただくと、ARISEが行った国際シンポジウムで発表された特質が定義となっていると考えることが出来ます。

ARISEとは一体どのような存在なのかと考えると「楽しみの科学研究学会」と呼ばれている存在になります。

このARISEが以前京都で行った国際シンポジウムにて、嗜好品とはどのような特質をもったものなのかという事が討論会で発表されたのをきっかけにしています。

なので、国際シンポジウムで発表された特質を元に嗜好品の定義を考えていきたいと思います。

普通の飲食物ではない

国際シンポジウムで発表された嗜好品の特質はどのようなものが存在するのかと考えると「普通の飲食物ではない」という事が一つの定義になっています。

これはどういう意味なのか人によっては困惑するかもしれませんね。

なので、考えやすいように順を追って考えていきたいと思います。

まず考えていきたいのは逆に普通の飲食物というものです。

普通の飲食物とはなにかと考えた場合に、普通の飲食物とは私たちが生きていく上で必要になる栄養要素を含めた食品であったり、エネルギー源となりうる食品であると考えることが出来ます。

つまり、お米や水などに関しては私たちは生命活動を維持するために絶対に必要な存在になりますので、嗜好品の定義からは外れてしまうと考えることができるのです。

では、逆に普通の飲食物ではないようなものはなにかと考えた場合に該当するのは「栄養要素やエネルギー源などにはならないもの」を想像することが出来ます。

それは何かと考えると先ほどご紹介したお酒などが該当すると考えることが出来ます。

それ以外にも、炭酸飲料なども同じであると該当することが出来ます。

なぜならば、人間が生きていくために炭酸が含まれている炭酸飲料を飲む必要する理由は特にありませんよね。

なので、「栄養要素やエネルギー源などにはならないもの」に当てはまりますので、嗜好品になると考えることが出来るという事です。

このような定義を考えてみれば、ある程度嗜好品の区別がつくようになるはずです。

普通の薬ではない

国際シンポジウムで発表された嗜好品の特質はどのようなものが存在するのかと考えると「普通の薬ではない」という事が一つの定義になっています。

これはどういう事かといいますと、普通の薬とはどういうものか想像すると一般的には病気を治療したりするために使用される薬と判断することができます。

なので、普通の薬ではないということは、一般的に病気を治療したりするため以外の目的で使用される薬のことを意味しています。

では、病気を治療したりする目的ではないような薬にはどのような薬が存在しているのかと考えると、例えばマリファナなどの大麻と呼ばれるような存在などは嗜好品になり得ると考えることができます。

私たちは住んでいる日本においては大麻の使用などを許可していませんので、問題になってしまいますが、外国に関しては大麻の使用などを許可しているような国なども存在しています。

それも、医療に関する薬として使用されているような国などもあります。

しかしながら、それを日本では使用していないという事は、少なくとも日本においては普通の薬として認められてはいないという事になります。

なので、普通の薬ではないという定義が該当すると考えることが出来ますので、
大麻などは嗜好品の一部に該当する存在であると考えることが出来るのです。

生命維持に強い効果はない

国際シンポジウムで発表された嗜好品の特質はどのようなものが存在するのかと考えると「生命維持に強い効果はない」という事が一つの定義になっています。

生命維持に強い効果はないとはどういうものなのかと考えた時に、どのようなものが該当するのかと考えると、やはり先ほどご紹介した栄養素が含まれていないような食品であったり
、エネルギー源にならないような食品であると考えることが出来ます。

それ以外にも、冒頭でご紹介したお酒やタバコに関しても生命維持に強い効果を持っていわけではありませんので、該当すると考えることが出来ます。

ないと寂しい感じ

国際シンポジウムで発表された嗜好品の特質はどのようなものが存在するのかと考えると「ないと寂しい感じ」という事が一つの定義になっています。

これはどういう事かといいますと、なくても問題はないが、なくなってしまうと少し物足りないような気持ちになってしまうことを意味しています。

つまり、どのようなもので該当するのかと考えるとたばこなどが大きく該当する存在になると考えられます。

たばこなどはないと不安感を感じたりしてしまいますよね。

依存性も強いので、たばこはないと寂しく感じてしまう為、ないと寂しく感じてしまう存在のものは嗜好品に該当すると判断することが出来ます。

嗜好品とされるもの

嗜好品という言葉の基本的な意味や定義について理解いただけたところで、ここからは嗜好品と呼ばれるようなものには何が存在するのかという事を考えていきたいと思います。

先ほどご紹介した意味や定義の場面でも様々な具体例を出していきましたので、似たようなものや該当するようなものなどがたくさん含まれると思いますが、それも含めて改めて理解していただきたいと思います。

自分自信が普段好きだと感じているようなものであったり、日常的に使用しているようなものがあればそれは立派なあなたにとっての嗜好品になり得ますので、自分の嗜好品はどういうものがあるのかという事を踏まえて考えてみるとより楽しいと思いますよ。

お茶や紅茶

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「お茶や紅茶」が存在しています。

なぜお茶や紅茶などが嗜好品に定義されるのかと考えた時に、お茶や紅茶などに関してはそもそも生きるために必要なのかと考えた場合必要ではないと判断することができるからです。

なぜならば、お茶や紅茶などに関しては匂いなどの香りを楽しんだりする目的の方が強く、結局そのもの自体の栄養素はそこまで含まれていないと考えることができます。

もちろんお茶を飲むことによってさまざまなメリットは存在しているのですが、栄養素に関してはそこまでメリットはない為、あくまで嗜好品であると判断することが出来るのです。

私たち人間が生きるために水分は必要ではありますが、それは必ずしもお茶や紅茶から接種しなければいけない道理などはありません。

本来であれば、生きるために必要な水分などは水から摂取すればよい話なのです。

なので、日常的にお茶や紅茶などを楽しんでいるような人はれっきとした嗜好品を楽しんでいるという事実になり得る事を理解しておいてください。

コーヒー

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「コーヒー」が存在しています。

なぜコーヒーが嗜好品に定義されるのかと考えた時に、コーヒーを飲む上で、それは生きるために必要な事なのかと考えるとそれは必要ないと判断することが出来るからです。

生命維持に強い効果を持っていないにもかかわらず、それを飲んだりするということは結果として嗜好品の定義に当てはまると考えることができるためコーヒーを飲むということは嗜好品を嗜むということに繋がるようになるのです。

あなたの身の回りをよく確認してみるとコーヒーを嗜んでいるような人はたくさん存在していると思います。

コーヒーは飲むことによって様々な効果を得ることができるメリットの高い飲み物でもあります。

例えば、カフェインの影響によって脳を覚醒状態にすることにより眠気を抑えることができるようにもなります。

それに、コーヒーを飲むことによってリラックス効果を得ることができるようになりますので、ビジネスの面においてもパフォーマンスを向上させるために必要なものといえます。

このように考えてみるとコーヒーにはたくさんのメリットがあるので、たくさんの方がこぞってコーヒーを飲み続けるということも理解できなくはないのですね。

あくまでそれはただのメリットに過ぎず、生きる上で必要かどうかと問われるとそうであるとは言えない為コーヒーは嗜好品であると言うことができるのです。

【コーヒーについては、こちらの記事もチェック!】

お酒

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「お酒」が存在しています。

なぜおお酒が嗜好品に定義されるのかと考えた時に、これは先ほどから触れている通りなのですが、お酒に関しては生きる上で絶対に必要な物ではありません。

そして、お酒は栄養素などを含んでいない、エネルギー源にもならないがアルコール分は含んでいるという観点から普通の飲食物ではないと判断することが出来ます。

なので、嗜好品の定義を満たしいると考え、嗜好品であると断定することが出来るのです。

人によって好き嫌いが分かれるような存在ではありますが、比較的たくさんの方がお酒に関しては好きだと感じていると思います。

好きな人にとってみればお酒がなくなってしまったら人生が楽しくなくなってしまうと考えるほど、お酒が必要だと判断している人もいます。

だからこそ依存症などになってしまうような人もいるのですが、嗜好品に関しては依存症との因果関係にある存在だといっても過言ではありません。

なぜならば、生きるために本来必要ではないのにそれを好んでいるということはそれだけ強い依存性を持っている存在だからと判断することができます。

確かに自分のストレスを解消したり、楽しい時間を得るために嗜好品を嗜むことは大切なことではありますが、必要以上に意識しすぎると自分を壊してしまう可能性も秘めていますので、依存するのはほどほどにするように心がけてください。

ジュース

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「ジュース」が存在しています。

なぜジュースが嗜好品に定義されるのかいうと、これは先ほどご紹介したお茶や紅茶、そしてコーヒーなどと全く同じような理由になるります。

結局ジュースを飲んだりするということは水分を摂取することを目的としているように感じるかもしれませんが、実際は水分だけでもなくその他の含まれている要因などを摂取したいと思っている場合が多いのです。

ジュースにはたくさんの添加物が含まれており、砂糖などがたくさん入っています。

それを踏まえて考えてみると、水分を摂取するために選ばれているわけではないのです。

特に必要なエネルギー源を含んでいるわけでもないですし、栄養素も含まれているわけではないので、本来は水を飲めば良いところをジュースを飲んで飲んでいるということは、結論としてはジュースは嗜好品のカテゴリに含まれると判断することができるのです。

今の時代はコンビニやスーパーに足を運べばたくさんのジュースが販売されていますよね。

たくさんの美味しいジュースが販売されていますので、ついつい買い物をする時に選んでしまう安くなるのですが、美味しいからといってジュースを大量に飲んだりすることは見方によっては危険な行為になります。

飲み物になっているので分かりづらいかもしれませんが、実際はジュースの中にはとてつもなく大量の砂糖が入っているのです。

そんな大量の砂糖を日常的に摂取した場合、かならず生活習慣病を招いてしまう要因になってしまいます。

確かにおいしいのも理解できますし、たくさん飲みたい気持ちもわかりますが、自分の健康が一番大切ということを忘れないようにしてください。

なので、一日一杯だけにするなどに工夫を取り入れる事も忘れないようにしてください。

お菓子

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「お菓子」が存在しています。

なぜお菓子が嗜好品に定義されるのかと考えた時に、お菓子は嗜好品の定義に当てはまる要因がたくさんあるからだと判断することができます。

なぜならば、まず栄養素もエネルギー源もそこまで多くは含まれていません。

そして、生命維持活動に高い効果を見込むものでもないですし、人によってはないと寂しいと感じてしまいやすい食べ物にもなります。

なので、お菓子は嗜好品の定義を満たしていると考えることができますので嗜好品であると判断することができるのです。

お菓子が好きで嗜んでいる方は世の中にはたくさんいますが、お菓子に関してもほどほどにしておかないと様々な病気を招いてしまうような場合があります。

特に甘い物であったり、しょっぱい物が多いお菓子などは依存症にもなりやすいですし、健康面においても良い効果をあまりもたらしてくれない場合が多いです。

特にポテトチップスなどに関しては健康面で多大な悪影響を及ぼす食べ物としても知られています。

確かにとてもおいしいですし、食べたくなるような気持ちにはなりますが、食べ過ぎには注意をしましょう。

食べ過ぎをしなければ特に問題になるような事はありませんので、あくまでほどほどにしておくという事を忘れないようにしてください。

上手に嗜好品と向き合う事で、楽しい人生や幸せな時間をたくさん手に入れる事にも繋がります。

嗜好品というカテゴリの中に含まれるものがどのようなものが存在するのかと考えた時に、嗜好品に定義されるものは「車」が存在しています。

なぜ車が嗜好品に定義されるのかと考えた時に、車は場合によっては嗜好品の定義を満たすものだからと考えることが出来ます。

田舎の地方に住んでいる方にとっては車がなければ生活することができないため生活必需品に感じるようになると思います。

しかしながら、都会に住んでいるような方であれば移動するのに必ずしも車は必要ないですよね。

なぜならば公共機関などが発達しているため、車がなくても問題ないですし、必要な場合はレンタカーなどを借りるようにすればよい話なのです。

ただ、それでも車に関してたくさんのお金をつぎ込んだり、改造したりするような人はたくさん存在しており趣味性の高い存在にもなり得ますので、車も一つの嗜好品というカテゴリに含まれると判断することが出来るのです。

嗜好品の線引き、理解できましたか?

嗜好品と一言に言っても、様々な意味は定義が存在していますので、たくさんの存在があり、線引きとても難しいとは思いますが、今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると、ある程度嗜好品の線引きが出来るようになったと思います。

人によっては、自分自身が今まで気づけなかったような嗜好品などが改めて発見できたという方などもいると思います。

嗜好品は場合によっては依存性が高い危険な存在になりますが、きちんと考えながら向き合うことでストレス解消を得ることができる魅力的な存在にもなりますので、上手に向き合えるように工夫してみてください。