世間には引きこもりまでは行かないものの、一人でいることを好む人が意外と多いです。

一見すると協調性がない人や集団生活になじめないような人に見えますが、そうではありません。

ただ、一人でいることが好きなだけなのです。

おそらく友人の何人かにはそのような方がいらっしゃるのではないでしょうか?

もしくは、ご自身がそれに当たると言う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、それは別に悪いことではありません。

一人でいることを好きなことに罪はありません。

一人でいることが好きで立派に生活している人も多々います。

では、なぜ一人好きが異色に見えてしまうのかと言いますと、和を持って尊しの精神が強く、みんなでの考え方が強い日本にとっては一人でいることに何が楽しいかと考えている人が多いのです。

故に似た者同士でつるむ人が多く、そのような集団が生まれるのです。

そのため、集団に入れないでいるような人を見ると異色に見えて、近づきたがらないのです。

しかし、それはただの想像です。

さらに、これからは個人の時代と呼ばれているので、個性が発揮できなければ生きていけない時代でもあります。

つまり、一人でも生きていくことが必要になってくるのです。

そこで今回こちらの記事では、ひとり好きな方の特徴などの情報をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

いつ一人の身になるかわからない世の中です。

そんな時のためにも、ぜひ、覚えておいては損はありませんよ。

️ひとりが好きって人は多い

実は、ひとりでいることが好きという人は意外と多くいらっしゃいます。

しかし、みんなでの精神が強い日本ではそのような人はいないような感じに捉えられているので、意外と知られていないのです。

むしろ、近くに存在すると近づきたがらないのが日本人なのでないような存在にしたいと考えている人もいます。

しかし、現にひとり好きな方は多くいらっしゃいます。

近年、核家族世帯が増加する一方で独り暮らしも増加しています。

これはただ単に学校の関係や職場の関係とかだけではなく、ひとりでいたいという気持ちが強いからというのも影響しているのではないでしょうか?

このようにひとりでいることに憧れを持っている人は意外と多いのです。

しかし、そんなひとり好きの人を無理に家に置いておこうとすると引きこもりなどを起こしてしまう危険性があります。

なぜなら、ひとりでいたいのに家に家族がいることで、ひとりの時間、自分の時間を作れないと考えて、唯一ひとりでいられる空間に閉じこもってしまうのです。

20歳を越えたら親から切り離す。

動物的に考えれば、大人の子どもを家に置いておくこと事体がおかしなことなのです。

ひとりって最高!


ひとりって最高と言う人がいますが、集団生活などをしてきた人からすると、そのような考えを持つこと事体、不思議でしかないようです。

なぜなら一人でいて何が楽しいのかわからないのです。

しかし、一人こそ実は楽しいと言う要素がいっぱい詰まっています。

まず、他人に気を遣う必要がないからです。

また、自分のワールド生きられるので、実は誰にも邪魔されないのです。

このようにひとりでいることが自由であるかのような錯覚を起こすのです。

ただ、この時注意が必要なのは、ただ何もせずにボーっとしているような状態では意味がありません。

そのような状態を続けてしまうのは、引きこもりになってしまう要因です。

ひとりが最高と思える人は一人でも考えを持って行動できるから最高と思うのです。

主に意志の強い方などがこのようなタイプが多いのです。

もしくは、自分の時間を大切にしたいと言う気持ちが強い人などです。

ある意味、ひとりの状態の時に意志の強さと言うものを感じさせることになるかもしれませんね。

ひとりが好きな人の気になる生態

それではひとりの状態が好きな人はどのような感じなのかと言いますと、田舎、都会問わずひとりが好きな人は多いです。

比率で言えば、都会の方が高いかと思います。

これは、都会の場合、あまり隣近所を気にすることがないからです。

逆に田舎だと横のつながりだったり、近所付き合いなどを気にされる方が多いので、ひとりよりかは集団を好む傾向があります。

しかし、それでもひとりが好きな人はいっぱいいらっしゃいます。

主にアパートなどに住んでいる人はひとりが好きです。

また、自分に趣味に落ち込む人もひとりが好きです。

よくオタクなどは集団が好きそうですが、共通のファンがいるだけであのような人たちこそ、ひとりの方が好きだと言う人は多いです。

仲良さそうに見えるのはその場のノリです。

ひとりが好きな人などはたとえ職場になじめなくてもなかなか辞めようとしません。

省かれても気にしないからです。

逆に集団で生きたい人は省かれたりするとすぐに辞めてしまいます。

️ひとりが好きな人の12個の特徴

このように世には意外とひとりが好きな人は結構いっぱいいるのです。

しかし、そのようなタイプを認めたがらない日本なので、実際にひとりが好きな人はどのような人と思う方は多いと思います。

そこでここからはひとりが好きな人の特徴をご紹介していきます。

主に大きくピックアップして、12個ありますので、ぜひ、しっかりご理解ください。

いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

すべてをマスターする方が難しいです。

まずは身近なもの、もしくは、ビビットきたものなどから理解していくことをおススメします。

もしかしたらご自身に備わっているかもしれませんよ。

自分はひとりが好きではないと言う人でもひとりが好きな人の特徴を持っている可能性は大いにあるのです。

ひとりで生きたいと思う人も、ひとりでは嫌だと言う人もぜひ、覚えておきましょう。

気遣い屋さん

ひとりが好きな人は意外と気遣い屋です。

ひとりでいるので、相手に変に気を遣う必要はないと思いますが、その分、集団生活に入り込むと意外と気遣いに長けています。

これは、気遣いをすることに見返りを求めていないからです。

集団で生きるのであれば、気遣いは必要だと言うことをわかっているからです。

また、気遣いをすることを自分への関わりを減らそうとするガードのような感じでしている方もいらっしゃいます。

ある意味、自然な気遣いができる人でもあります。

よく集団生活の人たちが事あるごとに気遣いと言う言葉を遣ってきますが、使わないとできないほど実は頭に入っていないのです。

もしくは立場が強くなると気遣いをされることがあたかも当たり前と思っているのです。

一体どちらが正しい気遣いなのか疑ってしまいますね。

心を開きにくい

ひとり好きの方はあまり他人に自分を見せようとしません。

要は自分を見せることで相手が自分に興味や関心などを持って絡んでくることを苦手としています。

故に心を開こうとはしません。

ひとりが好きなのであまり周りと絡もうとしないのです。

他人に自分を知られることをあまり良いと考えていないのです。

他人が自分に興味や関心を示すことによって、自分の時間が奪われることを恐れている危険性もあります。

このように外との交流にはあまり積極的ではないのです。

心が開きづらいから絡みにくそうと思う方も多いでしょうが、引きこもりではありません。

要は自分のテリトリーを犯されることを恐れているのです。

自分を大切にしているので、自分のテリトリーに自分とは違う人が来ることをある意味許せないのです。

趣味がある


ひとりが好きな人ほど多趣味もしくは趣味に時間を使う人が多いのです。

なぜかと言うと、趣味に没頭する時間こそ、自分の時間であり、その瞬間こそが最高の時間なのです。

故に趣味を持っている人はひとり好きな方が多いです。

もしくは、自分の趣味に関して熱狂的に話す人はひとり好きの可能性が高いですよ。

話すが相手が寄ってこないのならさらに嬉しいことでしょう。

このように自分の時間を有効に使用している人こそ、ひとり好きである可能性が高いのです。

共通の趣味の人とかなら気が合うのではと思いますが、あまりにも思いが強すぎて趣味のことで議論してもめてしまいそうな感じがあります。

それよりかは、ちょっとその趣味に興味を持ちましたと言う方を好みます。

なぜなら、その趣味に関して話す時間ができて自分の時間になるからです。

ムダが嫌い

ひとりが好きな人はとにかく無駄が嫌いです。

なぜかと言うと自分の時間を大切にする傾向が強いので、無駄な時間が生じて自分の時間がなくなることを恐れているからです。

はっきり言えば1分1秒でも無駄にしたくないと考えている方もいらっしゃるほどなので、変に絡みに行くと火傷してしまうこともありますので注意しましょう。

その分、無駄が嫌いなので、仕事などはてきぱきされる方が多いです。

残業などをすることを凄く嫌っています。

故に仕事ができる人は意外とひとり好きの可能性が高いです。

逆に集団が好きな人はみんなと一緒にいることが好きなのでいつまでもだべっていて、みんなで残業するというような感じです。

会社などでは集団生活なので、協調性などを言ってくる人は多いのですが、果たして本当にそれでいいのか疑問に思いますね。

サバサバしている

性格はいたってさばさばしています。

これは無駄が嫌いなのと早く前に進みたい性格だからです。

悩んでいる時間がもったいないと感じているので、悩むのではそうなった時にすぐに対処できるようにしているのです。

ある意味、リーダータイプになれる人に多いです。

協調性もないのにリーダーと思われる方もいらっしゃいますが、リーダータイプはある意味一部の人たちです。

つまりは、数が少ないと言うことです。

集団に入り込もうとする人は、無理にリーダーのようなポジションを狙おうとしません。

むしろ周囲を見て、意見を合わせようとして、自分の意見を言いません。

ひとりが好きな人は自分の意見をしっかり持っているので、意見を言うのです。

また、人の目も気にしないので、きっぱりしていて、それでこそサバサバしているので、言われてもストレスを感じません。

部屋が好き

ひとりが好きな人は部屋が大好きです。

なぜなら、自分の空間だからです。

自分の思いのままに動ける空間だから部屋が好きなのです。

よく友達を入れたがらない人などはもしかしたらひとりが好きな可能性はあります。

また、部屋をいじられることを凄くきらいますので、親であっても合鍵を作ろうとしません。

このように部屋は自分の空間であるのでたとえゴミでも動かされるだけでむっとします。

とにかくそこにいることで心が落ち着くのです。

これが行きすぎると引きこもりになってしまいますが、ひとり好きな人は考えることができたり、趣味を持っているので、引きこもりになることはありません。

これは自分の領域や時間を大切にする習慣からそうなっているのであります。

考え事が好き

ひとりが好きな人は一見するとぼーっとしているような感じの人が多いのですが、これは考えごとをしているのです。

自分の趣味や取り組んでいることに関しては徹底的に考えます。

いざという時に無駄な時間を作りたくないからです。

ひとりでいる時こそあれこれと考えることができるので、最高のことを思いつく可能性があるのです。

このように自分の時間を大切にするので、良い考えなどを思いつくのです。

集団生活が好きな人は相手の顔色ばかりを伺うので、自分で考えようとはしません。

いつも上の意見に良いと言って終わります。

ある意味、トップダウンですが、これからはプルの時代と言われていて、下からの吸い上げが大切になってくるのです。

故に自分の意見や考えを持てる人たちが大切になってきます。

ぼーっとするのが好き

ひとりが好きな人はボーっとすることを苦痛に感じません。

ある意味、気分をリフレッシュできる時間だと思っています。

何も1日中ボーっとしているのではありません。

ちゃんとボーっとする時間を決めているのです。

ひとりが好きな人は無駄な時間を作らないようにします。

そのため、ボーっとする時間などもいつにするのかなどをしっかり決めているのです。

そうとは知らずに見ている人からすれば、ただのボーっとしている人にしか見えませんが、しっかりストレスを開放しているのです。

ただ、ボーっとするだけでも結構貴重なのですよ。

人間は日々いろいろなことを考えすぎていて、いろいろなことに追われていると言われています。

それでは心や体が持ちません。

ストレスが溜まってしまいます。

そうならないためにもボーっとする時間を作りましょう。

マイペース

ひとりが好きな人はマイペースな人が多いです。

とにかく自分の時間を大切にしたい気質なので、他人に時間を支配されるのを嫌がります。

また、電車やバスなどのような時間に左右される公共交通機関なども嫌がる性格なので、車やバイクなど自分で時間を決めることが好きなのです。

マイペースと聞くと、自分よがりな感じの性格のような感じもしますが、そうではありません。

マイペースにも種類があるのです。

自分の時間でことを進めたいという考えがマイペースに近いのです。

ほとんどの方は自分の思い通りにならないと嫌だと思う人をマイペースな人と思う方が多いかもしれませんが、それはマイペースではなく、自己中な人です。

自己中とマイペースは違います。

自己中は自分の思い通りにしたいだけで、マイペースは自分の時間を大切にしている人のことを言います。

決断力がある

ひとりが好きな人は決断力があります。

なぜかと言いますと、人の目を気にしていないのと、誰からもヨイショされていないからです。

集団で生きていると、他人の目を気にしてしまう方が多いので、決断力が乏しくなっている方が結構多くいらっしゃいます。

もしくは決断するのは上の人で、自分たちはその判断に従うのみと言った感じに捉えている人もいらっしゃいます。

しかし、これからは個人の時代とも言われているし、決断できる人がいないとことが前へ進まないことが多々あります。

故に決断力があることは大切なのです。

一見すると協調性がないような感じに見えますが、そうではありません。

自分の意見をしっかり持っていて、また、話すことで相手がどんな反応をするのかと言う感じに相手を見ています。

ひとりを好きになるにはしっかりとした自分の考えを持つことが大切です。

自立している

ひとりが好きな人は自立している人が多いです。

なぜなら、ひとりが好きなので、ひとり暮らしをしたいと言う思いが強いので、自立しようという考えが強いのです。

自立するには収入はもちろんのことですが、自分がどうしたいのかと言った考え方をしっかり持っていないといけません。

ひとりでいることが好きな人は自分の時間を大切にする人が多いので、いかに自分の時間の価値を上げようか考えます。

つまり、1日の計画がしっかりしている人たちが多いのです。

故に自分で計画を立てることができるから自立しているのです。

自分で生活できるようになっている人のことは自活している人と言います。

意外とこの辺を知らない人が多いのです。

ひとり暮らしをしていても、ただ生活している人は自立ではなく、自活ですよ。

ぜひ、自分の時間を大切にして計画を立てるようにしましょう。

ひとり遊びの楽しみ方を知っている

ひとりが好きな人はひとり遊びの楽しみ方をよく知っている人が多いです。

ひとり遊びと言うと、ゲームなどをしている人のように思えますが、実は、ひとり遊びはゲームだけではないのです。

実際、ひとりが好きな人は多趣味な人なので、ひとりで旅に行ったり、ひとりでスポーツしたり、ひとりで料理を作ったりなど、ひとりで出来ることに楽しみを見いだすのです。

普段は集団でしていることでも、実はひとりでしても結構楽しいことがあるのです。

集団でしているからひとりでしている姿を想像出来ないのでひとりで遊ぼうと思わないのです。

しかし、ひとり遊びは人によってはスキルを上げることができる可能性もあるので、意外と大切ですよ。

ぜひ、何かをひとりで遊んでみましょう!

️ひとり遊びのおすすめ

ひとりが好きな人の特徴はいかがでしたでしょうか?実はご自身にもあったと言う方をいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、中でも最もきになったのがひとり遊びではないでしょうか?

ひとり遊びって言われても代表的なものはと聞かれたら、具体的に答えられる人は少ないと思います。

そこでここからは、代表的なひとり遊びをご紹介します。

ひとりが好きな人は、ぜひ、参考にしていただきまして、また、パートナーにそのような遊びが好きな人がいましたら、もしかしたらひとりが好きな人なのかもしれないので、尊重するためにも、どんな遊びが好きなのか把握して置いて損はありませんよ。

ぜひ、しっかり理解しましょう。

たまにはひとりでいたいと思う時には役に立ちますよ。

映画鑑賞

映画は普通デートなどで見に行くのではないのかと思われる方がいらっしゃいますが、実はひとりで見る方が楽しいのです。

なぜかと言いますと、人によって好きな映画嫌いな映画に違いはあります。

いくら付き合っているからと言っても、好きな映画が一致するとは限りません。

故に映画はひとりで見に行くのがベストだと言われています。

映画はテレビと違って個人で楽しむものなのです。

パートナーと一緒にまったり楽しみたいのなら、テレビを見ることをおススメします。

映画はどちらかと言うと、個人で楽しむ感じが強いのです。

ひとりが好きな人ほどよく映画に行きます。

たまにはひとりで何かを楽しみたいと思いましたら、ぜひ、映画観賞をおススメ致します。

ウィンドウショッピング

ひとりが好きな人は、どこかへ出かけることが好きなので、たまに無計画で時の流れに身をまかす感じで出かける方もいます。

それに適しているのがウィンドウショッピングです。

ただ、物を見て買わないと言った感じのショッピングですが、一昔前はお店の方から良い顔ではみられませんでしたが、現在ではお店を好きになっていただくことを目的にしているお店も多く、ウィンドウショッピングに関して柔軟なお店が増えてきています。

故に最近ではウィンドウショッピングをされる方が増えてきています。

また、ウィンドウショッピングをして買いたいものを見つけて買うまでの計画を立てると言った方もいらっしゃいます。

ひとりで行くので買う買わないも自分で判断出来るし、周囲の目を気にすることなくウィンドウショッピングを楽しむことができますよ。

ぜひ、たまにはお一人でウィンドウショッピングを楽しみましょう。

街歩き

散歩などの街歩きはひとりの醍醐味です。

周囲の目を気にすることなく楽しむことができるし、その街のことを知ることもできるのでご自身の成長にも繋がりますよ。

最近ではテレビ番組などでも散歩を扱ったものが増えているので、テレビを見て行ってみたいと思える機会も増えています。

また、街歩きをすることで出会いなど思わぬ突然のチャンスがあるかもしれませんよ。

そんな楽しみがあるのが街歩きです。

街歩きと聞くと趣のある場所をあるかないといけないと言った感じに思っている人が多いですが、そんなことはありません。

家の周囲でも構いませんよ。

もしかしたら、普段見ていなかった部分も見ることができるので、新たな発見があるかもしれませんよ。

ぜひ、街歩きを楽しみましょう!

グルメ巡り

最近では某テレビ局の女子アナウンサーが勢いよく食べる姿などからグルメ巡りが流行りになっています。

しかし、何を食べているのかなどをパートナーに見られるのが嫌と言う人もいますので、最近ではひとりでグルメツアーをされる方もいらっしゃいます。

まずひとりでグルメツアーを楽しむ醍醐味としては、相手を気にせず、自分が好きな物を好きなだけ食べられると言うことです。

グルメツアーをしていくことで、自分が好きなものだけでその町の名産なども食べることができるのでグルメに関して知識を広げることができますよ。

また、グルメに強くなることでパートナーからも良く見られる可能性も広がるので、ぜひ、グルメツアーを楽しみましょう!まずは、人目を気にせずにグルメを味わうためにおひとりで楽しむことをおススメします。

美術館や博物館

美術館や博物館は人に好き好きがあり、また、相手の考えがよくわかる場所でもあります。

そう考えると、実はおひとりで行く方がおススメ出来る場所でもあります。

展示物によっては興味がなかったりして素通りしてしまうこともありますが、ひとりでなら素通りすることはなく、新たに興味を持ってしまうなどといったチャンスになり、知識を広げることができる可能性が高いですよ。

ぜひ、行くところが見つからないと言った方は、博物館や美術館などを候補に入れて見ることをおススメします。

博物館や美術館なら街には必ず1つ2つはあるので行くのにも困りませんよ。

また、そのような場所を知っていると言うだけで、パートナーから良い感じに見られる可能性もありますよ。

️ひとり好きにおすすめな人に会わない仕事

ひとり遊びはいかがでしたでしょうか?

意外とご自身がよくしている遊びなどがあったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしかしたらここまでの説明で、ひとりでいることに憧れをいただいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこでここからはひとり好きな人におススメのお仕事をご紹介します。

ひとりだから力を発揮できるものだったり、ひとりだから上手くいくと言った感じのお仕事が、実は世にはいっぱいあるのです。

今回は大きくピックアップして、6個のお仕事をご紹介しますので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

実はパートナーがそのようなお仕事についていると言った方もいらっしゃるかもしれませんよ。

もしかしたらそのパートナーさんは、ひとりが好きなのかもしれませんよ。

在宅ワーク

一昔前だと内職と言った感じで主婦さんがするようなお仕事でしたが、最近では主婦さんに関係なくしている人が多くいらっしゃいます。

なぜかと言いますと、自分の時間で働きたいと考えている方や、インターネットなどの普及により場所を問わずにできる仕事が増えたからです。

最近では会社に所属せず、フリーランスで働いている人も結構多くいらっしゃいます。

主に在宅ワークとしてはライター業務だったり、テレアポ、相談などがありますが、最近では占いなどをしている人もいらっしゃいます。

ひとりが好きな人の場合はパソコンを使った作業の在宅ワークを好みます。

特別な資格などもいらないので最近では働き方をこちらへシフトされる方も増えてきています。

【在宅ワークにおすすめな仕事は、こちらの記事もチェック!】

ハンドメイド販売

メルカリなどのネットショップが流行したこともあり、ハンドメイドの商品を販売する環境が整っているので、最近ではハンドメイドを販売される方もいらっしゃいます。

以前はご自身で店舗を持たないと販売できないと言った感じではありましたが、現在では、ひとりでも物を販売することができるようになっているのです。

故にこれまではただ趣味で作っていたと言う方でも簡単に販売することができて、なおかつ稼ぐこともできるようになったのです。

ある意味在庫を抱えないコンビ二エンスストアを持っているような感じです。

実は、趣味でいろいろとオリジナルな物を作っているという方は、ネットショップでハンドメイドを販売してみてはいかがでしょうか?おススメしますよ。

【初心者にも作れるクラフトアイディアは、こちらの記事もチェック!】

技術系の仕事

技術系のお仕事はひとりで黙々とするような感じの作業であり、資格なども必要になりますが、ある意味あなたしかできない作業となっているので、特別感がありひとりが好きな人にとっては自分だけが認められた感じがして張り切って仕事をしてしまうのです。

ある意味、あなたにしかできない仕事なのかもしれませんよ。

運転手

長距離輸送などの仕事の場合は運転して移動している時間がまさに自分の時間なので、意外と気楽にお仕事ができますよ。

特に運転が好きなひとり好きの人にはもってこいのお仕事です。

時間に間に合うことさえ気をつければ良いので、そんなにストレスもたまらないお仕事です。

また、タクシー運転手など、運転手にもいろいろとありますのであなたにあったお仕事を選びましょう。

清掃員

掃除のお仕事ですが、場所にもよりますがほとんどが自分ひとりで黙々と行う作業な感じなのでひとりの時間が多いので、変にストレスを感じることはありませんよ。

また、掃除のコツなどもマスターできるので、日常でも役に立つスキルを身につけることができますよ。

警備員

入口にたって警備したり、監視カメラの映像をひたすら見て監視したりなど、複数で差牛することがないので、おひとりが好きな人にはおススメできるお仕事ですよ。

どっしり構えている感じなので、ご自身の成長にも繋がりますよ。

️ひとりで過ごす楽しさ再確認

いかがでしたでしょうか?ひとり好きもいいものと思った人は多いのではないでしょうか?毎日とは言いません。

たまにはひとりになって自分の時間を大切に使ってみてはいかがでしょうか。

きっと新たな自分を発見できるかもしれませんよ。