良い人間関係を形成していくということは人生を歩んでいく上でとても大切なことです。

人によっては周りの人間関係なんてどうでも良いと感じている方がいるかもしれませんが、決して長い人生を生きていく上で人間関係はどうでも良い存在ではありません。

なぜならば、人はひとりでは生きていけませんので、常に様々な人と関わりながら人生を歩んで行く必要性があります。

それを踏まえて考えてみると、様々な人と関わる上で良い関係性を築くことができるということは、自分の人生を生きやすくするという大きなメリットを得ることができます。

ある程度の年齢になればたくさんの人と関わりながら学生生活を送るでしょうし、卒業すればたくさんの人と力を合わせながら仕事を行うようになります。

常に様々な人と関わりながら生きていくことになるので、良い人間関係を築くことができれば、自然と生きやすい環境に変化させることができるようになるからです。

悪い人間関係の中では精神的な負担も大きくなってしまいます。

だからこそ、良い人間関係を築くことは長い人生において、とても大切な存在となり得るのです。

そこで、今回は良い人間関係を築く上で絶対にしてはいけないことであるドタキャンをテーマにして、ドタキャンの意味、そしてデメリットなどについて触れていきます。

もしも過去にドタキャンを行った経験がある方は、ドタキャンをなぜしてはいけないのか?という具体的な理由についても解説していきますので、参考にしてください。

ドタキャンしてない?嫌われる前に改善を!

あなたはこれまで過去に誰かに対してドタキャンしてしまった経験はありませんか?

もしもこれまで一度でもドタキャンしてしまった経験があるのであれば、ドタキャンをしてしまうということがもたらすデメリットについて今一度考えなければいけません。

なぜならば、ドタキャンをしてしまうことによって非常に大きなデメリットが私たちを襲ってしまう可能性があり得るからです。

過去にドタキャンを行ってしまって後悔しているのであれば問題はありませんが、全く後悔していないのであれば自分自身の考え方を改めなければいけません。

ドタキャンを行ってしまうことによって、想像以上に相手に対して悪いイメージを与えてしまう可能性があります。

悪いイメージを与えてしまうということは結果的に自分自身の信頼をなくしてしまう行動へと変化してしまいます。

自分自身に対する信頼をなくしてしまうことが自分自身が嫌われてしまうということになってしまうので、必ず避けなければいけないことです。

すなわち、自分自身を不利な立場へと貶めてしまう行動になります。

ドタキャンとは改めてどのような行動であり、どのようなデメリットをもたらすのか?

今回ご紹介する内容を機に、自分自身のドタキャンに対する考え方を変えるきっかけとして受け止めてみてください。

ドタキャンは厳禁!デメリット


すでにドタキャンに対して悪いイメージを持っている方であれば、自分自身がドタキャンを行っている可能性は少ないので問題ないと思います。

しかしながら、よくドタキャンを行ってしまいがちだと自分自身で気づいている方は注意が必要です。

先ほどもお伝えしたようにドタキャンという行動に関しては相手に対して大きな迷惑になってしまう行動になります。

だからこそ、極力行わないようにしなければいけない行動です。

しかしながら、世の中には残念ながらドタキャンを平然と行ってしまうような人もかなり多いです。

そこで、まずはドタキャンに対する考え方を変えていただく必要性がありますので、まずはドタキャンがもたらすデメリットについて詳しくご紹介します。

ドタキャンがもたらすデメリットを正しく理解することで、ドタキャンがどれほどまでに相手に対して迷惑な行為なのかと言うことが理解いただけるはずです。

それと同時に、自分にとってもどのようなメリットをもたらすのかということを理解する事につながりますので、結果的にドタキャンを抑止する考え方が身につくはずです。

それがドタキャンを行わない一つの方法にもつながりますので、ドタキャンを繰り返して行っている方はデメリットをまずは認識するところから初めてみてください。

信頼を失う

まずはじめにご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「信頼を失う」ということが挙げられます。

なぜドタキャンをすると信頼を失うのかと言うと、ドタキャンするということは結果的に考えると相手を裏切ることにつながるからです。

もちろん状況によっては致し方ないような状況などもあると思います。

しかしながら、一般的に考えてしっかりと準備をしておけばドタキャンをするようなことなどはなかなかありません。

大抵の場合ドタキャンをする場合は自分自身の不注意が原因になっている可能性が高く、しっかりと注意をしていれば未然に防げるような場合がほとんどです。

それを踏まえて考えてみると、ドタキャンをするような人は信頼をなくしてしまってもしょうがないような行動をとっているのです。

過去にこれまで一度でもドタキャンされた経験があるのであれば、その時の状況を想像してみてください。

おそらく大抵の場合相手の不注意などが原因でドタキャンを受けてしまった場合が多いと思います。

もちろんそうではない場合もあるかもしれませんが、どちらにしてもあなた自身の気持ちはどのように感じたでしょうか。

たとえしょうがない理由だったとしても、あまり良い気持ちにはならないはずですし、相手に対して良い印象が持てるはずもないですよね。

場合によっては相手に対して不信感を持ち、相手を誘ったりすること自体気が進まなくなってしまったりすることもあると思います。

自分がドタキャンをされてしまった立場に立って考えてみれば、ドタキャンをすることが信頼を失う行動であるということは明白です。

なので、結果的にドタキャンすることによって信頼を失うというデメリットを与えてしまうということになるのです。

イベントのドタキャンは出禁も?!

次にご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「イベントのドタキャンは出禁も?!」ということが挙げられます。

なぜイベントをドタキャンすることで出禁になってしまうのかと考えると、それほどまでにとドタキャンをするということは許されない行為であると認識されているからです。

先ほどもお伝えしたように自分自身がドタキャンされた時の気持ちを考えてみてください。

ドタキャンされて良い気持ちになる方はいませんし、それが何かしらのイベントの時であることを想定して考えてみると、場合によっては大きな損害をこうむる可能性もあります。

例えば、金銭的なやり取りが発生するようなイベントの場合だと取り返しがつかないような場合なども生まれますよね。

ドタキャンは信頼を失い行為であり、ドタキャンをした人には信頼が無くなり、付き合いたいとは思われなくなります。

主催側の気持ちからすれば、ドタキャンをする可能性のある人と一緒にイベントを行ったり、イベントに参加してもらうことは絶対に出来ないはずです。

それを踏まえて考えてみると、イベントをドタキャンするような人は当然出入りを禁止される可能性は十分に考えられます。

なので、イベントをドタキャンしてしまうと出禁になってしまうデメリットが発生する可能性があると考えることができます。

お店のドタキャンはキャンセル料が発生


次にご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「お店のドタキャンはキャンセル料が発生する」ということが挙げられます。

なぜドタキャンするとキャンセル料が発生するかと言うと、もしも相手と約束をした際にどこかしらのお店に足を運ぶ予定の場合はキャンセル料が発生する可能性があるからです。

例えば、最近話題になった事件の一つとしては、大勢の人数でお店を予約して、最終的に当日になって何の連絡もなくドタキャンをされたという事件が話題になっています。

結局当日連絡をしても連絡が取れずに、その日作った人数分の料理が無駄になってしまいそうになり、SNSを使ってお客様を呼び寄せ事なきを得た結果になっています。

しかし、単純にドタキャンをした時点でキャンセル料金を請求することもできますし、飲食以外のサービスにおいてドタキャンをしてキャンセル料を請求している場所はあります。

脱毛などに関しても、ドタキャンをした場合はキャンセル料の請求対象に該当しますので、飲食だけではなくその他のさまざまのサービスにおいても同様です。

なので、お店の予約をしてドタキャンをしてしまった場合は、キャンセル料金の対象になる可能性がありますので、デメリットに該当すると考えることができます。

お店などのサービスに関わるドタキャンは絶対にしないように注意をしておかなければいけません。

いろんなチャンスが逃げる

次にご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「いろんなチャンスが逃げる」ということが挙げられます。

なぜドタキャンをするといろんなチャンスが逃げてしまうのかと考えると、例えばドタキャンをしなかった場合を考えると様々な出会いがある可能性が考えられるからです。

人との出会いに限定して考えるのであれば、ドタキャンをしなければ様々な人と関わりあえることができた可能性があると想像することができますよね。

出会い以外であれば、何かしらの行動を起こすことによって、何かに触れて、何かを得ることができるチャンスを経験することができると考えることができます。

要するに、何かを得るためには何かしらの行動をしなければ何も始まらないということです。

人と出会ったりするのも、新しい何かを経験したりするのも結局自分自身が行動しなければ何も手に入れることはできないのです。

それを踏まえて考えてみると、何かの行動をするということは何かを手に入れることにつながり、いろんなチャンスを得ることができるということになります。

ドタキャンをするということはそのいろんなチャンスを結局自分自身で手放してしまっているということに他なりません。

なのでドタキャンをすることでいろんなチャンスが逃げてしまうというデメリットに繋がってしまうと結論付けることができます。

相手の心を傷つける

次にご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「相手の心を傷つける」ということが挙げられます。

なぜドタキャンをすると相手の心を傷つけてしまうのかと考えると、ドタキャンすることによって相手に少なからず不快感を与えてしまうからだと言えます。

難しく考える必要性はなく、自分自身が相手からドタキャンをされてしまったという状況を想定して考えてみればすぐにわかるはずです。

相手からいきなりドタキャンされてしまうと、当然嫌な気持ちになったり、悲しい気持ちになったり相手に対する信頼をなくしてしまったりしますよね。

それはすなわち自分自身の心を傷つけられるということと全く同じようなことになります。

相当な信頼関係が出来上がっているのであればまだしも、それなりの付き合いしかしていないような関係性の相手からドタキャンをされた場合、それなりに悪印象につながります。

なので、ドタキャンするということは結果的に相手の気持ちを傷つけたり踏みにじるような行為になり、自分の立場を悪くしてしまう行動になってしまいます。

だからこそドタキャンをすることによって相手の心を傷つけるという大きなてメリットにつながってしまうと判断できるのです。

常に相手の立場に立って物事を考えることができるのであれば、ドタキャンしたりするようなことは絶対にありませんので、常に相手の気持ちを考えながら行動する事が大切です。

誘われなくなることも

次にご紹介するドタキャンがもたらすデメリットとしては「誘われなくなることもある」ということが挙げられます。

なぜドタキャンすると誘われなくなるのかと考えると、ドタキャンをしてしまうことによって相手に対する信頼がなくなってしまうからです。

あなたが相手と時間を作って一緒に時間を過ごそうとする時に、わざわざ信頼がない人を選んだりしますか?

おそらく信頼がない人を誘ったりするようなことはないと思います。

それと反対に、信頼できる人を選んで誘ったりすることがほとんどだと思います。

なぜならば、信頼できる人と一緒に時間を過ごした方が自分自身も楽しい時間を過ごすことが出来ますし、約束を破られる可能性は少ないからです。

信頼がない人の場合は一緒にいても楽しい気持ちにはなりませんし、約束を破られる可能性がありますのでわざわざ約束をしようとは思わないはずです。

ドタキャンされると一気に相手に対する信頼がなくなってしまいますので、当然相手と今後何かしらの約束を交わす可能性は低くなります。

なので、ドタキャンしてしまうことで、今後相手から誘われることがなくなってしまうというデメリットにつながる可能性があると言えます。

ドタキャンとは?

ここまではドタキャンをしてしまうことによってどのようなデメリットが起きるのかということについて触れていきました。

ある程度ドタキャンにまつわるデメリットを理解いただいたところで、ここからはドタキャンという言葉の基本的な意味について触れていきます。

ドタキャンという言葉を知らない方はあまりいないと思いますが、人によっては知らなかったり、正しく理解していない場合もあります。

正しく意味を理解し、それを防ぐことで信頼を失わないような行動を心がけることができるようになりますので、ドタキャンの意味を改めてご紹介していきます。

ドタキャンの意味

ドタキャンの意味は「土壇場キャンセル」という言葉の略称された言葉です。

土壇場キャンセルとは「土壇場になって予定をキャンセルすること」を意味しています。

つまり、相手の約束をしていた際に約束の時間直前にいきなりキャンセルの連絡をしたりすることがドタキャンという言葉になるのです。

例えば、相手とデートの約束をしていたのにいきなり相手が体調不良だから今日行けないというような連絡をしたりする場合が該当します。

それ以外にも、相手と時間を合わせて遊ぼうとしていたりしていたのに、いきなり急用ができて今日行けなくなったと連絡をされたりする場合なども同様です。

この状況を考えていただければ分かると思いますが、どのような理由であったとしても基本的に自分自身が嫌な思いをするような行動です。

なので、ドタキャンは相手に対して絶対にしてはいけないような行動として認識されている存在なのです。

どうしてもドタキャンしなければならないときの対処法

ドタキャンするということは一般的に考えて絶対にありえないような行動になります。

ドタキャンすることで様々なデメリットが起きるということが一番の理由になりますが、それ以前に人としてのモラルに反する行動でもあるからです。

しかしながら、時と場合によってはどうしてもドタキャンをせざるを得ないような状況に身を置いてしまう可能性も考えられますよね。

なので、ここからはもしもどうしてもドタキャンをしなければならなくなった時のことを想定してその対処法をいくつかご紹介していきたいと思います。

長い人生を生きていればどうしてもドタキャンをせざるを得ないような状況は起こりえますので、大切なのはその時にどのように自分自身が行動をするかということです。

適切な行動を取り、適切な対処を行うことによって、ドタキャンしたとしても相手の信頼を極力無くさないように行動することは可能です。

この行動や対処を行わないからこそ信頼関係がなくなってしまうことにつながりますので、もしもドタキャンをする場合は適切な対処を取れるように注意をしてください。

これからご紹介する方法をしっかりと守っていただくことによって、結果的に自分自身を守ることにもつながりますので、必ず知識として身につけておいてください。

事前に連絡すること

まずはじめにご紹介するどうしてもドタキャンしなければならない時の対処法としては「事前に連絡すること」が挙げられます。

なぜ事前に連絡しなければいけないのかと考えると、事前に連絡をすることによって相手に対して少しでも配慮を行うことができるからです。

大前提としてそもそもドタキャンをするということ自体が相手に対して迷惑な行為であることは言うまでもありません。

しかしながら、迷惑な行為の中にもたった少しでも相手に対する配慮が見えるのであれば相手からしてみればまだ許すことができる余地はありますよね。

約束の直前にいきなりドタキャンをされた場合は当然ながら大きな不信感を感じさせてしまうことになってしまいます。

しかしながら、約束までに少しでも時間の余裕がある状態でキャンセルの連絡を入れることによってまだ相手の配慮が感じられます。

そうなることにより、少しでも自分に対する配慮を忘れてはいないという印象を与えることで信頼を大きくなくすことを避けることができます。

キャンセル連絡をしにくいと感じている方もいるかもしれませんが、何の連絡もしない場合、結果的に相手の大切な時間を奪ってしまうことになるので、必ず連絡してください。

事前に連絡をすれば、まだ相手は自分の時間を有効活用することができる可能性が残されていますので、結果的に迷惑の比率を抑えることができます。

なので、適切な対処法としては必ず事前に余裕をもって連絡は絶対に入れるということを意識してください。

申し訳ないと謝るのは当たり前!

次にご紹介するどうしてもドタキャンしなければならない時の対処法としては「申し訳ないと謝るのは当たり前」ということが挙げられます。

人によってはドタキャンをしておきながら相手に対する謝罪をしないような人もいますが、これは大きく間違っている対処方法になると言えます。

ケースとしては、相手と信頼関係が出来上がっている場合、信頼関係が成り立っている相手ならばドタキャンをしてもわざわざ謝らなくても良いと感じている場合がほとんどです。

しかしながら、親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、たとえ信頼関係が成り立っているような相手だったとしてもドタキャンをする事は迷惑な行為に変わりありません。

直前のキャンセルによって相手の時間を大きく奪ってしまうことになりますし、相手の予定を狂わせてしまうことにつながります。

たとえ親しい関係性にあったとして、それを許してくれるような心の広い方もいますが、反対に許してくれないような人も多く存在しています。

また、表面上では許してくれたとしても、心の中では相手に対する信頼がなくなってしまうような場合なども多く該当します。

それを踏まえて考えてみると、たとえ相手と信頼関係が出来上がっていたとしても迷惑な行為をしてしまったことに対してきちんと謝罪をすることは人として当たり前です。

きちんと申し訳ないという言葉を一言添えることによって、自分の信頼を失わせることを防ぐことができるようにはなりますので、必ず謝罪の言葉は伝えるようにしてください。

変に自分のプライドをもって謝ることをしないような人もいますが、そのような人は時間が進むにつれて自分の周りに人がいなくなってしまう可能性が高いです。

たくさんの人と関わり合いながら生きていけなければいけないこの世界で、孤独になるということは想像以上につらいことです。

なので、必ずドタキャンをした場合は相手に対して謝罪をするということを忘れないでください。

予定を埋め合わせる

次にご紹介するどうしてもドタキャンしなければならない時の対処法としては「予定を埋め合わせる」ということが挙げられます。

これは予定の内容によって変わるかもしれませんが、埋め合わせができるような予定だったのであれば、必ず埋め合わせなどをするように心がけるようにしてください。

理由があってドタキャンしてしまったとしても、相手に対して迷惑な行為をしてしまったということは変わりません。

なので、一番大切なのはドタキャンをしてしまった後のアフターケアです。

ドタキャンしてしまったことによってどのように相手に対して対処をしたり、様々な配慮することができるかということが相手から許してもらう一番の大切な要因です。

ドタキャンをされて、相手から謝罪の言葉もなく何の連絡もない場合、当然相手に対する信頼がなくなり相手の関わりたいと思わなくなってしまいますよね。

しかし、きちんと謝罪をしてくれ、キャンセルされた予定を埋め合わせするために相手が様々な配慮の言葉を投げかけてくれた場合は、まだ許してあげたいと思うことができます。

なので、必ずドタキャンをした場合は埋め合わせできる内容の約束なのであれば後日予定を埋め合わせるための言葉を投げかけるようにしてください。

そこできちんとした対処することで自分の信頼を失わせることを防ぐことができるようになります。

このたった少しの配慮や行動の違いで、相手に対する印象は大きく変化するようになりますので必ずドタキャンをした際の対処方法として身につけておくようにしましょう。

次回、何かしらのお詫びを渡す

次にご紹介するどうしてもドタキャンしなければならない時の対処法としては「次回、何かしらのお詫びを渡す」ということが挙げられます。

相手に対して何かしらの迷惑な行為を行ってしまった場合、適切な対処方法としては相手に対して何かしらのお詫びを渡すということはおすすめな対処方法です。

一般的に考えて、有名な対処方法であり、それなりの効果を持っている対処方法でもあります。

物で釣ったりするということに関してあまり良い印象を持たない人もいるかもしれませんが、目に見える形で謝罪の気持ちを表す方法は効果的です。

例えば、ドタキャンしてしまったことで迷惑をかけたことに対して、次回会った時にお菓子などを渡して謝罪の言葉を添えれば、許してあげたくなりますよね。

それどころか、人によっては丁寧で思いやりがある人だと思ってもらえる可能性も増えます。

物などを渡したりしなくても、それなりに信頼関係が出来上がっているのであれば、ご飯をごちそうしたりするのも一つの方法だと思います。

結局は何かを相手にしてあげることによって、相手に許してもらおうという気持ちの変化をつけさせることが大事です。

目に見える形の方法はわかりやすく、相手も嫌な気はしませんので、適切な対処方法の一つということで身に着けておくようにしてください。

理由を説明する

次にご紹介するどうしてもドタキャンしなければならない時の対処法としては「理由を説明する」ということが挙げられます。

これはわざわざ考える必要がないことでもありますが、ドタキャンするのであれば当然相手にそれなりの納得してもらえる理由を話す必要性があります。

ドタキャンの連絡をする場合、相手の立場で考えてみれば必ず気になることがドタキャンをしてしまった理由です。

その理由が一方的な理由なのであれば当然許すことができませんし、しょうがない理由なのであればまだ許すことができるからです。

場合によっては一方的な理由で約束をキャンセルしたりするようなこともあるかもしれませんが、それでも大事なのは理由を偽ったりせずに本当の理由を話すことです。

理由を偽ったりすることが発覚した場合、当然相手に対する信頼は一気になくなってしまい、相手と関わりが持てなくなってしまう可能性もあります。

なので、必ずドタキャンする際の対処方法としてはドタキャンをしてしまった理由について必ず話すようにしてください。

その理由がしっかりとしたものであれば相手は必ず許してくれるはずです。

相手がその理由に納得しなかった場合、相手に対するアフターフォローなどを心がけることによってまだ挽回の余地はありますので、まずは素直に理由を述べるようにしてください。

誠実な対応を心がけるようにすれば、大抵の場合は許してくれる場合が多いので、内容偽らずに誠実な対応をするように注意してください。

ドタキャンでやむを得ない理由とは?

相手との約束をドタキャンする場合、気になるのはどのような理由であれば相手がまだ許してくれる余地があるのかということです。

一般的に考えてしょうがないで理由であれば許してくれる可能性は高いです。

それとは反対に、一方的な自己都合な理由であれば許してもらえない可能性が高いです。

では、やむを得ないで言えばどのような理由が該当するのかと考えた場合に複数存在しています。

例えば、身内の不幸である場合は当然許される理由ですし、急を要する仕事、体調不良などはまだ許される理由です。

しかし、嘘であるならば信頼は無くなりますし、どちらにしても相手には迷惑をかけることには変わりありません。

なので、しょうがない理由であったとしても必ずアフターフォローは欠かさないようにしてください。

どのような理由でもしっかりとアフターフォローすることで、相手から許してもらえる可能性が高まりますし、相手の機嫌を損ねることはなくなります。

それが一番重要な点であるということは理解いただいた上で、やむを得ない理由の場合はしっかりと相手にドタキャンの理由を誠実に伝えるようにしましょう。

ドタキャンはなるべくしないように心がけよう(まとめ)

今回はドタキャンをテーマにして、ドタキャンの言葉の意味、ドタキャンによるデメリット、ドタキャンをした場合の対処方法についてご紹介しました。

ドタキャンするということは一般的に考えて相手に対して大きな迷惑行為にあたります。

しないに越したことはありませんが、どうしても致し方ない状況があるのも事実です。

何度もお伝えしますが、もしもドタキャンしてしまったのであれば、一番大切なのは相手に対する配慮であり、アフターフォローが重要です。

逆に考えて、これをしっかりと行うことによって相手から信頼をなくしてしまうことをなるべく防ぐことができるようになります。

相手と良い信頼関係を築いていくということを考慮して考えてみると、相手に対して様々な配慮することはとても重要なことになります。

なので、改めてドタキャンすることは迷惑な行為であり、もしもするのであればそれなりのフォローをすることが大切ということを理解し、日常生活を過ごすようにしてください。