友達から「男好きだよね。」なんて言われたらちょっとショックをうけますよね。

意外と当の本人は、自分が男好きであると自覚している人は少ないのかもしれません。

そこで今回は、そんな男好きな女性に共通するタイプ特徴をご紹介していきます。

あなたは大丈夫?男好きな女と思われてない?

自分ではまったく気がついていないけど「男好きだよね」なんて言われたことはないでしょうか?

おそらく自分では気がついていないタイプの女性が多いように思います。

周囲からみてみると「明らかに男好きでしょ」と思われていたとしても、その女性にしてみれば自然にしている行為であり、わざとそういているのではないかもしれません。

もしくは「男性といつも一緒にいて何が悪いの」と思っている人もいると思います。

また、もしかしてあなたも周囲から男好きなんて思われていませんか?

もしかしてと思う人は、自分と当てはまるところがあるか見比べてみてくださいね。

男好きな女性の特徴24個


女性からみても男性からみても、男好きな女性には共通点がいくつかあります。

すべてあてははまっている!という人も、もしかしたらいるかもしれません。

もしくは友人がこのタイプ!なんてこともあるかもしれません。

男好きだから悪いというわけではありませんが、ここからは男好きな女性の分かりやすい特徴を24個ご紹介します。

男性との距離が近い

男好きの女性は男性との距離が異様に近い場合があります。

本人は気がついていない場合もありますが、意識的にそうしている場合もあるでしょう。

男好きと呼ばれてしまう女性は、まるで子供のように無邪気に男性と触れ合い男性との距離感が近い人が多いのかもしれません。

警戒心を感じさせないといえば聞こえはいいのですが、距離が近い女性と接しているとき、男性だってドキドキするし意識してしまいます。

「もしかして俺のこと好きなのでは?」なんて思ってしまう人も多いでしょう。

それが意識的であろうが無意識であろうが、男性もまんざら悪い気がしないのが普通かもしれません。

しかし周囲に一緒にいる女性達の視線は冷ややかかもしれませんね。

このタイプの女性が合コンなどに参加していた場合は、女性達のバトルが始まっても不思議ではありません。

しかしこのタイプの女性は、なぜ女性達が冷ややかになるのかいまいちわかっていない人もいます。

しかし、計算で動いている人もいて、そういう女性はたとえ反感をかったとしても気にしないかもしれません。

女性からしてみれば、男性との距離がかなり近い女性に対してはあまりいい感情を抱かないでしょう。

また、いくら男性とはいえあまりに距離の近い女性には警戒する男性もいます。

誘われたら断らない

誘われたら断ることはせず、例えタイプではない人であってもよほど無理だと思う相手でなければ誘いに乗るという女性が多いでしょう。

常に男性がそばにいて欲しいと思う要求が強いので、男性に彼女がいるような場合であっても誘われると断ることはあまりないでしょう。

男性も断られるのではないかと心配な相手にはなかなかアプローチもしにくいですが、断らないとわかっていればつい誘いやすくなりますよね。

たとえ恋愛対象でないにしても、男性からのお誘いも多いのではないでしょうか。

女性からしてみれば嫉妬心を掻き立てられてしまうかもしれませんし、彼女がいようがお構いなしなので信頼できないかもしれないですね。

こういうタイプの女性が周囲にいると、他の女性は気が気でないのではないでしょうか。

女友達が少ない

男好きと言われる女性は、女友達が少なく男友達の方が多いようです。

女性と過ごすよりも男性と過ごす方が楽しいと思っている人もいるので、女性の友人が欲しいとはあまり思っていないのかもしれません。

また女性からの嫉妬心を抱かれることにも慣れていたり、それがわずらわしいなんて思っていたりもするので、女友達が少ないことを本人はあまり気にしていないのでしょう。

でも、人によっては自分が男性にいつも囲まれていることを知って欲しい、自慢したいという感情もあるかもしれません。

また無意識な行動で男好きと思われてしまう女性は、特に女性から敬遠されがちで、なぜ女友達が少ないのか本人はわかっていないかもしれません。

しかし、本人はそんな事は気にしていない場合が多いです。

ある意味たくましいですね。

依存体質

誰かにすがっていたい、守っていて欲しい、一人でいるのは嫌という気持ちが大きくなると、俗にいう依存体質になる場合が多いです。

男性からすれば「守ってあげたくなる」ような雰囲気やか弱さがあるので、「自分が一緒にいてあげないと何もできない子」と感じるか、少し距離をおきたくなるかどちらかではないでしょうか。

依存的=守ってあげたいと思える男性ならば、このタイプの女性がかわいくて仕方ないかもしれないですね。

少し言い換えると重いタイプになりがちでもあります。

付き合い始めたころには自分を頼ってくれる女性に男性も悪い気はしないので、適度の依存度は男性が好む場合もあります。

女性からしてみれば「何でわからないんだろう?」と不思議に思ってしまうかも知れません。

しかし、女性が強くなってきている世の中で、自分を頼ってくれ女性がいれば好意を抱きやすいのかもしれません。

しかし何度も言いますが、度を過ぎると重い存在になってしまうこともあります。

ボディタッチが多い

さりげないボディタッチが多いことも特徴です。

合コンや男女が集まる場で、さりげなくボディタッチをしている女性は男好きと思われてしまうでしょう。

男性もドキドキする人と、「この子慣れてる?」と警戒してしまうタイプがいると思います。

しかし、そこは男性を見る目があるので、使い分けることもしっかりできているかもしれません。

この人と思った相手へのアピールとしてボディタッチをすることもあるでしょう。

男性の落とし方を知っているタイプの人と、これも無意識に行動してしまっている人とにわかれると思います。

無意識にボディタッチをしてしまう女性は、男性女性関係なくボディタッチをしてしまうのが特徴なので、一概に「男にだけ色目を使って」とはならないですよね。

あくまでも男性にだけやたらとボディタッチをする女性は、男好きだと思われてしまうでしょう。

ボディタッチの多い女性は軽いと見らてしまう事も多いので、ほどほどにした方がいいかもしれませんね。

寂しがりや

男性好きな女性は寂しがりやという特徴があります。

ひとりはイヤ、誰かにそばにいて欲しいという気持ちが大きいのかもしれません。

それがなぜ男性?と思いますよね。

寂しい時に一緒にいて欲しいと思うのであれば、同性である女友達の方がいいのではと思う人の方が大半かもしれません。

しかし少し違うんですね。

寂しいから誰かに愛して欲しい、誰かに必要と思われたい。

そんな気持ちの強いのです。

そのため、男性から好かれるために男好きと言われる行動にでてしまう場合もあるのかもしれません。

もしかしたら当の本人はそんな気持ちに気が付いていないかもしれません。

しかし誰かを愛したいというよりも愛されたい気持ちが大きいが故に、異性である男性に対しての態度に出ているのだと思います。

同性の女友達では満たされない気持ちがあるのかもしれません。

また女同士だと分かり合えていると思っていたのに違った、なんて悲しい過去があったのかもしれませんね。

そんな過去があったのかどうかはわかりませんが、男性に対して寂しさを慰めて欲しい気持ちが強い傾向があるのでしょう。

ひとりで過す事が不安であったり、常に彼氏を作っておきたい気持ちの現れはさびしさからきているのかもしれません。

イケメンが大好き

イケメン大好きなタイプが多く、本当の恋愛よりも人に自慢をしたい気持ちの強さが勝っているのでしょう。

横にいる男性には性格よりも顔やスタイルの良さを求める傾向にあります。

「私の彼どう?素敵でしょ」と自慢することに意味があるのかもしれません。

自分にもそれなりの自信がある人が多いかもしれないですね。

男性に求める事は「イケメンであること!」これにつきるというタイプの人が多いようです。

友達の彼がイケメンだった場合には、もしかしてその彼氏を自分の物にしたい!なんて怖い事を考えてしまうこともあるかもしれません。

彼氏が途切れない

「また変わったの?」と聞きたくなるくらい彼氏が途切れることがありません。

イケメン男性を好む事が多いので、性格の不一致やいろんな原因で別れる事も多いでしょう。

もはや一人の男性では満足できないという人もいるのかもしれません。

もちろん魅力があり男性へのアプローチもうまいので、彼氏は途切れることなく出来るのだと思います。

露出が多い

男好きと言われる女性は服装にも特徴があり、露出の多い服装や体のラインを協調する服を着ている事が多いかもしれません。

男性へのアピールもあると思いますし、自分の魅力に自信がある表れかもしれません。

露出の多い服装をしている人すべてが男好きとは限りませんが、男好き言われる女性には多い傾向があるという事ですね。

あまりにも露出が多い服装は、反対に男性に警戒心を抱かせてしまうかもしれません。

しかし自分に似合う服装なども熟知しているで、さりげない色気の出し方はとてもうまいのです。

男性によっては誘われているなんて解釈してしまう事もあるでしょう。

男性と女性の前では態度が異なる

これが男好きな女性の一番大きな特徴ではないでしょうか。

男性と女性の前ではあからさまに態度が変わる女性は、同性からは敬遠されがちです。

男性がそばにくると急にいい子になり、声が高くなったり、鼻にかかったような声になるなど、あきらかに普段と違う態度になります。

そんな変貌ぶりに同性としては驚かされてしまうかもしれません。

男性の前ではかわいい女性を演じることができてしまうタイプの人が多いです。

男性はそんな変貌ぶりに気が付づくはずがありません。

ですが、どんな女性も気になる男性の前ではかわいい女を演じたいと願うものなので、多少の変化はあるものです。

しかし、男好きな女性はその態度の違いがあからさますぎるので、男好きだと思われてしまうのかもしれません。

女同士の集まりにも男性を誘おうとする

女性同士の集まりはそんなに楽しく感じず、男性がいないと面白くないというタイプが多いようです。

女性グループの集まりでは男性を誘う事を提案するかもしれません。

男性が合流したとすると、それはそれは生き生きとした表情をしているかもしれませんね。

思わず突っ込んでしまいたくなるくらいの変貌ぶりかもしれません。

自分では意外と気が付いていないかもいれませんが、男性がいないと楽しくないという気持ちが働いてしまうのであれば、男好きと言われても仕方ないかもしれませんね。

そこではやはり自分に注目を集めたいという気持ちが働いてしまうでしょう。

いつも中心は自分じゃないと嫌だという人が多いようです。

男性を品定めする

例えば、合コンなどで初めて出会った男性を会った瞬間に品定めをしているでしょう。

今日ははずれなんていう場合はそうそうに帰ってしまうなど、露骨な態度に出る事もあるでしょう。

タイプの男性がいた場合には他の男性には目もくれず、また女性の冷たい視線も気にすることなくその男性にアプローチするはずです。

男性を落とす方法を知っているので、その後二人でどこかへ行ってしまうなんて事もあるかもしれませんね。

知らないうちにしっかりと連絡先の交換はしているという事も多いでしょう。

好みの男性であればどこで知り合ったとしても、しっかり連絡先の交換までしています。

なかなかマネが出来ないほどの手際の良さも特徴と言えるでしょう。

可愛い仕草、物怖じしない態度

どんな仕草をすればかわいく見えるか、男性の好きな仕草をしっかり身に着けている事も特徴になります。

これは経験なのか自然に身につくのか女性からすると不思議に思えるかもしれません。

数々の場面で他の女性からの冷たい態度や嫉妬心もしくは修羅場なども経験しているかと思いますが、少々の事では物怖じしない態度がみられます。

気の弱い女性ではなかなか出来ない事かも知れませんね。

主人公は自分なので、他の女性はエキストラぐらいに思うだけの強さがないと男性を虜に出来ないのかもしれません。

本当は寂しがり屋で気の弱い所もあるかもしれませんが、同性の前ではそんな姿は見せないのではないでしょうか。

あくまで男性に対して見せる態度はしっかり計算されている事も特徴です。

モテる女子を演出する

自分はモテるという事を演出することで、男性の意識を自分に向ける事ができることを知っています。

「他にも私と付き合いたいという人はたくさんいるのよ」的な雰囲気を出している方が、闘争心も掻き立てられ、なんとか自分も意中の人になりたいと思うのが男性の心理かもしれません。

また女性に対しても自分はモテる女子だとわかってもらう必要もあります。

自分に注目してもらいたいという意識が働いているのでしょう。

女性からの嫉妬もある程度は必要なのかもしれません。

裏表がある

裏表がるタイプも多いのかもしれません。

本当はボーイッシュなタイプなのに、男性の前ではか弱い女性を演じてみたり、時には少し気の強い女性を演じてみたりと男性の好みによって態度を変えることも得意です

女性の前では悪口を平気で言っているような人もいるかもしれません。

男性の前ではかわいい女性を演じておきながらタイプでなかった場合、その男性の事をけなしてしまうなんてことも。

あの態度をしておきながらそこまで言う?ぐらいの裏表があるでしょう。

男性に対してメンヘラっぽい態度

もしも男性から冷たい態度をとらた時にはいてもたってもいられなくなるでしょう。

自分を一番に見て欲しい、誰かに愛して欲しいという気持ちがとても強いので、もしも冷たくされたらメンヘラっぽい態度をして男性の気を引こうとすることもあるかもしれません。

しかし本当に手段を選ばないので、場合によっては自分を傷つけてでも男性の気を引こうとしてしまう事があります。

そこまでいってしまうと少し怖いですね。

男受けばかりを狙う

男受けのいい話し方や男受けのいい服装など、計算してるの?と聞きたくなるくらい完璧です。

常に男受けを意識しながらオシャレにも気を配っているでしょう。

女性からするとそこまでして?と思うかもしれませんが、男好きと言われるタイプの女性にとっては男性から褒められる事はなにより嬉しいことです。

女性なら誰でも多少はあると思うのですが、それが過度になってしまいがちですね。

恋愛対象の幅が広い

恋愛対象の幅が広く、全くタイプの違う男性であったとしても、いわゆるイケメンであれば年齢などもあまり気にしないかもしれません。

その時その時で好きになる相手も違うので、「あれ?」と周りが驚いてしまうかもしれません。

好きになった人がタイプなんて言葉ありますが、まさにそのタイプ。

恋愛対象の幅はとても広いので常に彼氏がいる事も当然かもしれません。

もちろん自分からアプローチをかける事もありますが、男性の方からのモーションをかけてくるようにもっていくのも得意です。

恋愛対象の幅が広いので、自然と恋愛の数も多くなるでしょう。

あざとい

あざとい仕草を自然と出来てしまうのが、男好きと言われる女性の特技とも言えるでしょう。

一瞬で相手の好みなどを見定めるか、自分の許容範囲内の男性かを見定める能力はずば抜けているかもしれません。

これは経験を積んだものでしかできない技ではないでしょうか。

【あざとい女の特徴は、こちらの記事もチェック!】

男性の前で悲劇のヒロインを演じる

自分は悲劇のヒロインであるという印象を与える事で、男性から守ってあげなければと思われたい願望があるのかもしれません。

本当はそんなことはなくても、悲劇のヒロインを演じます。

嘘ではない話であっても少し大袈裟に言ってみたり、事実と違う方向性で悲劇的な結末を作り上げたり。

自分に注目を集める為には少々の話を盛ってしまうなんて事も。

またか弱い女性であると印象付ける為にも、悲劇のヒロインになる事は絶対条件と言えるかもしれません。

男性へさりげない配慮ができる

男好きな女性は、男性へのさりげない配慮ができる人が多いです。

そこに男性もくらっときてしまうのでしょう。

さりげない配慮が大事だと思っているので、あからさまな態度ではしめさないかもしれません。

「この子よく気が利くな」と思ってもらうことで好印象をもってもらえる事にもつながります。

表情豊か


男好きな女性は表情豊かなので、男性も一緒にいて飽きません。

ころころと子供のように無邪気に笑ってみたり、かわいく怒ってみたりと男性からしてみれば守ってあげたいとさえ思うかもしれません。

リアクションもさりげなくオーバーリアクションであったりと、男性の会話に対しての反応がいいのも特徴の一つです。

男性からしてみれば、自分の話を楽しそうに表情豊かに聞いてくれる女性だったら、もっと話をしたいと思うしとても好印象ですよね。

喜怒哀楽が激しいというよりも、表現力があり表情豊かな女性が多いでしょう。

これが男性の前と女性の前で違う場合に、男好きと言われてしまうのかもしれないですね。

友達の話のときはつまらなそうに聞いているのに、男性が現れるところっと態度を変える。

そういったところがあると、女性から良く思われません。

しかし男性はこの変化には気が付きにくいものです。

見抜ける男性には見抜けるものです。

褒め上手

男好きな女性は褒め上手な人が多く、ほんの些細なことでも褒めることがでるので、男性も悪い気はしません。

言葉の表現もうまく、さりげなく相手を褒めることができます。

しかし、女性に対しても同じ態度で褒められるのならばいいのですが、これが男性にだけなのであれば、男好きと言われてしまうでしょう。

褒め上手なのはいいことなので、同性異性関係なく褒め上手になりたいものですね。

自分磨きを怠らない

男性から好意をもってもらうためには、自分に自信があることが大切です。

そのため、常に自分磨きを怠らず、しっかり時間をとっています。

外見はもちろん、内面を磨くことにも力を入れています。

そんなこともあり、さりげない気遣いがてきたり褒め上手であったり、男性を惹きつける魅力があるのかもしれません。

また自分の魅力の引き出し方を知っていると言えるかもしれませんね。

男好きな女性は嫌われるかも……泣(まとめ)

いかがでしょうか。

かなりシビアな表現もありますが、自分に当てはまっているかもなんて項目はあったでしょうか?

すべてが当てはまるのであれば相当な男好きと言えてしまうかもしれません。

男好きな女性は同性からは嫌われてしまう事が多いでしょう。

もちろん女性の嫉妬がある事もわかって行動いている人もいるでしょう。

またそんなつもりじゃなかったんだけど、もしかしてとってるこの行動は友人からみたら男好きだと思われてる?と気が付いた人もいるかもしれません。

あからさまな行動は女性からだけでなく男性からも敬遠されてしまう事があります。

もちろんすべての男性に振り向て欲しいとまでとは思っていないにしても、度が過ぎる行動は少し控えた方がいい場合もありますね。

女性は嫉妬ややっかみがあるので、女性同士の友情なんて信用できないと感じている人もいるかもしれません。

男友達の方が楽なのという場合もあるでしょう。

それはそれで決して悪い事ではありませんが、知らず知らずのうちに友人が誰もいなくってしまうほどの行動をしているのであれば、一度自分の行動を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。