人には様々な性格があります。

強気な人もいれば繊細な方もいるでしょう。

高飛車な人もいれば、優しい人だっているはずです。

それらの性格は1つ1つ独立して存在しているわけではありません。

それぞれが影響し合うことによって、その人本来の性格を作り出しているのです。

だからこそ、どんな性格があるかどうかは、その人自身の内面を決める上で重要なポイントとなります。

そんな性格の中には『短所』と認識されている性格もあります。

その性格がある事によって、他の人から嫌われたり煙たがられてしまう事もあるかもしれません。

そんな場合、その性格を改善する必要があるのです。

自分自身の性格はそう簡単に変えられるものではありません。

ですが、改善ポイントを知ることによって、多少良くすることは出来るかもしれません。

まずは努力して見ることが大切です。

短所と言われる性格は色々なものがあります。

そんな中から、今日は『優柔不断』の改善方法についてご紹介させて頂きます。

️短所にありがちな優柔不断

性格の中で『優柔不断』と言う言葉が出てくると、どうしてもマイナスなイメージになってしまうことでしょう。

他人から『優柔不断だね』と言われて良い気持ちになる方は居ないのでは無いでしょうか。

それだけ、優柔不断とは短所となりやすい性格なのです。

優柔不断のひとが周りに居ると、決まるものも決まらなくなります。

迷惑と感じる事も仕方がないのかもしれません。

また、自分自身も優柔不断な性格に対して嫌気がさす事だってあるでしょう。

どうしたらその優柔不断な性格を改善することが出来るのか。

その解決方法を知ることによって、その後の人生を変える事だって出来るかもしれません。

性格を変える事は簡単なことではありません。

ですが、変わりたいと思えば必ず変わる事が出来るはずです。

是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

優柔不断はモテない


優柔不断な性格の場合、様々な面で損をする事があります。

それが如実に現れるのが恋愛の部分です。

恋愛は駆け引きが重要だと言われます。

しかし、もっと重要な事があります。

それはタイミングです。

例えお互いにいい雰囲気になったとしても、そのタイミングを逃してしまえばうまく行くものも上手くいかなくなってしまいます。

だからこそ、恋愛をする為にはタイミングを逃さない事が重要なのです。

ですが、優柔不断な人の場合そのタイミングを逃してしまう傾向にあります。

『今だ!』と言う時にも、ついグズグスまでと考えてしまい前に進む事が出来なくなってしまうのです。

そうしているうちに、相手から愛想を尽かされてしまう事もあるでしょう。

人の気持ちは変わるものです。

後から後悔してもどうにもならない事が多々あるのです。

後から後悔しない為にも、優柔不断な性格を改善するよう行動するべきです。

仕事や就活でも不利になる

最近では、一昔前に比べれば就職活動も随分楽になったと言われて居ます。

だからこそ、氷河期と言われた時代と比べればとても就職しやすい時代と言えるでしょう。

ですが、就職しやすくなったとは言え誰もが自分の好きな場所に簡単に入る事が出来るわけではありません。

人気の企業に入る為には、やはり努力をしたり自己アピールを積極的に行う必要があるでしょう。

にも関わらず、優柔不断な人の場合はまずどんな企業に入ったらいいのか分からず悩む事になるでしょう。

あっちも良いけど、こっちも良い。

目移りしている間に、希望の職種はどんどんとなくなってしまう事でしょう。

例え面接を受けたとしても、自己アピールをしっかりと行う事が出来なければ面接を突破する事は出来ません。

優柔不断な方は、面接官かの質問に対してもうまく答える事が出来ない場合もあるでしょう。

ハッキリとした意見を言えないせいで、相手にいい印象を与える事が出来ない事だってあるかもしれません。

例えいい物を持っていたとしても、それを相手に伝える事が出来なければまさに宝の持ち腐れです。

必要なのは決断力!


人生には大切な決断を必要とする瞬間がやってきます。

その時に、優柔不断を発揮してグズグズ悩んでいると決まるものも決まらなくなってしまいます。

そのせいで自分にとって不利益を被る事もあるかもしれません。

時には、すっぱり決める事が大切な時もあります。

大きなことを決断する事に対して抵抗を感じる事もあるでしょう。

自信が無く、決めかねる気持ちも十分分かります。

ですが、あなたの人生はあなたの物です。

だからこそ、他の人の意見に惑わされる事なく、自分自身で考える事が重要なのです。

もしかしたらその決断のせいで後悔する事があるかもしれません。

ですが、何もできずに後悔するのであれば、何か自分で行動を起こしてから後悔したいものです。

その為にも、優柔不断な性格を治す事はとても重要な事でしょう。

️優柔不断を改善して決断力のある人になる11個の方法

それではここからは優柔不断な性格の改善方法をご紹介させて頂きます。

人によっては、全く効果を発揮しない場合もあるでしょう。

ですが、それと同じ位効果を発揮する人もいるでしょう。

どんな方法があなたに向いているかは分かりません。

だからこそ、様々な方法に挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分なりの方法を知る事によって、自分の性格との向き合い方について気が付く事が出来るようになるかもしれません。

自分に自信を持つ

優柔不断な人の場合、多くの人が自分に自信がありません。

自信が無いからこそ、意見を決める事が出来るに悩んでしまうのでしょう。

だからこそ、まずは自分自身に自信を持つ事が必要です。

自分を信じて上げる事が出来ない事は寂しい事です。

例え根拠の無い自信だったとしても、自らを信じる事は優柔不断の人には効果的な方法です。

【自分に自信を持つ方法は、こちらの記事もチェック!】

結論から話す

自分の意見を伝える事は、意外と難しいい事も多々あります。

自分では分かりやすく話しているつもりなのにも関わらず、相手に伝わらないと言った事もあるかもしれません。

それは相手とあなたとの波長がって居ないのかもしれません。

あなたが話す言葉以上の速度を、その人が求めているのであれば全ての内容を聞く事は出来ません。

途中でイライラしてしまい、最後まで聞く事が出来ない事もあるでしょう。

そうなってしまいそうな時は結論を始めに伝えてしまいましょう。

そうする事で、相手落ち着いて話を聞く事が出来るはずです。

主体性を持つ

主体性とは、どんな状況においても自分自身で決断して決める事が出来る事を指します。

つまりは、優柔不断なひとと真逆な存在と言う事になります。

主体性を持つ事が出来れば、おのずと優柔不断は改善する事が出来るでしょう。

自分の意見をきちんと持つ事は重要な事です。

経験から考えて導き出す

長い時間を生きれば生きる程、様々な経験をする物です。

その名かにはあまり思い出したくもない記憶もあるかもしれません。

失敗の記憶を消してしまいたいとさえ思う事もあるでしょう。

ですが、その経験こそが大事あのです。

優柔不断な人は、自分の考えに自信を持つ事が出来ません。

ですが、一度経験した事と同じ内容ならどうでしょうか。

結果が想像しやすいので、いつもよりも多少安心する事が出来るのでは無いでしょうか。

根拠の無い自信を持つ事は難しい事です。

ですが、少しでも根拠があればそれに対して前向きに過ごす事も抱きます。

生活をパターン化する

優柔不断と言う事は、それだけ多くの選択肢があると言う事の裏返しなのかもしれません。

だからこそ、その選択肢を狭めてしまう事も優柔不断を改善する為には重要な方法です迷う程の選択肢が泣ければ、あるものから選ぶ事によって、優柔不断を改善する事が出来るかもしれません。

例えば、掃除・洗濯など普段の生活の中で行うことを既に固定化してしまうのです。

パターン化する事によって、優柔不断になることすら避ける事が出来るようになります。

曜日毎に覆える事によって、子供から落としよりまで自分の出来る事を前向きに挑戦する事が出来るようになる事でしょう。

失敗を怖がらない

生きている限り、時には失敗をしてしまう事もあるでしょう。

そのせいで落ち込んで、もう何もかも全部嫌になってしまうなんと言う事だってあるかもしれません。

ですが、失敗を恐れていてな何も始まらないのです。

自分自身の成長を希望
するのであれば、失敗から何かを学ぶと言う事も大切な事なのでしょう。

失敗は悪い事ではありません。

確かに落ち込んだり起こられたりする事もあるでしょう。

ですが、そんな時も後から考えれば全てが自分の役に立つ時がやってくるはずです。

だからこそ、失敗を前向きに捉え積極性をもって行動してみてはいかがでしょうか。

口癖を治す

言葉には力があります。

だからこそ、普段からの言葉遣いがとても大切になる事もあるのです。

例えば、ネガティブな意見ばかり言っていると性格までネガティブになってしまいます。

それと同じように、優柔不断な発言ばかりしていると本当に自分の心まで優柔不断になってしまうのです。

もしかしたら、人によってはあえて優柔不断な意見を言っているのかもしれません。

他人との争いを避け、無難な道を選だ、結果なのでしょう。

たしかにそうする事によって、直接的な争いを避けることは出来るかもしれません。

ですが、そうした所で得るものは何も無いでしょう。

自分の意見を言わずに、その場の雰囲気に合わせて過ごしていても少しも身にはなりません。

自分の気持ちをしっかり伝える事が大切な事なのです。

「まあ…」「多分…」「えっと…」など

こう言った曖昧な発言は、相手にとても不快な印象を与えます。

はっきりして!と思われてしまったとしても仕方ないでしょう。

自分では全く意識していなくとも相手を不快な気持ちにさせてしまう事もあります。

気をつけてください。

また、一度癖になってしまうと、口癖とはなかなか取れないものです。

だからこそ、その言葉を、普段から使わないように意識しておく事が大切な事なのかもしれません。

否定を意味する言葉を使わない

マイナスか言葉も同様です。

何か前向きな意見が出ているのにも関わらず、常に「でも」「だって」と話していると一緒に居る人も嫌な気持ちになってしまうでしょう。

単なる口癖なのかもしれませんが、それがある事によってあなたの気持ちもまた、ネガティブな方向に動いてしまう事もあります。

自分自身が傷つかないように話している言葉であったとしても、結果的に自分の可能性を否定している事になってしまうのです。

人はいつだって変わる事が出来ます。

大きな可能性をもっているのです。

だからこそ、そういったネガティブな発言は控えましょう。

「でも」「しかし」「だって」

これから、全て否定の言葉です。

日常的に否定的な言葉を使っていると、無意識のうちに他の人の意見を全て否定している事になります。

自分では全く悪気がないとしても、相手からしてみれば不快な思いを感じる事も多々あります。

そのせいで、相手から嫌われてしまう事だってあるので。

一度離れた関係はなかなか改善する事が出来ません。

後から後悔しない為にも、普段の言葉遣いを、しっかりと意識しましょう。

迷ったら両方選ぶ

優柔不断は、あまり良いとは言えません。

どちらが良いか決断をする事も大切な事でしょう。

ですが、ものによっては、必ずしもどちらか一方だけしか選んではいけないというものばかりではありません。

だからこそ、どっちが良いか迷ってしまったら両方手にする事もまた1つの選択肢です。

1つしか選ばずに後悔するのであれば、もう一つ選んでしまえばいいのです。

選んだ事によって大変な部分も出て来てしまうかもしれません。

ですが選ばずに後悔するのであれば結局は同じ事なのではないでしょうか。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

評価や口コミを気にしすぎない

最近では、なんでもかんでも口コミです。

SNSなどから普及した事によって、多くの意見を簡単に知る事が出来るという利点もあるのでしょう。

ですが、利点の裏には必ず難点があるのです。

多くの人の意見を知る事が出来るようになった反面、その意見に振り回されてしまう事も
出てきて居ます。

そのせいで、自分が穏当はどうしたら良いのか分からなくなって居るのです。

だからこそ、優柔不断になってしまうと言う人も居るでしょう。

人の意見はあくまでも人の意見。

その気持ちの切り替えができるかどうかが大切なのです。

それをする事が出来ない人は、出来るだけ他人の意見を見ないことも必要です。

決断までの秒数を決める

自分自身で優柔不断と自覚がり、それを改善したいと思っているのであれば決断までの
時間を決めましょう。

そうする事により『決めなければならない』というプレッシャーによって頑張る事が出来るのです。

自分の気持ちを前向きにするには、いかに完結的に決める事が出来るかを自分自身で考えていかねばなりません。

️決断力のある人は頼り甲斐がある!

決断力がある人は、それだけ人をまとめる力があります。

多くの人が、その人の話を聞き統制を取る事だって可能でしょう。

自分の意見をしっかりと持ち、周りの人にまできを配る事が出来る決断力のある人は、正に頼れる兄貴分と言った所でしょうか。