大好きな恋人に喜んでもらいたい…そんな人は、何か恋人に「相手が喜ぶ、特別な『何か』をしてあげたいな」と思いますよね。

大好きな恋人が喜んでくれたら自分もとても嬉しいし、恋人が笑顔になってくれたらそれ以上に嬉しいことなんてありませんよね!

しかし、恋人に喜んでもらうためには、どんな特別なことをしようか悩んでしまいますよね…本人に聞けたらいいのですが、聞いてしまうときっと「何もしてくれなくても(貰わなくても)、アナタがいるだけでいいよ」と言われてしまいかねません。

今回は、大好きな恋人に特別なことをしてあげたいというアナタのために、おすすめなことをご紹介していきたいと思います!

大好きな恋人に何かしてあげたい!

大好きな恋人に何かしてあげたい!という気持ちはとてもステキなものです。

恋人が喜んでくれる顔を想像するだけでワクワクしますよね。

そのためにプレゼントを贈ろうか、ステキなところに連れて行ってみようかなど、恋人のことを思い浮かべながら考えるのは自分にとっても心が満たされてる時間です。

特別な事をして喜ばしたい

いつものように「いつもステキだよ」「大好きだよ」という言葉をかけると、恋人はいつものように喜んでくれるのは間違いないのですが、いつもと違う何か「特別」なことをして恋人を喜ばせたというときがありますよね。

日常のささやかな幸せもとても大切なものですが、時には相手をビックリさせるような特別なことをして喜ばせてみたいものですよね。

喜ばせたいという気持ちが1番ですが、それ以外にもこれまで見たことのない恋人の一面やリアクションが見られそうでワクワクしますよね!

特別な事をして上げたい時におすすめな事12選

恋人に特別なことをしてあげたいけど、どんなことをしたら喜んでくれるのか悩んでいたり、どんなふうに喜ばそうか迷っているアナタのために、ここでは特別なことをしてあげたい時におすすめの事をご紹介していきたいと思います!
よかったら参考にしてみてくださいね!

1、サプライズ

今や、相手を喜ばせることの定番となった「サプライズ」。

サプライズとは、「驚き」「不意打ち」などの意味があり、その意味のとおり相手には何も知らせずに「何か」をして驚かせて喜ばせる手法です。

恋人にはナイショで、相手にとって「嬉しいこと」を仕掛けます。

恋人は思わぬ起きた出来事に驚きながらも喜んでくれることでしょう。

喜んでくれると、コチラとしてもサプライズを準備した甲斐がありますよね!

サプライズされた側が一番嬉しいのは、そのサプライズで起きた事象よりも、相手が自分のためにここまで手間暇をかけてサプライズをしてくれたという事実が嬉しいのです。

しかし、サプライズは軽いドッキリのようなものなので、人によってはサプライズが苦手であったりキライであることがあります。

恋人を喜ばそうとサプライズをしたいと考えている人は、恋人がサプライズについてどう思っているのかについて何気なくさりげなくリサーチしておく必要があります。

勘づかれるとサプライズではなくなってしまうので、リサーチはあくまで「さりげなく」ですよ!

2、夜景の綺麗なレストランでディナー


いつもはカジュアルなレストランや若者に人気のダイニングバーなどでデートディナーをしているカップルが「特別」を演出するのであれば、ぜひ夜景のキレイなレストランを予約してみてください。

宝石を散りばめたような美しい夜景を眺めながら、リッチで美味しいディナーに舌鼓をうつ…まさに「特別」を感じる、相手が喜ぶディナーとなること間違いなしでしょう。

いつものレストランやダイニングバーもいいですが、「特別」なことをしたいというときは、夜景のキレイなレストランがおすすめです!

夜景ディナーを考えているときは、事前に恋人に伝えといてあげましょうね(ドレスコードがあるレストランの場合は、相手もそれなりの準備がいるので…恋人に恥をかかせないためにも、伝えといてあげましょうね!)

3、手料理を振る舞う

いつもデートでは外食をしているというアナタ、恋人に何か特別なことをしてあげたいというときは「手料理」を振舞ってみてはいかがでしょうか?

先ほどの「夜景のキレイなレストランでディナー」とは真逆の発想になりますが、恋人のために腕によりをかけて恋人のためだけの手料理を作って振舞ってあげてください。

もちろん、味は美味しいほうがいいのですが、恋人が自分のためだけに作ってくれた料理というものはとても嬉しいものです。

普段外食派のカップルなら、男性がやっても女性がやっても恋人に喜ばれること間違いなしの「特別」のおもてなしです。

手料理を振舞うときは、相手のリクエストや食べられないものなどをリサーチしておきましょうね。

4、突然会いに行く

大好きな恋人とはいつでも会いたいと思うものです。

でも大人になると仕事や色んな付き合いなどがあって思うように会う時間や機会を作ることができません。

いつもなら「週末のデートまで会えないのは寂しいな…」と思っているところでしょうが、今週はちょっと時別に、突然恋人に会いに行ってみませんか?

次回のデートまで会えないと思っていた恋人が突然現れて、相手も驚きながらもきっととても喜んでくれますよ!

ただし、人によっては突然会いに来られることが苦手だという人もいます。

いつも忙しくしていて突然会いに来られても困ってしまうという人や、連絡なく予定外のことが起きるのが苦手という人もたくさんいます。

何となく「突然会いに来たらどうする?」「明日の仕事終わり、なんか予定ある?」など聞いておくほうがいいかもしれませんね。

5、愛の言葉を伝える


日本人のカップルは、愛の言葉をささやきあうのがとても苦手ですよね。

特に男性は「愛している」「好きだよ」なんて、告白やプロポーズのとき以外には滅多に口にしないという人も多いはずです。

そんな人が、相手に「特別」を感じてもらうために「愛の言葉を伝える」なんてことをすると喜ばれます。

普段は愛の言葉なんて程遠いアナタが甘い言葉をささやくことによって、相手はその特別な雰囲気に浸り、アナタからの愛情の再確認することが出来てとても幸せなひとときを過ごすことができることでしょう。

「言葉なんて言わなくても、態度で分かってほしい」「好きだから付き合っているのに、言わなくてもわかるだろ」などの察してちゃんもいいですが、たまには言葉で伝えるということもとても大切ですし、2人の愛を深めることができますよ。

6、ラブレターを送る

電子メールやSNSが主流となった現代では、手紙を書くことってかなり減りましたよね。

とても便利な時代になったなと感じる反面、ちょっと情緒がなくなってしまったようにも感じて寂しいですよね。

こんな時代に逆行する感じではありますが、手紙は特別感を出すのにピッタリです。

今や手書きで相手に文章を送るなんてことはありませんもんね。

最近のカップルは長く付き合っていても、やりとりは専らメールや電話なので恋人の字のを見たことがないという人もいます。

そういうカップルからすると、恋人からの手紙というものはとても新鮮ですし、特別な感じがして喜ばれますよ。

また、相手の事を思いながら文字を一つずつ書いていくのは自分の恋人への想いを改めて感じることができますし、自分にとってもいいことばかりですよ。

改めて封筒に住所を書いて切手を貼って投函などしなくても、デートの待ち合わせまで時間がある時などに恋人のことを思い浮かべながら、手紙を書いてみてはどうでしょうか?

デートの終わりのときにそっと手渡しするのもステキですよ。

7、とことん甘やかす

心を許せる恋人に甘えたい…そういう願望はみんな持っているものかと思います。

普段、ぶっきらぼうな感じの態度をとってしまっているというクールなタイプの人は、たまには恋人をとことん甘やかしてみるというのも特別感を出して恋人を喜ばせることができます。

「いつもはベタベタするのキライだって言っているのに!」「甘えるとイヤそうにするのに!」と恋人は驚きながらも喜んでくれることでしょう。

特に恋人が「ホントは甘えたいタイプの人」であればあるほど、とても効果アリですよ!

いつもは手をつないだりしない人なら次回のデートでは積極的に手をつないでみたり、腕を組んでみたりするととても喜ばれますよ。

8、温泉旅行

いつもデートはテーマパークやにぎやかな流行の場所だというカップルは、たまにはちょっと趣向を変えて温泉旅行などに出かけてみてはどうでしょうか?

普段のデートにはない感じで、ステキな特別感を与えることができますよ。

テーマパークや流行の場所はとても刺激があふれていて楽しいものですが、温泉のような穏やかな時間が流れる場所もとても新鮮で落ち着くものです。

いつものデートとは違う空気感や、温泉の癒しなどに恋人もとても喜んでくれることでしょう。

9、花束をプレゼント

ひと昔まえのトレンディードラマでは、男性が女性に愛の告白やプロポーズをするときに愛の言葉とともに「花束」を贈る姿がよく見られましたよね。

今ではあまり花束を贈るという男性は見聞きしなくなりましたが、それを逆手にとって特別感を出すことができます。

買いに行くのも恋人に持っていくの恥ずかしいかもしれませんが、なんだかんだで花束を贈られてうれしいという女性は意外と多いものですよ。

花束そのものがうれしいのはもちろん、恥ずかしながらも自分のために花束を買ってきてくれたという行程も含めて、恋人のことが愛しくなるものです。

普段とはちょっと違う、特別感のある贈り物をして恋人を喜ばせちゃいましょう!

10、手作りのものをあげる

いつも誕生日やクリスマス、記念日などには売っているものをプレゼントしているという人や、何が欲しいか聞いても「何でもいいよ」「何もいらないよ」と恋人に言われて困ってしまう人は、手作りのもとをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

恋人のために作られた世界に1つだけの手作りプレゼントは、まさに「特別」そのものです。

しかし、マフラーや手袋など、日常で身につける系の手作りプレゼントは、いくら恋人からの贈り物とはいえ人によっては嫌がられてしまうこともあります。

出来たら身につける系は避けたほうがいいかもしれません(個人の好みがあるので、リサーチが必要ですね)。

2人のこれまでの思い出が詰まった手作りのアルバムなど、相手が喜んでくれそうな手作りプレゼントを作りましょうね。

11、お弁当を作る

デート時のランチにマンネリを感じているカップルは、次回のデートにお弁当を作っていってみてはいかがでしょうか?

ランチタイムの混みあったお店や、長い待ち列に並ばずに済むし、恋人の手作りのお弁当が食べられるというのはとても特別な感じがして喜ばれますよ!

また、手作りのお弁当は女性だけでなく、男性がやってもグッドです。

むしろ、男性がやった方が更に特別感が増します!

彼氏が自分のために慣れないお弁当を作ってくれるなんて、彼女からしたら嬉しいことこの上なしでしょう。

しかし、彼氏が失敗したことなどを考えて、「お互いが、お互いのお弁当を作る」などして自分も多めにお弁当を作って保険をかけておくといいですよ(笑)

天気のいい日は大きな公園などで手作りのお弁当を広げて、外の空気を感じながら恋人と楽しく会話をしてお弁当を楽しみましょう!

12、2人の思い出の場所に行く

カップルにはそのカップルごとの「思い出の場所」というものがありますよね。

2人が出会った場所、2人が付き合うきっかけになった場所、初めて2人でデートに行った場所などたくさんあることかと思います。

ほかの人にとっては何の変哲もない場所でも、2人にとっては特別な場所なのです。

そんな特別な場所に、たまには恋人と行ってみるというもの喜ばれる方法の1つです。

2人の思い出の詰まった場所は、恋人にとっても特別な場所です。

2人の思い出を語らいながら、ステキな時間を過ごすことができることでしょう。

【番外編】特別じゃないけどこれをすると喜ぶ!

恋人に喜んでほしいというときは、何か喜んでくれそうな特別なことをしようと考える人が多いでしょうが、なにも気合の入った「特別」だけが恋人を喜ばせられるわけではありません。

また、「特別なことをするのがなんだか気恥ずかしい」「相手がサプライズなどの『特別』なことが苦手な人」だというカップルもいることでしょう。

でも、相手はどうにかして喜ばせたですよね。

そういうときは、何も特別な状況を作りださずとも、いつものデートの流れの中で、ちょっと意識して行動して恋人を喜ばせちゃいましょう!

ここでは、そんな「特別ではないけど、コレをすると恋人が喜ぶ」ということをご紹介していきます!

愚痴を聞く

いつも仕事や勉強などを頑張っている恋人ですが、ときには弱音や愚痴を吐きたくなるときだってあることでしょう。

いつも笑顔の人でもストレスや不満が0だということはありません。

そんな中でもいつも頑張っている恋人の愚痴を聞いてあげるだけでも、相手はきっと喜んでくれることでしょう。

特別なアドバイスをすることができなくても、ただ愚痴を聞くということだけでも、愚痴っている相手はかなりスッキリするものです。

普段は空気が悪くならないように愚痴をもらさない恋人には「最近どう?」「今日は何でも話してみてよ」なんて愚痴が話しやすい状況を作ってあげるといいですよ。

ただし、恋人の愚痴を聞くと決めた以上は、その愚痴を否定したり、途中で聞くのを面倒くさがってはいけません。

せっかく愚痴ってスッキリしようとしているのに「それは違うと思うよ」「キミにだって問題があったのでは?」など否定がこもったことを言ってはいけません。

ちょっと「アレ?」と思うことでも、相手が愚痴っているときは話を受け止めるだけにしましょうね。