CoCoSiA(ココシア)

胸糞とはどういう意味?ありがちな胸糞な事もご紹介。スラングで使われることも!


「胸糞が悪い」という言葉を聞くことがありますが、「胸糞」とはどういう意味なのでしょうか?

胸糞という言葉はスラングでも使われることがありますが、胸糞の意味が分からないとなかなか理解できないですよね。

そこでこの記事では、胸糞の意味や身の回りでありがちな胸糞な事、そして胸糞が悪い時の解消方法などをご紹介していきます。

この機会に胸糞の意味をおさらいし、胸糞が悪くなった時は解消方法も参考にしてみてください。

胸糞の意味

一般的に私たちは胸糞悪くなってしまうという言葉を日常生活の中で使ったりすることがあると思うのですが、そもそも胸糞という言葉が意味をあなたは正確に理解していますか?

なんとなくだいたいの言葉の意味は捉えている方が多いと思うのですが、正確に胸糞という言葉の意味を捉えている方は少ないように感じます。

実際に、身の周りの人間が自分自身が胸糞という言葉の正しい意味を理解しているかどうかを考えてみると、おそらくあまり多くの方が理解していないと思います。

そこで、身の回りでありがちな胸糞悪いことをご紹介する前に、胸糞という言葉の基本的な意味をもう一度おさらいとしてご紹介していきたいと思いますので、改めて胸糞という言葉の基本的な意味などを理解してみましょう。

胸がムカムカする程不愉快

胸がムカムカする程不愉快がある男性
胸糞という言葉の基本的な意味を考えたときに、胸糞とは「胸を卑しめていう語」という意味が存在しています。

これだけでは少しわかりにくい言葉になるかもしれませんが、胸糞が悪いという言葉になると、持っている意味としては「胸がムカムカする程不愉快」という意味を持っています。

胸糞という単語のみではなく、どちらかといえば胸糞が悪いという言葉の方が一般的には理解されており、胸糞という言葉を使う時には胸糞が悪いという言葉を使っているのとほぼ同義だと感じている方も多いと思います。

実際に意味合いとしてもそこまで変わらず、生理的不愉快を表す言葉として使用されていることで知られています。

そして、胸糞が悪いという言葉をさらに理解していくために、類義語などに関してもご紹介しておきます。

胸糞が悪いという言葉の類義語は「腹の虫がおさまらない」「小癪な」「むかつく」などの言葉が存在しています。

こうして考えてみると、そこまで難しい言葉でもなく、使用する状況などもより理解していただけると思います。

身の回りでありがちな胸糞な事

胸糞という言葉の基本的な意味を理解いただいたところで、ここからは身の回りで起こりがちな胸糞なことについてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えしたとおり、日常生活の中には嬉しい出来事もあれば悲しい出来事、そして不快な出来事などもたくさん存在しています。

それらを完全回避するのは難しいため、回避するのではなく、うまくやり過ごしたり、気にしないようにする工夫が求められます。

そんな胸糞が悪い出来事を改めて認識し、それらによって生まれた不快な気持ちを解消するための方法も併せて後程ご紹介していきますので、まずは胸糞悪いシチュエーションから理解していき、後程ご紹介する解消する方法をより理解するために確認してみてください。

不潔な人を見かけた

不潔な人を見かけて胸糞が悪くなっている
まずはじめにご紹介する身の回りでありがちな胸糞なことのひとつとしては「不潔な人を見かけた」ということが挙げられます。

なぜ不潔な人を見かけたということが身の回りで起きがちな胸糞な出来事になるのかと考えたときに、一般的に考えて不潔な人間というのが生理的に受け付けることができないような存在である可能性がとても高いですよね。

なぜならば、不潔ということは、直感的に考えれば様々な病原菌を持っていくような存在であると考えることができ、あまり関わりを持ちたくないような存在だと考えることができます。

また、厳しい考え方になるかもしれませんが、私たち人間は生きていく上で様々な人と関わりを持ちながら生きていかなければいけない存在です。

なので、たくさんの人と関わりを持つということは相手に対して自分を受け入れてもらうために様々な努力を最低限行わなければいけないと考えることができます。

それを踏まえて考えてみれば、ある程度基本的な清潔感を保つということは相手に対するマナーでもあり、エチケットでもあります。

自分が見た目が不潔になっていれば相手から不快に思わられるのは、誰でも考えてみれば簡単にわかるようなことなのです。

そんな基本的なことも理解しようとせず、相手に対する配慮もできないような人間は残念ながら嫌われたり、関わりたくないと思われて当然な存在だと考えることができます。

なので、不潔な人に関しては見るだけでも不快な気持ちにさせてしまうことが多いため、結果的には身の回りでありがちな胸糞なことであると考えることができるのです。

嫌いな人から声を掛けられた

次にご紹介する身の回りでありがちな胸糞なことのひとつとしては「嫌いな人から声を掛けられた」ということが挙げられます。

なぜ嫌いな人から声を掛けられたということが身の回りで起きがちな胸糞な出来事になるのかと考えたときに、一般的に考えて誰でも好きな人と嫌いな人は存在していますよね。

好きな人から話しかけられたりしたら喜ばしいことだと私たちの心は感じるかもしれませんが、その反対に嫌いな人から声をかけられた場合は嫌な気持ちにしかなりませんよね。

なぜ相手のことが嫌いなのかという理由などにもよってくると思うのですが、基本的に嫌いな人間とは話したくないのが当たり前の感情なので、難しく考える必要性はなく、嫌いな人と話をするということは完全に胸糞な出来事の一つであると考えることができます。

相手に対して嫌いだから話しかけないでほしいということを伝えるのはとても簡単なことではありますが、現実的に考えてみると、相手と不仲になってしまった場合、仕事で支障が起きてしまったり、雰囲気が悪くなってしまうことなどを考慮して、それをしないようにしている人のほうが圧倒的に多いです。

だからこそ不満が溜まったり、我慢をしたりして自分に悪い影響が訪れる可能性もありますので、しっかりと精神的な不満やストレスなどは解消するようにすることをおすすめします。

不愉快な事を言われた

次にご紹介する身の回りでありがちな胸糞なことのひとつとしては「不愉快な事を言われた」ということが挙げられます。

なぜ不愉快な事を言われたということが身の回りで起きがちな胸糞な出来事になるのかと考えたときに、一般的に考えて相手から不快な言葉を言われた経験があるという方はかなり多いと思います。

私たち人間は様々な人間と共存して生活をしていくことになりますので、当然ながら人によって考え方や価値観などが異なるため、自分と違う考え方を持った人間と衝突したりするようなことが当たり前に存在するのです。

一般的なプライベートの生活に関してはそこまで言われたりすることはないかもしれませんが、仕事の面に関しては特にシビアに発言されたりすることが予想されますので、仕事は特に不愉快なことを言われる可能性の高い環境です。

なので、仕事で不愉快なことを言われたりするのは日常生活に起こり得やすい出来事であり、身の回りにありがちな胸糞な出来事であると考えることができます。

一番良いのは、自分のためにならないただの悪口なのであれば、まったく気にしないようにするのが一番であり、それがストレスから身を守る方法にもなりますが、継続して悪口を言われると溜まったものではないので、しっかりとプライベートでストレス解消をすることができる趣味を見つけることがストレスから解放される手段であるといえます。

非常識な行動をしている人を見た

次にご紹介する身の回りでありがちな胸糞なことのひとつとしては「非常識な行動をしている人を見た」ということが挙げられます。

なぜ非常識な行動をしている人を見たということが身の回りで起きがちな胸糞な出来事になるのかと考えたときに、たくさんの人間と関わり合いながら入っている私たちにとっては、ある程度基本的なルールやマナーなどは守らなければいけないと考えることができます。