CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

告白を決意する男性心理。きっかけになる瞬間とは


好きな男性がいるとき、こちらから告白するのもいいですが、どうせなら男性から告白されたいと憧れる女性は多いはずです。

しかし、こちらが好きでも相手の男性が好いてくれているかはわかりませんし、告白させるのは至難の技ですよね。

そこで今回は、男性が告白を決意する瞬間や、男性に「この子付き合いたい」と思わせるにはどうすれば良いのかをご紹介します。

男性が女性に告白を決意するとき11選

告白してもらうための方法を駆使する前に、まずは男性の気持ちを理解しておきましょう!

男性が告白したくなるような瞬間から代表的なものを11選集めてみました。

それがわかるとこれからテクニックを使う際の参考になるので、想像しながら読み進めてみてくださいね。

1、好きということを確信したとき

男性は、「この人好きかも」が「やっぱり好き」に変わった瞬間に告白を決意します。

気になっているだけで告白に踏み切る男性はあまりいません。

自分の意志に確信が持てた時、後はどのように告白しようかなど、告白のタイミングを考えるようになるのです。

2、女性に対して“特別”を感じたとき

他の女性とは違うなにか「特別」を感じたとき、男性は「もしかして運命…?」と思えるのかもしれません。

例えば、好きな食べ物や趣味などの共通点が多かったり、出会って間もないのになぜか居心地が良かったり。

他にも、自分が疲れている時や落ち込んでいる時にはいつも気付いて励ましてくれたりと、自分にとって特別だと感じることがあるのです。

そんな時、「この子と付き合いたな」と思い、告白を決意する男性も多いのかもしれませんね。

3、デートが楽しかったとき


デートが楽しくて、次の日もその女性のことを思い出してニヤニヤしてしまっている自分に気付いたとき、男性は自分が恋していることに気付くでしょう。

そして、「次のデートで告白しよう」と決意する男性も多いようですね。

デートが楽しいということは、これから一緒にいる時間を2人で楽しめるということですから、男性にとっては告白の大きな決め手となるのです。

4、帰り際に寂しくなったとき

デートの帰り際、「この子ともっと一緒にいたい」という気持ちが大きくなり、告白に踏み切る男性もいます。

恋人ではない関係なら、次はいつ会えるのかわかりませんよね。

そんな時、帰り際に寂しくなってしまい、勢いで告白してしまう男性もいるかもしれませんね。

5、恋のライバルが出現したとき

ライバルが出現して初めて恋心を自覚するというパターンもあります。

一緒にいるのが当たり前だし、今後もそうだろうと高を括っていたら「あれ、意外とそうでもないのか?」と焦って、「告白しなきゃとられる!」と決意します。

とくにそのライバルが熱烈アプローチをするイケメンだったりするとパニックです。

何のムードもなく、「付き合ってくれ!」と言ったりすることもあるかもしれません。

6、同じ価値観を感じたとき

大人の男性だとこの感覚が結構重要です。

10代~20代前半あたりまでのドキドキソワソワする恋愛はもう落ち着いて、将来的にも一緒にいられる女性を考え始めるからです。

見た目で興奮するとか、可愛い仕草とかは一旦置いておいて、「一緒にいて楽だな」「価値観が合うな」と思ったときに告白を決意するのです。

この場合、付き合いが長く続く可能性が高く、ドキドキは低めですが落ち着いた関係を築けるでしょう。

結婚まで進む可能性も高いです。

7、仕事や家庭環境が良いとき

もともと好きという気持ちはあったものの、仕事が忙しすぎて付き合うことになっても彼女に迷惑をかけてしまう、金銭的に厳しくデートにも行けないといった状況が改善した場合です。

また、家庭環境については、親に借金がある、介護問題がある、兄弟姉妹が何かとヤバいといった問題が落ち着いて、彼女に告白しても迷惑がかからない見込みが立った時に告白するケースです。

男性側の諸問題が良好になってから告白するため、男性の責任感が強い傾向にあるので、精神的に支えていけるタイプの女性だと長続きするでしょう。

8、相手も自分に好意があると感じたとき

男気ある男性でも恋には臆病というのはよくある話です。

振られたら精神的ダメージが尋常ではないため、仕事もプライベートも何も手につかなくなるという懸念がある時は、相手からの好意がヒシヒシ伝わってきて確信が持てるまで行動に移せません。

しかし、それがわかると安心して告白をすることができます。

このタイプはジャブを打ってくる手数が多いので、わかりやすいかもしれませんね。

例えば、「どんな男性が好きなの?」「好きでもないのにデートしてくれるの?」「恋人ほしい?」などと、質問してくるでしょう。

これを小悪魔的にはぐらかしていると、いつまでたっても決心できないので、わりとストレートに伝えてあげると告白してくれるかもしれません。

9、周りの友達に告白を促されたとき

もう誰からどう見てもその女性を好きなのがバレバレで、女性の方だって気づいているのに一向に告白せず、周りがイライラして促すといったものです。

「でも相手の女の子、俺のこと好きかなぁ」と周囲にやたらと確認したり、「好きじゃないよ!」と天邪鬼なことを言ったりします。

ページトップ