丁寧な文章や、目上の人に対してお願いをする際に、「ご教授」という言葉を目にする機会があると思います。

このご教授という言葉には、一体どのような意味があるのでしょうか?

漢字を分解すれば、「教える」と「授ける」の二つの意味の漢字に分けることができます。

そこから何となく意味は分かりそうですね。

しかし、正確な意味を知っている人は少ないかも知れません。

今回は「ご教授」の意味と、その使い方、さらに似た言葉である「ご教示」などの意味も解説してゆきます。

実際にこれらの言葉を使えるようになれば、あなたの表現の幅も広がるでしょう。

️「ご教授」についての解説

ご教授という言葉を詳しく知ると、より日本語の表現の幅が広がるのはもちろんですが、思考力も高まります。

思考力が高まれば、仕事や趣味で、より高度な処理も可能となるでしょう。

もちろんご教授という一言だけを覚えるだけではあまり意味はありません。

しかし、今回はご教授に関連付けして色々な条件での使用例や、似たような言葉も同時に学びます。

その結果、ご教授についての理解が深まると同時に、色々な状況をシミュレーションできるので、思考力の向上も期待できるのです。

それではご教授のついて、詳しく理解してゆきましょう。

ビジネスシーンで使われる言葉


ご教授という言葉は、日常生活ではあまり使われませんが、ビジネスシーンでよく使われます。

特に自分が尊敬している相手に対して使用する人が多いでしょう。

そもそも教授とは、学問や技術、芸事などを教え授ける、という意味のある言葉です。

しかし、ビジネスシーンで教えを授ける立場の人が、「教授する。」という上から目線で使うことはあまりありません。

反対に目下の人が教えを授かるために、目上の人に使用するケースが多いようです。

例えば「◯◯課長、◯◯の正しい扱い方について、そのコツをご教授下さい」や「◯◯を正しく理解できたのは、部長が的確にご教授してくださったお陰である」などと使用することができるでしょう。

この教授という言葉は、話し言葉ではなく、書き言葉といえます。

そのためメールや手紙などで使用すると効果的に使用できるでしょう。

学生も使うシーンがある

この教授という言葉は、学生デモ使用できます。

先輩に使用するには少々堅苦しい印象がありますが、先生や教授に対してこの言葉を使用すれば、相手を尊敬している意思が伝わるので効果的です。

例えば「◯◯の見解について、先生がご教授してくださった」などと使用できそうです。

とても尊敬する人がいる場合は、学生も積極的に使用してみましょう。

️「教授」の意味

ここではさらに「教授」の意味について詳しくお伝えします。

教授の意味を詳しく理解することで、自分の生活でもその言葉を的確に使用できるようになるでしょう。

普段はあまり使用しない言葉だからこそ、いざ使用する場面が訪れた際に評価につながる可能性が高まります。

それでは詳しく見てゆきましょう。

学問や技芸を教え授ける

教授という言葉の意味は、先ほどもお伝えしましたが、学問や技芸を教え授ける、という意味があります。

まずはこの意味が基本で、さらに、児童や学生へ知識や技術を授けることで、その発達を促すこと、ともいえます。

また、名詞としては大学などでの研究や教育を行う職の最高位や、その最高位の位がある人物そのものを指します。

人物の教授は、まさに学問や技芸を教え授ける人なのです。

「ご教授ください」とは

教授の使い方の例文でもありましたが、「ご教授ください」とは、授けるとは反対に教えを乞う立場の人が使用する言葉です。

もちろんそれは間違いではなく、実際に使用できる教授の使い方です。

既に深い知識や技芸を持っている人物に、まだそれらの知識がない人が教えを授かるためにお願いするための言い方です。

一般的な軽い意味での教えではなく、そのことを知ることで大きな飛躍や理解が得られるなどのメリットがあるシーンで使える言い方です。

書き言葉として使われやすい表現ですが、実際に会話で使用しても良いでしょう。

その場合も、とても尊敬している相手へ使用することになるでしょう。

目上の人に学問や技芸を教えてほしいときに使う敬語

ポイントは相手が目上であることです。

年齢的に大分年上であったり、その道の大人物に対して学問や技芸を教えてほしいときに使用できる敬語です。

もし尊敬していても、友人のような関係の人や、普段から普通の接し方をしている相手に使用するには堅苦しすぎるでしょう。

普段から少々緊張するくらい目上の人物に対して使用して、丁度よい言葉といえるでしょう。

スキルや技術を磨くため


とはいえ、あなたのスキル、技術を磨くためには、積極的にこの言葉を使用して、相手から有用な情報や技術を得るべきです。

あまりにかしこまり過ぎてチャンスを減らしてしまっては、もったいないといえるでしょう。

相手に対する敬意はそのままに、積極的に質問をして良い知識を得るようにしましょう。

そうすれば、相手の目上の人と良い関係を保ったまま、あなたの実力は高まってゆくことでしょう。

長期的な教えを受けたいとき

研究や学問の中には一朝一夕では身につかないものや、大きく成果を残すには、どうしても膨大なデータや経験が必要になるものも少なくありません。

芸事でも10年以上師の下で修業を積んで、やっと一人前になるものもあります。

そのような世界では、長期的に師匠や目上の人との良好な関係を維持する必要があります。

そのためには相手を尊敬して気遣う必要があります。

その際に言葉使いも大切になりますが、教授という言葉は、目上の人に敬意を伝える手段として適切な言葉のひとつといえるでしょう。

師匠や先生へ「◯◯の秘訣をご教授ください」といえれば、ただ単純に「教えてください」というよりも敬意がこもります。

そのような言葉使いを真心を持ってすれば、きっと良好な関係を長期間維持して、有用な情報を得て、技術を習得できるでしょう。

師弟関係の絆もふかまるはずです。

️「教示」の意味

ここまでで、「教授」の意味やその使い方、使う相手などについてお伝えしてきました。

この章では教授に近い言葉としてよく登場する、「教示」についてお伝えしてゆきます。

どちらも丁寧な表現であることに変わりはありませんが、後ろの漢字が違うので、意味も変わってきます。

「教授」と「教示」、どちらの意味や使い方も理解することで、より優れた表現が可能になります。

それでは「教示」について詳しくお伝えします。

知識や方法を教え示す

「教示」とは、「きょうじ」と読みます。

「教授」が学問や芸事を教え授ける、という意味であるのに対して、教示は知識や方法を教えるという意味の言葉です。

つまり、より広い意味で物事を教える際に使用できる言葉が「教示」であるといえるでしょう。

「ご教示ください」とは

この「教示」を使用した短文に、「ご教示ください」というものがあります。

この言葉の意味は、「教示」が知識や方法を教える、という意味なので、「知識や方法を教えてもらうようお願いする」という意味のある短文です。

「ご教授ください」が、尊敬する目上の人に対して学問の教えなどを授かる際に用いる文章でしたが、こちらも尊敬語として相手を敬いながら訪ねる際に使用します。

目上の人に知識ややり方を教えてほしいときに使う敬語

「教示」を使う場合は、相手が目上である必要があります。

例えば、上司や先輩、取引先の人間や先生など、幅広い対象に対して使うことができます。

使用範囲は「教授」よりも広いといえます。

また、教授よりもより一般的に使用しやすい敬語であるともいえるでしょう。

自分の知らない知識や情報についてアドバイスをもらう

「教示」は、自分の知らない知識や情報をアドバイスしてもらう際に効果的な言葉です。

ビジネスシーンでもよく使われますし、大学生辺りからはいつでも使用できるように、知識として知っておくと良いでしょう。

比較的ピンポイント的な使われ方

「教示」は、自分が聞きたい内容を、比較的ピンポイントで聞くことができる敬語です。

相手に強く印象を与えることができるので、より正確に、正しい知識を得たい場合に使用すると良いでしょう。

同じような意味のある「お教えください」よりも、知りたい気持ちや、相手を敬う気持ちを伝えられるので便利です。

️メール等での使い分けに注意

「教授」と「教示」は、似たような意味ですが、使い方に違いがります。

使い分けをするための簡単な覚え方は、「教授」が、より専門的な知識や技術を、より長期的に教えてもらいたい際に使用するのに対し、「教示」は比較的一般的な知識を短期的に教えてもらいたい際に使えます。

どちらも使用できるようにしておくと便利です。

️「ご教授」のその他の類語

「ご教授」には、「ご教示」以外にも、似たような意味のある言葉が存在します。

「ご教授」の類語には「ご指導願います」や「お教えください」といったものがあります。

それぞれ使い方がありますので、併せて理解しておくと良いでしょう。

ご指導願います

「ご指導願います」とは、何かの知識を教えてもらうだけではなく、その場で技術的な面を含めて教えてもらいたい際使用する言葉です。

どちらかというと、レッスンやトレーニングを受ける意味合いが強い言葉です。

その道の大先輩に、その確かな技術を指導してもらいたい際などに使用できる言葉です。

お教えください

「お教えください」とは、その言葉の意味の通り、何かを教えてほしい時に使用できる言葉です。

「教授」や「教示」に比べて、より気軽に使うことができます。

教えてほしい事柄も、幅広く選ぶことができます。

丁寧な言葉なので、もちろん目上の人に使用できます。

会話でも使いやすい表現といえるでしょう。

️「ご教授」の例文

この章では「ご教授」の例文を紹介します。

文章から伝わる意味を理解すれば、どのような時にご教授という言葉を使えば良いかが分かるはずです。

実際のシーンでも応用して使用してみましょう。

主に文面で使用する言葉です。

末永くご教授ください

この、末永くご教授ください、という文章には、ご教授を使用する際のポイントである、長期的に教えを授かりたい、という意味が込められています。

長期的に学問や技芸を授けて欲しい場合のお願いには、「ご教示」ではなく、この「ご教授」を使用しましょう。

お気づきになった点をご教授ください

こちらの文章も長期的な意味合いで使用しますが、より短いスパンで、より気軽に教えを授かりたい場合に使用できます。

目上の人の卓越した知識の助けを得たい場合に使用しましょう。

️「ご教示」の例文

次は「ご教示」についての例文を紹介します。

先ほどお伝えしたように、ご教示はご教授よりも、より広い意味での知識を得たい場合に使用できます。

会話で使用することもできますが、堅苦しくなる可能性もあるので、メールなどの文面で使用することが多い言葉です。

例文も、メールなどでの使用を想定しています。

ご担当の方をご教示ください

こちらは、比較的簡単な内容を相手にお願いする際の使用例です。

例文と似たようなケースは、実際にもありがちな場面といえそうです。

「ご教示」は、このように「ご教授」よりも頻繁に使用する機会がある言葉だといえます。

業務内容をご教示ください

職場や派遣先で使用できそうな例文です。

相手により丁寧な印象を与えることができるので、覚えておくと良いでしょう。

️ご教授の意味を正しく理解して使いこなそう

いかがでしたでしょうか?「ご教授」の意味や使い方はご理解していただけましたか?普段あまり使わない言葉でも、一度覚えておくと、いざ必要になった時に使うことができます。

普段使わない言葉を知っていると、それだけで教養がある印象を他人に与えることができます。

ちょっとした知識が、ライバルに差をつける要素とる可能性があります。

また、新しい言葉を覚えると、思考の幅が広がるので発想が豊かになります。

しばしば斬新なアイディアを元に始めた企画が大成功するように、新しい言葉を増やして発想を豊かにすることは、大きな成果につながる可能性を高めます。

今回お伝えした「ご教授」や、関連する言葉を使いこなし、色々なシーンで活用しましょう。