あなたは普段の日常生活の中で、活字について見たり触れたりすることは多いですか?

これは個人差があると思いますので、多い少ないはかなり分かれることになると思います。

人によっては活字という存在が少し古臭いような存在に感じてあまり好きではないと感じてる方がいたり、そもそも活字って何?と疑問に感じたりするような人がいるかもしれませんね。

しかしながら、活字という存在を知らない方は、活字に触れるというとても魅力的で自分自身を成長させる上でもとても大切な行動を見逃してしまっていると考えることができます。

なぜならば、積極的に活字に触れることによってたくさんの知識を吸収するチャンス、そして自分自身で何かの物事を理解したり、文章を作り上げたりするようなスキルを磨くことができ、結果的には自分自身を成長させることができるようになるからです。

しかし残念なことに、今の時代は昔の時代と比べてどうしても活字に触れるということ自体が少なくなってしまっていると思います。

どうしてかと考えた時に、今の時代に関しては昔の時代と比べてスマートフォンが主流になっており、スマートフォンを使って簡単に様々な情報を入手することができたり、スマートフォンの画面上で全ての疑問を解消することができるようになっているからです。

しかしながら、そんな時代だからこそ活字の魅力を改めて知っていただきたいと思いますので、今回は活字をテーマにして活字とはいったい何か、そして活字が好きな人の理由についてご紹介していきたいと思います。

️活字が好きな人って見たことある?

あなたの周りにも活字が好きでよく活字を見たりしているような人はおそらく一定数は存在しているのではないでしょうか。

しかしながら、昔と比べて圧倒的に活字が好きだという方は減少傾向にあると思います。

つまりは先ほど述べた通りですが、やはり時代の変化というものがありますので、どんどん活字に触れて行く機会というのは少なくなっていると考えることができます。

しかしながら、活字が好きでなるべくであれば活字で何かを感じていたいと考える方のような考えは意外と根強く、一定数は今後も活字の需要は存在すると考えることができます。

そんな活字が大好きな人間にはある特徴が存在すると考えることができます。

この特徴を改めて理解していただくことによって、なぜ活字が好きなのかということを理解するだけではなく、結果として活字が好きになればどのようなメリットを得ることができるのかということなどにつなげて物事を考えることができるようになります。

なので、この機会にあまり活字に触れる機会が少ないと自分自身で思っている方は、改めて活字の魅力を知る意味も込めて、活字が好きな人の特徴について正しく把握をするようにしてみてください。

️そもそも活字ってなに?


残念ながら時代が移り変わっていっていますので、今の時代には活字という言葉自体をよくわからないというような方が存在しているのも事実です。

そもそも活字という言葉自体がよくわかっていない状態で、活字の魅力を伝えるようにしても無理があると思いますので、まずは活字とはどのようなものなのか、具体的に活字という存在が何を示しているのかということについてご紹介していきたいと思います。

活字という言葉を知らない方は、この機会に活字を知り、活字をもっと身近なものに感じていただきたいと思いますので、活字の意味から知ってみましょう。

活字とは

活字とは一体どういう意味を持っている言葉なのかと考えた時に、活字とは「活版印刷に使う凸型の字型であり、方形柱状の金属の一端の面に文字を左右反対に浮き彫りにしたもの」という意味を持っている言葉です。

この意味だけ見てみても、具体的にどういう意味なのかよく分からないと思いますので、簡単にご紹介するとすれば、新聞や本といった印刷された物に記載されているような文字のことを想像していただければわかりやすいと思います。

そもそも活版印刷という言葉は「活版で印刷すること」であり、活版とは活字を組み並べて作った印刷物のことなので、結果的に新聞や本などのように文字が組み合わせられて印刷されたようなものだと考えていただければわかりやすいと思います。

なので、活字が好きということは新聞や本を読んだりするのが好きな人というような感覚で考えていただければわかりやすいですよね。

そして考えてみるとあなたの身近にも活字が好きな人というのはある程度予想がつくようになると思います。

まだ年齢的に幼いであれば、おそらく自分の身近な家族の方がよく朝に新聞を読んでいたり、本を読んでいたりするような光景を見たりすることがあると思いますが、まさにそのような人こそ活字が好きな人間であると考えることができます。

なぜならば、今の時代はスマートフォンなどを使えば新聞を見なくても様々のニュース情報を手に入れることができますし、わざわざ本を読まなくてもインターネット上で検索をすれば簡単に知りたい情報を手に入りますので、そんな時代で活字を見ている人は活字が好きな人であると考えることができるからです。

️身の回りの活字

活字という言葉の基本的な意味合いについてご紹介をしていきましたが、活字という言葉を理解いただいたところで改めて考えていただきたいのが、あなたの身近には活字と呼ばれるような存在のものが置いてありますか?

人によっては毎日の生活環境の中で活字に触れるような生活環境の方もいれば、活字と関わりがないような生活環境を送っているという方もいると思います。

しかし、活字という言葉を正しく理解していない方は、もしかすると本当は活字に触れているのに活字は自分とは無縁の存在であると考えてしまっているような方もいるかもしれません。

そこで、改めて自分の身の回りに存在しているような活字と呼ばれるようなものについて、いくつかピックアップしてご紹介していきたいと思いますので、自分の周りに活字があるかどうかの判断基準の一つとして考えてみてください。

新聞

まず初めにご紹介する身の回りの活字として存在するものは「新聞」です。

新聞に関しては活字の代表例といっても過言ではないような存在だと思います。

今更説明するまでもないかもしれませんが、新聞とは日常生活において様々な事件や事故、そして政治や経済、または芸能関係者スポーツ関係、そして国際情勢の動向といった様々なニュースを報じる媒体であり、一つのメディアであると考えることができます。

実際にたくさんの方が新聞を人生で一度は見たことがあると思いますので、すぐに想像つくと思いますが新聞に関してはたくさんの活字がびっしりと記載されているような紙媒体です。

様々な情報が書かれている紙媒体であり、それらが何枚にも重なって一つの新聞となって、個人に渡されるようになっているのです。

たくさんの活字が並んでそれらが印刷されているという時点で活字としての様子を満たしており、明らかに新聞は活字であると考えることができるのですが、場合によっては新聞も活字ではないような部分は存在しています。

日常的に新聞を見ている方ならばすぐにわかると思うのですが、新聞の中には様々な広告であったり、それ以外にも様々な写真が掲載されていたりする場合がありますので、新聞の全てのスペースが活字で描かれているかと考えれば、それは少し違うと考えることができます。

しかしながら、大半のスペースが活字で描かれているということと、日常生活においてかなり密接な関係性にあるという時点でやはり新聞は活字の代表的な存在であると考えられます。


次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「本」です。

本に関しても先ほど触れたとおり活字の代表的な存在の一つであると考えることができます。

なぜならば、本はぎっしりと文字が描かれている場合はほとんどであり、本とは何かと考えてみれば、たくさんの活字が記載されている紙媒体が幾重にも重なっているものがひとつにまとめられた存在であると考えることができるため、結果的に本は活字であると考えることができます。

今から本とは何かと説明する必要ないと思うのですが、そもそも本というものは様々な著者が様々な知識を活字に変換して私たちに与えてくれている存在であると考えることができます。

例えば、ある分野においてそれなりの立場に存在している人間がその分野に関する知識をまとめた本を出版したりするということはよくある話だと思います。

これも、結局はその人間が様々な経験や体験をもとに、自分の知識を活字に変換して、その活字を幾重にもまとめた状態で本にして販売していうと考えることができますので、結局は知識を活字に変換していると断定することができますので、本=活字となるのです。

もちろん本の中には絵が描かれているようなものなどもあったり、半分異常が漫画のようなタッチになっており、文字が圧倒的に少ないようなものもありますが、それでも文字が代替の本に記載されていますので、活字のスペースがあるということはゆるぎない事実になります。

このことから、普段から本を読んでいるような人は活字が身近な存在にある生活環境を過ごしていると考えることができるはずです。

インターネット

次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「インターネット」です。

なぜ身の回りの活字にインターネットが含まれているのかと疑問に感じるか食べるかもしれません
しかしながら、私たちが普段使用しているインターネットも活字の一つであると考えることは十分可能なのです。

活字という言葉の定義を考えてみれば、インターネットなどに関しては活字であると考えられないかもしれませんが、一応インターネット上に描かれているような文字なのに関しては勝ちの一つであると考えることができるのです。

なので、スマートフォンの画面に描かれているような文字などはすべて活字であると考えることができます。

しかしながら、インターネットを行っている方ならば分かると思いますが、画面に表示されるものに関しては全てが活字であるかといわれるとそうではありません。

活字以外のものに関しても今はとても多くなっています。

例えばよく目に映るのが、インターネット上の広告です。

インターネット上の広告に関しては文字が書いてある場合もあるかもしれませんが、どちらかといえば画像の方がデータとしては多いですよね。

また、インターネット上には様々な動画が存在しており、動画を見たりする場合は活字ではなく映像を見たりすることが一般的になりますので、例えば動画投稿サイトで知られているYOUTUBEなどに関しては活字ではなく映像であり、活字とは違うと考えることができます。

ですので、インターネット上のものが全て活字であるかどうかと問われるとそれははいとは言えません。

あくまでインターネット上の文字が描かれている部分に関しては活字であり、それ以外の部分に関しては活字とは考えられないと区別して考えることができます。

メール

次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「メール」です。

これも意外に感じるかもしれませんが、私たちが普段スマートフォンやパソコンなどの画面上で確認しているようなメールに関しては活字であると考えることができます。

なぜならば、先ほどインターネットの項目でも触れた通り、実際に印刷されているような媒体のものでなかったとしても、画面上に抽出されている文字に関しては活字であると考えることができるため、液晶画面に映されているメールの文字も活字であると考えることができます。

しかしながら、最近はビジネスの場面において昔ほどメールを使用することは圧倒的に少なくなっていると考えることができます。

なぜならば、企業間の連絡に関してはまだまだメールを行っていることが一般的かもしれませんが、最近は同じ社内の連絡ツールとしてラインを使用していたり、その他に似たような連絡ツールを使用している場合が多いです。

例えばチャットワークなどのアプリに関しても同様であり、同じグループ内に何かしらの情報を共有したいときにはアプリを使って連絡をしたほうが的確に情報伝達ができ、早いので多用されている傾向になります。

これらの連絡ツールに関しても結局はメールと同様に言葉を文字に変換してそれを相手に伝えているだけなので、メールが活字であるならば、ラインも活字であり、チャットツールなどに関してもすべて活字であると考えることができるのです。

そう考えてみると、今の若い人たちも友達とのコミュニケーションツールとしてラインを使用している場合が圧倒的に多いので、意外と活字に触れる機会は多いと考えることができます。

️活字離れが深刻化

ここまでは身の回りに活字と呼ばれるようなものは、具体的にどのような種類があるのかということについてご紹介をしていきました。

自分自身の想像以上に活字と呼ばれるものは様々な種類があり、意外と自分自身の身近な場所に活字が存在し、活字と密接な日常生活を送っていたということが理解いただけたと思います。

しかしながら、冒頭でも触れた通り今の時代は昔の時代と比べて、圧倒的に活字離れが深刻化している時代であると考えることができます。

なぜならば、活字が離れてしまう様々な要因が今の時代には起こり得ているからだと考えることができますが、改めてなぜ今の時代は活字離れが進んでいってしまっているのかという理由についてここからは詳しくご紹介していきたいと思います。

自分自身の普段の日常生活を思い浮かべながら、自分自身の生活がいかに活字離れに該当している生活環境を送っているのか?ということなど踏まえながら確認してみてください。

IT化が進み活字離れが目立つ

まずはじめにご紹介する活字離れが深刻化してしまっている理由の一つとしては「IT化が進み活字離れが目立つ」ということが挙げられます。

なぜIT化が進むことが活字離れしてしまう理由の一つになるのかと考えたときに、インターネットによる技術が盛んになったことによって、私たちは身近な物事に関する自分などはすべてインターネット上で解決をしたりすることが多くなりました。

また、必要な情報などはインターネット上から簡単に入手することができるようになりましたので、世の中に存在している活字を活躍させる機会が圧倒的に減少してしまったということが具体的な理由として挙げられます。

細い事例を考えてみるならば、例えば美味しいお店に食事に行きたいと思った時に、昔であれば本屋さんに足を運んで雑誌などを見て、美味しいお店を探したりするようなことなどがあったと思いますが、今はインターネットを使えば簡単にそのお店などは探すことが可能になっていますよね。

それを考えてみれば、昔は自分で本屋さんに足を運んで本を見るという活字に触れるチャンスがあったにもかかわらず、今はそのチャンスが失われると考えることができるので、結果的に考えるとインターネットの技術が進んでしまって、活字に触れるチャンスがなくなっていると考えることができるのです。

しかし、先ほども触れた通りインターネット自体も活字と考えれば一応活字には該当します。

しかし、情報入手をもしも活字ではなく、動画などを見たりすると考えるならば、やはり活字に触れるチャンスなどは逃してしまっていると考えることができ、今は料理の作り方なども動画を見て確認したりするような若者が増えていますので、やはりこの理由は活字離れにつながっていると判断することができます。

読書をする若者の減少

次にご紹介する活字離れが深刻化してしまっている理由の一つとしては「読書をする若者の減少」ということが挙げられます。

なぜ読書をする若者の減少が活字離れしてしまう理由の一つになるのかと考えたときに、なぜならば私たちが活字に触れる機会として、圧倒的に多いのが読書をしている時であるからです。

例えば、先ほどご紹介した身の回りの活字を考えてみると、圧倒的にたくさんの方がじっくりと長い時間活字に触れる機会があるとすれば本を読む時だと思います。

今はインターネットが発達していますので、たくさんの方がインターネットを通じて活字に触れたりするような機会は多いと思うのですが、それでも本に比べると集中して長い時間頭に触れたりするかと言われればそうではないですよね。

なので、本を読むということは私たちが活字に触れる機会の中でも、最も長い時間集中的に活字に触れる方法に該当するのです。

しかしながら、今の時代は昔の時代と比べて情報の入手が圧倒的に簡単になっている時代になりますので、昔と比べて本を購入して必要な情報を入手したりするような手段を選択する人は圧倒的に減少傾向にあるのです。

もちろんインターネット上に存在している情報は全て正しいものではなく、曖昧な情報になってしまっている可能性もありますので、一定数の方に関してはインターネット上の情報よりもしっかりと本を読むことで情報入手をしたいと考える層もいるのですが、それも圧倒的に今の時代は昔と比べると少なくなっています。

なぜならば、インターネットで情報入手をするほうがお金もかかりませんし、わざわざ本の中から必要な情報が書かれているページをを見つけたりするよりも、検索したほうが早いからです。

なので、結果的にはインターネットが発達した延長線上の問題にはなるのですが、読書をする若者の減少は活字離れが深刻化する一つの理由になると考えることができます。

️本の活字が好きな人の4個の理由

昔と比べて今の時代は本による活字離れしている人が多い時代になりますが、それでも先ほど触れた通り本の活字と触れることを積極的に行っている方や、そもそも本の活字が好きだと感じているような人が一定数存在しています。

そして、本の活字に触れるということはよくよく考えてみると様々なメリットを与えてくれるということが想像できるのですが、その特徴も踏まえながら、本の活字が好きな人の理由についていくつかご紹介していきたいと思います。

本の活字と積極的に関わる事で、どのようなメリットが得られるようになるのかということを知る意味でも、本の活字が好きな人の理由をこの機会に把握して、自分自身を成長させたり、良い効果を得るために利用してみてください。

ストレス解消になる

まずはじめにご紹介する本の活字が好きな人の理由としては「ストレス解消になる」ということが挙げられます。

なぜ本の活字に触れることによってストレスが解消されるのかと考えた時に、そもそも本を読むことによってストレス解消効果を得ることができるということが判明しており、その効果は様々な行動の中でも著しく高いパーセンテージを誇っている事が判明しています。

例えば、イギリスの大学の研究チームの結果によれば、コーヒーを飲んだりすることによって約50パーセント、そして散歩で約40パーセントのストレス解消効果が得られる中、読書はなんと約70パーセントのストレス解消効果を得ることができるということが判明しました。

さらに、驚くべき要素としては、読書を始めてからだったの5分ほど過ぎたあたりからストレス解消効果を得ているという点です。

日常生活においてストレスを受けてしまうということは、もはや逃れることができない要因ですが、大切なのはストレスを受けないようにするのではなく、いかにしてストレスを解消するのかということだと思います。

そのストレスを解消する手段がとても身近に存在しており、さらにどんな場所でも気軽に行える方法だということに気づいていない方はたくさんいますので、これはとてももったいないことです。

もしも今まで読書したりする習慣がなかった方は、本の活字に触れて読書をする習慣を身につけるようにすれば、これまで以上に大幅なストレス解消効果を得ることができるようになりますので、実践してみてください。

現実逃避できる

次にご紹介する本の活字が好きな人の理由としては「現実逃避できる」ということが挙げられます。

なぜ本の活字に触れることによって現実逃避することができるようになるのかと考える時に、まず本の活字に触れるということは絶対的に集中力がなければできないことになります。

なぜならば、たくさんの文字が集結している本という存在を理解しながら読み進めていくためには、必ず集中して本に書かれている内容などをひとつひとつ理解していきながら読み進めていかなければいけないからです。

それを踏まえて考えてみれば、人間は集中しているときに様々なことに対して意識を張り巡らすたりすることは難しく、集中しているときはひとつのことに集中しやすくなります。

なので、本に集中している時にはその他のことに対して集中する余裕がなくなりますので、
逆に言えば本に対して没頭することができますので、何もしていないときよりも嫌なことなどを考えたりしなくて済むようになるのです。

また、本の内容が面白ければ面白いほど本をたくさん読み進めていきたいという気持ちが勝り、本の世界にどんどん集中することができるようになりますので、現実を忘れて本の世界の内容に入り込みやすくなるのです。

なので、本の活字に触れるということは現実逃避することができるということに繋がるようになるのです。

知識が増える

次にご紹介する本の活字が好きな人の理由としては「知識が増える」ということが挙げられます。

なぜ本の活字に触れることによって知識が増えるのかと考えたときに、これはちょっと考えていただければ分かるのですが、そもそも本というものはその本を書いた人間の知識が丸まる詰め込まれている知識の結晶体であると考えることができます。

確かにインターネット上から情報を入手したりするのも時には有効な手段であり、必要な情報だけを短時間で抜き取ることができるので大変便利なツールではあるのですが、それでも読書をするということはそれ以上にたくさんの知識を身につけたりすることができる可能性が秘められたツールになるのです。

例えば、本を読むことによって本に書かれている漢字を読めるようになりますし、本に書かれている内容すべてが知識に繋がるものが多く、きちんとなぜそうなのか?という根本的な部分まで把握しやすく、確かな理解を進めやすくなります。

それに反してインターネット上の情報に関しては、間違った情報が氾濫してしまっている可能性もありますし、結論のみを抜き取ったような文章であったりするような場合が多かったりします。

実際にインターネット上で情報を入手したりしようとした時に、とてつもなく長い文章が書かれているようなインターネットサイトよりも、結論だけが抜粋されてあるようなインターネットサイトなどを見たりするほうが多いですよね。

しかし、それではなぜそうなるのか?という細かい部分までを理解することができないため、圧倒的に本と比べると取得することができる知識は浅いもの、つまり応用できない知識になってしまいやすいのです。

もちろんインターネット上からの情報入手が間違っている方法というわけではないのですが、本の活字が好きな人が本の活字を好む理由としてはやはり本を読むことによってしか得ることができない知識を身につけることができるという理由が存在するため、本の活字に触れることによって知識が増えるということは断定できる事実なのです。

非日常に浸れる

次にご紹介する本の活字が好きな人の理由としては「非日常に浸れる」ということが挙げられます。

なぜ本の活字に触れることによって非日常に浸れるのかと考えたときに、これは先ほどご紹介した現実逃避できるということにつながっている理由なのですが、本を読むことによって人間は集中した状態になるので、集中すれば集中するほどその本の世界に引き込まれるようになります。

そうすることによって、現実では感じることができないような非日常を感じることができやすくなるのです。

そして、本の世界に没頭して非日常を感じることができるくらい集中することができるようになれば、自然と集中力が身につくようになりますし、それに伴って想像力を働かせることができるようになります。

そうなると自分自身の視野が広がるようになり、様々な物事の細かい部分まで観察をすることができるようになります。

また、集中力と想像力に関しては必ずビジネスの場面で活かせるようになりますので、身に着けておいて損になるようなことは絶対にありません。

なので、結果的に非日常に浸れるということはストレス解消のメリットもありながら、ビジネスの場面で通用する魅力的なスキルを身につけるチャンスでもあると考えることができるのです。

️活字に触れ合うことに魅力が隠されている

今回ご紹介した内容を確認していただければ、活字に触れることによってたくさんのメリットを得ることができるということがお分かりいただけたと思います。

また、今の自分自身の日常生活が活字離れしている人に関しては、自分を成長させるチャンスや、ストレス解消のチャンスを逃してしまっていたということなどにも気づけたはずです。

だからこそ、改めて活字に触れることはたくさんの魅力が詰まった素晴らしい行いであるということを理解して、なるべく日常生活の中で活字に触れるような行動を取るようにしてみてください。

そうすることで、必ず今までよりも魅力的な自分に変化させることができるはずなので、積極的に活字に触れるようにチャレンジしてみてください。