人には様々な性格があります。

その中には明るい人も居れば暗い人も居るでしょう。

それぞれの性格に長所があり欠点があります。

その為、それぞれがお互いの良さを認識しながら付き合っていく必要があります。

例え、自分の性格と全く合わない人と出会ったとしても、相手をけなしたりバカにしたりするような行動を取ってはいけません。

相手の気持ちを考えられないような行動をする方は、必ず後からその付けが自分に回ってしてしまう事でしょう。

また、もし自分の性格が暗いと感じている人も諦める事はありません。

性格はいつでも変える事が出来るのです。

自分の殻に閉じこもっていては何も解決しません。

まずは自分を変える事が重要です。

その為には、自分の気持ちを大事にしつつ前向きに行動して行く様にしましょう。

周りから根暗と思われてない?

自分の性格は、自分では意外と把握出来ていないものです。

自分では、、それなりに明るくふるまっているつもりであったとしても相手から見たら実は根暗に見えてしまっている場合もありますす。

根暗と言われてしまうと、随分と暗く陰気な印象を与えてしまいます。

もし、その印象があなたの本位とするところではないのであれば、その印象を変える努力をしなければなりません。

世の中には多くの人が居ます。

人付き合いが苦手な方はその多くの人に会わせて会話をする事が出来ません。

その為、自分の選んだ人ととしか仲良く会話を楽しむ事が出来ないので根暗という印書を持たれてしまう事にも繋がっています。

根暗が悪いと言う訳ではありませんが、本当のあなたがもし違うのであれば、その印象を払拭する必要があるでしょう。

人の印象は、出会ってすぐに決まります。

しかし、どこから努力を重ねていけば、その印象を塗り替える事だって出来るかもしれないのです。

やる前から諦めてはいけません。

まずはやってみる事が重要です。

根暗の人の特徴


人から「根暗」と思われてしまう方々には共通した特徴があります。

その特徴を改善する事が出来なければ、あなたの印象はいつまでたっても根暗の人のままでしょう。

「根暗」は決して誉め言葉ではありません。

一人で過ごす時間が好きな事は悪い事ではありませんが、それを周りからいろいろ言われるのも侵害です。

そこで、根暗の印象を持たれがちな方は、それを払拭出来る様に努力をしてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、根暗の人の特徴をいくつか挙げてみたいと思います。

自分に当てはまるものはありませんか?当てはまるものがあるとするならば、あなたは既に根暗と思われている可能性があります。

そうなってしまう前に、是非改善をはかってみてはいかがでしょうか。

始める事に遅いと言う事はありません。

日々の努力を続ける事が出来れば、今まで苦手だった人好きあいが楽しくなるかもしれません。

無理せず、自分のペースで前向きに行動していきましょう。

①口数が少ない

根暗な人は、基本的に人と話す事が苦手です。

その為、会話をどうつなげて良いのかわからず結果として会話をしないと言う選択になりがちで、無口になってしまうのです。

無口で居ると、本人は何も思って居なくても周りにいる人たちが機嫌が悪いのかなと気にしてしまう可能性があります。

もっとひどい時は、怒っていると感じ気まずい空気になってしまう事もあるでしょう。

その為、無口な人は周りに気を使わせてしまっていないかどうかを判断する必要があります。

多くの方に迷惑をかけているような行為は単なる「無口」の一言では済ます事が出来ないかもしれません。

②笑顔が少ない


笑顔は、世界共通のコミュニケーションツールです。

例え、言語の違いから話をする事が出来なかったとしても、笑顔があるだけに相手に気持ちを伝えたる事が出来る場合もあります。

反対に、笑顔が無いと相手に誤解を与えてしまう可能性があります。

怒っていないのに怒っている様に見えたり、楽しい空気を壊してしまう可能性があるのです。

もし、本当に怒っていないのならとりあえず笑顔を出してみる事も重要です。

人が関わって生きていく為には多少の無理も頑張ってみてはどうでしょうか。

③他人が明るい話題を振ってもノッてこない

根暗な人は、根本的にコミュニケーションが苦手です。

その為、多くの人が楽しく会話をしている場合でもその空気を壊してしまうような行動を取ってしまう場合があります。

そのせいで、他の人が残念な思いをする事もあるでしょう。

コミュニケーションを取る事が苦手な人は、相手の気持ちを読む事も苦手です。

その為、良かれと思って相手が話を振ってくれたとしてもいい反応をする事が出来ない場合もあるでしょう。

そんな時は、話を振った人は気にする必要は全くありません。

そういう人なんだと見切りを付けて放置しておきましょう。

コミュニケーション能力は、自分で磨こうと思わない限り自分の物にする事は出来ません。

努力しない人に、気を使う必要は無いのです。

④表情が暗い

コミュニケーションが苦手な根暗な人は、一人の時間を楽しむ傾向にあります。

その為、人と関わる事が無いので会話もせずじっと時を過ごしています。

インドアな方が多い事もあり、あまり外に出る機会も無いでしょう。

そうなってしまうと、太陽にあたる機会がありません。

人は、太陽にあたる事で、元気を貰ったりエネルギーを貯める事が出来る様に作られています。

その為、ずっと部屋の中に居る生活は体に良くありません。

外を出歩かないと、血流も悪くなるので顔色が悪い方も多々います。

そんな生活を続けているといずれ体調不良で倒れてしまう事になるでしょう。

また、顔色が悪いと周りの人を心配させてしまう要因にもなります。

その為、自分の健康管理はしっかりと出来る様にしておきましょう。

⑤姿勢が悪い

姿勢の悪さは、印象にも影響します。

しっかりと背筋を伸ばしている人は明るく聡明に。

反対に猫の様に背中を丸めている人はうだつが上がらず暗そうな印象に見られがちです。

コミュニケーションが苦手な方は、出来るだけ人と話さなくていいように生活しています。

その結果、目が合う事が無い様に下を向いて話す様になってしまいましあ。

しかし、人と話す時は目を合わせて話す事が基本です。

その為、相手の目を見ずに話を続ける行為は大変失礼な事をしていると言えるでしょう。

人の印象は、見た目が殆どです。

多くの方に敬遠されない様に背筋をしっかり伸ばす事から始めてみてはいかがでしょうか。

⑥集団行動が苦手


根暗の人は、相手の気持ちを考えたり周りとの関係から話を盛り上げたりなどとする事が苦手です。

その為、集団生活はとても苦手です。

幼い頃であれば、多少のワガママも通じたかもしれませんが大人になるとそうもいきません「人見知り」「根暗」とに印象が付いてしまい、その気持ちを払拭する事が出来ません。

その為子供のうちから、集団生活に少しづつ参加する練習をしていきましょう。

コミュニケーション能力は練習しなければずっと向上する事がありません。

小さいうちは、お互いにまだ緊張している事もありあまり絡まずに時がたってしまうでしょう。

ですが、一見何の役にも立っていなそうな行動がコミュニケーション能力を高める為には大変重要なポイントです。

⑦孤独に弱く少人数ではつるみたがる

根暗な人と言えば、ついつい一人が好きで話下手と言う印象があります。

しかし、中には話をしたりする事が好きな方も居ます。

ただし、それは同じ雰囲気の友達限定です。

独りぼっちで居る事が不安で、そういった方々は無駄につるもうとします。

完全な一人で居る事に比べれば、友達を作り輪を持つ事は世間的に見ても重要な事だと思います。

しかしながら、それでは全く意味がありません。

自分とは全く違ったタイプの人と話をしたりする事で、根暗の印象を抑え前向きな人に返信させる事が出来るのです。

同じような人が集まるのは自然の流れです。

ですが、その地に甘えてしまわぬように注意しましょう。

⑧暗い話ばかりする

根暗の人の中には、ネガティブな発言をする方が多く居ます。

普段からネガティブな事ばかり考えていると、心も体もネガティブなオーラで包まれてしまいます。

その結果暗い発言ばかりを繰り返してしまうのです。

一人で、暗い事をずっと考えている分には誰にも迷惑をかけていないのでいいかもしれません。

しかし、それを聞かされている周りの人は溜まったものではありません。

人のネガティブな発言程、面倒なものは無いのです。

聞いているこっちの気持ちが暗くなってしまいます。

ネガティブな発言は、他人の事も巻き込んで暗い気持ちにさせる事を忘れてはいけないのです。

出来るだけ多くの方に分かって貰えるよう、ネガティブな発言は控えていきましょう。

⑨ネガティブ

根暗な人は、ネガティブでもあります。