私たちが日常的に使用している言葉の中には、なんとなく意味はわかっているけど具体的に説明を求められた時にうまく説明することができないような言葉がいくつか存在しています。

ある程度の意味を理解しておけば意思疎通をする点においても問題はないかもしれませんが、具体的な説明を求められた時に説明をすることができないのであれば、それは正しく理解していないということと同じ意味になってしまうのかもしれませんね。

そこで、今回は意味があいまいになってしまいがちな言葉を中心的に、具体的な意味や使用方法などをご紹介していきたいと思います。

今回のテーマは終日という言葉です。

終日という言葉がどのような意味表しているのか、そして使い方や用例、似た言葉などを理解していただき、もしも終日の意味があいまいになってしまっているのであれば、正しい認識を持てるようなきっかけとして活用してみてください。

終日とは

あなたは終日という言葉がどのような意味を持ってる言葉なのか正しく理解していますか?
終日という言葉は頻繁に用いられる言葉かと言われるとそうではありませんが、かと言って全く使用されないような言葉とは言えません。

なぜならば、ビジネスの場面においても、プライベートの場面においても聞いたりする機会というものは存在する可能性が十分考えられるからです。

もしもその時に正しい意味を理解していなかったり、なんとなくの理解しか及んでいない状態だった場合、場合によっては困ってしまうような状況になる可能性などが考えられます。

なので、言葉の意味を正しく知るということは自分自身の知識を増やすという意味でも、自分自身が困らないような状況を作り出すことができるという意味でもとても大切なことです。

だからこそ、終日という言葉の意味を知らない方はこの機会に正しい認識を持てるようにしてください。

終日の意味とは

おそらく多くの方が終日という言葉の意味を知っていると思います。

先ほども伝えしたように、普段頻繁に聞いたりすることはないにしても、人生で必ず何度か聞いたことがあるような言葉でもありますので、理解している可能性が高いからです。

しかしながら、場合によってはあまり終日という言葉を聞いたことがないという方もいるかもしれませんし、年齢がまだ幼い方に関しては意味を理解していない可能性もあります。

なので、終日という言葉をマスターしていただくために、まずは終日という言葉の使い方などの前に意味を簡単にご紹介していきたいと思います。

意味を理解していないと、使い方などを知ったところで知識としてインプットすることは難しいと思いますので、まずは正しい意味を理解しそこから使い方などの応用をご紹介します。

意味以外にも、関連した知識などにも触れていきたいと思いますので、意味を知っているという方でも知らない内容があればこの機会に併せて覚えておいてください。

一日中

終日という言葉の意味としては「一日中」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、文字通り一日中を表現したりする場合に終日という言葉を使って表現ができるということです。

つまり、一日中遊んで終わったという言葉を、終日遊んで終わったという言葉に変換できるということです。

また、一日中という言葉以外にも、表現できる言葉がいくつか存在しています。

例えば「朝から晩まで」という言葉に言い換えることなど可能であるということです。

これまでの人生で終日という言葉を何度か聞いたことがあると思いますが、終日という言葉が用いられたりする場合にはこれらの意味が一般的な意味として用いられていますので、これを正しく理解しておくことで、その場の状況に適した言葉遣いをすることができるようになりますので、正しく覚えておいてください。

終日の読み方


終日という言葉の基本的な意味をご紹介いたしましたが、ここからは終日という言葉の読み方について触れていきたいと思います。

あなたは終日という言葉をどのように読みますか?

おそらく、大多数の方は一通りの読み方しか想像することができないと思います。

逆に、他の読み方で読むことができるということを知らない方の方が圧倒的に多いと思います。

終日という言葉に関しては、あまり知られていませんが実は複数の種類の読み方が可能な言葉としても知られているのです。

そこで、さらに終日という言葉に関する知識を増やしていただくために、簡単に終日という言葉の複数の読み方についてご紹介していきたいと思います。

これを知っておくことによって、場合によっては周り博識だと思われる可能性もありますし、うまく言葉を理解することができるようになれますので、知らない方は一つの知識として覚えておきましょう。

しゅうじつ

まずはじめにご紹介する終日という言葉の読み方は「しゅうじつ」という読み方です。

これに関しては終日という言葉の読み方の中でもかなり一般的な言葉として考えられていると思います。

むしろ、この読み方しか知らなかったという方の方が圧倒的に多いと思います。

おそらく日常的な会話で終日という言葉を用いたりする場面を想像してみても、この読み方で用いられたりする事が当たり前であり、それ以外の読み方で呼ばれたりすること自体がほとんど存在していませんので、他の読み方を知らなかったとしても知らないでも無理はありません。

この読み方で使われる場合一般的に考えて先ほどご紹介した1日中という意味や、朝から晩までという意味で使われたりすることがほとんどなので、もしもしゅうじつという言葉の読み方を知らなかった場合は、まずはこれがスタンダードな読み方であるということを覚えておいてください。

ひもすがら

次にご紹介する終日という言葉の読み方は「ひもすがら」という読み方です。

人によってはかなり驚きを隠せない人もいるかもしれませんが、実は終日という言葉は「ひもすがら」という言葉で読んだりすることができる言葉でもあるのです。

おそらく聞いたことがあるという方はほとんどいないかもしれませんが、ひもすがらと呼ばれるのには意味が存在しています。

なぜ終日という言葉がひもすがらと呼ばれるのかと考えたときに、まず原型としてはひもすがらのひもという言葉が日も、という言葉になっています。

そして、日もという言葉に「すがら」という言葉がついて、それが変化したものがひもすがらという言葉になっているのです。

日もという言葉はなんとなく意味が分かると思いますが、すがらという言葉に関しては知らない方もいるかもしれませんので簡単に触れると「初めから終わりまで途切れることがないこと」を意味している言葉になります。

つまり、ひもすがらとは「日の初めから終わりまで途切れることがないこと」という言葉に直訳できますので、結果的に朝から晩までという意味として考えることができるのです。

つまり、先ほどご紹介した終日という言葉の意味と同じ意味で解釈をすることができるので、別の読み方として考えることができるということになるのです。

ただ、お気づきの方もいると思いますがこれは比較的昔の人の呼び方として知られています。

なので、現代においてこのような訳し方で終日という言葉が呼ばれたりすることはあまりありませんので、あくまで知識の一つとして覚えておいてください。

ひねもす

次にご紹介する終日という言葉の読み方は「ひねもす」という読み方です。

ひもすがらという言葉だけでも不思議に感じるのに、さらにひねもすという読み方ができるといわれると混乱してしまう方も多くいるかもしれませんが、この読み方も一般的に考えてそこまで多く用いられるような表現方法ではありません。

また、そこまで難しく考えなくても理解をすることができるような言葉の読み方になっています。

なぜならば、先ほどご紹介したひもすがらという言葉に大きく関連した言葉の読み方になっているからです。

具体的には、終日という言葉がひもすがらという言葉で読まれた時に、ひもすがらという言葉では長いので、短く省略された別の言葉で表現しようと思った時にひねもすという言葉が使われたという語源が存在しているからです。

つまり、ひもすがらという言葉の短いバージョンがひねもすという言葉である、ということになるからです。

ちなみに、このひねもすという言葉は余談ですが、かなり歴史のある言葉としては知られており、歴史の勉強する上で欠かせない単語である万葉集においてもこのような読み方で終日という言葉が使われたいたことでも知られています。

現代においてこのような読み方をしたりすることがほぼないと思いますが、先ほどご紹介したひもすがらという言葉と同じように、知識としてだけ理解しておくようにしておきましょう。

終日の対義語

ここまでは終日という言葉の読み方についてご紹介していきました。

ある程度終日という言葉の基本的な読み方を理解いただいたところで、ここからは更なる知識として終日という言葉の対義語について触れていきたいと思います。

言葉の意味をしっかりと唱えるだけではなくなく、その言葉の対になる言葉はどのような言葉なのかということまで知識としてインプットしておく事によって、しっかりと言葉の意味を理解することができるようになります。

また、その反対の言葉もしっかりと関連付けて理解をしておく事によって、様々な状況で上手な言葉の引き出しを作り上げることができるようになりますので、自分自身のトークスキルが向上するというメリットも得ることができます。

なので、それを踏まえた上で終日という言葉の対になる対義語についても理解を深めておくようにしてください。

よもすがら

終日という言葉の対になる存在である対義語にはどのような言葉が存在しているのかと考えたときに、該当する言葉としては「よもすがら」という言葉が挙げられます。

おそらく名前を聞いただけでなんとなく理解をすることができる方も多いと思うのですが、先ほどご紹介した終日という言葉の別の読み方でもある「ひもすがら」という言葉にかなり似ていると感じた方もいると思います。

それを感じ取ることができればおそらく説明するまでもなく簡単に理解をすることができると思いますが、そもそも先ほどご紹介した「ひもすがら」は、日もすがらという言葉として訳すことができます。

それに対して今回ご紹介している「よもすがら」という言葉は夜もすがらという言葉として解釈することができるのです。

日もすがらという言葉が一日中、朝から晩までという意味として解釈できるのに対して、夜もすがらという言葉は「夜通し、一晩中、夜通し」という意味として解釈することができます。

つまり、結果的に考えてよもすがらという言葉はひもすがらという言葉の完全なる対義語であると考えることができるのです。

しかしながら、この読み方に関してもかなり以前の読み方として知られていますので、現代においてはなかなかこの世の読み方で呼ばれることはありませんので、ひもすがらという読み方と同様に知識としてだけ理解しておくようにしてください。

終日とはどんな状況?

終日という言葉を考えたときに、あなたは終日という言葉がどのような状況を示している言葉なのかということを正しく理解していますか?

言葉通りの意味を想像していただければ、理解はできると思いますが、前後の文章などによって若干意味合いなどは異なる可能性があります。

なので、終日という言葉が表現できる状況についてここからは詳しく触れていきたいと思います。

もちろん意味合いとしては朝から晩まで、一日中という意味で使われたりするのですが、具体的な訳し方なのは変化する可能性がありますのでその変化の部分を理解するという意味でこれからご紹介する内容を考えてみてください。

ひとつの事柄に対して夜から朝まで続く状態


まずはじめにご紹介する終日とはどんな状況なのか?ということですが、該当する状況としては「ひとつの事柄に対して朝から夜まで続く状態」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、終日という言葉の基本的な意味を理解していれば難しくないことだと思いますが、終日という言葉は一日中、朝から夜までという意味が含まれています。

つまり、何かの事柄に対して朝から夜までずっとそれが続くような状況で用いることができるといえるのです。

あなたのこれまでの人生の中で朝から夜まで同じことをずっと行っていたという経験が必ずあると思います。

例えば、過去これまでの人生の中で朝から夜までずっと寝続けたような経験をしたことはありませんか?

気づいたら夜になっていて結局その日は一日中寝て過ごして何もすることがなかったというようなことがあると思いますが、そのような時には終日寝て過ごしたという言葉で表現することができるはずですし、表現しても違和感を感じませんよね。

なので、終日という言葉を表現する場合「ひとつの事柄に対して夜から朝まで続く状態」という状況を言い表すことができるということになるのです。

はじめと終わりのある特定の時間内での状態

次にご紹介する終日とはどんな状況なのか?ということですが、該当する状況としては「はじめと終わりのある特定の時間内での状態」ということが挙げられます。

これはどういうことなのかと言いますと、先ほどご紹介した状態とは少し意味が異なっています。

先ほどご紹介した状態に関しては、文字通り朝から晩までずっとそれが続いてるような状況を示してるのに対して、今回ご紹介している内容は徳千絵の時間内での状態のみをあらわしているので、必ずしも朝から晩までの状態を言い表しているような言葉ではありません。

つまり、区切られた時間内の中での状態のみを言い表しているような状態だと理解していただければわかりやすいはずです。

例えば、あなたが営業関係の仕事を行っているとして、ある日の仕事はずっと外回りの仕事をしていたと考えみてください。

そうなった時に、当然ながら仕事の時間中のみの話になりますので、朔の中の8時間程度での状態にはなりますが、それでもはじめと終わりのある特定の時間内での状態に当てはまりますので、「今日は終日外回りでした」という言葉で表現をすることができるということになるのです。

一般的な表現方法の中に含まれており、このように表現をしても違和感を感じたりすることがないと思います。

なので、終日という言葉で証言できる状況としてははじめと終わりのある特定の時間内での状態を言い表すことができるということになるのです。

どんなときに終日を使う?

終日という言葉を使う歳には、どのような状況が該当するのかということをご紹介しましたが、ここからは終日という言葉がどのような場合に使用することができるのかということについて触れていきたいと思います。

どのような時に終日という言葉を使うことができるのか?ということを正しく理解していないと、正しい状況で終日という言葉を使うことができませんので、結果的に間違った使い方をしてしまう可能性が生まれてしまいます。

そうなってしまいますと相手と言葉のやり取りをスムーズに行うことができなくなってしまいますので、必ず使うことができる場面を正しく理解するようにしてください。

時間的に制限のあるものに対して使う

ご紹介する終日という言葉を使うことができる場面としては「時間的に制限のあるものに対して使う」という場面が挙げられます。

これは具体的にどういうことかと言いますと、終日という言葉が使われたりする状況を色々考えてみてください。

おそらく、終日という言葉を使って違和感がない状況に関しては、全て時間的に制限があることに対して使われていると判断をすることができます。

例えば、終日会社に戻らないという言葉を考えてみても、会社の勤務時間という時間において制限が存在していますよね。

また、終日遊んですごしたという言葉を想像しても、一日という時間の制限が存在しているのです。

これがもし、極端な話一か月や一年、もしくは人生レベルになって考えてみると、終日という言葉で表現するには少し違和感を感じるような結果になってしまいますよね。

なので、終日という言葉を使う際には「時間的に制限のあるものに対して使う」ということが該当する条件になりえるということになるのです。

終日と全日の違いとは

終日という言葉とかなり似ている言葉として全日という言葉が存在してます。

人によっては同じ意味として解釈している方がいるかもしれませんが、注意しておかなければいけないのが、この二つの言葉は同じ意味としては解釈することができません。

確かにこの二つの言葉がかなり似ている言葉ではありますが、具体的な意味などに関しては若干の違いが存在している言葉になりますので、区別して考えておかなければいけません。

そこで、簡単に終日という言葉と全日という言葉の違いについて触れていきたいと思います。

終日は始発から終電までの一日

終日と全日の違いを考える上で、分かりやすく説明するために時刻表で考えてみると、終日という言葉が表している意味としては始発から終電までの1日のことを意味しています。

つまり、朝から晩までの全ての電車のことを意味していますので、それが終日という言葉の意味として解釈することができます。

しかしながら、全日という言葉はこの意味とは違っており、全日という言葉の意味は「土日祝日など運行や運休などの一年」を表している意味になります。

つまり、一日のことを指しているのか、それとも複数の日のことを指しているのかということがこの言葉の違いになるのです。

なので、この二つの言葉はまったく違う意味なのに、この言葉を同じ意味として解釈してしまうと大きなミスが発生したりする可能性が生まれてしまいます。

なので、この二つの言葉の意味の違いを理解していなかった方は必ずこの機会にこれらの意味を正しく理解できるように覚えておいてください。

終日の使用例とは

終日という言葉に関する知識を一通り理解いただけたところで、ここからは終日という言葉を実際に使用する場合、どのように使用するのかということを例文と一緒にご紹介していきたいと思います。

意味を理解していても使い方を理解していなければ、正しく終日という言葉を理解したとは言えませんので、意味と使い方を正しく理解し、相手と意思疎通が行えるようにしてください。

基本的な意味さえ理解していればそこまで難しくない例文ばかりですので、覚えた例文を日常生活で積極的に使用してみましょう。

病院構内は終日禁煙になった。

まずはじめにご紹介する終日という言葉を使った例文は「病院構内は終日禁煙になった。」という例文です。

この例文においては病院の中が朝から晩まで禁煙の状態になってしまったということを表している例文になります。

先ほどのお伝えしたように終日という言葉は「ひとつの事柄に対して朝から晩まで続く状態、もしくははじめと終わりのある特定の時間内での状態」で使用することができる言葉でもあります。

なので、朝から晩まで、もしくは病院のある特定の時間に禁煙になってしまったという状況であれば使用することができるといえます。

昔は病院でもタバコを吸ったりすることはかなり当たり前に行われていたのですが、今では世の中全体がタバコに対して健康に悪影響を及ぼす存在であるという認識を持っています。

なので、健康維持するために通う必要性がある病院においてタバコを吸ったりすることができるスペースの提供したりすることに対して問題使用している風景も存在しています。

それも踏まえて考えてみると今の時代は病院の中では基本的に禁煙になっており、病院の敷地内全てが禁煙になっているということもかなり当たり前な時代になってます。

なので、タバコを吸うことができないような病院、もしくは特定の時間内での状態としてタバコを吸うことができないような状況に陥ってしまった場合にこのような例文を用いることができるようになります。

これは必ずしも病院に関することではなく、様々な場所でも同じような状況は考えることができますので、それさえ理解しておけば様々な状況でこのような例文を使って状況を表現することができることになりますので覚えておいてください。

本日部長は終日外出しております。

次にご紹介する終日という言葉を使った例文は「本日部長は終日外出しております。」という例文です。

この例文を使用する状況としては、会社などにおいて担当者が存在するかどうか確認されたときに返答する例文として考えることができます。

この例文に関しても先ほどと同様に「ひとつの事柄に対して朝から晩まで続く状態、もしくははじめと終わりのある特定の時間内での状態」で使用することが出来る状況を踏まえて考えてみると、部長は今日は仕事の時間帯はずっと外出をしているため、終業時間まで戻ることはありませんという意味で解釈することができます。

場合によっては直行直帰ということも考えられますので、終業時間になっても戻らない可能性なども示唆されています。

朝から晩まで続く状態なのか、それとも仕事の時間という特定の時間内での状態を表している言葉なのかという言葉を詳しく確認をしなければいけないことではありますが、どちらの状況に関しても当てはめることができる例文であると言えます。

この例文に関しては比較的終日という言葉を用いる例文の中でも一般的な例文になっています。

一人前の社会人になると分かりながらそれなりの言葉遣いなどを求められたりするため、このような表現方法くらいは理解をしておかなければ恥ずかしい思いをしてしまいます。

特に、他社の人間と関わりを持つような営業に関する仕事を行っている方であったり、様々な人間と関わることを求められる会社の顔としての存在である受付担当の方に関しては、このような言葉遣いはできていなければいけないレベルになりますので、終日という言葉の基本的な例文ということで必ず覚えておくようにしてください。

終日読書にふける。

次にご紹介する終日という言葉を使った例文は「終日読書にふける。」という例文です。

この例文はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、意味合いとしては「一日中、もしくは朝から晩まで読書をする」という意味として解釈することができます。

終日という言葉の意味を理解していればそこまで難しい表現方法にはならないと思いますが、先ほどご紹介した終日を使うことができる状況などを考えてみると若干の意味の変化などは存在しているので注意が必要です。

具体的には「ひとつの事柄に対して朝から晩まで続く状態」なのか、「はじめと終わりのある特定の時間内での状態」なのかということで意味が変化するということです。

一般的に考えてこのような例文の意味を想像してみると大抵の場合は前者の意味で解釈することができますが、場合によっては後者の意味でも使用することが可能な場合もありますので、その点は間違った解釈をしないように相手と会話をしていく中での流れから読み取る必要性がありますので注意してください。

この例文は比較的様々な言い回しに使うことができる例文になっており、読書以外にも、先ほど例に出したように一日中寝てしまっていたという状況を言い表すことができるような使い方などもできます。

それ以外にも、遊んで過ごした、ずっと食べまくっていたというような状況でも使用したりできますので、スタンダードな例文の形ということを理解しておいてください。

明日は終日休みをいただく。

次にご紹介する終日という言葉を使った例文は「明日は終日休みをいただく。」という例文です。

この例文の意味としては「明日は一日中休みをいただく」という意味として解釈することができます。

終日という言葉が休みにかかっていますので、一日中休み~という風に解釈ができるということです。

この例文が用いられる状況としては、一般的に考えてビジネスに従事しているときに相手から予定を尋ねられた時に受け答えしたりするときに使われる例文になっています。

例えば、取引先の会社から自分自身のスケジュールを聞かれた時であったり、相手企業から担当者の明日の状況を尋ねられた時に受け答えしたりする状況活用することができるということになります。

一般的なビジネスの中での言い回しになりますので、社会人の方であればこれくらいの言い回しや使い方だとはできて当然のレベルになりますので、これくらいの終日という言葉の使い方は最低限できるようにしておかなければいけません。

まとめ

今回は終日という言葉をテーマにして、終日という言葉の基本的な意味、そして使い方や用例、似た言葉などに関しご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を確認していただければ、終日という言葉がどのような言葉なのかということを正しく理解することができたと思います。

一度理解すればそこまで難しくなく使用することができる言葉でもありますし、ビジネスにおいて場合によっては多様したりする可能性がある言葉にもなりますので、必ずこの機会に終日という言葉のご紹介した知識をインプットしておいてください。

会話の中で用いることによって非常に様々な状況で用いることができる利便性の高い言葉でもありますので、言葉の引き出しを増やすことが必ずできるようになると思いますよ。