あなたは普段の日常生活の中で、活字について見たり触れたりすることは多いですか?

これは個人差があると思いますので、多い少ないはかなり分かれることになると思います。

人によっては活字という存在が少し古臭いような存在に感じてあまり好きではないと感じてる方がいたり、そもそも活字って何?と疑問に感じたりするような人がいるかもしれませんね。

しかしながら、活字という存在を知らない方は、活字に触れるというとても魅力的で自分自身を成長させる上でもとても大切な行動を見逃してしまっていると考えることができます。

なぜならば、積極的に活字に触れることによってたくさんの知識を吸収するチャンス、そして自分自身で何かの物事を理解したり、文章を作り上げたりするようなスキルを磨くことができ、結果的には自分自身を成長させることができるようになるからです。

しかし残念なことに、今の時代は昔の時代と比べてどうしても活字に触れるということ自体が少なくなってしまっていると思います。

どうしてかと考えた時に、今の時代に関しては昔の時代と比べてスマートフォンが主流になっており、スマートフォンを使って簡単に様々な情報を入手することができたり、スマートフォンの画面上で全ての疑問を解消することができるようになっているからです。

しかしながら、そんな時代だからこそ活字の魅力を改めて知っていただきたいと思いますので、今回は活字をテーマにして活字とはいったい何か、そして活字が好きな人の理由についてご紹介していきたいと思います。

️活字が好きな人って見たことある?

あなたの周りにも活字が好きでよく活字を見たりしているような人はおそらく一定数は存在しているのではないでしょうか。

しかしながら、昔と比べて圧倒的に活字が好きだという方は減少傾向にあると思います。

つまりは先ほど述べた通りですが、やはり時代の変化というものがありますので、どんどん活字に触れて行く機会というのは少なくなっていると考えることができます。

しかしながら、活字が好きでなるべくであれば活字で何かを感じていたいと考える方のような考えは意外と根強く、一定数は今後も活字の需要は存在すると考えることができます。

そんな活字が大好きな人間にはある特徴が存在すると考えることができます。

この特徴を改めて理解していただくことによって、なぜ活字が好きなのかということを理解するだけではなく、結果として活字が好きになればどのようなメリットを得ることができるのかということなどにつなげて物事を考えることができるようになります。

なので、この機会にあまり活字に触れる機会が少ないと自分自身で思っている方は、改めて活字の魅力を知る意味も込めて、活字が好きな人の特徴について正しく把握をするようにしてみてください。

️そもそも活字ってなに?


残念ながら時代が移り変わっていっていますので、今の時代には活字という言葉自体をよくわからないというような方が存在しているのも事実です。

そもそも活字という言葉自体がよくわかっていない状態で、活字の魅力を伝えるようにしても無理があると思いますので、まずは活字とはどのようなものなのか、具体的に活字という存在が何を示しているのかということについてご紹介していきたいと思います。

活字という言葉を知らない方は、この機会に活字を知り、活字をもっと身近なものに感じていただきたいと思いますので、活字の意味から知ってみましょう。

活字とは

活字とは一体どういう意味を持っている言葉なのかと考えた時に、活字とは「活版印刷に使う凸型の字型であり、方形柱状の金属の一端の面に文字を左右反対に浮き彫りにしたもの」という意味を持っている言葉です。

この意味だけ見てみても、具体的にどういう意味なのかよく分からないと思いますので、簡単にご紹介するとすれば、新聞や本といった印刷された物に記載されているような文字のことを想像していただければわかりやすいと思います。

そもそも活版印刷という言葉は「活版で印刷すること」であり、活版とは活字を組み並べて作った印刷物のことなので、結果的に新聞や本などのように文字が組み合わせられて印刷されたようなものだと考えていただければわかりやすいと思います。

なので、活字が好きということは新聞や本を読んだりするのが好きな人というような感覚で考えていただければわかりやすいですよね。

そして考えてみるとあなたの身近にも活字が好きな人というのはある程度予想がつくようになると思います。

まだ年齢的に幼いであれば、おそらく自分の身近な家族の方がよく朝に新聞を読んでいたり、本を読んでいたりするような光景を見たりすることがあると思いますが、まさにそのような人こそ活字が好きな人間であると考えることができます。

なぜならば、今の時代はスマートフォンなどを使えば新聞を見なくても様々のニュース情報を手に入れることができますし、わざわざ本を読まなくてもインターネット上で検索をすれば簡単に知りたい情報を手に入りますので、そんな時代で活字を見ている人は活字が好きな人であると考えることができるからです。

️身の回りの活字

活字という言葉の基本的な意味合いについてご紹介をしていきましたが、活字という言葉を理解いただいたところで改めて考えていただきたいのが、あなたの身近には活字と呼ばれるような存在のものが置いてありますか?

人によっては毎日の生活環境の中で活字に触れるような生活環境の方もいれば、活字と関わりがないような生活環境を送っているという方もいると思います。

しかし、活字という言葉を正しく理解していない方は、もしかすると本当は活字に触れているのに活字は自分とは無縁の存在であると考えてしまっているような方もいるかもしれません。

そこで、改めて自分の身の回りに存在しているような活字と呼ばれるようなものについて、いくつかピックアップしてご紹介していきたいと思いますので、自分の周りに活字があるかどうかの判断基準の一つとして考えてみてください。

新聞

まず初めにご紹介する身の回りの活字として存在するものは「新聞」です。

新聞に関しては活字の代表例といっても過言ではないような存在だと思います。

今更説明するまでもないかもしれませんが、新聞とは日常生活において様々な事件や事故、そして政治や経済、または芸能関係者スポーツ関係、そして国際情勢の動向といった様々なニュースを報じる媒体であり、一つのメディアであると考えることができます。

実際にたくさんの方が新聞を人生で一度は見たことがあると思いますので、すぐに想像つくと思いますが新聞に関してはたくさんの活字がびっしりと記載されているような紙媒体です。

様々な情報が書かれている紙媒体であり、それらが何枚にも重なって一つの新聞となって、個人に渡されるようになっているのです。

たくさんの活字が並んでそれらが印刷されているという時点で活字としての様子を満たしており、明らかに新聞は活字であると考えることができるのですが、場合によっては新聞も活字ではないような部分は存在しています。

日常的に新聞を見ている方ならばすぐにわかると思うのですが、新聞の中には様々な広告であったり、それ以外にも様々な写真が掲載されていたりする場合がありますので、新聞の全てのスペースが活字で描かれているかと考えれば、それは少し違うと考えることができます。

しかしながら、大半のスペースが活字で描かれているということと、日常生活においてかなり密接な関係性にあるという時点でやはり新聞は活字の代表的な存在であると考えられます。


次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「本」です。

本に関しても先ほど触れたとおり活字の代表的な存在の一つであると考えることができます。

なぜならば、本はぎっしりと文字が描かれている場合はほとんどであり、本とは何かと考えてみれば、たくさんの活字が記載されている紙媒体が幾重にも重なっているものがひとつにまとめられた存在であると考えることができるため、結果的に本は活字であると考えることができます。

今から本とは何かと説明する必要ないと思うのですが、そもそも本というものは様々な著者が様々な知識を活字に変換して私たちに与えてくれている存在であると考えることができます。

例えば、ある分野においてそれなりの立場に存在している人間がその分野に関する知識をまとめた本を出版したりするということはよくある話だと思います。

これも、結局はその人間が様々な経験や体験をもとに、自分の知識を活字に変換して、その活字を幾重にもまとめた状態で本にして販売していうと考えることができますので、結局は知識を活字に変換していると断定することができますので、本=活字となるのです。

もちろん本の中には絵が描かれているようなものなどもあったり、半分異常が漫画のようなタッチになっており、文字が圧倒的に少ないようなものもありますが、それでも文字が代替の本に記載されていますので、活字のスペースがあるということはゆるぎない事実になります。

このことから、普段から本を読んでいるような人は活字が身近な存在にある生活環境を過ごしていると考えることができるはずです。

インターネット

次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「インターネット」です。

なぜ身の回りの活字にインターネットが含まれているのかと疑問に感じるか食べるかもしれません
しかしながら、私たちが普段使用しているインターネットも活字の一つであると考えることは十分可能なのです。

活字という言葉の定義を考えてみれば、インターネットなどに関しては活字であると考えられないかもしれませんが、一応インターネット上に描かれているような文字なのに関しては勝ちの一つであると考えることができるのです。

なので、スマートフォンの画面に描かれているような文字などはすべて活字であると考えることができます。

しかしながら、インターネットを行っている方ならば分かると思いますが、画面に表示されるものに関しては全てが活字であるかといわれるとそうではありません。

活字以外のものに関しても今はとても多くなっています。

例えばよく目に映るのが、インターネット上の広告です。

インターネット上の広告に関しては文字が書いてある場合もあるかもしれませんが、どちらかといえば画像の方がデータとしては多いですよね。

また、インターネット上には様々な動画が存在しており、動画を見たりする場合は活字ではなく映像を見たりすることが一般的になりますので、例えば動画投稿サイトで知られているYOUTUBEなどに関しては活字ではなく映像であり、活字とは違うと考えることができます。

ですので、インターネット上のものが全て活字であるかどうかと問われるとそれははいとは言えません。

あくまでインターネット上の文字が描かれている部分に関しては活字であり、それ以外の部分に関しては活字とは考えられないと区別して考えることができます。

メール

次にご紹介する身の回りの活字として存在するものは「メール」です。

これも意外に感じるかもしれませんが、私たちが普段スマートフォンやパソコンなどの画面上で確認しているようなメールに関しては活字であると考えることができます。

なぜならば、先ほどインターネットの項目でも触れた通り、実際に印刷されているような媒体のものでなかったとしても、画面上に抽出されている文字に関しては活字であると考えることができるため、液晶画面に映されているメールの文字も活字であると考えることができます。

しかしながら、最近はビジネスの場面において昔ほどメールを使用することは圧倒的に少なくなっていると考えることができます。

なぜならば、企業間の連絡に関してはまだまだメールを行っていることが一般的かもしれませんが、最近は同じ社内の連絡ツールとしてラインを使用していたり、その他に似たような連絡ツールを使用している場合が多いです。

例えばチャットワークなどのアプリに関しても同様であり、同じグループ内に何かしらの情報を共有したいときにはアプリを使って連絡をしたほうが的確に情報伝達ができ、早いので多用されている傾向になります。

これらの連絡ツールに関しても結局はメールと同様に言葉を文字に変換してそれを相手に伝えているだけなので、メールが活字であるならば、ラインも活字であり、チャットツールなどに関してもすべて活字であると考えることができるのです。

そう考えてみると、今の若い人たちも友達とのコミュニケーションツールとしてラインを使用している場合が圧倒的に多いので、意外と活字に触れる機会は多いと考えることができます。