CoCoSiA(ココシア)

ご教授とはどういう意味?「ご教示」や「ご教授ください」など似た言葉も解説


丁寧な文章や、目上の人に対してお願いをする際に、「ご教授」という言葉を目にする機会があると思います。

このご教授という言葉には、一体どのような意味があるのでしょうか?

漢字を分解すれば、「教える」と「授ける」の二つの意味の漢字に分けることができます。

そこから何となく意味は分かりそうですね。

しかし、正確な意味を知っている人は少ないかも知れません。

今回は「ご教授」の意味と、その使い方、さらに似た言葉である「ご教示」などの意味も解説してゆきます。

実際にこれらの言葉を使えるようになれば、あなたの表現の幅も広がるでしょう。

️「ご教授」についての解説

ご教授という言葉を詳しく知ると、より日本語の表現の幅が広がるのはもちろんですが、思考力も高まります。

思考力が高まれば、仕事や趣味で、より高度な処理も可能となるでしょう。

もちろんご教授という一言だけを覚えるだけではあまり意味はありません。

しかし、今回はご教授に関連付けして色々な条件での使用例や、似たような言葉も同時に学びます。

その結果、ご教授についての理解が深まると同時に、色々な状況をシミュレーションできるので、思考力の向上も期待できるのです。

それではご教授のついて、詳しく理解してゆきましょう。

ビジネスシーンで使われる言葉


ご教授という言葉は、日常生活ではあまり使われませんが、ビジネスシーンでよく使われます。

特に自分が尊敬している相手に対して使用する人が多いでしょう。

そもそも教授とは、学問や技術、芸事などを教え授ける、という意味のある言葉です。

しかし、ビジネスシーンで教えを授ける立場の人が、「教授する。」という上から目線で使うことはあまりありません。

反対に目下の人が教えを授かるために、目上の人に使用するケースが多いようです。

例えば「◯◯課長、◯◯の正しい扱い方について、そのコツをご教授下さい」や「◯◯を正しく理解できたのは、部長が的確にご教授してくださったお陰である」などと使用することができるでしょう。

この教授という言葉は、話し言葉ではなく、書き言葉といえます。

そのためメールや手紙などで使用すると効果的に使用できるでしょう。

学生も使うシーンがある

この教授という言葉は、学生デモ使用できます。

先輩に使用するには少々堅苦しい印象がありますが、先生や教授に対してこの言葉を使用すれば、相手を尊敬している意思が伝わるので効果的です。

例えば「◯◯の見解について、先生がご教授してくださった」などと使用できそうです。

とても尊敬する人がいる場合は、学生も積極的に使用してみましょう。

️「教授」の意味

ここではさらに「教授」の意味について詳しくお伝えします。

教授の意味を詳しく理解することで、自分の生活でもその言葉を的確に使用できるようになるでしょう。

普段はあまり使用しない言葉だからこそ、いざ使用する場面が訪れた際に評価につながる可能性が高まります。

それでは詳しく見てゆきましょう。

学問や技芸を教え授ける

教授という言葉の意味は、先ほどもお伝えしましたが、学問や技芸を教え授ける、という意味があります。

まずはこの意味が基本で、さらに、児童や学生へ知識や技術を授けることで、その発達を促すこと、ともいえます。

また、名詞としては大学などでの研究や教育を行う職の最高位や、その最高位の位がある人物そのものを指します。

人物の教授は、まさに学問や技芸を教え授ける人なのです。

「ご教授ください」とは

教授の使い方の例文でもありましたが、「ご教授ください」とは、授けるとは反対に教えを乞う立場の人が使用する言葉です。

もちろんそれは間違いではなく、実際に使用できる教授の使い方です。

既に深い知識や技芸を持っている人物に、まだそれらの知識がない人が教えを授かるためにお願いするための言い方です。

一般的な軽い意味での教えではなく、そのことを知ることで大きな飛躍や理解が得られるなどのメリットがあるシーンで使える言い方です。

書き言葉として使われやすい表現ですが、実際に会話で使用しても良いでしょう。

その場合も、とても尊敬している相手へ使用することになるでしょう。

目上の人に学問や技芸を教えてほしいときに使う敬語

ポイントは相手が目上であることです。

年齢的に大分年上であったり、その道の大人物に対して学問や技芸を教えてほしいときに使用できる敬語です。

もし尊敬していても、友人のような関係の人や、普段から普通の接し方をしている相手に使用するには堅苦しすぎるでしょう。