CoCoSiA(ココシア)

所感とはどういう意味?正しい使い方や例文、似た言い回しを紹介します


私たち日本人が普段口にしている日本語の中には、難しい表現の言葉がたくさん存在しています。

一般的に考えてあまり難しい言葉を使うよりかは、簡単な言葉で表現した方が、相手が言葉を理解している可能性が高いので、相手と意思疎通を取ることがしやすくなりますし、あえて難しく表現したりする必要性というものはあまりありませんよね。

しかし、もしも難しい言葉を簡単に言い換えられるような言葉がなかった場合は、難しく表現するしか方法がありませんので、場合によっては難しい言葉で伝えざるを得ないような時もあります。

それを踏まえて考えてみれば、難しい言葉だったとしてもある程度日常で使われるような言葉であったり、一般的常識の範囲内の難しい言葉に関しては理解をしておく必要性があります。

なぜならば、もしも言葉の意味が分からなかった場合、場面によっては恥ずかしい気持ちになったりする可能性もありますし、それと同時に相手から見下されてしまう可能性も考えられるからです。

プライベートのためにおいてはそこまで支障をきたすようなことはないかもしれませんが、ビジネスの場面においてはあまり良い印象を持ってもらえない可能性もありますので、一般常識レベルの難しい言葉についてはしっかりと理解をしておく努力をしなければいけません。

そこで、今回は日常で使われる可能性のある比較的難しい言葉である、所感という言葉をテーマにして、所感という言葉の意味、そして正しい使い方や例文、そして似た言い回しなどをご紹介していきたいと思います。

所感の意味は?

所感という言葉をこれまでの日常生活の中で聞いたことがあるという方は、おそらく大きく分かれると思います。

なぜならば、所感という言葉を用いるような場面に属している人間はそれなりに何度もきく可能性があり、それと反対に全く効かないような生活送っている方に関しては無縁な言葉になっているからです。

では、所感という言葉はどのような人間がよく聞いたりするのかということを考えてみると、一般的には社会経験のある方が圧倒的に聞いたりしたことがある方が多いはずです。

もちろん学生の方でも聞いたりしたことがある方はいるかもしれませんが、逆に全く聞いたことがないという方もいるはずです。

そこで、まずは所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

もしも所感という言葉をまだ聞いたことがなかったり、そもそも知らないという方がいるのであれば、ぜひこの機会に所感という言葉の基本的な意味を理解してみてください。

感想


所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、所感という言葉の意味としては「感想」という意味が存在しています。

感想とは「物事について心に感じたことや思ったこと」を意味している言葉です。

感想については、言葉の意味を知らないという方はなかなかいないと思いますが、所感という言葉は感想という言葉と全く同じ意味であると考えられています。

所感という言葉が用いられる場面としては様々ありますが、例えば会社などの場面であれば、自分よりも目上の立場の上司から、何かに対する所感を聞かれたりするような場面などがあると思います。

その時に所感という言葉の意味を理解していなければ、恥ずかしい思いをしてしまいますし、上司はそれに対してがっかりしてしまいますよね。

なので、所感という言葉が感想という言葉の意味を持っているということをよく理解しておいてください。

心に感じて思った事柄

所感という言葉に関しては実はもう一つ意味が存在しており、どのような意味なのかと考えると「心に感じて思った事柄」という意味が存在しています。

これに関しては、先ほどご紹介した意味とかなり似ていると思いますので、そこまで難しい意味には感じないかもしれませんが、言葉の意味として注意していただきたいのは、事柄という言葉が備わっていますので、その点は区別しなければいけません。

つまり、心の感じて思った事柄というものは、言い換えてみれば「物事の内容、様子、もしくは物事そのもの」を意味しています。

つまり、感想などの思ったことではなく、その物事事態を示す言葉としても受け止めることができますので、若干解釈が難しいですが、意味が違う場合もあるということを理解してください。

所感の使い方・例文


所感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについてご紹介をしていきました。

ある程度所感という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは所感という言葉の具体的な使い方であったり、例文について詳しくご紹介をしていきたいと思います。

言葉の意味を知っているだけでは言葉を正しく使うことはできません。

言葉の意味を正しく理解し、さらにそこから言葉の正しい使い方などを理解することによって、本当の意味で正しい言葉の使い方をすることができるようになりますので、自分が間違った使い方をしていないかということを想像しながら、これからご紹介する正しい使い方を確認してみてください。

会社見学の所感を言います

まずはじめにご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「会社見学の所感を言います」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「会社を見学した感想を言います」という意味で解釈することができます。

まず考えていただきたいのは、例文の意味を考える上で大切なのが所感という言葉の意味をもう一度思い出していただくことです。

先ほどご紹介しましたが、所感という言葉の持っている意味としては「①感想②心に感じて思った事柄」という意味が存在しています。

なので、この意味をそのまま所感という言葉の中に代入していただければ、意味として通じるようになります。

会社見学をしたりするという場面を想定してみれば、おそらく社会人として働いている方よりも、学生として学業に勤しんでいる方が中心になると思います。

会社見学をしたからといって必ずしも所感を言いなさいと言われるような場面はないかもしれませんが、周りにいる人によっては、所感を求められるようなこともあったりする可能性がありますので、所感という言葉の意味を正しく理解して、間違った言葉の解釈をしたり、意味が分からなかったりするようなことを防ぐようにしておきましょう。

所感を綴る

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を綴る」という例文です。

この例文はどういう意味なのかと考えたときに、意味としては「感想や心に起こった事柄などを文章でつくる」という意味で解釈することができます。

所感に関しては先ほどご紹介いたしましたのでそこまで問題はないかもしれませんが、人によってはその後に続いている感じなどが読み方がわからなかったりするかもしれませんね。

綴るという言葉は(つづる)と読まれており、意味としては「衣類を作る、器物の修繕をする、歌や文章を作る」という意味を持っている言葉です。

なので、この例文に関しては感想や心に起こった事柄などを文章で作るという意味として解釈することができるようになるのです。

学生の方であっても、社会人の方であったとしても、何かのきっかけに自分が体験したことの感想を求められたり、その感想を紙に書いたりして表現したりすることを求められることはあると思います。

例えば、基本的なことで考えてみれば学生が長期休暇などをとったりするときに、与えられる宿題として読書感想文などがあると思いますが、これも考えてみれば読書をしたということの所感を綴っている行為になると言えます。

そして社会人の方に関しては、自分自身のスキルを成長させたり、これまで以上の自分になるためにビジネスにおける所感を求められたりするようなことがあると思いますので、まさにそのような場面を表現する例文であると考えることができます。

所感を語る

次にご紹介する所感という言葉を含んだ例文は「所感を語る」という例文です。