CoCoSiA(ココシア)

胸糞とはどういう意味?ありがちな胸...(続き3)

そして、その時に納得してくれた時点である程度自分の中のストレスが解消された気分になった経験はありませんか?
おそらくこのような経験をしたことがあるという方はほとんどだと思いますし、自分の心の中にストレスが溜まった時には、気が付けば他人にそのことを共感してもらうために話をしたいと感じたり、実際に話をしたりすることが多くなると思います。

なので、知らず知らずのうちに私たち人間はストレスを解消するために愚痴を聞いてもらおうと行動していると考えることができます。

なので、ストレスを解消するために周りの人に話や愚痴を聞いてもらうという行動は心の中のストレスを解消するための方法であり、愚痴を聞いてもらうことは胸糞悪さを解消する行動になりえると考えることができるのです。

カラオケで全力で歌う

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「カラオケで全力で歌う」という方法です。

なぜカラオケで全力で歌うということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、実際にカラオケに足を運ぶことによって、ストレスを大きく解除することができるという科学的根拠が存在するからです。

では、どのようなメカニズムでストレスが解消されるようになるのかと考えた時に、まず私たちの体に関してはストレスから身を守るためにコルチゾールと呼ばれる成分が分泌されています。

このコルチゾールに関しては本来体からストレスを守ってくれるような有効的な成分なのですが、あまりにも長時間コルチゾールが体内に止まってしまうことによって様々な弊害が起こり得るとされています。

例えば、不眠であったり、内臓に負担をかけるような作用などが起こり得たりするのですが、この悪影響をもたらしてしまうコルチゾールが、歌を歌うことに減るということが判明しています。

なので、カラオケで全力で歌を歌うという事は、ストレス解消に大きく貢献してくれる行為であり、胸糞悪い気分になってしまった時に解消する適切な行動であると考えることができます。

お風呂に入る

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「お風呂に入る」という方法です。

なぜお風呂に入るということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、お風呂に入るということは結果的にストレスを解消する有効的な手段になり得るからだと考えることができます。

では、なぜお風呂に入ることによってストレスを解消することができるのかと考えた時に、お風呂に入るということは私たちの身体の副交感神経を活発にさせてくれる効果を持っているからです。

まず理解していただきたいのが、私たちの神経には交感神経と副交感神経が存在しており、交感神経はどちらかといえば仕事をしている時など気がはりつめているような状態に作用している神経であり、その逆に家にいる時のようなリラックスしている時などは副交感神経が作用していると考えることができます。

そして、自分の身体に大きなストレスがかかってしまっている状態の時は交感神経が作用していると考えることができますので、ストレスを解消するためには交感神経ではなく副交感神経を作用させる必要性があります。

そして、お風呂に入ることによって、42度以上ならば交感神経、38~40度程度であれば副交感神経を活発にさせてくれるといわれています。

なので、お風呂に入る時に、少しぬるめの温度に設定をする事によって、副交感神経を活発にさせることができ、結果的にはストレス解消やリラックス効果を得ることができるようになりますので、胸糞悪さを軽減することができるのです。

なので、お風呂に入るということは胸糞悪さを解消する適切な方法になると判断することができます。

好きなものを食べる

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「好きなものを食べる」という方法です。

なぜ好きなものを食べるということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、私たち人間は生きていくためには必ずエネルギーを摂取しなければいけませんので、食べ物を食べていかなければいけません。

そんな食べ物は、たくさんの種類が存在していますが、必ず人によってひとつくらいは自分が好きなものなどが存在しているはずです。

自分の大好物の食べ物を口に入れた時には必ず誰もが幸せを感じるようになると思いますので、結果的にはストレス解消効果に繋がるので、胸糞悪い時には好きなものを食べてストレスを解消していただくということが有効的な手段であると考えることができます。

実際に、好きな食べ物などを食べることによってストレス解消することは可能であり、ストレスが溜まってしまったときに、自分が好きなものをやけ食いしたりするのも、その一つの証であると考えることができます。

もちろん際限なく食べ過ぎてしまうのは自分の体にあまり良くないので、注意しなければいけませんが、ある程度の適量であればそこまで気を付ける必要はないので、我慢しすぎないで、自分が好きなものをストレスが溜まってしまったときには食べるのもストレス解消のおすすめの方法であり、胸糞悪い気分を改善する際に必要な行動だといえます。

大声で叫ぶ

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「大声で叫ぶ」という方法です。

なぜ大声で叫ぶということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、大声で叫ぶことによって私たちの体に様々な良い影響や健康的な効果を与えてくれるようになるからだと言えます。

例えば、私たち人間が大声で叫ぶことによって、大きなストレス発散の効果を得ることができ、なぜならば大声を出すことによってしっかりと呼吸が深くなり、なおかつ筋肉への血流なども増すようになりますので、しっかりと血液が身体にいきわたるようになり、栄養や酸素などが全身に回るようになります。

そして、ストレスホルモンなどが低下して、結果的にストレスが溜まりにくい身体作りを行うことができるようになります。

このように、身体的にたくさんの良い効果を得ることができるようになるので、結果的に大声で叫ぶということは胸糞が悪い時に気分転換をするおすすめの方法になるのです。

気持ちを紙に書き出す

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「気持ちを紙に書き出す」という方法です。

なぜ気持ちを紙に書き出すということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、このような行動を行うことによって、自分自身の中に溜まっているストレスを解消するだけではなく、しっかりとストレスや問題と向き合うことができるようになるからです。

例えば、自分がストレスに感じているようなこと、そして胸糞が悪いと感じるような事などを紙に書き出して、それを冷静に受け止めることによって、根本的な問題に目を向けることができるようになり、今まで気づけなかった問題の改善点であったり、なぜそう思ったのかという根本的な隠れていた事がわかるようになります。

そうなることによって、心の中のストレスを解消するだけではなく、問題を解決するための道筋なども見つけられるようになります。

なので、気持ちを紙に書き出すという方法は胸糞悪い気分になったときにそれを解消するための方法になりえると考えることができます。

仕事や趣味に没頭する

次にご紹介する胸糞悪さを解消する方法は「仕事や趣味に没頭する」という方法です。

なぜ仕事や趣味に没頭するということが胸糞悪さを解消する方法になるのかと考えたときに、仕事や趣味に没頭することにより、余計なことを考えなくて済むようになるからです。

私たち人間は何かに対して集中をしている時は、当然ながら集中している物事のことばかり考えてしまい、そのほかの事を考える余裕などがなくなります。

そうなることによって、結果的に嫌な事やどうでもよい事などにいちいち頭を抱えなくて済むようになるのです。

なので、仕事や趣味に没頭するということは胸糞悪さを回避したり、解消したりする手段になりえると考えることができます。

胸糞悪い記憶はすぐに新しい記憶に置き換えよう

もしも日常生活の中で胸糞が悪くなってしまうような出来事が起こり得てしまったのであれば、今回ご紹介した胸糞が悪くなってしまった時の解消法を是非取り入れていただき、新しい記憶に置き換えるようにしたり、嫌な気持ちを払拭できるように工夫をするようにしてみてください。

これらの方法をマスターしておくことによって、様々なストレスから自分の身を守ることができるようになりますし、結果的に健康的な生活を送れるようになるはずなので、この機会に知識としてインプットしてみてください。