CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

告白2回目の成功率を劇的に上げる25個の方法と注意点


ずっと思いを寄せていた人に好きだという気持ちを打ち明けたものの、フラれてしまったそこのあなた。

フラれてしまったものの、それでも相手のことを好きな気持ちを抑えることができず、もう一度愛の告白をしようと計画していませんか?

好きな人に一度フラれるだけでも気持ちは落ち込んでしまうものです。

だからこそ、2回目の告白こそは1回目とは違って成功させたいですよね!それに2回目の告白でもフラれてしまうようなことがあった場合、さらに落ち込んでしまうことを想定することができるでしょう。

ということで、この記事では2回目の告白を成功させるためのテクニックおよびその方法を25個ご紹介しています。

この記事を読めば、あなたの愛の告白は成功し相手にあなたの気持ちを受け入れてもらえる可能性があります。

この記事の目次

告白2回目の成功率は?

告白を1度だけでも失敗してしまうと、告白をした相手から完全に自分の存在そのものを拒否されたような気がして悲しみのどん底に落ちてしまうものです。

フラれた現実があっても、まだまだ相手のことを好きな気持ちをなくすことはできないのではないでしょうか。

そのため、同じ人に2回目も告白をするのは成功しないような気がしてしまいますよね。

また傷つくのも嫌だし、また相手にあの申し訳なさそうな表情をさせてしまうのも嫌だからです。

しかし、実は告白2回目の成功率は50%はあると言われているんです!つまり、2人に1人は2回目の告白をすることによって、好きな人とお付き合いをスタートさせることができているってことなんですよね。

100%ではありませんが、高い確率で告白を成功させることができるのです。

これはとてもすごいことですよね!とはいっても、すべての人が2回目の告白を成功させることはできないものです。

では、どのようにすれば相手から2回目の告白をOKしてもらうことができるのでしょうか?

告白2回目の成功率を劇的に上げる方法25選


次に告白するときには、なにがなんでも好きな人に告白をOKしてほしいものですよね!そのためにならなんでもやってやる!と思えるのであれば、2回目の告白成功率をさらにあげることができることでしょう。

そうはいっても、2回目の告白をうまくいかせるために実際に何をしたらいいのかなんて誰しもわかりません。

ここでは、そんなあなたのために2回目の告白をうまくいかせるためのアドバイスをいたします。

ずばり2回目の告白成功率をさらにあげるための方法を伝授します!2回目の告白成功率をあげるために、あなたも25個の中からできるところからどんどん実践していってください♪

1.相手の好みに合わせて雰囲気を変える

告白した相手にも“好みの異性像”があるものです。

「自分自身を受け入れてほしい」と誰もが感じるものですが、好きな人に告白をOKしてもらいたいならその願望を一度捨てましょう。

相手の好きな人になりきるのです。

相手の好みをしっかりリサーチし、その相手の好みに合わせて雰囲気を変えてみましょう。

もしも相手がワイルド系の男性が好きだとか、モデルやタレントを好んでいるのであれば、あなたも少しずつその雰囲気をまとえるようにイメチェンしてみましょう!

「こんなの自分に似合わない」と感じてしまうかもしれませんが、案外似合っていることもあるのです。

それに好きな人の好みに合わせて雰囲気を変えることによって、相手からあなたへの印象を変えることができるだけではなく、逆に惚れさせることもできる可能性もあります。

2.告白するタイミングやセリフを考える

前回の告白は、どのようなタイミングでしましたか?告白するタイミングによって相手の答えが変わってしまうことがあります。

例えば、相手が“今は恋愛している状況ではない”という場合であれば、告白に対してOKをもらえる確率は減少してしまいますよね。

告白をされたとしてもうれしいという感情を抱くことすらできず、逆に「どうしてこんなに忙しい時に告白なんてしてくるんだろう」と嫌気さえも感じてしまうこともあります。

しかし、相手の言葉を聞き入れるほどの心に余裕がある場合には、告白をOKしてもらえる可能性が高くなります。

相手が忙しいときに告白するのはNG

特に相手が忙しい時には告白をするのはやめましょう。

好きな気持ちをすぐにでも伝えて楽になりたい、早く相手と付き合いたいという気持ちがあるのもよくわかります。

しかし、そのようなあなたのエゴを押し付けたところで、相手の状況がよくない可能性もあるのです。

それに恋愛というのは、お互いにお互いのことを気遣うことでできるものです。

だからこそ、相手が忙しい時を見極め、落ち着いたときに告白しましょう。

自分の忙しさを察してくれないような人とお付き合いしたいと思う人は、あまりいないですよね。

告白するセリフはシンプルに伝わりやすい言葉で

どんな状況であれ、告白をするということは相手の時間を奪っていることになります。

そのため、告白するセリフはシンプルに伝えるようにしましょう。

例えば、人によっては「私はあなたの~なところが好きで○○のように感じた。それからあなたのことが気になり始めて、今は好きです、付き合ってください」と長々と気持ちを伝えた方もいることでしょう。

基本的に人間は、答えを導き出す過程よりも答えをすぐに知りたいと思う人が多い傾向にあります。

なので「あなたのことが好きです。付き合ってください」というようなシンプルなセリフだけでいいのです。

3.1回目の告白から時間を置くようにする

1回目の告白に失敗してしまうと、相手と顔を合わせるのも気まずいですよね。

そのため、相手との距離を置いているのではありませんか?それは正解だと思います。

相手もあなたの告白を断ったことによって、少なからず罪悪感を感じているでしょう。

あなたに会うたびに罪悪感を感じるので、次第にあなたとは会わないほうがいいし、会話もしないほうがいいのではないかと思うようになります。

その結果、相手から避けられてしまう可能性もあります。

しかし、時間を置いて顔を合わせれば、お互いに過去の告白に対して罪悪感やもやもやした気持ちを感じずに済みます。

お互いに気持ちを整理し、“過去のもの”としてその告白を処理することができるからです。

1回目の告白の後は距離を置き、そしてある程度の時間が経ってから再告白するようにしましょう。

4.相手と自分の今の関係性を把握する

あなたと相手との関係性を今一度見直してみましょう。

あなたと相手の関係は、本来恋愛しても大丈夫だと言われている関係でしょうか?

例えば、相手は学校の先生であなたは生徒だとか、相手は既婚者であなたは独身…なんてことはありませんか?

そのような場合、「これは相手の気持ちを受け入れてはいけない」とあなたの幸せを願って、わざと告白を断ってくれていることもあります。

もしも一般的にタブーと言われている関係であるにも関わらず、愛の告白をしてしまった場合は、2回目の告白でも断られてしまう可能性があります。

5.アピールしすぎず駆け引きを楽しむ

好きな人にはどうしても振り向いてほしいと思いますよね。

そのため、何が何でも自分の存在を受け入れてもらおうと、あまりにもアピールしすぎていませんか?自分に好意を持ってくれていることに対して嫌な気持ちを感じる人はいません。

しかし、いきすぎたアピールというのは、相手にとって迷惑になることがあります。

アピールするのではなく、恋愛の“駆け引き”を楽しむように心がけましょう。

LINEなどは送りすぎないようにする


好きな人にアピールするために、相手にLINEを送っていませんか。

それも相手のことが好きすぎて、相手のことが気になりすぎてLINEを送りすぎていると相手に迷惑がられていることがあります。

「いつも連絡が来ているのに今日は来ないな、どうしたのかな」のように思われるくらいがいいのです。

一方的にLINEを送るのではなく、相手からのLINEを待てるようになりましょう。

6.余裕を見せる

告白に失敗し、それでいて相手がモテるような人であるとどうしても「恋人ができてしまうかもしれない」と焦った気持ちになってしまうものです。

しかし、それではいつも余裕がなく、怖い表情や切羽詰まった雰囲気を醸し出してしまうことになります。

だからこそ、常に余裕を見せるように心がけましょう。

想像してみてください。

少し前までは必死に自分にアピールしてくれていたのに、急に手のひらをかえすように「ふられても動じてません」という態度をとられると、相手のことが気になってしまいませんか。

あの気持ちや言葉はなんだったの?と相手の気持ちを引かせることができるのです。

相手がいなくても大丈夫アピールをちょっとだけしてみる

本心では「あの人が誰かと付き合うことになってしまったらどうしよう」と不安な気持ちに駆られているかもしれません。

しかし、相手がいないくても平気であるというアピールをさりげなくしてみましょう。

普通に生活を送るだけでいいのですが、それだけでも相手は「あの人は心変わりしてしまったのか」とあなたのことを気にするようになり、次第にそれが恋心へ変化することもあります。

7.焦らないようにする

告白に断られてしまうと、やはり相手がだれかと付き合ってしまうのではないか…と不安な気持ちになり、すぐにでも2回目の告白をしてしまいたくなりますよね。

しかし、ここはグッとその気持ちを抑えて焦らないようにしましょう。

そして、常に冷静な態度でいつも通りのあなたでいるようにしてください。

焦ってしまうと、思ってもいないようなこと(本当は相手のことをほめたいのにいじわるをしてしまう)が起きてしまう可能性もあります。

焦りはあなた自身をコントロールしにくくなりますから、まずは冷静に物事を見るようにしましょう。

8.自分磨きをする

あなたは、相手に受け入れてもらえるほどに自分に自信を持てていますか?

好きな気持ちが先行してしまい、本当はもっと自分磨きをするべきだったのにそれができずに告白してしまった方もいるでしょう。

次に告白するときには「前回告白してくれた時とは違う」と相手に思ってもらえるように、自分磨きを徹底しましょう。

見た目を磨くことはもちろん、あなたの精神性や学業および仕事に対しても自分磨きしていきましょう。

自分磨きをすることは、あなたの魅力を高めることに直結します。

以前とは違う姿であることが伝われば、相手もあなたの魅力を受け入れてくれる可能性が高まります。

9.本気であることを改めて伝える

2回目の告白は、1回目の告白以上に“本気で好きである”ということを伝えましょう。

あなたは、1回目の告白でLINEやメール、さらには電話などで伝えてしまったなんてことはありませんか?

現代ではそのような手段で告白する人が増えていますが、告白された側としては「遊びなのではないか」「からかっているのではないか」と告白を断ってしまうことがあります。

相手に本気度が伝わっていない可能性があります。

だからこそ、2回目に告白するときには本気で好きであるということをしっかり直接会って伝えるようにしましょう。

10.一緒にしたいことについて話す

好きな人だからこそ、一緒にやりたいことや連れていきたいところなどいろいろあるのではありませんか?

その一緒にしたいことややりたいこと、連れていきたいところなどを伝えていきましょう。

そのようなことを伝えることによって、「これだけ私はあなたのことを好きでいます」ということを遠回しに伝えることができるのです。

それにこの人と付き合えばこんなことができるのか!と相手に期待を持たせることで、告白をOKしてもらえる確率をあげることもできます。

11.諦めたくない気持ちを大切にする

2回目も告白しようとしているのですから、あなたはおそらく相手のことを諦められないのでしょう。

2回目に告白するときには、この気持ちやあなたを諦めることはできないということを伝えましょう。

そのように一度告白を断られても一途に思い続けてくれる人がいたら、あなたはどのように感じますか?そんなに好きでいてくれるのかと心を開けますよね。

相手にもその心理的効果を期待できるからこそ、諦められない気持ちを伝えていきましょう。

12.今の関係から悪化しないように告白する前と変わらない態度を保つ

告白をしたところで相手との関係が少し悪くなってしまったとか、会話するにしても相手に避けられるようになってしまったなんてことはありませんか?

2回目に告白をして、そのような状況が悪化してしまったら悲しいですよね。

今は前回の告白の余韻でまだ2人の間に壁ができているかもしれません。

それでもなお、あなたは以前と変わらないような気持ちを持ち続けるようにしましょう。

そして告白する前とは変わらない態度で相手に接するようにしてください。

「告白を断った(罪悪感もある)のに、相手は普通に接してくれて心の器の広い人だ」とあなたの好感度があがるかもしれません。

13.振られた直後はSNSなどでの連絡は避け、直接話すことを意識する

告白をして振られてしまうと、誰しも相手の顔を見るのがとても気まずくなってしまうものです。

そのため、相手の顔を見なくても連絡のできるSNSやLINEで連絡を取ってしまいがちです。

相手にとってもそれによって罪悪感をいやすことができますが、なるべき告白の後はSNSだけで連絡をとるのはやめるようにしましょう。

なぜならば、相手の顔を見ないことをいいことに告白した事実が消されてしまったり、あなたが本気ではなかったと相手に思われる可能性もあります。

振られてしまい相手と顔を合わせるのはとても心苦しいかもしれませんが、告白の後は必ず直接会って話すことを意識するようにしましょう。

14.友人も含めて大人数で会ってみる

告白の後に2人きりで会うなんてできないと思っていませんか?

それでもなお、相手のことが好きだからこそ相手に会いたい気持ちもあることでしょう。

そんなときには、友達も含めて大人数でその好きな人と一緒に会ってみましょう。

大人数でなおかつ友達もいる状況であれば、たとえ2人きりで話すような状態で気まずくなったとしても、すぐに友達を会話に入れることができますよね。

また、相手もあなたの告白を断ってしまったという罪悪感から解放されることができます。

それに急に2度目の告白をするのではなく、少しずつ二人の関係をよくすることも重要ですから告白した相手に会うことも重要事項となります。

2人きりでは気まずいからこそ、大人数みんなで遊びに出かけましょう。

15.LINEが続くようならデートに誘ってみる

告白を断られたとしても相手とはまだLINEで連絡を取っているというのであれば、デートに誘ってみるのも手段になります。

もしもあなたのことを本当に嫌いで、告白されて嫌な気持ちを感じたとか、もうあなたに期待を持たせないために連絡を取らないことを相手が決めてしまった場合は、LINE連絡すらできなくなってしまうからです。

あなたはまだ相手とLINE連絡ができているのです。

相手も少なからずあなたに罪悪感を感じており、さらにあなたのことを気にしているという可能性が高くなります。

告白した直後にデートに誘うと断られる可能性が高いのですが、2人きりで会う時間も作れるように努力してみましょう。

場合によっては、相手から告白してくれることもあるからです。

16.相手の好きなものを好きになる

あなたは、告白した相手の好きなものを知っていますか?好きな食べ物、芸能人、場所、言葉、ファッション…好きなものというのは、その人自身を作っているものでもあります。

好きな人の好きなものをあなたも好きになってみましょう!好きな人の好きなものだと、抵抗なくすぐに好きになることができるはずです。

共通の話題が増える

好きな人の好きなものを好きになることによって、2人きりの会話になったときに話せる話題がどんどん増えます。

なぜならば、好きなものに関してであれば誰でも語りたくなってしまうからです。

「あれもいいよね」「これもいいよね」「それも面白かった!」なんて、お互いに過去に告白した相手だということも忘れ、楽しいことの話題に夢中になってしまうことでしょう。

人は、同じことで共感を感じる人や気持ちを共有できる人に対しては、仲間意識を感じ、心を開く生き物です。

つまり、あなたが相手の好きなものを好きになることによって、自然と2人の関係をよくしていけるということになります。

17.笑顔を絶やさない

告白に失敗してしまうと見える世界すべてが残酷なものに感じてしまいますよね。

そのため、笑顔をなくしてしまっているということはありませんか?笑顔がなくなってしまうと、人としての魅力が半減してしまうものです。

それに怖い雰囲気をまとってしまうこともあるために、2度目の告白すら受け入れてもらえない可能性が出てきてしまいます。

そのようにしないために笑顔を絶やさないように気を付けましょう。

あなたの笑顔は誰かを幸せにすることができます。

その相手が告白する相手であるよう、常日頃から口角をあげてにっこりとほほ笑んでみてください。

そうすることによって、自然と心に余裕が生まれどんなものにも優しく接することができるようになります。

そんな素敵な人を放っておく人がどこにいるでしょうか。

18.相手の恋愛歴を調べる

好きな人がどのような恋愛をしてきたかなんて、あまり知りたくないかもしれません。

しかし、あなたが振られてしまった理由がそこにある可能性もあるのです。

共通の友人やSNSなどを使って、相手がどのような恋愛をしてきたのかを探ってみましょう。

もしかしたら過去に彼氏にひどい振られ方をした、浮気をされてかなり苦しんだ…そんなことがあったかもしれません。

そうすると「好きな人ができても傷つきたくないから付き合わない」と決めている可能性もあるのです。

また、すでに恋人がいるなんてこともあるかもしれません。

相手の過去を知ることで新しく戦略を立てることができます。

本人にねちっこく聞くのはよくありませんが、さりげなくリサーチしてみましょう。

19.相手の友人に話を聞く

相手の友人と知り合いであるならば、その友人にどうして告白が成功しなかったのかその原因を尋ねてみるのもいいでしょう。

しかし、そのことを尋ねたことは内緒にしてもらうようにしましょう。

人によっては、見えないところで自分の気持ちを探られたことに対していやな気持ちを感じてしまうこともあります。

振った理由なども聞ける可能性も

相手の友達に相手の情報を聞いているうちに、あなたのことをどうして振ってしまったのかその理由を聞くことができることもあります。

その理由さえわかれば、次に告白する前にどこを改善すればいいのか分かることもあります。

こっそり探るのは少し心が痛くなってしまうかもしれませんが、相手を幸せにするためでもありますから聞き出すのもいいでしょう。

20.ライバルがいないか調べる

あなたの好きな人のことを他にも“好き”だと感じている人はいませんか?ライバルはいないでしょうか?

ライバルがいる場合は、すでにライバルが相手の気持ちを奪ってしまっている可能性があります。

そうすると、あなたの告白を断る理由にもなってしまいます。

だからこそ、ライバルはいるのか、どんな人なのか、そして相手にはあって自分にはないもの(個性)はどんなものなのかを調べましょう。

そして、ライバルに負けないように自分磨きを徹底していきましょう。

21.相手の立場に立って考える

あなたは「すぐにでもこの気持ちを伝えたい」という気持ちから、相手のことを何も考えずに告白をしてしまったのではありませんか?

たしかに、相手への気持ちを常に持ち続けるなんて心が重いですよね。

しかし、それは自分の気持ちの押し付けであり、相手のことを何も考えていないことになります。

相手のことを考えたら今告白するべきなのでしょうか?またどのような告白であれば、受け入れたいと感じるでしょうか。

もしも仮に告白がうまくいったとしても、相手の気持ちを汲み取ることができないあなたであればその関係を長続きさせることは難しいかもしれません。

ぜひ今から相手の気持ちを考えるようにしてください。

22.相手の事をよく知る

相手のことを知っていると思っていませんか?しかし、実際は知らないこともたくさんあると思います。

相手がどのようなものが好きで、どうしてその物事に心を躍らせているのか知っていますか?

おそらくすべてを言うことはできないと思います。

今以上に相手のことを知りましょう。

相手を知ることによって、相手にどのような態度で接すれば悪いイメージをつけないのか、告白をうまくいかせることができるのかのヒントを得ることができます。

23.1度目の告白と同じシチュエーションは避ける

どうしてもこのシチュエーションで告白をしたい!と心に決めているかもしれません。

しかし、1度目の告白と同じシチュエーションでまた告白をするのは避けましょう。

相手もその場所やシチュエーションに対してなんらかの“嫌な思い”を記憶している可能性があります。

嫌な気持ちを思い出すと不思議なことに、誰しもまた同じような悪い状況を引き寄せてしまうことがあります。

「これはこうだ」と脳が勝手に決めつけてしまうからなんです。

そのため、1度目と同じシチュエーションで告白をしてしまうと、本当は勝算のある告白なのに失敗してしまう可能性もあります。

成功率をあげるために、違う場所で2度目の告白をするようにしましょう。

24.緊張しないようにシミュレーションする

1度告白に失敗しているとどうしても2度目の告白は、1度目の告白以上に緊張してしまうことがあります。

そのため、緊張しないように告白している姿やシーンを何度もシミュレーションしましょう。

シミュレーションすることによって、本番では「ここではこんな風に振る舞えばいいのだ」と答えがわかっているので緊張せずに告白することができます。

とはいっても、ワンパターンのみのシミュレーションだけではダメです。

必ずいろいろなシーン(相手が理由を聞いてくる、あなたのことを否定する、告白をOKすることをためらっている糖)を想定してシミュレーションすることをおすすめします。

あらゆるシーンを想定することによって、本当の告白をするときに自信が持てるだけではなく、告白を成功させるために自分自身をコントロールできるようになります。

25.自分の気持ちをもう一度整理する

あなたは、本当に相手のことが好きなのでしょうか?相手にあなたの相手への愛の気持ちを伝えることによってどうしたいのでしょうか?そのように自分の気持ちを整理してみましょう。

告白することによって、お付き合いすることになれば当然のことのように今の相手との関係は変わってしまいます。

そして友達には二度と戻ることはできないのです。

それでもいいのでしょうか。

また、どうしてあなたは相手のことを好きなのでしょうか。

相手の好きなことを好きになれるのでしょうか…相手に気持ちを伝えるということは、そんなにたやすいことではありません。

なぜならば、相手にもその気持ちの一部をおすそわけすることになってしまうからです。

そのため、二度目の告白をする前に自分の気持ちを一度整理しておきましょう。

そうすることによって、告白をする自信が持てるようになり、告白の成功率をあげることにもつながります。

1回目の告白で失敗しても諦めないで!

今回は、2回目の告白成功率を上げる方法やそのアドバイスをしてきました。

あなたは、1回目の告白が失敗したら、2回目の告白は成功しないのではないかと不安に感じていませんか。

たしかに不安に感じるかもしれません。

しかし、今回ご紹介してきた2回目の告白成功率を上げるための方法を実践すれば、告白成功率をあげることができると思います。

大好きな人と結ばれたいのであれば、自分の気持ちで突進するのではなく、落ち着いて冷静に行動するように心がけましょう。

ページトップ