私たちは通常であれば赤ちゃんが出来ることを「妊娠した」という言葉で表しています。

その他にも、赤ちゃんが身ごもることについての言葉で、『ご懐妊』という言葉を聞く時もあると思います。

ニュースなどでも度々聞くことの多い言葉で、皇族などの報道ではご懐妊という言葉を使っています。

ご懐妊という言葉を知っている人は多いかもしれませんが、正しい使い方を理解している人は少ないのかもしれません。

普段は使わない言葉ですが、使う場面を知っておけば今後役立つ時がくると思います。

そこで今回は、妊娠とご懐妊の違いやそれぞれの意味、また、赤ちゃんが出来た場合の注意点などについてお話しをしていきます。

何となくのイメージでご懐妊という言葉を理解していた方も多いと思いますが、実はこんな意味だったのかと初めて知る人も多くなってくると思います。

懐妊の意味を正しく理解して間違った使い方はしないようにしていきましょう。

ご懐妊とは

始めにご懐妊という言葉についてのお話しをしていきたいと思います。

ニュースなどでは主に皇族の女性について「ご懐妊されました」などという報道がなされています。

こうなってくると、ご懐妊という言葉は身分の高い人の妊娠した状態のことを指しているのではないかと思ってしまいますよね?

しかし、この言葉は私たち一般の人に使ってもおかしくはないという事を知っておいて下さい。

ご懐妊というとなんだか大袈裟なようにも聞こえますが、これらの意味をきちんと理解すれば今まで思っていた事とは違うという事がわかるはずです。

それでは最初にご懐妊の意味から見ていくことにしましょう。

子を身ごもること


昔から赤ちゃんが女性のお腹に宿る際には「身ごもる」「妊娠」「おめでた」「懐妊」など色々な呼ばれ方をされてきました。

これらの事からもわかるように「懐妊」とは、女性がお腹に赤ちゃんを宿して身ごもることを指しています。

普段は使わなくなった懐妊ですが、以前はこの言葉を使ってきました。

これらの言葉は主に身分の高い方が妊娠した時に使う言葉になり、今で言えば目上の方や年上の人が妊娠した場合も懐妊という言葉を使う方が良いといえます。

ここでちょっと疑問が出てくるのですが、目上の人でも妊娠でいいのでは?などと思ってしまいますよね?

妊娠という言葉自体が当り前のように浸透している中で、わかりにくい懐妊を使わなくても良いのではないか?と考える人も多いと思います。

ですが、ご懐妊とはこういった意味合いも持っていることになるのです。

妊娠の丁寧語

自分よりも目上の人や年上の人が妊娠した場合、ご懐妊という言葉を使った方が丁寧な印象になります。

こういった場合でも、目上の人には丁寧な言葉の言い回しというものを考えて発言する必要が出てきます。

その場合に使う言葉として適切になるのが「懐妊」ということになり、この懐妊は妊娠の丁寧語だということを理解して下さい。

例えば、上司の奥さんが妊娠した場合などには「ご懐妊」という言葉を使った方が丁寧に聞こえますし、失礼になりません。

これが「妊娠」「おめでた」などの言葉では、もしかしたら不快に思う人も出てくるかもしれません。

意味合いとしては同じであっても言い方に失礼があれば相手の感情にも影響が出てきますので、妊娠した相手によって言葉の使いわけというのも大事なことになるのです。

一方で友人が妊娠した場合は素直に「妊娠おめでとう」と伝えて問題ありません。

ここでご懐妊という言葉を持ち出してきてもあまり意味のないものになりますし、言われた方も何だか馬鹿にされているような気持ちになってしまうかもしれません。

自分と立場的に同じ・もしくは自分より下の人へは「妊娠」などの言葉を使って良いということになります。

このように日本語とは相手によって言葉を使い分けたりしなければならず、とても面倒に感じる場合もあります。

ですが、誰でも周りの人が妊婦さんになることはあると思うので、言葉の使いわけというものを意識するようにして下さい。

特に男性の場合はこういった言葉についてあまり興味がなかった人も多いのではないでしょうか?

「懐妊」は皇族のような人だけに使う言葉などと誤った理解をしてきた人もいるはずです。

自分の上司に子供が出来た場合のお祝いの言葉では「妊娠」よりも「懐妊」を選ぶほうが無難になってきます。

では、このご懐妊についてですがどういった時に使っていくのか見ていくことにしましょう。

どんなときに使うの?

ご懐妊とは子供を身ごもるということがわかり、妊娠の丁寧語だということもわかりました。

そうした場合ですが、どういった時にこの言葉を使っていけばいいのでしょうか。

皇族のような身分の高い人へ使う

最初の使い道は皇族などの方を指す場合になります。

ここでは直接にお祝いを言う機会がある方などは少ないと思いますので、ニュースなどで知った場合のことをお話しします。

例えば、職場などで仲間と話をする場合は、ご懐妊という言葉を使っていた方が無難と言えます。

あくまで妊娠の丁寧語なのでどちらの言葉を使ってもおかしくはありませんが、皇族の場合は身分的なものを立てる意味でもご懐妊という言葉を選んでおいてほうがいいでしょう。

また、次のような場合にも懐妊という言葉を使うことになります。

目上の人、年上の人が妊娠した場合に使う

自分の上司や立場的に上の方などにはご懐妊という言葉を使って下さい。

そちらの方が相手に気持ちも伝わりやすくなりますし、問題が起こることもありません。

妊娠という言葉より丁寧な言い回しであれば相手も気分よくお祝いの言葉を受け取ってくれると思います。

仕事関係などが絡む場合にはご懐妊を使うようにするといいでしょう。

それでは赤ちゃんを身ごもった事を誰かに伝えるという事についても触れていきます。

どういったタイミングで報告するかなど悩む事の一つにもなってきますよね?

仕事をしていたら会社の上司にも報告をしなければいけませんしどの時期にすれば良いのかという事を考えていきたいと思います。

懐妊を報告する時期


赤ちゃんを身ごもった場合には、誰かしらへの報告というものも必要になってきます。

仕事などをしていた場合には産休を取る意味でも大事ですし、周囲の人もわかっていなければいけなくなってきます。

例えば、自分で報告する時期が遅くなってしまえば、重い荷物を持ったりと胎児への悪い影響が起こり得る行動をしなければいけなくなるかもしれません。

仕事場への報告が遅れてしまえばそういった事にもなり、安心して赤ちゃんを出産出来ないということにもなりかねないのです。

また、産休ということも会社にとっては問題になってきます。

自分が出産の為に会社を休む間の仕事などをどうしていくかは、産休前に解決する必要がありますし、人員の補充なども必要になってきます。

報告が遅すぎれば周りに迷惑をかけてしまう事からタイミングが難しいとも言われていますが、実際にはこういった時期になったら報告をしていくことになってきます。

安定期を過ぎてから

妊娠をしても安定期までは何が起こるかわかりません。

中には医者からの妊娠診断を受けた時期に会社などに報告をする方もいます。

しかし、安定期になるまでは少なからず流産の可能性もあるので、もしもの場合には赤ちゃんを産むことが出来なくなってしまいます。

そうした場合に早期に報告をしていた時は、周囲の人が気を遣ってしまうという事になります。

自分の悲しみはもちろんですが周りも心配ですし、色々な気遣いをさせてしまう可能性があります。

また、人事などにも影響がでる場合も考えなくてはいけません。

人員の募集を考えていたりと会社としてもやらなければいけない事があり、あまり早期での報告というものは喜ばしいことにはなりません。

自分も周りも安心できる安定期を過ぎてくれば流産などの心配もなくなりますので、ベストなタイミングはこのあたりでしょう。

ただし、自分にごく親しい仲間などには早期での報告ということが必要になる場合があります。

仕事の内容にもよりますが、普段から無理をしなければいけない業務である場合も考えられます。

そうした場合で気を付けなければならないのが、身体に負担をかけすぎておきてしまう初期流産です。

力仕事もしなければいけない場合などは報告が遅ければかえって自分の身体にも悪い影響が出てしまう可能性があるので、このような場合には早期での報告も視野にいれるようにしましょう。

話の内容を戻しますが、この安定期という時期はどの位のことを指すというと、妊娠5か月に入った頃を指します。

色々な仕事の引継ぎなどのことを考えると妊娠がわかってから半年くらいのタイミングで報告すれば、引き継ぎなどにも支障は出にくいですし、ベストなタイミングとも言えます。

初産の場合は会社などに言うべきタイミングも不安や悩みがあると思いますので、仕事内容にもよりますが安定期を目安に報告をするようにするといいでしょう。

しかし、つわりがひどい場合は安定期前に報告する場合も多いようです。

それでは、安定期ということについても詳しく説明していきたいと思います。

妊娠・懐妊から5ヵ月までの間にはどういったことが起こるのかを知っておくことも大切になります。

安定期とは

妊娠初期の場合はつわりなどの症状も多くなりますし、初期流産の危険性も高くなってきます。

ちょっとした行動にも気をつける必要があります。

つわりなどが酷くなると色々な面で影響することになり、食べ物のにおいを嗅ぐだけでも吐き気を催したりと生活にも支障が出てきます。

こういった症状ですが、個人差はありますが多くの人の場合は妊娠5ヵ月をすぎたあたりから徐々におさまってくるようになり、つわりなどもなくなってきます。

また流産の危険性というものも少なくなってきて、胎児の鼓動など色々な変化がみられる時期に入ってきます。

医師の診断で問題なければ、健康な赤ちゃんを産むために軽い運動などしてもよくなります。

しかし、安定期に入る前までの期間というのは身体に負担をかけることは非常に危険でもあります。

食事の問題や仕事などにも影響が出たりと自分でも辛い時期になりそうですが、安定期に入るまではお腹の赤ちゃんをしっかりと守るという意識が大切になってきます。

無理のない生活をおくるようにして下さい。

家族には早めに伝える

まず最初に考えていきたいことですが、自分の家族には妊娠がわかった時点での報告ということが一番望ましいと言えます。

旦那にはもちろんですが、自分の両親や身内にも伝えるべきでしょう。

その理由としては、身体に負担をかけられない時期にもなりますし、つわりなどが酷ければ動くことも大変になってきます。

そうした状態をサポートしてもらう意味でも家族や身内には言っておかなくてはいけません。

妊娠の報告というものは誰が聞いても喜ばしいことですが、安定期に入るまでは何が起こるかわかりません。

家族などの手助けがないと流産してしまう可能性も出てきますので、早めに報告をするようにして下さい。

また、安定期前というものは人によってはかなりつわりが酷くなってしまう人もでてきます。

人それぞれですし、病気ではない為につわりがおさまってくれるまで待つしか方法はありませんが、この場合には会社への報告というものも考えるようにして下さい。

つわりが酷い場合には職場にも早めに報告を

妊娠をするとつわりというものが発生してきますが、この酷さというものは人によって全く異なってきます。

つわりをほとんど感じない女性もいますし、逆に全く食欲がなくなってしまい吐き気だけが酷くなるという方もいます。

この時に大事になってくるの会社への相談です。

報告は安定期後が望ましいということはお伝えしましたが、つわりが酷いと仕事にならない場合もありかえって迷惑をかけることにもなってきます。

職場としても本人の報告がなければどのような対処をしていいのかわかりませんし、一緒に仕事をする同僚などにも迷惑がかかってくることになります。

その場合、早期での報告という事も考える必要があります。

いずれにしても自分の体調・仕事の内容などによって報告するタイミングというものは変化してきますので、それらのことを考えながら伝えるようにして下さい。

それでは懐妊や妊娠を聞かされた場合の反応とはどういったものが望ましいのかについてもお話しをしていきます。

自分の上司や年上の方の懐妊を知った場合にはどのような行動をすれば良いのでしょう?

懐妊・妊娠報告を受けたときの反応

人の生命となるものが宿ったことですので、これは自分でも素直な気持ちになることが大切になります。

報告をする人も色々な時期などで悩んでいたりつわりなどの不安も考えられますので、お祝いの言葉を贈ると共に気遣う気持ちを持つようにして下さい。

お祝いの言葉を伝える

最初にお祝いの言葉ということに関してですが、これはまわりくどかったり面倒な言葉を考える必要はありません。

今の自分の気持ちを大切に伝えることが大事ですし、「おめでとう」というシンプルな言葉で良いのだと感じます。

色々と大袈裟にしてしまう人もいますが、相手が安定期前であればかえって心労にもなりえますし、負担にならないような言葉をかけてください。

そして、この場合ですが妊娠についてはそれぞれの思いというものも出てきますよね?

例えば自分も子供が欲しい場合などもその中の一つになります。

こういった時は他の人の妊娠・懐妊報告に対して嫉妬のような気持ちも沸いてくるかもしれません。

ですが、赤ちゃんが出来るということは誰にとってもおめでたいことですので、素直におめでとうと言える自分でいることが大切です。

友人などの場合は子供についての話をする時が多くなり、お互いが子供を欲しがっていたら言いにくかったりと色々な事が出てきます。

もしも、そういった時であってもきちんとお祝いの言葉を伝えられる気持ちの余裕を持つようにして下さい。

また、報告を受けたときなどは身体に対して労わる言葉というものも大切になります。

身体をいたわる言葉をかける

せっかくの報告に対していたわりの言葉がないとなると相手もがっかりするかもしれませんよね?

妊娠・懐妊の報告は伝える相手によってはとても勇気がいる行動でもあり、色々な言葉をかけてもらいたいという思いも出てきます。

お祝いの言葉も大切ですが、安定期までは身体をいたわっていくことが大事になってきますので、きちんと相手の身体のことについても気持ちを伝えていくようにして下さい。

この場合には仕事の同僚であれば相手のサポートなどもできますし、出産を経験している場合などは色々なアドバイス的な言葉もかけられます。

そして、相手の一番嬉しい言葉を伝えてあげることも忘れないようにしましょう。

楽しみだという気持ちを伝える

妊娠中は誰でも大きな不安があり、初産ではかなりのストレスを抱える人も多くなります。

つわりという独特の症状などにも悩まされますし、普段の生活も色々と制限が多くなり精神的にも疲れてしまう方が多くなるのです。

そのような状態の時に一番嬉しい言葉が、赤ちゃんが産まれてくるのが楽しみだという気持ちを伝えるようにして下さい。

また、相手の気持ちが晴れやかになるような言葉も大切になってきます。

前向きな言葉を選ぶ

妊娠した女性は安定期に入るまでは精神的に不安定になる場合が増えてきますので、少しでもその苦痛を取り去るような言葉を選ぶ必要が出てきます。

例えば、赤ちゃんが産まれた後の楽しい話しをすることも良い効果になり、相手を励ますことにもなってきます。

この時期は色々なことが出てきてしまうために、ネガティブな考えになってしまう妊婦さんもいるということをわかってあげて下さい。

そうした場合には、少しでも気持ちを楽にしてあげるような話題に変えてみたり、前向きになれる言葉をかけるようにしましょう。

あまり腫れ物に触るような扱いでも困ってしまいますが、ある程度は優しさを持ち、相手の気持ちがかなり落ち込んでいるようであれば厳しさを持つことも大切になります。

このような時には、「将来のお母さんがしっかりしなきゃ!」などの喝をいれてあげることも大事かもしれません。

友人などに言われれば新たに頑張るといった気持ちにもなれるでしょうし、自分への励みにもなってきます。

相手の状況などによって言葉の選び方を気をつけていき、より良い状況を作っていくようにして下さい。

それでは次に目上の人からのご懐妊の報告などがあった場合にも触れていきましょう。

基本的なことは友人などと同じですが、言葉の選び方を少し変えてあげる必要が出てきます。

ご懐妊した人への配慮

職場などで年上の人や目上の方からのご懐妊の報告があった場合には、自分で出来るだけのサポートをしていく必要が出てきます。

まずはどういった事に対しての注意点を見ていくことにしましょう。

ネガティブな発言は控える

身ごもるという事はこれから大変なことが続くことになってきますが、一番言ってはいけない言葉は「これから大変ですね」などのネガティブなものです。

妊娠すればそれだけで色々なことを考えてしまいますから、なるべく暗くなってしまうような発言はしないようにして下さい。

妊婦さんの気持ちは不安定

出産経験のある方であればわかりますが、そうでない方というのは妊婦さんがどういった事を考えているのかがわかりません。

妊娠するということは自分のお腹に新しい命が宿る事となり、それを守っていくのは大変なことなのです。

ですから妊婦さんの精神面が常に不安定となっている場合が多く、ネガティブな発言というものはさらに精神面で悪い変化が起ってきやすくなるので避けるようにして下さい。

また、目上の人や上司などの場合には身体への気遣いも忘れないようにして下さい。

重い荷物は持ってあげる

妊娠中はお腹に力を入れることは厳禁となってきます。

これがお腹に負担がかかることになり、赤ちゃんの成長にも大きな影響が出てきます。

特に重い物などをもつようなことは危険になってきますので、そういった状況の時には持ってあげるようにして下さい。

また仕事などで周りの環境を整えていくことも大事になってきます。

いつでも休める環境を作る

懐妊の報告を受けたならば、相手がいつでも休める環境を作るようにすることが大切になってきます。

妊婦さんの場合は、あまり疲労が蓄積してくると感染症になる場合なども考えられますので注意が必要です。

特に初産の場合などは色々な事で精神的にもストレスが多くなり、身体へのダメージにもなりやすいので、いつでも休めるような体制を考えてあげることが大切になってきます。

周りの喫煙者は妊婦のいないところで喫煙する

職場で妊娠やご懐妊の報告を受けたら喫煙者は絶対に妊婦の近くでは吸わないようにして下さい。

妊婦さんが喫煙しているわけではありませんが、煙を吸っても身体の害になり赤ちゃんのためにもよくありません。

喫煙をするのであれば周りに妊婦さんがいないということを確認することを忘れないようにしましょう。

つわりを理解する

つわりでは色々な症状というものが出てきてしまい吐き気や食欲不振・頭痛といったものが多くなり、妊婦さん自身が常に悩みを抱えている状態となっています。

このような精神的に弱っているときはつわりというものを理解するようにして、無理な仕事をさせないようにしましょう。

周りの気遣いがあれば妊婦さん自身も気が楽になりますし、赤ちゃんの成長を考えていくことが一番大切になってきます。

こういった気遣いというものは自分が妊娠をした場合にも同じような行動で返ってくることになり、結果的に自分が助けられることにも繋がってきます。

個人差があるためにつわりの酷さというものが感じられない方もいるかとは思いますが、酷い場合には話すことさえ辛いという人もいますので、きちんと理解をしてあげるようにしましょう。

まとめ

ご懐妊や妊娠という同じ意味を持つ言葉でも、使う相手が違うという事に気がつかない人も多くいることになります。

ニュースなどでは皇族が身ごもった場合に懐妊という言葉を用いていますが、決して特別な言葉などではなく、自分の目上の人に対する妊娠の丁寧語ということがわかりました。

こういったちょっとした言葉の使い方で、自分の信頼にも影響してくる可能性もあります。

また、妊婦さんの場合は安定期に入るまでは情緒不安定になる方も多く、仕事などでもサポートが必要になってきます。

つわりが酷いなどの報告を受けた場合にはなるべく負担の少ない仕事を回すことも大切になりますし、周囲の人も進んで手伝ったりする体制にしなければいけません。

ある意味ではお腹の赤ちゃんを会社の人間全員で守っているという連帯感を持って接することも大事ですし、それが妊婦さんの励ましにもなり気持ちの余裕にも繋がっていきます。

赤ちゃんがお腹に宿ることは本当に神秘的であり素晴らしいことだとは感じないでしょうか?

妊娠・懐妊した女性が誰であれ、新しい命を自分の中で守っている姿は美しくも感じられます。

そうした女性をみんなで守っていくということは、今後の少子化問題にも大きな励みにもなってきます。

妊娠自体が不安の固まりのようになれば会社などへの報告も遅くなっていきますし、余計な負担を身体にかけてしまい流産という結果になるかもしれません。

そうすれば妊娠した本人はもちろんですが周りの私たちもショックですよね。

何かしら出来ることがあったのではと考えてみても、そうなってしまってからでは遅いのです。

そこからの妊婦さんとの関係もギクシャクとしてしまう可能性もありますし、自分たちも後悔の思いしか残りません。

喫煙の問題や仕事のサポート・引継ぎの準備など周りの人間もかなりの大変さというものを感じると思いますが、その努力の向こうには新しい生命があるということを忘れないようにして下さい。

「そのお腹の宿った赤ちゃんをしっかりと守ることが自分の幸せにも繋がる!」という気持ちを忘れないようにして、新しい命の誕生をしっかりと見守るようにしましょうね!