CoCoSiA(ココシア)

裸族な人の家での過ごし方とは?結婚後はどうしてるの?


あなたのまわりに裸族の方はいらっしゃいますか?

もしくはパートナーに持った人が裸族だったということはありませんか?

人は見た目に寄らないと言う言葉があるように、距離を近づけてからわかる部分がいっぱいあります。

特に裸族はそうです。

しかし、最近ではこの裸族を知らないと言う方も増えてきています。

一時期、ブームと言われてもおかしくないほど流行った裸族ですが、実は今でも健在です。

もともと裸族のブームを引き起こしたのが、アフリカなどの原住民族で、特にマサイ族などがテレビに出てからやたらと日本でも裸族が現れました。

このように裸族は日本でも浸透しているものになっています。

最近では、スポーツジムなどが増えたことで裸族を生み出しやすい環境になっているのではないでしょうか?

実は、体に自信がある人は、裸族になりやすい体質とも言われています。

最近、体を鍛えていることを妙に自慢する有名人などいますが、もしかしたら裸族の可能性がありますよ。

そこで、今回はもう一度改めて裸族を理解していただこうと思いまして、裸族についての記事を作成します。

裸族についていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、さんこうにしていただけましたら幸いです。

少しでも裸族の情報がわかれば、隠れ裸族にも適度に対応ができますよ。

また、裸族に困ることはありません。

裸族の生態を解析しよう!

そもそも現在、裸族はどのくらい生息しているのかと言いますと、調査資料がないのでわかりません。

しかし、テレビや雑誌などのメディアに取り上げられなくなっただけで、実はブームの時よりも減っていなく、増えているのではないかと言われています。

その理由としては、ブームの時より、時代が便利になったので、家の中でも裸族が快適に過ごせるような環境になっていると言えます。

では、なぜテレビや雑誌などのメディアが取り上げなくなったのかと言いますと、コンプライアンスの影響があると言えます。

コンプライアンス=法令順守という物が厳しくなったので、テレビや雑誌でも苦情がきそうなネタをしなくなったのです。

特に裸族はその名の通り、裸なので、まる見えです。

いくらモザイクを入れてもある程度予想がつきます。

子どもに見せたくない、教育的な観点から良くないといった感じになっているので、最近では取り上げられなくなりました。

しかし、世にでなくなっただけで実態としては増えているのが現状です。

そもそも、なぜ裸族なるものがブームになったのかと言いますと、先にも述べたようにアフリカの原住民族やマサイ族の影響があります。

まずは、裸族と言ったものをしっかり理解しましょう。

裸族とは?

そもそも裸族とはいうと、裸の状態を好んでいる人のことであり、家に帰るとすぐに裸になりたがる人のことです。

外で裸になることは公然わいせつ罪なので、いけませんが、家の中で裸になることは問題ありません。

以前は、テレビや雑誌のメディアなどでうちの主人が裸族でいった感じで取り上げられ、モザイクありで家の中の様子をOAされたこともありました。

そのため、一時期、家の中では裸というのが当然になっていた家庭もありました。

また、いろいろなバラエティ番組などで服を脱がされたりすることがあったので、裸族が寛容な時代でもありましたが、いつしかコンプライアンスが順守されたので、自然と裸族は消えてしまいました。

裸族の特徴としては、とにかく自分の体に自信がある人、もしくは、人類はみんな生まれた時から裸だったという認識をもっているため、裸であることを恥ずかしいと思っていない人たちが多いです。

このように裸になることを好むのが裸族です。

元々はアフリカの部族を指す言葉


裸族の語源はと言いますと、アフリカの部族を表す言葉でありました。

これは、アフリカの原住民族がほとんど裸の状態で過ごしていることからつけられた言葉であります。

それがいつしか、日本では、家の中など迷惑にならない場所で裸になる人のことを指す言葉になりました。

裸になることで余計な物を身につけていないので、気分がストレートになると言う人もいるなど、裸族になる人いはいろいろと効果があるようです。

そもそもアフリカの方々は狩りをしたりするなどして生活しているので、裸族の方も多く、また年中熱い気候のもとで過ごすことができる環境なので、裸族であっても問題のない環境と言えます。

そのため、日焼けをしている人が多いことが特徴です。

黒人だから焼けていると言うわけではありません。

このようにアフリカの生活を昔は取り上げることが多かったのが裸族を生むきっかけになったのかもしれませんね。

家などで殆ど裸で過ごしている人

裸族の人は家で過ごす時間が長く、そのほとんどの時間が裸の状態です。

裸でいることで、心が落ち着くらしいです。

そのためほとんど外に出ることはありません。

また、裸でいるので、あまり人を家に入れたがりません。