私たちが生きている今の時代においてはパソコンは必須な存在であると考えることができます。

なぜならば、今私たちが行っている仕事の中の大半はパソコンがなければ仕事として成り立たないようなものばかりだからです。

例えば、何らかの商品を開発してその商品を販売しているような企業を想像してみても、その商品を開発したりするのに様々なデータを基にして商品を開発したりすることが一般的だと思います。

なので、それらの膨大なデータなどを保管したりするのは紙ベースの書類ではなく、最近はデータファイルなどで管理されていたりすることが多いですよね。

それを考えてみれば、そのデータファイルを確認することができるパソコンが必要になります。

紙ベースだったとしても、いちいち紙に書いてレシピを保管したりするのではなく、パソコンなどで入力してから印刷などを行ったりするのが早いですよね。

また何かのサービスを販売してる企業であれば、当然ながらサービスを販売した顧客の情報などを管理する必要性がある場合があります。

その場合は当然その顧客情報をデータとして保管しておかなければいけませんので、パソコンがないとそれは難しいですよね。

ざっと考えてもパソコンの必要性は十分考えられ、今の時代にとってパソコンは必須の存在であり、最低限の知識は持っておかないといけないものであると考えることができます。

また、基本的にはパソコンの扱い方され知っていれば問題ない場合が多いですが、どうせならパソコンの部品などに関する知識なども持っておけば損になるようなことはありません。

そこで、今回はそんな生活に必須のパソコンの知識の中で、パソコンの組み立てや改造に関わる存在の一つであるバルク品をテーマにして、バルク品のメリットやデメリット、そして購入する際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

IT業界者必見!バルク品について伝授!

あなたはバルク品という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく実際に耳にしたことがあるという方はそこまで多くはないと思います。

なぜならば、そこまで高度なパソコンスキルを求められないような仕事についている方に関しては一般的に聞いたりする機会が少なく、パソコンが趣味ではない限り、あまり縁がないような言葉になるからです。

逆に、自分の趣味がパソコンでパソコンに関する知識が豊富な方であったり、今現在自分自身が就いている仕事がパソコンをメインに扱うようなIT関係の仕事の方の場合は知っている割合が多いと思います。

つまり、バルク品という言葉はパソコンに関わる言葉であり、高度な知識を保有している方なら知っているような言葉なのです。

普通の仕事をしている方に関しては、そこまで専門的なパソコンに関する知識を持っていなくても、基本的な使い方さえ除けば仕事に支障が出たりすることはあまりないと思います。

一見すると必要ない知識に感じるかもしれませんね。

しかし、今後はますますパソコンが必要になる時代でもあり、さらにパソコンの高度な扱い方が求められるような時代に変化する可能性が十分考えられます。

自宅でパソコンを使ったりするような機会も多くなると思いますし、パソコンに関する知識はいくらでも身につけておいて損になるようなことは絶対にありません。

なので、この機会にパソコンに関する知識を身につける良いきっかけと思い、バルク品という言葉の基礎的な知識や、どういう意味の言葉なのかということを知るようにチャレンジしてみてください。

そもそもバルク品とは?


そもそもバルク品とは一体どういう存在であり、どういう言葉の意味を持っているものなのかということについて簡単にご紹介をしていきたいと思います。

まず知っていただきたいのはバルク品というものに関してはバルク品という品物の名前なのではなく、品物の品目を表すような言葉として使われています。

そして、バルク品とは主にコンピュータのの部品などを表しているような存在の言葉になります。

なので、あまり普段からパソコンなどを扱わないような生活や、仕事についているような方にはあまり縁がないような言葉の意味になるのです。

どんなもの?

一般的にはバルク品とは「コンピュータの部品や周辺機器のうち、簡素な包装で販売されている品目」という意味を持っている言葉として知られています。

一般的に私たちが商品を購入したりするときのことを想像してみてください。

例えば、家電製品であったりパソコンなどを購入した時の事を想像してみれば、きれいな箱に包まれた状態で商品を渡され、その商品の箱を開けると綺麗に商品が包装してあり、商品の取扱説明書ならびにマニュアルなどが一緒に同梱されており、ものによってはメーカーの保証書などもついていたりするのが一般的な購入状況になると思います。

過去に一度でも家電などを購入した経験がある方ならばこれは簡単に想像がつくことだと思うのですが、今回ご紹介しているバルク品というものに関しては少しこれらの定義とは違っています。

先ほどご紹介したように簡素な包装で販売されている品目という扱いになっているのです。

より理解していただくためにバルク品という言葉の反対の言葉である対義語と並べながら簡単にその違いをご紹介していきたいと思います。

バルク品とリテール品

先ほどご紹介したバルク品という言葉には対義語が存在しており、その対義語がリテール品という言葉で知られています。

リテール品という言葉にはどのような意味が存在しているのかと考えると、リテール品とは「コンピューターを構成する部品や周辺機器のうち、一般的なユーザーを対象に製造や販売されているものを指し示している言葉」という意味が存在しています。

これを先ほどご紹介したバルク品の意味と比べてみると、まず簡単にわかるのはきちんとリテール品はユーザー向けに販売されているということになります。

先ほどのバルク品とは違って簡易な包装ではなく、きちんとした包装で販売されている、つまり一般的に私たちが家電品を購入したりする時と同じような感覚を思っていただければわかりやすいかもしれませんね。

しかし、バルク品とリテール品に関しては包装の違いだけではなく、それ以外にも決定的な違いが存在していますので、その違いについてさらに詳しく比較していきます。

両者の違い

バルク品とリテール品の大きな違いを考えた時に、違う点は包装に関する点だけではなく、大きな違いはメーカー保証があるかないかということも大きな違いに該当します。

そもそもバルク品というものに関してはリテール品とは違って簡易な包装で包まれているのは理由があります。

まず、バルク品が販売される経路が決定的に違っており、バルク品に関してはパソコンメーカーで過剰に在庫になってしまったものが販売されているのです。

つまり、たくさん作られてたくさん販売しようと思っていたのに、実際はあまり使わなかったパーツであったり、あまり販売されなかったようなものなどがパソコンショップに流れて販売されているようなものになるのです。

つまり、リテール品とは違って個別のバラバラな簡易な包装で販売するしかないようなものが多いのです。

それに反して、リテール品は先ほどもご紹介した意味のとおり、ユーザー向けに販売されているものになりますのできちんとパッケージに入った状態で様々な補償が認められた状態で販売されているような正規品なのです。

なので、大きな違いとしてはリテール品にはメーカー保証などが存在しており、バルク品にはメーカー保証というものが特に存在していないという大きな違いを生み出しているのです。

しかし、ここで勘違いしていただきたくないのがバルク品=ジャンク品というような考え方です。

ジャンク品とは、動作するかどうかわからないもの、未検証なものというような意味として用いられているのです。

しかし、バルク品はそうではなく、先ほどもお伝えした通り本来は組み込む予定だったパーツになります。

きちんと使えるものが結果的には使わなくなって流れて販売されているようなものになります。

なので、バルク品という名前で販売されていても本来市販で販売されているパソコンと全く変わらない品質のパーツになります。

簡素な包装ではありますが、品質が変わるわけではない、きちんとしたパーツではあるということは勘違いしないで理解してください。

バルク品のメリット

ここまではバルク品とリテール品の簡単な大きな違いについてご紹介していきました。

大きな違いを理解いただいた所で、ここからはバルク品のメリットとデメリットについて併せてご紹介をしていきたいと思います。

人によってはメーカー保証のないバルク品は一般的に考えてそこまで魅力がないような存在なのではないかと考えてる方が多いと思います。

しかし、わざわざバルク品とリテール品を分けて販売されているということは、当然ながらバルク品にはバルク品にしかないようなメリットが存在するからだと考えることができます。

なぜなら一定の需要がなければわざわざバルク品として販売したりすることは普通は行いませんよね。

バルク品にはどのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットがあるのかということを知っておくことによって、賢い買い物をすることができるようになりますので、この機会にバルク品のメリットとデメリットを正しく知識として吸収してみましょう。

ショップの保証がついている


まずはじめにご紹介するバルク品のメリットとしては「ショップの保証がついている」ということが挙げられます。

バルク品はリテール品と違ってメーカー保証などは存在していないのですが、メーカー保証が付いていないことに反して、ショップの保証などに関してはしっかりと備わっているのです。

なので、例えば自分自身が購入したバルク品などが初期不良があったり、もしも万が一故障などの不良が生じてしまっていた場合に関しては、交換対応や修理保証期間などが設けられていたりする場合があります。

何か問題があった時にはきちんとショップが対応してくれるような保障が存在しているのです。

なので、メーカー保証がついていないからと言って、バルク品を購入して粗悪品だった場合何もしてくれないというようなことは特になく、泣き寝入りするようなことなども特に存在していません。

その点は安心してバルク品を購入してもらえる前になり得るので、バルク品の大きなメリットであると考えることができます。

ショップのサポートサービスが付く

次にご紹介するバルク品のメリットとしては「ショップのサポートサービスが付く」ということが挙げられます。

ショップのサポートサービスとは一体何なのかと考えたときに、例えば商品を購入した後に商品に関して何かしら分からないことがあったりするようなことがありますよね。

例えば、家電などに関していえば、どのようにすればどのような機能を作動することができるのかということであったり、どのような扱い方をすればいいのかと言ったよな基本的なことから、動作的なことに関する何かしらの疑問が生じたりすることはよくあることだと思います。

そのような時に自分自身で頑張って解決できる方もいれば、機会に疎く、なかなか自分で解決することが難しいような方も存在していますよね。

そこで、サポートサービスがあれば、何かしらのに疑問が生じた時に専門の人間がサポートを行ってくれるようになります。

例えば、一般的な方法は専用の窓口が存在し、専門の方は電話上で話を聞いてくれたりして、対応方法を説明してくれたりするのが一般的です。

これはメーカーで購入した場合であれば、どのメーカーでもサポート窓口などは設置してある場合が多いのですが、バルク品ではメーカー保証がありませんので、商品によってはショップのサポートサービスつくような場合があります。

そのような場合はショップの専門のサポートスタッフが助けてくれるようになりますので、困ったときにはしっかりと対応してくれるということになるので、大きなメリットになり得るのです。

しかし、絶対にショップのサポートサービスがつくというわけではなく、現実的に考えるとサポートサービスを提供している方がどちらかといえば少ないので、あくまで存在していればの話として受け取ってください。

安い

次にご紹介するバルク品のメリットとしては「安い」ということが挙げられます。

これがバルク品の一番の大きなメリットだと言っても過言ではないと思いますが、バルク品はリテール品に比べて何と言っても価格が安いということが大きなメリットになります。

一般的に考えて自分が欲しい商品が安い価格で販売されていればそれもとてつもなく大きなメリットになりますよね。

実際にバルク品はリテール品と違い、サポートがついてないということもありますし、簡素な包装ということなどもありますので、その分価格が低く設定されており、同様の品質でありながら価格に開きがあるため、たくさんの方がバルク品を買い求めるということになっているのです。

価格に大きな違いがなければ、当然たくさんの方がリテール品を買い求めると思いますので、当然といえば当然の違いになり得ると思います。

きちんとした正規品のものがあった方が自分自身が安心できると言うのであれば、リテール品を購入した方がメリットが高いと思います。

しかし、少しでも安く購入したいと思っている方からしてみればバルク品で購入した方が価格を安く抑えることができます。

これは一つの大きなメリットであると判断することができるので、バルク品のメリットは安いということが挙げられます。

バルク品のデメリット

ここまではバルク品のメリットについてご紹介していきましたが、ここからは反対にバルク品のデメリットについてご紹介していきます。

価格が安いということはある程度のデメリットに比べて比較的大きなメリットになり得るのですが、それでもきちんとデメリットを理解しておかなければ、価格が安いということ以上に不便に感じるような面などもある可能性があります。

きちんとその点を理解しておかないと、後から後悔してしまう可能性につながりますので、デメリットを十分把握した上でどちらが自分に合っているのかという事を判断してから購入することをお勧めします。

包装が簡易

まずはじめにご紹介するバルク品のデメリットに関しては「包装が簡易」という事が挙げられます。

なぜ包装が簡易という事がデメリットになるのかと考えた時に、人によっては包装が簡易的すぎるという事が受け付けられないという方がいるのも事実です。

先ほどもお伝えした通り品質に差があるというわけではないのですが、それでもなんとなくバルク品は信用できないと感じたり、たった2割安いぐらいなのであればきちんとしたリテール品を購入したいと考える方がいたりします。

それを踏まえて考えてみれば包装が簡易的すぎるという事は人によってはデメリットに当たります。

また、包装が簡易的すぎると、場合によっては商品を運んでもらったりした時に壊れてしまう可能性が考えられます。

パソコンなどの部品は精密な機械などが多いので、ちょっとした事で壊れてしまう可能性などは十分考えられます。

リテール品などに関してはきちんと包装されているのに対して、バルク品は梱包がプチプチでしかなかったりするような場合が多いので、その点は大きなデメリットにつながる可能性がありますので十分注意をしておかなければいけません。

メーカーの保証なし

次にご紹介するバルク品のデメリットに関しては「メーカーの保証なし」という事が挙げられます。

なぜメーカーの保証なしだとデメリットになるのかと考えたときに、メーカーの保証がないという事は、もし何かしら困った事態が起きた時にメーカーが助けてくれないというような状況が起こり得てしまいます。

もしもリテール品を購入してきちんとメーカーの保証を受けている方に関しては、何かしら困ったことがあった時にメーカーに相談すれば対応してくれる可能性があるのですが、バルク品を購入してしまったばかりに、メーカーが助けてくれないというようなことは十分考えられるのです。

一般的にはメーカーの保証がある状態で購入した場合は、ものによって違いますが一年間を無料修理というのが慣例になっており、1年間の間は何かしら困ったことがあったとしてもきちんとメーカーが対応してくれて安全に商品を使用することができるという風になっています。

なので、メーカーの保証があるのとないのとでは、結果的に大きな違いになり得る可能性が十分考えられますので、バルク品を購入する大きなデメリットになり得る可能性がある一つの要因であると判断することができます。

付属品がない

次にご紹介するバルク品のデメリットに関しては「付属品がない」という事が挙げられます。

付属品がないことがなぜデメリットになるのかと考えたときに、例えば一般的に考えてみれば商品を購入した時にその商品についてわからないことがあれば、商品に付随されている説明書などを読んだりすることによって疑問を解決したりすることができますよね。

しかしながら、バルク品を購入した場合は丁寧なマニュアルなどが梱包されているようなことが一切ありません。

なので、何かしら分からないことがあった時には自分の力で解決したいしなければいけないという手間がかかったりする場合が生まれます。

簡単な商品なら特に問題になるようなことはないのかもしれませんが、小難しい商品などに関してはきちんとマニュアルが添えられている方が何かしらの作業もスムーズに行える可能性が十分考えられます。

大きな手間が発生しやすくなるということを踏まえて考えてみれば付属品がないという事はバルク品の大きなデメリットに繋がると考えることができます。

メーカーのサポートサービスが付かない

次にご紹介するバルク品のデメリットに関しては「メーカーのサポートサービスが付かない」という事が挙げられます。

これに関しては、先ほどご紹介したメーカーの保証がないということとかなり似ているポイントになると思います。

メーカーのサポートサービスがつかないということは、当然ながら何かしら商品に関してわからなかった場合にサポートセンターに問い合わせをすることができないということになります。

このデメリットに関してはショップのサポートサービスがついていればそこまでデメリットに感じることはない部分になるのかもしれませんが、ショップのサポートサービスに関しては全ての商品についているかと言われればそうではありません。

むしろショップのサポートサービスがついていないものの方が多かったりするので、かなり高い割合でバルク品のデメリットにつながりやすいポイントになると考えることができます。

日常的にサポートサービスに問い合わせをしたりするような習慣がない方からしてみれば特に必要ないと感じるかもしれません。

しかし、パソコンのような精密な機械に関しては疑問などが生まれやすいものになります。

サポートサービスについては備わっていた方が絶対的に有利な立場に身を置くことができるため、結果的には大きなデメリットにつながりやすいと考えることができます。

仕様が若干変更されている

次にご紹介するバルク品のデメリットに関しては「仕様が若干変更されている」という事が挙げられます。

仕様が若干変更されているという事がなぜデメリットに繋がるのかと考えたときに、理由としては自分自身が本来望んでいないようなカスタムなどがされていたりすることがあったりします。

リテール品のものと比較したときに若干ながら自分の希望とは少し違うような仕様になっている可能性があるからです。

一般的に考えて大幅な仕様の変更などはありませんので、全くの別物を買ってしまったというようなことはないと思うのですが、それでもお金を払って商品を購入するというわけですよね。

若干ながらの違いも許せないと感じる方の場合は、バルク品を購入することがあまりおすすめはできません。

実際に、リテール品よりも性能が若干ながら劣っていたりするというようなことなどは起こり得ており、それを踏まえて考えてみればきちんとリテール品を購入した方が後悔することはないので、価格だけで判断せずにこのようなことがデメリットとして起こり得るということを理解して購入しなければ後悔に繋がってしまいます。

仕様の変化はデメリットにつながる理由であると考えることができます。

バルク品を購入する注意点

バルク品を購入するにしろ、リテール品を購入するにしろ、どちらもそれぞれにメリットがありデメリットが存在しています。

しかしながら、今回はバルク品を購入するということに関して中心にご紹介をしていますので、もしもバルク品を購入するということを前提に考えた時に、絶対に考えていただきたい注意点というものがいくつか存在しています。

この注意点を事前に確認しておかなければ、後からリテール品を購入すればよかったと後悔してしまう事につながりますので、もしもバルク品を購入しようと思っているのであれば、これからご紹介する注意点をしっかりと確認した上で購入するようにしてください。

ショップの保証があるものを選ぶ

バルク品を購入する際の注意点の一つとしては「ショップの保証があるものを選ぶ」ということが挙げられます。

なぜショップの保証があるものを選ばなければいけないのかと考えたときに、先ほどもお伝えした通りバルク品に関してはリテール品と比べてメーカーの保証というものが存在していません。

メーカーの保証が存在していないということは、何か商品に問題があった時に対応してくれないということになります。

もしも何か問題があった時に対応してくれなかったのであれば、当然ながら払ったお金が全て無駄になってしまいますので、購入者にとってはこれほど迷惑なことはありませんよね。

なので、バルク品を購入する際に関しては必ずショップの保証が存在しているかどうかということを確認した上で購入をしなければいけません。

ショップの保証がついている商品であれば、たとえバルク品であったとしてもメーカー保証がなくてもショップ保証があれば何かしらの対応をしてくれるようになりますので、商品に問題があった時にきちんと保証を受けて商品を利用することができるようになるからです。

メーカーの保証もなくショップの保証もないというものに関しては、完全に何かあった時に泣き寝入りになってしまいますので、必ずショップの保証があるものを選ぶようにしてください。

ものによってショップの保証がないようなものなどもたくさんあったりしますので、最悪のことを考えた上でリテール品を購入した方がメリットが高いのか、それともそれでもバルク品を購入するのかということをきちんと自分なりに考えて結論を出さなければ、必ず後悔につながりますので、注意してください。

リテール品と比較して決める

バルク品を購入する際の注意点の一つとしては「リテール品と比較して決める」ということが挙げられます。

なぜリテール品と比較して決める必要があるのかと考えたときに、先ほどもお伝えした通りバルク品とリテール品に関しては商品自体に大きな違いが存在しています。

なので、バルク品だけを確認してバルク品を購入したりするような事はあまりおすすめできません。

きちんとバルク品とリテール品を交互に比べた状態で、どのような違いがあってどれぐらいの価格の違いがあるのかという事などを完全に理解した上で天秤にかけて購入するという決断をしないと後から後悔してしまう可能性があります。

バルク品とリテール品では仕様などが変更されている可能性もありますし、ショップの保証がないバルク品もあるのに、そこまで値段も安くなかったりするような場合はあります。

それらの細かい点については、きちんとバルク品とリテール品を見比べして確認をしなければ絶対に判断することができません。

なので、単純に価格が安いからバルク品を購入しておけば良いというような考えを持つのではなく、きちんとバルク品とリテール品を比べた上で、どちらが自分にとってより大きなメリットを与えてくれる存在なのかということをきちんと導きだしておかなければ正しい判断をすることはできません。

なので、リテール品ときちんと比較をした状態でバルク品を購入するのかどうなのかということを判断するようにしてください。

バルク品を購入するときの参考にしよう(まとめ)

今回はバルク品とリテール品の違いであったり、バルク品のメリットやデメリットについてご紹介をしていきました。

なかなかパソコンについて詳しくない方ではない限り、バルク品を購入したりするようなことはないかもしれませんが、最近では便利なソフトなどもたくさん販売されていたりしますし、これからどんどんパソコンスキルが必要な時代にもなっていきますので、必ず損になるような知識ではありません。

もしも万が一バルク品などを購入したりするような機会があるのであれば、今回ご紹介した知識を活用して、自分自身がバルク品を購入するのがベストな選択なのかどうかということを考えるきっかけにしていただければ幸いですので、大切な知識としてインプットしてみてください。