CoCoSiA(ココシア)

活字好きな人の4個の理由。活字って...(続き2)

そうすることによって、現実では感じることができないような非日常を感じることができやすくなるのです。

そして、本の世界に没頭して非日常を感じることができるくらい集中することができるようになれば、自然と集中力が身につくようになりますし、それに伴って想像力を働かせることができるようになります。

そうなると自分自身の視野が広がるようになり、様々な物事の細かい部分まで観察をすることができるようになります。

また、集中力と想像力に関しては必ずビジネスの場面で活かせるようになりますので、身に着けておいて損になるようなことは絶対にありません。

なので、結果的に非日常に浸れるということはストレス解消のメリットもありながら、ビジネスの場面で通用する魅力的なスキルを身につけるチャンスでもあると考えることができるのです。

️そもそも活字ってなに?


残念ながら時代が移り変わっていっていますので、今の時代には活字という言葉自体をよくわからないというような方が存在しているのも事実です。

そもそも活字という言葉自体がよくわかっていない状態で、活字の魅力を伝えるようにしても無理があると思いますので、まずは活字とはどのようなものなのか、具体的に活字という存在が何を示しているのかということについてご紹介していきたいと思います。

活字という言葉を知らない方は、この機会に活字を知り、活字をもっと身近なものに感じていただきたいと思いますので、活字の意味から知ってみましょう。

活字とは

活字とは一体どういう意味を持っている言葉なのかと考えた時に、活字とは「活版印刷に使う凸型の字型であり、方形柱状の金属の一端の面に文字を左右反対に浮き彫りにしたもの」という意味を持っている言葉です。

この意味だけ見てみても、具体的にどういう意味なのかよく分からないと思いますので、簡単にご紹介するとすれば、新聞や本といった印刷された物に記載されているような文字のことを想像していただければわかりやすいと思います。

そもそも活版印刷という言葉は「活版で印刷すること」であり、活版とは活字を組み並べて作った印刷物のことなので、結果的に新聞や本などのように文字が組み合わせられて印刷されたようなものだと考えていただければわかりやすいと思います。

なので、活字が好きということは新聞や本を読んだりするのが好きな人というような感覚で考えていただければわかりやすいですよね。

そして考えてみるとあなたの身近にも活字が好きな人というのはある程度予想がつくようになると思います。

まだ年齢的に幼いであれば、おそらく自分の身近な家族の方がよく朝に新聞を読んでいたり、本を読んでいたりするような光景を見たりすることがあると思いますが、まさにそのような人こそ活字が好きな人間であると考えることができます。

なぜならば、今の時代はスマートフォンなどを使えば新聞を見なくても様々のニュース情報を手に入れることができますし、わざわざ本を読まなくてもインターネット上で検索をすれば簡単に知りたい情報を手に入りますので、そんな時代で活字を見ている人は活字が好きな人であると考えることができるからです。

️身の回りの活字

活字という言葉の基本的な意味合いについてご紹介をしていきましたが、活字という言葉を理解いただいたところで改めて考えていただきたいのが、あなたの身近には活字と呼ばれるような存在のものが置いてありますか?

人によっては毎日の生活環境の中で活字に触れるような生活環境の方もいれば、活字と関わりがないような生活環境を送っているという方もいると思います。

しかし、活字という言葉を正しく理解していない方は、もしかすると本当は活字に触れているのに活字は自分とは無縁の存在であると考えてしまっているような方もいるかもしれません。

そこで、改めて自分の身の回りに存在しているような活字と呼ばれるようなものについて、いくつかピックアップしてご紹介していきたいと思いますので、自分の周りに活字があるかどうかの判断基準の一つとして考えてみてください。

新聞

まず初めにご紹介する身の回りの活字として存在するものは「新聞」です。

新聞に関しては活字の代表例といっても過言ではないような存在だと思います。

今更説明するまでもないかもしれませんが、新聞とは日常生活において様々な事件や事故、そして政治や経済、または芸能関係者スポーツ関係、そして国際情勢の動向といった様々なニュースを報じる媒体であり、一つのメディアであると考えることができます。

実際にたくさんの方が新聞を人生で一度は見たことがあると思いますので、すぐに想像つくと思いますが新聞に関してはたくさんの活字がびっしりと記載されているような紙媒体です。

様々な情報が書かれている紙媒体であり、それらが何枚にも重なって一つの新聞となって、個人に渡されるようになっているのです。

たくさんの活字が並んでそれらが印刷されているという時点で活字としての様子を満たしており、明らかに新聞は活字であると考えることができるのですが、場合によっては新聞も活字ではないような部分は存在しています。

日常的に新聞を見ている方ならばすぐにわかると思うのですが、新聞の中には様々な広告であったり、それ以外にも様々な写真が掲載されていたりする場合がありますので、新聞の全てのスペースが活字で描かれているかと考えれば、それは少し違うと考えることができます。

しかしながら、大半のスペースが活字で描かれているということと、日常生活においてかなり密接な関係性にあるという時点でやはり新聞は活字の代表的な存在であると考えられます。


次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「本」です。

本に関しても先ほど触れたとおり活字の代表的な存在の一つであると考えることができます。

なぜならば、本はぎっしりと文字が描かれている場合はほとんどであり、本とは何かと考えてみれば、たくさんの活字が記載されている紙媒体が幾重にも重なっているものがひとつにまとめられた存在であると考えることができるため、結果的に本は活字であると考えることができます。

今から本とは何かと説明する必要ないと思うのですが、そもそも本というものは様々な著者が様々な知識を活字に変換して私たちに与えてくれている存在であると考えることができます。

例えば、ある分野においてそれなりの立場に存在している人間がその分野に関する知識をまとめた本を出版したりするということはよくある話だと思います。

これも、結局はその人間が様々な経験や体験をもとに、自分の知識を活字に変換して、その活字を幾重にもまとめた状態で本にして販売していうと考えることができますので、結局は知識を活字に変換していると断定することができますので、本=活字となるのです。

もちろん本の中には絵が描かれているようなものなどもあったり、半分異常が漫画のようなタッチになっており、文字が圧倒的に少ないようなものもありますが、それでも文字が代替の本に記載されていますので、活字のスペースがあるということはゆるぎない事実になります。

このことから、普段から本を読んでいるような人は活字が身近な存在にある生活環境を過ごしていると考えることができるはずです。

インターネット

次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「インターネット」です。

なぜ身の回りの活字にインターネットが含まれているのかと疑問に感じるか食べるかもしれません
しかしながら、私たちが普段使用しているインターネットも活字の一つであると考えることは十分可能なのです。

活字という言葉の定義を考えてみれば、インターネットなどに関しては活字であると考えられないかもしれませんが、一応インターネット上に描かれているような文字なのに関しては勝ちの一つであると考えることができるのです。

なので、スマートフォンの画面に描かれているような文字などはすべて活字であると考えることができます。

しかしながら、インターネットを行っている方ならば分かると思いますが、画面に表示されるものに関しては全てが活字であるかといわれるとそうではありません。

活字以外のものに関しても今はとても多くなっています。

例えばよく目に映るのが、インターネット上の広告です。

インターネット上の広告に関しては文字が書いてある場合もあるかもしれませんが、どちらかといえば画像の方がデータとしては多いですよね。