CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

2回目の告白の成功率を上げるセリフや言動


ずっと思いを寄せていた人に好きだという気持ちを打ち明けたものの、フラれてしまったそこのあなた。

フラれてしまったものの、それでも相手のことを好きな気持ちを抑えることができず、もう一度愛の告白をしようと計画していませんか?

好きな人に一度フラれるだけでも気持ちは落ち込んでしまうものです。

だからこそ、2回目の告白こそは1回目とは違って成功させたいですよね!それに2回目の告白でもフラれてしまうようなことがあった場合、さらに落ち込んでしまうことを想定することができるでしょう。

ということで、この記事では2回目の告白を成功させるためのテクニックおよびその方法を25個ご紹介しています。

この記事を読めば、あなたの愛の告白は成功し相手にあなたの気持ちを受け入れてもらえる可能性があります。

告白2回目の成功率は?

告白を1度だけでも失敗してしまうと、告白をした相手から完全に自分の存在そのものを拒否されたような気がして悲しみのどん底に落ちてしまうものです。

フラれた現実があっても、まだまだ相手のことを好きな気持ちをなくすことはできないのではないでしょうか。

そのため、同じ人に2回目も告白をするのは成功しないような気がしてしまいますよね。

また傷つくのも嫌だし、また相手にあの申し訳なさそうな表情をさせてしまうのも嫌だからです。

しかし、実は告白2回目の成功率は50%はあると言われているんです!つまり、2人に1人は2回目の告白をすることによって、好きな人とお付き合いをスタートさせることができているってことなんですよね。

100%ではありませんが、高い確率で告白を成功させることができるのです。

これはとてもすごいことですよね!とはいっても、すべての人が2回目の告白を成功させることはできないものです。

では、どのようにすれば相手から2回目の告白をOKしてもらうことができるのでしょうか?

告白2回目の成功率を劇的に上げる方法25選


次に告白するときには、なにがなんでも好きな人に告白をOKしてほしいものですよね!そのためにならなんでもやってやる!と思えるのであれば、2回目の告白成功率をさらにあげることができることでしょう。

そうはいっても、2回目の告白をうまくいかせるために実際に何をしたらいいのかなんて誰しもわかりません。

ここでは、そんなあなたのために2回目の告白をうまくいかせるためのアドバイスをいたします。

ずばり2回目の告白成功率をさらにあげるための方法を伝授します!2回目の告白成功率をあげるために、あなたも25個の中からできるところからどんどん実践していってください♪

1.相手の好みに合わせて雰囲気を変える

告白した相手にも“好みの異性像”があるものです。

「自分自身を受け入れてほしい」と誰もが感じるものですが、好きな人に告白をOKしてもらいたいならその願望を一度捨てましょう。

相手の好きな人になりきるのです。

相手の好みをしっかりリサーチし、その相手の好みに合わせて雰囲気を変えてみましょう。

もしも相手がワイルド系の男性が好きだとか、モデルやタレントを好んでいるのであれば、あなたも少しずつその雰囲気をまとえるようにイメチェンしてみましょう!

「こんなの自分に似合わない」と感じてしまうかもしれませんが、案外似合っていることもあるのです。

それに好きな人の好みに合わせて雰囲気を変えることによって、相手からあなたへの印象を変えることができるだけではなく、逆に惚れさせることもできる可能性もあります。

2.告白するタイミングやセリフを考える

前回の告白は、どのようなタイミングでしましたか?告白するタイミングによって相手の答えが変わってしまうことがあります。

例えば、相手が“今は恋愛している状況ではない”という場合であれば、告白に対してOKをもらえる確率は減少してしまいますよね。

告白をされたとしてもうれしいという感情を抱くことすらできず、逆に「どうしてこんなに忙しい時に告白なんてしてくるんだろう」と嫌気さえも感じてしまうこともあります。

しかし、相手の言葉を聞き入れるほどの心に余裕がある場合には、告白をOKしてもらえる可能性が高くなります。

相手が忙しいときに告白するのはNG

特に相手が忙しい時には告白をするのはやめましょう。

好きな気持ちをすぐにでも伝えて楽になりたい、早く相手と付き合いたいという気持ちがあるのもよくわかります。

しかし、そのようなあなたのエゴを押し付けたところで、相手の状況がよくない可能性もあるのです。

それに恋愛というのは、お互いにお互いのことを気遣うことでできるものです。

だからこそ、相手が忙しい時を見極め、落ち着いたときに告白しましょう。

自分の忙しさを察してくれないような人とお付き合いしたいと思う人は、あまりいないですよね。

告白するセリフはシンプルに伝わりやすい言葉で

どんな状況であれ、告白をするということは相手の時間を奪っていることになります。

そのため、告白するセリフはシンプルに伝えるようにしましょう。

例えば、人によっては「私はあなたの~なところが好きで○○のように感じた。それからあなたのことが気になり始めて、今は好きです、付き合ってください」と長々と気持ちを伝えた方もいることでしょう。

基本的に人間は、答えを導き出す過程よりも答えをすぐに知りたいと思う人が多い傾向にあります。

なので「あなたのことが好きです。付き合ってください」というようなシンプルなセリフだけでいいのです。

3.1回目の告白から時間を置くようにする

1回目の告白に失敗してしまうと、相手と顔を合わせるのも気まずいですよね。

そのため、相手との距離を置いているのではありませんか?それは正解だと思います。

ページトップ