好きな人への告白の仕方には、その人の性格がよく表れます。

正直者は直球で告白しますし、プライドが高い人は気持ちをさりげなくアピールして気付いてもらおうとします。

しかし、相手が思わず引いてしまったり、不快に感じてしまったりするような告白の仕方も中にはあります。

うっかりダメな告白の仕方をしてしまわないためにも、NGな告白例に注意しましょう!

こんな告白には注意したい14個

あなたは人からどんな風に告白されると嬉しいですか?

自分にとって理想の告白のされ方は誰しもあると思います。

しかし、それと同時に「こんな告白は絶対に嫌だ!」と思うような告白の仕方もあることでしょう。

うっかり自分が相手の嫌がる告白をしてしまわないためにも、以下のことに気を付けていきましょう。

相手が自分を好きなことが明らかな場合

気付けば相手がいつも自分を見ていたり、自分と話をする時にはあからさまに恥ずかしそうにしたりと、相手から自分に対する「好き」アピールに気付く時ってありますよね。

そしてそんな相手のことをいつしか自分も好きになってしまうという話は珍しくはありません。

相手が自分を好きだと分かっている場合には、気持ちの面ではいくらか余裕があります。

しかし、だからといって以下のような告白の仕方はNGですのでよく覚えておきましょう。

1. 散々焦らしてから告白するのはNG

相手が自分のことを好きだということを分かっていると、つい面白がって相手を試したり、焦らしたりしてしまう人がいます。

相手の目の前でわざと異性と仲良くしてみせたり、いかにも両想いだとちらつかせながらも告白はしなかったり。

そんなふうに相手を振り回して散々焦らしていると、相手は「弄ばれている」と思ってしまいます。

そのため、散々焦らしてから告白をしても、「どうせ本気じゃないくせに」と反対に相手に拒絶されてしまうことがあります。

2. 言い方が回りくどい

「最近結構視線を感じるんだけど、自分の気のせいかな?」など、相手の気持ちが分かった上でわざと煽るように、回りくどい言い方をする人がいますがこれもNGです。

相手からすれば好きな相手にまるで辱めを受けているような恥ずかしくて屈辱的な気持ちになることがあります。

また、嫌味ったらしさと受け取られる場合もあります。

3. メールで簡単に告白する

相手の気持ちがこちらに向いているからと言って、メールで簡単に「好きなんだけど・・」と告白をするのはNGです。

直球過ぎて相手が引いてしまいますし、また顔も合わせずに簡単な告白で済ませるのは素っ気ない印象を与えますし、誠意も感じられません。

そんな告白をされた側は、一気に気持ちが冷めてしまいます。

4. 酔った勢いを借りて告白する

酔った勢いの告白ほど信用のないものはありません。

例え本心だとしても、その場限りの勢いだと相手に思われてしまいますし、誰に対しても同じようにアプローチをしていると勘違いされてしまいかねません。

酔った勢いでの告白は特に厳禁です。

5. チャラチャラした口調で軽く告白する

「好きなんだけどさ~」などと、チャラチャラした口調で軽く告白をすると、当然相手はこちらのことを、「異性関係で軽い人」と思ってしまいます。

軽い口調やチャラついた態度での告白を簡単に受けるのは、同じく軽い相手のみだと理解しましょう。

6. 敢えて相手の欠点も含めて好きだと告白する

敢えて相手の欠点を挙げた上で、「それでも好きだ」と告白する人がいますがこれもNGです。

何故なら言われた相手は、告白をされたこと以上に自分の気にしている部分を公然と口に出されたことに対し強いショックを受けてしまうからです。

そのため、欠点をフォローしているつもりの告白でも大失敗になってしまいます。

相手が自分を好きかどうかわからない場合

相手が自分を好きかどうかわからない状態で告白する時には、それなりの勇気が必要になります。

玉砕覚悟で告白をする人も少なくはありませんが、中には「付き合えたらラッキー」くらいの感覚で告白する人もいます。

しかし、告白の仕方に誠意を感じることが出来なければ、決して相手はOKを出さないでしょう。

7. 緊張し過ぎておどおどしている

男性でも女性でも、告白する時にあまりに緊張のし過ぎでおどおどとしていると、それが相手にも悟られて、脈があっても断られてしまうことがあります。

男性でおどおどしていると、付き合ってからも頼りない印象を相手が抱いてしまいますし、女性でおどおどしていると、付き合い始めてから何かと面倒臭そうな印象を抱かれてしまいます。

自信満々過ぎるのも相手は嫌がりますが、緊張し過ぎも嫌がられてしまいます。

8. 友達に代わりに告白してもらう

お酒の勢いと同様に、友達に自分の代わりに告白してもらうのも厳禁なやり方です。

女性の場合は仮に付き合ってからも何かと友達が出てくることを想像させますし、男性の場合にはとても情けない印象になるため、成功する可能性はかなり低いでしょう。

9. 好きな理由を言わない

告白をする立場でありながらも、プライドが高い人や下手に保身に走る人は、いざ振られた時のことを考えて自分が相手を好きな理由を言わないことがありますが、これもNGです。

何故自分を好きになってくれたのかを教えない相手に対して、安易に頷くような異性はまずいないでしょう。

10. 「好きな人がいてもいいから付き合いたい」と言う

例えば相手に恋人や、好きな人がいてもいいから付き合いたいという人が時々いますが、それは心で思っても口に出してしまうとNGです。

一見それだけ相手が好きなのだと必死で伝えているようにも思えますが、自ら「二番手でいい・保険でいい」発言をすると相手から舐められてしまいますし、自分一人のものにしたいほどの強い気持ちはないのかと勘違いされてしまいます。

11. 何の前触れもなくいきなり告白する

ムードにこだわり過ぎるのも考えものですが、まったく何の脈絡も前触れもなくいきなり相手に「好きだよ」と告白をした場合、多くが相手は驚き、その場では返事が出来ません。

大抵は「ちょっと考えさせてほしい」となり、冷静になってからフラれてしまうケースが多いです。

告白にもそれなりの順序がありますが、それを理解していない人は告白の成功率も低いです。

12. SNSなどで好きな気持ちを先に公示してしまう

SNSなどを使って、自分が好きな気持ちを公示してしまう人がいますが、それは大抵相手に引かれてしまいます。

男性でも女性でも、異性として好きだという気持ちは2人きりの時にひっそりと伝えて欲しいものです。

それを公の、誰が見ているとも分からない場所で告げる人は、デリカシーがないと思われて断られてしまいます。

13. その場で返事を求める

せっかちな人や、自分で勝手に気持ちが盛り上がってしまっている人では、告白したその場で返事を急かす人がいますが、これは相手が断る大きな理由になってしまいます。

元から相手に好きだと気付かせるようなアプローチをしていた上での告白ならばまだ良いですが、よく知らない相手からいきなり告白をされた場合、多くの相手は少し考える時間を求めます。

よく知らないのですから当然のことですが、気持ちが舞い上がってしまっているとこちらは相手に直ぐに返事を欲しがってしまうことがあります。

それが相手を困惑させて、「強引な人」という印象になり、断られてしまうのです。

14. 長文メールでの告白は重い

軽すぎる告白も引かれてしまいますが、一方で重すぎる告白も相手は引いてしまいます。

特に手紙やメールでの長文の告白は、書いている側は一生懸命に気持ちを伝えようとしているのでしょうが、受け取る側はともすれば恐怖心を覚えてしまうこともあります。

重たい告白はすなわちストーカーやメンヘラ、ヤンデレなどを想像させてしまうため、あまり良い方法とは言えません。

告白が失敗した時の心の整理

上手くいく告白もあれば、もちろん失敗することもあります。

告白に失敗してしまうと、気持ちががっくりと落ち込んでしまいますよね。

その落ち込んだ気持ちから一日でも早く立ち直るためにも、フラれた時の心の整理の仕方をご紹介します。

潔く諦めてまた他の人を探すことも大切

告白が失敗した時には、潔く諦めるのが肝心です。

とはいえ、ずっと好きな気持ちを持っていたのであれば、中々直ぐに相手を忘れることは出来ませんよね。

最初の内はそれも仕方がありません。

たくさん泣いて、ひとしきり落ち込んだら、顔を挙げて周りを見てみましょう。

あなたが好きだった人以外にも、異性はたくさん世の中に溢れています。

そうして他の人にも目を向けることが出来るようになれば、徐々に気持ちが楽になっていけます。

失敗から学び次に活かそう

あなたが告白に失敗したのは、何が原因だったのでしょうか?

単に相手の好みではなかったのかもしれませんが、それならば仕方がないと片付けられます。

しかしもし、あなたの告白の仕方に問題があったなら、この先も同じ失敗を繰り返してしまわないように反省して、次に活かす必要があります。

告白に失敗した時には、友達にその時のことを話して何が問題だったかを指摘してもらいましょう。

告白の仕方やタイミング、シチュエーションなど、客観的に見て問題があればそこを改善すれば、次は上手くいくかもしれません。

めげずに失敗から学んでいきましょう。

あなたにふさわしい人は必ず現れます

「合縁奇縁」ということわざがありますが、これは「不思議な巡り合わせの縁」を意味します。

すなわち、人と人とが互いに気心が合うかどうかは、因縁という不思議な力によるものであるということです。

あなたに好きな人がいたとしても、上手くいかなかったということは、残念ながらあなたとその相手には縁はなかったということになります。

しかし必ずどこかに、ほかのあなたにピッタリの縁は存在しているはずです。

告白して失敗を繰り返しても、それはあなたに似合いの縁に巡り合うまでの旅路のようなものだと思いましょう。

「本当の縁の相手にまだ出会っていないだけ」だと思えば、例え失敗が続いても不思議と前向きな気持ちが湧いてくることでしょう。

告白の仕方でその後の流れが大きく変わる

告白の仕方一つによって、その後の流れは大きく変わります。

もちろん告白が上手くいく、いかないでも大きく違いますが、例え失敗しても告白の仕方が良ければ、そこからまた新たな流れを作っていける可能性はあります。

告白の仕方や内容は一生忘れられない思い出

あなたにはこれまでの人生で、印象に残った告白シーンはありますか?告白をする側でもされる側でも、その内容によっては一生忘れられない思い出になることがあります。

例えば学校の帰り道で、または花火大会の夜に、など、告白のシチュエーション一つで一生自分の心に残る思い出となります。

告白の仕方でたくさんのことがわかる

告白の仕方で、相手からたくさんの情報を読み取ることが出来ます。

どんなシチュエーションで、どんなタイミングで、そしてどんな告白の言葉を選ぶかによって、相手の大体の性格も感じとることが出来ます。

もしあなたが告白をしようと思ったなら、勢いで告白をせず、まずは落ち着いてどんな告白の仕方が良いのかをきちんとシミュレーションしてみましょう。

心の広さ

心の広さというのは、例えば「相手に好きな人がいてもいい」ということではありません。

それはもし思っていても決して口には出してはいけないNGワードです。

心の広さとは、相手の返事を待ってあげられる気持ちのゆとりです。

告白をした後で、「返事は今すぐでなくてもいいよ」と言ってあげられる心の広さを持つことで、相手も安心して、ゆっくりと時間をかけて考えることが出来ます。

思い遣りがあるか否か

大抵の人は、告白は2人きりの空間でされたいと思っています。

そのため、間違ってもSNS上で公然と告白するのではなく、相手が人目を気にすることのない場所で、2人きりの時に告白をしましょう。

告白をされた時の相手の気持ちを考えた上で想いを告げることで、相手にはこちらが気遣いや思い遣りのある人物だと思ってもらうことが出来ます。

自分をどれくらい想っているか

告白で重要なのは、自分がどれくらい相手を思っているのかを、相手に上手く伝えることです。

軽々しい告白も、重々しい長文メールでの告白もNGならば、どう伝えれば良いのでしょうか。

そう難しいことではありません。

ただ真っ直ぐに相手を見つめながら、自分がどんな理由で相手を好きになったのかを、丁寧に伝えましょう。

「好き」という一言だけでも十分ですが、好きになった理由を添えることで、それだけ自分が相手を好きなのだという気持ちがよく伝わります。

誠実さ

お互いがよく知らない相手同士での告白の場合は、誠実さを計ることはとても難しいです。

そのため、自分に出来うる限りのシチュエーションを整えます。

相手の忙しくない日や時間帯を選んで、相手が人目を気にしないような場所を選んでストレートに告白します。

きちんと身なりを整えて、しつこくない程度に告白をしたら、相手に考える時間をきちんと持たせましょう。

それだけでも、少なくとも悪印象な告白になることはないでしょう。

自分を上に見ているか、下に見ているか

告白の際に大事なことは、「相手と同等の立場で告白をすること」です。

相手を下に見ながらの告白では当然嫌がられてしまいますし、相手を極端に自分よりも上に持ち上げてしまうと、相手によってはなめられてしまいます。

そのため、告白をする際にはあくまでも同じ立ち位置から想いを告げるようにしましょう。

告白のタイミングもとても大事!

告白をするタイミングはとても重要です。

大前提として、相手が忙しくないような日にちや時間帯を選びます。

そして、相手と2人きりになった時に告白をするようにしましょう。

相手が忙しい時ではまともに話を聞けませんし、周りに人だかりがあると告白された側は恥ずかしさで困惑してしまいます。

告白をする時には、まず告白される相手の立場に立ってきちんとタイミングを計りましょう。