CoCoSiA(ココシア)

バルク品とは一体どういう意味?メリット・デメリットも併せて解説!

時代が進むにつれ、パソコンは私たちの暮らしに欠かせない存在となりました。

仕事においてもパソコンがなければ何もできないというものも多く、その必要性の高さから 企業に求められるパソコンスキルのレベル というのは 年々高くなっています よね。

今回はそんな我々の生活必需品の一つであるパソコンの知識の中でも、パソコンの組み立てや改造に関わる存在の一つであるバルク品についてご紹介していきたいと思います。

バルク品の基礎知識をはじめメリット・デメリット、購入する際の注意点についても詳しく解説しているので、パソコンについての知識を増やしたいという方はぜひ最後までご覧くださいね。

IT業界者必見!バルク品について伝授!

あなたはバルク品という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

おそらく実際に耳にしたことがあるという方はそこまで多くはないと思います。

なぜならば、そこまで高度なパソコンスキルを求められないような仕事についている方に関しては一般的に聞いたりする機会が少なく、パソコンが趣味ではない限り、あまり縁がないような言葉になるからです。

逆に自分の趣味がパソコンで、パソコンに関する知識が豊富な方であったり、今現在自分自身が就いている仕事がパソコンをメインに扱うようなIT関係の仕事の方の場合は知っている割合が多いと思います。

つまり、バルク品という言葉はパソコンに関わる言葉であり、高度な知識を保有している方なら知っているような言葉なのです。

普通の仕事をしている方に関しては、そこまで専門的なパソコンに関する知識を持っていなくても仕事に支障が出たりすることはあまりないと思います。

一見すると必要ない知識に感じるかもしれませんね。

しかし、今後はますますパソコンが必要になる時代でもあり、さらにパソコンの高度な扱い方が求められるような時代に変化する可能性が十分考えられます。

自宅でパソコンを使ったりするような機会も多くなると思いますし、パソコンに関する知識はいくらでも身につけておいて 損になることは絶対にありません 

なのでパソコンに関する知識を身につける良いきっかけと思い、バルク品という言葉の基礎的な知識や、どういう意味の言葉なのかということを知るようにチャレンジしてみてください。

そもそもバルク品とは?


そもそもバルク品とは一体どういう存在であり、どういう言葉の意味を持っているものなのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

まず知っていただきたいのはバルク品というものに関してはバルク品という品物の名前なのではなく、 品物の品目を表すような言葉 として使われています。

そして、バルク品とは主にコンピュータのの部品などを表しているような存在の言葉になります。

なので、あまり普段からパソコンなどを扱わないような生活や、仕事についているような方にはあまり縁がないような言葉の意味になるのです。

どんなもの?

一般的にはバルク品とは「コンピュータの部品や周辺機器のうち、簡素な包装で販売されている品目」という意味を持っている言葉として知られています。

一般的に私たちが商品を購入したりするときのことを想像してみてください。

例えば、家電製品であったりパソコンなどを購入した時の事を想像してみれば、きれいな箱に包まれた状態で商品を渡され、その商品の箱を開けると綺麗に商品が包装してあり、商品の取扱説明書ならびにマニュアルなどが一緒に同梱されており、物によってはメーカーの保証書などもついていたりするのが一般的な購入状況になると思います。

過去に一度でも家電などを購入した経験がある方ならばこれは簡単に想像がつくことだと思うのですが、今回ご紹介しているバルク品というものに関しては少しこれらの定義とは違っています。

先ほどご紹介したように 簡素な包装で販売されている品目 という扱いになっているのです。

より理解していただくためにバルク品という言葉の反対の言葉である対義語と並べながら簡単にその違いをご紹介していきたいと思います。

バルク品とリテール品

先ほどご紹介したバルク品という言葉には対義語が存在しており、その対義語が リテール品 という言葉で知られています。

リテール品という言葉にはどのような意味が存在しているのかと考えると、リテール品とは「コンピューターを構成する部品や周辺機器のうち、一般的なユーザーを対象に製造や販売されているものを指し示している言葉」という意味が存在しています。

これを先ほどご紹介したバルク品の意味と比べてみると、まず簡単にわかるのはきちんとリテール品はユーザー向けに販売されているということになります。

先ほどのバルク品とは違って簡易な包装ではなく、きちんとした包装で販売されている、つまり一般的に私たちが家電品を購入したりする時と同じような感覚を思っていただければわかりやすいかもしれませんね。

しかし、バルク品とリテール品に関しては包装の違いだけではなくそれ以外にも決定的な違いが存在していますので、その違いについてさらに詳しく比較していきます。

両者の違い

バルク品とリテール品の大きな違いを考えた時に違う点は包装に関する点だけではなく、 メーカー保証があるかないか ということも大きな違いに該当します。

そもそもバルク品というものに関してはリテール品とは違って簡易な包装で包まれているのは理由があります。

まず、バルク品が販売される経路が決定的に違っており、バルク品に関してはパソコンメーカーで過剰に在庫になってしまったものが販売されているのです。

つまり、たくさん作られてたくさん販売しようと思っていたのに、実際はあまり使わなかったパーツであったり、あまり販売されなかったようなものなどがパソコンショップに流れて販売されているようなものになるのです。

つまり、リテール品とは違って個別のバラバラな簡易な包装で販売するしかないようなものが多いのです。

それに反して、リテール品は先ほどもご紹介した意味のとおり、ユーザー向けに販売されているものになりますのできちんとパッケージに入った状態で様々な補償が認められた状態で販売されているような正規品なのです。

なので、大きな違いとしてはリテール品にはメーカー保証などが存在しており、バルク品にはメーカー保証というものが特に存在していないという大きな違いを生み出しているのです。

しかし、ここで勘違いしていただきたくないのがバルク品=ジャンク品というような考え方です。