私たち日本人が普段口にしている日本語の中には、難しい表現の言葉がたくさん存在しています。

一般的に考えてあまり難しい言葉を使うよりかは、簡単な言葉で表現した方が、相手が言葉を理解している可能性が高いので、相手と意思疎通を取ることがしやすくなりますし、あえて難しく表現したりする必要性というものはあまりありませんよね。

しかし、もしも難しい言葉を簡単に言い換えられるような言葉がなかった場合は、難しく表現するしか方法がありませんので、場合によっては難しい言葉で伝えざるを得ないような時もあります。

それを踏まえて考えてみれば、難しい言葉だったとしてもある程度日常で使われるような言葉であったり、一般的常識の範囲内の難しい言葉に関しては理解をしておく必要性があります。

なぜならば、もしも言葉の意味が分からなかった場合、場面によっては恥ずかしい気持ちになったりする可能性もありますし、それと同時に相手から見下されてしまう可能性も考えられるからです。

プライベートのためにおいてはそこまで支障をきたすようなことはないかもしれませんが、ビジネスの場面においてはあまり良い印象を持ってもらえない可能性もありますので、一般常識レベルの難しい言葉についてはしっかりと理解をしておく努力をしなければいけません。

そこで、今回は日常で使われる可能性のある比較的難しい言葉である、所感という言葉をテーマにして、所感という言葉の意味、そして正しい使い方や例文、そして似た言い回しなどをご紹介していきたいと思います。

所感の意味は?

所感という言葉をこれまでの日常生活の中で聞いたことがあるという方は、おそらく大きく分かれると思います。

なぜならば、所感という言葉を用いるような場面に属している人間はそれなりに何度もきく可能性があり、それと反対に全く効かないような生活送っている方に関しては無縁な言葉になっているからです。

では、所感という言葉はどのような人間がよく聞いたりするのかということを考えてみると、一般的には社会経験のある方が圧倒的に聞いたりしたことがある方が多いはずです。

もちろん学生の方でも聞いたりしたことがある方はいるかもしれませんが、逆に全く聞いたことがないという方もいるはずです。

そこで、まずは所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

もしも所感という言葉をまだ聞いたことがなかったり、そもそも知らないという方がいるのであれば、ぜひこの機会に所感という言葉の基本的な意味を理解してみてください。

感想


所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、所感という言葉の意味としては「感想」という意味が存在しています。

感想とは「物事について心に感じたことや思ったこと」を意味している言葉です。

感想については、言葉の意味を知らないという方はなかなかいないと思いますが、所感という言葉は感想という言葉と全く同じ意味であると考えられています。

所感という言葉が用いられる場面としては様々ありますが、例えば会社などの場面であれば、自分よりも目上の立場の上司から、何かに対する所感を聞かれたりするような場面などがあると思います。

その時に所感という言葉の意味を理解していなければ、恥ずかしい思いをしてしまいますし、上司はそれに対してがっかりしてしまいますよね。

なので、所感という言葉が感想という言葉の意味を持っているということをよく理解しておいてください。

心に感じて思った事柄

所感という言葉に関しては実はもう一つ意味が存在しており、どのような意味なのかと考えると「心に感じて思った事柄」という意味が存在しています。

これに関しては、先ほどご紹介した意味とかなり似ていると思いますので、そこまで難しい意味には感じないかもしれませんが、言葉の意味として注意していただきたいのは、事柄という言葉が備わっていますので、その点は区別しなければいけません。

つまり、心の感じて思った事柄というものは、言い換えてみれば「物事の内容、様子、もしくは物事そのもの」を意味しています。

つまり、感想などの思ったことではなく、その物事事態を示す言葉としても受け止めることができますので、若干解釈が難しいですが、意味が違う場合もあるということを理解してください。

所感の使い方・例文


所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについてご紹介をしていきました。

ある程度所感という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは所感という言葉の具体的な使い方であったり、例文について詳しくご紹介をしていきたいと思います。

言葉の意味を知っているだけでは言葉を正しく使うことはできません。

言葉の意味を正しく理解し、さらにそこから言葉の正しい使い方などを理解することによって、本当の意味で正しい言葉の使い方をすることができるようになりますので、自分が間違った使い方をしていないかということを想像しながら、これからご紹介する正しい使い方を確認してみてください。

会社見学の所感を言います

まずはじめにご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「会社見学の所感を言います」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「会社を見学した感想を言います」という意味で解釈することができます。

まず考えていただきたいのは、例文の意味を考える上で大切なのが所感という言葉の意味をもう一度思い出していただくことです。

先ほどご紹介しましたが、所感という言葉の持っている意味としては「①感想②心に感じて思った事柄」という意味が存在しています。

なので、この意味をそのまま所感という言葉の中に代入していただければ、意味として通じるようになります。

会社見学をしたりするという場面を想定してみれば、おそらく社会人として働いている方よりも、学生として学業に勤しんでいる方が中心になると思います。

会社見学をしたからといって必ずしも所感を言いなさいと言われるような場面はないかもしれませんが、周りにいる人によっては、所感を求められるようなこともあったりする可能性がありますので、所感という言葉の意味を正しく理解して、間違った言葉の解釈をしたり、意味が分からなかったりするようなことを防ぐようにしておきましょう。

所感を綴る

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を綴る」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想や心に起こった事柄などを文章でつくる」という意味で解釈することができます。

所感に関しては先ほどご紹介いたしましたのでそこまで問題はないかもしれませんが、人によってはその後に続いている感じなどが読み方がわからなかったりするかもしれませんね。

綴るという言葉は(つづる)と読まれており、意味としては「衣類を作る、器物の修繕をする、歌や文章を作る」という意味を持っている言葉です。

なので、この例文に関しては感想や心に起こった事柄などを文章で作るという意味として解釈することができるようになるのです。

学生の方であっても、社会人の方であったとしても、何かのきっかけに自分が体験したことの感想を求められたり、その感想を紙に書いたりして表現したりすることを求められることはあると思います。

例えば、基本的なことで考えてみれば学生が長期休暇などをとったりするときに、与えられる宿題として読書感想文などがあると思いますが、これも考えてみれば読書をしたということの所感を綴っている行為になると言えます。

そして社会人の方に関しては、自分自身のスキルを成長させたり、これまで以上の自分になるためにビジネスにおける所感を求められたりするようなことがあると思いますので、まさにそのような場面を表現する例文であると考えることができます。

所感を語る

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を語る」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「心に感じて思った事柄や感想を語る」という意味で解釈することができます。

この例文に関してはそこまで難しくない例文であると考えることができ、所感という言葉が最もスタンダードな例文であると捉えることができます。

一般的に考えて感想を想像する場面としては紙に書いたり、もしくは周りの人に対して発表したり伝えたりするような場面が一般的な状況になりますので、それを踏まえて考えてみれば所感を語るという行為に関しては、とてもスタンダードな状況だと考えることができます。

なので、最も基本的な使い方であり、一番覚えていただきたい例文になります。

所感を主張する

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を主張する」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「心に感じて思った事柄を主張する」という意味で解釈することができます。

自分自身が心の中で感じていることを相手に対して伝えたい場面で用いることができる例文であり、日常生活の中においてはこのような例文を使うことができる場面は多々あると思います。

例えば、ビジネスの場面においても、自分自身が感じたことや思っていることなどを意見として求められたりするような画面があると思います。

そのような場合においては、まさに所感を主張する場になると思いますので、今回の例文が該当する場面であると考えることができます。

所感そのままを演説する

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感そのままを演説する」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想をそのまま述べること」という意味で解釈することができます。

一般的に考えて、演説するという言葉の意味は「大勢の前で自分の意見や主張を述べること」を意味しています。

なので、この例文はたくさんの人間の前で自分が思っていることなどを伝えたりする場面で使用されたりする言葉であると判断することができます。

この例文に該当する状況としては様々な場面が想像することができ、例えば学生の方に関しても自分の考えを同じクラスの人間に対して主張したり、自分と同じ学校の人間に対して何かしらの考えを主張したりするような場面はあると思います。

例えば、生徒会の会長などは自分の学校の人間に対して自分の考えを主張したりするのことがあると思います。

また、ビジネスの場面においても同じ会社の人間に対して自分の考えを視聴したりするようなことがあると思います。

なので、結局たくさんの人間に対して自分の意見を主張したりする場面というのは数多く存在しているため、日常生活の中で多く言い表すことができる例文であると考えることができます。

所感を述べる

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を述べる」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想を伝える」という意味で解釈することができます。

この例文に関してはそこまで難しくない所感という言葉の使い方をした例文になると思います。

先ほどご紹介した、所感を語る、所感を視聴する、という例文とどこまで大きく変わりはしないような例文になっています。

所感という言葉を使ったスタンダードな例文であると考えることができ、先ほどご紹介した例文とそこまで使い方も変わりませんので、ひとつの表現方法として身につけておいてください。

所感を記す

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を記す」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想や心に感じて思った事柄などを文字や文章に書きつける」という意味で解釈することができます。

記すということは、何かしらのものに対して文字や文章にして書きつけたりすることを意味していますので、一般的に考えてノートなどにまとめたりする時に用いられたりするような例文であると考えることができます。

日常生活においても自分の考えなどを何かしらの媒体にまとめたりするようなことはよくあることだと思います。

例えば、どのような立場の人間でも行うこととしては自分で日記をつけたりする時にはこのような例文が該当する状況になりえると思います。

また、学生の立場に関しても、何かしらの出来事に関しての感想を何かにまとめることを指示されたりするようなことがあると思いますし、社会人になってからもそのようなことは数多く存在すると思います。

なので、比較的日常生活の中で多用することができるような例文にあると考えることができます。

個人的な所感といきたい

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「個人的な所感といきたい」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「個人的な感想で伝えたい」という意味で解釈することができます。

そもそも所感という言葉が自分の感想を表している言葉であり、その所感という言葉の前に個人的という言葉を付け加えることによって、あくまで自分自身の所感であり、個人的な考え方によることであるということを強調することができるようになります。

この狙いとしては、一般的に考えて自分自身の偏った考え方によるものであるため、一般的な人間がそのように考える可能性は保証できないということを意味しています。

つまり、どちらかといえば謙虚な言葉であると考えることができ、しっかりと個人的という言葉で前置きをすることによって、控えめな意見を伝えることができるようになります。

人によっては礼儀やマナーを心得ている人間だと判断してもらえることにもつながりますので、勘違いなどを引き起こしたりすることを防ぐことができる便利な言葉遣いだと言えます。

ある程度親しい関係であったり、信頼関係ができている人間の相手なのではわざわざ用いたりする必要ないかもしれませんが、信頼関係がまだできていなかったり、特に親しくない関係性の人間に対して自分の意見を伝えたりする場面では、個人的という言葉を付け加えることによってより丁寧な感想を伝えることができるので、必ず一つの表現方法として覚えておくようにしてください。

所感を持ち合わせない

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を持ち合わせない」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想や心に感じて思った事柄などは持っていない」という意味で解釈することができます。

これはどういう事なのかといいますと、持ち合わせないという言葉が簡単に言えば持っていないという言葉と同じような意味として解釈することができます。

なので、物事に対しての感想などを特に持たなかったという言葉としてとらえることができます。

つまり、自分が体験した物事に対して、そこまで心に感じるようなことがなかった場合であったり、特に何の感想も思い浮かばなかったときにはこのような言葉を使って表現したりすることができます。

一般的に考えると、少し冷たい言葉として使われることが多く、意見を求められた時に自分の意見はありませんと伝えているようなものになりますので、一般的にはあまり多用したりすることはお勧めできない言葉でもあります。

特に、ビジネスの場面などにおいては自分の感想がないということになりますので、周りからしてみれば自分の考えをしっかりと持っていない人間であると判断されてしまいますので、使い方に関してはよく注意した上で使わなければいけない例文です。

所感では少ない方だ

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感では少ない方だ」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想や心に感じてを持った事柄としては少ない」という意味で解釈することができます。

つまり、何かの物事に対してその人間が抱いた感想などが極端に少なかったりする時に用いたりすることができる例文であると考えることができます。

人の考え方によって感想などは全く違いますし、考えつく数なども違ったりしますので、一概に多いだの少ないだの決めつけたりするのは難しいかもしれません。

しかし、あくまで一般的な平均というものは存在していると思いますので、その平均に満ちていないと判断した場合にはこのような言葉で相手に対して伝えることができるひとつの例文であると判断することができます。

所感を振り払う

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を振り払う」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想などを払いのける」という意味で解釈することができます。

まず考えていただきたいのは、振り払うという言葉がどのような意味を持っているのかということですが、一般的に考えて振り払うという言葉は「手が体を振って払いのける」という意味があります。

しかし、所感に関しては物理的なものではなく、あくまで感想や感じたことなどの物理的に存在しないものになりますので、振り払うということはそれをはねのけたりするような意味として用いられます。

つまり、自分や相手が述べた所感などをはねのけたりするような場面で使われたりするような例文として考えることができます。

例えば、自分が何かに対する考えを述べた時に、その考えを聞いた相手がその考えを否定するような発言をしたりした時には、所感を振り払うを使ってその時の状況を表現することができるということになります。

所感と似た言い回し

ここまでは所感という言葉を含んだ例文をいくつかご紹介していきました。

こうして考えてみれば、日常生活の中で所感という言葉を含めて言い表すことができる場面は数多く存在するということがお分かりいただけたと思います。

これを理解しておくことによって、それぞれの場面で所感という言葉を使ってその場の状況を表すことができるようになりますので、知識として身につけておくようにしてください。

そして、ここからは所感という言葉に対して、かなり似ている言葉や、似た言い回しの言葉などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

所感という言葉と似ている言葉などをある程度理解しておくことで、言い換えたりすることもできるようになりますし、意味を変換し、スムーズに理解をすることができることにもつながりますので、この機会に覚えておいてください。

主観

まずはじめにご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「主観」という言葉です。

なぜ主観という言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、まず考えていただきたいのは主観という言葉がどのような意味を持っているのかということです。

主観という言葉の意味としては「その人ひとりのものの見方」という意味を持っている言葉として知られており、反対語としては客観という言葉が存在すると考えることができます。

少し意味が難しいかもしれませんが、簡単に言えばその個人が感じている考えと解釈していただければ、わかりやすいと思います。

個人が考えてる考えということは、結局自分自身が感じたことを言い表しているということに置き換えることができるようになります。

なので、簡単な言葉に変化させようと思うのであれば、若干という言葉は変化という言葉と変化させることができるようになります。

つまり、主観という言葉と所感という言葉に関してはほぼ同じような意味を持っていると考えることができます。

なので、主観と所感という言葉は似た言い回しの言葉であると判断することができます。

考え

次にご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「考え」という言葉です。

なぜ考えという言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、まず考えていただきたいこととしては考えという言葉がどのような意味を表しているのかということです。

考えという言葉は「考えること、考えていた結論や判断、そして予測や決意」などを意味しています。

つまり、自分自身が頭の中で考えていることや、考えて導き出した結論や、最終的な判断など全てが含まれている言葉であると捉えることができます。

それを踏まえて考えてみれば、今回ご紹介している所感という言葉に通じるものがあると判断することができます。

なぜならば、所感という言葉は感想や、心に感じて思った事柄という意味が存在しています。

なので、自分自身が考えて導き出したことと、自分自身が心に感じてを持った事柄などに関してはほぼ同じ意味であると捉えることができます。

どちらの言葉も結局は自分自身が考えて導き出したことであることに変わりはありませんので、言葉自体は違いますが結局同じことを表していると判断することができるからです。

なので、所感という言葉は考えという言葉に置き換えることができますので、実際に、日常生活の中で所感という言葉が用いられた場面で考えという言葉を代入してみると、案外まとまりのある文章に変化させることができるので、この機会に覚えておいてください。

見解

次にご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「見解」という言葉です。

なぜ見解という言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、見解という言葉が持っている意味としては「物事に対する考え方や価値判断」という意味が存在しています。

つまり、何かの物事に対してどのように考えているのかということや、その物事に対してどのように判断をしているのかという意味を持っているのであり、この意味は言い換えてみれば所感という言葉の持っている意味と通じるものがあると考えることができます。

なぜならば、結局見解の言葉の意味は物事に対しての感想であったり、自分がその物事に対してどのように考えているのかということを表しているため、所感という言葉の意味とほぼ同じような意味として活用したり、使用したりすることができるのです。

なので、所感という言葉と見解という言葉に関してはほぼ同じ意味として用いることができるため、似た言い回しの言葉であると判断することができます。

所論

次にご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「所論」という言葉です。

なぜ所論という言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、所論という言葉が持っている意味としては「論ずるところ、論じ主張している内容」という意味が存在しています。

こうして考えてみると所論という言葉は少し難しい意味を持っている言葉であると考えることができますが、細かく考えていただくと結局は自分自身がその物事に対して主張している考え方を意味しており、それは物事に対する考えを伝えてるだけなので結局は感想という言葉と全く変わらない言葉になるのです。

そして、所感という言葉の持っている意味の中には、感想という言葉の意味も存在しているため、結果的には所感という言葉と所論という言葉はかなり似ている言い回しの言葉であると判断することができるのです。

意見

次にご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「意見」という言葉です。

なぜ意見という言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、意見という言葉が持っている意味としては「あることについて持っている考え」という意味が存在しています。

つまり、ある物事に対して自分自身が考えてることを意見という言葉で表現することができるということになります。

それを踏まえて考えてみれば、意見という言葉と所感という言葉がかなり似ているということは明白であり、簡単に言い換えられる言葉であるということに気が付くはずです。

なので、意見という言葉は所感という言葉に言い換えることができるので、似ている言い回しの言葉であると判断することができます。

感想

次にご紹介する所感という言葉と似た言い回しの言葉は「感想」という言葉です。

なぜ感想という言葉が所感という言葉と似た言い回しになるのか?と考えたときに、感想という言葉が持っている意味としては「物事について心に感じたことや思ったこと、所感」という意味が存在しています。

これを見てすぐに気がつくと思いますが、そもそも感想という言葉の意味の中には所感という言葉が存在しており、所感という言葉の意味の中には所感という言葉が存在しているということになります。

なので、これらの理由から感想=所感であるということは明白であり、似ている言い回しであるということにほかなりませんので、同じ存在であると判断することができるのです。

正しく使えていましたか?

今回は所感という言葉をテーマにして正しい使い方や例文、似た言い回しを紹介していきました。

こうして考えてみると、たったひとつの言葉に関しても様々な注意すべき点であったり、新しい発見などが存在しているということがよくお分かりいただけたと思います。

もしも所感という言葉を知らなかった方や、難しい言葉だと感じた方は、この機会に所感という言葉をマスターし、しっかりと正しい使い方ができるように心得ておいてください。