CoCoSiA(ココシア)

ご教授とはどういう意味?「ご教示」...(続き3)

どちらかというと、レッスンやトレーニングを受ける意味合いが強い言葉です。

その道の大先輩に、その確かな技術を指導してもらいたい際などに使用できる言葉です。

お教えください

「お教えください」とは、その言葉の意味の通り、何かを教えてほしい時に使用できる言葉です。

「教授」や「教示」に比べて、より気軽に使うことができます。

教えてほしい事柄も、幅広く選ぶことができます。

丁寧な言葉なので、もちろん目上の人に使用できます。

会話でも使いやすい表現といえるでしょう。

️「ご教授」の例文

この章では「ご教授」の例文を紹介します。

文章から伝わる意味を理解すれば、どのような時にご教授という言葉を使えば良いかが分かるはずです。

実際のシーンでも応用して使用してみましょう。

主に文面で使用する言葉です。

末永くご教授ください

この、末永くご教授ください、という文章には、ご教授を使用する際のポイントである、長期的に教えを授かりたい、という意味が込められています。

長期的に学問や技芸を授けて欲しい場合のお願いには、「ご教示」ではなく、この「ご教授」を使用しましょう。

お気づきになった点をご教授ください

こちらの文章も長期的な意味合いで使用しますが、より短いスパンで、より気軽に教えを授かりたい場合に使用できます。

目上の人の卓越した知識の助けを得たい場合に使用しましょう。

️「ご教示」の例文

次は「ご教示」についての例文を紹介します。

先ほどお伝えしたように、ご教示はご教授よりも、より広い意味での知識を得たい場合に使用できます。

会話で使用することもできますが、堅苦しくなる可能性もあるので、メールなどの文面で使用することが多い言葉です。

例文も、メールなどでの使用を想定しています。

ご担当の方をご教示ください

こちらは、比較的簡単な内容を相手にお願いする際の使用例です。

例文と似たようなケースは、実際にもありがちな場面といえそうです。

「ご教示」は、このように「ご教授」よりも頻繁に使用する機会がある言葉だといえます。

業務内容をご教示ください

職場や派遣先で使用できそうな例文です。

相手により丁寧な印象を与えることができるので、覚えておくと良いでしょう。

️ご教授の意味を正しく理解して使いこなそう

いかがでしたでしょうか?「ご教授」の意味や使い方はご理解していただけましたか?普段あまり使わない言葉でも、一度覚えておくと、いざ必要になった時に使うことができます。

普段使わない言葉を知っていると、それだけで教養がある印象を他人に与えることができます。

ちょっとした知識が、ライバルに差をつける要素とる可能性があります。

また、新しい言葉を覚えると、思考の幅が広がるので発想が豊かになります。

しばしば斬新なアイディアを元に始めた企画が大成功するように、新しい言葉を増やして発想を豊かにすることは、大きな成果につながる可能性を高めます。

今回お伝えした「ご教授」や、関連する言葉を使いこなし、色々なシーンで活用しましょう。