小学生の頃の恋愛はなんとなく好きな子を眺めたり、同じクラブに入ったり、一緒に帰ったりということが多いと思います。

ですが、中学生になると同じクラスや年上の先輩などに好きな子ができて、付き合いたいと思うようになってきます。

しかし初めての経験で、好きな子ができてもどうしていいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中学生の告白方法についてご紹介していきます。

中学生になると異性が気になり始める

中学生になると男子も女子も異性が気になり始める年頃です。

この年頃になると、自分をカッコよくみせたり、可愛くみせようと、異性を意識するようになります。

ちょっとした事でも好きになるお年頃


異性が気になるきっかけは、きっと些細なことでしょう。

例えば、自分に親しく声をかけてくれたとか、小学生の頃からずっと好きで中学生になったらもっと意識するようになったとか、顔がカッコいい異性に一目惚れなどが多いのではないでしょうか。

中学生は身近な異性に恋をすること傾向があります。

『好き』の気持ちは伝えないともったいない

ずっと遠くから眺め、好きな気持ちを念じても、異性には伝わりません。

見ているだけで、何もしないのは勿体無いです。

二度と中学時代は戻ってこないので、後悔しないように勇気を持って『好き』の気持ちを伝えてみましょう。

伝えたいけど告白の仕方が分からない…

中学生だと周りにクラスメイトもいるし、異性と何かあれば冷やかしの対象になってしまう可能性もあります。

もしかしたら、異性に別に好きな人がいるのではないかと不安になってしまうこともあるかもしれません。

告白の仕方は沢山ありますが、大事なのは面と向かって伝える事です。

初めてなので右も左も分からない

電話やメールで突然告白しても、失敗してしまう可能性があります。

初めての告白を失敗しない為には、充分な下調べと度胸が大切になってきます。
そこで、告白する前にやっておくべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

告白する前にやっておくべきこと


告白を失敗しない為には、普段からの準備も必要になります。

まずは告白する前に成功のイメージをすることが大事です。

彼氏・彼女が居ないか確認する

まず告白する前に彼氏・彼女が居ないか確認しておくのが基本となります。

好きな子に彼氏や彼女がいたら玉砕してしまう可能性もあるので、前もって会話の中で聞くか、その子と仲の良い子にさりげなく確認しておきましょう。

コミュニケーションをとっておく

普段から好きな子となんでも良いので、話すようにしましょう。

いっぱい話すことで、好きな子があなたを意識するキッカケになるかもしれません。

実は両思いだったなんてこともよくあります。

中学生だと話しやすい異性は好きになりやすい傾向があるので、好きな子とは普段からコミュニケーションをとるようにしましょう。

仲の良い友達から情報収集

好きな子と気軽に話しができないくらい緊張してしまうなら、好きな人の友達から情報収集をするのもいいでしょう。

あまり聞きすぎると勘付かれてしまい、告白する前に好きな子に「あいつ好きらしいよ?」とバラされてしまう可能性もあるので、ほどほどにしておきましょう。

中学生の告白方法7選

いざ、自分の気持ちを伝えたい時の告白の方法をご紹介します。

1、直接会って伝える

直接会って「好きです」とストレートに言うのが、一番伝わりやすい方法です。

直接会って伝えるのは、緊張してしまうかもしれませんが、直接言ってもらえると相手も喜ぶと思います。

緊張するけど「勇気がある」と思って貰える

緊張するけど、告白された側は「勇気がある」って思えて、とても誠実さを感じます。

もし緊張したら、掌に人という文字を三回書いて飲み込みましょう。

気休めかもしれませんが、少しは落ち着くと思います。

2、ラブレターを書いて渡す

昔からよくある手段はラブレターです。

特に女子は手紙が得意な人も多いので、書きやすいと思います。

例えば、一目惚れであまりお互いを知らない異性にアプローチする時には、ラブレターを書いてみるといいかもしれません。

直接渡すor机にこっそり入れておく

ラブレターの渡し方は、直接手渡しや机や下駄箱に入れておくなどのパターンがあります。

あまり知らない異性だと、警戒されてしまう可能性もありますが、よく知ってる異性なら、手紙が新鮮に感じられて良いかもしれません。

奥手な人なら、告白までいかなくても、手紙から距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

【ラブレターを書く時は、こちらの記事もチェック!】

3、電話で告白する

中学生になると、携帯を持っている人も多いと思います。

普段から電話をする異性なら、その場の雰囲気で電話で告白するのもアリでしょう。

直接伝えるより緊張しにくい

電話なので、顔が見えない分、緊張せずに告白できると思います。

それでも緊張してしまいそうなら、ある程度言うことをノートなどにまとめて書いておくといいかもしれません。

もし、相手が自分を意識していそうだなと感じているなら、電話告白というのもひとつの方法でしょう。

4、メールやLINEで告白する

好きな子に告白するなら、電話番号やメアドは知っておいた方がいいでしょう。

仲良くなった時点で、メアドやLINEなどの連絡先交換はしておきましょう。

メールやLINEで告白するのも良いですが、気持ちが伝わりづらい可能性もあるので、もし告白するなら長文で好きな気持ちを目一杯つめこみましょう。

【LINEでの告白を成功する方法は、こちらの記事もチェック!】

返事を貰えない可能性もあるので注意

メールやLINEで告白してももし返信がなかったら、脈ナシの可能性もあります。

しかし中には、返事をどうするか悩んでる場合もありますので、二、三日は待ってみましょう。

返信がないからといって、しつこく連絡してしまうと逆効果になってしまう可能性があるので、焦らずに相手から返事が来るまで待ちましょう。

5、友達に伝えてもらう

もし、どうしても好きな子に直接言えない方は、第三者に伝えてもらうという方法もあります。

例えば、違う中学校の子に恋をしてしまったら、友達づてに伝えてもらっても良いでしょう。

あまり会話をしたことのない異性だと、「何処の誰だ」となってしまう可能性もあるので、友達に自分の写真を見せて説明してもらうといいかもしれません。

信用できる友達を選ぼう

もし、友達に伝えてもらう告白をするなら、裏切らない友達を選びましょう。

実は友達と好きな子が一緒で、自分のことを悪く言われてたなんてこともあります。

そうならないためにも、伝えてもらう友達選びは重要です。

親友と言えるような信用できる友達にお願いすることをおすすめします。

6、手作りのお弁当やお菓子を渡しながら伝える

大好きな人に、手作りのお弁当やお菓子を渡してあなたの好きな気持ちを伝えましょう。

中学生の頃は、手作りのものをもらうことにあまり慣れていないので嬉しいと感じる人も多いです。

また、「手作り」というところに愛情を感じるのではないでしょうか?

その際は、お小遣いの範囲内で収まるようにお弁当やお菓子作りをしましょう。

高価なものを渡すより、手作りのものを渡すことでより気持ちが伝わりやすく、嬉しい気持ちになると思います。

好きな食べ物を事前にチェック!

彼の好きな食べ物を事前にチェックしておきましょう。

好きなもの、苦手なものを知ってから作ることで、彼に喜んでもらえるお弁当やお菓子作りをすることができます。

お弁当やお菓子なら彼も部活などに持って行って食べる事も出来るので、喜んでもらえると思います。

7、部活の試合を熱心に応援して、熱意で伝える

彼が出場する部活の試合や、いつ部活があるのかなどを必ず確認しておきましょう。

また、彼が出場する試合には顔を出し、あなたの熱意を伝えましょう。

しかしあまりにも熱心すぎると、男女どちらの場合も引かれてしまう可能性があるので、引かれない程度にしておきましょう。

言葉よりも態度で伝える

言葉よりも、態度で伝えることで、相手もあなたの気持ちを感じ取りやすくなると思います。

また、言葉でうまく気持ちを伝えることができなくても、態度で伝えることによりあなたの気持ちを自然と伝えることができます。

言葉よりも態度の方が相手に伝わりやすい場合もあります。

言葉にするとなかなか思うように気持ちが伝わらなかったり、思わぬ言葉を口にしてしまうこともあります。

態度で示すことで、相手にあなたの気持ちを伝えやすくなるだけでなく、好きな気持ちを態度に表すことで、相手もあなたからの気持ちを受け取りやすくなるかもしれません。

どんな場所・タイミングで告白すれば良い?

中学生の告白は、一生の思い出になります。

シチュエーションやムードは大事にしたいですよね。

なかなか思いつかない人も多いと思いますので、おすすめの告白場所やタイミングをこれから紹介していきます!

その日の別れ際

ひとりになるタイミングを狙って告白するといいでしょう。

なので、好きな子と同じ学校やクラスなら、その日の別れ際がおすすめです。

放課後(人目がつかない場所を選ぶ)

授業が終わりクラスメイトが帰った放課後の教室は、2人っきりになりやすいです。

「学校終わったら教室でまってて。話したい事があるから!」という具合に、約束もしやすいです。

そんな風に言われると相手もなんとなく勘づいて、心の準備ができるかもしれません。

馴染みのある教室で告白されたら、落ち着いて聞けるし受け入れやすいでしょう。

学校や塾などの帰り道

学校や、塾などの帰り道なら2人っきりになれるので、告白のタイミングにはおすすめです。

夕暮れ時などは、とてもムードがあっていいですよね。

そして漫画などでも帰り道に告白されるという場面が描かれることも多く、憧れている人が多いシチュエーションでもあります。

2人きりになれる場所

テーマパークに遊びに行った時などが、学校絡み以外で2人っきりになれる告白の場所としてはいいのではないでしょうか。

ロマンチックなムードに持っていきやすいので、成功しやすい傾向があります。

いつもは制服だけど、私服で好きな子と遊べるのは普段と違う一面が見れるのでテンションがあがります。

テーマパークなどで楽しんだ帰り道での告白は特別なものでしょう。

いつもと違うシチュエーションにドキドキすると思います。

平日の夜(遅すぎる時間はNG)

学校が終わって、一旦帰ってから、夕方以降に呼び出して公園などで告白するのもいいと思います。

一旦帰ってから呼び出すわけですから、普段から仲の良い異性に限定されるかもしれません。

あまり深い仲じゃない子を公園になど呼び出しても、来てもらえない可能性があります。

またあまり遅すぎる時間だと、親に反対されて出てこれない可能性もあるので、呼び出す時間は考えましょう。
突然夕方くらいに呼びだされたら、相手も告白かも!と感づいて、心の準備もしやすいかもしれません。

思い出の場所

2人が初めて仲良くなった場所や遊んだ場所で告白してみましょう。

告白前に思い出話もできますし、好きな子と会話のネタにもなります。

そんな場所で告白されるなんて思ってもみなかったという、アッと驚くようなシチュエーションは好感が高いと思います。

またそんな思い出の場所を覚えてくれてたのも嬉しいので、告白も受け入れてもらいやすい可能性があります。

誕生日などの特別な日

好きな子の誕生日や特別な日を一緒に祝ってくれて、そんな素敵なムードの中で告白されたら、嬉しい人が多いのではないでしょうか。

誕生日に会ってくれる子だと、相手もあなたを意識している可能性があるので、告白も成功しやすいと思います。

自信を持って告白してみましょう。

成功率を上げるには

告白するなら、絶対に成功したいですよね。

ここからは、成功率をあげるためのポイントをご紹介します。

天邪鬼な態度はとらない

好きな異性を目前にしてしまうと、なんとなく冷たくしてしまったり、無口になってしまい上手くいかなくなることがあります。

せっかく2人っきりで会えたのに、天邪鬼な態度をとってしまうといい結果にならないかもしれません。

緊張するかもしれませんが、いつも通りのあなたを心がけましょう。

短く気持ちが伝わる言葉で告白する

おすすめ告白ワードは「好きです」や「付き合って下さい」です。

シンプルでストレートな思いが伝わりやすいです。

ゴチャゴチャと語録を並べた告白よりも、ストレートに告白をしてほしいと思う人は多いです。

真っ直ぐなピュアな気持ちを伝えることが、告白の成功率をあげてくれると思います。

普段から「好き」を小出ししておく

告白する前の下準備として、日頃から「好き好きアピール」をして、相手の様子を伺っておきましょう。

もちろん2人っきりの時にアピールしましょう。

みんなの前でアピールすると、軽い感じに見えてしまうこともあります。

例えばバレンタインチョコを毎年あげたりすると、ポイントが高いかもしれません。

全面に出さずに「好き」をメールやLINEで小出しにするのもテクニックです!

好きな人を特別扱いする

普段から、好きな子を特別扱いしていると告白も成功しやすい傾向があります。

例えば、悩み相談にのってあげたり、家族旅行に行った時のお土産をこっそり渡したり、他の異性よりだんぜん優しくしたり等です。

多感な中学生は、そんなあなたを意識してしまうと思います。

特に女子は、自分の事を特別扱いしてくれる男子に惹かれやすい傾向があります。

好きな子に振り向いてもらいたければ、「押して押して押したおす」くらいの気持ちが、告白の成功率をあげるポイントです。

やってはいけない告白

最後に、失敗する可能性が高いやってはいけない告白を教えます。

これは中学生以降でも、今後告白するときのために覚えておきましょう。

人前で告白する

中学生になると周りの目を気にし始めます。

教室のみんなの前などで告白されたら、誰でも恥ずかしいですし、その恥ずかしさでどんなに好きな人でも受け入れてもらえない可能性があります。

必ず2人っきりの時に告白をするようにしましょう。

小さい声で告白する

せっかく告白したのに小さい声だと、聞き流されてしまう可能性もあります。

あなたの告白が風に流されないように、ハッキリと伝えるようにしましょう。

もし自信がなければ、告白する前に練習をするのもいいと思います。

友達に代行してもらう

友達に代わりに気持ちを伝えてもらうのは、できるだけ避けましょう。

やっぱり本人から伝えた方が、気持ちは伝わりやすいです。

友達から伝えられたことによって、冗談だと捉えられてしまう可能性もあります。

もしもフラれてしまった時の注意点

それではここからは、フラれてしまったときの注意点をお伝えしていきます。

どれだけ好きな相手にあなたの気持ちを伝えても、フラれてしまうこともあります。

フラれてしまったことをいつまでもくよくよ考えるのではなく、フラれた後にどのような行動を取るかがポイントになってきます。

フラれた相手に恨むような行動をとってはいけません。

フラれてしまったときの注意点をよく読み、適切に行動していきましょう。

取り乱してはいけない

たとえ好きな人に告白をしてフラれたとしても、絶対に取り乱してはいけません。

取り乱してしまうことで相手もパニックになってしまう可能性もあります。

なるべく平常心を保ち、取り乱さないように気をつけましょう。

明るく振る舞ってお礼の気持ちを伝えよう

たとえフラれても、明るく振る舞うことで相手に良い印象を残すことができます。

ふられた直後は悲しい気持ちになり落ち込んでしまうこともありますが、明るく振る舞い、むしろ相手にお礼の気持ちや感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

ふられた後の行動で人間性が現れることもあります。

そこで、取り乱してしまったり感情的になって怒ってしまったりすると、今後の関係がギクシャクしてしまう可能性もあります。

相手を恨んだり妬んではいけない

ふられたからといって、相手を恨んだり妬んだりしてはいけません。

恨んだり妬んでしまうことで、あなた自身の価値が下がるだけでなく、同時に評価も下がってしまいます。

たとえ、ふられた理由がひどい内容だったとしても、決して相手に嫌な姿を見せず、むしろ「好きな気持ちにさせてくれてありがとう。」などと神対応が出来るようになるといいですね。

相手を恨んだり妬んだりする気持ちは、かえってあなたをマイナスにさせてしまいます。

相手を恨むのではなく、好きにならせてくれたことに対して感謝の意を示すようにしましょう。

しつこく追いかけてはいけない

相手のことがどれだけ好きでも、相手を追いかけまわす事はやめましょう。

しつこく追いかけまわしてしまうことで、相手に嫌われるだけでなくストーカー扱いされてしまう可能性もあります。

しつこく追いかけてしまうことで、相手に恐怖感などを与えてしまうことを覚えておきましょう。

潔く諦めることも大切

潔く諦めることも大切になってきます。

どれだけ相手のことが好きだったとしても、ふられたら潔く諦めることにより、お互いに中学校生活が過ごしやすくなることでしょう。

いつまでもズルズルと引きずるのはよくありません。

ふられたことで、自分には縁がなかったとさっぱり諦めることも大切です。

もし、あなたに縁のある相手であれば、きっとまたどこかでお付き合いができるはずです。

どうしても諦められないなら自ら距離を置くようにする

どうしても相手のことが好きすぎて、諦められない場合、自分から距離を置くようにしましょう。

好きすぎると相手との距離感がわからなくなってしまったり、また好きな気持ちが先走り相手に距離を詰めすぎたことで、相手から引かれてしまうことも考えられます。

どうしても諦められないと自分の心の中で感じているのであれば、まずは、自分自身が冷静になるために距離を置くということも大切です。

その好きな気持ちに振り回されないように注意しておきたいところです。

悲しみを自分を磨く力に変えよう

ふられた悲しみは、自分を磨く力に変えていきましょう。

ふられた直後は悲しい気持ちでいっぱいになると思います。

しかし、悲しみをいつまでもズルズルと引きずっていると、気持ちも暗くなってしまいます。

見返すくらいの気持ちで自分を磨いていくことで、自分自身の成長につなげていきましょう。

嫌がらせをしない

フラれた相手に対して、嫌がらせをしてしまう行為は逆恨みのような状態になってしまい、やはり相手を怖がらせる原因の1つになります。

相手もふったことに対して申し訳ない気持ちが少なからずあると思います。

好きになった相手に対して嫌がらせをするのではなく、相手のことをどれだけ尊重することができるかにより愛の深さがわかると言えるでしょう。

リベンジするのは人間としてNG

復讐心に燃えていたり、相手に嫌がらせをすることで相手の気を惹こうとする行為は、人としてやってはいけません。

相手を思いやる気持ちが人を成長させてくれます。

まだまだ気持ちのコントロールに不安定なところはありますが、中学生も大人としての段階を踏み続けています。

リベンジする気持ちや復讐心に燃えるのではなく、好きになった相手に感謝の気持ちを伝えることができるような人になりましょう。

よそよそしくしない

ふられた直後は気まずい気持ちもあり、相手に対してよそよそしくしてしまいがちです。

しかし、それではかえって逆効果になってしまいます。

よそよそしくしてしまう気持ちもわかりますが、ここはぐっとこらえ大人の対応をしていきましょう。

よそよそしくしてしまうことで、相手との関係もギクシャクしてしまいます。

振ったほうも辛い気持ちでいるかもしれません。

あなたといつまでも友達として仲良くしていきたい気持ちがあっても、よそよそしくされると、どうしていいかわからなくなってしまうでしょう。

これまでと同じように接する

これまでと同じように変わらず接してあげることが、何より相手のためにもなります。

これまでと同じように接することができなかったり、自分の気持ちばかりが先走り相手に対してよそよそしくしたり、また冷たい態度になることで相手を深く傷つけてしまうこともあります。

好きな気持ちが芽生えた事はとても素敵なことです。

そんな気持ちにさせてくれた相手に対し、感謝の気持ちと、これまでと同じように接することが大切です。

2回目のチャレンジのタイミングを探るのも可!

もし、あきらめ切れない場合2回目の告白のタイミングを見計らってみましょう。

1回目はダメでも、2回目にリベンジすることができるかもしれません。

1回目の告白で、相手はあなたの気持ちを知ることができ、2回目の告白であなたとお付き合いしてみてもいいかな…?などと相手の気持ちが変化する可能性もあります。

2回も告白してきてくれたことで、相手にあなたの本気度が伝わりやすくなるかもしれませんよ。

相手はあなたを意識し始めている

今まで意識していなかったとしても、告白することで相手はあなたに対し意識をし始めると思います。

さらに、2回目の告白となればあなたの気持ちが本物だということが伝わるでしょう。

1回目の告白でふられた場合でも、態度を変えることなくじっと相手があなたの方を向くまで忍耐が必要かもしれません。

しかし、1回目の告白で相手もあなたに対して意識をしていますので、2回目の告白はタイミングや相手の気持ちを探りながら告白するようにしていくとうまくいくかもしれません。

2回目で上手くいくことは意外と多い

1回目の告白でダメであっても、2回目の告白でうまくいくことも多いことをご存知でしょうか?

先程から何度もお伝えしておりますように、1回目の告白で相手はあなたのことを意識し始め、異性として見るようになります。

意識し始めることで、気付いたら好きになっていたということもあります。

このようなことから、2回目の告白をするときには、もしかしたら相手もあなたに意識が向いている場合もあり、告白が成功することも考えられるのです。

フラれても明るく自分磨きをする人は魅力的に見える!

たとえ1度目の告白で振られたとしても、その後も明るく振る舞い自分磨きをして前向きに突き進んでいける人は、周りから見ても魅力的に見えます。

当然告白された当の本人もあなたのことを意識していますので、魅力的に見えるでしょう。

さらに、ふられた後にかっこよくなっていたり、可愛くなっていることで、相手も「あのときの告白を断らなければよかった…。」などと後悔する可能性もあります。

失敗を恐れず、積極的に恋していこう!

告白が成功することが一番ですが、時と場合によっては失敗することもあります。

しかし人生はまだまだ長いです。

中学生の青春を甘い恋で楽しみましょう。

きっとその経験はいい思い出になると思います。

告白が成功するように、ぜひこの記事を役立ててください。