告白を保留されたら成功する確率は?のイメージ写真
「大好きな人に、思い切って告白をしたはいいけどなかなか返事が返ってこない!」なんて状況は、辛すぎますよね。

相手がどのように、自分のことを考えてくれているのかとても気になります。

返事がないと言う事は、「結果が駄目だったと言うこと?」と自問自答に陥ってしまう場合もあります。

今回は、このように告白を大好きな相手から保留にされた場合の成功率について考えていきたいと思います。

また、相手の反応などあるのであればそこから相手があなたのことをどのように思っているのか、またはどのように考えているのかなど追求していきたいと思います。

相手の気持ちや、告白を保留されたら成功する確率はあるのか?など気になる方は早速こちらの記事を読んでみてくださいね。

告白を保留する心理

あなたは、大好きな人に告白を思い切ってしてみたものの、相手からは告白を保留される始末。

相手は、あなたのことをどのように思い告白を保留しているのか?高校や、大学での入試の合否発表や、就職先での内定を知る位またはそれ以上にドキドキしてしまう結果待ちですよね。

告白を保留されている期間と言うのは、毎日毎日頭の中で相手のことを考えてしまうのではないでしょうか。

きっと、相手は自分に見合う人なのかというのを考えて告白を保留にしているのか、また断る理由を探すために告白を保留しているのか?

など、頭の中を様々な考えがぐるぐるぐるぐると回ってしまい、結局相手がなぜ告白を保留するのかわからない結果に陥っているのではないでしょうか。

では、ここからは告白を保留する心理について詳しく見ていきたいと思います。

その場で断れない

その場で断れないから告白を保留している
もし、あなたが好きになって告白した相手がとても優しい心の持ち主で、相手を傷つけることを非常に怖がる性質であるのなら、あなたに対して告白を断る勇気がないのかもしれません。

確かに、優しい心はとても良いことなのですがときにはその優しさが、人を傷つけてしまっていると言うことを気づかなくてはいけない場合もあります。

しかし、なかなかうまくその場で断れないのも現実であるのかもしれません。

またどのように言葉をかけたらいいのか、また考えがまとまっていないためその場で断れない場合もございます。

よくよく考えて、考えすぎてしまいどうしていいのか分からなくなってしまっている場合もありますので、どちらにしても相手に告白の結果を急がせてしまうのは良くないのかもしれません。

あなたにもし忍耐力があるのであればじっと相手のことを待ってあげる心の余裕も大切なのかもしれません。

日本人の体質

断れない人つの理由には日本人の体質が関係しているのかもしれません。

告白の結果を先延ばしにすることで、相手に「断られるかも?」と感じさせるため、少しは心の準備ができるかもしれません。

このように、相手のことを考えて行動する心理は、ある意味ずるがしこく感じてしまう部分でもあります。

ですが、逆に返せば「日本人の心」つまり、細かな部分まで気持ちを考えられるような体質が、このようにさせてしまってるのかもしれません。

また、その場で断ってしまえばさらさらあなたに対して、気持ちがないことがばれてしまいます。

少し考えるようような猶予を持つことで「あなたのことをしっかりと考えたよ」と言うような行動をアピールしてるのかもしれません。

過去のトラウマ

過去のトラウマがあって告白を保留している
その場で告白を断ることができない人の心理としては、告白をされた人自身が過去に何らかの辛い経験があり、それがトラウマになりその場で告白を断ることができない場合もございます。

つまり、「それは自分に都合の良い」と言う人も中にはいるかもしれませんが、本人にとっては大変深刻な問題になっている場合もあります。

例えば、恋愛でつらい経験をしたり、または告白で、大変ショックなことを経験してしまったり…そのようなことが、相手に告白を保留にさせてしまっている場合もあるのです。

過去の出来事や、思い出したくない出来事、トラウマなどにより恋愛をすること自体が怖いと思う方も中にはいるのです。

なかなか傷ついた気持ちや、トラウマなどがない人にすれば、あまり理解し難い行動なのかもしれません。

雰囲気を壊したくない

あなたとの居心地がすごく良かったため、相手はあなたのことを友達と見ているのかもしれません。

そのため、告白された時にその場で断ることができず、雰囲気を壊したくなかったため告白を保留すると言うような形になってしまったのかもしれません。

本人には全く悪気はなく、あなたとの関係もこのまま続けていきたいと思っている可能性もあるため、断るための理由が出てこないのかもしれません。

さらに、告白をされて断ってしまえば今後あなたとの関係も途絶えてしまうのではないかと言う強さも、相手からすれば感じているのかもしれません。

このように、あなたのことを友達というふうに思っているかもしれませんが、あなたとの居心地が良く雰囲気を壊したくないと言うふうに考えているのであれば当然の行動なのかもしれません。

相手が職場や学校のグループ内

告白した相手が、職場や学校のグループ内の人であれば、関係がさらに密になりますので断れないのかもしれません。

やはり、付き合えばすぐにばれてしまったり、職場や学校のグループ内でも居心地が悪くなってしまわないか?と言う心配に駆られたりします。

そのため、友達同士の付き合いなどは気軽にできるのですが、実際に男女のお付き合いとなると少々距離をおきたくなる場合もございます。

相手は、悪気はなくあなたと接することも楽しいと考えている場合もあります。

しかし、いざお付き合いや男女の関係になったことを考えると、周りに迷惑をかけてしまわないか、または周りが気を遣ってくれることに対して嫌だと感じてしまうのかもしれません。

そのためその場で断ったりすることができず、考えてしまっているのかもしれませんね。

恋愛対象として見れていない


告白をおけされる理由には、もしかしたらあなたのことを恋愛対象と見ていないのかもしれません。

すごく居心地が良いのだけれど、ただお付き合いするとなるとちょっと違う感じがしているとか、友達としてはすごくいい相性だけど付き合うとなるとちょっと違うかな?なんて考えてるのかもしれません。

ただ、あなたとはこのまま良い関係を続けていきたいなどと思っている場合もありますので、あなたからの告白をうまく解せないと言う場合が多いでしょう。

では実際に、恋愛対象に見れない理由としてさらに詳しく考えていきたいと思います。

友達感覚が強い

あなたとのお友達の期間が長かったり、または幼なじみ、昔からよく知っている友達の柄であるなら友達感覚が非常に強いのかもしれません。

なので、あなたには家族のように思っており恋愛や、恋人としての感覚はあまりないのかもしれません。

それは、良い事でもあるのですが恋愛関係に発展したいあなたとしては非常に残酷な結果なのかもしれません。

しかし、友達感覚が恋愛感覚に変わる場合もありますので、あなたが気長に相手のことを待てるのであれば待ってみてもいいのかもしれません。

しかし、あなたのことを友達や、家族のように思ってしまったら愛情より、情に近い形になりますのでなかなか恋人やお付き合いをする関係性に発展するのは難しいといえます。

まんざらでもない

今は、まだ恋愛対象には見えていないけど…この先はもしかしたら、あなたのことを恋人や、お付き合いしたい相手に見れるのかもしれないという可能性を秘めている場合があります。

このように「まんざらでもない」と相手が思っている場合でも、あなたからの告白を保留にされる場合もあるのです。

もしあなたが、相手からの告白を待てずに返事を聞きたいのであれば、相手から答えを求めても良いとは思いますが、なかなか良い答えが聞けるとは限りません。

もし、あなたが相手のことを思い待てる余裕があるのであれば、相手があなたのほうに心を向くまでじっくり待ってあげてもいいのかもしれませんね。

その頃にはいい答えを開いても出してくれることでしょう。

一歩踏み込んだ関係になれない

友人として仲が良い人と、恋人として仲が良い人は違うものです。

例えどんなに友人として仲の良い人だったとしても、恋人にはなれない事だってあるのです。

それは自分の中で一歩踏み込んだ関係になる事が出来ないからと言うのが、大きな理由なのでしょう。

一緒にいる分には楽しく話しもあうとう人の場合でも、その後恋人として一歩踏み込んだ関係になる事が出来るかどうかは分かりません。

それは人間として好きかどうかではなく、異性としてその人の事をどう思っているかが問題なのです。

友人として仲良くしているのだから、恋人としてもやっていけるのではないかと思う人の気持ちも分からないではありません。

告白を保留している時点で、きっとうまくいく。

そう思ってしまうものなのでしょう。

ですが実際は、友人としての関係を壊したくないからこそ、悩んでいるだけなのかもしれません。

あなたを傷つけたくない優しさが、告白の返事を遅らせると言う行為になってしまっているのでしょう。

それはもしかしたら、優しさにはならないのかもしれません。

その行為をする時点で、相手に期待を持たせてしまうだけなのですから。

けれど、人間は弱いいきものです。

結局自分が傷つきたくないからこそ、どうにかして今の関係を維持しようとし行動しているのでしょう。

友人期間が長い

一口に友人と言っても、その期間はまちまちです。

昨日今日知り合って友人と呼ぶ関係になる事もあれば、何十年も一緒にいる事によって友人となっている場合もあります。

この場合、友人関係が長ければ長いほど、恋人になるのは難しい傾向にあります。

自分がずっと友人と思っていた人に、急に告白をされたらどう思うでしょうか。

おそらく驚く人が殆どのはずです。

その中で、自分の気持ちを相手になんと説明すれば良いか分からず戸惑ってしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、私たちは自分の発言や行動に責任を持たなければいけないのです。

長い友人期間を経た後に、告白をすると言う事は今までの関係を壊す事になる可能性を忘れてはいけません。

その友人関係が長ければ長いほど、その関係を壊す事に抵抗を感じる場合もあるのです。

今さら異性として意識する事などできない。

そんなおもいもあるかもしれません。

いずれにしても、相手にそういった気もちが強い場合、そこから動き出すにはなかなか難しい部分もあります。

自分が告白をする際には、相手が自分をどう思っているのかを改めて考えて告白する必要があります。

例え今がいい関係を作る事が出来ていたとしてもそれはあくまでも友人だからこそ。

そうした関係を作る事が出来ていると言う場合もあります。

それが恋人になる事によって関係性が変わってしまう事もあるのです。

いずれにしても、友人から恋人になりたいというケースは難しいく必ず成功するとは言えないでしょう。

今度告白をしてみようと思ている方は相手の本心をしっかりと見極めてください。

そうする事によって成功するかどうかが決まと言っても過言ではないでしょう。

相手にその気がない場合にはあまりいいお返事はもらえないかもしれません。

だからこそ、なおさら告白をする際には良く考えて行動しなければいけないのでしょう。

今の関係を壊したくない

大人になると、友人はそう簡単に出来るものではなくなります。

ましてや、異性の友人などそう簡単い出来るものではありません。

だからこそ、その貴重な友人を大切にしたいという気持ちが出てきたとしても不思議ではないのです。

恋人は分かれてしまえばそこでおしまいです。

もしかしたら一生の伴侶となる人に出会う事が出来る場合もありますが、それはきっと理想であり、多くの人がそう簡単に一生の伴侶に出会う事が出来るわけではありません。

だからこそ、私たちは恋人とは一生続くものでは無いと認識しているのではないでしょうか。

それに引き替え、友人は一生ものです。

もし本当に心の底から一緒に居て楽しいと思う事が出来るような相手だとすると、その人が異性だろうがなんだろうが関係なく一緒に居たいと思うのです。

それもあって、私たちは友人を大事にする気持ちを持つ事になります。

だからこそ、今の関係を崩したくないと思うあまり、告白の返事を先延ばしにしてしまうのです。

告白の返事をする事によって、今の関係が壊れるかどうかはわかりません。

しかし、今とは違った関係になる事は明らかです。

その中で、私たちはどうして行きたいのかを改めて考える必要があるのかもしれません。

異性として意識してからの期間が短い

異性は異性です。

それが友人だろうがなんだろうが関係ないはずです。

けれど、そうは言っても人間はそう簡単に割り切る事が出来ないものです。

既に友人と自分の心の中で思ってしまっている場合、その後いくら異性だと思ったとしても気持ちが切り替わらない事もあるのです。

異性だと意識した期間が短いと、そこから急に恋人同士になるというのも難しい問題です。

世の中には、友達のような恋人関係を作っている人たちもいます。

ですが、それはあくまでも恋人同士としての事であり、結局友人とは違うのです。

だからこそ、私たちは今の現状を変えることがない場合には『異性』という当たり前の違いを受け入れる事が出来ないのかもしれません。

プライドが高い

告白の返事を保留する心理として、大きく挙げられる1つのポイントがあります。

あなたが、告白した相手は非常にプライドが高い相手でしょうか?

周りのことを気にしすぎ、馬鹿にされたくない、あの子には負けたくない、常に1番でいないといけないなど、口には出したりしていませんか?

もし、相手がプライドの高い相手ならもしかしたら告白を保留にする理由があるのかもしれません。

もちろんその理由は、あなたのことが好きなのだけれどプライドが告白を保留にさせている場合があります。

また、プライドが高い人が告白された場合どのような行動を起こすのかじっくり見ていきたいと思います。

ぜひご参考にしてみてくださいね。

すぐにOKしたくない

プライドが高い人は、すぐにオーケーをしたくない人が多いようです。

つまり、どういうことかと申しますとプライドが高いため、すぐにオーケーをしてしまうと「意外と簡単に落とせた相手」と思われるのが怖いからです。

あなたからすれば、そんなことも思っていないのですが、プライドが高い相手からすればあなたにすぐにオッケーをしてしまえば、自分自身が下に見られるような感覚に陥るのではないでしょうか。

そのため、好きでうれしい気持ちがあるにも関わらず、すぐにオーケーをできないのも現状です。

しかし、このような相手とお付き合いをすればいずれそのプライドに振り回される事は目に見えています。

もしあなたがプライドの高い相手を好きなら、それに従事しお付き合いをしていくことをお勧めします。

もしあなたがプライドの高い相手が苦手であれば、お付き合いを考えた方が良いのかもしれません。

値踏みしている

プライドの高い相手は、なかなか計算高いところもあります。

もしかしたら、告白された瞬間からあなたのことを値踏みしているのかもしれません。

そのため、あなたの収入や生活面または家族構成などあらゆる面において、あなたのことを思い返しこの先お付き合いをして自分に得があるのか、損になってしまわないかなどじっくり考えて値踏みをしているのかもしれません。

計算高い事は生きてく上でとても大切なことなのかもしれません。

ですが、愛情や人の気持ちの関わるところで値踏みをされては、値踏みをされる相手もかわいそうですよね。

本当に相手のことを好きなのであれば、値踏みをせずにお付き合いしてもらいたいものです。

反応を楽しむ

プライドの高い相手は、告白された相手からどのような反応が出るのかを楽しんでいる場合もあります。

これはあなたのことを好きとか好きではない、付き合える付き合えないなどの話ではなく、ただ単にあなたの反応を楽しんでいる可能性が高いといえます。

もしあなたが、本気で相手のことを好きなのであれば、反応を楽しむような相手と楽しい恋愛やお付き合いができると思いますか?

やはり、相手が真剣に今思っている気持ちをぶつけているのです。

反応を楽しむような弄ぶ気持ちはなかなか許しがたい気持ちになってしまいます。

万が一、お付き合いができたとしても、そのプライドの高さや反応を楽しむような様子をいつかあなたを傷つける行動にならないことを願います。

他に好きな人がいる


あなたからの告白を保留にする理由としては、他に好きな人がいる場合があります。

その場合、あなたが告白した相手に他に好きな人がいるとわかっている場合と、知らない場合とでは大きく差が開くことがあります。

もし、あなたが告白した人に好きな人がいると知って、あなたが告白をした場合、あなたへの告白の返事も早いかと思います。

ですが、もしあなたが告白した相手に他に好きな人がいると知らない場合、相手は混乱していたり、迷っているのかもしれません。

そうなれば、あなたとのお付き合いも全く考えないと言うようなことにはならないでしょう。

もしかすると、相手とあなたを比べているのかもしれません。

このように他に好きな人がいる場合でも告白の返事が遅れてしまう場合もあるようです。

気持ちの整理がついていない

第一に、あなたが好きになった人が他の人を好きになっていた場合、あなたから告白されたことで気持ちの整理がついていないのかもしれません。

そのためあなたに告白の返事を保留状態にしてしまっている可能性が高いです。

まずは、自分の気持ちをしっかり整理してからあなたに答えを伝えようとしている場合もありますし、またあなたに答えたいと気持ちを切り替えている場合もあります。

また、少し時間がかかってしまうかもしれませんがあなたが告白した相手があなたと他に好きな人を比べてしまっている場合、告白の返事も遅れる可能性があるのです。

まずは、相手がしっかり気持ちの整理がつくように、時間を与えることが大切なのかもしれません。

天秤にかけられない

告白した相手が、あなたと、他に好きな人とを天秤にかけられない場合、もしかしたら好きな人もあなたのことも諦めてしまうのかもしれません。

そのことを、うまく言葉で表現したり伝えたりすることができないため、告白の返事も遅れてしまっているのかもしれません。

また、告白した相手があなたと他に好きな人を天秤にかけることができれば、またそこから相手とあなたのことをよく考えるようになるでしょう。

なのでさらに告白の返事は遅れる可能性が高いです。

しかし、それだけ相手は真剣にあなたと他に好きな人のことを考えているので、あなたが待てるのであれば忍耐強く待ってみてもいいのかもしれません。

しかしだらだらと関係が続くようであれば、思い切ってあなたから離れることも大切でしょう。

キープ状態になっている

自分がどんなに相手の事を好きだとしても、相手にも同じ気持ちがあるかどうかは分かりません。

もしかしたら相手には別の好きな人がいる可能性だってあるのです。

普通に考えれば、他に好きな人がいる場合には、誰かに告白されたとしても断るのが普通です。

けれど、中には、それをあえてせずに自分に気持ちを残したまま待たせる人が居ます。

それがキープという状態です。

キープという事は、何かあったときの保険となります。

もし本命の人とうまくいかなかった場合には、その人を止めてあなたにしようという事なのです。

それはある意味では嬉しい事なのかもしれません。

可能性がゼロでは無いと言う事なので、未来がある可能性もあるからです。

ですが、そうは言ってもキープはあくまでもキープです。

本命とうまくいってしまえばそのまま用済みとなります。

だからこそ、自分がそれで良いのかどかをきちんと考えましょう。

自分の人生は自分のものです。

例え周りの人から反対されたとしても、自分がキープの状態だとしてもその人の事が好きで幸せだと感じる事が出来るのであれば、それでいいのです。

どんな状況でも自分が納得して行動しているのであれば、悔いはないはずです。

「キープ」というと、決していい状態ではないイメージとなります。

実際告白を先延ばしにされたり適当な事を言われて、話を保留にされてしまうかもしれません。

ですが、そうだとしても自分が良ければそれでいいのです。

恋愛に正解など無いのでしょう。

特定の要望でしか連絡が来ない

キープの人の場合、基本的に良いように使われます。

だからこそ、向こうから連絡が来る場合でも、用事がある時にしか連絡が来ないのです。

その状況が長く続けば、自分が辛くなってしまう事も珍しい事ではありません。

キープとして納得してはじめた関係も、関係が長くなればなるほど、もっと親しくなりたい・本命になりたいという気持ちが出る事によって、欲求が高まってしまうはずです。

それが結果的に自分を苦しめる事になるのです。

もしキープになりたくないという気持ちがあるのであれば、特定の要望でしか連絡が来ない場合には、連絡に出ないようにする事が重要です。

どんな要望に対しても、一生懸命に答えてしまうからこそ相手は付け上がっていくのです。

例え連絡が来てくれて嬉しいという気持ちがあったとしても、そこで答えずに無視するのです。

そんな風に自分がする行動をコントロールする事が出来るかどうかによって意味が変わる事でしょう。

友達に好きな人がいる

もし、あなたが告白した相手があなたのことを思っていても、告白した相手の友達があなたのことを好きだった場合、三角関係にはなってしまうものの友達を裏切ることができないなどと考えてしまう場合もあります。

特に、その友達ととても仲が良いのであればさらにあなたとお付き合いすることは難しくなるのかもしれません。

また、友達にお付き合いをしている人がいないのに自分だけお付き合いをしてしまうと言うような罪悪感に駆られる人も中にはいるようです。

あなたのことが好きだけど、周りの環境がそうさせてくれないなどと考えている場合が多いようです。

しかし、それは自分の凝り固まった考えだけであり周りの人はそのようには思ってない場合もたくさんあるのです。

こちらのケースでは、よくよく話し合い打開策を見つけお付き合いできる形を作っていけるようになれば告白を保留にされることもないのかもしれません。

【三角関係については、こちらの記事もチェック!】

裏切れない

もし、あなたが告白した相手の友達があなたのことを好きだったとすれば、なおさら友達を裏切る事はできないのではないでしょうか。

この場合、タイミングがずれればあなたにもお付き合いができるチャンスが回ってくるかもしれません。

しかし、なかなかタイミングが合わずお付き合いを見送るケースも多いようです。

この場合、あなたにもリサーチ力が少なかったり、相手の気持ちや心を読めていない部分が大きいためお付き合いをしていても相手に振り回されたと感じることも多いのかもしれません。

あなたが、告白した相手を本当に好きでどのようなことにも耐えられるのであれば、告白を保留にしても良いのではないでしょうか。

恋愛経験が少なく不安


今の若者たちは、恋愛に対して消極的だと言われています。

だからこそ、ある程度の年齢になった人の中にも交際経験が好きない人が沢山います。

その為、好意を伝えられた場合でも、その気持ちにどう答えたらいいか分からないからこそ、つい告白を保留にしてしまうのかもしれません。

恋愛は人の気持ちが関わってくる行為です。

だからこそ、自分さえよければいいという考え方ではうまく行く事は無いでしょう。

相手とのいい関係を希望するのであれば、相手の気持ちを考える事が大切なのです。

そう言った意味でも、恋愛には難しいぶぶんもあるのが事実です。

不安な気持ちを抱えて生きていても意味がない事もあります。

出来る事なら一緒に居たいと思える気持ちをもっている人と行動する事が大事です。

けれど、その為には相手の気持ちを考える煩っわしさも体験しなければならないのです。

それをイメージするだけでついつい足踏みしてしまうなんて事も十分に考えられるのです。

付き合うことのイメージが湧かない

交際経験が無い人の場合、実際付き合う事によって二人の関係がどの程度変わるか分かりません。

全く変わらない場合もあれば、今までとは全くちった関係性になってしまう事だってあるかもしれないのです。

そのリスクを考える事によってついつい告白を無かったもののように考えてしまう場合もあるのでしょう。

付き合う事のイメージが湧かない場合には、交際に後ろ向きな気持ちになってしまう事もあるでしょう。

ついつい今のままで一緒に居れるのであればその方が良いと思ってしまうのです。

けれど、実際には何年も変わらない関係性などそうあるものではありません。

ましてや異性の場合には、その関係が続くかどうかも分からないのです。

だからこそ、今のままでいたいと思った所でそれが実現されるかどうかは分からないでしょう。

付き合う事のイメージがわかない人にとっては、実際に付き合ってみる事をお勧めします。

それをする事が出来れば、もっともっと人生は楽しいものだと気が付く事が出来るはずです。

ですが、それをする勇気が無い無いからこそ、見ないふりという一番簡単な方法をとってしまうのです。

告白された時に不安になる

友人から告白をされて嫌な人は居ないはずです。

けれどそれとは別に不安な気持ちになってしまう事はあるかもしれません。

全く意識をしてこなかったからこそ、そうしたアピールをされる事によって、急に二人の関係が変わってしまうんではないかと考え不安になってしまうのです。

告白をした相手も、まさか相手が不安な気持ちになっているとは思わないでしょう。

ですが、実際にはそう思ってしまうのですから仕方がないのです。

告白されて不安な気持ちになる事も理解できますが、それを考えていた所で意味がありません。

まずは一歩踏み出す勇気を持つ事が出来るかどうかが大事なのです。

告白して保留されたら


あなたが大好きな相手に告白をして、告白を保留にされてしまったら?

確かに、理想的な形であればあなたが告白してすぐに相手から返事がもらえ、お付き合いに発展するという形がベストです。

ですが、告白して保留にされた場合は告白した相手が何らかの事情を抱えている場合が多いようです。

そのためか、あなたにすぐに返事をできない場合が多いとされています。

先ほどもあげましたようにプライドが高いような相手に対してはあなたとは付き合う気があるけれど、わざとあなたの様子や反応を伺ったり反応を楽しんだりしている様子が伺えます。

また、告白された相手の状況により、告白して保留状態になってしまっている場合も十分に考えられます。

急いで答えを求めたり相手の気持ちを焦らすような事は避けたほうがいいかもしれません。

では、さらに詳しく相手の心の中を覗いてみましょう。

可能性は50%?

もしかして、告白をしたのに保留にされた場合可能性は半分くらいかもしれません。

その大きな理由としては、やはりすぐに返事ができないと言うところにあります。

あなたとのお付き合いを考えてみたい、またはあなたとのお付き合いをしていけるのか?

などと考えている場合があるため、相手はかなりあなたと自分のお付き合いの事について真剣に考えている場合があります。

そのため、可能性としては付き合える可能性が50%、付き合えない可能性が50%と言うような形になっているのかもしれません。

ここで絶対にしてはいけないのは、相手に返事を焦らしたり早く返事を求めてしまえば、せっかくあなたとのお付き合いを前向きに考えていたいけたとしても、急かされる相手とは付き合いたくないなどと感じてしまえば元も子もありません。

あなたが相手のことを好きで思いやる気持ちがあるのであれば、じっくり相手の心が決まるまで待ってあげることも大切なのではないでしょうか。

驚いていることが多い

あなたとは、ただのお友達と思っている場合があります。

こちらの場合は、確かにあなたといると居心地が良く、話も合うため自然と恋人のような雰囲気になっていたのかもしれません。

しかし相手からすれば、友達や家族のように思っていただけで、恋人と言うような関係性ではなかったのかもしれません。

そのため、驚いていて告白したのにすぐに返事ができず保留状態になってしまっている可能性が考えられます。

しかしこちらの場合も同様に、お付き合いできる可能性は50%、またお付き合いできない場合が50%と言うような確率になっております。

まずは、相手があなたのことをどのように思っているのかまたは恋人になれるようなタイプであるのかなどを知りたくなりますよね?

もし、あなたがどうしても相手の気持ちを知りたいのであれば、相手に自分のことをどう思っているのかまた告白の返事を聞き出してもいいのかもしれません。

その場合でも必ずうまくいくと言う保証はありませんが、相手があなたをどう思っているのかは分かりますよね。

冷静に考えて…

あなたが告白をして、相手から保留にされている場合少し落ち着いて冷静によく考えてみましょう。

なぜ相手からの告白の返事がないのか?またなぜ相手は告白の返事ができないのか?などについてよく考えてみるようにしてみましょう。

逆に、あなたが告白をされた場合相手との関係性にもよりますが、どのように返事をしますか?

また、なぜ相手が返事ができない状況になっているのかをよく考えてあげることで、あなたの告白の仕方やタイミング、または相手があなたのことをどれだけ思っているのかなどをよく考えてみましょう。

もし相思相愛ですぐにでも付き合いを始めたいような関係であれば保留にされる事はまず考えにくいです。

そのため、あなたに返事ができない何らかの理由を抱えていることが考えられます。

表情が固まったら…

もし告白をして、相手の表情が固まったら…。

それはどのようなさんやメッセージなのかさらに深く読み解いていきたいと思います。

相手の心理とは、よく顔に出てくるものでもありますがなかなか大好きな相手だと気づきにくい場合もございます。

そのため、相手のサインや反応に気づかずあなたの一方通行で相手に告白をしてしまっている場合もあります。

その点は仕方がないと考えることも必要かもしれません。

もし、相手の表情が固まっていないようであれば、まだまだ可能性はあるのかもしれません。

しかし、告白をしたにも関わらず保留にされているのであればなんらかの理由が相手にあるため、返事をできない現場にあることを理解してあげることも大切なのではないでしょうか。

ほぼアウト!

表情がこわばっていたり、固まってしまっているようなのであればおそらく相手は、あなたにどのようにして断ろうかなどと言うような考えをしているのかもしれません。

そのためあなたからの告白をすぐに断ることができず、表情に出てしまったのかもしれません。

あなたも、その表情を見て一瞬不安にはなったものの保留にされたことで少し安心をしてしまったため、淡い期待もあることでしょう。

それはもしかしたら、相手があなたに期待をさせってしまったのではなく、相手があなたにどのように断ればあなたが傷つかないのかを考えているのかもしれません。

そうなった場合、お付き合いをするのはほぼ難しいと言えるでしょう。

困った表情なら

表情が固まった場合は、お付き合いができる可能性はほぼないに等しいのかもしれません。

しかし、困った表情などであればもしかしたらほんの少し可能性はあるのかもしれません。

相手の反応をよく思い出してみると、困った表情の場合、お付き合いできる可能性はほぼないに等しいのかなと言うふうに感じてしまいがちです。

ですがこちらの場合は、あなたのことを全く恋人やお付き合いする相手に見ているわけではなく、お友達などとして親しい間柄だと思っていたため、困った気持ちになってしまっているのかもしれません。

もしかしたら、あなたとの関係を続けていきたいと感じている場合も多いですので、恋人に発展する可能性もゼロとは言えません。

そのため、可能性は少しだけあるようにも感じたりします。

3割?

困った表情の場合は、お付き合いできる可能性は3割程度だと感じます。

その大きな理由としては先ほどもありましたように、あなたとはこのまま関係を続けていきたいと思っているため、完全に切り離したくないと言う考えがあるのかもしれません。

そのためここで返事をしてしまえば、あなたとの関係も切れてしまうと言う不安から困った表情になってしまったのかもしれません。

こちらの場合、ゆっくりあなたが待ってあげることも大切なのかもしれません。

相手があなたに対して、恋人や恋愛対象に見てもらえるまでじっくり待つこともできるのであれば、待ってあげることで相手もあなたへの安心感につながる場合もございます。

まずは、相手の気持ちを冷静になって考えて告白の答えが良くても悪くてもきちんと受け入れてあげることが大切なのかもしれません。

動揺を隠せない感じなら

あなたが告白をしたときに、相手が動揺隠せないような感じであれば、もしかすると相手はあなたに気があるのかもしれません。

さらに言えば、恋人やお付き合いをしたい関係だと感じていたのかもしれません。

しかし、告白してすぐにオーケーを出せずにいたのは、気持ちがまとまっていなかったのが原因なのかもしれません。

このように、動揺を隠せないような感じであれば気持ちはあなたの方を向いているのかもしれません。

結構いけそう

ここでのお付き合いができる可能性としては、なかなかお付き合いができそうな点いい感じだと受け取って良いのかもしれません。

70から90%位の確率でお付き合いが可能になるのではないでしょうか。

しかし、それでも100%ではありませんので万が一あなたがふられたとしても、前向きに進んでいけるように新しい恋愛へといきましょう。

保留中も再アタックしてもいい?

告白したにもかかわらず返事を保留中になっている場合でも、アタックをしていいものか考えてしまいますよね。

これは、ケースバイケースなのですが相手の反応が少しでも良いと感じるのであれば、アタックはしてみても良いのです。

ですがもし、相手があなたに断る理由を考えているのであれば、アタックをしたところで断られることがオチになるかもしれません。

まずは、どのような状況でも相手の気持ちやペースを考えて待ってあげることを優先的に考えた方が良いのかもしれません。

どれだけ焦らせても、なかなか良い答えは出せませんので相手を思いやる気持ちがあるのであれば、じっくり待ってあげることも大切なのかもしれません。

脈のあるなしを判断する方法


告白を保留されたからと言って必ずしも相手と交際するつもりが無いとはいません。

人によってはよくよく考えてから返事をしようと思っているだけなのかもしれません。

その場合、つい自分が先走って落ちこんだり悲しんだりしてしまうせいで相手の方に気を使わせる事になってしまう場合もあります。

気を使われての交際など、最初は嬉しくてもいつか必ず嫌になってしまうはずです。

むなしい気持ちになる事だってある事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも相手の気持ちを予想して行動する事が大事なのではないでしょうか。

保留期間を提案してくれる

もし、相手があなたとの交際を本気で考えてくれる場合にはきっと保留期間を残しておいてくれる事でしょう。

自分でも気持ちが分からない場合には、返事を保留してしまう事もあるでしょう。

ですが、それだけではなく、どれほどの期間待っていて欲しいかを相手に伝えるという事は返事をする気持ちはきちんとあるという事が考えられるでしょう。

そこに誠意を感じるはずです。

すぐに返事をする事が出来ない時も、世の中にはあるはずです。

そこを急いでも意味がありません。

そこで待つ事が出来るかどうかによて、二人の日々は変わってくるでしょう。

告白後に連絡が続く

告白されて初めて異性と意識する事もあります。

そんな時には、告白してから相手から連絡が来るようになる場合もあります。

それはつまり、付き合いに前向きな証拠だと言っても過言ではないでしょう。

相手あら連絡が来る事によって、意識をし前向きに交際を考える事が出来ているからこそ連絡が続いているのです。

もしそれが嫌なのであれば、連絡などしてくる事はないはずです。

良いと思っているからこその行為と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

告白したにもかかわらず、相手から保留中にされている期間と言うのはいろんなことを考えすぎてしまい、胸が張り裂けそうな日もありますよね。

しかし、相手もあなたのことをいろいろと、あれこれ考えていることは間違いありません。

まずは焦らずに、相手からの反応を待ってみることが大切です。

相手を思いやるからこそ、相手のペースに合わせたりまた相手の気持ちを考えることを学んだりしていくのではないでしょうか。