みなさんこんにちは。

今回は女性についての記事になります。

女性の方は「いい女」の条件は一体何だと思いますか?人それぞれあるでしょうが、もしそれを異性に価値を見出してもらい、「恋愛」に発展させていきたいのならば、もしかしたら間違った事が多くあるかも知れません。

 というのも「いい女」と思って付き合うのは、女性側である「あなた」ではなくて、相手の「男性」です。

ですから「いい女」の条件というのは女性目線ではなく、「男性目線」に合わせないと意味がないかもしれないのです。

 そこで今回は「いい女」の条件としていろいろな方面から記事をまとめていきたと思います。

ご自身が気になるところ、「もうやってるよ」というところ、「それはないでしょう?」と思うところいろいろとあると思いますが、頭を空っぽにして気楽にいきましょう。

️誰もが振り向くいい女

 「いい女」とはいつでもどこでも「注目の的」になります。

つまりは誰もが「二度見してしまうような女性」のことです。

「おいおい嘘だろ、かわいすぎだろ」と男性が思わず振り向いてしまうような女性それが「いい女」なのです。

️いい女とはどういうこと?


 では具体的に「いい女」というのはどういったものでしょうか?記事冒頭でも触れましたが、「女性の思ういい女」と、「男性が思ういい女」はちょっと、というか大分違うと思います。

 このことは女性にしてみれば「認めたくないもの」かもしれませんが現実はこうです。

女性同士で恋愛をするのなら「女性目線での美しさ」で何ら問題はないしむしろそこを突き詰めないと「いい女」にはなれないでしょう。

 しかし「男性」との恋愛を考えるのならば、「女性目線での美しさ」では限界あったり、場合によっては「的外れ」になってしまうこともあるのではないでしょうか?

️いい女、22個の共通点

 では「いい女」とはなんでしょうか?今回は項目をいくつか分けて順番にまとめていきたいと思います。

少し多いかもしれませんがなるべく「誤解のないように」進めてまいりたいと思います。

中には「不快に思うこと」もあるかも知れません。

その時は申し訳ありません。

ではいきましょう。

️女性らしさを意識している


 当り前の話でしょ?と言われるかも知れませんが、当り前のことをまず言います。

それは「いい女」なんですから、「女性らしさ」が一番重要です。

女性らしいからこそ男性は心奪われるのではないでしょうか?ではその「女性らしさ」とは具体的に何のことを言うのでしょうか?まずは、女性としての「羞恥心」を持ってほしいということで話を進めてまいります。

1.足を閉じて座る

 まずは「足を閉じる」です。

男性は女性に「羞恥心」を持ってほしいと思っています。

しかも求めるのは「いい女」なのですから、それらをすべてクリアしたレベルの高い女性を指しているのです。

そういった事を踏まえると、人前で「足を開いて座るような女性」には男性は「いい女」と言ってはくれないでしょう。

 女性ならば「気付いてほしい」と思うのが男性の本音だと思います。

2.電車で化粧をしない

 そしてこれはよく女性陣から「反論」があるかとは思いますが、「電車の中で化粧をすること」も「男性が思ういい女は絶対にやりません」。

これは仕方のない事もあります。

男性はまず「化粧をしない人」がほとんどです。

場合によってしている人も見かけますが。

ですからまず前提からおかしいのです。

男性は化粧をする辛さ、融通の利かなさを知りません。

ですから当然自分の事しか考えないので、「どうして電車の中で?」という発想になるのです。

男性のクレームの主旨は何でもいいのです。

「化粧品の臭い」、「マスカラなどが洋服に触れたら汚れる」などさまざまな「迷惑の根拠」が並べられます。

それを「男で言えばヒゲソリだな…」という人もいますがそもそも例えば無しに成っているのか甚だ疑問です。

 ですが、結局何を言いたいかと言うと、そういった事を思うかも知れない男性を「恋愛対象にしなければならない」ということです。

自分にどのような考えがあっても、その男性「が電車の中で化粧すんなよ」と言われれば従うしかないのではないでしょうか?「そこを理解してくれないのなら付き合わない」というのなら別ですが…。

 どっちにしても女性はすぐ、「だって仕方ないじゃない?」という論点に持って行きたがる印象があります。

それはもう「反論が無い」のと一緒のような気もします。

そんな事言い出したら何でもそうですから。

 ですから男性の求める「いい女」はそんな「仕方ないじゃない?」なんて言わないのです。

そうならないように努力する女が男性の求める「いい女」なのでしょう。

3.姿勢が正しい

 姿勢。

これは非常に重要です。

どんなに可愛くても歩き方などからして姿勢が悪いと、横から見て「北京原人みたい…」と思う事は私も正直、普段街を歩いていて思います。

「あんなにかわいいのになぁ…」と。

 「大きなお世話」と言われればそれまでですが、そうなっては「いい女」にはなれないでしょうね?いい女は姿勢までいいですから。

テレビで見る「女優さん」なんかはやはり素晴らしいです。

徹底的にイメージを大切にされています。

たち振る舞いから話し方、姿勢や仕草全てが計算されています。

そういった女性を男性は求めているのは、女性は「理想高すぎ…」と思うかも知れませんが、この世の中にも事実いらっしゃるというのが問題なんですよね。

一般の方でもいらっしゃいますね。

そうなんですね、それが問題です。

完璧な人がいるせいで、出来ていない人が余計に目立ってしまうのです。

 難しいですね。

4.ガニ股で歩かない

 歩き方を付け加えれば、「ガニ股歩き」も問題ですね?モデル歩きまで求めるのはどうかと思いますが、やはりモデルさんの歩き方は「かっこいい」ですよね。

とにかく自分を悪く見せていませんか?ということなんでしょう。

「悪い部分があるのに何で直さないの?」というのが男性の意見なのでしょう。

5.汚い笑い方をしない

 笑い方。

人の「素」がでる厄介な場面ですね。

女性は笑いシワを気にする人もいらっしゃいますが、そもそも笑い方が「お上品でない」方も結構いらっしゃると思います。

 アニメのように「オ~ホッホッ~」みたいな笑い方をしろと言っている訳ではありません。

例えば、笑いながら足広げて笑い転げたり、舌出して笑ったり、笑うと白目剥くような笑い方は「下品」を思われるかも知れません。

キャラによっては「カワイイ」となるかも知れませんが、そのキャラかどうかを決めるのは周りの人間ですから、正攻法を取っておいた方が無難でしょう。

 あまり口元を見せないのがいいのでしょうねぇ。

6.上品なファッションとメイク

 ではこの項目最後は、女性の代名詞「メイクとファッション」です。

女性たるもの、メイクが上手く、ファッションにも気を遣ってほしいというのが男性の本音でしょう。

 男性が好きなメイクは「ナチュラルメイク」が基本でしょう。

あまり化粧感がしないようなほぼ「すっぴん」に近い様なメイクが好きな人が多い印象があります。

男性から「今日はメイク頑張ってるねぇ…」って言われた事ありませんか?あれって私は、「頑張りすぎじゃないの?そんなに濃いメイクしなくていいのに…」という警告のような気がしてなりません。

メイクが本当に上手く言っているのなら、「今日カワイイね」とか、「今日のメイク上手くいったね」などのように「メイクが成功していることを直接表現する」だけで済みますからね。

 なんでわざわざ「メイク頑張ったね?」になるんでしょうか?それは「頑張ったけど報われなかったね…」ってことだったんじゃないでしょうか?あんまり直接的な表現になるとセクハラと言われてしまいますからね。

後はご想像にお任せします。

️コミュニケーションでのいい女

 外見の所作から、次は「コミュニケーション」の時に思ういい女の条件です。

見た目だけではなく、女性としての魅力を感じるのは「相対した時」なのではないでしょうか?
 あなたはどれだけ気を遣えていらっしゃいますか?

7.言葉遣いがキレイ


 まずは言葉遣いです。

単純な話し方も同じく重要ですが、「言葉遣い」は一旦気になり始めると、相手の話の内容が入ってこない程に邪魔になるものです。

 男性が思ういい女はあまり「略語」を使わない人の事を言っているのではないかと思う事があります。

最近の若い女性、特に女子高生の話し方はよく分かりません。

昔からそうかもしれませんが、女子高生の言葉はどんどん変化していきます。

 最近テレビを見ていて気になった事は、「ワイドナショー」での一幕です。

女子高生の方は「それな」という言葉を遣うようです。

これは「相手の言っている事に対しよりフランクに共感するときに使う」のだと言います。

確かに友達同士ではいくら使っても良いと思います。

友達なんだから。

 ですが違和感があったのが、目上の方にも使う場合があるということです。

これにはちょっとどうなのかなぁと思ってしまいました。

確かに言葉は変化していくものです。

それは良い事もあります。

しかし、変化というのは自分で勝手に行う事を言うのではなく、それが関係している「他者の了解を含めて変えること」が言葉の変化にしなくてはいけないのではないでしょうか?言葉とは相手との対話に用いるものです。

ですから意味合いが汲み取れなかったら問題です。

 ですので、言葉の変化を全て否定したい訳ではありませんが、それを使う状況かどうかを判断することは「相手に失礼のないように配慮する事と同じ」なので、とても重要な事なのです。

相手に配慮出来るような話し方に成っていなかったら、それは汚い言葉なのかも知れません。

8.聞き上手である

 男性は時に弱音を吐きます。

その弱音は本当に大切な人にだけ伝えないと思っているのです。

真面目な人ほど人前では言えないので自然とそうなって来るでしょう。

 ですが、その弱音も信頼するパートナーの前でも抑制されてしまうと非常にストレスが溜まってしまいます。

女性の方もそうだと思います。

重要な話だからこそ彼に話をしたいと思うでしょう。

男性も同じなのです。

あなたの事が大切だから、話しをしたいんです。

ですから話しの「聞き上手」は重要な能力です。

 女性の場合、話しをする時「オチの無いような話しをするな」と男性から言われる事があるかも知れません。