冷凍パスタは、レンジでチンするだけで簡単に食べられる、便利な商品です。

冷凍庫にストックしておけば、忙しい時や料理が面倒な時の、お助けアイテムとなります。

しかし、昔は冷凍パスタに対するイメージは、あまり良いものではありませんでした。

作りたてのパスタとは程遠く、あくまでも簡易食材という存在。

ですから、冷凍パスタに苦手意識をもったまま、手が出せずにいる人もいるのではないでしょうか?
そんな人のために今回は、今好評を得ている、お勧めの冷凍パスタをご紹介いたします。

冷凍パスタは時代を経て、どんどん進化しています! ぜひその美味しさを体験してみてください。

️最近の冷凍食品がスゴイ!

レンジで数分温めるだけで出来上がる冷凍食品は、会社員にも主婦にも、便利なアイテムです。

昔は、いざという時のための“ストック”の意味合いが強かった冷凍食品も、今はわざわざ買いに行って食べたくなるほど美味しくなっています。

ラインナップも増え、何より各社の美味しさへの追求もすごいんです。

食品業界の中でも、冷凍食品業界は盛り上がっているのではないでしょうか。

そんな冷凍食品の中でも、冷凍パスタの進化は「すごい!」と話題になるほど。

特におすすめなのが冷凍パスタ


パスタをお店でいただく場合、ランチでも1,000円くらいはしちゃいますよね。

自分で作ることも出来ますが、お湯を沸かしてパスタを茹でて、ソースを作って・・・となると、時間もかかります。

それが冷凍パスタなら、レンジで5分程度。

レンジにかけて時間をセットすれば、あとは待つのみです。

しかも、お値段は300円前後とリーズナブル! 問題は味ですが、今の冷凍パスタはクオリティも高い! となれば、簡単で洗い物もでなくて、安くて美味しい冷凍パスタに、軍配があがるのではないでしょうか。

️冷凍パスタのおすすめ商品

まだ試していない人は、試す価値ありの冷凍パスタ。

どれが美味しいの?という人のために、ここからはおすすめの冷凍パスタをご紹介いたします。

️コンビニで買える冷凍パスタ


少し前までは、コンビニ弁当がクローズアップされ、各社がしのぎを削っていました。

しかし最近は、冷凍食品が充実してきています。

その中でも、今、冷凍パスタがアツイんです! 味はもちろんのこと、ラインナップも豊富。

また、お弁当コーナーでパスタを買うよりも安いのが、コンビニ冷凍パスタの魅力です。

ではさっそく、各社のおすすめ商品をご紹介しましょう!

ファミマの冷凍パスタ

1973年9月、小さな実験店舗から始まり、今や日本全国、そして海外へと展開するファミリーマート。

業界2,3位を争っているファミマは、商品展開にも力を入れています。

サンクスとの経営統合を果たした後は、これまでの商品をリニューアルして一新しています。

人気商品の冷凍パスタは、どのように生まれ変わっているのでしょうか。

『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』

麺タイプ:生パスタ・フェットチーネ
通常価格:税込278円
カロリー:1袋当たり 451kcal
ファミマ情報:「もちもちの生パスタに、香味野菜と牛肉をじっくり煮込んだボロネーゼソースが絡むパスタ」とのこと。

ファミマのボロネーゼと言えば、『牛挽肉のボロネーゼ』が大人気! でしたが、これが2016年12月6日に新しくなり『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』に生まれ変わりました。

とはいえ、リニューアルというよりは、「新発売商品として登場した」というのが、本当のところみたいです。

以前のボロネーゼは、別添えのトリュフソースを食べる前にかけるなど、ちょっと特別感もある大人の味わいでした。

現在のボロネーゼでは、トリュフソースは無くなって、全く印象の異なるボロネーゼになっています。

量も以前よりちょっぴり減り、値段は少し高くなっています。

でも、満足感においては十分! その秘密は、新しく採用された麺にあるようです。

『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』の麺は、生パスタのフェットチーネ。

(フェットチーネとは平打ちの幅広麺で、クリーム系などの濃厚なソースに合うパスタ麺です)
弾力があり、モチモチだと評判です! 香味野菜と牛肉をじっくり煮込んだというボロネーゼソースは、チーズが強めの濃厚なソース。

しかし、濃厚ながらも香味野菜とトマトが味を引き締めて、くどさはないそうです。

ミートソースパスタとは全くの別物で、「まるでラザニアのよう」という声も! 商品名にあるように、牛肉や香味野菜が豊かなコクを生み出して、食べごたえのある1品に仕上がっているようです。

『生パスタ 海老の旨み広がるトマトクリーム』

麺タイプ:生パスタ・フェットチーネ
カロリー:1袋当たり 430kcal
通常価格:税込278円
ファミマ情報:「海老の旨みと風味豊かなトマトクリームが絡むパスタ」とのこと。

人気だった『海老のトマトクリーム』が、2017年1月7日に、こちらもリニューアルして新発売。

『生パスタ 海老の旨み広がるトマトクリーム』になりました。

以前は、食べる前に別添えの海老オイルをかけることで「海老の風味が楽しめる」と好評でしたが、これも現在はありません。

しかしながら新たな商品も、しっかり海老のうま味が広がって、濃厚なトマトクリームソースになっているようです。

ツルッモチッとした生パスタがたっぷりのソースによく絡み、海老の食感もいい!と高評価を得ています。

濃厚なソースに合わせ、麺をフェットチーネに変えたことで、満足な一品に仕上がっているようですね。

『クリーミーカルボナーラスパゲティ』

麺タイプ:スパゲッティ(中太)・デュラム小麦のセモリナ
カロリー:1袋当たり 453kcal
通常価格:税込228円
ファミマ情報:「卵黄で仕上げた濃厚でクリーミーなカルボナーラソースに熟成ベーコンをトッピングしたカルボナーラ」とのこと。

こちらも定番商品ですが、2017年1月24日にリニューアルされています。

『クリーミーカルボナーラスパゲティ』の麺は、デュラムセモリナ。

中太のスパゲッティです。

デュラムとは小麦の品種で、セモリナは挽き方を表わしていて“粗挽き”を意味します。

プレーンなパスタ麺といっていいと思いますが、中太なのでプリプリとした食感が楽しめます!
カルボナーラと言えば、何と言っても魅力は、クリーミーなソースですよね。

ファミマのカルボナーラももちろん、生クリームを使ったクリーミーなソースが売りです。

しかし、カルボナーラの中でも味はしっかりめ。

「ドロッとしたソースが麺にしっかり絡む」という口コミからもわかるように、かなり濃厚なソースに仕上がっているようです。

中でもチーズの濃厚さは際立っていて、塩気もしっかり。

粗挽きコショウがアクセントになった、男性も好みそうな濃い味系ソースが特徴のカルボナーラです。

カルボナーラには欠かせないベーコンも、「じゅわっと旨みが広がり絶品!」と好評です。

セブンイレブンの冷凍パスタ

コンビニ業界1位のセブンイレブン。

お弁当やパン等に力を入れ支持を得てきましたが、いつの間にか冷凍食品も充実してきているんですよね。

もちろん、お弁当やパンも充実していますが、美味しいだけに?ちょっとお高い印象もあります。

そんな時に目に飛び込んでくるのが、冷凍食品です。

パスタはもちろん、様々な麺類やご飯系まで、豊富なラインナップ!
そんなセブンイレブンでは、どんな冷凍パスタが人気になっているのでしょうか?

ベーコンのうま味がひろがる『カルボナーラスパゲッティ』

麺タイプ:スパゲッティ・デュラム小麦のセモリナ
カロリー:1袋当たり 442kcal
通常価格:税込213円
セブンイレブン情報:「食感のよい弾力のあるパスタを使用したカルボナーラ。生クリーム、パルメザンチーズ、卵黄、ソテーした香味野菜の甘みを合わせたソースは、なめらかな食感とコクのあるうま味を味わえる」とのこと。

セブンイレブンの冷凍『カルボナーラスパゲティ』は、チェダーとパルメザンの2種類のチーズが使われているそう。

卵黄と生クリームが使われたコックリとしたソースには、ベーコンのうま味が溶け出して濃厚な味わい。

「お店のようなうま味たっぷりのカルボナーラ」という口コミもあり、満足度の高い一品になっているようです。

香ばしくソテーした『ナポリタンスパゲッティ』

麺タイプ:スパゲティ・デュラム小麦のセモリナ
カロリー:1袋当たり 621kcal
通常価格:税込213円
セブンイレブン情報:「食感のよい弾力のあるパスタを使用したナポリタン。

トマトケチャップを入れてから加熱することで、甘みを引き出し濃厚な味わいに仕立てました。

ソースは、ソテーオニオンや香味野菜のうま味が加わった深みのあるソースです。」とのこと。

定番ナポリタンの冷凍パスタは、まろやかな甘みで上品な味付け。

「濃厚な味だけど、後味にしつこさが残らない」と評判です。

セブンイレブンこだわりのパスタ麺は、弾力があり太めで歯ごたえ十分。

パスタ麺の美味しさが魅力のナポリタンです。

海老のうま味が広がる『生パスタ 海老のトマトクリーム』

麺タイプ:リングイネ・デュラム小麦のセモリナ
カロリー:456kcal
通常価格:税込278円
セブンイレブン情報:「弾力と粘りがある生パスタです。アメリケーヌソース、オマールエビエキス、海老ミンチの海老のうま味を凝縮したソースを、細めの平打ち麺であるリングイネに合わせました。」とのこと。

海老のトマトクリームパスタはコンビニ各社から発売されていますが、その中でもセブンイレブンの『生パスタ 海老のトマトクリーム』は、評価の高いパスタです。

「とにかくパスタ麺が美味しい!」と言われていて、弾力がありモチッつるっとした食感が楽しめます。

使われているパスタ麺“リングイネ”は、スパゲティを平たく押しつぶした楕円形の麺のこと。

通常のパスタよりもソースに絡みやすいことも特徴です。

このリングイネを使っていることが功を奏し、「専門店のようなクオリティ」と言われるほどです。

もちろん、トマトクリームソースの味わいも評価を得ています。

海老のうま味がたっぷりの濃厚ソースで、濃厚ながらしつこさがなく上品な味。

具材の海老もプリプリで、黒オリーブはみずみずしく、良いアクセントになっているようです。

北海道産明太子の『明太子スパゲッティ』

麺タイプ:スパゲッティ・プレーンな丸麺
カロリー:322kcal
通常価格:税込194円
セブンイレブン情報:「食感のよい弾力のあるパスタを使用した明太子スパゲッティです。ソースは、粒感のある北海道スケトウダラの明太子を使用しました。
バラコだけではなく、うま味の強い皮も使用することで明太子自体のうま味を活かしました。」とのこと。

以前は『たらこスパゲッティ』が定番商品としてありましたが、現在は『明太子スパゲッティ』に入れ替わっているようです。

また、前は別添えのたらこソースがあったり、たっぷり入った舞茸が好評でした。

が、新しく変わった『明太子スパゲッティ』も負けず劣らず高評価を得ているようです。

麺はプレーンな丸麺ですが、弾力があり「ちょうどよい歯ごたえでなかなか美味しい」との口コミも。

何より、たっぷりの明太子ソースが好評です。

セブンイレブンがこだわった明太子は、味もしっかり! その粒感や食感が最後まで楽しめることが嬉しいポイントです。

たらこ系パスタと言えば定番の、刻み海苔も別添えでついていて、海苔をかけると風味が変わるのだそう。

ローソンの冷凍パスタ

コンビニ業界では、ファミマと2~3位を争う存在のローソン。

からあげくんなどのお惣菜がロングヒットをしていますよね。

そんなローソンだって、冷凍食品では負けていません!充実のラインナップと、定期的にリニューアルする力の入れようです。

ローソンでは、どんな冷凍パスタに人気が集まっているのでしょうか?

香ばしくジューシーな味わい『ソテースパゲティナポリタン』

麺タイプ:スパゲッティ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込238円
カロリー:一食当たり497kcal
ローソン情報:「直火で炒めた香ばしさと、トマトの酸味と甘みが特徴のナポリタンスパゲティです。」とのこと。

パスタの定番商品として、各社がラインナップしているナポリタン。

お馴染みのパスタだからこそ、各社それぞれが工夫しているパスタのひとつです。

ローソンのナポリタンは、トマトの酸味が強めですが、甘みとのバランスも良い、昔ながらのナポリタンのようですね。

牛挽肉100%の豊かなコクと旨み『スパゲティミートソース』

麺タイプ:スパゲッティ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込238円
カロリー:1食当り433kcal
ローソン情報:「牛挽肉100%を使用した、牛肉のうまみとコクをきかせたミートソース。プリプリ食感のパスタとの相性は抜群」とのこと。

こちらも定番の、ミートソースパスタ。

ローソンのミートソースは、トマトの味が濃く、家庭的な味わい。

具材もしっかり入っていて、ほんのりハーブが効いた味になっているようです。

牛挽肉100%とのことなので、満足度が高そうですね! 麺はオーソドックスなスパゲティですが、プリプリの食感になっています。

ベーコンとチーズの濃厚な味わい『生パスタカルボナーラ』

麺タイプ:生パスタ・フェットチーネ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込238円
カロリー:1食当り428kcal
ローソン情報:「ベーコンのうまみ、チーズの風味、クリームのコクが楽しめる、なめらかなカルボナーラソースが特徴。相性のよいもちもち食感の生パスタと合せ、さらにおいしく召し上がれます。」とのこと。

以前のカルボナーラがリニューアルして再登場。

内容量は少し減ったけど、質は上がって満足度の高い一品に生まれ変わったようです。

麺はモチッと食感が魅力のフェットチーネを使用しており、カルボナーラソースとも相性抜群! 全体的にかなりクオリティの高い冷凍パスタです。

肝心のカルボナーラソースも、程よくチーズの酸味が効き、卵の風味も感じるお味。

生クリームで、クリーミーなソースに仕上がっています。

味は濃いめではなく、優しい味。

その中でも、ベーコンのうま味がポイントになっており、すべての素材がほどよく共存した上品なカルボナーラになっています。

️スーパーで買える冷凍パスタ

冷凍食品と言えば、スーパーの得意分野でもありますよね。

コンビニも力を入れてきていますが、大きな冷凍庫を備えるスーパーでは、冷凍食品のラインナップはハンパない! ですよね。

それに、冷凍食品はよくセールしていたりもするので、スーパーで買うほうがお得だったりもします。

そんなスーパーで、展開されている冷凍パスタとは?

オーマイプレミアム

日清製粉のパスタブランドである、オーマイプレミアム。

定期的にリニューアルしながら、さまざまな冷凍パスタを発売し、その度に話題になっています。

スーパーで買える冷凍パスタということで、セールの時にはお安く手に入れられるのも、嬉しいポイントですよね!
※価格はスーパーによっても違うので、ご参考までに・・・。

濃厚な蟹の旨み『蟹のトマトクリーム』

麺タイプ:リングイネ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込213円(参考価格)
カロリー:1食当り354kcal
日清製粉株式会社情報:「蟹みそを加えたコク深いトマトクリームソースと蟹のほぐし身が入った旨み豊かなクリームソースのダブルソース仕立て」とのこと。

魚介系のトマトクリームパスタだと、海老が使用されていることが多いですが、こちらは蟹! ちょっと珍しいですね。

蟹の良い風味を感じられる、濃厚でクリーミーなソースに仕上がっているようです。

具材は蟹とブロッコリーで、鮮やかな緑が、見た目にも美味しそうに感じさせてくれるのがポイント。

しかし肝心の蟹の量が、「もっと入っていたら嬉しいのに」といったコメントが多く見られます。

蟹の量が思ったよりも少ないと感じる人が多いようですね。

とはいえ、味わい深いクリームソースは、「クオリティが高い」と評判です。

また、麺はリングイネが使用されており、コシがあってモチモチ! 麺のクオリティも、「冷凍とは思えない」との声があがるほど。

ソースに良く絡むので、美味しくいただくことができます。

焼きたらことだしの旨み『たらこといか』

麺タイプ:スパゲッティ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込376円(参考価格)
カロリー:1食当り413kcal
日清製粉株式会社情報:「たらこの香ばしさと風味豊かな味わいが決め手」とのこと。

オーマイプレミアムの『たらことイカ』のパスタは、香ばしい粗ほぐし焼きたらこがたっぷり入っているのがポイント。

たらこやイカなどの具材がプリッとした食感で、パスタを引き立ててくれます。

別添えで刻み海苔が付いており、海の恵みを存分に感じることができそう。

「風味豊かな味わい」は、昆布だしや焼きアゴ、椎茸の旨みで作られているようです。

イタリア産完熟トマト『海の幸のペスカトーレ』

麺タイプ:スパゲッティ・デュラム小麦のセモリナ
通常価格:税込421円(参考価格)
カロリー:1食当り344kcal
日清製粉株式会社情報:「ソースに海老の旨みをプラス。

完熟トマトと白ワインで仕立てた贅沢な味わい」とのこと。

オーマイプレミアムの冷凍パスタの中で、特に評価が高いのが『海の幸のペスカトーレ』です。

海老、イカ、あさりと、3種類の魚介がしっかり入っていて、見た目も豪華。

良い魚介の香りがただよう贅沢なパスタです。

イタリア産完熟トマトと白ワインで仕立てたというソースは、程よく辛いスパイシーな味。

にんにくも効いて、海老のうま味も凝縮され、「かなりのハイクオリティ」と好評です。

具材は魚介の他にも揚げナスが入っていて、これもまた、トマトソースの甘みを吸って美味しい! との声があがります。

揚げナスって、しっかりソースがしみこむと、独特のジューシーさがありますからね♪ ちょっぴり辛いということで、大人向けのパスタですね。

青の洞窟

こちらも日清製粉グループの商品ですが、いちブランドとして確立している青の洞窟。

パッケージの鮮やかなブルーが高級感を漂わせるように、「欲深い大人の濃厚イタリアン」というキャッチコピー。

冷凍パスタ以外に、パスタソースなども展開されています。

冷凍パスタは、高級とは言え冷凍食品ですから、お店で食べるよりは断然安いのが魅力です。

そしてもちろん、お店にも引けを取らない味。

多くの消費者が「ちょっと贅沢したい時に」選ぶという青の洞窟の冷凍パスタには、どんな商品があるのでしょうか。

白ワインで仕立てた『燻製チーズのカルボナーラ』

麺タイプ:情報なし
通常価格:税込430円(参考価格)
カロリー:1食当り493kcal
青の洞窟情報:「燻製チーズの香りひろがる濃厚ソースに、ローストアーモンドと黒こしょうを加えた、あと引く味わい」とのこと。

青の洞窟シリーズのカルボナーラは、以前は『うにのカルボナーラ』でした。

「うにの味が濃厚で、もちもちパスタが美味しい」と好評でしたが、2017年12月現在は廃版となっているようです。

そして新しく登場したのが、『燻製チーズのカルボナーラ』。

燻製チーズを使用しており、他のカルボナーラとは一味違う芳醇な香りです。

また、濃厚ソースにローストアーモンドの食感がアクセントになり、食べ終わりまで楽しめるパスタです。

麺の正確な情報は見当たりませんでしたが、おそらくリングイネかプレーンな丸麺タイプです。

「ぷりっとしたパスタで、ソースとの相性も良い」と高評価を得ています。

エクストラ・バージン・オリーブオイル香る『ジェノベーゼ』

麺タイプ:リングイネ
通常価格:税込262円(参考価格)
カロリー:487kcal
青の洞窟情報:「香り立つバジルに、エクストラ・バージン・オリーブオイルを贅沢に使用した、濃厚で香り高い味わい」とのこと。

以前は『2種のチーズのジェノベーゼ』でしたが、2017年3月にリニューアルしました。

商品名にある通り、オリーブオイルがたっぷりと使われ、袋を開けた瞬間からバジルとともに良い香りが立ちます。

具材に使われているダイスカットのジャガイモが意外にもマッチ。

いんげんや、ジューシーな黒オリーブも入っています。

具材は少な目ですが、どちらかというと香りを楽しむジェノベーゼ。

「お店で出てきそうなクオリティ」だと好評です。

味はほどよいオイル感と塩気があり、チーズのコクも加わって、バジル独特のクセが抑えられています。

洗練された上品な味わいは、さすが青の洞窟です!
もちろん麺もハイクオリティ。

モチモチのリングイネが使われており、ジェノベーゼソースがたっぷり絡まって、美味しく味わえる一品です。

️冷凍パスタをさらに美味しく食べる方法

冷凍パスタって、想像以上に美味しくなっていて、びっくりするほど沢山の種類が発売されているんですよね。

ご紹介したのは、おすすめ商品の一部。

いろんな種類を食べ比べてみるのも楽しそうです。

その中で、自分のお気に入りや、自分なりの食べ方を見つけてみるのもいいのでは?

というわけでここからは、「冷凍パスタを自分好みにしたい!」という人のために、さらに美味しく食べる方法をご紹介いたします。

ちょい足しで美味しくいただく!

まずは、冷凍パスタにちょい足しすると美味しい食材をご紹介しましょう。

冷凍パスタをそのまま食べる人も多いと思いますが、中には「これがあったらもっと美味しいかも!」と美味しさへの探求をしている人もいるんですよ♪

みんなはどんなモノをちょい足しして、冷凍パスタを楽しんでいるのでしょうか?

粉チーズ

パスタと言えば、粉チーズ♡ イタリアンのお店に行くと、必ずと言っていいほど粉チーズが備え付けられていますよね。

粉チーズと相性がいいのは、トマト系のミートソースやナポリタン。

それ以外には、クリームソースやカルボナーラに合います。

冷凍パスタの味がちょっと薄いなと感じる時や、もう少しアクセントが欲しいという時には、粉チーズが良い仕事をしてくれます!
ただかけすぎると、しょっぱくなってしまうので、加減しながら使ってくださいね。

胡椒

冷凍パスタには、胡椒も相性がいいんです。

特にカルボナーラなどのクリーム系のパスタには、まろやかな中にスパイシーな胡椒がアクセントになってくれます。

また、胡椒はピリッとスパイシーなだけではなく、その香りも楽しめます。

ですから、挽きたての粗挽き胡椒があるといいですね。

入れ過ぎると辛いので、大人のスパイスとして、取り入れてみては?

きざみのり

たらこや明太子など、和風系のパスタにはもともと別添えてついてくることが多い刻み海苔。

だけど、冷凍パスタに付いてくる分って、意外と少ないんですよね。

海苔って、あっても無くても変わらないように思えますが、あると無いとでは全然違う!地味なようでいて、その存在感って大きいんです。

ですから冷凍パスタにも、別添え意外に自前の刻み海苔を足してみて下さい! 海苔のいい香りと味わいが、冷凍パスタをさらに美味しくしてくれますよ!

オリーブオイル

パスタによく使われる調味料のオリーブオイルも、もちろん冷凍パスタと相性抜群です!
フレッシュなオリーブオイルをちょい足しすれば、風味が増して、作りたてのパスタのような味わいに。

基本的にどんな冷凍パスタにも合いますが、特にオリーブオイルの風味が決め手となる、ペペロンチーノやジェノベーゼソースのパスタに加えるといいでしょう。

タバスコ

タバスコも、イタリアンの定番調味料ですよね。

トマト系ソースの、ミートソースやナポリタンに加えれば、辛さと酸味が立ち、オリジナルの味が作れます。

辛いのが苦手な人には向きませんが、パンチが欲しい時には良いでしょう。

フライパンで焼いて食べる

冷凍パスタは基本的に、レンジで温めるだけで簡単に食べられるものです。

でも更に美味しく食べるには、仕上げに、フライパンで炒めるひと手間を加えてみるのもおすすめです。

特に、通常炒めて仕上げるパスタには、このひと手間を加えることで、より本格的なパスタにすることができます。

この場合、レンジの温め時間は少し短めに! 冷凍パスタには既に油が使われているので、油を引く必要はありません。

ナポリタンなどは、この技をつかうことで冷凍食品にありがちな水分を飛ばすことができ、より香ばしくなるでしょう。

️今日のお昼は冷凍パスタにしてみる?

今回は、冷凍パスタのおすすめ商品や、そのアレンジ方法についてご紹介してきました。

コンビニ各社でも、スーパーでも、進化を遂げた冷凍食品がブームになっています! どんどん美味しく、より本格的な味わいに近づいた冷凍パスタも、そのひとつです。

手軽に食べられることから、ランチにもってこいの冷凍パスタ! 今日のお昼にでもぜひ、冷凍食品コーナーをのぞいてみてください♡