あなたのまわりに裸族の方はいらっしゃいますか?

もしくはパートナーに持った人が裸族だったということはありませんか?

人は見た目に寄らないと言う言葉があるように、距離を近づけてからわかる部分がいっぱいあります。

特に裸族はそうです。

しかし、最近ではこの裸族を知らないと言う方も増えてきています。

一時期、ブームと言われてもおかしくないほど流行った裸族ですが、実は今でも健在です。

もともと裸族のブームを引き起こしたのが、アフリカなどの原住民族で、特にマサイ族などがテレビに出てからやたらと日本でも裸族が現れました。

このように裸族は日本でも浸透しているものになっています。

最近では、スポーツジムなどが増えたことで裸族を生み出しやすい環境になっているのではないでしょうか?

実は、体に自信がある人は、裸族になりやすい体質とも言われています。

最近、体を鍛えていることを妙に自慢する有名人などいますが、もしかしたら裸族の可能性がありますよ。

そこで、今回はもう一度改めて裸族を理解していただこうと思いまして、裸族についての記事を作成します。

裸族についていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、さんこうにしていただけましたら幸いです。

少しでも裸族の情報がわかれば、隠れ裸族にも適度に対応ができますよ。

また、裸族に困ることはありません。

裸族の生態を解析しよう!

そもそも現在、裸族はどのくらい生息しているのかと言いますと、調査資料がないのでわかりません。

しかし、テレビや雑誌などのメディアに取り上げられなくなっただけで、実はブームの時よりも減っていなく、増えているのではないかと言われています。

その理由としては、ブームの時より、時代が便利になったので、家の中でも裸族が快適に過ごせるような環境になっていると言えます。

では、なぜテレビや雑誌などのメディアが取り上げなくなったのかと言いますと、コンプライアンスの影響があると言えます。

コンプライアンス=法令順守という物が厳しくなったので、テレビや雑誌でも苦情がきそうなネタをしなくなったのです。

特に裸族はその名の通り、裸なので、まる見えです。

いくらモザイクを入れてもある程度予想がつきます。

子どもに見せたくない、教育的な観点から良くないといった感じになっているので、最近では取り上げられなくなりました。

しかし、世にでなくなっただけで実態としては増えているのが現状です。

そもそも、なぜ裸族なるものがブームになったのかと言いますと、先にも述べたようにアフリカの原住民族やマサイ族の影響があります。

まずは、裸族と言ったものをしっかり理解しましょう。

裸族とは?

そもそも裸族とはいうと、裸の状態を好んでいる人のことであり、家に帰るとすぐに裸になりたがる人のことです。

外で裸になることは公然わいせつ罪なので、いけませんが、家の中で裸になることは問題ありません。

以前は、テレビや雑誌のメディアなどでうちの主人が裸族でいった感じで取り上げられ、モザイクありで家の中の様子をOAされたこともありました。

そのため、一時期、家の中では裸というのが当然になっていた家庭もありました。

また、いろいろなバラエティ番組などで服を脱がされたりすることがあったので、裸族が寛容な時代でもありましたが、いつしかコンプライアンスが順守されたので、自然と裸族は消えてしまいました。

裸族の特徴としては、とにかく自分の体に自信がある人、もしくは、人類はみんな生まれた時から裸だったという認識をもっているため、裸であることを恥ずかしいと思っていない人たちが多いです。

このように裸になることを好むのが裸族です。

元々はアフリカの部族を指す言葉


裸族の語源はと言いますと、アフリカの部族を表す言葉でありました。

これは、アフリカの原住民族がほとんど裸の状態で過ごしていることからつけられた言葉であります。

それがいつしか、日本では、家の中など迷惑にならない場所で裸になる人のことを指す言葉になりました。

裸になることで余計な物を身につけていないので、気分がストレートになると言う人もいるなど、裸族になる人いはいろいろと効果があるようです。

そもそもアフリカの方々は狩りをしたりするなどして生活しているので、裸族の方も多く、また年中熱い気候のもとで過ごすことができる環境なので、裸族であっても問題のない環境と言えます。

そのため、日焼けをしている人が多いことが特徴です。

黒人だから焼けていると言うわけではありません。

このようにアフリカの生活を昔は取り上げることが多かったのが裸族を生むきっかけになったのかもしれませんね。

家などで殆ど裸で過ごしている人

裸族の人は家で過ごす時間が長く、そのほとんどの時間が裸の状態です。

裸でいることで、心が落ち着くらしいです。

そのためほとんど外に出ることはありません。

また、裸でいるので、あまり人を家に入れたがりません。

ある意味、家の中の空間がご自身にとっての自由な空間となっているのです。

つまり、家の中で裸でいる時間が最も幸せなひとときになっている可能性が高いです。

そう思うと、そんな人って仕事ができるのかと言いますと、実は、裸族の人は仕事に熱心です。

仕事を早く終わらせて、家に帰って裸になりたいので、誰よりも仕事に真剣に取り組みます。

服を着ている状態を良いと思っていないので、服を着ている時間を減らすために必死で仕事をします。

仕事を終えて、家に帰った時に、裸になれた時が凄く嬉しいのです。

裸族だから仕事ができないはただの虚像です。

裸族でもしっかり仕事はできますよ。

裸で過ごすことに快感を覚える人

裸族の人は裸の状態でいることに凄く快感を覚えます。

つまり、家の中で裸でいる時間を増やしたいと考えるのです。

裸でいることで余計なストレスを感じることもないので、気分がリフレッシュされて心地よい状態になっていると言えます。

裸でいると、体を悪くしそうと思う方も多くいらっしゃると思いますが、変に体温を減らしたり、体に刺激を活かせたりしなければ、体を怖したりすることはありません。

むしろ、裸族の方が健康的な人が多いです。

まず、体に自信があるので裸になっているのであって、軟弱ではありません。

むしろ、一般人よりも体が強い可能性もあります。

裸でいることでいろいろと免疫が強くなっている可能性もあります。

裸でいることは、体を壊すというのは迷信に過ぎないのです。

露出狂とは違う

こんなに裸でいたがることから露出狂と勘違いされてしまう方もいらっしゃいますが、露出狂とは違います。

まず、裸族は裸の状態でいることに快感を覚えている人たちです。

一方の露出狂は自分の体を相手に見せることを好んでいます。

これは相手がそれを望んでいるかどうか関係なく見せてくるので、厄介です。

近年、このような露出狂が現れるようになったことが、裸族をメディアから遠ざけている要因でもあるかもしれませんね。

ただ、裸族は人に迷惑をかけようなどとは思っていません。

裸族は自分の空間で裸でいることに快感を覚えているので、他人のことなど気にしていません。

しかし、露出狂は自分の体を見せて、相手の反応を伺う人たちなので非常に厄介です。

しかも、外で行う人たちが多くはっきり言えば、公然わいせつ罪ですので、辞めましょう。

モデルや美容家に多い


そもそも裸族になりそうな人たちというと、具体的に答えられる人は少ないと思います。

今ではテレビや雑誌のメディアに取り上げられないので、どのような人かわからないと言った方も多くいらっしゃると思います。

しかし、実を言いますと、驚くべきことに実は、モデルや美容家に裸族の方が多いのです。

美的センスを求める職業故に、自分の体にも美を求めているからだと言われています。

特にモデルなどは、体のバランスを整えなければいけないので、実はあまり外に出ることを拒みます。

家の中でしっかり過ごして体のバランスを取るようにしているのです。

また、美容家も家の中にいることが多いのです。

このことから裸族に発展したのではないかと言われています。

職業柄、人の裸を見ても大丈夫な免疫になっているので、裸族になってもおかしくはないですね。

真夏は裸族が増える

真夏は裸族の季節です。

そう言われるほど裸族にとって快適な季節はないでしょう。

なぜなら、暑いので必然的に裸になってしまう方が多いのです。

エアコンなどを機動させていたら体を壊すのではと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

裸族の家にはエアコンがある方が珍しいです。

あっても起動していない可能性が高いです。

そのため、真夏は好き好んで裸になります。

特に暑さで汗も出るので水舌たるので良い感じに見えるのです。

また、裸族でなくても裸になる人は多い季節なので、自然と裸族が増えます。

にわか裸族も続出するので、知らない間に裸族の仲間になっていたということも珍しくありません。

このように夏は裸族のためにあるのかと言わざるを得ないほど裸族が盛り上がる季節ですよ。

ある意味、夏は裸族に注意の季節かもしれませんね。

お風呂上り限定の裸族も多い

自分では裸族ではないと公言していても、裸族になってしまっている方も実は結構いらっしゃいます。

では、どのような人かと言いますと、お風呂上がりに裸になっていつまで経ってもなかなか服を着ようとしない人たちです。

ただの面倒くさがりではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

お風呂上がりは一番体温が低下するので、すぐに服を着ないと風邪の原因になってしまうかもしれません。

めんどくさい人はその時点で風邪を引きます。

しかし、裸族と化している人は、面倒くさいのではなく、お風呂上がりに裸にいることに快感を覚えているのです。

裸の状態に快感を覚える。

つまり、裸族の特色ですよね。

このように見ず知らずのうちに裸族になってしまっている危険性がありますよ。

特に裸族が盛り上がる真夏はそのような感じが多いです。

裸族な人の家での過ごし方

ここまでである程度裸族に関してなんとなくですが、わかった方が多いと思われますが、では、裸族の方の家での過ごし方はどうかと言うと、具体的にわかっている方は少ないと思います。

露出は高いが裸でないので、うちの人は裸族ではないと思いたいと言う人は多いかもしれませんが、実はそのような方でも裸族の可能性があるのです。

そこで、ここからは裸族の人の家での過ごし方をご紹介します。

家で裸でいる人だけが裸族とは限りません。

もしかしたらあなたのパートナーが隠れ裸族の可能性もありますので、じっくりこちらの記事を読んで、裸族かどうか探ってみるのも良いかもしれませんね。

裸にならないから安心と思っていてはいけませんよ。

裸にならなくても裸族はいらっしゃいますので、ぜひ、裸族の方の家での特徴を知りましょう。

裸族な人の家での過ごし方1:パンツ一丁が多い

裸ではなく、パンツ一丁になって過ごしている時間が多い方は裸族の可能性が高いです。

要は大切な部分を守ろうとしているのであって、それ以外は裸であるので、その状態で快感を得ている可能性はあります。

すべてをさらけ出すと相手も嫌がるかもしれない、もしくは大切な部分は見せるべきではない、しっかり守らないと行けないと思っているからパンツ一丁になっている可能性があります。

しかし、パンツ一丁になっている人は、ある程度役目を終えると全裸になってしまう可能性があります。

つまり、まだまだ大切な部分をしっかり活用しないといけないと言うことになっているのでパンツ一丁になっている可能性もあります。

つまり、いずれは全裸になってしまう可能性を持っていると言うことです。

パンツをはいているから安心と言うことではありません。

裸族な人の家での過ごし方2:カーテンは常に閉めている

外からの視線を避けるためにカーテンを閉めている方が多いです。

これは家の中は自分だけの空間と考えているので、外から余計な物が来ることを嫌う傾向があるためにカーテンを閉めているのです。

カーテンを閉めることで外との接触は避けられるので、心おきなく裸になることができます。

裸になって心を置きつかせたい、気分をリフレッシュさせたい、など裸族にはいろいろと考えがあるので、外からの意見に邪魔されたくないのです。

そのために外との接触を避けようとしています。

最近では、シビアになったのか、裸族の人がカーテンを開けたままにしていたら通報されたと言うこともありました。

それだけ裸族の人が住みにくい世の中になってしまっているのだと言うことです。

裸族の方が快適に過ごすためにもカーテンを閉めるのは必須なことですね。

裸族な人の家での過ごし方3:結婚後は相手が許せば裸族続行

結婚してから相手が裸族だったという衝撃の事実に気づくことが多いのです。

裸族を続けるかどうかは自己判断では済まされないようです。

パートナーから許しをもらわないと離婚問題に直結してしまう危険性もあるのです。

つまりは結婚後は相手の許しがあれば裸族として続けることができるが相手が嫌がれば継続は厳しいと言うことになります。

しかし、ここは寛大にしないと裸族の人が困ってしまいます。

仕事はできる。

イケメン。

イクメン。

などがそろっていても裸族だからと言った感じに見ていては夫婦円満になりません。

裸族の人も相手を巻き込もうなどとは思っていません。

巻き込むのではなく、自分が裸の状態でいたいだけなのです。

つまりは、影響を受けなければ問題ないのです。

相手も感化されて裸族になることも

そうは言っても影響を受けてしまう人は中にはいます。

気づいたら自分も裸族になっていたと言う方は少なくありません。

それだけ裸族の影響は強烈なのかもしれません。

どれぐらい強烈かと言いますと、昔、クレヨンしんちゃんで野原しんのすけが下半身を出していたことが当時の子どもには強烈に影響を与えていました。

今ではコンプライアンスの影響で見せなくなりましたが、当時の影響力はかなり大きなものでした。

当時、クレヨンしんちゃんを見ていた人はそのことを如実に覚えていると思います。

つまり、パートナーがどうしても裸族に反対してしまうのは影響力が強いからなのです。

仮に裸族を許してしまい、自分も裸族になったらと思うとぞっとするようなのです。

また、ご自身だけでなく、子どもなどにも影響を行くことを懸念しています。

しかし、裸族は悪いわけではありません。

裸に免疫がないだけです。

裸族になった主な原因とは?

裸族の家での過ごし方はいかがでしたでしょうか?

もしかしたら隠れ裸族がいらっしゃると思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、そもそもなぜ裸族が誕生したのか?

テレビや雑誌などのメディアで取り上げられることだけが原因ではないと思います。

また、裸族には裸族にしか分からないことがあると言えます。

そこでここからは裸族になってしまう原因についていろいろと情報をまとめましたので、じっくりお読みになっていただけましたらと思います。

裸族になってしまう原因が分かればパートナーは無理でも、子どもなどを裸族にさせることを防ぐことができるかもしれません。

もしくは、パートナーが隠れ裸族かどうかを見極めることができるかもしれませんよ。

ぜひ、じっくり読んでいただきまして参考にしていただけましたらと思います。

裸族になった主な原因1:親も裸族

裸族になる人の原因の1つに親も裸族と言うことがあります。

子どもは生まれた時に一番の影響を受けるのが親です。

つまり、親が裸族なら、必然的に裸族になってしまうのです。

なぜなら、裸族の生活が習慣化されているからです。

その人にとっては裸族として生活することが習慣化されているのである意味、当然のことのように思ってしまっているのです。

むしろ、裸族の生活をしないと落ち着かないと言った感じになってしまっている人もいます。

このように親が子どもに与える影響は大です。

パートナーの親に露出度が高い人がいたりした場合はもしかしたらが疑われます。

また、どうしても自分の生まれてくる子どもを裸族にしたくない人は、裸族のパートナーに子どもと一緒にいる時間は裸族になるのを制御させるなどの対応が必要になってくるかもしれませんね。

裸族になった主な原因2:開放感がたまらない

すべてを出しているので、その開放感がたまらないと言った感じに裸族になっている人が多いです。

このような人は、普段はおとなしい感じで、暗い印象がありますが、家で裸になると一気に思いを爆発させる感じです。

つまり、すべてをむき出しにしているので、何も恥ずかしいとは思わず、ありのままの自分を出していると言った感じです。

裸の状態なので、何も隠す必要のない状態と言えるので、その開放感がたまらないと言った感じになっているのかもしれません。

つまり何でも外に出したい性格と言えます。

この人は大人しい安心と思っていても実は家などの自分の空間では思いっきり、自分を出している可能性が高いです。

つまりは、隠れ裸族である可能性があるのです。

裸族になった主な原因3:ストレスがない

裸族の人は裸になることで開放感があるので、ある意味、ストレスを溜めこまない性格と言われています。

つまり、どんな苦労しても自分の空間で裸になれれば気分をリフレッシュすることができるからです。

普段から穏やかな性格の持ち主は安心と思っていた方々、実はそんな人ほど裸族の可能性があるのです。

ストレスを溜めこまないのは心が穏やかな場合か、もしくは裸族であるからストレスを溜めこまないのかもしれません。

いつも笑顔でいて、穏やかな人がいたら、まずは裸族かどうか疑ってみた方がいいかもしれませんよ。

ただ、裸になることでストレスを溜めこまないのなら、他の人よりも安心かもしれませんね。

ストレスは癌などの原因になってしまうので、ある意味長生きする人のことを言いますね。

裸族になった主な原因4:服や下着の締め付け感が嫌い

裸族の人は服を着ている時に落ち着きがありません。

要は裸の状態が普通だと思っているので、服を着ていると締め付けなどで息苦しく感じてしまうらしいです。

そのため、一刻早く服を脱ぎたいという気持ちに襲われています。

デートなどで落ち着かない人がいますが、相手に緊張して落ち着かない人もいれば、服を着ていることで落ち着かないと言う人がいるかもしれませんよ。

そのような人は、とにかく家に帰って裸になりたいと感じているので、仕事を終わらせるのが早いです。

ある意味残業などはしません。

とにかく、服をきている時間よりも裸の時間を優先したがるのです。

一緒に服屋などに言ってこれ似合うかもよと服を進めて嫌な顔をしたらもしかしたら裸族の可能性があります。

最近では、そう言う場面に出くわさないようにファッションセンスを上げている裸族も多くいらっしゃいます。

裸族になった主な原因5:服を着るのが面倒

裸族は裸でいる状態が正常です。

つまり、服を着ることを嫌がります。

一般人が裸の状態を落ち着かないように感じるのと同様に、裸族は服を着ている状態が落ち着かないのです。

そのため、服を着ることを面倒くさがります。

特に顕著なのがお風呂上がりです。

お風呂上がりはすぐに体を冷やしてしまう危険性があるので、すぐに服を着ることを進められていますが、裸族はこのような時になかなか服を着ようとはしません。

なぜかと言いますと、裸が普通の状態と考えているからです。

裸族ではなかったと人が裸族になるのは、実はこのお風呂上がりに服を着なくなることからが結構多いです。

このような行動をしているパートナーがいましたら、もしかしたら裸族予備軍の可能性があります。

裸族になった主な原因6:洗濯が面倒

服を良い物と思っていないので、洗濯をすることを嫌がります。

なぜなら裸が普通だから服なんてどうでもいいと思っているのです。

つまり、洗わなくてもいいだろうと思っているのです。

不潔な考えですが、体は綺麗なので何とも言えません。

そのため、選択することを極端に嫌がります。

というか面倒だと考えています。

そのため、洗っていない服で部屋がいっぱいになっている人もいます。

よく、服でいっぱいのパートナーがいるかもしれませんが、実は、面倒くさがり屋であるかもしれませんが、もしかしたら裸族で有る可能性もあるのです。

裸族にとって服はタダの物です。

そんなに重要でもありません。

服をいっぱい持っているから裸族ではないと思うのは安直です。

服をいっぱい持っていても裸族である可能性は多いにあります。

裸族になった主な原因7:体系をすぐにチェックできる

裸族の人は自分の体に自信を持っている人が多いです。

つまり、自分の体を極端に気にされる方が多いです。

そのため、裸でいるとすぐに自分の体をチェックできるので、体系維持をするのが上手です。

裸族にも裸族になり頑張っているのです。

すぐに自分の体系をチェックできるからいつでも裸になっていい体系を維持しています。

ある意味、自分の体に対してはかなりシビアなのかもしれません。

常に良い体をしている。

スタイルが良い。

などの人がいましたらもしかしたら裸族かもしれませんよ。

体が良いと言うのは、裏を返せば脱いでも問題がないと言うことですので、気をつけましょう!

良い点と言えば、体の維持などの方法を教えていただけることなので、そこだけを着目して他を寛容にすれば問題ないのかもしれませんね。

裸族になった主な原因8:外出が嫌い

裸族の人は外出を極端に嫌います。

要は、家などの自分の空間で裸でいる時間を長く過ごしたいからです。

故に引きこもりと勘違いされてしまう人もいます。

外に出るには服を着ないといけないので、裸族にとって服を切るのは苦痛なのです。

また、外だと脱ぐことができないので、裸である時間が減ってしまうので、外出を嫌がります。

ただ、プールや温泉など、裸になれる場所は好みます。

このように裸でいる時間を好むので外出を極端に嫌がるのです。

デートに誘ってもなかなか家から出ない人がいたら、引きこもりもしくは裸族の可能性が高いです。

もしくは外出先が温泉などが多い人は裸族かもしれませんよ。

とにかく可能な限り裸でいたいと思うのが裸族なのです。

裸でいることが習慣化されている証拠です。

実は多い!裸族の有名人

裸族になってしまう原因はいかがでしたでしょうか?なんとなくわかる気がする原因もありましたね。

ただ、裸族は悪いものではありません。

裸に対する免疫が弱いので裸族をマイナス的な感じに見てしまっているのです。

しかし、実は裸族の比率が高い人たちがいます。

それが芸能人です。

普段から人に見られているので、もしかしたら裸になることにも抵抗がないのかもしれませんね。

最近では妙に露出を高くしている有名人もいますがもしかしたら裸族なのかもしれませんね。

ココからは裸族で有名な人をご紹介します。

楽しみに拝見くださいませ。

裸族の有名人1:叶姉妹

ご存じセレブ姉妹として有名な叶姉妹ですが、実はかなりの自他ともに認めるかなりの裸族です。

豪華な衣装に身をまとっているのは他から服をすすめられるのを防ぐためとも言われています。

また、家ではほとんど裸らしいです。

あの年齢ですので、余程体のケアを行っているのだと思います。

実はセレブほどもしかしたら裸族なのかもしれませんね。

裸族の有名人2:宮沢りえ

ご存じ日本を代表する女優さんで、今でも変わらぬ美貌を維持していますが、実は裸族です。

自ら家では裸で過ごしていると公言しているほどです。

もしかしたら変わらぬ美貌を維持しているのは、いつでも裸だから体系をチェックして維持をしているのかもしれませんね。

若さと美貌の秘訣はそこにあったのかもしれませんね。

いつまでもファンがいっぱいいるのにも納得がいきますね。

ある意味今の彼氏の人が羨ましいです。

裸族の有名人3:沢尻エリカ

お騒がせ女優として有名な沢尻エリカさんですが、実は裸族です。

もともとメイクなども他人にされるのを嫌がる性格で、すべて自分でしてしまいたいと言った感じなので、なんとなくですが裸族の特徴がありますね。

あまり外出もされないそうなので、家ではほとんどの裸でいるとか…30代に入ってもモデル並みの体系を維持しているのは、裸族の影響があるのではないでしょうか?

沢尻エリカさんを筆頭にもしかしたら裸族のブームを再び引き起こすかもしれませんね。

裸族の有名人4:斎藤工

セクシーな男性俳優として有名な斎藤工さんですが、ある意味ファッション誌などでは結構露出していたので、裸族の印象はありましたね。

家の中で裸で映画をみるのが至福の時と言っていた時もあるので余程の裸族だと言えます。

割れている筋肉や整った体は外で脱いでも許せると思いますね。

セクシーなシーンも演じるほどなので、ある意味裸族男子の鏡です。

裸族は一度やりだしたら戻れないかも!?

裸族に関する情報はいかがでしたでしょうか?裸族は決して悪いものではありません。

しかし、いろいろと世間体を考えるとポジティブにとらえるのが難しいのが現状です。

しかし、芸能人にも裸族がいらっしゃるほどなので、まだまだ裸族も捨てたものではありません。

また、一度裸族になるとなかなか抜け出せないのも裸族の特徴です。

裸族になりたくない人は原因をしっかり理解すればいいだけです。

ぜひ、裸族であっても裸族でなくてもあなたらしく生きましょう。