人間誰しも一つくらいは自分自身が苦手に感じていることであったり、トラウマに感じているようなことなどは存在しているはずです。

完璧な人間など世の中には存在していません。

なので、何かしら自分自身が周りよりも劣っていると感じるようなことや、苦手だと感じているようなことはあるものです。

例えば、自分自身の考え方などの精神的なものに関するものであったり、身体的な特徴や、身体的な能力と言ったように、様々なもの考えられます。

もちろんその逆に周りに比べて秀でていると感じるようなこともあるはずなのですが、どうしても人間は悪い部分に目がいきやすくなります。

そんな様々な苦手だと感じるような項目の中に、「高所恐怖症」という精神的な恐怖症が存在しています。

今回は高所恐怖症をテーマにして、高所恐怖症の人の特徴と、具体的にどのような場所を嫌がるのかということなどをご紹介していきたいと思います。

高所恐怖症とは

あなたの周りに高所恐怖症で悩んでいるような人はいますか?

おそらく、高所恐怖症の人間に関しては身の回りを探せばある程度一定数の割合は存在しているかと思います。

そもそも、人間は本来高い場所に関しては危険な場所だと認識をしていますので、明らかな高所恐怖症の人間ではなかったとしてもある程度恐れを感じるのは、当たり前の感覚です。

しかしながら、高所恐怖症に関しては人それぞれによってレベルが全く違っています。

例えば、あなたの身の回りに存在している人の中にはジェットコースターが怖いと感じるような方は多く存在していると思います。

しかしながら、ジェットコースターが怖いと言うだけで高所恐怖症なのかと言われると、決してそうだとは思えないような場合もあると思います。

なぜならば、深刻な高所恐怖症の人間に関しては、明らかに他の人が怖いと思っていないような場所でも怖いと感じるような気持ちになったりすることも多々存在しているからです。

しかしながら、極度の高所恐怖症の方はなかなか周りにいないかもしれませんね。

今回は改めて高所恐怖症とはどのような病気なのか、具体的にどのような場所に恐怖を感じているのかということについてご紹介していきますので、これをきっかけに高所恐怖症という病気について知ってみてください。

高所恐怖症

高所恐怖症とは一体どのような病気なのでしょうか?

その名前の通り恐怖症の一つとして認識されています。

恐怖症とは特定のある一つのものに対して心理学的もしくは生理学的に異常な恐怖を感じる症状のことを表している言葉です。

つまり、高所恐怖症とは高い場所に関して心理学的や生理学的に異常な恐怖を感じている症状のことを意味している言葉です。

元々高所恐怖症という病気に関しては、どちらかといえば新身体的な病気とは違い、精神的な病気の一つとして認識されており、不安障害の一つなのです。

なので、厳密にお伝えするとすれば高所恐怖症という言葉ではなく、高所恐怖癖という言葉で表した方が具体的な症状を表している言葉になります。

なぜならば、自分自身が高い場所だと感じただけで精神的に負担がかかってしまいます。
あくまで自分の裁量になるため本来は一般的に高いと認識されていないような場所でも自分自身が認識してしまうだけで恐怖を感じてしまうのです。

なので、癖という言葉のほうが症状を言い表している言葉に近いと判断することができるのです。

心理的な病気

先ほどお伝えしたように高所恐怖症などは心理的な病気であるため、治療をするのが困難だと言われています。

もちろん治療するのが不可能というわけではなく、高い場所は怖くないという考え方を自分自身が身につけることによって高所恐怖症を改善することなのは可能だと言われています。

しかしながら、自分が心の中に背負っているトラウマなどを克服するのが相当な精神的な強さが必要になります。

人によっては自分が過去に受けたトラウマによって、何かしらの行いなどが怖くてしょうがないと感じるような方は多いと思います。

例えば、子供の頃に犬に噛まれた記憶がある方に関しては、犬の接したりすることがとても怖いことだと感じているような方も多いと思います。

高所恐怖症に関しても同じように、自分が幼い頃に何かしらのトラウマを経験したりすることによって、高い場所は怖いという恐怖が植え付けられてしまいます。

高い場所だと自分自身が判断してしまうとその恐怖が再び巻き起こってしまうために現れる病気であると言われています。

だからこそ、治療するためには高い場所が怖くないという精神的な治療などを何度も何度も行い、それを繰り返して自分自身の中での考え方や価値観などを変えていかなければいけないのです。

なので、もしも高所恐怖症で悩んでいる方がいるのであれば、医療機関に足を運んでしっかりと適切な指導を受けて治療を受けることによって、必ず改善をすることができるような病気になります。

もしも自分自身や周りの人間が高所恐怖症で日常生活などもままならないくらいに困難な状況になっているのであれば必ず治療を受けるようにしてください。

人によって恐怖に陥る程度は違う

先ほどもお伝えした通り高所恐怖症に関しては人によって恐怖を感じる程度などは大きく異なります。

本来人間は高い場所に身を置くことによって恐怖を感じるのは当たり前であり、正常な感覚を持っているのであれば自分自身がその場所から落ちてしまってダメージを受けてしまうことを回避するため、恐怖を感じるような感覚は誰もが持っていて当たり前なのです。

なので、人によっては逆に高い場所に身を置いていることに対して不安な気持ちを持たないのはそれ自体が病気であると指摘している声もあります。

しかし、その逆に高所恐怖症の人間でかなり深刻な状況に陥っている方に関しては、本来ではありえないような高さなども怖がったりするような場合があります。

例えば、何らかの作業を行うときに脚立に登ったりするようなことはあると思います。

一般的に考えて1メートル程度の脚立に乗ったところでそこまで大きな恐怖を感じたりすることはほぼないと思います。

なぜならば、それぐらいの高さであればもしもそこから足を踏み外して落ちたとしてもそこまで身体的にダメージを負うわけではありません。

比較的安全な場所に身を置いているということはある程度の人間が察知していることだからです。

しかしながら、かなり深刻な高所恐怖症の人間に関してはその程度の高さまで足を運んだだけで足がすくんでしまうくらいに恐怖を感じたりするような方も存在しているのです。
深刻な高所恐怖症を持っている方に関しては本当に恐怖を感じているため、深刻な人に関してはその程度のレベルまで症状が進行している可能性があるということを理解してください。

しかしながら、先ほどもお伝えしたように正常な指導の下で治療を受けることによってしっかりと精神的な病気は治すことができますので、諦めずに自分の病気と向き合って立ち向かっていくことが求められます。

高所恐怖症の原因

高所恐怖症とはどのような病気なのかということについて簡単に触れていきました。

ある程度高所恐怖症がどのような病気なのかと言うことが理解いただけたところで、ここからは高所恐怖症になぜなってしまうのか?という原因について詳しくご紹介していきたいと思います。

先ほども触れた通り高所恐怖症になってしまう原因というものはある程度理由が存在しています。

理由もないのに高所恐怖症にいきなりなったりするようなことはあまり存在しませんが、場合によっては言うが不明で巻き起こってしまう場合もあります。

しかし、たいていの場合は理由が存在しており、理由があるからこそ、そう感じてしまうというメカニズムなどが発生しているのです。

なので、具体的に考えられる主な理由をいくつかご紹介していきますので、高所恐怖症を知るきっかけとしてこの機会に確認してみてください。

過去のトラウマ

まずはじめにご紹介する高所恐怖症の原因は「過去のトラウマ」です。

これは先ほどもお伝えした通りではありますが、高所恐怖症になってしまう原因の大きな割合として過去のトラウマが存在しています。

過去のトラウマに関しては比較的自分自身の精神的な考え方において非常に大きな影響を及ぼす要素であると考えることができます。

先ほどご紹介した通り犬に噛まれた経験があるという例もそうなのですが、大きなトラウマを抱えている場合は大人になったりそれなりに時間が発生した後もその記憶が残り続けてしまう特徴を持っています。

自分自身が感じた恐怖が大きければ大きいほど、いつまでたってもその恐怖から解放されたりすることは少ないと言えます。

子供の頃に高い場所から落ちて怪我をした経験を持っていたり、かなり高い場所に足を運んでしまって想像以上の恐怖を感じてしまったといったような経験をしている方は、過去のトラウマとして自分自身の記憶の中にすり込まれてしまう可能性が高いです。

先ほどもお伝えしたように高所恐怖症改善するためにはこのトラウマを払拭しなければ足を踏み出すことはできません。

なので、徐々に高い場所に慣れるために何かしたの治療を受けたり、高い場所が強い場所ではないという考え方を自分自身が本当の意味で身につけなければ改善することはできないと判断することができます。

創造力が強い


次にも紹介する高所恐怖症の原因としては「創造力が強い」ということが原因として挙げられます。

なぜ創造力が強いことによって高所恐怖症が発症してしまうのかと考えた時に、創造力が強い人間の場合はほかの人間が感じられないようなことなども感じたりすることが多かったりします。

つまり、他の人間よりも細かい部分まで感じ取ってしまいやすいために、他の人間が感じないようなことを余計に感じやすくなってしまっている可能性があるのです。

つまり、過剰な考え方をしてしまっていることに繋がるようになり、本来であれば問題ないようなことも行き過ぎた考え方をしてしまって恐怖に感じてしまうようなことなどがあったりするのです。

それがあまりにも過敏な考え方になってしまった場合、先ほどお伝えしたようにかなり高所恐怖症が進行してしまうような場合もあるということです。

全ての人間がそうだとは言えませんが、元々日本人という人種に関しては他の人種と比べて不安を感じやすい傾向があると言われています。

不安や恐怖を感じたりする場合は私たちの脳に存在している扁桃体という部分であったり、セロトニンという物質の作用などが大きく関わっているとされています。

なので、私たち日本人に関してはそれらの影響などを強く受けるような体のつくりになっているのではないかと言われています。

また、性格に関しても多少関与していると言われています。

例えば心配症だったり、物事に対してあまりにも完璧すぎるような考え方をしている場合です。

もしくは、ちょっとしたことにイライラしたり、ちょっとしたことが気になってしまったりするような神経質な性格をしているような人に関しては、高所恐怖症などが発症しやすいと言われてます。

このような自分自身の性格によっても高所恐怖症が発症する可能性があると考えることもできます。

高所恐怖症の人の特徴

高所恐怖症の人間に関しては、ある程度共通した特徴が存在していると言われています。

この高所恐怖症の特徴を知ることによって、自分自身が高所恐怖症なのかということを判別したり、自分自身が高所恐怖症になってしまう可能性があるかどうかということを考えたりすることができるようになります。

また、知り合いに高所恐怖症の人間がいるのであれば、その人間のことをある程度理解してあげることにも繋がるようになります。

この機会に高所恐怖症の人間にはどのような特徴が存在しているのかということを知るきっかけとして受け止めてみてください。

物事を考えすぎる


高所恐怖症の人間の特徴の一つとして「物事を考えすぎる」ということが挙げられます。

なぜ高所恐怖症度人間の特徴として物事を考えすぎてしまうのかと考えると、これは先ほどもお伝えした通り物事を考えすぎてしまうために、一般的な人間の考え方よりもかなり過剰な考え方に陥ってしまうやすいからだと判断することができます。

例えば、先ほど例に挙げた脚立に登った時に感じる恐怖に関してですが、一般的な考え方を持っている人間であれば、1メートル程度の脚立に登ったところで、そこまで危機感を感じたりするようなことがないと思います。

なぜならば、その脚立から落ちてしまったとしても大してダメージを負ったりするようなことは少なく、そこまでリスクのあるような行動だとは考えたりしないからです。

しかしながら、物事を考えすぎてしまう人間に関しては例えばその場所から落ちてしまった場合に、どのようなことが起きるのかということを先読みしすぎてしまいます。

本来はありえないようなことなども想像してしまいがちで、自分自身の中でそれが恐怖の一つであると認識をするようになってしまうのです。

その場所から落ちたときにどのようになるのかということなのは関係なく、自分自身が恐怖だと感じてしまった瞬間に高所恐怖症が発症してしまう可能性は十分考えられます。

それぐらい人間の精神的なものに関しては大きな影響を及ぼす要因の一つであり、自分自身を左右するひとつの大きな鍵になり得るのです。

普段から様々な物事に関して考えすぎてしまう一面をもっているような形に関しては高所恐怖症に通じるものを持っている可能性があります。

考えすぎることも必要ですが時には考えすぎることをやめることも一つの決断になると捉えるようにしなければいけないのかもしれませんね。

高いところに対してマイナスイメージが強すぎる

次にご紹介する高所恐怖症の人間の特徴の一つとして「高いところに対してマイナスイメージが強すぎる」ということが挙げられます。

これに関しては考え方がとても難しいとは思うのですが、先ほどお伝えしたように本来人間は高い場所に関しては恐怖を感じてしまう生き物です。

なぜならば、多少の高さならば問題がなかったとしても、それなりの高さになってしまうとその場所から落ちてしまって自分の体にダメージを負ってしまうというリスクを想定すると、当然ながら人間は恐怖を感じて自分の体を守ろうとします。

なので、高いところに関してはマイナスイメージを持つことが当たり前の感覚ではあるのですが、高所恐怖症になってしまう人間の特徴としてはこのマイナスなイメージを強く抱えすぎてしまうという特徴を持っています。

先ほどもお伝えした通り、物事に関して必要以上に考え込んでしまうような人間に関しては、当然ながら恐怖を感じるような物事に関しては考えすぎてしまうことによって一般的な人間の考えよりも早い段階で恐怖を感じ取ってしまいやすくなります。

その結果、自分自身の安全圏などが狭まってしまいやすくなり、何事に関しても保守的な考え方を持つようになってしまいます。

それが当たり前になってしまうとどんどん自分の安全圏が狭まってしまうようになり、この考え方がかなり突き進んでしまうことによって高所恐怖症が発症したり、極度の高所恐怖症になってしまったりする場合を考えられます。

逆に高いところが平気な方に関しては高いところほど自分自身の脳が興奮状態になり、脳からドーパミンが分泌されるようになったりするのですが、その逆に高所恐怖症の人間に関してはノルアドレナリンが放出され、高いところを避けようとするような傾向が現れます。

なので、高所恐怖症の人間に関しては高いところに対してマイナスなイメージが強すぎてしまうという特徴を持っていると判断することができます。

高いところには近づかない

次にご紹介する高所恐怖症の人間の特徴の一つとして「高いところには近づかない」ということが挙げられます。

高所恐怖症の人間に関しては自分自身が高いと思う場所に極度の恐怖を感じるようになるため、結果的に高いところには近づかないようにしてしまうという行動をとってしまいがちになります。

これは考えてみれば至極当たり前の考え方になると思うのですが、恐怖を感じてしまうような場所に自ら進んで足を運ぶような人間は基本的にいませんよね。

もし変わった考え方を持っている人間であれば、自分自身が危険だと感じてるような場所に飛び込んだりするような方もいるのかもしれませんが、それは割合としてはかなり少ない割合になると思います。

一般的には自分が嫌だと感じてるような場所であったり行動などはしないのが当たり前なので、高い場所に恐怖を感じている高所恐怖症の人間は高いところには近づかないようにする特徴を持っていると言えます。

なので、高所恐怖症の人間は高いところには近づかない、近づくことができない特徴を持っていると判断することができます。

かなり高所恐怖症の進行が進んでしまっている方に関しては、日常生活の中でも恐怖を感じてしまうようなレベルに発展してしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、一般的な日常生活を歩むことができなくなってしまうような場合もありますので、このような特徴を持ってしまっている段階になると医療機関に足を運ばなければいけないといえます。

創造力が豊か

次にご紹介する高所恐怖症の人間の特徴の一つとして「創造力が豊か」ということが挙げられます。

これも先ほどからお伝えしている通りなのですが、そもそも高所恐怖症の人間に関しては創造力が豊かだからこそ発症してしまうと考えることができます。

なぜならば、創造力が豊かだとちょっとしたことに対して過剰なまでに先のことを考えてしまったりする場合があります。

本来は考えないで済むようなことまで考えてしまうことによって、その結果行き過ぎた考え方を持ってしまうようになるのです。

そもそも創造力が豊かではなかったり、細かいことなどをあまり気にしたりしないような考え方を持っているような人間に関しては、高いところにいたとしてもそこまで必要以上に考え込んなりしない場合が多かったりしますので、結果的に高所恐怖症になりにくかったりするのです。

なので、創造力が豊かであるということは高所恐怖症の特徴につながると考えることができます。

高所恐怖症の人が怖がる場所とは

高所恐怖症になってしまうことによって、本来は恐怖を感じないような場所に関しても恐怖を感じてしまうということはよくあることです。

しかしながら、一般的な感覚を持っている人間からしてみればこの怖さなどはなかなか理解することができないと思います。

そこで、具体的に高所恐怖症になってしまっている方は、どのような場所で恐怖を感じてしまうのかということを日常生活の中で起こり得る場面で詳しくご紹介していきたいと思います。

自分自身がもしもこれからご紹介する項目が恐怖の対象として感じてしまっているのであれば、高所恐怖症になってしまっている可能性が考えられます。

自分自身が該当しているかどうかを確認する意味も込めて、これからご紹介する項目をチェックしてみてください。

ビルの中

高所恐怖症の人が怖がってしまう場所の一つとして「ビルの中」が存在しています。

一般的な感覚を持っている人間からしてみればなかなかビルの中が高い場所であると感じたりするようなことが少ないと思います。

確かにビルの高さ自体を考えてみると高い場所であるということは理解することができますが、具体的に外の景色などが見えるような場所だったりしない限りは、なかなか恐怖を感じたりするようなことは少ないはずです。

しかしながら、高所恐怖症の人間に関しては場合によっては外の景色が見えなかったとしても症状が出てしまう可能性が十分考えられます。

なぜならば、先程お伝えしたように高所恐怖症は精神的な疾患によるものになりますので、自分自身が高い場所だと認識しているかどうかということが大きなポイントになります。

なので、外の景色が見えなかったとしても自分自身が高い場所だと認識をすることによってその弊害などが現れてしまいやすくなるのです。

それを踏まえて考えてみると、外の景色が見えないのにビルの中の高い階層だと感じた瞬間に恐怖を感じてしまうのは明らかに高所恐怖症の人間であると判断することができます。

場合によっては比較的低い階層のビルだったとしても、恐怖を感じてしまうようなことなども考えられますので、その場合には医療機関に足を運ぶことをお勧めします。

屋上

高所恐怖症の人が怖がってしまう場所の一つとして「屋上」が存在しています。

屋上に関しては比較的高い場所に位置しているイメージがとても強い場所になりますので、高所恐怖症の人間からしてみるとかなり恐怖心を感じてしまうような場所であると判断をすることができます。

しかしながら、正常な感覚を持っていればたとえ屋上だったとしてもそれなりにフェンスなどの策が存在している場合が多かったりしますので、そこまで過度な恐怖心を感じるようなことが少ない場所にもなります。

特に、空を見上げているだけであれば基本的に地面などを見たりすることもありません。

そこまで恐怖を感じたりするようなことも場合によってはないのですが、屋上という場所自体が高い場所を象徴しているような意味合いもありますので、どうしても高所恐怖症の人間からしてみるとその場所時代に対して恐怖を感じてしまいやすくなります。

たとえ屋上から地面を見下ろしたりしたりせずとも、高い場所であるということを認識した時点で恐怖心を感じたりする場合が多いので、結果的に屋上は高所恐怖症の人が怖がってしまう場所の一つとして判断をすることができます。

エレベーター

高所恐怖症の人が怖がってしまう場所の一つとして「エレベーター」が存在しています。

なぜ高所恐怖症の人間はエレベーターも怖がってしまうのかと考えた時に、エレベーターに関しても高さを象徴するような場所であると判断することができるからです。

一般的に考えるとエレベーターの中が密閉されていたりする場合が多いので、そこまで高さを意識したりすることは少ないと思います。

ただ、エレベーターに乗るということ自体が高い場所に移動しているということになりますので、高所恐怖症の人間からしてみると高い場所を象徴している場所とほぼ同じような認識を持つ場合が多いです。

特に過剰な考え方をしている人間は高い場所にいるということ無理やり結びつけて考えを持ってしまう場合が多いので、たとえ外の景色が見えないようなエレベーターの構造だったとしても恐怖を感じてしまうやすくなります。

外の景色が見えるようなクリアなエレベーターになってしまっている場合はさらに恐怖を感じてしまう場合があります。

エレベーターに乗ることが恐怖を感じるような行動になってしまっている場合は高所恐怖症になってしまっている可能性がとても高いといえます。

エスカレーター

高所恐怖症の人が怖がってしまう場所の一つとして「エスカレーター」が存在しています。

なぜエスカレーターが高所恐怖症の人間が怖がってしまう場所になるのかと考えた時に、エスカレーターに乗るということは、エレベーターと同様に高い場所に移動しているということになります。

それが結果的に過剰な考え方についてしまって高い場所だと認識をして高所恐怖症症状が現れてしまう可能性があるということです。

基本的にエスカレーターに関しては一般的な感覚を持っていればそこまで恐怖心を感じるような構造にはなっていない場合がほとんどなのですが、それでもエスカレーターに対して恐怖心を感じてしまう方は高所恐怖症になってしまっている可能性が高いです。

基本的に安全性の面は考慮されて作られているはずなので、エスカレーターに対して恐怖心を感じてしまう場合は極度の高所恐怖症になってしまっている可能性がありますので十分注意をするようにしてください。

高所恐怖症を理解しよう

今回は高所恐怖症をテーマにして、高所恐怖症の症状であったり、原因や特徴、そして高所恐怖症の人間が怖がってしまう場所についてご紹介をしていきました。

今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみれば、ある程度高所恐怖症という病気の症状について理解いただけたと思います。

一般的な感覚を持っている人間からしてみれば嘘だと思うような考え方かもしれません。

しかし、高所恐怖症の人間からしてみれば本当に恐怖を感じてるような場面は様々あると思います。

もしも身近に高所恐怖症で悩んでしまっているという方がいるならば、少しでも高所恐怖症の方の考え方を理解し、力になってあげられりように今回ご紹介した内容を活用してみてください。