「大好きな彼氏に手料理を作ってあげたい!」と思っている女性も多いのでは?

デートで手作りのお弁当を用意したり、イベント時(バレンタインや誕生日など)や差し入れとして手作りのお菓子を渡したりと、彼氏に手作りを食べて貰う機会は少なからずあると思います。

特に彼氏が一人暮らしをしている場合は、彼の家に行った時に彼女が手料理を振る舞う…なんてシチュエーションも発生しやすいでしょう。

彼女が作ってくれた愛情いっぱいの手料理が食べれるというのは、男性にとってもかなりテンションが上がるイベントと言えます。

ところで、みなさんなら彼氏に何の料理を作ってあげますか…?

せっかく手料理を振る舞うなら、彼が喜ぶ料理を作りたいですよね!

そこで今回は、”彼氏が喜ぶ、食べたい料理ランキング”をご紹介します!

みなさんも、どの料理が彼氏ウケが良いか想像しながら見てみて下さいね。

さらに、”彼氏への料理で失敗した経験談”や”料理を作る際の注意点”も一緒にご紹介。

これから彼氏に手料理を振る舞おうと考えている人は是非チェックしてみて下さいね。

彼氏へ手料理を作ろうと思っているあなたへ

みなさんは、彼氏の為に料理を作ってあげた事はあるでしょうか?

デート中は外食で済ませてしまう事も多いでしょうし、お家デート中に料理を作る事になったとしても、最近は料理が出来る男性が増えてきているので、2人で一緒に作ったり、逆に彼氏が彼女の為に手料理を振る舞うなんてパターンもあると思います。

なので、彼氏に手作りのお弁当やバレンタインのチョコを食べて貰う機会はあっても、家庭料理(おうちごはん)を振る舞う機会は少ない…という人も案外多いかもしれませんね。

今まで彼氏に手料理を食べて貰う機会がなかった場合は特に、「彼氏に手料理を作ってあげたい」「自分の料理を食べて彼に喜んで貰いたい」と考えるものではないでしょうか?

そんな、彼氏へ手料理を作ろうと思っているみなさんの為に、ここで”彼氏ウケの良いメニューを選ぶ際の3つのポイント”をお教えします!

1つは、”家庭の味”が分かる料理である事。

2つは、”男の子”が好きな料理である事。

3つは、”作り手の愛情”が伝わる料理である事。

各ポイントの説明については、次の項目で具体的なメニュー例を出しながら詳しく解説していくので、気になる人はそこも見逃さない様にして下さいね?

彼氏が喜ぶ、食べたい物料理ランキング

いざ作るとなった時に、まず最初に悩んでしまうのがメニュー選びではないでしょうか?

彼氏から具体的な料理名でリクエストがあれば良いのですが、「君が作ってくれる物なら何でもいいよ」とか「得意料理を作ってよ!」と言われてしまうと、逆に何を作ろうか迷ってしまうかもしれませんね。

でも、「どうせ作るなら彼氏が喜ぶ料理を作りたい!」と、みなさんも思っているはず。

そこで、世の男性達の意見を参考に、「彼女に作って貰いたい料理」や「男性ウケが良い料理」を調べ、それを基に”彼氏が喜ぶ、食べたい料理ランキング”をまとめてみました!

次に紹介する料理をマスターすれば、彼の胃袋は掴んだも同然!?

それでは早速、見ていきましょう!

1.肉じゃが

「肉じゃがを彼女に作って欲しい!」という男性は多いです。

理由としては、「家庭料理の定番だから」とか「自分ではあまり作らないから」という意見があるみたい。

特に一人暮らしで自炊をする彼氏にとって家庭料理の定番である肉じゃがは、食べると安心するのかもしれません。

他にも、肉じゃがといえば「お袋の味」といったイメージもあると思います。

上で話した”彼氏ウケの良いメニューを選ぶ際の3つのポイント”にも「”家庭の味”が分かる料理である事」というのがありましたよね?

特に肉じゃがの様な料理は、各家庭によって味が変わるものです。

味付けはしょっぱめか甘めか…お肉は豚肉か牛肉か…具材は大きめか小さめかetc…

彼女に肉じゃがを作って貰いたい理由の中にも、「彼女の家の味を知りたい」という男性意見も多数ありました!

それに、彼の家の味を完璧に再現するのは難しいと思うので、初回は自分なりの美味しい肉じゃがを作ってみましょう。

(もし彼の好みが分かっているなら、それを参考にして下さい。)

2.ハンバーグ


肉料理×彼女の手料理と聞いて、”ハンバーグ”をイメージする人も多いのでは?

ラブラブなカップルはハンバーグの形をハート型にしたりして…食べる方はもちろん、作る方もテンションが上がる料理かもしれませんね。

ハンバーグはお弁当のおかずとしても人気ですし、がっつり食べたい時にも非常に喜ばれるメニューなので、(彼氏が肉嫌いでなければ)一度は彼に作ってあげたい料理と言えるでしょう。

それにハンバーグはバリエーションも豊富です。

フライパンで焼くオーソドックスなハンバーグの他に、煮込みハンバーグや包み焼き(ホイル焼き)ハンバーグもありますし、ヘルシー志向の彼なら豆腐ハンバーグ×あんかけの組み合わせもオススメ!

トッピングには目玉焼きやチーズ(チーズは中に入れても美味しいですよね)がメジャーだと思いますが、変わり種だとアボカド・フライドガーリック・厚切りベーコンがあります。

ソースだけでも、ケチャップorトマトソース・デミグラスソース・オニオンソース・和風おろしソース・きのこソース・照り焼きソース・クリームorホワイトソースetc…様々な種類があるので色々と組み合わせて、彼好みのハンバーグを見つけてみるのも楽しいかもしれませんね!

3.カレーライス

カレー好きな男性って結構いますよね?

それも子供の頃からで、学校給食のカレーにハイテンションになる男の子達の姿を見た事がある人も多いと思います。

男性にカレーライスについて聞いてみると、「食欲がない時でもカレーなら食べられる」とか「毎日カレーでも良いくらい好き!」という声も多数ありました。

そんな大好きなカレーだからこそ、「彼女に作って欲しい!」と考える男性は多いみたいですね。

また、「シンプルな料理だからこそ、仕上がりに差が出るから」とか「カレーは作り手のこだわりが分かる料理だから」といった理由で、彼女の料理の腕を見極める為の判断基準にしている場合も!?

彼女としては少しドキドキ&ヒヤヒヤな理由ですね…。

一方で、「カレーなら比較的簡単に作れるから」とか「市販のルーを使えば失敗する事は少ないから」という彼女への心遣いを感じる意見もありました!

確かに、市販のカレールーを使えば料理初心者でも比較的簡単に作れる料理ですが、どうせなら普通のカレーではなく、美味しいカレーを目指したいですよね?

そこで、カレーの”隠し味”になるものをここでいくつかご紹介したいと思います!
(※記載の分量は市販のカレールー1箱に対する量です。)

”チョコレート”は深みやコクを与え、辛さを和らげてくれます。

板チョコ2〜3欠片を仕上げのタイミングでカレーの中に入れて溶かして下さい。

”インスタントコーヒー”をカレーに入れると本格的にブイヨンと取った味に近付くのだとか。

小さじ2〜3を仕上げのタイミングで入れます。

”赤ワイン”の爽やかな酸味と渋みでサッパリした味のカレーになります。

具材を煮込む時に水と一緒に入れ、量は水の総量の30〜40%程度がオススメです。

”砂糖”を加えると一晩寝かせた様なまろやかでコクのある味わいになります。

大さじ3〜4をカレールーと同じタイミングで入れて溶かしましょう。

”中濃ソース”には野菜・果実・香辛料が入っているので、カレーに入れる事でコクや甘みをプラスし旨味を引き出す効果があります。

小さじ1〜2を仕上げのタイミングで入れて下さい。

「カレーは2日目の方が美味しい」と言われる様に、出来たてよりも1日置いた方が味がまろやかになり旨味も出るので、彼に振る舞う前日に作っておくのもオススメです。

「大量に作り過ぎちゃった!」なんて時は、焼きカレーやカレーうどん、カレーコロッケなどにリメイクも可能なので、カレーが続きそうな時は是非試してみて下さいね。

4.オムライス

オムライスも男性達にとっては彼女に作って貰いたい定番メニューの様です。

「ケチャップでハートが描かれていたらテンション上がる!」なんて意見も多数でした。

”彼氏ウケの良いメニューを選ぶ際の3つのポイント”でも「”作り手の愛情”が伝わる料理である事」という話をしましたよね?

料理の手間ひまはもちろん、「ケチャップでハート」の様なストレートな愛情表現も彼氏なら喜んでくれると思いますよ!

そういえば、オムライスにも色々種類がありますよね?

ソースもケチャップの他に、トマトソース・デミグラスソース・ホワイトソース・カレーソース・たらこソースがありますし、卵の中のご飯もケチャップライス(チキンライス)だけでなく、バターライス・ピラフ・炒飯・ドライカレー・ガーリックライスなどに変えても美味しいです。

そして、オムライスといえば卵!

薄焼き玉子でご飯を包むのが好きな人もいれば、ふわふわトロトロの卵で包む派の人もいるでしょう。

他にも、オムレツやスクランブルエッグをご飯の上に乗せるタイプが好きな人もいますね。

色々組み合わせて自分だけのオリジナルオムライスを彼に作ってあげるのも、サプライズが狙えて良いかもしれませんよ!

5.唐揚げ

揚げ物が好きな男性も多いですよね。

揚げ物といえば天ぷら・フライ・カツ・コロッケと色々あるとは思いますが、揚げ物の中でも男性から高い人気を集めているのが唐揚げです。

サクサク&カリカリの衣にジューシーなお肉…おかずにもつまみにもピッタリですね。

彼氏に作ってあげれば、喜ばれる事間違いなしでしょう。

お肉にしっかり下味をつけて、2度揚げするのが美味しい唐揚げのポイントですよ!

それから、鶏肉に限らず、軟骨・手羽先・魚・海老・イカ・野菜の唐揚げもあるので、そちらに挑戦してみても良いかもしれませんね。

ところで少し話は逸れますが、ハンバーグ・カレーライス・オムライス・唐揚げのラインナップって、どこかで見た事がありませんか?

そう、”お子様ランチ”でよく見るメニューですよね!

男性は子供舌の人が多く、味覚も女性より鈍い傾向があります。

子供の頃に慣れ親しんだ味がなかなか忘れられないので、子供が好む様なメニューを大人になっても好きなままでいる男性は少なくない訳です。

”彼氏ウケの良いメニューを選ぶ際の3つのポイント”の中にも「”男の子”が好きな料理である事」というがあったと思います。

”大人の男性”ではなく、”小さな男の子”が好きそうな食べ物をチョイスした方が、彼氏が喜ぶ可能性も高いのかもしれませんね。

6.生姜焼き

生姜焼きも肉料理の中では男性に人気のメニューになります。

「好き過ぎて自分でもしょっちゅう作る!」なんて男性も多いみたいですね。

生姜焼きの様なご飯が進む味が濃い目の肉料理は、男性の食いつきがかなり良いので得意料理のレパートリーには加えておきたいところ。

生姜焼きは”男の料理”なイメージも強いので、彼女が作る料理としては少し色気に欠ける部分もあるかもしれませんが、急にお腹が空いている彼の為にご飯を作る事になったというシチュエーションにはピッタリなはずです!

7.シチュー

彼女の手料理といえばシチュー、と考える男性も少なくありません。

クリームシチューなら少し大きめの野菜がゴロゴロと入っている方が好まれ、ビーフシチューなら肉が沢山入っている方が好まれるでしょう。

どちらにせよ、具沢山でがっつり食べられるシチューが男性的には良いみたいですね。

「寒い季節に彼女が温まるシチューを作ってくれたら最高!」との声もあったので、クリスマスやバレンタインなど彼と過ごす特別な日に温かいシチューを作ってあげれば、高ポイントが狙えるはずです!

8.味噌汁


彼氏が和食派だったり、朝ごはんを作ってあげる場面で出したいのが、味噌汁です!

「飲んだらほっこりしそう」とか「味噌汁が美味しいと家庭的な感じがする」といった男性意見もありました。

お味噌汁を作ってあげれば、彼も「結婚したらこんな感じかな〜?」と意識するかもしれませんね。

味噌汁も家庭によって味が異なります。

彼にとって一番美味しいと感じる味噌汁は、小さい頃から食べ慣れた実家の味でしょう。

しかし、その味を再現するのは難しいと思うので、自分なりの美味しい味噌汁を作ってあげて下さいね。

9.煮物

特に大人な男性には、煮物料理が好印象みたいです!

がっつり系も良いけど、大人になると煮物の様な繊細な味の和食が無性に美味しく感じるもの。

「煮物料理が美味しいと料理が上手な感じがする」といった声もあるので、料理のレパートリーには加えておきたいですね。

ちなみに煮物の種類の中には、「煮付け(魚などを短時間で煮る)」・「含め煮(沢山の出汁で味を浸透させる)」・「煮浸し(薄味で煮て味を含める)」・「煮込み(形が崩れるまで長時間煮る)」・「煮染め(濃い味で長時間煮る)」などがあるので、いくつか練習しておくと良いかもしれませんね。

10.麺料理

蕎麦・うどん・パスタ・中華麺・そうめんなどの、麺料理も彼氏ウケが良いです。

手間や時間をかけずに作って貰えて、バリエーションが豊富で味に飽きが来ないのも人気の理由でしょう。

ただ種類が多い分、作り手のセンスが問われるかもしれませんね。

味だけでなく盛り付けに関しても、オシャレで華やか過ぎるより、ボリューム感を出した盛り付けの方が食欲がそそられて男性ウケが良いので、少し意識してみて下さい。

麺料理なら食欲のない時でもツルッと食べられちゃいますよね?

それに、胃への負担も少ないので夜食にも良いかもしれません。

具材や味付けによって、サッパリ系にもコッテリ系にも変化するので、彼の状態を見ながら作ってあげると喜ばれるでしょう。

以上が、”彼氏が喜ぶ、食べたい料理ランキング”になります。

もしこの中に得意な料理があれば、是非彼氏に作ってあげて下さいね!

彼氏への料理で失敗した経験談

彼氏に料理を振る舞う際、作る側の彼女としては「上手く作れるかな?」「喜んで貰えるかな?」「彼の口に合うかな?」と不安や期待が入り混じって、かなりドキドキな瞬間でもあると思います。

こういう気持ちが高ぶっている際に気を付けたいのが、緊張によるミスや失敗!

普段は問題なく出来る事も、緊張すると上手く出来なくなってしまう事ってありますよね?
これは、緊張すると気持ちに余裕がなくなるせいです。

また、彼を喜ばせたい一心で思わず気合いが入り過ぎてしまう事もあるでしょう。

料理の腕に自信がある人は特に、「彼に絶対「美味しい!」って言わせるぞ〜!」と意気込むものではないでしょうか?

もちろん張り切るのは良いのですが、それが空回りしてしまうと、料理が得意な人でも普段ではあり得ない様な失敗をしてしまう可能性もないとは言い切れません。

ですが、誰だって失敗は避けたいですよね…?

失敗を防ぐ方法としては、起こり得るミスや失敗を事前に把握し、それに対し細心の注意を払う事です。

それが出来れば、大きな失敗は滅多に起きないでしょう。

では可能性として、どんなミスや失敗が考えられるのか?

世の女性達の話を参考に、”彼氏への料理で失敗した経験談”をまとめてみました!

その失敗談を反面教師として、みなさんは成功に結び付けましょう。

1.味付けが薄すぎる、濃すぎる

料理初心者や初めて作る料理でやりがちなのが、味付けの失敗。

彼氏に手料理を振る舞ったものの、味が明らかに薄くなったor濃くなったという失敗談も多いみたいです。

味付けを失敗する人に多いのが、仕上げ時に味見をしていないという事。

また、目分量で調味料を投入したり下手にアレンジを加えるのも失敗の元なので、気を付けて下さい。

味の濃さについては彼氏の好みもあるのでハッキリした事は言えませんが、参考にするレシピがあるならその通りに作るのが無難でしょう。

最後に味を調節する場合は、調味料を加えたらこまめに味見をするのがオススメです。

ちなみに、温度によって味の感じ方も変わります。

塩辛さは熱い時より冷たい時の方が強く感じますし、甘さや旨みは冷たい時や熱い時は感じにくく、体温に近い温度になると強く感じるもの。

そして、酸っぱさは温度にあまり関係なく感じます。

味付けをする際はこの事も少し意識してみて下さいね。

2.焦がしてしまった

少し目を離した隙に焦がしてしまったり、加熱が足りないと思ってしばらく火にかけていたら焦げていたという失敗談もあります。

焦げた料理なんて見た目も良くないし、彼に食べさせるのも申し訳ないし、実際に起こるとなかなか酷い失敗ですよね…。

「レシピに書いてあった通りにしたのに〜!」という事であっても、調理器具によっては熱の通り具合が異なる場合があるので、レシピに記載された時間通りに加熱して焦がしてしまう(逆に時間が足りなくて生焼けになる場合もある)事も珍しくありません。

こういう時はレシピに記載された時間を目安にして、様子を見ながら加熱時間を調整する必要があります。

特に煮込み料理やオーブンを使う料理は加熱中に放置しがちなので、料理が焦げていないか頻繁に様子を見ながら調理を進めた方が良いでしょう。

3.生だった

加熱が不十分で具材が生だったという失敗談もあります。

先程の焦げてしまった話とは真逆ですね。

特に肉や魚は生のままだとお腹を壊してしまう場合もあるので、気を付けたいところ…。

ただ、肉や魚に火を通し過ぎるのも、身が硬くなってしまう原因になるので注意しなければなりません。

食材に竹串を刺して硬さを見たり、切って色を見たりと、火がちゃんと通っているかの確認方法は色々ありますが、可能であれば炒める前や揚げる前に肉や魚を下茹でしたり、野菜(特に根菜)をレンジで加熱しておくと、加熱不足を防ぐ事が出来るはずですよ。

4.分量を間違えた

うっかり分量を間違えてしまった!という失敗談もあります。

調味料の分量を間違えたのか、具材の分量を間違えたのか、によっても失敗の度合いは変わってくると思いますが、対処が難しいレベルのミスだと大変ですよね…。

分量の間違いを防ぐためにも、事前に全て用意してから調理を始めた方が良いでしょう。

例えば、使う調味料は最初の内に全てはかっておき、材料も使う分だけ先に出しておくのです。

これなら作業の途中でバタバタと用意するより、間違いが起こりにくいですよね?

5.全く違う料理になった

想像していた仕上がりと比べ、全く違う料理になってしまったという失敗談もある様です。

特に初めて作る料理の場合は、こういう失敗も起こりやすいかもしれません。

見た目もそうですが、本来のレシピにアレンジを加え過ぎて味も変わってしまったとなれば、彼氏も「一体何の料理を作ったんだ?!」と戸惑うでしょう…。

特に料理の腕に自信がない人は、”レシピ通り”を心掛けた方が良いかもしれませんね。

気をつけること

彼氏へ料理を作る際は、先程紹介した失敗の他にも、気を付けなければならない事があります。

彼氏に手料理を振る舞う際に、何よりも重要なのは彼を想って作る事!

すなわち、どうしたら「美味しい!」と彼氏に喜んで貰える料理が作れるのか?という事をちゃんと考える必要がある訳です。

彼氏に手料理を喜んで貰いたい人は、次のポイントをしっかり押さえておいて下さい!

1.自分の彼氏の好みをしっかりリサーチ

彼氏に手料理を喜んで貰いたいなら、彼好みの味を把握しておく事も大切です。

誰だって自分の好きな味なら「美味しい!」「また作って欲しい!」と思うのではないでしょうか。

彼氏に好きな食べ物について聞いたり、デートの時に彼が食べている物を観察して好みの傾向を覚えておきましょう。

また、彼の料理を食べる機会(料理上手な彼氏なら可能性アリ)や、彼の実家にお邪魔して食事をご馳走になる機会があればその時の味をよく覚えておいて、彼に手料理を振る舞う時に参考にすると良いかもしれませんね。

肉派?魚派?

肉派か魚派も、重要なポイントです。

肉が好きならガッツリ系やコッテリ系の料理が好きな可能性が高いですし、魚派ならあっさり系やさっぱり系の料理が好きな可能性が高いと言えます。

ただし、「魚は調理が大変だから、普段は肉を食べている」という人や、「健康の為に魚ばかり食べているけど、本当は肉派」という人もいるかもしれないので、彼に直接肉派か魚派か聞いてみるのが確実でしょう。

苦手なものはないか

作った料理が美味しく出来ても、その中に彼氏の苦手な物や嫌いな物が入っていれば、彼にとっては「マズい」料理になってしまいます…。

苦手な物や嫌いな物を無理に食べさせるのは可哀想ですよね?

好き嫌いの有無は事前に確認しておくべき重要なポイントでしょう。

「少量なら入れても構わないだろう」とか「細かく刻めば気付かないだろう」と思っても、苦手な物や嫌いな物というのは舌や鼻が敏感に察知するものなので、出来るだけ避けるのがベターです。

どれくらい食べる?

手料理を振る舞うなら、彼氏の食べる量も把握しておく必要があります。

いくら見た目がオシャレで華やかでも、量が少なければ男性には物足りないでしょうし、もし彼氏が大食漢なら、おかわりの量なども計算して少し多めに作らなければなりません。

逆に少食な彼氏に対して山盛りの料理を作っても、彼を困らせてしまうだけですし、きっと料理も食べ切れずに余ってしまうでしょう。

それに、彼女が作ってくれた料理を残したとなれば、彼も相当気まずいのでは?

彼氏に手料理を振る舞う際は彼に余計な気を使わせない為にも、きちんと適量を見極めて下さいね。

2.彼氏へ作ってあげたいものの自己満足になっていないか

「彼氏に手料理を作ってあげたい!」という気持ちが自己満足になっていませんか…?

例えば、彼氏の体調が優れない時に、油ギトギトのがっつり系料理を作っても、それを食べる彼にとっては拷問でしかないでしょう。

それに、もし出てくる料理の味が悪ければ食べきるのも一苦労ですよね…?

正直、これでは彼氏も全く嬉しくないと思います。

彼氏に料理を作ってあげた事に満足するのではなく、自分の料理を食べて彼が心から喜んでくれる事を目標にしなくてはダメです!

彼氏への思いやりが感じられる料理が作れる様になると良いですね。

3.料理が苦手な人は

付き合っていれば彼氏にいつ手料理を振る舞う機会が訪れても不思議ではありません。

料理が苦手な人は今からでも練習して、徐々にで良いので料理の腕を磨いていきましょう!

また、急に彼氏に食事を作る事になってしまった場合、普段あまり料理をしない人は「苦手なのにどうしよう…」と内心ドキドキだと思います。

しかし、そういう時は多少失敗しても大丈夫!

彼にとっては彼女が自分の為に一生懸命料理を作ってくれた事が嬉しいので、例え上手く出来なくても、「料理が苦手なのに自分の為に頑張ってくれたんだな…」と思うはずてす。

料理が苦手でも失敗を恐れずに、彼氏の為にチャレンジする気持ちが大事ですよ!

どうしても不安なら、味付けの手伝いや仕上げの味見を彼氏にして貰えば、彼好みの料理に仕上がるでしょう。

得意料理、レパートリーを増やしておこう

料理が苦手だからこそ、得意料理や1人で作れる料理のレパートリーを増やす事が大切になります。

色んな料理に挑戦している内に、それが特訓になって料理の腕も上がるはずです!

一度は作っておこう

今までに一度も作った事のない料理をぶっつけ本番で作るというのは、なかなかのチャレンジャーと言えますね…。

料理が苦手なら尚更、練習なしで初レシピに挑戦するのはオススメしません!

「レシピ通りに作れば大丈夫だろう」と思っても、自分のイメージ通りに作業が進むとは限りませんよね?

作っている途中で手順が分からなくなったり、イレギュラーな事態が起こったりする場合もあるでしょう…。

でも、過去に一度作った事がある料理なら、勝手が分かっているので、本番もスムーズに調理を行う事が出来ると思います。

より美味しい料理を彼に食べて貰いたいなら、何度か練習して自信をつけてから振舞った方が良いでしょう。

料理教室へ通おう

何事も慣れが肝心って言いますよね?

正しいやり方を教わって何度も練習すれば、その内作業にも慣れてきて人に教わらなくても1人で出来る様になるものです。

料理教室に通えば、その分料理をする機会も増えますし、先生の指導付きなので確実にスキルアップ出来るはず!

それに料理教室なら、基本から応用まで色々なメニューの作り方を教えてくれるので、レパートリーだけでなく料理の知識も増えるでしょう。

さらに、料理が苦手な彼女が料理教室に通っていると知れば、その健気さに彼氏も惚れ直すかもしれませんね。

彼氏が食べたい物をマスターして食事の時間をより楽しいものに

恋人に手料理を振る舞う瞬間というのは、結婚生活を連想させたりもするので、男女問わず憧れるシチュエーションでもあると思います。

同棲をしている場合は、彼の為に食事を作る機会も多いかもしれませんね。

これから初めて彼氏に手料理を作る人も、同棲中で毎日の献立に悩んでいる人も、今回ご紹介した”彼氏が喜ぶ、食べたい料理ランキング”を参考にして、彼の胃袋をしっかり掴んで下さいね!

みなさんも彼氏が食べたい物をマスターして、食事の時間をより楽しいものにしちゃいましょう。