CoCoSiA(ココシア)

冷凍パスタがウマすぎる!おすすめ商品とさらに美味しく食べるための注意点


冷凍パスタは、レンジでチンするだけで簡単に食べられる、便利な商品です。

冷凍庫にストックしておけば、忙しい時や料理が面倒な時の、お助けアイテムとなります。

しかし、昔は冷凍パスタに対するイメージは、あまり良いものではありませんでした。

作りたてのパスタとは程遠く、あくまでも簡易食材という存在。

ですから、冷凍パスタに苦手意識をもったまま、手が出せずにいる人もいるのではないでしょうか?
そんな人のために今回は、今好評を得ている、お勧めの冷凍パスタをご紹介いたします。

冷凍パスタは時代を経て、どんどん進化しています! ぜひその美味しさを体験してみてください。

️最近の冷凍食品がスゴイ!

レンジで数分温めるだけで出来上がる冷凍食品は、会社員にも主婦にも、便利なアイテムです。

昔は、いざという時のための“ストック”の意味合いが強かった冷凍食品も、今はわざわざ買いに行って食べたくなるほど美味しくなっています。

ラインナップも増え、何より各社の美味しさへの追求もすごいんです。

食品業界の中でも、冷凍食品業界は盛り上がっているのではないでしょうか。

そんな冷凍食品の中でも、冷凍パスタの進化は「すごい!」と話題になるほど。

特におすすめなのが冷凍パスタ


パスタをお店でいただく場合、ランチでも1,000円くらいはしちゃいますよね。

自分で作ることも出来ますが、お湯を沸かしてパスタを茹でて、ソースを作って・・・となると、時間もかかります。

それが冷凍パスタなら、レンジで5分程度。

レンジにかけて時間をセットすれば、あとは待つのみです。

しかも、お値段は300円前後とリーズナブル! 問題は味ですが、今の冷凍パスタはクオリティも高い! となれば、簡単で洗い物もでなくて、安くて美味しい冷凍パスタに、軍配があがるのではないでしょうか。

️冷凍パスタのおすすめ商品

まだ試していない人は、試す価値ありの冷凍パスタ。

どれが美味しいの?という人のために、ここからはおすすめの冷凍パスタをご紹介いたします。

️コンビニで買える冷凍パスタ


少し前までは、コンビニ弁当がクローズアップされ、各社がしのぎを削っていました。

しかし最近は、冷凍食品が充実してきています。

その中でも、今、冷凍パスタがアツイんです! 味はもちろんのこと、ラインナップも豊富。

また、お弁当コーナーでパスタを買うよりも安いのが、コンビニ冷凍パスタの魅力です。

ではさっそく、各社のおすすめ商品をご紹介しましょう!

ファミマの冷凍パスタ

1973年9月、小さな実験店舗から始まり、今や日本全国、そして海外へと展開するファミリーマート。

業界2,3位を争っているファミマは、商品展開にも力を入れています。

サンクスとの経営統合を果たした後は、これまでの商品をリニューアルして一新しています。

人気商品の冷凍パスタは、どのように生まれ変わっているのでしょうか。

『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』

麺タイプ:生パスタ・フェットチーネ
通常価格:税込278円
カロリー:1袋当たり 451kcal
ファミマ情報:「もちもちの生パスタに、香味野菜と牛肉をじっくり煮込んだボロネーゼソースが絡むパスタ」とのこと。

ファミマのボロネーゼと言えば、『牛挽肉のボロネーゼ』が大人気! でしたが、これが2016年12月6日に新しくなり『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』に生まれ変わりました。

とはいえ、リニューアルというよりは、「新発売商品として登場した」というのが、本当のところみたいです。

以前のボロネーゼは、別添えのトリュフソースを食べる前にかけるなど、ちょっと特別感もある大人の味わいでした。

現在のボロネーゼでは、トリュフソースは無くなって、全く印象の異なるボロネーゼになっています。

量も以前よりちょっぴり減り、値段は少し高くなっています。

でも、満足感においては十分! その秘密は、新しく採用された麺にあるようです。

『生パスタ コクが豊かなボロネーゼ』の麺は、生パスタのフェットチーネ。

(フェットチーネとは平打ちの幅広麺で、クリーム系などの濃厚なソースに合うパスタ麺です)
弾力があり、モチモチだと評判です! 香味野菜と牛肉をじっくり煮込んだというボロネーゼソースは、チーズが強めの濃厚なソース。

しかし、濃厚ながらも香味野菜とトマトが味を引き締めて、くどさはないそうです。

ミートソースパスタとは全くの別物で、「まるでラザニアのよう」という声も! 商品名にあるように、牛肉や香味野菜が豊かなコクを生み出して、食べごたえのある1品に仕上がっているようです。