CoCoSiA(ココシア)

手紙で告白する時の10個の成功例。...(続き3)

何度も考えて書き直したりもできるので、よりあなたの気持ちを具体的に伝えることができるでしょう。

口で言えないことを伝えられる

手紙にあなたの気持ちや思いを託すことで、口で言えないことを伝えられるようになります。

口で伝えられないことでも文章にすることで、うまく伝えることができるのです。

好きなんて恥ずかしくて言えないという人も、手紙なら素直に伝えられるのではないでしょうか。

返事を考えてもらえる時間が作れて相手も楽

手紙なら、相手にも返事を考えてもらえる時間が作れそうですね。

直接会って気持ちを伝えるときよりも、返事をすぐに出す必要はありません。

家に帰ってからゆっくりと手紙を読み、じっくり答えを出すことができるでしょう。

手紙で告白するデメリット

ではここからは、手紙で告白するデメリットについていくつかご紹介していきます。

手紙告白のメリットとデメリットをよく把握して、自分には合っているのかどうかをきちんと考えていきましょう。

字が汚いと印象があまり良くない

もしあなたの字が汚い場合、あまり良い印象を持たれないかもしれません。

それでも手紙で告白をしたいと思うのであれば、時間をかけて丁寧に仕上げましょう。

丁寧に書けば、いくら字が汚くても想いは伝わるはずです。

相手が手紙を苦手かも

手紙をもらって嬉しい人が多いと思いますが、中には嬉しくない人がいるかもしれません。

例えば手作りのものが苦手な人や、潔癖症な人などはあまり喜ばないでしょう。

相手がどのようなタイプの人なのかをきちんと見極め、手紙での告白が向いている人のか、きちんと調べておきましょう。

返事がもらえないこともある

手紙での告白の場合、相手から返事をもらえないこともあります。

返事が来ない原因の1つとして、相手がどのように返事をしていいのかわからないからです。

きちんと返事をもらえるようなメッセージにしておくことがポイントになります。

また、あなたと手紙を読む相手の温度差が大きい場合、相手はあなたに対してどのように返事をしたらいいのかわからないかもしれません。

手紙での告白の場合、相手から返事がもらえないことも覚悟しておく必要がありそうです。

手紙はLINEやメールよりも想いが伝わる

いかがでしたか?

手紙はLINEやメールよりも、あなたの思いが伝わるツールになります。

きちんと手渡しにすることで、相手にあなたの本気の気持ちを伝えましょう。

直接の告白ができなくても、手紙であなたの思いをうまく伝えられるといいですね。