CoCoSiA(ココシア)

双方とはどういう意味?使い方・例文・類語・英語表現や両方との違いなどを解説


双方という言葉はビジネスでも使われることがあり、社会人として知っておきたい言葉のひとつです。

そこでこの記事では、「双方」とはどういう意味で、どういう使い方をする言葉なのか、そして類語や英語表現などについて解説していきます。

この機会に正しく把握できるきっかけにしてみてください。

️双方の意味を説明できますか?

あなたは双方という言葉の意味を知っていますか?

なんとなく理解していても、その意味を正しく説明できる人は少ないかもしれません。

双方という言葉は日常的に使うことは少ないかもしれませんが、ビジネス上で使われることも多く、正しく意味を理解していないと誤解が生じたりと支障が出てくる可能性もあります。

そのため、社会人として、双方という言葉の意味を正しく認識しておく必要性があります。

なので、言葉を正しく認識し正しく扱えるようにしておかなければいけません。

少し丁寧な言い方の言葉

双方という言葉は日常的に使うことは少ないですが、その代わりにビジネス上で用いられることが多く、これは裏を返すとビジネスの場に合った言葉遣いということになります。

つまり、双方という言葉はビジネス上での会話に適している、改まった丁寧な言い方の言葉になります。

ビジネスの上での会話はそれなりに丁寧な言い方が求められます。

友達と話すような言葉遣いはビジネス上の会話では用いられません。

なので、双方という言葉はあまり日常生活の中で使うことは少ないということにもつながっているのです。

この言葉を覚えておけば、ビジネス上で該当する状況の時に簡単に一言で状況を伝えたり言い表したりすることができるようになります。

利便性が高く、便利な言い回しにもなりますので、正しく覚えて使用してみてください。

️双方とはどういう意味?

双方には「①あちらもこちらも」「②関係するもの両方」、「③2つのものを指している」という意味があります。

どのような言葉でも正しい意味を認識していないと正しく扱うことはできません。

なので、まずは双方という言葉の正しい意味をご紹介していきたいと思います。

どういう場合に使用され、どういう状況の時に用いるのに適している言葉なのか、様々な角度から双方という言葉を確認してみてください。

あちらもこちらも

まず双方という言葉には「あちらもこちらも」という意味があります。

具体的に使われる場面としては、例えばビジネスの場面において考えてみると、自分自身の意見を周りに対して発表するような場などがあると思います。

周りの人の意見を聞いたり、自分の意見を発表したりするような中で、お互いの意見を指し示したりするときに双方という言葉を使うことができるということになります。

例えば司会進行の人がお互いの意見を比べたり、お互いの意見を指し示す場合に「双方の意見は~」というような使い方ができるということになります。

このように、ビジネスの場において非常に扱いやすく、利便性が高い言葉になります。

複数の意味を持っている言葉でもありますが、どれも似たような言葉の意味になりますので、セットで覚えておくとさらに双方という言葉を理解しやすくなるはずです。

関係するもの両方

次にご紹介する双方という言葉の意味は「関係するもの両方」です。

関係するもの両方というものは様々なことに対してあてはまて考えることができます。

例えば、先ほどご紹介したビジネスの例に関してもそうですが、ビジネスに関する両方の意見という考え方をしてみると、この意味合いに該当するようになるはずです。

また、二人でチームを組んでいる場合、その二人を関係性がある二人と認識して双方という言葉で表現することも可能になります。

なので、さまざまな場合や状況で使用することができる利便性の高い意味合いでもあります。

特に限定されるような使い方や意味ではありませんので、難しく考える必要性はなく、関係している両方の存在が該当する状況であれば使用することができます。

2つのものを指している


次にご紹介する双方という言葉の意味は「2つのものを指している」です。

もともと双方という言葉は二つのことに対して指し示す言葉でもあります。

なので、当然ながら根本的な意味としては「2つのものを指している」ということが大前提に考えられる意味になるのです。

例えば、先ほどのビジネスの例に関しても2つの意見に対して双方という言葉を使用していますので、2つのものを指しています。

また、ペアを組んでいる人に対して使用する場合も、ペアの二人に対して使用している言葉になりますので、これもまた同様です。

あくまで2つのものを指し示す場合に使用されるものであり、それ以上のものの場合などには使用することはありませんので、使い方には十分注意しておきましょう。

️双方の使い方と例文

双方という言葉は利便性が高い言葉ではありますが、使い方を注意しないといけない言葉であるということがお分かりいただけたと思います。

双方という言葉の使用状況を理解いただけたところで、ここからは双方という言葉の使い方を改めて例文を交えてご紹介していきたいと思います。

実際に文章として使用する場合に、どのように使えばいいのかわからないと正しい使い方ができません。

なので、正しい使い方、正しい文章の組み合わせ方などについても意識して使い方を確認してみてください。